何年か前の深夜に、関西で放送されていた海外ドラマ(多分アメリカ?)の
タイトルとおおまかなあらすじを教えて下さい。
覚えているのは
1 主人公がライオンのような顔をしていて、人間から隠れて他の仲間と地底で
暮らしていること。
2 一人の人間の女性とは、交流があったこと。
以上です。
特に結末が知りたいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

リンダ・ハミルトンの「美女と野獣」では?


1年半に渡るロングランとなったCBSテレビの『美女と野獣』である。高評価を受けたこのシリーズで彼女は、エミー賞とゴールデン・グローブ賞にノミネートされた。 http://www.tisaweb.or.jp/kurumaza/dantes/cast.html より

あらすじが↓に載ってますが結末は見てないようです。

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~Laburoo/fdrama/index …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです!「美女と野獣」で間違いないです!
参考URLを見て、さらに結末が知りたくなりました。

お礼日時:2001/11/20 01:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人間の証明のあらすじは?

昨日の8月26日の人間の証明を
途中までしか見ませんでした!

ふみよ?の遺体が発見された電話が
旦那さんに かかってきて
そのあとどうなりましたか?

Aベストアンサー

その後,二人(小山田と新見)は文枝の遺体が安置されている安置所に行きます.
遺体にかけてあった白い布を取ると,新見は変わりはてた文枝の姿を見て大声で泣き崩れます.
(文枝の遺体は映りませんでしたが,かなり腐敗していた事が想像できました)
呆然とする小山田でしたが,文枝の遺体にすがりつくようにして泣き崩れます.

そして文枝の遺体が発見された現場へ刑事(横渡ら)と向かいます.
車椅子では入っていけないような獣道でしたが,新見が小山田を負ぶって発見現場まで行きます.
そこで二人(小山田と新見)は又悲しみ,供養をします.
犯人は郡翔平だ!と言い逮捕するように横渡に訴えます.

シーンは変わって,アメリカにいる棟居はケンが自分の父親の殺害の犯人かと思いつつジョニー・ヘイワイドの母親に関する資料を探し当てます.
その時,ケンに殺害された黒人生年の恋人(?)だった女性がケンに復習をする為に拳銃を持ってケンの娘の結婚式場に向かったと知ります.
間一髪の所で,棟居はケンを銃弾から守り自身も肩に負傷します.自分を救ってくれた棟居に感謝するケンでした.

ジョニー・ヘイワイドの母親が雑誌に載っていたと聞きつけていた棟居はその雑誌を見て愕然とします.
ジョニーの母親のハルミと言う女性は「郡恭子」でした.
早速,日本の捜査本部にその事実を報告する棟居でしたが,ジョニー殺しの犯人は郡恭子と確信します.

と言った感じでした.

あ,そうそう翔平とその彼女は文枝の遺体が発見された事によって自殺をしようと計画しましたが,寸前で怖くなって逃げる事を決めたようです.
郡恭子の秘書が,文枝殺害と翔平が関係しているのでは?と気づいて恭子に伝えました.慌てて探している所です.

その後,二人(小山田と新見)は文枝の遺体が安置されている安置所に行きます.
遺体にかけてあった白い布を取ると,新見は変わりはてた文枝の姿を見て大声で泣き崩れます.
(文枝の遺体は映りませんでしたが,かなり腐敗していた事が想像できました)
呆然とする小山田でしたが,文枝の遺体にすがりつくようにして泣き崩れます.

そして文枝の遺体が発見された現場へ刑事(横渡ら)と向かいます.
車椅子では入っていけないような獣道でしたが,新見が小山田を負ぶって発見現場まで行きます.
そこで二...続きを読む

Q人間失格と未成年の結末を教えてください。

再放送を何度か見ていたけど、最終回あたりをみてなかったのか内容を覚えていません。

人間失格ではお父さんが復讐をしにいったくらいまでしか覚えていません。

未成年はろう城して警察に包囲されたくらいしか覚えていません。

どんな結末だったか教えていただきたいです。

Aベストアンサー

未成年すごく好きなドラマです。

私の記憶では、警察に包囲され、戸川 博人(いしだ壱成)以外の人が捕まる。

新村 萌香(桜井幸子)の病気が悪化。戸川 博人が警察からうまく逃れ、会いに行く。新村 萌香が死ぬ。

田畑 瞳が無事出産し、神谷 勤(河相我聞)が父親になることを決意。

他の仲間が室岡 仁( 香取慎吾)の無罪?と呼びかけ、署名活動を行う。

最後に5人が裁判所で「せーの」という合図でおしりを出す!!
という結末だったような気がします。

あいまいですみません。

Q黒革の手帳-結末-結末を知りたくない人は見ないで下さい

はじめまして。
私は今、このドラマにはまっているのですが、仕事の都合で5話くらいから最終話まで見ることが出来ません。そこで質問です。もし、この話の結末(小説などの結末で構いません。)を教えてくださる方いらっしゃいましたら、教えてください。途中で見れなくなるのは気持悪くて^^;・・・あと、小説読もうとしたのですが、挫折しちゃいました。済みませんがお願いします。

Aベストアンサー

名前忘れましたがドラマの中で何とかと言う料亭が売りに出されていましたよね。それを元子が買うことになって全財産を振り込みますが金だけ取られて料亭は法律的に元子の手に入らず無一文になります。(原作による)

Q8月19日のNHKドラマ「新・人間交差点」のあらすじについて教えて!

おもしろそうだなぁと思って、第一回の放送を楽しみにしていました。途中までは見たのですが、急な来客で残りを見逃してしまいました。

仲代さんと佐藤さんが、最後のほうで大阪のマンションを訪ね、20年たったあの時の女性と再会するシーンまで見ました。その後どうなったのかを教えてください。大事なところを見逃したので、気になります。

来週も楽しみに見たいと思います。

Aベストアンサー

寺島「20年前、何度かあなたにお会いしてお話を聞かせていただいた、寺島です」
英子「…?…はぁ…?」
マリエ「…あのぉ、お子さんは?」
英子「お子さん!?…私、一人ですよ。ずーっと一人なんです」
驚くふたり。
英子「変な人ら…」ドアを閉める女

車の前で話している二人。
マリエ「あほちゃうの!」
寺島「20年前にも上司に同じことを言われたなぁ…」
マリエ「…つうか、おじさん。まさか捏造してないよね」
寺島「いや、こげなもんだろ、人生なんて」
マリエ「ごまかすなよ!ほんまに、あの女の人やったん?」
寺島「お前には悪いが、来て良かった…私なりに納得ができた…」
マリエ「おいっ、勝手に納得すなっ!…もおーっ意味わからんし!」
目の前を横切る青年。手に買い物のビニール袋を提げている。

寺島「忘れてぇんだ。だからこそ、人間生きていけるっちゅうことだってある…」
青年の姿を目で追うマリエ。先ほど尋ねた部屋の前に着いた。
マリエ「…!…おじさん!」指を指すマリエ
寺島「ん?」
部屋に入っていく青年。
マリエ「ああっ!」駆け出すマリエ

喫茶店。向かい合わせに座っているマリエたちと青年。
青年「…あのぉ…何か失礼なことがあったらお許しください」深く頭を下げる青年。
青年「…実は、母は数年前から若年認知症の症状が出ていまして…」
マリエ「認知症…」
青年「はい…」
寺島「それでしたか…」
マリエ「あっ!?…今、母って…」
青年「はい…血は繋がっていないんですけど…」
マリエ「あの、この人覚えてないわよね」
青年「えっ!?…どこかで…」
寺島「20年も前だし…」
青年「20年前?…じゃあ、僕と母さんが暮らし始めた頃ですよね」
寺島「!!…そんなら、やっぱり君はあの時の…」
マリエ「すごいよ、おじさん!この人やっぱり光太郎だよ!」
光太郎「?!…なんで僕の名前を?」
今にも泣き出しそうなマリエ
寺島「…いやぁ、それですか…ハハ」
マリエ「…おじいさん…」泣き笑いの寺島の肩で泣き出すマリエ

田んぼ。ハルが寺島に説教している。
ハル「由次、お前、食べるものもなくてぶっ倒れていたそうじゃないか!」
寺島「…はぁ?…マリエのやつ、あれだけ姉さんに言うなといっとったのに…」
ハル「冗談じゃないけん!一言言ってくれりゃいいのに、今日から三食、うちに食べに来い!わかったね!!」
寺島「勘弁してくれよ、姉さん…あたしゃ一人で好き勝手に行きたいけん、こうやって田んぼを耕して暮らしているけん…」
ハル「いつまでも、そうやって昔のことにこだわって、ひねくれちょるのはお前のほうじゃないか」
寺島「…姉さん!」
ハル「ああ…いやぁ、ごめんごめん…なんも私は、そげなつもりで…」
寺島「…実は手紙がきとる…」
ハル「えっ?…まさか」
寺島「…いやぁ、息子の嫁さんから息子が、私に会いたがっちょると言ってきた…」
ハル「…なんだ、また今更…」
寺島「…姉さん、生きている限り…過去は終わらんけん…忘れたつもりでおっても、ある日突然、波のように押し寄せてくる…」
桜の木下、母親の傍らに立ち、こちらを睨みつけている男の子の映像。
泣いている寺島。

亡くなった少女・アイの墓前に花を手向け手を合わす舞
マリエがやってくる。気付く舞
マリエ「あなたの友達に、ここやって聞いて…」
マリエ「…ごめんなさい…あんたのこと、誤解しとった。この子のお母さんにも話を聞いた…けど、なんや、この子が一番本当の事話たのはあんたのような気がする…」
舞「…たった1週間やで…一緒におったんは…遊び半分の親子ごっこ…」
マリエ「…その手袋…」備えられた手袋に気付く
舞「…あたしとお揃いや…この子、いっつもポケットに手つっこんどったから、すぐ解かった…あたしにもあるからさ…折檻の痕…」
その手には無数の傷痕があった。
舞「…一生懸命ダンスやっとったから、何でもええし、欲しいもん言うてみて聞いたら、手袋が欲しいって…親に折檻された痕隠したかったんや…たった1週間で終わってしまったけど、ほんまずっと一緒におりたかったわ…私が
マリエ「…そのたった1週間の親子の話…あたしに聞かせてくれへんかな…お願いします!」頭を下げるマリエ

寺島の家。青年が玄関先で待っている。
田んぼから帰ってきた寺島の姿を見つけると駆け寄ってきた。
寺島「…!…光太郎くん」
深々と頭を下げる光太郎
光太郎「…すみません、勝手に、あなたがお書きになった原稿読ませていただきました…」
寺島「…へっ?!…しかし、あれはどこへも…マリエっ!」
光太郎「コピーして、届けてくださいました」
寺島「…申し訳ない。今更君が知りたくもないことも書かれちょったはずだ…いやぁ、このとおりだ」詫びる寺島
光太郎「…救われました…」
寺島「…へっ?!」
光太郎「僕らみたいな親子の人生、じっと見ててくれた人がいたなんて…なんか、感激やった…」
光太郎「…正直ゆうたら、毎日会社が終わって、アパートに帰ってきて母さんの介護、疲れ果てる時もあります。投げ出したいって思うときもあります。でも、それが楽しくて幸せやって感じる時のほうが多いし…」
鞄から寺島の原稿を取り出す
光太郎「『海辺の波』…母さんも僕とまったく同じ思いをして僕を育ててくれたんやなって…判りました」
光太郎「…前よりももっと母さんが愛しく、誇りに思えるような気する…ほんまに…ありがとうございました」
涙が止まらない寺島。笑顔で光太郎に応えている。

海沿いの土手に座っている寺島。手には手紙が握られている。
寺島「…翼ある舟は…翼ある舟は…霧深き水平線の彼方より現れてくる…」
つぶやく寺島

つづく

誤字脱字はご容赦ください。

寺島「20年前、何度かあなたにお会いしてお話を聞かせていただいた、寺島です」
英子「…?…はぁ…?」
マリエ「…あのぉ、お子さんは?」
英子「お子さん!?…私、一人ですよ。ずーっと一人なんです」
驚くふたり。
英子「変な人ら…」ドアを閉める女

車の前で話している二人。
マリエ「あほちゃうの!」
寺島「20年前にも上司に同じことを言われたなぁ…」
マリエ「…つうか、おじさん。まさか捏造してないよね」
寺島「いや、こげなもんだろ、人生なんて」
マリエ「ごまかすなよ!ほんまに、あの女の人...続きを読む

Q富豪刑事の結末

一回目の分、後ろが切れててどうなったかわかりません。知ってる方教えてください。

Aベストアンサー

先週と今週で2話完結のお話です。

まだ結末は出ていません。

今週の分を見ると良いとおもいます。

おそらく2回目の放送で先週の最後をすると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報