メーカーで新築を予定しているのですが、あるメーカーの方から、リビングの吹き抜けとリビングの階段を提案していただきました。
別のメーカーの方にその事を話してみると、音が気になるからあまり勧められませんとの事でした。
実際のところ、住み心地はどんなものなのでしょうか?
今はマンションに住んでいるのですが、吹き抜けは気持ちがいいのでしょうか?それとも、頭の上がスカスカして落ち着かないのでしょうか?
高気密、高断熱の工法なので、温度に関しては問題ないと言われましたが、どこまで信じてもいいものなのでしょうか?
教えてください。

A 回答 (3件)

建築の専門家ではありませんが、子供の頃吹き抜けのあるリビングが大好きだった者としては、『吹き抜け』断然お薦めしたいです。



吹き抜けのよさは何より開放感。子供時代を思い出すとき、いつも真っ先に目に浮かぶのは、天井が高くゆったりしたあの空間です。
音が気になる、というのは確かにあるかもしれません。でもそれが親子のコミュニケーションに一役買っていたのです。我が家は吹き抜けに接していたのが子供部屋だったので、「ご飯よ~」「は~い」がいつもこだましていました。何かの本で、「家族の気配をなんとなく感じながらの生活は、円滑な親子関係作りに大変効果的」とありましたが、まさにその通りでしたね。
それから、天井が高いと暖かさが上部に上ってしまうということはありましたが、今は設備や工法で改善できるのではないかと思います。

ご参考になればよろいのですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

子供の視点からの回答をいただいて、やっぱり吹き抜けにしよう!!と思いました。
我が家にもチビッコがいます(まだおしゃべりをしませんが)。子供が大きくなって「おうちが好き」と言ってくれるような家造りをしたいと思いました。

お礼日時:2001/11/30 14:18

まず「高気密、高断熱の工法なので、温度に関しては問題ないと」ですが、これに関しては鵜呑みにしないほうが良いでしょう。


高気密高断熱なら吹き抜けの温度分布問題が解決できると思ったら大間違いです。
温度分布問題の解消には、空気の流れが一番重要です。高気密高断熱の家でも、暖められた空気が上昇する現象が起こらないとは科学的にも考えられません。
恐らく温度分布に差がないことをPRしようとしているのでしょうが、吹き抜けの温度問題を解消する手立ては、温度分布を利用することにあります。発想が逆転していますね。
部屋の配置や暖房器具の選択・配置のほうが重要な要素となります。

次に、住み心地ですが、これに関しては人の好みの問題ですのでコメントが難しい。
私は個人的には吹き抜けを有効的に利用することは、歓迎されるべきだと思います。
ただし、リビングの吹き抜けは、ご自身が頭上に人の気配が感じられることを好ましく思うかどうかが問題です。
暖房の効率的に見れば、吹き抜けは好ましくありません。
先ほど言ったように、暖められた空気は上昇するので、天井は低いほうが暖房効率があがります。
マンションにお住まいということなら、リビングに寝転んで天井を見てください。
天井が吹き抜けていて、自分の頭の上から家族の顔が見えて、気持ちが良いか、悪いか。
何度もシミュレーションしてください。
気持ちが良いと感じたならば、次は暖房にかかるエネルギー経費(光熱費)の上昇分を許容できるか考えます。
光熱費にうるさい方ならばお薦めできません。
光熱費など気にせず、吹き抜けの開放感を選択される方ならば、多少?のエネルギーロスを承知の上で暖房器具を選択することにより、快適な吹き抜け空間を得られるでしょう。

音の問題に関しては、吹き抜けにした場合。
住宅全体を一つのワンルームとして開放した場合と、多くの部屋に細かく仕切った場合の中間程度と考えてください。

最後に、
>どこまで信じてもいいものなのでしょうか
ウソをつかない方、疑わしいことは理屈をやさしく説明してくれる方ならば、信用して下さい。
私の説明は、信用に値しますか?
信用できると思ったら、私の過去の回答の中から、住宅建築に臨む考え方を参考にしてください。
脳裏から「メーカー」という言葉が消えるかもしれませんので・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろんな視点からのご回答、ありがとうございます。

子供が小さいので、家族の気配を感じられる吹き抜けを採用しようと思います。

そうですね、高気密、高断熱とはいえ、体積が大きければ熱効率はいいはずがないですね。シーリングファンなどで対応しようと思います。

メーカーについては、ずいぶんと考えたのですが、地元の工務店をどうしても信用することができなかったので、こちらに決めました。実家の仕事柄、いくつかの工務店に仕事をして貰ったのですが、どちらも自分たちの家を任せようとは思えなかったのです。

お礼日時:2001/11/30 14:10

おはようございます。


以前私も吹き抜けの家を新築住んでおりました。
>音が気になるからあまり勧められません
とありますが、なんの音のことでしょうか?
2階にいるときの居間の音?居間にいるときの2階の音?
確かに吹き抜けではない家と比べるとそれぞれの音は伝わりやすいかと思いますが、私が住んでいたときは気にしたことはありませんでしたけど。
ただ、その家庭環境によりますが趣味の一環として大音響で音楽鑑賞をするとか、今はやりの家庭ビデオシアターみたいなアンプとスピーカを使用して映画鑑賞をするとか子ども達が大勢いて友達も多く集まるような場合だと、やはり違う部屋にいる人にとっては音が気にはなるでしょう。
>実際のところ、住み心地はどんなものなのでしょうか?
私は頭上が広がっていて開放感が合って気に入っていましたけど、もし今度また新築するならやはり吹き抜けにすると思います。
上下のコンタクトも取りやすいですし。
notti703さんも実際に展示場、モデルルームなどに行って自分の目で見て確かめた方が良いかと思います。
両方の物件を見て自分達がどちらがいいのか納得いくまで見て回った方がいいと思いますよ。これからもしかしたら一生付き合っていく家なのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

音のことですが、あとで何の音のことを言っているのか聞いてみたところ、2階のトイレの音のことだったそうで、間取りさえ気をつければ解決できそうです。
生活音についてはメリットと考えることにします。(子育て中なので)

吹き抜けを採用しようと思っているのですが、メーカーの人に吹き抜けのモデルルームがあるか聞いてみようと思います。

ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/30 14:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q吹き抜けのブラインド

現在新築中です。
吹き抜けの大きな窓にブラインドをかける予定です。
心配なのが、手が簡単に届くところではないので、掃除をどのようにしたらよいものかということです。

皆さんが吹き抜けのブラインドをどのように掃除されているのか知りたく質問しました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

吹き抜けの広さにもよりますが、幅が2m以下のようでしたら、掃除の際に室内側の手すりと窓枠の間に足場板を渡すというのはどうですか?
拙宅は階段室の窓のメンテ用に、室内側の手すりを横方向の隙間のある板張りにしてもらい、その隙間と窓枠の下側の高さを合わせました。
DIYでFIX窓にロールカーテンを取り付ける際に足場板を渡して作業しました。
ただし、危ない橋ですので、梁とかの、掴まったり、安全ベルトをセットできる工夫が必要でしょう。
危険な提案をしたようでしたら、ごめんなさい。

Q高気密高断熱でリビング階段ありの家の寒さ対策は?

1月の電気代請求書が届きびっくり!約1万8千円とこれまでより大幅にアップ。
日中から夜間10時や12時まで暖房をつけたりしていることが一番の原因かと思っています。

質問(1)
現在リビング階段がある家に住んでいます。暖房をつけていても2階に温かい空気が行っているようで、1階の床付近が寒いです。何か良い方法はないでしょうか?リビング階段がある家にお住まいの方はどうされていますか?洋服を着込むことが電気代節約にもなって良いかと思いますが・・・冷え性なのでいっぱい着込むと着ぶくれして動きづらいのです。


質問(2)
リビングは16畳あり、エアコンは16~24畳まで対応するものを設置しました。空気は暖まり、動いている分にはそれほど寒くはないのですが、床座りしていると寒くなってきます。設定温度24度~27度くらいで使用しています。床はフローリングです。サーキュレーターでもつけて、空気を循環させると床付近も温かくなるかもと思うのですが・・・高気密高断熱の家なので温かさが持続すると思っていたのですが、こんなものでしょうか?24時間の換気をしているので、温かさは逃げていくので仕方ないものなのでしょうか?

どなたかアドバイスやご意見をお願い致します。

1月の電気代請求書が届きびっくり!約1万8千円とこれまでより大幅にアップ。
日中から夜間10時や12時まで暖房をつけたりしていることが一番の原因かと思っています。

質問(1)
現在リビング階段がある家に住んでいます。暖房をつけていても2階に温かい空気が行っているようで、1階の床付近が寒いです。何か良い方法はないでしょうか?リビング階段がある家にお住まいの方はどうされていますか?洋服を着込むことが電気代節約にもなって良いかと思いますが・・・冷え性なのでいっぱい着込むと着ぶくれして...続きを読む

Aベストアンサー

1)リビング階段に建具、カーテン、アコデオンカーテンなどで空気を遮断する事、カーテンなどの場合は天井と床部も空気の流通を遮断できる長さにする

2)24時間の換気は室内で灯油、練炭、ガス、などの燃焼が無ければ、又 多人数が集まらなければ必要はなしと思います、24時間換気を止められませんか

3)床座の場合はエアコンの暖房温度を20℃程度に下げ、ホットカーペット若しくは電気座布団を使えば如何ですか、座布団は小さく電気の使用を抑制できます。

4)エアコンは1000W程度の電気を食いますが、温度を下げこれを半減し、電気座布団50W程度を使えば電気代の抑制が出来ると思う

5)貴方の家庭は分かりませんが暖房を使わなければ一般家庭では電気代は5000円程度とすると1万3000円分は暖房の電気で1日当たり400円、1日15時間使うと1時間当たり27円であり、1200W程度の暖房に相当します。

色々工夫で頑張ってください、熱を逃がさない、全体暖房(エアコン)よりも局所暖房(座布団)で

Q吹き抜け空間の窓まわり

新築中の者です。2階のリビングダイニングが吹き抜けになっており、掃き出し窓と高窓があります。すっきりと高さを強調できるようなイメージにしたいのですが、吹き抜けのあるお家を建てられた方は、何を使っていますか?いまバーチカルブラインドを検討していますが、この善し悪しについてもご意見伺いたいです。

Aベストアンサー

返答が遅れ申し訳ありませんでした。
 
 私が見学した処は、ショールームというより、少し大きめの近所のカーテン屋さんみたいな何処にでもある(庶民的な)所です。大体は、そういう所で、輸入物や、国内有名メーカーのブラインドやサンプルを見れると思いますよ。

 ここで、バーチカルのデメリットを、私なりにあえて書くと、バーチカルブラインドは、カーテンと同様、全開にしたくても、引き込み部分(溜り?)がある事ではないでしょうか?
 例えば、吹き抜けを生かして、昼間は、全開にしたい場合など、スッキリ収納できません。こういう場合は、ロールカーテンや、横型ブラインドにして、昼間は閉まってしまう手もあります。
 ちなみに、我が家は、南側全面を「吹きぬけ、クリアガラス張り」にしたので、暑さや、近所の視線が調節できるという点や、縦のデザインを考慮してバーチカルにしました。

 このように、吹き抜けの使い方や、窓の向き(方位)、また、使うガラスが、「すりガラス」か「クリアガラス」かによっても、カーテン選びは、一様ではないように思います。

参考になれば、嬉しいです。
それでは、お互い良い家を期待しましょう。

返答が遅れ申し訳ありませんでした。
 
 私が見学した処は、ショールームというより、少し大きめの近所のカーテン屋さんみたいな何処にでもある(庶民的な)所です。大体は、そういう所で、輸入物や、国内有名メーカーのブラインドやサンプルを見れると思いますよ。

 ここで、バーチカルのデメリットを、私なりにあえて書くと、バーチカルブラインドは、カーテンと同様、全開にしたくても、引き込み部分(溜り?)がある事ではないでしょうか?
 例えば、吹き抜けを生かして、昼間は、全開にしたい場合な...続きを読む

Q高気密高断熱 輸入住宅は暖かい?

高気密高断熱のふれこみの輸入住宅をハウスメーカーで
建てました。沖縄本島に住んでます。
輸入住宅は冬も暖かいといわれてますがひと冬を越してみて
本当にこんなものかと気落ちしています。
というのもここ沖縄もさすがに冬には寒い日があり
外の温度は12.3度位なものでしょうか。
その12.3度の時、特に暖房器具はつけていいなくて
室温は17度程です。
ムクの床材で暖かいと聞いていましたがヒンヒン冷たく
スリッパは欠かせません。
本題にもどりますが、本土の方々で輸入住宅にお住まいで
冬も暖かいと感じている方々は外気が何度で室温が
何度位の時そう感じるのでしょうか?
室内温度がどれくらいの時、暖房器具をつけ部屋の温度を
何度くらいに保っているのでしょうか?
ちなみに断熱材は発砲ウレタン、窓は全てペアガラスの
ローイー仕様、吹き抜けと大窓が3カ所あります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

質問です。床の断熱はどのような工法でしょうか。
基礎断熱だとしたら考えられることがあります。床下の気温(室温?)が室内よりも低くなっている可能性があります。床下の温度が低いから床材の温度も低くなり寒さを感じるのだと思います。一度調べてみてはいかがですか。
ただし、解決方法は良く分かりません。敢えていうなら「床下暖房」でしょうか。
ところで、12℃とは温かいのですね。南関東の最近の気温よりも高いです。
本当に高気密・高断熱が必要だったんですか?

Qリビング吹き抜けの窓について

建築確認申請がおりて、5月着工のものです。

間取りで、南面(やや西に振っています)に
5畳ほどの吹き抜けがあります。
そこにFIXの三連の窓をつけましたが、
その窓は、すりガラスの予定です。
間取りを考える際に、透明にするか、すりガラスにするか
とても迷ったのですが、汚れが気になるかなぁと思い、
すりガラスでお願いしました。
その吹き抜けの3連窓には、バーチカルブラインドを
つけることにしました。
何もつけないなら、すりガラスでいいけども、バーチカルブラインドをつけることにしたので、透明にして、空が見えた方が
開放感があるかな・・と思うようになりました。
ちなみに、南面には隣家などもなく、見られるような心配もありません。
窓ガラスは、Low-eガラスです。
吹き抜けにした方、透明で良かった。すりガラスの方は、
それで良かったという話を聞きたく、質問しました。
参考にさせてください。

Aベストアンサー

私の家もリビング吹き抜けがあり、吹き抜け上部窓にはにバーチカルブラインドを付けています。方位もほぼ同じです。
当然、透明ガラスです。
冬場はリビングに日差しがまぶしいくらい入ってきますし、見上げると青空が見えて最高です。
視線と日差しは、ブラインドで調整できますので、透明ガラスをお奨めします。

Q高気密・高断熱・24時間換気の家が体に及ぼす物

こんにちは

今、マイホームを検討しています
皆さんは高気密・高断熱・24時間換気の家って知っていますか。
今、住宅メーカーと呼ばれる会社はほとんどこれを前面に押し立てて営業しています。
聞くところによると、国の省エネルギー政策の一環で始めた様なのですが、将来的に見て人体に及ぼす影響は
いかがな物でしょうか。
常に管理された環境の中で暑さ・寒さを感じる事が少なくなってしまう生活環境が
果たして日本の将来にとって良いことなのでしょうか。
確かに省エネは重要な課題ですし、高気密・高断熱が家庭の中で出来る有効な方法であることも確かなようです。
住宅メーカーにとって強度的な耐震構造は今では常識、他に付加価値を付けるとした時に、高気密・高断熱はとてもいい話なのです、 とにかくパーツが高い。
つまりお家も高くなるのです。  ちなみに私は建築関係ではありません。

私は、高価で高機能な住宅に住む事により何か目に見えない、人間にとって大事な物が失われていく気がしてなりません。 もし住宅にそれら高気密・高断熱が必要なのであれば、昔の家はそれらを少しは考えて作っていた筈ですよね。

皆さんはどう思われますか。

こんにちは

今、マイホームを検討しています
皆さんは高気密・高断熱・24時間換気の家って知っていますか。
今、住宅メーカーと呼ばれる会社はほとんどこれを前面に押し立てて営業しています。
聞くところによると、国の省エネルギー政策の一環で始めた様なのですが、将来的に見て人体に及ぼす影響は
いかがな物でしょうか。
常に管理された環境の中で暑さ・寒さを感じる事が少なくなってしまう生活環境が
果たして日本の将来にとって良いことなのでしょうか。
確かに省エネは重要な課題ですし、高気...続きを読む

Aベストアンサー

現在各住宅メーカー、FC住宅では高気密を歌い、販売しています、確かに高気密、高断熱はよいところも、沢山有ります、この事で大切な事は、現在住宅建材、住宅設備材
に、多くの公害剤が含まれています、ノンホルマリンとは
言ってますが、止むを無い事も有ります、そのため大切な事は、換気です24時間換気という事は、換気がされない場合、死亡という事もあります、それだけ密度が高くなれば
生命えの危険も有ります、密度測定が1とか3とか、言いますが、今は普通住宅でもベアガラスと断熱材の勉強会も
行われ、普通一般価格で各工務店は施工してくれます、ただ注文のさい、その事を話されたら良いはずです、コスト
も、少し高くなるだけです、地域にも違いがありますので
営業マンの言葉だけでなく、いろいろ調べてください

Q南東の吹き抜け窓にカーテンは必要?

新築にあたり、こちらでたびたびお世話になっています。

今回は、吹き抜け窓について質問させてください。

土地は北道路で、南側に東から西へLDKと続きます。
土地の奥行きが19mあるのですが、
それでも真冬の採光は厳しいため、リビングのある南東に吹き抜けを作り、
吹き抜け部分に大きめの窓を設置する予定です。

西日はかなり強いので、吹き抜けが南西であれば
カーテンやブラインドのようなものが必要なのかな?と思うのですが、
南東の場合はどうでしょうか?

ご助言いただけましたら幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

目隠しが不要であれば、お掃除が大変な窓ならカタガラスを選び
私なら東側ならばカーテンはつるしません。
東の光はまだ熱も少なく、むしろ自然に浴びることは交感神経、副交感神経を刺激して健康的です。
実際、実家は北道路ですが南東の出窓のカーテンは外出以外しめたことがありません。

しかし、南東吹き抜けということでその先にひさしが少ないようでしたらスクリーンをお勧めします。
夏は高度が高いのでひさしがあれば暑さが入ってこないことも考えられますが、ひさしが無い場合は直射が厳しくなることも想定しなければなりません。しかし、お手入れが大変なので選択の手間が無いロールスクリーンを長いコードをつけるなどしてお手軽に開閉するのがよいでしょう。

Q高気密高断熱+24時間換気、省エネ?

戸建ての家は冬場とても寒いですが、マンションは暖かいですよね。

ですから、マイホームを建てるにあたって、高気密高断熱の家を検討していました。

高気密高断熱だと、24時間換気が必要だそうで。

24時間換気・・。何となく、省エネではないイメージ。

でも、夏場や冬場の光熱費を考えると、トータル的には省エネなんでしょうか。

アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

法的には、高気密高断熱に限らず、24時間換気装置は必須です。
また、健康的な環境の維持の点で、実際にも安定した換気を確保する必要があります。
決して、換気装置を止めてはいけません。

換気の必要性は、ホルムアルデヒドなど建材や電気製品などから発生する有害物質だけでなく、人間も二酸化炭素などを吐いています。
人間1人当たり1時間に30m3の新鮮空気が必要です。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/onhome/note/kanki.html

標準的な家の大きさの場合、これがほぼ0.5回/時間の換気回数でもありますが、これを隙間で得るためには、昔の寺や神社並みの隙間だらけの造りでなければ実現出来ないでしょう。
ところが、これだけの隙間を持っていると、内外温度差、風の大きさが大きくなると、とてつもない換気回数になってしまいます。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/onhome/note/kanki_plan.html
つまり、冬は、いくら暖房を入れても、無茶苦茶、隙間風を感じる寒い家ということになるわけです。暖房エネルギーをザルから捨てていると同じです。

これら風の影響を受けない、また、換気ルートのショートカットを生じない安定した換気風量を得るためには、高気密が必須ということになります。
どれくらいの高気密が必要かというと、相当隙間面積C値が1.0cm2/m2以下が必要なのです。
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/57
東京の次世代省エネ基準は、5cm2/m2なので、その1/5以下の隙間で要求がされます。

気密化の必要性は、他にもあります。
壁体内結露の防止です。
http://www.advancedhome.jp/mistake%20airtight.html
http://blog.smatch.jp/dannetu/archive/6
壁に水蒸気が入り込むと、壁の中で結露し、構造躯体を腐らせたりして、著しく建物の寿命を縮めます。
http://www.ads-network.co.jp/kininaru/01-/25.htm
ナミダタケ事件も有名ですね。

換気装置は、第3種と熱交換器のある第1種が多いですが、それぞれ一長一短かと思います。
第3種の場合は、次のような集中ダクト排気タイプをお勧めします。
http://www.livingscandinavia.com/product/kanki.cfm
消費電力が少ない、フィルターのメインテナンスサイクルが長いのが、特徴です。
第1種は熱交換で換気負荷が減る反面、消費電力が大きい、フィルターのメインテナンスサイクルが短いなどの短所もあります。

高気密・高断熱と宣伝してても、本当の高気密・高断熱でない場合が少なくないので注意してください(次世代省エネ基準程度しかないとか)。

東京の場合、具体的な断熱気密性能として、最低限、Q値は1.5W/m2K以下、C値が1.0cm2/m2以下をクリアすることを強くお勧めします。
なお、Q値(熱損失係数)とは計画換気含めた熱損失を延床面積で割った値で、C値(相当隙間面積)は隙間面積を延床面積で割った値です。

また、断熱のウィークポイントである窓の断熱性能(熱貫流率)は、ガラス性能だけでなくフレーム(木製か樹脂製がベター、アルミは非常に熱を伝えやすく結露しやすい)も非常に重要です。

なお、高気密高断熱には、家の冷暖房設備、特に全館暖房設備を合わせて計画するのがベターです(非暖房室を設けると結露の原因ともなります)。

全館の暖房費用は、必要熱量=家の熱損失x温度差x時間 で概算出来ます。
例えば、述床面積120m2でQ値(熱損失係数=熱損失を延床面積で割った値)が1.5W/m2K、C値が十分良い場合(0.5cm2/m2以下)、内外気温差16℃で、1ヶ月に必要な熱量は、およそ次のように求められます。
1.5 x 120 x 16 x 24 x 30 = 2074kWh
よって、電気代が1kWhで¥20だったとすれば、電熱原理の電気暖房機の場合1ヶ月約¥41480となりますが、COP(AFP)が4の電気のヒートポンプ方式を使えば、約\10370で済みます。

家の熱損失は、算数が出来れば誰でも計算出来ます。
http://www.house-support.net/seinou/keisann.htm
http://www.sotodan-souken.com/list/

工法としては、2x4工法をお勧めします。
理由は、在来軸組での気密性能確保は、気流止めが必要だったり、緻密な気密施工能力と経験が必要だからです。
床勝ちいう基本構造から耐震性、耐火性の面でも、詳細な標準施工方法が確立している2x4工法が明らかに勝っています。

参考までに、当方、東京地方で数年前に2x6で建てました(Q値1.2~1.3W/m2K程度、C値0.4cm2/m2)が、述床面積50坪強と広めですが、1月の全館終日22℃暖房(ヒートポンプの全館空調)の電気代は、約1万円(定圧電力契約)です。また、昨年夏の8月は、全館終日冷房27℃(ドライモード)で、¥8000台でした。
断熱仕様ですが、壁:高性能グラスウール16k 140mm、天井:高性能グラスウール16k 240mm、床:押出法ポリスチレン3種 90mmの充填断熱、サッシはLow-Eアルゴンガス入り複層ガラスの木製フレームです。なお、換気装置は、顕熱交換の第1種です。

法的には、高気密高断熱に限らず、24時間換気装置は必須です。
また、健康的な環境の維持の点で、実際にも安定した換気を確保する必要があります。
決して、換気装置を止めてはいけません。

換気の必要性は、ホルムアルデヒドなど建材や電気製品などから発生する有害物質だけでなく、人間も二酸化炭素などを吐いています。
人間1人当たり1時間に30m3の新鮮空気が必要です。
http://www010.upp.so-net.ne.jp/onhome/note/kanki.html

標準的な家の大きさの場合、これがほぼ0.5回/時間の換気回数でもありま...続きを読む

Qブラインド取り付け

現在新築中です。
ブラインドを検討中ですが、自分で購入し取り付けたいと思いますが、取り付けが難しいのか気になります。
ご自分で取り付けられた方のお話を伺えたらと思い質問しました。

また、吹き抜けの窓には自分で取り付けることができそうにないのですが、どこに頼むと取り付けてくれるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

インテリア関連商社の人間です。

難しくはないですよ。
一間窓(182cm)だったら三ヵ所にブラケットと呼ばれる取付金具をビス止めし、そのブラケットへブラインドをはめ込むだけです。

一緒に付いて来る取り扱い説明書には取付方法ものってますし、簡単ですよ。

一応主要メーカーの取付方法のサイトを紹介しておきますね。
通常
http://www.nichi-bei.co.jp/jsp/product/1/pdf/vb003_07.pdf
傾斜(これはちょっと難しいとおもいます。採寸もあるので専門家案件です。カーテン屋さん等へ依頼すればよいですよ。)
http://www.nichi-bei.co.jp/jsp/product/30/pdf/tk023_05.pdf

別メーカー(リンク先の仕様と構造を開いてください。)
http://www.toso.co.jp/products/iblind/index.html

Q高断熱高気密について

高断熱高気密にすると、石油ファンヒーターは使えないんでしょうか
教えてください

Aベストアンサー

石油ファンヒーターは、灯油を室内の酸素を使って燃焼させ、燃焼した後の排気ガス(灯油を燃焼させると、水蒸気と二酸化炭素になります)を室内に放出するようになっています。
ここで高断熱は関係ありませんが、高気密住宅の場合、「建物の隙間がない」ということですから、ファンヒータで減った酸素は入ってきませんし、二酸化炭素は出て行ってくれません。次第に人に必要な酸素も無くなってきます。酸素がなくなれば一酸化炭素が発生し(いわゆる不完全燃焼)危険な状態になります。
ファンヒーターの取り扱い説明書には「換気をしてください」と書いてありますし、酸素濃度が低くなればアラームが鳴るようになっています。したがって気密が良い建物はより頻繁に換気する必要があります。これでは高気密の意味がありませんね。
高気密の建物で燃焼器具を使用する場合は、No.2の方が言っているFF式(ただし強制排気ではなく、強制給排気といいます)を使用してください。
FF式は燃焼空気を外気から強制的に取り入れ、排気も強制的に屋外に排出するものです。
燃焼器具を使わないのであれば、冷暖兼用(ヒートポンプ式)のエアコンという手もあります。(寒冷地では条件がつきますが)

石油ファンヒーターは、灯油を室内の酸素を使って燃焼させ、燃焼した後の排気ガス(灯油を燃焼させると、水蒸気と二酸化炭素になります)を室内に放出するようになっています。
ここで高断熱は関係ありませんが、高気密住宅の場合、「建物の隙間がない」ということですから、ファンヒータで減った酸素は入ってきませんし、二酸化炭素は出て行ってくれません。次第に人に必要な酸素も無くなってきます。酸素がなくなれば一酸化炭素が発生し(いわゆる不完全燃焼)危険な状態になります。
ファンヒーターの取り扱...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報