なぜ日本は真珠湾を攻撃したのですか?

A 回答 (2件)

 真珠湾は日米両国にとって重要なポイントだったと言えます。

日本にとっては、東南アジア進出するために絶対に押さえておかなければいけない場所でした。また、アメリカにとっても、日本の東南アジア進出を牽制するためにも重要な拠点でした。アメリカと長期戦を渡りあうためには資源の確保が不可欠でしたから、東南アジア進出する際に目の上のたんこぶとなる可能性のある真珠湾のアメリカ艦隊は叩いておく必要があったと言えます。しかし、真珠湾のアメリカ艦隊の規模は大きく、正攻法での攻略は困難であったため、奇襲で一気に壊滅させようと試みたのが真珠湾攻撃です。結果的には、宣戦布告の不徹底、不十分な施設破壊により失敗に近い状態でしたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速回答いただきありがとうございました。
アメリカのメル友より質問され困っていました。助かりました。
大変勉強になりました。

お礼日時:2001/11/19 22:09

アメリカ海軍の太平洋艦隊をたたくためです。



アメリカと日本の間には太平洋が横たわっているので、軍隊を送り込むときにどうしても海軍が必要です。
アメリカ海軍で太平洋を担当していたのは太平洋艦隊のみです。
太平洋艦隊が母港としていたのが真珠湾です。

つまり真珠湾の太平洋艦隊を壊滅させるとアメリカ軍の動きが止まります。
軍艦や空母は建造するのに何年もかかるし、大西洋を担当している艦隊は、第2次世界大戦のヨーロッパ戦線(対ドイツ)で手一杯のため太平洋に回すことが出来ません。
アメリカ海軍が太平洋での戦力を立て直している間に、太平洋一帯の戦闘を優位にし日本の勝利を確定するという戦略です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々回答いただきありがとうございました。アメリカのメル友より
質問され困っていました。助かりました。大変勉強になりました。

お礼日時:2001/11/19 22:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報