「素敵」の「敵」は何故この字なのでしょうか?

A 回答 (5件)

もともとの用法は素的だったようですが、いつの頃からか素敵に変化したみたいですネ。


太平洋戦争の時、『贅沢は敵だ!』という国民標語ポスターに『素』を付けて、『贅沢は素敵だ!』と書き換えたという素晴らしい実話がありますが‥このときには既に素敵だったのですネ‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

もしかしたら、誤植とか書き間違いが


一般に普及してしまったのかも知れませんね。

「一生懸命」という言葉は一般的に
認知されていますが、「一所懸命」が正しい
という例があることですし。
    • good
    • 0

語源としてはいくつか解釈があるようです。



(1)もともと「素晴らしい」の「す」に「的」がついた。
(2)素敵は「出来過ぎ」がひっくり返って「できすぎ」-「すぎでき」-「すでき」-「すてき」となった。(杉本つとむ氏による説。『現代語語源小辞典』(開拓社))

なぜ「敵」という字を使うのかは疑問ですね・・。
    • good
    • 0

すばらしいの「す」に何々的の「的」が


付いたものらしいです。

will-yさんの仰る様に「敵」は当て字
なんで「的」から「敵」の当て字になったかは
矢張り不明です。
    • good
    • 0

広辞苑より


す‐てき【素敵】
(「素敵」は当て字。「素的」「素適」とも書く)

当て字だそうですがなぜ敵が一般に使われるのかはわかりませんでした。

てき【敵】
1.分に害をなすもの。かたき。あだ。
2.戦いの相手。自分と争うもの。
3.自分と対等なもの。相当の相手。
4.(「的」とも書く) 客と遊女とが互いに呼ぶ称。おてき。5.(転じて、代名詞的に) あいつ。また、こいつ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

Aベストアンサー

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない、歌いて→「歌って」(促音便)、歌え!

足の下に押し付けるのは「踏みつける」ではなく「踏んづける」(撥音便)
 読む、読まない、読みて→「読んで」(撥音便+にごり)、読め!

月始めの日は「月立ち」ではなく「ついたち」(い音便)
 書く、書かない、書きて→「書いて」(い音便)、書け!

ヤングマン=「若人」は「わかびと」ではなく「わこうど」、結婚の仲立ちの「仲人」は「なかびと」ではなく「なこうど」、お礼のあいさつ「ありがたく」→「ありがたう」→「ありがとう」(う音便)

その他、ご質問のようなあまり規則性のないものでも、
 船便:「ふねびん」ではなく「ふなびん」、船主:「ふねぬし」ではなく「ふなぬし」
 上蓋:「うえぶた」ではなく「うわぶた」
などなど。

とりあえず思いついたものを。

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない...続きを読む

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「〇〇ヶ丘」の「ケ」の読みが「が」になるのは何故ですか?

台湾人の先生に質問されて答えられずにいます。

日本の地名によくある「〇〇ヶ原」「〇〇ヶ丘」などの
「ケ」の読み方は「が」になりますが、
どうしてカタカナの「ケ」を「が」と読むのか
理由を知りたいそうです。

国語辞典で調べたところ「ケ」は漢字の「介」の略体と
書かれていましたが、やはり理由までわかりません。

この理由についてどなたか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

多くの方から回答が寄せられていますが、私も気になったので調べてみました。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「カ」とも「ガ」とも読んでいたことが分かります。

明治に入って、森鴎外(鴎の正しい字がネットで扱えない)は「一箇月」と書き、「ケ」は使わなかったようです。一方、夏目漱石は、
「授業が始まって、一ヶ月ばかりすると」
と、「ケ」を使っています。

では、「ケ」は明治以降にできた書き表し方かというと、先の『今昔物語』で、鎌倉時代の写本に、
「既に三ケ日夜を経たり」
とあります。したがって、「ケ」という書き方が鎌倉時代には行われていたことが分かります。一方、このころのお坊さんは写しものをするとき、「菩薩」を「草かんむりにカタカナのサ」の一字で代用したそうです。「菩」の草かんむり、「薩」のサです。このような大胆な省略法を日常行っていたので、「箇」の字も竹かんむりの片側だけを取って、「ケ」にしてしまったようです。

以上は助数詞としての「ケ」の始まりの説明でしたが、長い間に、助数詞ではない格助詞の「ガ」を持つ地名などにも、真似て「ケ」が使われるようになりました。

なお、現代仮名遣いでは、固有名詞を除いて、「カ」や「ガ」を書く方がよいとされています。

ここまでは朝日新聞社『大野晋の日本語相談』2002年8月発行を参考にしました。

「ケ」を小さく書く理由ですが、現代仮名遣いで、「ハ」を「wa」と読む例はあっても、「ケ」を「ka」または「ga」と読んでもよいなどということはありません。日本語の原則からはずれるので、あえて小さく書き、仮名文字ではなく記号のような意味合いを持たせたのではないかと思います。これは私の想像です。

多くの方から回答が寄せられていますが、私も気になったので調べてみました。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「カ」とも「ガ」とも読んで...続きを読む

Q「敵の思うつぼ」の「つぼ」とは?

「敵の思うつぼ」の「つぼ」とは,もともとは何を指していたのでしょうか? たこ壺でしょうか? 指圧のつぼでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

賭け事からきたようですね。

半か丁かとよく時代劇に出てくるあの賭博。
あの賭博に出てくる 『つぼ』のことだそうです。

思ったとおりの目がでたぞ、ってことから
できたようですね。

参考URL:http://www13.big.or.jp/~msk/tisen/82/82845.html

Q時々文字を見て、「こんな字あったっけ?」「こんな読みの言葉あったっけ?」となることがあるのですが、そ

時々文字を見て、「こんな字あったっけ?」「こんな読みの言葉あったっけ?」となることがあるのですが、それはゲシュタルト崩壊の一種でしょうか?

Aベストアンサー

そうだと思います。たまにそういう事を聞きます(ラジオとかPODCASTとか)。

私もそういう経験がありますが、他の人にあるのだと聞くと誰にでもある事なんだと安心します。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報