本来でしたら、メーカーに見積もりを出してもらって聞くところですが、相場でいいので教えていただきたいのです。今回3度目の故障で(1・2回目は1年&1年半以内で故障)悪い製品に、たまたま運悪く当たったのか、これが、当たり前なのか。。

今回は、片側スピーカーから音が出なくなってしまいました。
過去レスで同じような相談があったので、みてみましたら、“接続端子を右・左入れ替えてどこが悪いのか、検討をつけてください。”とあったので、
入れ替えてみたところ、どうもアンプ側のスピーカー端子の右側が、入れ替えても音が出てこないことが判明しました。
1年ぐらい使わずに、コードもつけていなかったのですが、使わずにコードも入れていない状態で、接触不良みたいな事になるのでしょうか?
原因はわかりませんが、お聞きしたいのが、このアンプ側のスピーカー端子右側のみの修理だとどれぐらいの修理代金になるのでしょうか?
端子を交換するのでしょうか?よく見ると左側と一体となっているので、全部交換?

ちなみに、一瞬、悪い方から音が出たりします。
でも、FUNCTION切り替えをして、音をだしたらまた片方だけ音が出てこなくなります。
(例えばCDで両方のスピーカーから聞こえていたのが
RADIOにすると、また片側だけになります。その間、端子コードは触っていないので、接触だけが理由じゃないような?)
交換ではなくて、クリーニング?みたいなので直る可能性もあるのでしょうか?

最近の家電製品は、壊れるのは早いし、修理代金もべらぼうに高いし、それでもって、新製品を出すのも早いですが、長ーーーくもつ、丈夫な製品つくりをしてもらいたいと本当に思います。

話がずれましたが、どなたか知っている範囲で、相場でいいので教えて下さい。よろしくお願いします。
DENON UD-M3です。
説明不足でしたら、補足説明いたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

多分これはスピーカーの端子の故障ではなくボリュームかLRの調整のところのガリオーム(つまみですね)に酸化皮膜が出来たためと思います。

つまりつまりがボリュームなどの中にさびが発生したためと言うことです。修理方法としてはメーカーに出すと法外な値段になりますので接点復活材と言うものがありますのでそれを購入してつまみを外しボリュームの中に流し込み左右につまみをしっかり動かしてみることですね。このような症状はほうっておくと発生しやすいので出来るだけ定期的に使ってやることですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ボリュームを上げ下げしていると、片側だけしか音が出なかったのが、両方出るようになります。
接触がよくなるかんじです。でも使い始める度に、いちいちボリュームをまわすのは面倒なので、その接点復活材を使ってみたいのですが、このつまみは、どうやって外すのか検討がつきません。普通の構造のねじのようには回らないので、私のような素人でも、外せるのでしょうか?
もし、このコメントをご覧になったら、引き続きご教授いただければ幸いです。

お礼日時:2005/10/13 21:48

こんばんは。

つまみですが、下から見ると小さなねじがある場合は精密ドライバーなどで緩めれば外れます。
もし無い場合は単に押し込んでいるだけなのでゆっくり引っ張ってやれば抜けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ねじはないので、引っ張って見たのですが、怖くて引っ張り方が足りないせいか、取れないです。
細かいところまでご教授有難うございます。
埒があかない場合は、再度レスをたてて質問してみます。

お礼日時:2005/10/23 19:32

おはようございます。


前回修理した時の、「明細書」等に明記されていますが、

修理代=工賃+部品代+販売店の手数料

つまり、部品代を差し引いた金額は、最低限かかります。

前回と同じ症状であれば、明細書を添えて強く言えば、それなりの対応をしてくれるかも知れません。

あと、ネットで直接メーカーのサポートにクレームをつけると丁寧に回答が来ます。

文面の様子ですと、スピーカー端子ではなく、回路の故障(部品の半断線、接触不良等)が考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
メーカーに電話を入れてみました。
そうすると、中のコードか何かが劣化(サビ?とも言ってました)しているのではないだろうか?とのことで、部品交換になるとの答えでした。
期待通りのお答えです。

前回の修理明細を探してみると、
2回だと思っていた修理を3回しておりました。
最初は、ピックアップとホハダァーム?の交換
2回目はプロテクタ交換
3回目はトラバース交換
いずれも保障期間内(2・3回目は修理保証です)
今更ながら、明細を見てびっくりです。
この時は、録音できず・再生できずの悪状況が続きました。
今回は、年数がそれから3年ほどたっており、有料なのは確実です。
私はクリーニングのようなことで済ませられないのか?とメーカーに聞きましたが、専門的なことを言って、時間的に余裕がないこと、後、修理する構造上、交換するしかない。との回答。
これだけ、部品交換が多くトラブルが多いと素直にメーカー修理に出す気にはなれないです。本当に。
修理ではなく、お手入れしてくれるサービスがあったらいーのにと思ってしまうのは間違いでしょうか?
持っていくと、なんでもかんでも交換してそうな風潮がメーカー側にはありそうで・・・
お手入れだったら、有料でも交換よりは安くつくだろうし、納得がいくのですが、今はデジタル化してしまい、そんな事は不可能なのでしょうかね・・・アドバイス有難うございました。

お礼日時:2005/10/13 22:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q接点復活剤の使い方と種類について教えて下さい

最近アンプのジャック部の接触が悪いらしく、音が出ないことがあるので接点復活剤を購入しようと考えているのですが、
原因がケーブルではなく差し込まれる側であるアンプに問題があるということで、どのように接点復活剤を塗布したらよいか困っています。
やはりケーブルに塗布しておいて抜き差しするのでしょうか?

また、接点復活剤にはスプレータイプのものから綿棒で塗るタイプのものまで色々あってどれを買って良いのか悩んでいます。
オーディオ用に適しているもの、またそれの説明書に載っていないような正しい(詳しい)使い方などご教示いただければ幸いです。

以上宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤスリをチョット当てて2~3回擦るだけで接点の回復ははかれますので、『接点復活材』は不要です。
ボリュームやバランス、セレクターに復活材を何度も塗布している方がおられますが、どんなに高級な製品を使っても「百害あって一利無し」と私は断じます。
清掃後はチョット高いのですが、本物のシリコンオイル(10mリットル;2500円前後)をお奨めします。
数十年は変質しませんし、温度に強く水分・ヤニなどから守ってくれます。

販売から20~30年物の修理を数多くこなしてきましたが、底板を外すと、フロントパネル下に一面油や緑色のシミが出来ているものを多く見かけます。
これは接点復活材の付けすぎによる故障です。
元々製造時に塗布してあったオイルまたはグリースを「接点復活材」は溶かしてしまいます。
ガリ、音の途切れ、切り換え時の異音、音の歪みなどは殆どがこの「接点復活材」による障害です。
復活材が底に流れず基盤上に流れている場合などは、最悪ショートや腐食、溶解させている事さえあります。
可変器やセレクター、スイッチ類は基本的には無水アルコールでの洗浄ですが、これはある程度修理や補修の出来る人にしかお奨めできません。

修理に出した場合は殆どそのまま部品交換となる事が多いようです。

自称オーディオマニアです。

RCA(一般的なピンプラグ)のオス・メスや標準・ミニプラグのオスに対しては金などのメッキ処理されている物については、最上はシーム皮で強くこすってやればそれだけで十分ですが、サビが出ている場合は1000番か1500番の耐水ペーパーで水か油で数回擦るだけこれも十分です。
マイクやヘッドフォンのメスは耐水ペーパーをお箸などの細い丸棒に巻き付けて、これも数回回せば完璧です。
バランスやDINプラグは少し面倒ですが、基本は同じで1000番の先の細い(精密)ヤ...続きを読む

Q接触が悪くなったヘッドフォンジャックの回復法

パソコンのフロントパネルからヘッドフォンを繋いでいるのですが、最近接触が悪くなり、
雑音や片側だけ、最悪音が完全に聞こえなくなるようになりました。
ヘッドフォンは他で使っても問題無いので、完全にジャックの劣化が原因です。
ですが、わざわざそのためにPCのケースを買い換えるのには抵抗があります。
そこで、このヘッドフォンジャックを回復させる方法はないものでしょうか。
我が家の構造上、リアパネルからヘッドフォンを差し込むという選択肢はありません。
1000円以内なら費用がかかっても構いません。

Aベストアンサー

単なる錆が原因の接触不良なら、接点復活剤を少量スプレーする。
本体を分解して、これは規格品なので交換する。
最悪、特殊品なら半田付けして外部につける。
まあ、2番目までですむと思う。部品代200円まで、腕???わかりません。

Qスピーカーの接触不良??直せますか??

こんにちは。

半年ほど前にAVアンプを購入して、5.1CHで音を楽しんでいるんですが、
最近、右フロントスピーカー(3WAY)のウーハーの音が出ていないことがあることに気が付きました。
それで、コーン部を軽くたたいてやると、音は出るようになります。
それで映画一本分くらいはもってるんですが、
次にアンプの電源を入れて、音を出した時にはでていないことがおおいです。

このスピーカーは10年以上も前の少し大き目のもの(ウーハーは約30CM弱くらいあります)で、
パナソニック製です。ウーハー部分はネジで止められていて、はずせるような感じがします。
恐くてまだ試してませんが・・・。

分解してみて自分で直せるようなら直して見たいんですが、
そんな簡単なもんじゃないでしょうか??
買い換えようかとも思うんですが、同クラスのものを購入しようと思うと、
金額が・・・。お高いお高い・・・。
でも修理に出しても高いんでしょうねぇ(-_-メ)

アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

コーンを叩いて復旧するということは、接触不良というより、ボイスコイル(コーンを駆動するコイル)の断線の可能性の方が高いと思います。もしくは、ダンパー(コーンを支えている部分)のへたりによるセンターずれと、そのせいでどこかが機械的に引っかかっているかでしょう。
その場合、この部分は素人では直せませんからパーツ交換になるでしょうが、既に在庫のない可能性が高いと思います。同じ松下でもTechnicsブランドだと保守部品を長期間キープしていると思いますが....

買い換えが最も確実ですが、今や30cmクラスのウーファーを積んだ3Wayスピーカーなど、ほとんど絶滅していると思います。今の主流は12~20cmクラスのウーファーにツイーターを合わせた2Wayですね。シアター用途だと、同じような構成のトールボーイが大半です。
技術の進歩と、小口径ウーファーの利点が評価されるようになり、また設置面積などの問題から、大口径ウーファーは支持を失いつつあります。

もちろん、最近のスピーカーは良くできているので、決して30cmクラスに劣らない、むしろ良い面の方が多いと思わせる製品が多いですよ。価格的にも良く熟れていて、コストパフォーマンスは高いと思います。

どうしても30cmクラスの3Wayとなると、中古で大量に出回っていますし、上のような状況から極めて不人気のようで、ペア2万円くらいからでまずまずの出物があります。

ご参考までに。

コーンを叩いて復旧するということは、接触不良というより、ボイスコイル(コーンを駆動するコイル)の断線の可能性の方が高いと思います。もしくは、ダンパー(コーンを支えている部分)のへたりによるセンターずれと、そのせいでどこかが機械的に引っかかっているかでしょう。
その場合、この部分は素人では直せませんからパーツ交換になるでしょうが、既に在庫のない可能性が高いと思います。同じ松下でもTechnicsブランドだと保守部品を長期間キープしていると思いますが....

買い換えが最も確実ですが、今や3...続きを読む

Qスピーカーから音が出ない

オーディオラックを新調したので、配線をはずし(もちろん電源off,アンプのボリュームoff)、
再び今までどおりの接続をし、試しに聴いてみようとCDを入れ、アンプの電源を入れたところ、両スピーカーからブツっ、ブツっと大き目の音が3回ほどでて、これはヤバイと思い、すぐに電源を切って、接続を確認し、もう一度電源を入れてみたら、ブツっの音がしない代わりに、音がまったく出なくなってしまいました。カセットデッキにインプットセレクトを変えても同じです。新しいコンポを入れて、接続を変えたわけでもなく、前と同じ接続をしただけです。
前は何もまったく問題なく聴けてました。
コンポはアンプは2年前のデンオン、スピーカーは
古く約20年前のダイアトーンです。
スピーカーがだめなのか?アンプがだめなのか?アンプだったら、スピーカーを新調しても、また接続時にその新しいスピーカーがいかれてしまう不安があります。どうしたら良いでしょうか?

Aベストアンサー

まず、スピーカーの配線を外して
ヘッドフォンで音を聞いてみて下さい。

音が出るようなら、スピーカーかアンプの問題。
音が出ないなら、アンプの問題です。
即、修理でしょう。
スイッチを入れて一瞬音が出るなら、どこかで保護が動作しています。
全く音が出ないなら回路の不良です。

ヘッドフォンで音が出たとして、
次に、配線を外したままで
テスターでスピーカー端子の電圧を見て下さい。(ボリュームゼロ)
直流電圧が出ていたらアンプの故障です。
これでスピーカーを買い換えても、壊してしまいますから
アンプを修理に出して下さい。

更に、配線を外したままで、ボリュームを上げて
テスターでスピーカー端子のAC電圧を測ってみて下さい。
最大で10Vぐらいはあるはずですが、
メーターが振れないなら、アンプの故障です。
メーターが振れているのなら、こんどはボリュームを一回下げて
アンプとスピーカーをつないでみてください。

これでテスターで電圧を読みます。
充分電圧があるのにスピーカーから音が出ないなら
スピーカーの故障ですが、
スピーカーが両方いっぺんに飛ぶとは考えにくいので、
アンプも危ないかも知れません。

スピーカーが2way、3wayなら、
同時に全スピーカが飛ぶことは更に考えにくいので
やはり、まずアンプを疑いましょう。

まず、スピーカーの配線を外して
ヘッドフォンで音を聞いてみて下さい。

音が出るようなら、スピーカーかアンプの問題。
音が出ないなら、アンプの問題です。
即、修理でしょう。
スイッチを入れて一瞬音が出るなら、どこかで保護が動作しています。
全く音が出ないなら回路の不良です。

ヘッドフォンで音が出たとして、
次に、配線を外したままで
テスターでスピーカー端子の電圧を見て下さい。(ボリュームゼロ)
直流電圧が出ていたらアンプの故障です。
これでスピーカーを買い換えても、壊し...続きを読む

Qスピーカーケーブルとアンプの接触が悪いとき

こんにちは。
先日、友人から古いレコードプレーヤーを譲り受けまして、家に持ち帰ったのですが、本体とスピーカーケーブルの接触が悪くて音がでたりでなかったりします。
レコードプレーヤーはカセットデッキ・ラジオが一体になったタイプで、その本体の後ろのジャックのようなところにスピーカーのケーブルを差し込む形となっています。
ジャックは2台のスピーカー用にL・R2つずつ、合計4つありまして、小さな穴にシャッターが降りており、穴の下にあるボタンのようなものを強く押すと半分くらい開く、といった状態です。古いのでボタンを押し切っても半分くらいしか開いてくれません(^^;
そして、そこにケーブルを差し込むのですが、奥のほうに入れても角度によっては音がでません。現在はレコードを再生しながら、ケーブルを微妙に動かして、音の出る角度でなんとか弱弱しく固定する、といった処置を施しています。

ただ、これでは気軽に聞けないので、この接触をよくする方法がありましたらアドバイスいただけないでしょうか。接点復活材を中に流し込めばよくなるものでしょうか。尚、そのジャック部はネジもついていないので交換するのは大変そうです。
困っています。どうかよろしくお願いいたします。

こんにちは。
先日、友人から古いレコードプレーヤーを譲り受けまして、家に持ち帰ったのですが、本体とスピーカーケーブルの接触が悪くて音がでたりでなかったりします。
レコードプレーヤーはカセットデッキ・ラジオが一体になったタイプで、その本体の後ろのジャックのようなところにスピーカーのケーブルを差し込む形となっています。
ジャックは2台のスピーカー用にL・R2つずつ、合計4つありまして、小さな穴にシャッターが降りており、穴の下にあるボタンのようなものを強く押すと半分くらい開く、といっ...続きを読む

Aベストアンサー

シャッターの部分は金属ではないでしょか?
奥まで入れても…とありますが、この金属部分にケーブルのカバーしかあたらないくらい奥まで入れていませんか?
シャッターのばねがゆるくなっているようなら、ケーブルの芯を長めに出し、折り曲げて太くすると固定しやすくなります。

Qスピーカーから接触不良のような音がする事があります

まず、この質問は曖昧な質問ですので、お詫びいたします。
質問したいのは、時々スピーカーから「接触不良的」な音が出ており、これを何とかしたいという事です。
最近オーディオに少し目覚めまして、15年くらい使っていたプリメインアンプとCDプレーヤーを買い換えました(オーディオは初心者レベルと考えて下さい)。まず、アンプを先に買い替え、その半年後にCDプレーヤーを買い換えました。
ここで、問題が発生したのです。新規のアンプを購入してから、CDプレーヤーを買い換えるまでは何も問題が無かったのが、CDプレーヤーを交換してから、CDを聴いていると「接触不良的な音」がたまに出るようになったのです。それなら、CDプレーヤーが原因か?と思ったのですが、アンプのヘッドホン端子にてヘッドホンでCDを聴く限りにおいては「接触不良的」な音が出る事がありません。
そして、その「接触不良的」な音が出た時に、アンプのボリュームの強弱を回すと現象が収まる事がほとんどなのです。また、同じCDの同じ箇所で現象が再現するということもなく、どういうタイミングでいつ発生するのかも分かっておりません。現象が発生しない日もあります。
恐らく、機器を交換して原因と思われる機器を突き止めていくのが常道かと思うのですが、古い機器は処分してしまいましたので、今更交換して試す事も出来ない状況です。
ちなみに、私が「接触不良的」と呼んでいるのは、CDの音飛びではありません。上手く伝えるのが難しいのですが「音がとぎれとぎれになる」と表現したら分かっていただけますでしょうか?
なお、この現象は左側のスピーカーからも2回ほど発生しましたが、今は左側のスピーカーでは全く発生せず、常に右側のスピーカーから発生します。もちろん、左右のスピーカーとスピーカーケーブルの組み合わせも色々変えて試してみましたが、何故か右側に設置したスピーカーからだけ、この現象が発生します。
修理すれば?という回答も予測しております。確かにそれが一番手っ取り早いのかもしれません。しかし、私は毎日今の環境で音楽を聴いていたいのです(わがままで済みません)。
この曖昧な質問にて、修理せずに「治す」事は無理と考えております。
そこで、もしも上記の内容だけで「CDプレーヤー」「アンプ」どちらに問題がありそうかお分かりでしたら、バージョンアップも考慮して、問題のある方の機器を買い換えてみようと思っております(お金に余裕があれば、両方とも買い換えたいのですが)。または、「CDプレーヤー」「アンプ」以外に問題があるのであれば、そちらを見直してみたいと思っております。
曖昧な質問で大変恐縮ですが、宜しくお願いいたします。

まず、この質問は曖昧な質問ですので、お詫びいたします。
質問したいのは、時々スピーカーから「接触不良的」な音が出ており、これを何とかしたいという事です。
最近オーディオに少し目覚めまして、15年くらい使っていたプリメインアンプとCDプレーヤーを買い換えました(オーディオは初心者レベルと考えて下さい)。まず、アンプを先に買い替え、その半年後にCDプレーヤーを買い換えました。
ここで、問題が発生したのです。新規のアンプを購入してから、CDプレーヤーを買い換えるまでは何も問題が...続きを読む

Aベストアンサー

お礼の内容を見ますとさゆうを入れ替えると必ず右側かが悪いとあるので、アンプの出力回路が問題のようです。ヘッドホンが正常とのことなので、「保護用のミューティングリレー」が一番くさいです。あるいはスピーカーを駆動する最終段のパワーアンプ部がおかしいか。いずれにしてもアンプを新品に交換してください。経年15年ですと、メーカーのサービスは修理部品をもう保有していません。

Qボリュームを回すとガリガリ音が出る時の直し方?

ボリュームを回すとガリガリと音が出る時の直し方を教えて下さい。
メーカー製のパソコンを買った時によく付いてくる、アンプ内蔵のスピーカーについての質問です。
アンプ内蔵のスピーカーについているボリュームつまみを回して、音量を上げ下げすると、
ガリガリと大きな音がスピーカーから出ます。
ボリュームの抵抗体にDC(直流)が流れると、そうなりやすいと聞いたことがあります。

この直し方として次のどちらが根本的な修理方法なのでしょうか。
1.ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。
2.ボリュームを交換し、ボリュームの前後にDCをカットするコンデンサを追加する。

Aベストアンサー

すでに模範的な回答が出そろっていますので、補足の意味で
書き込みさせていただきます。

バリオーム(可変抵抗器)のイメージは左の図のとおりです。
カーボン皮膜を施してある面を摺動片が移動して抵抗値を
変化させる構造ですが、この面にゴミがとかキズが付くと
摺動片がそこを通過するときに「ガリ!」という不快な音を
たてます。

それならばゴミをとってやれば治りそうですが、これが
なかなかそう簡単にはまいりません。分解ができないのが
多いんですよ。
実際の部品は右図のような形をしています。小さな穴でも
あいていればそこから接点クリーナーを噴射してやれば
一時的に治ることもあります。でもしばらくするとまた
同じ症状が出てくるでしょうね。同形で同じ値の物と交換
するのがベストです。

余談ですが最近の器機はとことんコストダウンしているせいか
ここがすぐダメになるようです。安くなるのは歓迎しますが、
あまりに粗悪な部品を使うのはいかがなものかと思うんですが・・・

Qアンプの雑音(ガサガサ、バリバリ音)について

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることがわかりました。
電源を一旦切り、間をおかずに電源を入れると、今度はすぐに雑音が発生します。
どうも、機器が暖まってくると雑音が発生してしまうようです。

このような症状から、原因はトランジスタの劣化ではないかと考えているのですが、正解でしょうか?
また、その場合、パワートランジスタの劣化が原因なのでしょうか、それとも前段の基盤上の2SC1345などのトランジスタが原因と考えるべきなのでしょうか。
はたまた、コンデンサーなど、他に原因があるのでしょうか。
どなたか、お詳しい方、ご教授のほどよろしくお願い致します。

古いプリメインアンプ(Luxman L-504)を使用しています。

先日久しぶりに電源を入れたところ、電源投入から40分くらいしてから、右チャンネルより、ガサガサ、バリバリといったノイズが出始め、数分後にボツッ、ボツッというような雑音が両チャンネルから出始めたため、あわてて電源を切りました。

検証のために翌日安物のスピーカーをつないで実験したところ、やはり電源ONから40分くらいすると同様の雑音が発生し、その際に、入力セレクターやボリュームを動かしても全く関係なくノイズが出ることが...続きを読む

Aベストアンサー

経年機に生じる症状の一つ、スピーカーOFFスイッチがあればそれをOFF
で通電持続(無い場合はアンプ裏面の出力端子で配線を外す)アンプをある安定状態(温度的に、素子等の構造体、物性の関係)にすると解消する場合が多い。
特に寒冷時期に多いトラブルです。
試して診て下さい。
経年機はとにかく通電してやることです。
私は対策としてアンプは連続通電しています。
(何かの都合で電源OFF持続でその症状が出た場合、前述の手法で復旧させます。安定保存にはエアコンが一番ですがそれは…アンプ通電持続が現実手法です)

Qスピーカーの片側から音が出なくなった気が…

少し長文になりますが失礼します。
4ヶ月間赴任で遠地のアパートで暮らしていたのですが、
昨日4ヶ月ぶりに自宅へ帰って自分のオーディオを鳴らしてみました。
音が小さい気がするな…と感じてスピーカーに耳を近づけてみると、正面から見て右側のスピーカーから音量音圧等が明らかに小さいんです…。
音がこもっている?感じかもしれません。
バランス設定等はすべて平均値、以前正常に音が出ていた頃と同じ設定です。
色々なCDで試してみましたが、すべて同様に左側からしか正常な音量が得られませんでした。
物忘れが多いほうなので、もしかしたらはじめからこのような聴こえ方だったのかもしれませんが、以前この構成で聴いていた時はこのような違和感は感じていなかった気がします。
一人住まいですので、私がいない間に構成が変更されたり、移動、物理的な破壊があったとは考えにくいです。
4ヶ月ぶりの通電という事で、
機械がビックリして壊れた!なんてことはありませんよね…。ちなみに出発する前にプレーヤー、アンプ共にコンセントを外しておきました。

原因としては何が考えられるでしょうか…。

オーディオの構成
スピーカー JBL 4312D
プレーヤー デノン DCD-SA500
アンプ デノン PMA-2000III
スピーカーケーブル アクロリンク 6N-S1400II

少し長文になりますが失礼します。
4ヶ月間赴任で遠地のアパートで暮らしていたのですが、
昨日4ヶ月ぶりに自宅へ帰って自分のオーディオを鳴らしてみました。
音が小さい気がするな…と感じてスピーカーに耳を近づけてみると、正面から見て右側のスピーカーから音量音圧等が明らかに小さいんです…。
音がこもっている?感じかもしれません。
バランス設定等はすべて平均値、以前正常に音が出ていた頃と同じ設定です。
色々なCDで試してみましたが、すべて同様に左側からしか正常な音量が得られませんでした。...続きを読む

Aベストアンサー

質問者様がのべられている条件だけで、不具合の条件を特定するのは難しいのですが、次の2つの原因が考えられます。
・スピーカーの中/高域ドライバーが焼ききれている(発振等による)
・アンプの片chが不調
・インターコネクト(ピンコード)の接触不良

結構、怪しかったりするのが最期の一項です。
次の2つのことを試してみて頂けませんか?

(1) 正常なチャンネルのスピーカーコードを外して、不調なチャンネルだけでどんな音がするのか聴いてみる
(2) ビデオに付属してくるような、しょぼ~いピンコードで構わないから接続しなおしてみる。

Qリレーの清掃・交換について

年代もののアンプのリレーを清掃しようと思っています。
右chがほぼ聴こえなくなり、現在はアンプの左chにLR両方のスピーカーをつないでしのでいます。
そこで、リレーを清掃しようと思ったのですが、カバーをどう取り外すのか分からずにいます。写真の黒いパーツです。
基盤から取り外さなくても、カバーを外し清掃できるものですか?

もし清掃してもダメな場合は、部品交換しようと思ってます。
基盤をのぞくと沢山の部品がひしめきあっていて、どの半田がどの部品のものか判別しにくく、半田をうまく外す方法を教えてください!
リレーはTAKAMISAWA社の4本足のもので、同型品は入手できそうです。

Aベストアンサー

こんばんわ。#5です。
知ってるよ!と言われるかもしれませんが、リレー(断続器)
の基本を示します。
足の数が4本なら実物もおそらくこのとおりでしょう。

理屈としてはAB間に電圧が加わると電磁石の力により
可動接片が引き寄せられ、CとDの端子間はスイッチONの
状態になります。つまりAB間に電圧をかけるか、かけないかで
スイッチの0N-0FFを行う部品です。

で、よくあるのがここのCD間の接触不良です。接点間が
汚れてきたりすると、本来ONの状態になっているにも
かかわらず、CD間に満足に電流が流れてくれない、
ということになってしまいます。

質問者さんはこれを疑っているんですよね。
ですから、ここを一時的に短絡してみましょう、と
前回申し上げたわけです。
短絡するというのはCとDの端子間をみの虫クリップの
コードなどで強制的につないでみることです。
あくまで一時的にですよ。ずっとその状態で使っては
いけません。その結果
短絡したら音が正常になった→これはリレーが原因
短絡しても音がおかしい→リレーが原因ではない
と判断することができるはずです。

次にヘッドホン端子を使っての切り分け方ですが、
ヘッドホンへの出力がリレーに入る前の部分から
引かれていれば
>左右とも問題なし→SPはリレーが原因か?
>問題あり→リレー以外の原因。
という可能性は大であると思います。
ただ普通はヘッドホンへの出力もなんらかの形で
遮断回路があるはずなんです。なので#5で書いた
配線も、もしかしたら違っているのかな~と、今
思い直しているところでございます。

こんばんわ。#5です。
知ってるよ!と言われるかもしれませんが、リレー(断続器)
の基本を示します。
足の数が4本なら実物もおそらくこのとおりでしょう。

理屈としてはAB間に電圧が加わると電磁石の力により
可動接片が引き寄せられ、CとDの端子間はスイッチONの
状態になります。つまりAB間に電圧をかけるか、かけないかで
スイッチの0N-0FFを行う部品です。

で、よくあるのがここのCD間の接触不良です。接点間が
汚れてきたりすると、本来ONの状態になっているにも
かかわらず、CD間に満足に電流が流れてくれ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング