リン酸塩と洗剤について調べているのですが、どうしてもリン酸塩と洗剤を調べると、過去に使われていて、環境によくないから今は使われていないとしか出ていません。昔、使われていたからにはそれなりに役に立ったとおもうんです。どうして使われなくなったのではなく、リン酸塩が洗剤に使われていた理由が知りたいです。お願いします。

A 回答 (3件)

リン酸は2分子以上が重合してポリリン酸となります。


ポリリン酸は硬水中のカルシュウムやマグネシュウムと結合するため、カルシュウムなどの除去に用いられています。
昔の家庭用洗剤にも水質軟化剤として用いられていました。また、洗浄力が改善されると言うことも聞いたことがあります。
補足:硬水とはカルシュウムやマグネシュウムの濃度が高い水のこと
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とてもわかりやすい回答、ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/21 10:39

現在の下水処理では


SS1/200
N1/10(1/50?)
P0.5(1/10?)
にしか減らす事が出来ません(()内の数値か.()外の数値か記憶があやふや)。又.燐はこうきせいで
P+Fe→沈殿
という過程でのみ除去されますから.1年に1回浄化槽の掃除と称して.浄化槽内の活性汚泥をきれいに河川に流してくれる専門業者もいますので.原則として除去されません。
その結果.河川や池に燐が蓄積し.あるいは.近海での赤潮の原因になったりします。
現在もっとも進んでいる排水中の燐の除去は.水生植物の温室内を排水を流す方法ですが.これも処理能力が施設の大きさに比例するため.入る量を減らさなければなりません。もっとも燐供給が多かった洗剤へのりんてんかが減り.環境への燐負荷が減りました。
    • good
    • 0

合成洗剤中のリン酸塩は、酸性、アルカリ性を緩衝し硬水の軟水化を図り、洗浄効果を高めるのに優れた効果があります。


反面、廃水中のリン含有量を多くし、水域の富栄養化などの問題を起こす。一般にトリポリリン酸塩、ピロリン酸塩が広く使われています。

参考URL:http://www.ematec.or.jp/yogo/suisitu.html#1410
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q服を染めるときの塩ってなに?

今から服を染めます。染料の説明書によると
色止め剤としてして塩を入れるとありますが
何故塩で色止め剤となるのですか?
またその塩は天然塩がいいのですか?

Aベストアンサー

もう染め終わってしまわれたかもしれませんね。
きれいに染められましたでしょうか??(笑
私も興味があったので調べてみました。

どうやら、お塩には、ある酵素の活性化を抑える作用があるらしいのです。
女性の方はご存知の方が多いと思うのですが、リンゴの皮をむいた時、塩水にさらします。なぜ、食塩水にさらすかと言えば、リンゴって、むいた後、そのままにしておくと、黄色く変色してしまうんです。これは、リンゴの表面にある『ポリフェノール(最近良くお耳にされている事と思います。抗癌作用があるとか、アレルギーの原因の控訴を抑えるとかいう、食品に含まれる成分です)』が酸化するために起こる現象だそうです。

で、以下、サイト引用で恐縮ですが、『お塩は酸化酵素であるポリフェノールオキシダーゼの働きを抑制し、ポリフェノールが空気中で酸化されて変色するのを防止する効果があるため、色止めとして用いられる』のだそうです。

推測で恐縮ですが、服を染める染料の中に、このポリフェノールが含まれているのではないでしょうか?

天然塩がいいのか、精製塩がいいのかは、ごめんなさい、わかりません。あまり高価な物を使わなくてもいいのではないでしょうか?私なら、安くて、溶けやすそう~な、お塩を選ぶかな??(笑

間違えてたら、ごめんなさい。

参考URL:http://www.shiojigyo.com/cooking/science.html

もう染め終わってしまわれたかもしれませんね。
きれいに染められましたでしょうか??(笑
私も興味があったので調べてみました。

どうやら、お塩には、ある酵素の活性化を抑える作用があるらしいのです。
女性の方はご存知の方が多いと思うのですが、リンゴの皮をむいた時、塩水にさらします。なぜ、食塩水にさらすかと言えば、リンゴって、むいた後、そのままにしておくと、黄色く変色してしまうんです。これは、リンゴの表面にある『ポリフェノール(最近良くお耳にされている事と思います。抗癌作用が...続きを読む

Qリン酸塩についておしえてください。

 子供の身長を伸ばすための本というのを読んでいます。そこには、ソーセージなどにはリン酸塩が含まれるため、多量に摂取すると成長を阻害する、というようなことが書かれていました。
 身長の低い我が子のために、「それはいけない!」と思ったのですが、いざソーセージなどの原材料を見てみても、リン酸塩の記載はありません。これはどういうことなのでしょうか?炭酸カルシウムというのは違いますよね?ソーセージにはリン酸塩は含まれていない=安心して食べさせていいということなのでしょうか?

Aベストアンサー

食品添加物の表示は、添加物名を表示する必要が無いものがあります。例えば、一括名表示では、添加物名を表示する必要はありません。酸味料,乳化剤,pH調整剤などはリン酸やリン酸塩を使っている場合がありますが、この場合物質名を表示する必要が無く、「乳化剤」などの名称だけの表示で良いことになっています。

即ち、表示欄の原材料名の中に表示されていないから添加されていないというのは間違いです。

リン酸塩は、食肉製品,魚肉練り製品,惣菜,清涼飲料水など非常に多種類の加工食品に添加されています。1品ごとでは大した量では無いでしょうが、合計するとかなりの量になると思われます。
このため、リンの摂取量がカルシウムの摂取量に比べ過剰になりやすく、骨などの成長を阻害します。

消費者の対策としては、できるだけ加工食品の摂取を控えること、カルシウムを含んだ食品を摂取するくらいしかないのではないでしょうか。

Qキレート剤とは?。

キレート剤とはどのようなものなのでしょうか?。
そしてどのようなところに利用されているのでしょうか?。
教えてください。

Aベストアンサー

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出させます。
また、アンモニアは、銅イオンと容易に結合し「銅アンモニア錯イオン」を作り、めっき液に重要なファクターとなっています。アンモニアは、キレート剤、pH緩衝剤の両者に有効に働いていると思います。
キレート剤には、広い意味があるため一言での説明は難しいです。
一般的には、可溶化、安定化作用を利用して、溶液の調製に使用されますが、ある種の金属と特異的に結合する性質を持つ物は、沈降剤(排水処理など)、金属回収(キレート樹脂による交換など)に利用されています。
また、金属イオンと結合し(錯体を形成)することにより、元の金属の特徴を変化させることが可能となるため、電気メッキにおいても合金メッキに利用されています。この場合は、析出電位が大きく異なる異種金属の析出電位を近づける事が可能となり、合金皮膜として析出させることができます。また、めっき液の金属溶解安定性を維持することにも寄与しています。
回答になっていなかったらごめんなさい。参考になったでしょうか?                           

無電解銅めっき液に関して、キレート剤が関与するのは、銅イオンの可溶化、溶解生の安定化が大きな作用と思います。通常、無電解銅めっき液は、アルカリ性であるため、銅イオンは容易に水酸化物となって沈殿してしまい、めっき液が成立しません。そのため、EDTA(エチレンジアミン四酢酸のナトリウム塩)や、クエン酸、酒石酸などのオキシカルボン酸塩(ナトリウム塩など)を配合して、めっき液を調製します。このままでは、金属が析出しないため、ホルマリンや次亜燐酸塩などの還元剤を使用して金属を析出さ...続きを読む

Q有機物と無機物の違いはなんですか?

稚拙な質問ですいません。
有機物の定義とはなんでしょうか?
無機物とどこで線が引かれるのでしょうか?
有機化学と無機化学の違いはなんですか?
髪の毛は有機物?無機物?
ご教授ください

Aベストアンサー

有機物とは基本的に生物が作るもので炭素原子を含む物質です。また、それらから派生するような人工的で炭素を含む化合物も有機物です。ただ、一酸化炭素や二酸化炭素は炭素原子を含みますが無機物に分類されます。
無機物とは水や空気や金属など生物に由来しない物質です。

Q水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

水酸化ナトリウム水溶液のpH値について教えてください。

まず、2%水酸化ナトリウム水溶液とは、2%の水酸化ナトリウムの入った水溶液でよろしいんですよね?
4gの水酸化ナトリウムの入った水溶液のpH値はpH10ということは分かったのですが、
計算すると0.4%水酸化ナトリウム水溶液ということでいいのでしょうか?

またさらにこれを水(pH7とした場合)で薄めた場合のpH値の計算方法も教えてください。

初歩的な質問で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いすることもあります。

例えば、
> 水酸化ナトリウムは40g/molなので、4gだと0.1mol。  …1
> mol濃度は0.1/1で0.1。 …2
> pOH=log(1/mol濃度)で1  …3
> pH=14-pOHで13.0  …4

2行目で計算しているのは何のモル濃度でしょうか?また単位は何ですか?
3行目でpOHを計算しているところを見ると、2行目ではOH-のモル濃度を
計算しているようですが、そうすると、一つ重要なことを書き忘れています。
水酸化ナトリウムのモル濃度とOH-のモル濃度は一致するのでしょうか、
ということです。
また3行目の式で、(1/mol濃度)と表記していますが、自分は初見では
1/molという単位に換算した濃度と読めてしまい、これは何を意味しているのだろう?
と思ってしまいました。実際にはモル濃度の逆数のことを意味しているのでしょうけれど、
式の中に言葉があるのは不自然です。そしてこれについては(1/x)として
式の外に(x…OH-のモル濃度)と記したほうが読む方の勘違いは少なくなりますよね。

・この問題の有効数字はいくつですか?

log2なりlog5なりを電卓で出せば、数字は何桁か出てきます。
でもそこまでの桁数で表記しなければならないものなのでしょうか。
逆に、pH=13.69897と書いていますが、最後の桁の数字まで信憑性のある
数字なのでしょうか?時間があれば、そのあたりも考えてはいかがでしょうか。

計算自体は良いかと思います。

ということで気付いたことを2つほど。

・解答の記述方法にも気を配りましょう

記述式の解答を書く場合、読んでもらう人がいるということを忘れないで下さい。
たとえばはじめの方で書いていなかった水溶液の体積(1L)もそうですが、
質問者様にとっては記述の必要のないくらい当たり前のこと
と思っても、読んでいる人からすると飛躍している印象があるところがあります。
また、読んでもらうような代物でないとしても、あまりにも省略すると
自分で記述していて自分で勘違いす...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報