例えば、プログラム中にある、
aをすべて、bにしたい場合、
簡単な方法はありますか?
1、2個なら
コピペすればいいんですが、
いっぱいある場合、かなり時間が
掛かってしまいます。
ですので、絶対に何かあると思って
書き込んで見ました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

色々な手は有りますよ。



先ずは、エディターの置換機能を使えば、出来ます。

もし、複数の置換項目が有るなら...。
WZエディターや秀丸エディターを使っておられるなら、マクロで簡単に出来ます。

もし、複数のファイルにを置換したいなら...。
SED等のスクリプトエディター等で、簡単な構文を組めば一括変換出来ます。

もし、複雑な置換をしたいなら...。
単純な事ならAWKやPerlやC等で作っても、そんなに難しく無いと思います。

こんなもんで良いです?
    • good
    • 0

VisualC++


を用いているのであれば、
編集->置換
もしくは
Ctrl+Hですね。

変換前の文字列と
変換後の文字列を入力して置換とすれば置き換わります。
    • good
    • 0

ソースの文字列の置換でしょうか?


大抵はエディタの「編集」メニューの中に「置換」はあります。
    • good
    • 0

メニューの編集(ツールによっては違うかもしれない)にある、置換を使えば、


一度に沢山変換することができます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれってなんのコピペですか? ネタじゃありませんよね? 名前も適当だし、これはどんな意味があるんです

これってなんのコピペですか?
ネタじゃありませんよね?
名前も適当だし、これはどんな意味があるんですか?

Aベストアンサー

実在する弁護士に対する、嫌がらせです。
投稿者は何年も前から連投している基地外です。

Q異なるn個の整数からr個の整数を取り出す組み合わせ

異なるn個の整数からr個の整数を取り出す組み合わせの数
nCrを求める関数
int combination(int n, int r){ /* ・・・ */}
を作成せよ。なおnCrは以下のように定義される。

nCr = n-1Cr-1 + n-1Cr (ただし nC0 = nCn =1、nC1 =n )

(新版 明解C言語 入門編(柴田望洋 著) P.197 演習8-6)

というので答えが

int combination(int n, int r)
{

if((n>r) && (r>0)){
return combination(n-1,r-1) + combination(n-1,r);
}
else if(n==r || r==0){

return 1;
}
}

・という風になると教えてもらったのですがなぜこうなるのかが分かりません。
・else if(n==r || r==0){ というのは削っても正常に動きますが、必要な物なのでしょうか?

・またifを使うときは
if→eise if →else の順に使って
2つの時は if→else と使っていたのですが
上のものはif→else ifと書いています。
加えてelse(n==r || r==0){ と書いたらコンパイルエラーになってしまいました
なぜelse ifと書くのでしょうか?

以上3点について教えてください。よろしくお願いいたします。

異なるn個の整数からr個の整数を取り出す組み合わせの数
nCrを求める関数
int combination(int n, int r){ /* ・・・ */}
を作成せよ。なおnCrは以下のように定義される。

nCr = n-1Cr-1 + n-1Cr (ただし nC0 = nCn =1、nC1 =n )

(新版 明解C言語 入門編(柴田望洋 著) P.197 演習8-6)

というので答えが

int combination(int n, int r)
{

if((n>r) && (r>0)){
return combination(n-1,r-1) + combination(n-1,r);
}
else if(n==r || r==0){

return 1;
}
}

・とい...続きを読む

Aベストアンサー

>・という風になると教えてもらったのですがなぜこうなるのかが分かりません。

もしかすると、再帰呼び出しという概念がわかっていませんか?
再帰呼び出しというのは、関数がその処理の中で自己の呼び出しを行なう事です。

ところで、
nCr = n-1Cr-1 + n-1Cr (ただし nC0 = nCn =1、nC1 =n ) ・・定義A
と定義されるということは
右辺式の、n-1Cr-1 と n-1Crを求めるのに定義Aを用なければならないという事です。
そのため、n-1Cr-1 と n-1Crを求める右辺式にもxCyがでてきます。
これが、r=0でnC0か、n=rでnCnになって固定値(=1)になるまで、続きます。

ソースプログラムを見ると、
int combination(int n, int r)
{
  if((n>r) && (r>0)){
    return combination(n-1,r-1) + combination(n-1,r);  /* ※ */
  }
  else if(n==r || r==0){
    return 1;
  }
}

1)combination関数は、パラメータnとrからnCrを求める関数である。
2)nCrを求めるためには、n-1Cr-1とn-1Crを求める必要がある。
 この二つを求めるために、※の箇所でcombination関数自体をを呼び出している。
3)※で呼び足された二つのcombination関数はそれぞれのパラメータに従い、
 また、combination関数を呼び出す。
4)3)の呼び出しの繰返しは、combination(n-1,r)のr以外は1づつ減っていくので
 (n>r) && (r>0)が成立しないところまで継続する。
 (n>r) && (r>0)が成立しないところまで達すると、combination関数は1を返し
 その結果を持って、3)の呼び出し関係を遡って最初のcombination関数の呼び出し
 まで返って答えをだす。

という事です。

>・else if(n==r || r==0){ というのは削っても正常に動きますが、
>必要な物なのでしょうか?

else if(n==r || r==0){ を削るというのは

  else if(n==r || r==0){
    return 1;
  }

全体をを削ってますか、それとも

  else {
    return 1;
  }

と条件だけを削ってますか?

後者であればこの例題については問題ないと思います。

それは、elseだけにすると、(n>r) && (r>0) の成立しない(条件が逆)時に、else節に
入ります。
else節に入る時は、(n>r) && (r>0) が成立しない時 = (n<=r) || (r<=0) の時なので
削った条件 (n==r || r==0) を含んでいるからです。

前者であると、(n>r) && (r>0)が成立しなくなった時、combination関数の呼び出しは
止まり、返す値が不定になり、なにが返るかわかりません。その結果計算結果がおかしく
なると思います。
(コンパイラの仕様としてなにか固定値を返すコードを生成していればその値に従った
 計算結果になります。)

>・またifを使うときは
>if→eise if →else の順に使って
>2つの時は if→else と使っていたのですが
>上のものはif→else ifと書いています。
>加えてelse(n==r || r==0){ と書いたらコンパイルエラーになってしまいました
>なぜelse ifと書くのでしょうか?

これは、C言語の文法がそういうもの「elseにはif無しに条件は書けない」からとしか
お答えできません。

>・という風になると教えてもらったのですがなぜこうなるのかが分かりません。

もしかすると、再帰呼び出しという概念がわかっていませんか?
再帰呼び出しというのは、関数がその処理の中で自己の呼び出しを行なう事です。

ところで、
nCr = n-1Cr-1 + n-1Cr (ただし nC0 = nCn =1、nC1 =n ) ・・定義A
と定義されるということは
右辺式の、n-1Cr-1 と n-1Crを求めるのに定義Aを用なければならないという事です。
そのため、n-1Cr-1 と n-1Crを求める右辺式にもxCyがでてきます。
これが、r=0でnC...続きを読む

Q耳コピペの意味

素朴な疑問といえば、素朴な疑問なんですが、
決して興味本位などではなく、訳あって個人的に重要な質問であったりもします。

だから、本気の質問なんですが、

今、音楽で「耳コピペ」というものがありますよね。
これをする意味が分からない。
なぜ、そんなことをする人が、この世にいるのでしょう?

(否定ではなく疑問です)

何かよっぽど特別な作業をする人ならともかく、それを音作りに取り入れてる人が非常に多い。
だって、音楽ファイルを音符などに起こすことなんて、
今の技術なら簡単にできるでしょ?

なぜわざわざ、自分の耳で、取り入れる必要があるのでしょう?

私は、音作りには精通してないので、
これは推測なんですが、
ひょっとして「耳コピペ」という言葉の意味が、従来の意味と違っているんじゃないでしょうか?
つまり、「言葉のあや」。違うかな

Aベストアンサー

音楽ファイルを楽譜化するソフト、以前に試したことがありますが、楽器一つの演奏ならともかく、いろんな楽器を使った曲だと何もかもがごっちゃになって譜面化されてしまい、とてもじゃないけど使い物にならなかったです。
その譜面から自分の欲しいパートを拾うのが大変すぎでした。今はもっといいソフトがあるのかもしれませんが、自分の耳で自分の欲しい楽器の音のみを拾う方がよっぽど簡単だと思います。

それに、楽譜を読むより、耳で聞いた音をそのまま弾く方がストレートでわかりやすいんですよね。
「わざわざ耳コピ」してるのではなくて、一番簡単な方法を取ってるんだと思います。

一度楽譜化してからそれを読む方が「わざわざ」している感じです。

Qm個の数字をn個のグループに分けるとき、

m個の数字をn個のグループに分けるとき、
各グループの和s(i) ,(1<=i<=n) が、指定した比
r(0):r(1): ・・・ :r(n-1):r(n) ( = s(0):s(1): ・・・ :s(n-1):s(n) )
に一番近くなるようなグループ分けを導けるアルゴリズムはありますか。

例えば、{1, 3, 4, 6}を和の比が1:2に一番近くなるように2つのグループに分けると、
{1, 4}, {3, 6}
となります。(もし違ってたら指摘してください)

アルゴリズムでなくても、こうしたら良いんじゃないか、という考えがありましたら
教えてください。
総当たりで調べる場合はどのようにすれば、効率良く調べられるかという点もお願いします。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは宿題ですか?
NP問題?
ナップサック問題?
たぶん、これを簡単に解けるようなアルゴリズムを作れたら、世界的に有名になれるほどの問題です。(一部のマニアックな人たちの間だけですが・・・)

完全な正解ではなく、近似でよいのであれば、できるかもしれませんが。

総当たりで行う場合の効率よくやるやり方はわかりません。地道に総当たりするしかないと思います。(NP問題の反例は私には見つけられません。)

効率というのが数学的な効率ではなく、コンピュータ上の効率という意味であれば、いろいろとあると思いますが。メモリの配列の使い方とか。

Q2ちゃんねるの意味が分からないコピペ

2ちゃんねるのコピペで

---------------------------------------

33 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[]
503と404はどう違うん


35 名前:名無したん(;´Д`)ハァハァ[sage]
寝てるか死んでるかくらいの差

---------------------------------------

というやりとりがあったんですが、意味がわかりませんでした。
どなたか解説お願いします。

Aベストアンサー

サーバのエラーコードを指してます。

503:サービスが一時停止している状態
404:ファイルが存在しない

Q組み込みアカデミー LEDを1個点灯のはずが2個点灯してしまいます

組み込みアカデミー第1回 LEDを1個点灯のはずが2個点灯してしまいます。
対象は付録の「NE-R8C/25」です。動作確認プログラムのslos.hwsを実行するとLED1と2が交互・同時点灯を繰り返し、正常に動作しています。
ところが以下のプログラムをC:\WorkSpace\step01\step01\step01.a30として実行してもLEDが2個点灯してしまいます。
プログラム中 LED1点灯のところがMOV.B #11111110b,p2でもLED1と2同時に点灯してしまいます。
指定されたsfr_r825.incファイルはc:\WorkSpase\STEP01\STEP01以下にコピーしています。

.INCLUDE sfr_r825.inc ;SFR定義ファイルのインクルード
.SECTION PROGRAM,CODE ;コードセクション
.ORG 0009000h
Start:
MOV.B #11111111b,pd2 ;入出力ポートP2を出力ポートに設定
BCLR p2_0      ;LED1点灯 
BSET p2_1      ;LED2消灯
Loop:
JMP Loop
.SECTION FIXVECTOR,ROMDATA
.ORG 0FFFCh
Reset:
.LWORD Start|0FF000000h
.END

組み込みアカデミー第1回 LEDを1個点灯のはずが2個点灯してしまいます。
対象は付録の「NE-R8C/25」です。動作確認プログラムのslos.hwsを実行するとLED1と2が交互・同時点灯を繰り返し、正常に動作しています。
ところが以下のプログラムをC:\WorkSpace\step01\step01\step01.a30として実行してもLEDが2個点灯してしまいます。
プログラム中 LED1点灯のところがMOV.B #11111110b,p2でもLED1と2同時に点灯してしまいます。
指定されたsfr_r825.incファイルはc:\WorkSpase\STEP01\STEP01以下にコピーしていま...続きを読む

Aベストアンサー

 ポートの設定を全て入力にしてみましょう。
 LEDが消灯しなければ、このプログラム自体が走っていないと判断できます。
 モニタか何か他のプログラムで出力に設定したのであり、あなたのプログラムで出力にしたのではないと判断出来る訳です。

>MOV.B #11111111b,pd2 ;入出力ポートP2を出力ポートに設定

Q男の浮気は許せて女の~のコピペの意味がわかりません

↓このコピペの意味がわかりません

男の浮気は許せて女の浮気は許せないを女に納得させる言葉

「お前の父親が浮気した時と
お前の母親が浮気した時と
お前の受ける
衝撃は同じか?」


↑日本語が理解できません。(私は日本人です)
これは、
“あなたは、「お父さんが浮気していた」のと、「お母さんが浮気していた」、どちらが衝撃的ですか?”
という意味であっていますか?

もしその意味だとしても、何故それで女の浮気は許せないになるのかわかりません。
本当に謎です。よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

自己正当化するための言い方ですね。

むか~し、むかし、男尊女卑という言葉があったとさ。

ということで、まだまだ男尊女卑の流れがどっか残っているのでしょう。その方の考えに中には。

女性は淑女でなければならない、男が外に妾をつくるのは甲斐性だ。と明治時代は言われていましたからね。ですから女性は浮気はタブーとされてきたんですね。男はなんせ甲斐性ですから。江戸時代は「間男と重ねて二つ」といって両方切り殺しても罪ならなかったんですね。

>“あなたは、「お父さんが浮気していた」のと、「お母さんが浮気していた」、どちらが衝撃的ですか?”
>という意味であっていますか?
その通りの意味です。理解あってますよ。これは、どっかに上記の考えが入っているとお思いになりませんか?

今の女性なら衝撃度は同じでしょうけど。古い考えの方の感性は上記のようなもんでしょう。多少差異はあるとは思いますが。私的には男女は関係ないと思うのですがね。

Qリスト型ポインタを作成したのですが20個用意したのに19個しか表示されません(T_T)コンパイラの故

障でしょうか?

#include <iostream>
#include <ctime>

#define KIRAI 20

using namespace std;

class className
{
public:
className* mae;
className* ushiro;
int dedede;
className( int z);
};

className::className(int z)
{
dedede = z;
}

className *hajime, *owari, *buf;

int main( void )
{
hajime = owari = buf = NULL;

for( int i = 0; i < KIRAI; i++ )
{
buf = new className( i );
if( owari == NULL )
{
hajime = owari = buf;
buf->mae = NULL;
}
else
{
buf->mae = owari;
owari->ushiro = buf;
owari = buf;
owari->ushiro = NULL;
}
}

for( className* c = hajime; c->ushiro != NULL; c = c->ushiro)
cout << c->dedede << endl;

return 0;
}

障でしょうか?

#include <iostream>
#include <ctime>

#define KIRAI 20

using namespace std;

class className
{
public:
className* mae;
className* ushiro;
int dedede;
className( int z);
};

className::className(int z)
{
dedede = z;
}

className *hajime, *owari, *buf;

int main( void )
{
hajime = owari = buf = NULL;

for( int i = 0; i < KIRAI; i++ )
{
buf = new className( i );
if( owari == NULL ...続きを読む

Aベストアンサー

c->ushiro != NULLが終了条件なので、最後の要素(c->ushiro == NULL)の時、forの中に入ってないんじゃない?

Q2ch 意味はわかると怖いコピペ

2chの「意味がわかると怖いコピペ」
というまとめサイト(?)で見つけたコピペがあるのですが、これの意味がわからないので怖くありません;;
意味がわかる方、知ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

以下コピペ文章

この人、もともとすごく鮮明に夢の内容を覚えてたらしくて、28歳から30歳までの2年間は寝言も録音してたそうな。 
そんで、夢の記録は30歳になるまでずっと見ないようにしていた。 

そして、30歳になったある日、ついに夢の記録を見たんだけど・・・。 
そこに書いてあった記憶が、夢の記憶なのか、それとも現実のあった 出来事の日記なのかの区別がつかない。たしかに、現実には有り得ない 
ような夢物語(空を飛んだり、怪物に追いかけられたり)もあるんだけど、 
それが「夢」だと自覚することができない。 
彼は記録を読み進める・・・。27歳・・・28歳・・・29歳・・・。 

30歳に近づくにつれて、その「夢」の記録は、鮮明に覚えている「想い出」と 
しか思えなくなる。そして最後の記録・・・。 
そこには「昨日見たテレビがおもしろかった」とあった。 
彼は考える。たしかに昨日、TVを見た。「この記録はなんだ? 日記ではないのか?」 
彼は記録を読み進める。そこには、こうあった。 
「明日になれば現実に戻れる。この夢の世界から逃げ出せる」 


彼は驚愕した。自分は現実において、夢の記録をつけていたのではなく、 
夢の中で、現実の記録をつけていたのではないか!? では、いま、この記録を見ている自分は、 
夢の中の存在なのか!? 
彼は思い出した。「そうだ、録音したテープがある」 

2chの「意味がわかると怖いコピペ」
というまとめサイト(?)で見つけたコピペがあるのですが、これの意味がわからないので怖くありません;;
意味がわかる方、知ってらっしゃる方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか

よろしくお願いいたしますm(_ _)m

以下コピペ文章

この人、もともとすごく鮮明に夢の内容を覚えてたらしくて、28歳から30歳までの2年間は寝言も録音してたそうな。 
そんで、夢の記録は30歳になるまでずっと見ないようにしていた。 

そして、30歳になったある日、ついに夢の記...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、怖さがよくわかりません。
気になったので検索してみましたら、この文章の続きらしきものが出てきました。
もともと2つ連続のレスで、質問文にあげられたのが前半、以下に引用するのが後半です。
前半だけで結末が想像できたら恐怖がこみあげる、というものなのでしょうか…。

*******引用ここから*******

2年前のテープを聞く。そこには家族と楽しく会話をしている、彼の姿があった。
「これが、寝言のはずが、ない」・・・彼はテープを早送りし、気になったところで止めて、
再生する。「覚えている、父とのこの会話・・・一体なにが現実でなにが夢なんだ!」
彼は最後のテープの、最後に録音した箇所を再生する。

「・・・・・・いま、このテープを聞いている私へ・・・・
 今日でこの記録も最後だ。私の寝言はうまく撮れているだろうか・・・
 記録のほうも鮮明に残っているだろうか・・・
 これから眠りにつく。目覚めたとき、私は15年ぶんの夢の記録を
 読みふけることだろう・・・とても楽しみだ・・・・・・・・
 そうだ、実はひとつ気付いたことがある。最近、というか昔からだが、
 私はなぜこんなにも鮮明に夢の内容を覚えているのだろうか?
 私は考えた。もしかしたら、この現実はすべて私の空想の世界で、私は
 その日の出来事をすべて夢だと思い込み、ただただ日記をつけ続けていたのではないか・・・
 今日で記録をつけるのも最後だと思うと、ふと、そんな風に思ってしまう・・・
 では、寝るとしよう。おやすみ、明日の私よ・・・・」
その日(彼がテープを最後まで聞いた日)の午後、夕食の時間なっても

現われない息子を不信に思い、父が部屋へ入ると彼は首を吊って死んでいた。
暖炉には大量の日記の燃えカス(燃え残りの鑑定結果、"それ"はタダの日記だったらしい)
があり、机の上には叩き壊されたテープレコーダーと、テープが引き千切られた
カセットテープの山、そして彼の遺作となった一冊の小説があった。
この小説の内容こそが、↑に書いた内容をさらに1日1日詳しく書いたもので、

出版はされなかったが、いまでも警察署に保管されているらしい。
自殺と断定されたので、この小説はいつでも家族の元へ引き取れるらしいのだが、
この話しを聞きつけた出版社の編集者たちがしつこくて、家族は警察署に保管
させたままにしているらしい。

*******引用ここまで*******

「夢を記録するのは精神衛生上よくない」という流れの中で出た話のようです。
参考になれば幸いです。

うーん、怖さがよくわかりません。
気になったので検索してみましたら、この文章の続きらしきものが出てきました。
もともと2つ連続のレスで、質問文にあげられたのが前半、以下に引用するのが後半です。
前半だけで結末が想像できたら恐怖がこみあげる、というものなのでしょうか…。

*******引用ここから*******

2年前のテープを聞く。そこには家族と楽しく会話をしている、彼の姿があった。
「これが、寝言のはずが、ない」・・・彼はテープを早送りし、気になったところで止めて、
再生する。「覚えている、...続きを読む

Qfprintfで微小な数値を書き込む場合??

fprintf( fp, "%10.20f, %2.20f, %2.20f\n", b,c,d);
としてb,c,dの値を書きこもうとしました。


しかし、c,dの値が小さくて0になってしまいました。
どのように改善すればいいのですか?分かる方がいたら教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

ちなみにc,dの値は0.000000023などです。

Aベストアンサー

ご質問がすべて正しいとすると、コンパイラや実行環境が
そういう仕様なのでは?
OSやコンパイラには何をお使いでしょうか?

ちなみに手元のCentos5.5+gcc4.1.2では正常に動作するようです。

[localhost tmp]$ cat test.c
#include <stdio.h>
int main(int argc, const char *argv[])
{
float b,c,d;
FILE *fp = fopen("output.txt", "w");
b = c = d = 0.000000023f;
fprintf(fp, "%10.20f, %2.20f, %2.20f\n", b,c,d);
fclose(fp);
}
[localhost tmp]$ ./test
[localhost tmp]$ cat output.txt
0.00000002300000012667, 0.00000002300000012667, 0.00000002300000012667


人気Q&Aランキング

おすすめ情報