ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

私は現在高一で来年の6月から一年間カナダに留学します。
学校や家族と話を進めていますが、まだ何も決まっていない状態です。
ウィスラーかバンクーバーに行きたいと思っています。
資料などを見ているとバンクーバーには留学を受け入れている高校が多数ありますが、ウィスラーは見たことがありません。

ウィスラーの高校に語学留学する事は可能ですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ウィスラーは山岳のリゾート地ですから、高校はまずないと思います。


リゾート・観光目的ならともかく、勉強する環境ではありません。

>ウィスラーの高校に語学留学する事は可能ですか?

どこであれ高校に「語学留学」することはできません。
高校は中等教育を受ける場所で語学を学ぶ場所ではありませんから。

未成年でも受け入れてくれる語学学校に留学するか、カナダの高校やインターナショナルスクールに出願して審査を受け正式に合格する必要があるでしょう。カナダの公立高校であれば、ガーディアンを立てる必要があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニュージーランドorカナダ 留学するならどちらが・・?

今年の秋を目安に、留学を考えています。

留学の目的は、語学力をつけた後の大学留学です。
実際に大学への進学がどれくらい難しいものであるか、意見を求めたくて投稿させていただきました。

大学進学前の語学の勉強は、1年半程度で考えています。
私は、現在28歳で、最終学歴は高校卒業です。
社会人経験はありますが、残念ながら英語を使う職業ではなく、英語の能力は日常会話の下・・というところです。

大学で勉強をするのであれば、経営学関係か、ホスピタリティ関係を希望しています。
留学先は、費用の面等も考えて、あまりお金をかけられないので・・物価が安いと聞いて、ニュージーランドかカナダを考えています。

また、大学卒業後、どちらの国の大学を卒業した・・ということが就職にどれくらい関係してくるのか、漠然とでもいいので参考になる意見をお持ちのかたがいらっしゃいましたら、その点についてもお願い致します。

年齢的にも、ちょっと焦っていますが、夢の実現のため、ご意見お待ちしています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#3です。
質問を頂いたので、回答を…

経営学が発達しているのはどちらか?という事なのですが、まず、経営学と一言で言ってもかなり広い分野なので、経営学の何を勉強したいのかを絞ってみてはいかがでしょうか?

どちらかというと、どちらが発達しているか、ではなく、学校や国によってアプローチの仕方が違う、と考えた方がいいかもしれません。具体的にどう違うか、という事になると、私も専門分野ではないためにはっきりした事は答えられないのですが(すみません)、日本の経営学とは考え方が違うのは確かでしょう。
となると、経営学の場合、海外で勉強した事をどれだけ生かせるか、というのが大きな疑問点になります。

あまり参考にはならないかもしれませんが、私がその昔勤めていたカナダのホテルのマネージャーはアメリカで経営学を勉強してアメリカのホテルのマネージャー業を渡り歩いた後にカナダに戻って総支配人になりました。でも、経営学といっても勉強した事が偏りすぎていて、結局総支配人としての任務が達成できず、従業員から猛烈な反発を買っていました。

今なさっている仕事に関する勉強をなさりたいのだと思うのですが、もう少し具体的に経営学の何を勉強したいのか、という事を絞ったら、おのずと学校選びも少しやりやすくなるかと思います。まずは勉強したい科目のある学校を探し出し、たくさんありすぎるようだったらそこから環境や学校のレベルなどを考慮に入れて絞ってみてはいかがでしょうか?

最先端の経営学を学んでも、生かせなければ意味がないですから、それにはあまりとらわれずに、希望重視で探されてはいかがでしょうか?

ところで、大学留学となると、年間100万というのは学費だけだとしてもあまり現実的な数字ではありません。これは語学学校ではないでしょうか? 最近の学費はそれでなくても高いですし、住むところによっては日本とさほど変わらない場合もありますから。ちなみに、私の母校(カナダ西部にある州立大学)のビジネスコースだと、学費だけで年間約110万、NZのオークランド大学の場合だと、学費だけで年間約162万ほどかかるようです。学校によって値段も違うし、コースの長さも違いますから、全体的にみて安く上がるところを見つけたほうがいいですよ。

人種差別はどこに行ってもあります。カナダ西部は人種の坩堝ですが、そこでも差別はされます。(私は道を歩いていてアメリカ人と思われる男性から“Hey, yellow monkey!”といわれた事があります<汗>)

なまりもどこに行ってもあります。でも、英語は英語。なまりを気にしていたらどこに行っても勉強できませんよ。ちなみに私の場合カナダ西部+多少のフランス語なまりがあるそうですが、イギリス人と話そうが、NZ人と話そうが、特に問題はないようです。英語は単なるコミュニケーションの道具ですから、なまりがあろうがなかろうが通じてナンボなので、あまり気になさらないほうがいいでしょう。

また何かわからないことがあったら、おっしゃってください。

#3です。
質問を頂いたので、回答を…

経営学が発達しているのはどちらか?という事なのですが、まず、経営学と一言で言ってもかなり広い分野なので、経営学の何を勉強したいのかを絞ってみてはいかがでしょうか?

どちらかというと、どちらが発達しているか、ではなく、学校や国によってアプローチの仕方が違う、と考えた方がいいかもしれません。具体的にどう違うか、という事になると、私も専門分野ではないためにはっきりした事は答えられないのですが(すみません)、日本の経営学とは考え方が違うのは...続きを読む


人気Q&Aランキング