63歳女性です。40年来喫煙・飲酒、不規則な生活を続けていました。基本的に根性が強く、何事も気力でまかなうタイプで、恐らく、数年間からだに異常を感じていたと思うのですが、この8月についに救急車で運ばれました。
診断は、直腸がんで腸壁の下層(何というか忘れました)まで進んでおり、20cmくらいの摘出手術を行いました。その後の病理検査などで、副腎、肝臓への転移がみられ、また肺にもカゲがみつかりました。主治医は先ず肺を先行すべきと、約2ケ月後に専門医へと転院となりました。
転院先に病院で、先の病院のレントゲン、CTを見せると、いきなり、1週間後の入院で、2週間後の手術、但し、わずかの可能性で術中の死亡がある。さあどうしますかといわれました。 肺には約5cmのカゲがあり、状況からして間違いなくガンとは思いますが、上記の説明だけで「決めるのはオタクらですよ」と判断を求められています。医師は胸部外科では権威らしくスケジュールも埋まっていて手短に済ましたいのがはっきりとわかりました。 親類はまだ、前の手術から治癒しているとは言えずこのまま肺の手術に持っていっていいのか非常に悩んでいます。
なんでもいいからコメント・ご意見を御願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

直腸がん 検査」に関するQ&A: 直腸がんの手術後、転移がないとの病理検査結果でしたが、今後、食生活や検査やその他注意事項があれば、ア

A 回答 (4件)

**今後のポイント



 肺の手術だけで治るものではありません。肺・肝臓・副腎・現在明らかになっていない転移.....これらを今後どのように治療していくのかという全体のスケジュールが重要です。

 自分の病院で転移巣の切除が不可能な場合、他の病院に切除可能かどうかの診断をあおぎ、手術を依頼することがあります。ただし、手術後は元の病院に戻り、その後の治療を継続することが多いですね。治療方針の決定・治療は元の病院が行うが、その病院で不可能な治療部分のみ他の病院でやってもらうという形です。
 ご親類の場合はどのような形なのでしょうか。

特に肺転移の場合...
 
 消化器外科から胸部外科に紹介されたとき、胸部外科側は`癌を残さずきれいに切除できるかどうか`という技術的な観点から手術が可能かどうかを判断します。治療効果(延命効果)を考えて実際に手術を依頼するかどうかは原疾患を手術した消化器外科医が判断する...ということが多いと思いように思います。

 現病院の医師からの病気に対する詳しい説明がないということにご不満なようですが、本来は転院前に前主治医が今後の治療方針も含めきちんと説明すべきことでしょう。大腸がんは消化器外科の専門分野ですから。
 診断(意見を聞く)だけならば転院までする必要はありません。胸部外科に転院ということは手術するためですから、その時点で悩まなければならない状態というのがおかしいのです。

 一度前の病院の主治医に意見を聞いてはいかがでしょうか。現病院からも診察結果が知らされていると思います。
    • good
    • 0

#1です。

補足拝見いたしました。

 自分の経験したケースは、即断を迫られるか、実際「選択肢のない選択」状態になっていたかだったので、結局ただひたすら同意したという感じでした。(幸い、みな助かりましたが・・・)
 ですから、自分の経験が参考になるかどうかはわからないのですが、少し記してみます。

 どのケースでも患者本人にも状態や治療方針をほとんど告知しました。(5年生存率や再発の可能性の高さなどの話は少々ぼかして話しましたが・・・)
 ただ、最初の治療方針の決定などでは、自分とお医者さんのみで決めたこともあります。(その段階で患者自身は半死半生状態だったので)
 その後は、お医者さんと親族で話したことも、可能な限り隠さず患者本人に伝え、治療をしました。
 自分は個人的にも、治癒する可能性が少しでもあるなら、話しにくいことも伝えようと考えていましたし、伝えていたから、患者も治療を受けようという気になってくれたと感じています。

 術後はやはり傷の痛みはあります。(痛み自体は痛み止めなどで抑えられますが。)加えてご質問のケースでは、転移を抑え、他の部位のガンをたたくために抗がん剤治療か放射線治療が続くことも十分予想されます。以前の手術の機能回復も必要と思いますから、とても手術してそれで終わりとは思われません。
 患者さんの治療への意欲と協力がないと、術後の効果的な治療は望めなくなると思います。(なにしろ、治療とはいえ、点滴・注射・薬の副作用など痛かったり、つらかったりすることばかりになりますから。)
 そして、隠し事や不明な点があると周囲の方も支えづらくなると思いますよ。

 抗がん剤治療は、気分が悪くなったり食欲が落ちたりします。手術が続いて体力が落ちている状態では堪えるかもしれません。ただ、使う薬の強さによる違いや個人差があり、一様ではありません。
 肺の手術の場合、おそらく肋骨を何本か切ると思うのですが、その回復との兼ね合いもあります。抗がん剤治療はおそらく行なわれると思うのですが、いつ始まるか、どういう形になるかはなんとも言えないですね。

 病院によって介添えがどの程度認められるかは異なりますが、患者さんが望むなら、面会時間などできるだけ出向いてお世話していただければと思います。術後しばらくは寝たままのような状態が続くと思いますので、話し相手になるだけでも気が紛れるでしょう。
 「気力でまかなう」タイプということですが、その気力がしぼんでしまった時は要注意ですね。へんに励ましたり、明るく振舞う必要はありませんが、寄り添う感じで様子に気を配ってあげてください。

 ご回復をお祈りします。では。
    • good
    • 0

ご本人の意思がまったくわかりませんね。


今まで、不摂生な生活をされていたとはいえ、気丈な方であるとのこと。

どうして、ご本人にインフォームドコンセントしないのでしょうか?
さらに、セカンドオピニオンという手段も何もなく、即答でオペの許諾をというのは、あまりにも乱暴です。

さらに、医療を施すと、「必ず良くなる」」というのは一種の神話です。

医学と医療は別物です。
切ってよくなると、外科は言いたくなるでしょうが、切ったあとの生活を外科は知りません。

切らずにどうするか、そういった選択肢を含めて、医療機関が話をするのが本当ではないでしょうか?

すぐに切ることを迫るようなのはプロとして恥ずかしい態度です。
無理することはありません。

一月2月切るのが遅れて、「ておくれ」というのは、最初から手遅れです。
気に病むこともありません。

かけがえのない人の身体を切ってとるのですから、インフォームドコンセントとセカンドオピニオンが必要でしょう。
セカンドオピニオンを他医療機関に求めてみたいと担当医に話してみたらいかがです?
態度が悪くなるようなら、「権威」として、奉るには価しない人物です。

この回答への補足

ありがとうございます。

本人にはガンであることは説明されています。が、病状や、患った経緯や、術後のことなど、背景などは全く説明がありません。ただ、ガンだから切るというだけです。

もし、執刀を御願いしるなら、信頼が置け、尊敬できるような医師に御願いしたいのです。しかし、現状ではとてもそう思えません。 執刀後、この医師は、患者を覚えているのだろうかと思ってしまいます。

もう一度セカンドオピニオンを考えてみたいと思います。

何か少しでも、もう少しご意見を頂けたら幸いです。ありがとうございます。

補足日時:2005/10/14 19:49
    • good
    • 0

こんにちは。



 お見舞い申し上げます。
 医者ではありませんが、近しい者が複数、ガンと闘病し、その介添えをしたことのあるものです。

 昨今の病院は、説明してくれるのは有り難いのですが、イヤも応もないだろ!というところで「どうしますか?」と尋ねられるので、自分もたいそう当惑した経験があります。最終的な責任を親族に持たせるという意味合いは理解はできても、生殺与奪権を握らされるみたいで、カンファレンス室に入るのは、いつもなんかイヤーな感じがしました。

 ご質問文を拝見して、まず思ったのですが、ご本人さんはどういう意思をお持ちなのでしょう?告知されてないのでしょうか?

 ご質問文の情報のみですので、参考程度の個人的見解と受け取ってほしいのですが、転移や進行の具合からして、「手術しない」は=終末期医療的な先延ばし・緩和治療への移行を意味しませんか?かなりキワキワの状況のように見えますので、こういう際こそ、ご本人のお考えに沿うようにして差し上げたら、と思いましたが・・・

 状況がわからない中で勝手なこと言ってすみませんが、気になりましたので。ご寛容ください。では。

 

この回答への補足

ありがとうございます。

かなり気が重くなっていたところで、助かります。
親類には既に告知されています。但し、ステージや余命といったことは触れていません。
私もその辺りをうかがって手術の判断材料の一つとしたいのですが、何分、本人も含めて話を聞いているので、詳しく聞くこともできません。
はじめから、皆さんで来て下さいというスタンスで、明らかに説明の2度手間を省こうとしているようです。

そうした医師から一方的に説明されて、手術しないと大変なことになりますよ、さあどうします?
といった感じで聞かれて、そうすれば、「御願いします」と考えています。
これは本人の意思でなく、選択肢のない選択を迫られただけです。

こんな状況でどうしても手術に踏み切れません。

闘病生活を介添えされたそうですが、術後の様子、そのつらさなどよろしければ教えてもらえないでしょうか。
その辺りを本人は全く意識していないので、少しでも話してあげたいのです。

補足日時:2005/10/14 19:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開腹手術後1ヶ月経ってから微熱が続くのはなぜですか? 腸壁にできた憩室が破裂し、直腸から大腸の一部を

開腹手術後1ヶ月経ってから微熱が続くのはなぜですか?
腸壁にできた憩室が破裂し、直腸から大腸の一部を切除。人工肛門を取り付ける手術受けました。76歳男性です。
術後は順調に回復していたのに退院間近になって突然 微熱出始めました。
白血球の数も多く、炎症反応もあり。とりあえず抗生物質の点滴してますがなかなか効きません。熱は上がったり下がったりのくりかえしです。

Aベストアンサー

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)って、ご存知ですか?
院内感染です。
抗生物質が効かないので、手遅れになると命取りです。

すぐに、MRSAを検索して、対策をとってください。

本当に、今すぐに。
ご検討をお祈りいたします。

ご参考までに。

http://pj.ninjal.ac.jp/byoin/teian/ruikeibetu/teiango/teiango-ruikei-a/mrsa.html

(まずこれだけは)
発症した場合,通常細菌を退治するために使われる薬が効かなくなる細菌の一種

(少し詳しく)
 「発症した場合は通常細菌を退治するために使われる薬が効かなくなる細菌の一種です。健康な人には害のない程度の細菌で,身の回りのどこにでもいる菌です。からだの弱った人に病気を起こします」

(時間をかけてじっくりと)
 「日本語で言うと,『メチシリン耐性黄色(おうしょく)ブドウ球菌』という細菌です。この菌を退治するためのメチシリンという抗生剤(抗菌薬 →[関連語])が効かなくなった,黄色ブドウ球菌1のことです。この菌は,人の鼻の中などどこにでもいて,消毒剤への抵抗性が強いので,身の回りから消し去ることがとても困難です。健康な人には何の害もないのですが,病気などで抵抗力の弱った人のからだに入ると,通常細菌を退治する薬が効かないために病気が重くなることがあります。現代の医療で抗生剤を使い過ぎたことによって出現した細菌です。MRSAの感染が病院内で広がらないようにする手立てを,病院は講じています」

MRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)って、ご存知ですか?
院内感染です。
抗生物質が効かないので、手遅れになると命取りです。

すぐに、MRSAを検索して、対策をとってください。

本当に、今すぐに。
ご検討をお祈りいたします。

ご参考までに。

http://pj.ninjal.ac.jp/byoin/teian/ruikeibetu/teiango/teiango-ruikei-a/mrsa.html

(まずこれだけは)
発症した場合,通常細菌を退治するために使われる薬が効かなくなる細菌の一種

(少し詳しく)
 「発症した場合は通常細菌を退治するために使われる薬が効か...続きを読む

Q8才の子供が、8月に「心房中隔欠損症」と「肺静脈還流異常症」の手術を受

8才の子供が、8月に「心房中隔欠損症」と「肺静脈還流異常症」の手術を受けました。
術後の経過に問題はなく、もうすぐ術後3ヶ月ですが、元気にしております。

そこで、インフルエンザの予防接種を受けるべきかで悩んでおります。
術後1ヶ月の検診の時に、少し咳をしていたら「風邪引いたら大変だからね、気をつけてよ。」と医者に言われたのが引っ掛かっています。

我が家は毎年、インフルエンザの予防接種は受けない主義といいますか、
受けてきませんでした。
ですが、もし、今の状況で感染したら重症化するのか、気がかりです。
「慢性の心疾患の方は予防接種を受けた方がいい」というものも読みましたが、
もう治っていると思っているので、我が家のような場合、どのような位置にあるのか判断出来ずにいます。

色々検索もしてみましたが、こちらで専門家の方の色々な見解をお聞きしたく、質問いたしました。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

素人のASD患者です。
主治医に聞くのが一番だと思います。
問診表にも主治医に確認したか、書く欄がありますし。
ちなみに私は受けてます。
術後3ヵ月だと、術後の経過観察中であって、まだ完治ではないと思います。
物理的には悪いところは治療されてますけど。
私は心肺機能が正常値といわれたのは術後、半年後で、ここでやっと、運動など、すべての制限がなくなりました。異常を感じたらすぐに受診する条件付きで。

きちんと主治医に確認し、受けたほうがいいなら受けて、リスクは減らしたほうが、安心ではないですか?

あくまでも個人的な意見ですが、参考になれば幸いです。

Q肺から空気が漏れる感じと肺の寒気

両方の肺から空気が漏れるような感じがします。
両肺に寒気も感じられます
同じような経験された方
又は病名わかりますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
本当に肺から空気が漏れると「気胸」という状態になり、いわゆる肺のパンクで、激痛に襲われてこんな流暢に書き込みなんてしてられません。

おそらくその感じは、肺の中で痰などの分泌物が多く、空気が移動するときにそれらを泡立てたり押しのけたりする為の感覚でしょう。

肺の寒気・・・というのがイマイチどういう感じかわかりかねますが、肺や気管支で分泌物が増えるのは、気管支炎やアレルギー、喘息といった呼吸器系の病気です。
風邪で一時的にそういう状態になる事もあります。
いずれにせよ内科で見てもらってください。

緊急を要するとは思えないので月曜日でもいいと思いますが苦しくなるようなら休日診療を探してください。

Q肺野肺病変肺紋理増強 健康診断

知り合いが健康診断で『右中肺野肺病変肺紋理増強』『左中肺野肺病変肺紋理増強』という症状らしいんですがどのような病気なんでしょうか?
調べてもよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

これだけでは病名はつきません。
レントゲン写真での所見であって、「右も左も、肺の上下で言うと中ほど(中肺野)の肺のもやもや(肺紋理)が普通より強く出ている(増強)」という所見です。
再検査、精密検査に値する程度かどうかは別記載があると思いますので、それに従えばよいと思います。

Q肺と肺の間がもやもやします・・

三日ほど前から肺と肺の間がもやもやします・・・
 食べ物がいつも胸のところにあるような??
飲み物を飲むとちょっとだけ違和感を感じつまるようなかんじです。
私は怖がりなので癌ではないかと思ってしまい怖くて怖くてたまりません。
 もし病院にいくとしたら内科でよいのでしょうか?
考えられる病気はなんでしょう;;
癌だったら・・・と考えるとこわくてたまりません・・・。

Aベストアンサー

内科で良いです。

ガンだったら…と怖くなるのは無理も無いですが、不安が強いなら尚のこと、
病気でないことを確認しに行くおつもりで早期受診に臨んで頂きたいです。

症状が無くならない限り、質問者さまの不安はますます募る一方でしょう。
何らかの疾患だった場合でも、早期に治療を開始することにはメリットがいっぱいです。
治療の期間も費用も、治療や検査に関するあらゆる苦痛も少なくて済みます。
どうぞ勇気をもって受診して下さい。
今抱いている恐怖は何だったのかと思うほど、一気に不安から解放されるかも知れません。

その症状だけなら私も数年前に経験あります。
その時は、上手く唾が飲み込めない閉塞感と違和感がありました。
症状はいつの間にか無くなり、現在も私は極めて健康体です。
ご参考まで。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報