「素敵」の「敵」は何故この字なのでしょうか?

A 回答 (5件)

もともとの用法は素的だったようですが、いつの頃からか素敵に変化したみたいですネ。


太平洋戦争の時、『贅沢は敵だ!』という国民標語ポスターに『素』を付けて、『贅沢は素敵だ!』と書き換えたという素晴らしい実話がありますが‥このときには既に素敵だったのですネ‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0

もしかしたら、誤植とか書き間違いが


一般に普及してしまったのかも知れませんね。

「一生懸命」という言葉は一般的に
認知されていますが、「一所懸命」が正しい
という例があることですし。
    • good
    • 0

語源としてはいくつか解釈があるようです。



(1)もともと「素晴らしい」の「す」に「的」がついた。
(2)素敵は「出来過ぎ」がひっくり返って「できすぎ」-「すぎでき」-「すでき」-「すてき」となった。(杉本つとむ氏による説。『現代語語源小辞典』(開拓社))

なぜ「敵」という字を使うのかは疑問ですね・・。
    • good
    • 0

すばらしいの「す」に何々的の「的」が


付いたものらしいです。

will-yさんの仰る様に「敵」は当て字
なんで「的」から「敵」の当て字になったかは
矢張り不明です。
    • good
    • 0

広辞苑より


す‐てき【素敵】
(「素敵」は当て字。「素的」「素適」とも書く)

当て字だそうですがなぜ敵が一般に使われるのかはわかりませんでした。

てき【敵】
1.分に害をなすもの。かたき。あだ。
2.戦いの相手。自分と争うもの。
3.自分と対等なもの。相当の相手。
4.(「的」とも書く) 客と遊女とが互いに呼ぶ称。おてき。5.(転じて、代名詞的に) あいつ。また、こいつ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q基本的な質問ですが、中国が日本を貶める狙いは何なのでしょうか?意味が無いと思うんですが? 敵にするよ

基本的な質問ですが、中国が日本を貶める狙いは何なのでしょうか?意味が無いと思うんですが?
敵にするより味方にして、AIIB にでも参加させたほうが得なのでは?

Aベストアンサー

1,まずは戦略的な問題があります。
 世界戦略において、世界に覇を唱えようとしている
 国は、米国、ロシア、中国です。
 この三国は互いに対抗している、という関係にあります。

 日本は米国の子分です。
 その米国の子分が隣国です。
 これは、中国から見れば、のど元にナイフの
 状態です。

 そんな日本が、経済的、軍事的に強大になったら
 中国は困る訳です。



2,次は、中国の内政です。
 天安門事件を知っているでしょうか。
 市民や学生が自由を求めてデモし、数万が殺害
 された事件です。

 あの事件で、中国は敵の必要性を考えたと
 言われています。
 敵を作ることは、国民の不満を敵に向けることに
 なるし、国民の連帯意識を高めることになるからです。

 その敵に選ばれたのが日本です。
 それ以前は、中国は今のような反日政策はとって
 いませんでした。




中国陣営に引き込んで金出させたほうが賢いと思うけどなあ、
韓国みたいにタカり放題で。
  ↑
そういう政策も考えられますが、中国は国民の
不満が非常に多い国です。

暴動など年間に20万件も発生しています。
富裕層の60%は海外に脱出済みの国です。

共産党政権にとっては、体制維持が
なによりも優先するのです。

1,まずは戦略的な問題があります。
 世界戦略において、世界に覇を唱えようとしている
 国は、米国、ロシア、中国です。
 この三国は互いに対抗している、という関係にあります。

 日本は米国の子分です。
 その米国の子分が隣国です。
 これは、中国から見れば、のど元にナイフの
 状態です。

 そんな日本が、経済的、軍事的に強大になったら
 中国は困る訳です。



2,次は、中国の内政です。
 天安門事件を知っているでしょうか。
 市民や学生が自由を求めてデモし、数万が殺害
 された事件...続きを読む

Q一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

一寸面白い問題。何故「雨水」の読み方は「あまみず」?処で何故「胸糞」の読み方は「むなくそ」?

Aベストアンサー

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない、歌いて→「歌って」(促音便)、歌え!

足の下に押し付けるのは「踏みつける」ではなく「踏んづける」(撥音便)
 読む、読まない、読みて→「読んで」(撥音便+にごり)、読め!

月始めの日は「月立ち」ではなく「ついたち」(い音便)
 書く、書かない、書きて→「書いて」(い音便)、書け!

ヤングマン=「若人」は「わかびと」ではなく「わこうど」、結婚の仲立ちの「仲人」は「なかびと」ではなく「なこうど」、お礼のあいさつ「ありがたく」→「ありがたう」→「ありがとう」(う音便)

その他、ご質問のようなあまり規則性のないものでも、
 船便:「ふねびん」ではなく「ふなびん」、船主:「ふねぬし」ではなく「ふなぬし」
 上蓋:「うえぶた」ではなく「うわぶた」
などなど。

とりあえず思いついたものを。

雨水:「あめみず」ではなく「あまみず」
胸糞:「むねくそ」ではなく「むなくそ」

ということですよね? どうしてそうなるのかというご質問。

まあ「発音はしやすいように変化する」ということです。よくあること、話し言葉ってそんなもの。
共通的によく起こるのは「音便」(おんびん)と呼びます。

電車の「特急」は「とくきゅう」ではなく「とっきゅう」(促音便)
国会は「こくかい」ではなく「こっかい」、「学校」は「がっこう」(促音便)
差し引く→「さっぴく」(促音便+半濁音)
 歌う、歌わない...続きを読む

Q日本が世界中を敵にまわしてまで、クジラ獲る意味

日本が世界中を敵にまわしてまで、クジラ獲る意味があるのか?
クジラなんかどうせ食べないんだし、世界と穏便にするためにも、
ムリしてクジラなんか獲らなくていいだろ?
もっと美味しい肉があるんだから・・
そう思っていませんか?
それはとんでもない間違いだ!
まず、世界中を敵にまわしているわけではない。
あくまでも欧米諸国が捕鯨に反対しているだけ。
ではなんで欧米諸国は捕鯨に反対しているのか?
反捕鯨の本当の目的は「日本潰し」である。
唯一白人さまに逆らった「大日本帝国」が憎くて仕方ないんだわ
このことをしっかり理解しないといけない。
白人は日本人を恨んでいるのだ。
東ヨーロッパ、スペイン、ポルトガル以外の白人国家は
日本を恨んでいるのだよ。

「クジラを守ろう」と謳っている反捕鯨論者の理屈は
既に支離滅裂になっている。
誰がどう考えたって、反捕鯨の論理はおかしいのに、
白人は未だに「反捕鯨」を謳っている。
なんでか?
ただ単に日本を叩きのめしたいだけなのだ。
かつての白人によるアジア植民地を台無しにした日本が憎くて仕方ないからだ。
この反捕鯨活動は日本が捕鯨をやめない限り、永遠に続くだろう。
じゃあこれ以上、外国と揉めてはいけないから、
捕鯨を全面的に辞めるか?
クジラ獲りを辞めたら、次は違う生き物の捕獲がターゲットになる。
日本は白人から永遠にターゲットにされるから、
クジラの次はマグロ、その次は‥‥、と限りなく日本が追い詰められるだけ。
中国と一緒だ。
尖閣諸島を譲ったら、次は沖縄がターゲットになるようなもの。
だから、ここは反捕鯨論者を徹底的に追い詰めるしかない。
日本が弱腰を見せたら、白人は次から次へと、難題を吹っかけてくる。
捕鯨を続けることと、尖閣諸島を守ることは
一見繋がっていないように見えるが、
本質は同じだということを日本人は知るべきではないか?
「たかがクジラ、されどクジラ」なのだ。

白人は本気で日本潰しを考えている。
かつて日本がアジアで大暴れした結果、
欧米諸国(特にイギリス)がアジア植民地を失った。
欧米諸国がどれだけの損害を被ったことか。
特にイギリスは今でも怒り狂っているのだ。
あなたがもし山○組のシノギを邪魔して、組に大損害を与えたら、
どうなると思いますか?(怖)

(蛇足)
欧米諸国が事実上支援しているシーシェパードは
他の捕鯨国にも「適当に」攻撃をしかけている。
そりゃ、日本だけを狙い撃ちにすると、差別だとか言われるから、
ノルウェーやロシアにも「申し訳程度」で攻撃する。
そんなの当たり前のこんこんちきちww

日本が世界中を敵にまわしてまで、クジラ獲る意味があるのか?
クジラなんかどうせ食べないんだし、世界と穏便にするためにも、
ムリしてクジラなんか獲らなくていいだろ?
もっと美味しい肉があるんだから・・
そう思っていませんか?
それはとんでもない間違いだ!
まず、世界中を敵にまわしているわけではない。
あくまでも欧米諸国が捕鯨に反対しているだけ。
ではなんで欧米諸国は捕鯨に反対しているのか?
反捕鯨の本当の目的は「日本潰し」である。
唯一白人さまに逆らった「大日本帝国」が憎くて仕方ない...続きを読む

Aベストアンサー

”反捕鯨の本当の目的は「日本潰し」である”
     ↑
それはあると思います。
少しでも日本の食糧自給率を下げようとして
いるのかもしれません。
少なくとも、牛肉輸入を増やす為ということは
あるように思います。


”唯一白人さまに逆らった「大日本帝国」が憎くて仕方ないんだわ”
     ↑
逆らったんじゃなくて、勝利した、からです。
日露戦争で負けたロシアは、それを根に持っている
とまで言われています。
そのため、日本に社会主義を蔓延させようとしました。
資本論が売れたのは、ソ連が一番でしたが、二番目は
なんと、日本でした。
反日日本人がこれほど多いのもその一環でしょう。

中国の某社会学者が言っておりました。
「日本はアジアの誇りである」


”クジラの次はマグロ、その次は‥‥、と限りなく日本が追い詰められるだけ。”
     ↑
その通りです。
そもそもクジラを資源問題化させたのは、鯨油のために
乱獲した欧米です。

Q「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」の名前は何という?

IMEパッドで見て気になる記号が、いくつかあったのでこの記号の名前を知ってるという方、1つでもいいですから是非教えてください。

 「¶」・「仝」・「⇔」・「¢」・「£」・「ゞ」・「〆」・「≒」・「∵」です。  
他にもいくつかあります。「Å」・「;」・「∫」・「Σ」・「∽」・「"」・「!」・・・
 教えてください。

Aベストアンサー

以下のURLに、全角記号の意味とJISコードが記載されています。

参考URL:http://wwwmac.cc.sojo-u.ac.jp/kamaga/IPB/fullchar.html

Q「私を仇と狙っての企みか」とはどういう意味でしょうか

「私を仇と狙っての企みか」ということはどういう意味でしょうか。「私を仇として狙うことを意図しているか」になるかなあ。そこの「仇」は「かたき」という読み方があると知っているけど、それでもわかりやすくならなかったんです。教えていただければ幸いですわ。

Aベストアンサー

「『私』を仇と思って、(『私』に何らかの害を与えようと)たくらんだのか?」

ということでは。

Q「〇〇ヶ丘」の「ケ」の読みが「が」になるのは何故ですか?

台湾人の先生に質問されて答えられずにいます。

日本の地名によくある「〇〇ヶ原」「〇〇ヶ丘」などの
「ケ」の読み方は「が」になりますが、
どうしてカタカナの「ケ」を「が」と読むのか
理由を知りたいそうです。

国語辞典で調べたところ「ケ」は漢字の「介」の略体と
書かれていましたが、やはり理由までわかりません。

この理由についてどなたか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

多くの方から回答が寄せられていますが、私も気になったので調べてみました。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「カ」とも「ガ」とも読んでいたことが分かります。

明治に入って、森鴎外(鴎の正しい字がネットで扱えない)は「一箇月」と書き、「ケ」は使わなかったようです。一方、夏目漱石は、
「授業が始まって、一ヶ月ばかりすると」
と、「ケ」を使っています。

では、「ケ」は明治以降にできた書き表し方かというと、先の『今昔物語』で、鎌倉時代の写本に、
「既に三ケ日夜を経たり」
とあります。したがって、「ケ」という書き方が鎌倉時代には行われていたことが分かります。一方、このころのお坊さんは写しものをするとき、「菩薩」を「草かんむりにカタカナのサ」の一字で代用したそうです。「菩」の草かんむり、「薩」のサです。このような大胆な省略法を日常行っていたので、「箇」の字も竹かんむりの片側だけを取って、「ケ」にしてしまったようです。

以上は助数詞としての「ケ」の始まりの説明でしたが、長い間に、助数詞ではない格助詞の「ガ」を持つ地名などにも、真似て「ケ」が使われるようになりました。

なお、現代仮名遣いでは、固有名詞を除いて、「カ」や「ガ」を書く方がよいとされています。

ここまでは朝日新聞社『大野晋の日本語相談』2002年8月発行を参考にしました。

「ケ」を小さく書く理由ですが、現代仮名遣いで、「ハ」を「wa」と読む例はあっても、「ケ」を「ka」または「ga」と読んでもよいなどということはありません。日本語の原則からはずれるので、あえて小さく書き、仮名文字ではなく記号のような意味合いを持たせたのではないかと思います。これは私の想像です。

多くの方から回答が寄せられていますが、私も気になったので調べてみました。

「ケ」という表記のもとの字は「箇」で、ものを数えるときの助数詞です。平安時代末期の『今昔物語』に例があります。
「法会を行ふ事、五箇日」
しかしこれだけでは、「箇」をなんと読んだのかは分かりません。そこで室町末期にキリシタンが全部ローマ字で書いた『平家物語』を見ると、
「十四五箇国」をjuxigocacocuと書き、「三箇年」をsanganenと書いています。つまり、「箇」は前後の音によって「カ」とも「ガ」とも読んで...続きを読む

QEnemy of America の意味は?

Enemy of Americaという題名の映画がありました。
私は観ていません。
このタイトルの意味は、次の二つのどちらでしょう?

1. City of Chicago (シカゴという名の町、シカゴ市)のofの使い方
  から、アメリカという名の敵、ということからアメリカが敵。

2. ofの一般的日本語訳「の」を用いて、アメリカの敵、敵はアメリカ
  以外の他の国、人物等を指す解釈。

以上どちらなのでしょうか?

Aベストアンサー

 邦題「エネミー・オブ・アメリカ」、原題"Enemy of the State"(国家の敵、敵たる国家)ですね。

 1、2のどちらの意味でもある、といった感じだと私は思っています。ただ、映画を見た印象で人それぞれの解釈があり得るでしょう。

 それは、劇中で問題の焦点として扱われる「通信の保安とプライバシー法」が、映画公開の後で成立した「米国愛国者法」を意図しているからなんですね。

 その法の正式名称は、Uniting and Strengthening America by Providing Appropriate Tools Required to Intercept and Obstruct Terrorism Act of 2001(テロリズムの阻止と回避のために必要な適切な手段を提供することによりアメリカを統合し強化する2001年の法)で、頭文字を取って"USA PATRIOT Act"です。

 劇中では、「通信の保安とプライバシー法」に反対していた下院議員が同法を成立させた政府高官の差し金で殺害され、偶然にその証拠を持たされた主人公が巻き込まれていきます。

 現実の法律名は「アメリカ愛国者の行動」と読めます。これを主犯の政府高官の殺人と受け取るなら、その敵は反対者であった下院議員であり、その下院議員殺害の主犯を立証しようとする主人公らになります。

 主犯の政府高官からすれば、国を守る法を邪魔立てする主人公らはアメリカに対する敵対者でしょう。主人公らからすれば、政府高官が敵である以上、アメリカという国家が敵に回ったも同然でしょう。

 その両方を含める意図で、ofを使ってあるのではないかと思います。

 邦題「エネミー・オブ・アメリカ」、原題"Enemy of the State"(国家の敵、敵たる国家)ですね。

 1、2のどちらの意味でもある、といった感じだと私は思っています。ただ、映画を見た印象で人それぞれの解釈があり得るでしょう。

 それは、劇中で問題の焦点として扱われる「通信の保安とプライバシー法」が、映画公開の後で成立した「米国愛国者法」を意図しているからなんですね。

 その法の正式名称は、Uniting and Strengthening America by Providing Appropriate Tools Required to Intercept and Ob...続きを読む

Q「敵の思うつぼ」の「つぼ」とは?

「敵の思うつぼ」の「つぼ」とは,もともとは何を指していたのでしょうか? たこ壺でしょうか? 指圧のつぼでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

賭け事からきたようですね。

半か丁かとよく時代劇に出てくるあの賭博。
あの賭博に出てくる 『つぼ』のことだそうです。

思ったとおりの目がでたぞ、ってことから
できたようですね。

参考URL:http://www13.big.or.jp/~msk/tisen/82/82845.html

Q『外に出たら、七人の敵がいる』と言う諺の 7人とは、どんな敵なのですか?

諺で、『外に出れば、七人の敵がいる』という言葉を小さい時に両親がよく言ってました。

未だに、オイラはその『七人の敵』がどーいう敵なのか判りません。

             教えて下さい。

検索で、「諺 七人の敵」などと探したのですが、具体的にどういう敵と捉えられる7つの敵に相当するモノがあるのか、判りませんでした。

オイラが、子供の頃から学校に行くときなどに両親が「男は外に出たなら、7人の敵がいると思え」と言ってたのですが、なんのことなのかいまだに判らないままです。

仏教の言葉で、『七難』『七災』などと言うそうですが、羅刹(らせつ)難・刀杖難・鬼難・枷鎖(かさ)難・怨賊 のそれぞれの、『羅刹』『刀杖難』『枷鎖(かさ)難』の意味も良かったら、どーいった災いなのか、教えて下さい。

以上、2つの質問なのですが、よろしくお願いします。


大きく成長したオイラは、『七人の敵』は存在せず、実は、『誰の心にも潜む、恐怖心や猜疑心、嫌悪感、判断力不足、浮かれてしまう心などのような、全て自分の心に宿り眠る総合的な、『自分が招いてしまう行動力の無さ』が、本来の意味では無いのかともこの頃思い始めました。

宜しくお願いします。

諺で、『外に出れば、七人の敵がいる』という言葉を小さい時に両親がよく言ってました。

未だに、オイラはその『七人の敵』がどーいう敵なのか判りません。

             教えて下さい。

検索で、「諺 七人の敵」などと探したのですが、具体的にどういう敵と捉えられる7つの敵に相当するモノがあるのか、判りませんでした。

オイラが、子供の頃から学校に行くときなどに両親が「男は外に出たなら、7人の敵がいると思え」と言ってたのですが、なんのことなのかいまだに判らないままで...続きを読む

Aベストアンサー

一説には石田三成が、豊臣恩顧の臣7人から襲撃を
受けかけたことがあり、それが語源ではないかと言われて
います。この時三成は政敵の徳川家康の元へ身を
寄せて難を逃れました。

七難については、以下のサイトに乗ってました。
私も勉強になったんで感謝します!

参考URL:http://homepage3.nifty.com/myrrha/soul/66.htm#七難

Q時々文字を見て、「こんな字あったっけ?」「こんな読みの言葉あったっけ?」となることがあるのですが、そ

時々文字を見て、「こんな字あったっけ?」「こんな読みの言葉あったっけ?」となることがあるのですが、それはゲシュタルト崩壊の一種でしょうか?

Aベストアンサー

そうだと思います。たまにそういう事を聞きます(ラジオとかPODCASTとか)。

私もそういう経験がありますが、他の人にあるのだと聞くと誰にでもある事なんだと安心します。


人気Q&Aランキング