『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

ラストシーン近く、大佐がマリアンヌに朗読してあげている詩の
作者とタイトルを教えてください。

この詩の翻訳本は出版されているでしょうか、、、?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

書店でざっと立ち読みしただけなので不確実ではありますが、この部分は原書では第5巻の第2篇、ちくま文庫版では3巻の366ページ(第5巻 第2篇 39)だと思われます。


巨人に対してアーティガルが言う台詞で、大体の意味は「大地が海に浸食されても、潮に運ばれて別の場所にいくだけ・・・」
この後は"For there is nothing lost, that may be found, if sought"(何も失くなりはしない、探せば見つけることができる)と続くのですが、これが次のブランドン大佐の台詞"We move back to find Mrs. Dashwood and Elinor at the other end of the room, sewing peacefully."を引き出しているようですね。
さすがに文学作品が原作だけあって深いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答、どうもありがとうございます。
わざわざ書店で確認いただいたようで、大変感謝しています。

映画はDVDの字幕&吹替えで1回ずつ見たのですが、
この詩の一節がとても気になっていました。

しかし、恥ずかしながら"詩集"と言うものを、
(たぶん)今まで一度も手に取った事が無いため、
("ちくま文庫版"の事を教えていただいたのですが、)
全4巻を全て読まなければダメなのか、、、と、
ちょっと気後れしていました。

翻訳では無く、原書を読めたら一番良いのですが、
私の英語力では到底無理なので、
早速、ちくま文庫版の、まずは3巻から手をつけてみたいと思います。

本当に、どうもありがとうございました。

お礼日時:2005/10/14 20:46

アラン・リックマンが朗読する詩


"Nor is the earth the lesse, or loseth
aught. For whatsoever from one place
doth fall, Is with the tide unto
another brought..."
これは16世紀の英国の詩人、エドマンド・スペンサーの"Faerie Queene"の一節のようです。
日本では「妖精の女王」のタイトルで出版されていて、ちくま文庫版が入手可能です。

この回答への補足

回答どうもありがとうございます。
ちくま文庫版は4巻発売されているようですが、
映画に出てきた一節は、どの巻に載っているか
お分かりでしょうか、、、?

補足日時:2005/10/13 22:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング