もうすぐ4歳になる女の子のことについてご相談致します。
この子は健康優良児そのものといった、ごく普通の幼稚園児ですが、3歳になる前後、語彙が潤沢になって会話が普通に操れるようになったころから、ときどき、不思議な発言をします。

 不思議というのは、ときにはすごく具体的な表現で、「XXちゃん(自分のこと)が緑のおうちに住んでいたときね、お二階で寝ていたら火事になってね、足がやけどして階段を下りられなかったから、死んじゃったの」というような事をしきりに言うのです。

 つまり、SF的が好きな人が聞いたら「前世を語っている」と云われるような状態なのです。

 一時的なことなら、偶然目にしたテレビドラマか絵本の影響だろうとも思うのですが、ほぼ1年近くに渡ってこのようなことを言い続け、しかも言っている内容の要点が、言い始めのときも、ほぼ1年近くになる現在までも、ずっと首尾一貫している(途中で話が変わったり矛盾したりしていない)のです。
 
 また、更に驚くのは、「緑のおうちの・・・」話についていろいろ訊ねてみると、「ひっかけ質問」や誘導尋問をしても、また、TPOを変えてみても、常に首尾一貫性のある回答が返って来ます。
 大人であっても、実体験したことについてならともかく、創作ごとや、夢や映画の影響で頭に残るイメージについて、1年にも渡って、あれこれ尋問されて首尾一貫して矛盾のない応答を返すのは、相当難しいと思います。しかし相手は3歳の幼児なのです。

 私は、前世がどうとか、そういう非科学的なものは唾棄する性格ですが、そうではなく、これがなにか精神医学的に意味のある現象で、医学的な対策が必要なものであるのではと思い、心配になっています。

 何かアドバイス頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

最後の文章で「非科学的なものは唾棄する性格」と言っておられるのが少し気になってしまったものです。


私は心理学等を学んだことはまったくないど素人なので「医学的な対策」必要のあるなしを心配しておられるgun_bullさんには不要な回答になってしまうとかもしれませんが、お話を読む限り妄想癖とか虚言癖(可能性の有無はともかく)とは考えられませんし、精神を病んでいるのか病んでいないかの境界は、日常を常識的なレベルで「普通に過ごせるかどうか」を基準に考えている私としては、
一貫性のある話をあくまでもし続ける娘さんのことを「どこか異常なのではないか」という見方から病院に連れて行った場合、医者としても「不思議なこともあるものですね」の一言で片付けるわけにもいかないだろうから、無理やり可能性のある症状を挙げ、あなたや周りの考えによっては「多少の異常がみられる」ということになってしまうのではないかと心配になりました。
こんなことはきっとgun_bullさんもお考えになったのでしょう。
だからこそ、この場で専門家の必要の有無を聞いておられるのですよね。

しかし私はあなた御自身が心配すると同時に、娘さんのことを気味悪がっていないかどうかが気になります。
非科学的なものを肯定する必要はありませんが、実際に娘さんに起こっている「不思議なこと」なのですから明確に説明できる科学的根拠が見つからない限り
「不思議なこともあるものだ」とおうように構えることは出来ませんか?

現在娘さんは、その不思議な話で怖がったり怯えたりしているのでしょうか。
「火事で逃げられなくて死んでしまう」という夢?は非常に怖いモノだと思うのですが。その時に嘘を言っているのかと疑ったり、どこか精神を病んでいるのかと心配したり、親の愛情が足りないからだとか悲観的なことを考えたり、娘さんに起きている現象そのものを薄気味悪がったりしてしまうあなたの気持ちが、娘さんに伝わってしまう方が不味い事態を引き起こしてしまうのではないでしょうか。
こういう過敏なところのある子供も大きくなるにつれて普通の人と同じほど鈍感になるという話も聞きますし、もしこれがある程度成長しても残るようなモノであった場合を考えると、娘さん自身が自分の正気を疑ったり、自分自身を気味悪がったりしたときに、御家族の方が明るく肯定的に受け止めてあげられることの方が必要なのではないでしょうか。あなたがその現象を気味悪がり、恐れ、「まだなくならないのか」といったスタンスで娘さんの話を聞き続けていれば、そのうち話さなくなってしまったりしないでしょうか。そうなってしまったら娘さんは一人で悩むことになってしまいます。

映画の話で恐縮なのですが、ケネス・ブラナーの「愛と死の間で」で
前世というものがサスペンスの要素の一つになっています。
映画の中で前世なんてものが本当にあるのかということを精神科医に聞きにいくシーンがあるのですが、そこで精神科医(ロビン・ウィリアムス)は、催眠療法で前世にさかのぼって原因を見つけ対処したら治った患者さんの話をしていました。
その精神科医は前世があるかないかはわからないが、実際に患者は治ったんだからそれはそれでよかった、というような話し方をしていたと思います。

上手く言えないのですが、非科学的なことが起こった時に
頭から信じなかったり、忌避してしまうのも、妄信するのと同じほど危険だと思います。
不思議なことがあった、出来れば素敵な不思議になればいいな、という風に受け取るようにしてはどうでしょうか。
心配で楽観的になるのも難しいとは思いますけれど。

火事で逃げられなくて死んでしまった、というような話を聞いたときに
「大丈夫、次はママ(パパ)が助けに行くから。大声で呼ぶのよ。」とか
娘さんを安心させてあげられたりするといいのでは。
(もうやっていらっしゃったら、まことに余計な発言です、先に謝ります。すいません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

(まとめての御礼で失礼させていただきます)

皆様、大変有益な示唆をありがとうございます
御礼が遅くなり、大変失礼を致しました。

私共は、子供の話を気味悪いと考えたことは本当に一度もなく、本人も脅えたり
している様子でもなく、むしろ、子供があまりに真剣にこの話をし、それに、
私たち聞き手にも、真剣に聞くことを求め(例えば私が、お茶でも含みながら
「ながら聞き」などをすると、ひどく怒るなど)て来ます。
とにかく、この話をするときはいつも、本当に真剣な態度で、一生懸命身振り手振りを交えながら、必死で何度も話すのです。
こういうことは、他の話題のときには見られないことなので、非科学的云々はともかくとして、子供がこの話を通じて、私共に何かを伝えたいのか、あるいは、何かを私共に求めているのではないかと感じるのです。
もし何かを求めているのであれば、なんでもしてやりたいと思うのですが、求めているものが判らないため、如何ともし難く、それが私共を悩ませてもおります。

みなさまからいろいろなアドバイスを頂き、私共なりに考えて、暫くは様子を見てみようということにしました。ただ、念のため、子供の様子は密かに記録はつけておこうと思います。
いろいろ参考になるお話を頂き、本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 23:51

専門家ではありませんので参考までで結構ですが、その子の話がそこまで一貫しているというのは確かに不思議ではあります。

話を聞いているだけではイメージが掴みきれない部分もあるかと思いますので、いちど絵に描いてもらってみてはどうでしょう?「緑のおうち」の形や他に本人の頭に描いている情景を少しでも絵にすることで何か掴めるものがあるかもしれません。もっとも、4歳の子では絵が抽象すぎて参考にならない場合もありますが、

・何から描き始めたか
・どんな色を使っているか
・何が描いてあるか

等を注意してみるといいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

suzune01さんが、書かれている現象をどのように解釈すべきなのかについては分からないのですが、小学校のとき、「霊感」があったという人たち(ほとんど女性です)が、数は少ないけれどもおられるのは知っていますし、全く初めてあったひとなのに、何を考えているかを透視する能力のある方も知っています。


そういう意味では、科学の枠組みでは捉えられない現象があるかもしれないことは否定できないかもしれません。ずっと未来になれば、非科学的と思われたことに説明が可能になるかもしれません。
ところで、そういう現象に対して、どのように接するべきかについては、やはり、専門家の診断を受けておかれた方がいいように思います。専門家が、心配ないというのであれば、それは心配ないことだからです。少し手間暇がかかりますが、これほど安心できることはないと思われます。
逆に、将来問題が生じたとき、過去に戻って、訂正するということはできないので悔いが残るかもしれません。
相談するかどうかについて悩んでおられるのでしたら、最近は、健康雑誌などで、心の問題について専門家が回答している雑誌の相談コーナーもありますから、そういうところに投稿してみられるのも一つの方法だと思われます。
    • good
    • 0

 私は、精神異常者ではありませんが、もしかしたらそう思われる可能性がある発言をしたいと思います。


 私は、世に言う霊感というものがあって、普通の人に見えないことが見えてしまったりしています。
その事で特に不便を感じたりはしていないのですが、私の周りには私と同じような人が多く、その人たちとの話の中で、このような話はあります。
1、子供は平均して7歳から12歳くらいまでは見える
  (前世、霊など。胎内の事も覚えているらしいです。)
2、白目が青っぽい子は見えることが多い。
3、将来的には7割から8割の子が治る。
4、治す為の手段として、気持ち悪がったり、変に心配した りせず、普通に受け流す。
よく、お母さんのお腹の中の事を鮮明に覚えている子がいますよね?それと同じだと思います。
 科学的なことではなく、ごくごく普通な事なんです。
だって、幾ら時間置きって言っても、本当に新生児のときは赤ちゃんの泣き声一つで、お腹が空いているのか、おしめが汚れているのか、具合が悪いのか、お母さんって分かるじゃないですか?それって一種のテレパシーだと思うんです。子供が生きていくために必要な能力なんです。
大きくなってきて、言葉を巧みに扱えるようになると大概は
その能力は退化していくようです。心配せずに、見守ってあげてください。
    • good
    • 0

私は、私自身がこの現象を体験いたしましたのでgun_bullさんの混乱も理解できます。



私の場合は、私自身が成人後、とあるキッカケで話はじめたケースです。いわゆる退行催眠のようなものです。
この現象を、前世かどうかの判断をすることは、私自身できません。しかし、非常に一般常識では理解しがたい現象であることは事実です。

私の場合は、江戸時代(?)あたりの記憶らしく、友人とともに心中をした時の記憶(?)を鮮明に話し出し、更には、自分の意思とは全く関係なく大泣きをしはじめました。私も完全に頭が混乱しました。何故、私はこんなことを話し始め、さらには悲しくもないのにこんなに号泣しているのか、と。

人間の脳には未知なる部分があるかもしれませんが、自分が作れもしない物語を即興で、しかも細部にわたって作れるとも思いません。
それが前世の記憶なのかどうかの判断は、証拠になるものが存在しないため断定できません。
しかし、非常に不思議な現象であることは事実です。が、私がそうであるように、一概に精神的に異常であるとも限らないと思います。

念のためアドバイスしたいのは、下手に霊能力者や宗教関係者に相談しないことです。全く別の方向へ誘導させる可能性があります。

こういった現象は、時間が経てば自然に消えることがほとんどですので、気楽に付き合われたほうがよいかと思います。ちなみに、この方面の書籍は多く出ていますよ。
    • good
    • 0

基本的に、幼い子供は、そういう不可思議なことを言いがちです。


gun_bullさんのお子さんも、例に漏れずということでしょう。
これは、おかしいことではありませんよ。
でも、大きくなるにつれ、いろいろな社会のしくみとかルールとか
覚えていくにつれて、そういった言動も少なくなっていくのが普通だと思います。
医学的な対策は、不必要なものだと思いますがいかがなものでしょうか。
shigureさんのおっしゃるように、一応の記録として残しておくことは、必要なことだと思いますが。
あとは、ご自分のお子さんを信じて、見守ってあげてくださいませ。

ちなみに、前世的な話とSFはかなり違うものだと認識しておりますがどうでしょうか??
    • good
    • 0

鮮明なイメージの記憶という点でいえば、直観像記憶という現象があります。

この場合は少し違うようですが、何か疑問があれば、専門家の方に相談されるのがいいと思います。
そういう現象は、不思議に思われるので、何かと根ほり葉ほり聞きがちですが、本当は、そういうことに強い関心を寄せない方がいい場合もあります。
児童相談所の嘱託の先生などに、幼い子どもの問題を専門にしておられる方がおられる場合もあります。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=54907
    • good
    • 0

実に羨ましいです。

いやマジで。
私の子供もそういうことを言わないかと期待してたんですが、うちは残念ながら普通の子供でした。
私だったら、録音したりビデオに撮ったりノートに記したり、あらゆる手段で発言を記録します。
そして長期にわたって蓄積して分析して、子供の言う場所と日時を特定したいですね。
非科学的なことを唾棄するのは簡単ですが、現在ある科学も発見当時は嘲笑されたわけで、お子さんの発言は将来の科学の貴重な資料になるかもしれませんよ。
是非記録しておいてください。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみな

前世を記憶する子供たちは、知りえないはずの前世の実際の事実を語るのみならず、その前世の習癖ももっていたり、前世の死因にまつわる恐怖症を示したり、まるで前世という人物の生まれ変わりのようにふるまうという研究報告が、イアン・スティーヴンソン博士によって発表されていますが、これは精神医学的に解釈できるのでしょうか?

Aベストアンサー

精神医学的見解でもなく専門家でもありませんが、可能性として考えられるのは、本人も気が付かないうちに何らかの形でその情報が記憶に残ってしまったのではないでしょうか。例えば、たまたまTVで目にしたとか、誰かが話しているのを聞いたとか。

幼い子供の場合、他人のものを自分のものとして混同してしまう可能性は十分にありえると思います。自我が芽生える前の子供であればそれは顕著でしょう。自我が芽生えてないという事は、他人と自分の区別が付いていないという事ですから。

まぁ、素人の考えです。参考にして下さい。

Q前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すこと

前世の記憶がある子供たちが、その前世人物の死因に対して恐怖症を示すことが多いそうですが(アメリカのイアン・スティーヴンソン博士らの厳密な研究によります)、これはどうしてだと考えられますか。生まれ変わりでないとしたら、子供たちの超常能力でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは(^^

人の記憶というものは、結構あいまいな部分があるのではないでしょうか?

例えば、精神的に非常に強いダメージを与える出来事を経験し、そういう出来事から強い恐怖心を感じたり、傷跡などができたとしたら、子供の心でそのまま受け止めるには、非常に厳しいものがあります。
そこで、見聞きしたものや想像したものと無意識で結びつけ、「これは前世の人物からきたんだ」と考えることでダメージを減らす・・・となっても、不思議ではないと思います。
# 虐待などによって記憶が失われる、別の人格ができるなどの現象がありますが、それに近いかもしれませんね。

なお、本来は、「そもそもその記憶が前世のものかどうか」を証明した後でないと、そういう現象を考察する段階には達しないと思います。
この手の本などは「最初に結論ありき」で書かれているため、証明がおざなりになっているものが多い傾向があるので、あまり真に受けないほうが、いいと思います。

むしろ、私が心配するのは、「前世」のせいにしてしまうことによって、子供が受けた精神的ダメージをどう解決するかに、意識が及ばなくなってしまうんじゃないかということです。
仮に「前世」があったとしても、今生きている子供の苦しみを和らげることが第一であり、そちらの方により注意を払って欲しいですね。

こんにちは(^^

人の記憶というものは、結構あいまいな部分があるのではないでしょうか?

例えば、精神的に非常に強いダメージを与える出来事を経験し、そういう出来事から強い恐怖心を感じたり、傷跡などができたとしたら、子供の心でそのまま受け止めるには、非常に厳しいものがあります。
そこで、見聞きしたものや想像したものと無意識で結びつけ、「これは前世の人物からきたんだ」と考えることでダメージを減らす・・・となっても、不思議ではないと思います。
# 虐待などによって記憶が失われる、別の...続きを読む

Q恋は心の病←これは医学的に病気ですか?

恋は心の病と言いますがこれは医学的に病気ですか?一種の精神病ですか?

Aベストアンサー

医学的には生理現象で病気ではありません。
むしろ恋しないほうが異常では?

Q【精神的な質問です。少し長くなります】 18歳なんですけど中1の頃から こういうのがほぼ毎日のよ

【精神的な質問です。少し長くなります】


18歳なんですけど中1の頃から
こういうのがほぼ毎日のようにあります。



ひとりでしゃべるのは友達や知り合いと話してる想像をしつつ、テレビのMC的なノリ?
トーク番組でひたすらゲストとしてきて話す人みたいな感じです。



でも話してる声はそんなに大きくないです。
口だけバクバク動いてるって感じです。



高校の時は、想像してる相手は芸能人で
一緒にテレビの収録をしてる感覚で
喋ってました。



鏡を見てドライヤーで乾かしてる時に
CMの(たとえば橋本環奈ちゃんのリップの)
みたいな短めの曲を何回も表情作りながら

歌うというより顔とか頭をカメラのカット
みたいにやってます。



【わかりづらいですがアイドルストリートのスパガの個人のサビだけの収録みたいな表情を作るだけのと同じです!】


私は毎日なのでもう当たり前なんですけど
これって私だけですか??



ゆっくり相談に乗って頂きたいです。
私のことも話していくので。

Aベストアンサー

君の様な人は大勢いると思うよ

俺もそうだね!良く景色や風景を見ていて

頭の中でストーリーと会話を考えてるね

小説家にでもなろうかと思うくらいにね♪(笑)

みんなそれぞれ自分の世界観やドラマを持ってるでしょう (笑)

Q場合によっては、理性的=都合の良い人、損ですか??  理性的=大人、感情的=子供の筈が……………………。

このような渦巻く事柄ですが。
如何なものなのでしょうか??

本来はこうですよね。yy

一般的に、
「理性的=精神的に大人」、
「感情的=子供(精神的に幼い)」
とされていますが。

実態としてですが、彼は場合によっては矢張り一概に言えない、その通りであるとは限らないように思うそうです。
私も一理ありそうに思えなくもないですが。

何故ならですが。

最近の彼は、物事をやたら深く追求したせいもあってか、渦に巻かれて抜け出せませんとの事です。ノイローゼなんですかね?
死にたいぐらいイライラする時もあるみたいで。


前記したオーソドックスなものとは対照的に、こんな場合ありませんかね??普通に。明らかにです。

感情的、すぐに泣く = 理性的な相手から我儘を聞き入れて貰える、仕方無い子だと黙認され、許容されているから、もう誰からも「子供」だなんて言われたりしない、うまく理性的な人を利用する。
だから大人びた賢さ(要領の良さ)を持つと言う事になる。

理性的、冷静で大人びている = すぐ泣いたりするような相手に振り回される、うまく利用されざるを得なくなるから、都合の良い人間となる。
だから「単純」、「子供」だなんて謗られたりする。
突拍子もなく感情的になった時は、すぐさま「子供」、「幼稚」、「まだまだだな。」
等と言われて諭されてしまう。

でも何だかんだ言って、

感情的=愚かで子供、
理性的=冷静で大人、賢い
ですか??
そうとも限らないかと思いますし、物事には側面がありますね。

感情的=要領が良い、理性と知恵は子供並だが、違う意味で要領が良い、

理性的、我慢強い=都合の良い人間なので損をしやすい、単純、ある意味子供、我慢強いってだけの面では大人
なんですか??
皮肉なもので頭に来ませんかと思います。
と言いますか、どちらが寧ろ得なんでしょうか??この俗世では感情的で大胆な方が良いのですか??


私は特に大した経験ありませんが、ドラマや漫画のシチュエーションには飽き飽きしますね。

理性的で冷静=扱いやすい、
感情的ですぐに泣く=ずるい
を補足しておきます。

私が何に腹を立てているか、もう御解りでしょうかね?

確かに扱い難いのも子供だから、子供が得するのは当然かと思いますが。

本来、
理性的=大人、
感情的=子供
の筈が、
まるで、そう、

「感情的=子供」、
「理性的=子供の玩具」

みたいではないでしょうかと。
如何??

***
冷静で理性的 = 賢く大人(?)
冷静で理性的 = 我儘な人間の思うがままであるからして、まるで
子供みたいに可愛い奴(?)
***

では出来る限り、全身全霊振るっての回答を御待ちしております。
ああやって深く考え出すと、まるで矛盾だらけで答えが出ず、渦に巻かれて当分抜け出せなくなると、彼も迷っているようですので。

このような渦巻く事柄ですが。
如何なものなのでしょうか??

本来はこうですよね。yy

一般的に、
「理性的=精神的に大人」、
「感情的=子供(精神的に幼い)」
とされていますが。

実態としてですが、彼は場合によっては矢張り一概に言えない、その通りであるとは限らないように思うそうです。
私も一理ありそうに思えなくもないですが。

何故ならですが。

最近の彼は、物事をやたら深く追求したせいもあってか、渦に巻かれて抜け出せませんとの事です。ノイローゼなんですかね? ...続きを読む

Aベストアンサー

以前、こちらのカテゴリで回答させていただいた者です。
その時は、投稿を促していただいていたので、時間が取れればもう一度回答させて頂きたかったのですが、パソコンを使える環境になかったので(家族が使用中)、続きが書けませんでした。

つい先日も、こちらのカテゴリでお見かけしたので、では、あのときの続きの意味も込めてと、投稿文を書いていたのですが、タッチの差で締め切りに間に合いませんでした。
まあ、こういうのもご縁なのでしょうね…。

で、今回のご質問なのですが、文章が難解ですね。
前回のは分かりやすかったけれど、今回のは意味がちゃんと理解できているか自信がありません。
では、頼まれたわけではありませんが、何とか酌み取って回答させていただきますね。

*  *  *  *  *  *

カテゴリの影響もあるのかもしれませんが、全体的にアダルトチルドレン色が強い文面だと思います。
…思い込みや損得感情が強すぎるなと。

ところで、不躾ですが彼って貴方のことですよね? 
自分を冷静に見つめる分身と言ったところでしょうか。
前回回答したときも感じていたのですが、最近のと今回の物と読むに付け、彼とは貴方のことのように思えました。


>感情的、すぐに泣く = 理性的な相手から我儘を聞き入れて貰える、仕方無い子だと黙認され、許容されているから、もう誰からも「子供」だなんて言われたりしない、うまく理性的な人を利用する。
だから大人びた賢さ(要領の良さ)を持つと言う事になる。

>理性的、冷静で大人びている = すぐ泣いたりするような相手に振り回される、うまく利用されざるを得なくなるから、都合の良い人間となる。
だから「単純」、「子供」だなんて謗られたりする。
突拍子もなく感情的になった時は、すぐさま「子供」、「幼稚」、「まだまだだな。」
等と言われて諭されてしまう。

どちらもタイプは違うけれど、これって、まるでAC(アダルトチルドレン)の典型例の説明文みたいです。
最初の例は人を利用して、次の例は自分を押さえ込んで無理して好人物であろうとする、反発心を持ちながらも諭された振りをする。

…パターンを踏襲して生きているところが、もろにそんな感じがします。


>感情的=愚かで子供、理性的=冷静で大人、賢い

一般感覚ではそうだと言えると思います。
大人だって感情的になることはあるけれど、感情的になって反省するときは、「子どもだな」って思うものだと思います。

ちょっと話が脱線しますが、私は男性が感情的になるときって、面子を気にしてのことが多いと思います。
これは少年よりも、「年齢的には大人の男性」に多く見られる傾向を感じます。
男性が女性のことをあれこれ批判を書くときに、妙に女性が面子に拘っているように書いたりしますが、それは男性の思い込みです。
女性は、男性ほど地位や肩書きに拘りません。
そして、男性ほどには転職することに抵抗がないし、勝ち負けにも拘りません。
女性の場合は、誰かや物に依存的になっていたり、寄りかかりたくなっているときに、自分のことを「子どもだな」と感じるのだと思います。
…これは、私個人の意見ですが。


>感情的=要領が良い、理性と知恵は子供並だが、違う意味で要領が良い、
>理性的、我慢強い=都合の良い人間なので損をしやすい、単純、ある意味子供、我慢強いってだけの面では大人

こちらの ご考察も、ACの説明に聞こえてしまいます。
理由は先に書いたことと同じです。
貴方がお書きになった ご考察は、アイデンティティが上手く獲得できずに、大人になってしまった人の分析になっていると思います。


>どちらが寧ろ得なんでしょうか??この俗世では感情的で大胆な方が良いのですか??

どちらが損も得もないと思います。
貴方が仰るところの感情的な人は、人から信用されなそうだし、友人も少なそうです。そして、理性的な人は周りに気を使いすぎて、鬱や神経症になってしまいそうです。
強いて言うなら、どちらも損なのでは?

ご意見にある通りの感情的な人は、常に周りに人がいないと自分を保てない上に、その激しさ故に人が離れて行き易く、献身的に尽くす人がいたとしても、その人物も段々と精神的に病んで行きそうです。
結局は自滅するのでは?
…独りになりたくないのに、独りになってしまうのを自ら早めてしまいそうですよね。
そして、理性的な人は、疲れていても人を遠ざけることが出来ないが故に、自分がボロボロになって、やはり心を病んでしまいそうです。
心が休まることなく、もがき続けて、誰にも心の内を見せることが出来ないまま、出したら出したで後悔の念から壊れていきそうですね。
どちらも破滅的だし不健康な生き方なので、止められなかったら不幸ですね。

でも、そんな人は滅多にいないと思いますけれどね。
自分のルールはこれだと決めて、そのまま貫く人は滅多にいないのでは?
自己ルールは、状況に合わせてその都度手直ししていく物ではないですか?
他者をギュウギュウに縛ったり、己を自制心でがんじがらめにしてまで、自己ルールを通そうとしても、
「無茶だ、もっと自然に生きたい」と思うのが一般感覚だと思いますよ。
学習や反省をして、理想と現実の折り合いを付けつつ、人は変わっていくのではないでしょうか。


それに、「感情的」 「理性的」の考察が、どうも極端に思えてなりません。

「感情的」という言葉の捉え方なのですが、これって、“自制心が利かないほどに、喜怒哀楽の感情が溢れ出すこと”であって、元々、他者利用するためのものではないと思いますよ。
“感情の暴走”だから、その人の本質的・本能的なものであったり、心から欲しているものであったり、逆に厭うものへの反発心であったりと、人心操作というよりも、“生の感情の爆発で飾らない自己表現”のことだと思います。

そして、「理性的」というのは、知性と結びついていて、“先見の明や協調性を伴うもの”だと思うのです。
もちろん、自分の現在も未来も見据えていて、他者との関係について強迫的に献身を行うことではないと思います。
“自己管理”も出来ていないと、理性的とは言えないと思います。

*  *  *  *  *  *

「理性的」 「感情的」の考察は、人それぞれ違ってくる物だと思うけれど、貴方のご考察から感じられたものを、私が表現し直すと、このようになりました。

  ◆ 感情的 = 利己的・打算的 

  ◆ 理性的 = 強迫的献身


上記の様に読み取れました。
貴方は、その様に書いたつもりはないのかもしれませんが、貴方が述べられた ご見解は、私には、このように聞こえました。
これだと、本来の意味からは遠いと思います。

以前、こちらのカテゴリで回答させていただいた者です。
その時は、投稿を促していただいていたので、時間が取れればもう一度回答させて頂きたかったのですが、パソコンを使える環境になかったので(家族が使用中)、続きが書けませんでした。

つい先日も、こちらのカテゴリでお見かけしたので、では、あのときの続きの意味も込めてと、投稿文を書いていたのですが、タッチの差で締め切りに間に合いませんでした。
まあ、こういうのもご縁なのでしょうね…。

で、今回のご質問なのですが、文章が難解ですね。...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報