飲酒に関し血液検査を行うことの是非について、ある国際会議で話題になりました。スウェーデンの医師が「γ-GTP検査では飲酒以外でも高い値を示すので検査精度が良くない。CDTを調べなければ意味が無い。Swedenでは自動車運転免許の検査でもCDT値を見てアルコール中毒の有無を判断している」との発言をし、それに対しCDT検査は時間がかかるとか費用がかかるなどの反論がありました。私は医師でも医療関係者でもないのでよくわからなかったのですが、この議論、実際のところ精度・費用・時間・手間の問題など、専門家の方はどのようにお感じになりますか?

それから、その会議の休憩時間に、その発言をした医師に直接質問し、いくつか答えていただいた内容についてなのですが、

・CDT=Carbohydrate depleted transform
・鉄と結びつく物質。アルコールの大量摂取により血中に増加する。

↑この理解は正しいでしょうか?

それから、
Specificity、Sensitivity、、ASAT、 ALAT
などの用語がその説明の中に出てきたのですが、全てを質問しきれずメモして持ち帰ってきました。

お互いに英語を母国語としない者同士でしたので、理解が不十分です。

CDTそのものについても、できればもう少し詳しく、わかりやすい説明があるとありがたいのですが。ご専門の方、お手数ですがご教授ください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まず簡単な方から・・・。


>Specificity、Sensitivity、、ASAT、 ALAT
これらは解決ついたのでしょうか・・・?
Specificity:特異性(酵素反応の基質特異性)
Sensitivity:(検査)感度
ASAT:肝機能検査;GOT
ALAT:肝機能検査;GPT
「GOT」「GPT」について詳細が知りたいのであれば、TOPページで「GOT」あるいは「GPT」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

「CDT」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
このページの記載によると
・糖鎖欠損トランスフェリン(Carbohydrate deficient transferrin,CDT)
のようです。

http://www.chiringi.or.jp/k_library/kaishi/kaish …
(臨床検査医学からみたアルコール医学)
http://www.so-net.ne.jp/medipro/shindan/4.shinka …
(肝疾患診療マニュアル:CDT とアルコールマーカー)
http://www.nsknet.or.jp/~hy-comp/definition/ALso …
(アルコール関連身体疾患とは)
http://www.n-teisinhp.go.jp/wadai/2000/w000828.htm
(早発アルコール依存症の治療)

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.glycoforum.gr.jp/science/word/glycopr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

糖鎖欠損トランスフェリン(Carbohydrate deficient transferrin,CDT) でしたか。。。なるほど!
参考になるURLを教えていただきありがとうございます。

SpecificityとSensitivityについては、そのスウェーデン人医師が「Specificityが高いのとSensitivityが高いのとでは前者の方が問題である」という意味のことを言っていたような気がしています。どちらもパーセントで表される概念であるとも言っていたような。。。相当する日本語がわかっただけでも大助かりなのですが、概念がいまひとつ理解できません。私も自分でいろいろ検索してみます。

お礼日時:2001/11/20 00:32

blackleon先生の回答は「cutoff値」のことかと思います。


以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「ROC曲線」
http://www.takedahp.or.jp/tinfo/medical/66-03.html
(検査値の不確実性)

少し疑問なのは「RIA」「EIA」「FAT」等の検査では想像出来るのですが、「TIA」の場合も勿論「cutoff値」の問題はあるでしょう・・・?
問題はこの方法で濁度計とういうもので測定している点が気になります。
あまり感度が良くないのではと想像するものですから・・・?

TIAと言う検査方法を初めて知ったものですから・・・。

参考URL:http://www.med.nihon-u.ac.jp/department/public_h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

濁度計の感度についてはわかりませんが、ここまでの話で私にとっては必要充分な理解を得ることができました。重ねまして厚く御礼申し上げます。

お礼日時:2001/12/13 10:27

感度、特異度についてもう少し詳しくご説明します。


ある事象について陽性か陰性かの判断をくだす時、その判断基準となるGolden Standardがある場合それに照らし合わせて、陽性のものを正しく陽性と判断する場合(True Positive:TP)、陽性のものを誤って陰性と判断する場合(False Negative:FN)、陰性のものを正しく陰性と判断する場合(True Negative:TN)、陰性のものを誤って陽性と判断する場合(False Positive:FP)の四つの場合があります。

このなかで実際の陽性例(TP+FN)の中に占める正しく陽性と判断したTPの割合[TP/(TP+FN)]のことを感度(sensitivity)と呼び、実際の陰性例(TN+FP)に占める実際に正しく陰性と判断したTNの割合[TN/(TN+FP)]のことを特異度(specificity)と呼びます。

陽性、陰性をすべて正しく判断すれば、感度も特異度も100%になりますが、実際は多くの場合、感度を上げようとすれば特異度が下がり、特異度を上げようとすると感度が下がるというジレンマが生じます。

CDT値については不勉強でよくわかりませんが、アルコール性の肝障害を指標として用いる場合、そのカットオフ値を低く決めすぎると感度(sensitivity)は高くなるものの特異度(specificity)が低くなる(ほとんどのアルコール性肝障害を拾い上げることができるが、それ以外の問題のない人も多く拾い上げられる)、カットオフ値を高く決めすぎると特異度は高くなるものの感度は低くなる(問題のない人が誤って拾い上げられることは少なくなるが、実際のアルコール性肝障害の人が拾い上げられる率が少なくなる)といった問題が生じることが予想できます。
そのような場合には、正確度(accuracy):[(TP+TN)/(TP+TN+FP+FN)]といった指標を用いて、これが最も高くなるようなカットオフ値を決めるということになると思います。
見当違いな回答ならすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

sensitivityとspecificityについて、よくわかりました。カットオフ値を決めるための概念だったのですね。ありがとうございました。お礼を申し上げるのが遅くなりまして申し訳ありません。

お礼日時:2001/12/13 10:25

MiJunです。


>概念がいまひとつ理解できません。
http://www.mbcl.co.jp/database/main.asp?strField …
(トランスフェリン)
自信がありませんが、CDTもTfと同様に「TIA(免疫比濁法)」法で測定しているとすれば、抗原ー抗体反応をさせてその生成物を濁度計で測定しているようです・・・?

スウェーデン医師の発言に関して、その意味は分かりません・・・??
ここからはさらに素人判断ですが、上記測定法(TIA法)に関してスウェーデン医師が発言したかどうかが問題ですね・・・?
もし、TIA法に関してであれば、推測ですが、測定しようとするCDT(単一かどうか・・・・?)に対する抗体がモノクロナールなものかどうか・・・?
一般にモノクロナール抗体であれば、「Specifity」は高いと言う事です。
「Sensitivity」に関しては、濁度計は高くないと思いますが・・・?

専門家のフォローお願いします。

参考URL:http://www.mbcl.co.jp/database/PARTS/method.html#T
    • good
    • 0
この回答へのお礼

参考URLが大変参考になりました。どうもありがとうございました。お礼を申し上げるのが遅れてもうしわけありません。

お礼日時:2001/12/13 10:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCDT値と飲酒の関係について

飲酒に関し血液検査を行うことの是非について、ある国際会議で話題になりました。スウェーデンの医師が「γ-GTP検査では飲酒以外でも高い値を示すので検査精度が良くない。CDTを調べなければ意味が無い。Swedenでは自動車運転免許の検査でもCDT値を見てアルコール中毒の有無を判断している」との発言をし、それに対しCDT検査は時間がかかるとか費用がかかるなどの反論がありました。私は医師でも医療関係者でもないのでよくわからなかったのですが、この議論、実際のところ精度・費用・時間・手間の問題など、専門家の方はどのようにお感じになりますか?

それから、その会議の休憩時間に、その発言をした医師に直接質問し、いくつか答えていただいた内容についてなのですが、

・CDT=Carbohydrate depleted transform
・鉄と結びつく物質。アルコールの大量摂取により血中に増加する。

↑この理解は正しいでしょうか?

それから、
Specificity、Sensitivity、、ASAT、 ALAT
などの用語がその説明の中に出てきたのですが、全てを質問しきれずメモして持ち帰ってきました。

お互いに英語を母国語としない者同士でしたので、理解が不十分です。

CDTそのものについても、できればもう少し詳しく、わかりやすい説明があるとありがたいのですが。ご専門の方、お手数ですがご教授ください。

飲酒に関し血液検査を行うことの是非について、ある国際会議で話題になりました。スウェーデンの医師が「γ-GTP検査では飲酒以外でも高い値を示すので検査精度が良くない。CDTを調べなければ意味が無い。Swedenでは自動車運転免許の検査でもCDT値を見てアルコール中毒の有無を判断している」との発言をし、それに対しCDT検査は時間がかかるとか費用がかかるなどの反論がありました。私は医師でも医療関係者でもないのでよくわからなかったのですが、この議論、実際のところ精度・費用・時間・手間の問題など、専門...続きを読む

Aベストアンサー

まず簡単な方から・・・。
>Specificity、Sensitivity、、ASAT、 ALAT
これらは解決ついたのでしょうか・・・?
Specificity:特異性(酵素反応の基質特異性)
Sensitivity:(検査)感度
ASAT:肝機能検査;GOT
ALAT:肝機能検査;GPT
「GOT」「GPT」について詳細が知りたいのであれば、TOPページで「GOT」あるいは「GPT」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

「CDT」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
このページの記載によると
・糖鎖欠損トランスフェリン(Carbohydrate deficient transferrin,CDT)
のようです。

◎http://www.chiringi.or.jp/k_library/kaishi/kaishi2001_2/
(臨床検査医学からみたアルコール医学)
●http://www.so-net.ne.jp/medipro/shindan/4.shinkan/books/20105d.html
(肝疾患診療マニュアル:CDT とアルコールマーカー)
○http://www.nsknet.or.jp/~hy-comp/definition/ALsoma.html
(アルコール関連身体疾患とは)
●http://www.n-teisinhp.go.jp/wadai/2000/w000828.htm
(早発アルコール依存症の治療)

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://www.glycoforum.gr.jp/science/word/glycoprotein/GPB06J.html

まず簡単な方から・・・。
>Specificity、Sensitivity、、ASAT、 ALAT
これらは解決ついたのでしょうか・・・?
Specificity:特異性(酵素反応の基質特異性)
Sensitivity:(検査)感度
ASAT:肝機能検査;GOT
ALAT:肝機能検査;GPT
「GOT」「GPT」について詳細が知りたいのであれば、TOPページで「GOT」あるいは「GPT」と入れて検索すると沢山Hitしますので参考にしてください。

「CDT」に関しては、以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
このページの...続きを読む

Q血液検査の際に血液型の判定

職場で定例の健康診断を受ける必要があり、
毎年病院に行って検査を行い、
後日結果が送られて来るのですが、
私はハッキリとした形で自分の血液型を
把握していません。

せっかくの機会なので、血液を採取したついでに
血液型も調べて頂きたいのですが、
それは血液検査とは別に、高額の
検査費用が発生するのでしょうか?

アドバイスを宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

健康診断ですから検査費用は職場と病院間などで検査で行う項目などとその費用を契約していると思われます

これは多くの場合、同じ項目をまとまった人数行うセットとして契約されていますので特定の方だけ特別な項目を行うことは事務担当者などは負担になりますから一般的には全く同時とは行きにくいと思います

また、血液型検査は一般的な健診項目とは別な試験管に採血することが多いものです

ただ、当日採血の前に病院に直接任意の検査の申し込みをして、血液型の採血することを決めた後、健診の採血を行うようにすれば針を刺すのは一度で済むことができるかもしれません

費用については保険で行うものではないのでその時の言い値ですが、
保険を参考にすれば210円+1440円+130円+2700円程度は掛かるものとお考えください
血液型がわかったとしても健康管理には役立ちませんので基本的に別料金です

Qabbreviationとacronymの違い

abbreviationとは、UCLA(ユーシーエルエー)のようにそのままアルファベット読みするもので、acronymはNATO(ナトー、ネイトー)のように単語として発音するものだということを聞いたのですが、ある辞書にはabbreviationの例としてUNESCOが載っていたので混乱しています。
正確な区別はどのようなものでしょうか。

Aベストアンサー

acronym は NATO のような「頭字語」のことです。

abbreviation は「略語」ですから、NATO も含むことができますが、
たとえば International を Int'l と書いたり、Japan Yen を JPY と
書いたりするのがそうです。

わたしは今までの経験からそう理解していますが、
abbreviation & acronym というように併記してあることも多いですね。

Qトキソプラズマの血液検査、正常値はいくらぐらい

妊娠初期にトキソプラズマの抗体を調べる血液検査をした場合、

1.妊娠前から抗体があって、現在は問題ない場合の値

2.つい最近感染した場合の値

これらの差はいくらぐらいなのでしょうか。
1.の場合がいちばん安心と判断してよろしいのでしょうか。
何かご意見をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

数値は私も教えてもらってないのでわかりません。
ただ妊娠中に検査してすでに抗体があった場合は妊娠中もそんなに気にしなくていいのですが、問題は最近感染した場合です。
妊娠してから感染している場合は胎児への影響も少ないけれどありますので、医師から指示があるはずです。
逆に抗体がない場合は感染しないよう注意が必要です。

一番安心なのは妊娠前からすでに抗体をもっていた場合です。

QMacでEclipse+CDT

MacでC/C++の勉強をしようと思い、Eclipse+CDTを試みたのですが、ビルドしてもバイナリファイルが作られません。どうすればよいのでしょうか。教えてください。
OSは10.2.8、Eclipseは3.0.2、CDTは2.0.2です。
コンソールには以下の様にでています。
make -k all
main.d:5: *** missing separator. Stop.
Build complete for project HelloWorld

Aベストアンサー

make に GNU make が必要なのかな?
あまりMac には詳しくありませんが、BSD 由来のmake よりも GNU make のほうが機能が多いため、Linux 由来のMakefile だとうまくmake できないことがあります。
make --version を実行してみて、GNU make のバージョン情報がでないばあい、システムの make が動いていると思います。
GNU make の入手については、私もよく知らないので、適宜行ってください。
gnumake 等の名前でインストールされている可能性もあります。

参考URL:http://fink.sourceforge.net/faq/faq.ja.html#comp-general.missing-make

Q生化学(1)検査台紙、血液擬固検査台紙

測定日の上昇、下降について教えてほしいのですが。

LDH( ? )▲508Uとは肝機能障害疑われるのでしょうか

GLU(グリコール)▲243mg/dl

K(カリウム)▼3.1mEq/dl

WBC(白血球)▲166×10/ul
この検査結果から伺われる初見はどのような症状でしょうか。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どういった状態で採血したのかがわかりませんので、的確なコメントができませんが。
LDHは種々の疾患で上昇します。肝機能障害の場合は他のAST、ALTなどの上昇をある程度伴うことが普通です。
GLUは血糖値です。点滴の最中などでの値でなければ高いですから、糖尿病の検査が必要です。
WBCは×10の3乗でしょうから1万6千とすれば高値です。
他の炎症反応などとの比較検討が必要です。

Qeclipse3.3 CDTビルド環境

WindowsXPのeclipse3.3EEにCDTをインストールしてCygwin/bccのビルド環境構築を試みています。
C/C++パースペクティブからファイル→新規→Cプロジェクト→実行可能で空のプロジェクトを作成してhelloworld.cとgygwin/bash上で実際にビルドできたMakefileを入れ、プロジェクト名右クリック - [プロジェクトのビルド] を実行したのですが、自作したMakefileは使用されずeclipseが自動生成したMakeが実行されます。
また、ファイル→新規→Cプロジェクト→実行可能からMakefileプロジェクトHello World C++を選択してプロジェクトを作成しビルドすると以下のようなエラーが出ます。

(ビルドエラー)
**** プロジェクト hello01 の構成 Cygwin GCC の ビルド ****
(Exec error:?w?????t?@?C?)

Eclipse3.3EE CDTで自作Makefileビルドできる環境を構築する方法をご教示ください。
よろしくお願いします。

WindowsXPのeclipse3.3EEにCDTをインストールしてCygwin/bccのビルド環境構築を試みています。
C/C++パースペクティブからファイル→新規→Cプロジェクト→実行可能で空のプロジェクトを作成してhelloworld.cとgygwin/bash上で実際にビルドできたMakefileを入れ、プロジェクト名右クリック - [プロジェクトのビルド] を実行したのですが、自作したMakefileは使用されずeclipseが自動生成したMakeが実行されます。
また、ファイル→新規→Cプロジェクト→実行可能からMakefileプロジェクトHello World C++を選択してプ...続きを読む

Aベストアンサー

bash上からではなくて、コマンドプロンプト上から、gccが実行できるように、
環境設定をして置く必要があります。
・確認する必要がありそうな環境変数
  Path
  C_INCLUDE_PATH
  CPLUS_INCLUDE_PATH
  LIBRARY_PATH

環境設定できたら、コマンドプロンプト上から、コンパイルが成功する事を確認
したのち、eclipseとCDTのセットアップをしてみてください。

※eclipse+CDTは、環境設定をキャッシュしてる事があるみたいなので、
一度間違った環境を認識した後に、環境を整えても、間違った環境のまま動作する
時があります。

MinGW+EClipse+CDTの環境設定方法を乗せたページがあるので、
参考になるかもしれません。(ちと情報が古いです)
http://yanchde.gozaru.jp/

Q手術のための血液検査の結果

手術を受けるために血液検査を行いました。
感染症を調べるため、という書類にサインもしました。

その血液検査の結果(?)を
教えて貰うことは可能ですか?
痛い思いをして検査したのだから、
数値的なものが知りたいです。

Aベストアンサー

また来ました。
>結果を知りたい人はまれでしょうか?

まれじゃないと思います。
私も病院づとめの時、よく聞かれましたが、先に述べたように、その結果を患者さんに伝えるのは医師にしか許されてないので答えられないのですが。

なので、そういうスタッフいじめはなさらないで、主治医に聞いてくださいね。

なお、一般的には「検査したらデータは患者さんに返す」のが普通だと思います。
ガンの細胞診のようにガン確定みたいな場合には告知の問題が出てきますが、そうじゃない一般検査データはすべて患者さんに届いていいものと思っていただいてかまいません。

Q現在の日付をJST形式で取得する。

現在のシステム時刻をJST形式で取得したいのですが、
良い方法はありますでしょうか。


Fri,9 Mar 2007 06:56:27 +0900(JST)

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは、

System.out.println(new Date().toString());

若干表現が違いますが、上記の出力結果は

Fri Mar 30 12:35:58 JST 2007

になります。 この表現では、駄目なのですか??

Q血液検査の点数について

咳がひどく、大きな総合病院にて診察してもらいました。受診したのは耳鼻咽喉科で、おそらくアレルギーからくる咳だろうとの診断をいただきました。
原因が知りたかったので、血液検査もしていただいたのですが、診察料がかなり高額でビックリしました。国保の3割負担で合計1万円ほどです。
内訳は、診察273点、検査2533点、その他68点となっていますが、妥当なところなのでしょうか? 正直、検査の点数がすごく高い気がしています。
支払いの時も高いなぁと感じつつ、大きな病院だからかなと思い、とりあえずは支払いをしましたが、ここで他の質問等をみていると、点数はどこの病院でも同じと書いてあります。アレルギーを調べるための血液検査はこんなに高いものなのでしょうか?(ちなみに今現在自覚しているアレルギーはありません)

病院で聞くのが一番なのでしょうが、料金のことでうるさく思われたくない部分もありますし…。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

アレルギー検査は、各アルゲン毎に検査しなくてはなりません。アレルギー源は無数にありますので、検査項目が増えたの思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報