こんにちは。
自殺、リストカット、いじめ、虐待などを題材にした本を教えてください。
成る可く文庫になっているのがいいです。
私が今まで読んだのは、「遺書」(Verb)、「卒業式まで死にません」(南条あや)、「Itと呼ばれた子」などです。

フィクションでもいいです。

マンガでは「ライフ」、あと問題提起シリーズの「とびら」などが好きです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

天童荒太「家族狩り」「永遠の仔」、石田衣良「反自殺クラブ」とかはいかがでしょうか。

    • good
    • 0

むずかしい題材に取り組もうとしているわけですね。


カミュの「シーシュポスの神話」がそういうことをしていると思います。彼は小説も書いていて、たとえば、「異邦人」というのが面白いと思います。テーマは同じかな?
どちらも文庫になっています。
    • good
    • 0

すいません、さっきも回答させていただいたものです。

補足します。

自殺ということでは

太宰治著 「斜陽」
でしょうか。実はほとんど読み飛ばしてしまったのであまり内容を覚えてないのですが…(^^;)すみません。

いじめということでは

重松清著 「ナイフ」
これは漫画みたいにさっくり読めますしページも多くありません。中高生が主人公です。何作かが同時収録になってるんですが、いじめがテーマのものが多いです。
女子高でのいじめの話と、男子学生がクラスメイトにいじめられる話と、いじめられる息子の父親の視点の話などです。

どちらも文庫になっています。
    • good
    • 0

佐藤ラギ著 ギニョル



すみません、ハードカバーなんですが。
内容は最初読んだ時は衝撃でした。ホラーってことになってるんですが、ある意味虐待でもあると思いましたので。
エロいしグロいです。そういうのがダメでしたら絶対読んじゃいけませんよ!?トラウマとかになってしまったら大変ですので。

http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=31078957
    • good
    • 0

柳美里「自殺」文春文庫



   「水辺のゆりかご」角川文庫
    いじめ、自殺未遂です。


雨宮処凛「自殺のコスト」大田出版
 興味深いです。
    • good
    • 0

赤坂真理「コーリング」講談社文庫


リスカです。お勧め。

雨宮処凛「生き地獄天国」
リストカッターだった人の自叙伝です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q青春時代の「甘酸っぱい」恋をテーマにした小説。

題名どおりですが、青春時代の「甘酸っぱい」恋をテーマにした小説を探しています。携帯小説ではありがちなテーマだと思いますが、文庫の小説で探しています。

Aベストアンサー

文庫本で、手に入りやすい、ということで、中田永一さんの「吉祥寺の朝比奈くん」・「百瀬、こちを向いて」はどうでしょうか。どちらも短編集ですが、ちょっと切ない感じの読後感がステキだと思います。祥伝社から出ています。

Qうつなどの精神疾患を題材にしたおすすめ書籍

『ツレがうつになりまして。』を読みまして同じような悩みを持っている人が
苦しみながら頑張っている姿に安らぎと元気を貰えました
同じようにアスペルガーや総合失調症、うつなどで苦しんでいるけど
頑張っている姿が書かれた本をもっと読みたいと思いました

新作から少し古い本でも構わないので表題にあてはまるものなら
何でも勧めてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

藤臣柊子さんの作品にはうつ病を扱ったものが多いです。
ご自身がうつ病(躁うつ病かも)をお持ちだそうで、エッセイ漫画が多いです。

「精神科に行こう!」
「病気じゃないよ、フツーだよ 神経科に行ってみよー」
「みんな元気に病んでいる。」
「だいじょーぶ、のんびりいこう 心の薬の処方箋」

 全部を読んだわけではなく、作品リストからざっと引張てきたので、漫画ではなくエッセイも混じっているかもしれません。
 気軽に読めると思います。ご参考まで。

Q小説などからテーマを読み取る方法を教えてください。

私は文章が読むのが嫌いで、まったく本を読まなかったせいで、最近ほんとにテーマやコンセプト、作品つくりにおいて苦労しております。文章を読まない→文章がかけない→相手に的確に物事を文章でつたえられない感じです。なので、とりあえず、本を読む練習をしていて、赤川次郎の「記念写真」とゆう、小説を読んだのですが、結局この小説で何がいいたかったのかわからないのです!ぜひこの小説のテーマがわかった方教えてください。あと、ほかの小説でもテーマを読み取る方法教えてください。

Aベストアンサー

一般にテーマは何度も出てくる言葉や用語から推定できます。
しかし、作者によっては意図的にそのことを書かない作者もいます。
全体の作品から感じ取ってもらおうとするものです。
また特にテーマを明確に持っていなく、作品を仕上げている作家もいます。
赤川次郎の作品はずっと以前読みましたが、特にテーマを明確に設けていなかったと思います。多作の作家はほとんどがそうです。
量産することが目的です。
純文学でない場合、そういう傾向が多いです。
赤川作品のモチーフは高校生などからの題材が多いですよね。
あえて言えばテーマは、思春期の日常性からの脱却。

Q日本神話を題材にした小説、漫画など

お世話になります。

タイトルの通りなんですが、日本神話を題材にした小説や漫画を探しています。
日本神話について興味を持ったのはPS2ソフト大神がきっかけなので、その辺りのお話(アマテラスとかスサノオとか)ですと尚良いですが、日本神話というものに興味があるので、全然違う神様のお話でもいいです。

難しく説明がまとめられた本とかよりは、物語になっている方が良いです。
すんなり入っていけて、分かりやすいもの等、お勧めがありましたら教えてください。

ちなみに昨日、さらちよみさん著「ヒのカグツチ」という漫画は買いました。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

『八雲立つ』(樹なつみ/マンガ)
文庫で全10巻。少女マンガ。スサノオ神話およびシャーマニズムがテーマです。この物語ではスサノオ、オオナムチ、スクナヒコナは古代の実在の人物だった、という設定になっています。

『石神伝説』(とり・みき/マンガ)
3巻まで出てますが未完。確か連載していた雑誌が休載してそれっきり。ベースはヤマトタケルで、各地の神話伝説がいろいろと絡んできます。説明多。絶版かも。

『魔神転生』(上田信舟/マンガ)
原作はATLASの『真・女神転生』の番外編『魔神転生』です。日本神話といっても、イザナミさまがちょっとだけ出てくる程度ですが。絶版。

『夜叉鴉』について。神道の話ですが(?)、イザナギ・イザナミ神話は物語の核心なので、終盤まで触れられません。

Q本、読書をテーマに書かれた小説を読みました

本、読書をテーマに書かれた小説を読みました

それは角田光代さんの「さがしもの」という小説で
本、読書をテーマにした短編集で読みやすくて
共感できるものばかりでした

このような本や読書をテーマにした小説、エッセイなど
心打たれる、またはおなかを抱えて笑えるような本を教えてください。

角田光代さんは◎で
群ようこさんのエッセイ(本を鞄に・・・etc.)は私は好きになれませんでした

Aベストアンサー

椎名誠の紹介でリクエストいただいたので出てきました。確かに数が多いですよね。ブックオフでもかなりの量が在庫しています。
もちろん私も全部読んだわけではないのですが、読んだ範囲で印象に残っているものを。大まかに分けると、私小説、SF(シイナワールド)、エッセイ、旅の記録に分類できると思います。
Wikipediaを見ながら書いたのですが、実際は下記の5倍くらいは読んでいるようです。(^^;


本来の主旨、本絡みを含むもの
蚊(短編集。「日本読書公社」が興味深い)
活字のサーカス 面白本大追跡(本についての本)


私小説(的なものも含む)
哀愁の町に霧が降るのだ(大学~バイト時代)
新橋烏森口青春編(サラリーマン時代)
銀座のカラス(サラリーマン時代)
本の雑誌血風録(サラリーマン時代から作家デビュー後)
岳物語(息子との話)
続・岳物語(息子との話)
少年の夏(息子の話)

SF(シイナワールド)
アド・バード
水域
武装島田倉庫
中国の鳥人
胃袋を買いに

その他
わしらは怪しい探険隊(旅+宴会の記録。このシリーズは多いですが、好き嫌いが分かれると思います)
麦酒主義の構造とその応用力学(エッセイ集。この系統がお好きなら、他にも多数あり)

以上、参考になれば幸いです。

椎名誠の紹介でリクエストいただいたので出てきました。確かに数が多いですよね。ブックオフでもかなりの量が在庫しています。
もちろん私も全部読んだわけではないのですが、読んだ範囲で印象に残っているものを。大まかに分けると、私小説、SF(シイナワールド)、エッセイ、旅の記録に分類できると思います。
Wikipediaを見ながら書いたのですが、実際は下記の5倍くらいは読んでいるようです。(^^;


本来の主旨、本絡みを含むもの
蚊(短編集。「日本読書公社」が興味深い)
活字のサーカス 面白本大追跡(本...続きを読む

Q有名人(国内・海外問わず)の遺書を集めた書籍を探しています。

有名人(国内・海外問わず)の遺書を集めた書籍を探しています。

Aベストアンサー

書籍ではなく雑誌になってしまいますが、文藝春秋の2002年1月号の
80年特別企画として「遺書-80人の魂の記録」というものがありました。
私は実際に当時購入して読んだのですが、その時、その時の時代の人あり、
物書きさんの小粋なお別れの挨拶あり、犯罪者が服薬し、なくなるまでの時間にかかれたものあり、特攻隊員の遺書、いじめで自殺してしまった子供の遺書などとにかく考えさせられるものでした。
古本屋さんに行けば今でも手にはいるかな・・?ですが、もし手に入ったのなら一読の価値ありです。

Q小学生が主人公の社会批判をテーマにした小説

タイトルの通り、小学生が主人公の社会批判をテーマにした小説を探しています。ご存知ありませんか?
また、テーマはこだわらず、小学生の視点で描かれた小説でも結構です。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

小学生ではないですが、C.W.ニコル「風邪を見た少年」は少年が出てきていてちょっと社会批判的だと思いましたが…あまり覚えてないのですみません。
あと私が小学生の時に読んで高校でも読み返した本で「お母さんは魔女じゃない」魔女裁判時の話ですから現在の世界を批判したものでもないんですが…
お役に立てなかったらすいません…

Q「~の品格」「~力」「~脳」などのパターンの著書があれば教えて下さい。

タイトルの通り、ヒットした他の著作と似ているタイトルでの本が出版される事が多いと思います。こうしたパターンはざっと考えて「~の品格」「~力」「~脳」が多いかな、と思ったのですが、他にもありましたら、こんなタイトルがあった、など教えて下さい。(○○は電気××の夢を見るか? のパターンなど小説形態でもOKです)。

また、売れてナンボだとは思いますが、これは私の想像でして、出版社がどうしてそのような方針を採るのか、ご存知であればこちらも教えて下さい。

Aベストアンサー

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1G1GGLQ_JAJP303&q=%E9%96%93%E9%81%95%E3%81%84%E3%81%A0%E3%82%89%E3%81%91%E3%81%AE%E3%80%80%E3%80%80%E6%9C%AC&lr=
「間違いだらけの車選び」のヒットで間違いだらけの・・・・
はやたらあります。

「HOW TO・・・」も沢山あります。


売れた本のタイトルは耳馴染みがあり、予め刷り込まれているので、
出版社は真似るのです。

Qネットコミュニケーションをテーマにした小説,お勧めは?

ネットコミュニケーションをテーマにした小説を読みたいので、あなたのお勧めの小説を教えてください。宜しくお願いします。
(小説に限らず,面白いものがあれば,なんでも教えていただきたいと思っています。)

Aベストアンサー

ネットがテーマの映画なら
深津絵里さんの「ハル」がすごい面白いですよ。
映画の掲示板でも評価高いです。
そしてちょっと前に公開していた「リリィシュシュのすべて」はすごい傑作でした。
ネットと現実の人間関係のギャップがせつないです。「リリィシュシュ」は小説が出ていて岩井俊二監督自身が書いてます。

Qフィクション小説について

フィクションの歴史小説を作るとき、架空の人物や実際に無かった事件などを登場させることは出来ますか?

回答よろしくお願いします!

Aベストアンサー

歴史創作小説 とすれば可能です。
まあ歴史小説なんてみんな創作ですけどね。
みんなやってますよ。


人気Q&Aランキング