ゲルとゾルについて教えて下さい。
文章で「ゲル・ゾル運動で移動する」という一文があったのですが、どうしても理解ができないのです。
ネットで検索してみたのですが、いまいち難し過ぎて分かりません。
宜しくお願いします。

A 回答 (3件)

直接的な回答ではありませんが、以下の関連質問の回答が参考になりますでしょうか?


http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=28794
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=27379

ご参考まで。
    • good
    • 0

たぶん生物のアメーバー運動のゾル→ゲル→ゾル変化による移動のことだと思います。

そもそも、ゾル・ゲルとはコロイドの状態なのです。まず、コロイドとは、物質が水などに溶解するとき、このとき、溶けるものを溶質、溶かすものを溶媒と言いますが、溶質が小さいときは溶液になり、大きいときは乳濁液や懸濁液(濁った状態)になり、そのちょうど中間がコロイド溶液となります。コロイド溶液は透明なのですが、横からレーザー光のような光を当てるとその光の通り道が見えます。(溶液では見えません)具体的にはタンパク質などが水に溶けた状態、つまり、たまごの白身のようなものと考えてください。このコロイド溶液で流動性(液体のようにふるまう)があるのがゾルです。生卵の白身の状態です。流動性を失って、凝固したものをゾルといいます。ゾルはゼリー状のものと考えていいでしょう。アメーバー運動ではこのゾル状態である地点しっかりと居て、ゲルの義足を伸ばして次の場所をポイントし、その場所でゾル状態となり、残った前の部分がゲル状態になり、すべてが次の場所に移動するという、繰り返しになります。このときは、溶媒である水の移動があります。水が多い部分では流動性のあるゾルの状態に水の少ない部分では流動性を失ったゲルの状態となります。
    • good
    • 0

簡単に書けばゲルは固体です。

ゾルは液状体(液体そのものではない)です。
ゲル・ゾル運動で移動するとは
ゲル状のモノが一部をゾル状にして進みたい方向に自分の体を流します。そして流れ出たゾルの部分をゲル状にして体を固めます。そして後ろに残された部分をゾル状にして引っ張るのです。これで足がなくても移動できるのです。

・・・これがアメーバーの移動方法です。

ちなみに私は物覚えが悪いのでどちらが液状か固体か忘れてしまうことが多いです。そこで「ゾル」は「ゾロゾロと動く」と覚えました。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマスキングゾルについて

ガレージキット塗装時にMr.マスキングゾルを使って
いるのですが塗装した面にゾルを塗り、作業が終わり
ゾルを剥がすとゾルの緑色が残ってしまう事が
よくあります。これが落ちなくて苦労しています。
ラッカー系塗料で塗っているので、ラッカーシンナーで
落とす訳にもいかず、エナメル薄め液で洗ってみますが
綺麗に落ちません。かといって使わない訳にもいかず
非常に困っています。
どなたかこれを落とす、もしくは色が残らない
良い方法を知っている方、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

補足を拝見しました。そうですか! ネオをお使いなんですね。それは大変失礼致しました。

>ゾルを希釈するのは水を使用するのですか?⇒そうですね。水道水でOKです。少しずつ加えて濃度を調整して下さい。

>その下に
緑色の油分が残ってしまうのです。これは硬化せず
ベタベタしたままです。特に白い部分はこれが
非常に目立ってしまいます。⇒ん~、これはどうも濃度が濃すぎるからではないでしょうか? なるべく薄く塗布するように注意してみて下さい。

モデラーズの方が使用感がいいと書かれていますが、成分は同じ物です。でも、メーカーによって若干感じが違うのは当然かもしれませんね。色々試して、ご自分の用途にあった物をお使いになればいいと思います。

私はマスキングゾルは補助的にしか使いません。作るのは飛行機やAFV物ばかりなので、例えば飛行機のコクピットや脚収納部をマスキングする場合、ティッシュペーパーを水で湿らせて、その空間に詰め込みます。その上からマスキングゾルをティッシュの上から塗って、小さな隙間を埋める感じで使っています。フィギュアの場合はこの方法は使えませんが、ご自分で色々試されるのも面白いと思います。なお、塗るときは専用の面相筆を用意して置くのがいいですね。キャップに付いているハケのようなものでは太すぎて細部などには不向きです。

ハンブロールの「マスコール」と言うのを主に私は使っていますが、入手しづらいの難点ですね。↓の喜屋ホビーでは通販で購入出来ますので、一度試してみて下さい。

それでは…。2度もお邪魔致しました。

参考URL:http://homepage1.nifty.com/kiyahobby/usw/humbrol.html

補足を拝見しました。そうですか! ネオをお使いなんですね。それは大変失礼致しました。

>ゾルを希釈するのは水を使用するのですか?⇒そうですね。水道水でOKです。少しずつ加えて濃度を調整して下さい。

>その下に
緑色の油分が残ってしまうのです。これは硬化せず
ベタベタしたままです。特に白い部分はこれが
非常に目立ってしまいます。⇒ん~、これはどうも濃度が濃すぎるからではないでしょうか? なるべく薄く塗布するように注意してみて下さい。

モデラーズの方が使用感がいいと書かれ...続きを読む

Q有効数字の桁数合わせがいまいち理解できません

mol質量やmol濃度の計算問題を訳あって勉強している社会人です。
いまいち納得できない部分があるので質問させていただきました。
問題に対する式は立てられるのですが、いつも最後の有効数字を丸める部分で間違えてしまいます。
有効数字を用いた乗法や除法は「計算に使った数値の内、最も有効数字の桁数が小さいものに合わせる」はずだと思ったら

初歩的な問題ですが
問 水150mlに水酸化ナトリウムNAOH10.0gを溶かした水溶液がある。
NAOHの原子量を40.0としたときのこの水溶液のmol濃度を求めよ。

150ml:10.0g = 1000ml:Xg
      X = 66.666....
まだ計算の途中なので有効数字の桁を1つ多めにとって
X = 66.67 として
66.67÷40.0 = 1.66675

最初から最後までに使用した数値の内、有効数字3桁が最小だと思うので
答えは 1.67mol/l として解答をみると

「1.666...mol/lゆえに 答え 1.7mol/l」 となっています。
この場合、なぜ小数第2位を四捨五入したのかが理解できません。
どなたか分かり易く説明していただけると幸いです。 

mol質量やmol濃度の計算問題を訳あって勉強している社会人です。
いまいち納得できない部分があるので質問させていただきました。
問題に対する式は立てられるのですが、いつも最後の有効数字を丸める部分で間違えてしまいます。
有効数字を用いた乗法や除法は「計算に使った数値の内、最も有効数字の桁数が小さいものに合わせる」はずだと思ったら

初歩的な問題ですが
問 水150mlに水酸化ナトリウムNAOH10.0gを溶かした水溶液がある。
NAOHの原子量を40.0としたときのこの水溶液のmol濃度を求...続きを読む

Aベストアンサー

原文を見る限り,正解は以下のようでなくてはなりません.
150mL の水と 10.0g の水酸化ナトリウムで,160g の溶液ができます.この比重が 1.05g/cm3 であることより,160/1.05 = 152.38... mL の溶液ができます.この中には 10.0g = 10.0/40.0 mol の NaOH が含まれているので,モル濃度は (10.0/40.0)÷(160/1.05/1000) = 1.640625 mol/L.
有効数字は,3桁ですから,1.64 mol/L です.
有効数字の処理は,あなたの処理で正解です.
問題集の文章を読む限り,1.666... にしている点ですでに間違っていますし,さらに有効数字の扱いも間違いです.その本は捨てた方がいいかもしれません.
なお,上の計算では水の比重が与えられていないので,1.00 g/cm3 としました.25℃では0.99707 g/cm3 ですから,有効数字3桁では 0.997 としなくてはならず,水の質量は149.55g となります.有効数字3桁では150ですが,計算途中では149.6 で計算すると,また少し違ってきますが.

原文を見る限り,正解は以下のようでなくてはなりません.
150mL の水と 10.0g の水酸化ナトリウムで,160g の溶液ができます.この比重が 1.05g/cm3 であることより,160/1.05 = 152.38... mL の溶液ができます.この中には 10.0g = 10.0/40.0 mol の NaOH が含まれているので,モル濃度は (10.0/40.0)÷(160/1.05/1000) = 1.640625 mol/L.
有効数字は,3桁ですから,1.64 mol/L です.
有効数字の処理は,あなたの処理で正解です.
問題集の文章を読む限り,1.666... にしている点ですでに間違っていますし...続きを読む

Qゾル・ゲル法について

ゾル・ゲル法の基礎理論と利用法例など教えて下さい。

Aベストアンサー

ゾル・ゲルの定義に関してはすでにMiJunさんが回答されているので,実際の利用法について補足いたします。(というより,便乗した質問ですが・・・)
よく,車のフロントガラスにタコメーターがホログラムで映し出されているのがありますが,,ゾル・ゲル法によるコーティングの一つです。ゾル・ゲル法は,この他にも,
微粒子の製造や,触媒コーティング,あるいは,MiJunさんのご回答のとおり,光ファイバーの原料やガラスの製造に応用されています。
プロセスを簡単に説明すれば,酸-塩基反応による水酸化物の生成を利用したものや,アルコキシドの加水分解を利用するものなどがあります。
一般的な塗料によるコーティングも,ゾル・ゲル法の定義に入ると個人的に思いますが,区別されるのが普通ですね。何故でしょう?

Qカラギーナンのゲル化

カラギーナンって、どのようにしてゲル化するのか教えてください。
金属イオンでゲル化性が変わってくるので、イオン結合だと思うのですが、SO4-だけだと反発しちゃいますよね?
イオタとカッパでもゲル化に違いがあるのでしょうか?
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

基本は水素結合でしょう.

ゲルの巨視的力学物性が微視的な架橋構造だけから説明できるなら苦労はありません.

Qシリカゾルをシリカゲルにする方法。。。

シリカゾルからシリカゲルを作りたいのですが,どうしてもうまくいきません。
どなたか,教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

Luckycatsさんの回答で思い出したのですが、以下の成書は参考になりますでしょうか?
====================================
ゾル・ゲル法によるガラス・セラミックスの製造技術と…/山根正之∥監著/応用技術出版/1989.6 
ゾルーゲル法の科学/作花済夫/アグネ承風社/1988.7 
---------------------------------
シリカとアルミナ : コロイド製品 / 永井彰一郎編. -- 金原出版, 1967. --
(新しい工業材料の科学 ; B-8)
シリカと私 / G.B.アレクサンダー著 ; 井上勝也訳. -- 東京化学同人, 1971. -- (Chemistry in action series ; 1)
高純度シリカの製造と応用. -- 普及版. -- シーエムシー, 1999
高純度球状シリカ粉末. -- ティー・アイ・シィー, 1993. -- (日本特許に見る最新技術の動向シリーズ ; No. 1002)
非晶質シリカ材料応用ハンドブック. -- リアライズ社, 1999
=====================================
ご参考まで。

Luckycatsさんの回答で思い出したのですが、以下の成書は参考になりますでしょうか?
====================================
ゾル・ゲル法によるガラス・セラミックスの製造技術と…/山根正之∥監著/応用技術出版/1989.6 
ゾルーゲル法の科学/作花済夫/アグネ承風社/1988.7 
---------------------------------
シリカとアルミナ : コロイド製品 / 永井彰一郎編. -- 金原出版, 1967. --
(新しい工業材料の科学 ; B-8)
シリカと私 / G.B.アレクサンダー著 ; 井上勝也訳. -- 東京化学同人...続きを読む

Qシリカゲルを用いた薄層クロマトグラフィー

シリカゲルを塗った薄層を用いた薄層クロマトグラフィーは順相である、と言われますが、なぜそう言えるのでしょうか。順相クロマトグラフィーとは固定相(この場合シリカゲル)の極性が移動相の極性より高いクロマトグラフィーですが、シリカゲルSiO2・nH2Oはどのような構造をしていて、極性はどのようになっているのでしょう。

Aベストアンサー

前回答えた責任上、追加します。
一般に順相とか、逆相といったことが明確に区別できるのは分配クロマトグラフィーであると理解しています。
すなわち、固定相液体と展開溶媒の間での分配平衡によって分離しているわけです。
しかしながら、シリカゲルの場合には吸着クロマトグラフィーということになり、原理が違います。ただ、その場合にも、移動相(展開溶媒)もシリカゲルに吸着されて、固定相に類似した働きを部分的に起こしていることになり、両者を厳密に区別することは難しいようです。
現実には、シリカゲルの酸素原子が部分的な負電荷を有しており、比較的極性が大きい物質と言えるでしょう。そのため、極性の大きい物質を優先的に吸着することになり、展開される順番としては順層と同じになるということだと理解しています。

ただし、シリカゲルの場合でも、仮にシリカゲルに非極性の固定相液体を吸着させた上で、極性溶媒で展開できれば逆相になる可能性があるでしょうが、現実にそのようなことを行うのは困難だと思います。

Qミトコンドリアと細胞質ゾルについて

ミトコンドリア内の方が細胞質ゾルよりも還元されている状態なのはなぜでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ミトコンドリアではβ酸化や酸化的リン酸化が行われています。

ミトコンドリア内では基質が酸化される、ということは…

Qシリカゲルとケミカルガーデン

シリカゲルには塩化コバルトが含まれてて
吸水後→桃
乾燥時→青
なのに
ケミカルガーデンで塩化コバルトを用いたとき
CoSiO3が青いのはなぜですか??
周りに水があるので、桃色にならないのか
不思議です!!
どなたかお願いします!

Aベストアンサー

あなたの推測は当っています。詳細な議論は図を描かないと無理ですが、シリカゲルに担持された塩化コバルトはほぼ完全に無水です。この場合は青い色になります。ここにごく少量の水分子が来るとコバルトに一つだけ水分子が配位・くっついた状態になりその色はピンクになります。
誤解がある様ですが、ケミカルガーデン内のコバルトの存在状態は複雑でCoSiO3ではありません、もっと多くの水分子がコバルトの回りを取り巻いています、この様にコバルトを水で飽和してしまうとまた青くなってしまいます。
なお、無水塩化コバルトの青色には塩化物イオンの効果も大きいので、水があればピンクと信ずるのは危険です。

Q宮口二朗さん(『仮面ライダー』のゾル大佐)

時代劇・アクションドラマのファンならピンとくると思いますが、ダンディーな悪役俳優として活躍した宮口二朗さんについてです。特撮ヒーローファンにとっては『仮面ライダー』のショッカー初代大幹部・ゾル大佐(26~39話登場)が印象深く、悪役以外では『非情のライセンス』の坂井刑事でレギュラー出演されていました(主演の故・天知茂さんは実兄らしく、また奥様は『必殺シリーズ』などの悪女でおなじみ弓恵子さんだとか……)。
しかし、2年ほど前からWeb上で他界されたという噂がささやかれはじめました(関連サイト上のプロフィールには“没日=?”というような表記が)。新聞の死亡欄などでも取り上げられて当然なレベルの役者さんと断言できますが、なぜかマスコミ関連では全く事実が報道されていないことに疑問を感じております。
同じくショッカー大幹部を演じた天本英世さん(死神博士)、潮健児さん(地獄大使)も既に鬼籍に入られましたが、宮口さんだけ生死がハッキリせず大変気がかりであります。真相をご存知の方、是非ともお教えください!

Aベストアンサー

こんにちは。
詳しいことは分かりませんが、お亡くなりになっているようです。
下記URLはドクトルGの千波さんのインタビューですので、信頼できると思います。

参考URL:http://cc.sakura.ne.jp/~wolf01/nihonyasiki/talk2.htm

Q繰り返し使えるゲル状カイロについて。

 先日台湾にて、繰り返し使えるゲル状のカイロを買いました。
 15cm×10cm程の半透明ビニールの中にゲル状の物質と、直径2cm、厚さ0.3mmほどの放射状の溝がある円形の金属片が入っています。
この金属片の中央を「パチンパチン」と上下に動かすと金属片の周囲からゲルが結晶化して(全体が結晶化するまで十数秒)、
その後1時間ほどカイロの様に発熱します。温度は市販の使い捨てカイロと同じくらいです。発熱し終わったものを煮沸すると、
結晶が再びゲル状になり、再度使用できます。
 発熱するのはゲルの状態より結晶の方がエネルギーが安定しているからではないかと思っているのですが、なぜ金属片を「パチン」と動かすと結晶化が始まるのか、また、この物質が何という物質なのかが分かりません。
 誤字の多い取り扱い説明は表面に印刷してありますが商品名などはありません。また、ネットで「台湾」、「ゲル」
など検索をかけてみたところ、何件かヒットしましたが、物質名や仕組みなどは分かりませんでした。

 どなたかご存じの方がいらっしゃいましたら教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いします。

 先日台湾にて、繰り返し使えるゲル状のカイロを買いました。
 15cm×10cm程の半透明ビニールの中にゲル状の物質と、直径2cm、厚さ0.3mmほどの放射状の溝がある円形の金属片が入っています。
この金属片の中央を「パチンパチン」と上下に動かすと金属片の周囲からゲルが結晶化して(全体が結晶化するまで十数秒)、
その後1時間ほどカイロの様に発熱します。温度は市販の使い捨てカイロと同じくらいです。発熱し終わったものを煮沸すると、
結晶が再びゲル状になり、再度使用できます。
 発熱するのはゲ...続きを読む

Aベストアンサー

(基本的にこれは以前の回答のコピペです)

液は酢酸ナトリウム水溶液です。
金属片のパチッというショックがトリガーになっています。

これは、化学反応ではなく、状態変化によるものです。

物質が液体から固体になる時(例えば水が氷になる時)、液体からはたくさんの熱が出て行きます。熱が出て行き、その結果温度が下がり、固体になります。

酢酸ナトリウム水溶液は、本来固体になるべき温度にまで冷えても液体であり続けることができます。しかし、カチッという衝撃を受けると、一気に液体から固体になります。このときに、たくさんの熱が出ていくので、さわるとあたたかく感じます。

ちなみに、これは自分で作れますよ。
http://g3400.nep.chubu.ac.jp/onsenkids/craft/y-heatpack/heat-pack.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報