「筋の活動レベル」と「筋繊維組成」について教えてください。本を読んでいて、分からなかったので。お願いします。

A 回答 (2件)

「筋線維組成」(正しくは「繊維」ではありません)とは筋肉中に速筋、遅筋、あるいはその中間の筋、のそれぞれの線維が本数で何パーセントずつあるのかを表したものです。

ふつう、短距離走が得意な人は速筋の割合が高く、長距離走の得意な人は遅筋の割合が高いとされています。また、この組成比率は先天的に決まっており、トレーニングによって変化しないと一般に考えられています。(変化するという報告もあります)
「筋の活動レベル」というのはその単語だけでは何のことかわかりません。どのような文脈で用いられているのでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。漢字間違ってました。すみませんでした。筋の活動レベルがでていたのはは、筋力を決定する因子は(1)筋の断面積(2)筋の活動レベル(3)筋線維組成とありました。

お礼日時:2001/11/25 10:22

筋肉が力を発揮するためには、脳から出た電気的信号が脊髄、運動神経を通って筋線維に達することが必要ですが、活動レベルというのはその信号の強弱を言います。

信号が強いほど、1本の線維の発揮する筋力が強くなり、また動員される線維の数も多くなります。(運動にあたって、いつでもすべての筋線維が使われているわけではありません。弱い運動であれば、遣われていない線維もあるのです。弱い運動なら遅筋が、強くなるにつれ速筋が徐々に使われるようになります。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報