シェークスピアの作品から英語のことわざや慣用句となったような表現にはどんなものがありますか?たとえば、To be, or not to be; that is a question.などは有名な台詞ですが、そういうものではなく、It's all Greek to me.という台詞から、"Greek to me"というのが「ちんぷんかんぷん」という意味の慣用表現として現代の辞書にまでのっているとか、"All that glitters is not gold."もことわざになっているとか、作品のタイトル"All's well that ends well."もそのままことわざのようになっています。こういうふうに名台詞というのではなく、シェークスピア以来新しく意味をそなえた、あるいは、そのもの事態が現代の英語のことわざにまでなったというような単語、表現、台詞を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

イギリスのおばあさんがシェイクスピアの劇を見に行き、感想を聞かれたときに「シェイクスピアのどこがいいのかねぇ、ことわざと格言をならべただけじゃないか」といったという笑い話があるくらい、シェイクスピアの作品からはたくさん言い回しが誕生しました。

たくさんありすぎるので、ココでは紹介しきれませんので読みやすい本を紹介しておきます。次のURLで検索していただければ詳細がでると思います。
「シェイクスピア名言集」小田島雄志著 岩波ジュニア新書

参考URL:http://www.iwanami.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

その本参考にさせていただきました。ありがとうございました。

お礼日時:2001/12/03 20:27

シェークスピアと言えば慣用句どころか[コトワザ]になってしまっている位で、しかも普段日本の[コトワザ]さえ使わない


若者でも[As you like it!]くらいは知っていると思います。

~で、これはずっと古くから[沙翁・シェークスピア]の影響があったともいえますが、最近アメリカ東海岸のアイビーリーグに
属する大学の若い大学生と話していて、結構よく[沙翁]のセリフの引用をするので聞いたところ、彼の高校の先生は少なくとも
[聖書]と[沙翁]のセリフ位はそらんじていない者は如何に専門外であっても無教養だと考えざるをえない...のだそうです。

尤も最近は少数派で使いすぎるとヤバイ場合もあるとか、、、日本でも今さら歌舞伎のセリフを振り回されてもという気はします。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qシェイクスピア英語の特徴

シェイクスピア英語の特徴ってなんでしょうか?
おわかりになる方いらっしゃいましたら、
教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

シェイクスピアの特徴で、いちばん特筆すべきは、ほとんどがblank verseという詩の形式で書かれていることです(だから文頭が大文字)。私も詳しいことは分からないんですが、だいたい「母音の数が同じ」みたいなかんじで捉えています。
ジュリエットのバルコニーの独白の一部で、ためしにかぞえてみてください。
'Tis but thy name that is my enemy;
Thou art thyself, though not a Montague.
What's Montague? it is nor hand, nor foot,
Nor arm, nor face, nor any other part
Belonging to a man. O, be some other name!

英語の特徴かどうか分かりませんが、シェイクスピアは新語をたくさん作り出しています。既存の単語でもシェイクスピアしか使っていない意味とかも。有名な表現("It's Greek to me." "Brevity is the soul of the wit."とか)のおおくはシェイクスピアがもとになっています。また、シェイクスピアの使った単語の種類は全時代の作家の中でもトップクラスです(たしか3万とかそのくらい??)

動詞の活用がちがうとか(3人称はsでなくthだとか)、2人称単数親称(「あなた」でなく「きみ」)のthou(ザウ)があるとか、色々あるので、#1さんがおっしゃってるとおりネット検索をされた方がいいかと。

シェイクスピアの特徴で、いちばん特筆すべきは、ほとんどがblank verseという詩の形式で書かれていることです(だから文頭が大文字)。私も詳しいことは分からないんですが、だいたい「母音の数が同じ」みたいなかんじで捉えています。
ジュリエットのバルコニーの独白の一部で、ためしにかぞえてみてください。
'Tis but thy name that is my enemy;
Thou art thyself, though not a Montague.
What's Montague? it is nor hand, nor foot,
Nor arm, nor face, nor any other part
Belonging to a man. O,...続きを読む

Q皆様は初期近代英語(シェークスピア時代の英語)の質問には回答したくないんですか?

こんにちは、このカテゴリーの質問をしていますが、なかなか回答をもらえません。

おそらく答えられない事はないですよね? 99%答え分かってるけど、1%の確率で答えを間違えたらカッコ悪いしとかそういうことですか?

ご回答される際も、ほぼ、YesかNoで答えられるくらい、気を使ってるつもりなんですけど、なぜに回答がつかないのですか? 

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9320405.html
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9321618.html

この質問は回答が付かなかったので、再質問したら回答をもらえました、相当すごい方から、でも、何故かわざわざ別ID取得してご回答されています。

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9317727.html

僕の質問形式について改善点等あれば教えてください。

Aベストアンサー

私の場合は、アメリカの大学の授業で、シェークスピアの英語にすごく苦労した経験があるんです。
Aを取る為にものすごくホント、苦労したんです(苦笑)
なので、シェークスピアの英語表現はもう見たくないというのが本音です。
同じイギリスの作家でも、オスカーワイルドとかなら好きなのですけど、こればっかりは好き嫌いなので。丹語文七様の質問形式がどうというのではないです。


人気Q&Aランキング