先日、17000円ほどの灯油ファンヒーターを買いました。従来よりも匂いがしないタイプとの事で購入したのですが、使ってみると目がチカチカします。喉も痛くなります。
今まで使っていたファンヒーターで同様の症状があったので、ファンヒーターの老朽化による燃焼などの不良によるものかと思って買い換えたのですが。。
灯油は買ったばかりのものを使用しているので変質灯油ではないと思います。
説明書にも書いてあるとおり、換気はこまめに数時間に1回程度しています。換気をしろと言うことは、空気が汚れるということだと思うのですがどうなのでしょうか?
空気の汚れに対して目や喉が敏感な体質なものですから、空気のキレイな暖房器具を教えていただければうれしいです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

空気が汚れずに温まる空調ですね。


よく温まるのは「FF式のファンヒーター」でしょうね。燃料は灯油やガスがありますが、後者が一般的です。(FF式は、屋外で燃焼して発生した熱を、屋内に取り込んで暖房する仕組みです。)
暖房で喉や目がチカカチするのは、恐らく空気が乾燥していると思われます。加湿器の購入をお奨めします。
換気については、部屋の大きさと人数にもよりますが、その程度で良いと思います。
他には、エアコンもお奨めです。これは、外気の熱を汲み上げて暖房する仕組みで、別名「ヒートポンプ」と言います。冷媒の流れが冷房の逆になると考えてもらえると理解しやすいです。

まとめると、FF式ファンヒーターかエアコン+加湿器(部屋に合った容量)の組み合わせがベストだと思います。但し、どちらを選んでも、工事が必要になりますので、現状では、加湿器のみの導入が一番でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
僕の部屋は2Fですが、1Fのエアコンは冷暖房対応ですのでよく分かります。
屋外で燃焼するタイプのファンヒーターは空気がきれいそうですね。ただ、2Fの部屋に設置するには少々大変そうです。以前バイトしていた店内では屋外に排気するものがありました。
お金があれば冷暖房+加湿除湿+空気清浄機能つきの万能エアコンが最高の選択かなぁ、なんて思います。20万くらい出てしまいそうですが。。加湿器も検討してみみます。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/21 06:11

まずは、ファンヒーターの件から。


ファンヒーターは、単純に灯油を燃焼させてその熱と排気ガスで暖房する器具です。
匂いがしないのと、排気ガスが出ないことは同じではありません。
これはPRの仕方に大いに問題があります。一般的なファンヒーターである限り、排気ガスは全量室内に放出されています。だから換気が必要なのです。
もう一つ誤解されやすいのが「換気回数」です。
取扱説明書などには一時間に一回程度などとかかれていますが、この意味をほとんどの方が誤解されている。正確には
「一時間に、部屋の容積の量に匹敵する空気の量を換気しなさい」という意味です。
部屋の容積が10畳で30立方メートルくらいです。だから一時間に一回とは、一時間たたり30立方メートルの換気量を確保しなさいということです。
すなわち「常時0.5立方メートルの換気を必要とします」と言う意味でもあります。
換気量の計算はファンヒーターの燃料消費量によって異なりますので、ここであげた数字はあくまでも例です。
繰り返しますが、本質的な換気とは一時間に何回か窓を開けて換気しなさいという意味ではありません。
そのような表現がされている場合は、常時換気ができなくても最低でもそれくらいしないと健康に影響が出るという意味だと思ってください。

以上のような理由から「空気の汚れに対して目や喉が敏感な体質なものですから」のような方には、他の回答者が勧めているようにFF式のファンヒーターをお薦めします。
「目がチカチカします。喉も痛くなります」は乾燥のせいではなく、排気ガスの影響でしょう。
FF式ファンヒーターとは他の回答にもありますが、多少誤解があるようなのでおさらいしておくと、
・灯油やガスを燃焼させるのは室内
・しかし、燃焼によって生じた排気ガスは、ファンヒーター内の「熱交換器」を通して熱を放出して室外に全量排気される。
・熱交換器の熱を得た送風が室内に放出される。
このため、室内には一切排気ガスが入り込みません。
熱ロスが多少生じますが「消費税」程度です。
部屋や住宅のおかれた環境によって、アドバイスの内容が変わりますので、詳しくは私の過去の回答に、暖房に関するものが多くありますので参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
換気およびFF式についてのご説明よく分かりました。ありがとうございます。
現在クーラーはあるのでFF式を入れれば暖房も揃います。いろいろ検討したいと思います。

お礼日時:2001/11/21 06:33

今、この部屋はFF式の灯油ファンヒーターで暖房しています。



本体価格は普通の物より高くなります。
設置したのは数年前ですが、現在も製造されているはずです。(当家のはH社製です)

工事は屋外への給・排気用のパイプ穴(100mm程度)のみです。

燃焼用空気は屋外から取り込み、燃焼ガスは屋外に排出しますので、屋内は汚染されません。

給・排気用のパイプは吸気用パイプの中を排気用パイプが通っており効率向上及び建物への熱伝導の
心配もありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
シーズンオフになったときの取り外しは簡単ですか?穴はキャップなどでふさぐのでしょうか?
暖房効率とキレイな室内を両立するには良い選択ですね。検討させていただきます。

お礼日時:2001/11/21 06:21

>換気をしろと言うことは、空気が汚れるということだと思うのですがどうなのでしょうか?



燃焼暖房器具は 稼動すれば必ずCO2が発生します。
このCO2は汚染空気として扱われ そういう意味で換気しろ
というのです。(酸欠で死んじゃいますから)
このタイプのものは 発熱量が大きく
経済的にもGooなのですが・・・

空気を汚染させない暖房器具は
やはり電気になってしまいます。
ただ 伝熱タイプのオイルヒーターなどはよほど条件が
いい部屋でないと「寒い!」 の一言で終わってしまいます。

電気を使うもので一番熱の発生量が多いものは
エアコンです。電気ヒータータイプの3倍程度
の発熱量があります。(厳密にはNo3の方の説明によります)
ただ 外気温度に能力が影響される欠点もありますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
排気が室内に蔓延することが分かっていても、価格面から灯油式ファンヒーターを買ってしまいました。
以前、1Fと2Fのエアコンを同時に動作させたらブレーカーが作動してしまったので、使用電力のアップを含めてエアコンタイプも検討したいと思います。

お礼日時:2001/11/21 06:14

こんにちは。


ファンヒータは空気を循環してますから、ほこり
が舞い上がったりして、敏感の方にはつらいと思います。
「デロンギ」のオイルヒータなどいかがでしょうか?
すぐに暖かくなります。しかし、電気代はちょっと
お高いですが…

参考URL:http://www.de-longhi.co.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
オイルヒーターはおしゃれで空気もキレイなのでいいなぁと思っていましたが部屋全体が温まらないそうなので悩んでいました。
基本的には自分の周りや足元が暖かければいいので、オイルヒーターはよいかもしれません。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/21 06:05

 私も同じような体質でして、スモーカー諸氏からは嫌われます。

さて、電気式のオイルヒーターなどいかがでしょう。空気の汚れに関しては全く気になりません。

 それから、排気を屋外に出すタイプのファンヒーターもあったかと思いますが、工事が必要になりますし、使える条件が限定されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
実は僕も喫煙にはとことん弱いです。かなり空気の汚れに関しては敏感です。
オイルヒーター検討してみたいと思います。

お礼日時:2001/11/21 06:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

断熱材のグラスウールは空気より熱伝導率が高いです。

グラスウール λ 0.036-0.052 W/mk
空気 λ 0.02 W/mk

なぜ空気より熱を伝えやすいグラスウールの方が部屋が温くなるのでしょう?

Aベストアンサー

グラスウール自体に保温性が有る訳じゃありません。
グラスウールの中に抱え込まれて、対流できないようにされた空気の層で、保温しているんです。
発泡スチロール(スチロール樹脂を発泡させて閉じ込めた空気)、プチプチシート、ダウンベスト(水鳥の綿毛が抱え込んだ空気)などみな同じ原理です。

Q灯油ファンヒーターに灯油をかけてしまった!

旦那が灯油タンクのふたをきちんと閉めずにセットしようとして、
中に灯油をまいてしまったらしいのです。
スイッチを入れようとしたら煙が少し出たので、2日外に出して乾かしたのですが、
スイッチを入れるとまだ匂いが取れません。
使っているうちに匂いは取れるものでしょうか?
それとも危険でしょうか?
メーカーの方など、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

風通しのよい場所において十分乾かしてから使用してください。火事の恐れがあります。

Q熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率と電気伝導率について

熱伝導率の大きな物質(例えば銅、アルミニウム、鉄、・・・など)は電気伝導率も大きく、
熱伝導率の小さな物質(例えばアスベスト、ガラス、発泡スチロール・・・など)は電気伝導率も小さい。
これは常に成り立つのでしょうか。
またこの熱伝導率と電気伝導率の関係性は物理的に解明されているのでしょうか。
 

Aベストアンサー

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている)、相当量米国から輸入されているはずです(米国の一企業の独占)。次にAlNとかSiCが絶縁材料で熱伝導率が高いため注目されていますが、AlNは熱膨張係数が若干小さいこと、SiCはご存じ半導体でBeOを添加して絶縁性を得ていましたが(開発当時は、日本の世界的発明ともてはやされました)、それでもAlN以上に電気特性が良くないこと、それとやはりBeOが問題となり今はあまり使用されていないはず。最初の方がお答えになったダイヤモンドは熱伝導、絶縁性ともに極めて良好ですが、熱膨張係数があまりに小さすぎ、半導体とのミスマッチがひどく、大型チップへの対応ができないため、その用途は極めて限られてているはずです。

電気伝導と、熱伝導は、物性論の教科書をひもとかれれば、理論的にだいたい説明がつくことが割と簡単にご理解頂けるとおもいます。小生は電気伝導性ない(すなわち絶縁体)、熱伝導のよい材料の開発にむかし従事していました。自分の知るかぎり実用化された材料でのチャンピオンデータはBeOでまさに圧勝でした。熱膨張経緯数もアルミナとほぼ同じことから半導体の熱拡散材料として、他に累を見ない材料でしす。ただ、毒性の問題でその使用が相当規制されており、国産されていないため(製造、加工が禁止されている...続きを読む

Q暖房器具。石油ファンヒーターか電気ファンヒーターか

寒い地域に住んでいます。

石油ファンヒーターが古くなって、消したあとの石油の臭いがひどいです。
新品を買うと幾分は、石油の匂いはしないのでしょうか?
ちなみに、十年くらいは使っています。

電気ファンヒーターにしようかとも思っています。
電気屋さんに聞くと、温かい風が出るだけで、あまり暖かくないと聞きました。

石油も入れる必要ないし、臭くないし、ナノイーやイオンのものであれば、加湿もできるし、いいのではないかな、と思っていました・・・。

皆さん、おすすめの暖房器具はありますか?
逆に、これはあんまり良くないよ、という意見でも良いです。

教えて頂けるとありがたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

電気のファンヒーターは、せいぜい6畳程度の広さが限界なうえに、電気代もバカになりません。
暖まるのにも相当時間がかかります。
だったらエアコンの暖房のほうが、ヒートポンプを使っているために効率よく暖まりますよ。
寒冷地であれば、石油ファンヒーターのほうが圧倒的に早く暖まります。

今時の石油ファンヒーターは、新しいうちはほとんど匂いは出ません。
ただ、古くなってくると、内部にたまったほこりの焦げた匂い、ポット内の汚れによるごく軽微な不完全燃焼で匂いが発生しやすくなります。

Q金属の熱伝導率

金属の熱伝導率を調べております。
黄銅より銅の方が、熱伝導率が高く熱を伝わりやすい事は分っているのでが、逆に冷めるのは熱伝導率が高いと放熱しやすい(冷めやすい)のか教えて下さい。

Aベストアンサー

熱の移動には、伝熱、対流、放射が有ります。
熱伝導率は同じ材質内を熱が伝熱する場合の係数です。
金属から空気に熱が移動する場合は次の通りで、熱伝導率は直接には関与しません。
・放射:NO.1様のご説明によります。
・伝熱:金属と空気間の<熱抵抗>という係数が関与します。
・対流:空気側の対流によって金属と接している空気の温度が下がり、伝熱も増えます。
対流には<熱伝達率>という係数を使います。

Q灯油節約タイプ?のファンヒーター

最近発売のファンヒーターで低燃費?のような灯油節約タイプの製品を知ってる方おりますか?

Aベストアンサー

>ファンヒーターで低燃費?のような灯油節約タイプの製品

原理的に有り得ません
この種の暖房機は、灯油が燃えた熱量=暖房性能、ですから

エアコンの省エネタイプは、外気からエネルギーを取っているので、消費する電力以上のエネルギーを得ることが出来ます

Q熱伝導率 わかりやすく教えてください。

熱伝導率が 高いということはどういうこと、望ましい時はいつ。
熱伝導率が低いということはどういうこと、望ましい時はいつ。

手をあてて、あったかく感じる時は、
熱伝導率が低いということはなのでしょうか?

例をあげて、わかりやすく教えて。

Aベストアンサー

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは、ウールの熱伝導率が低いからだ」と考えているのならこれは中々に微妙です。

もちろん『セーター』の熱伝導率が低いため、人の体温が外気に奪われにくくなるので暖かいという事になります。また『ウール』自体の熱伝導率もそれなりに低いと思います。
ところが、実は『ウール』そのものよりもウールの間に捕らえられた『空気』の熱伝導率が低い事の方がセーターの暖かさの秘密だったりします。
例えば北国でガラス窓を二重にしたりするのは、間に(熱伝導率の低い)空気の層を作る事によって、室内の熱が外へ逃げないようにする工夫だったりします。

そういった事に注意しさえすれば、触ってみた感じから熱伝導率を大雑把に比べる事も出来るだろうと思います。

> ウールなど 触って暖かく感じるということは ウールは熱伝導率が低い 
> ということでいいのでしょうか、

地味に答えにくい質問です。歯切れが悪くて申し訳ありませんが「そういうケースもある」ぐらいでどうでしょうか。

まず「触って暖かく感じるのは、単純にその物の温度が高いから」という事もあるでしょう。同じ熱伝導率の物でも100℃の物と0℃の物なら100℃の物の方が触って暖かく感じます。当り前ですが。

次に、これは質問内容に対するかなりの深読みなのですが「ウールのセーターを着ると暖かいのは...続きを読む

Q灯油ファンヒーターかガスファンヒーターか。。。

今年も灯油が高そうなので、我が家もそろそろガスファンヒーターにしようかと検討中です。
ガスのコンセント(?)みたいなのがなく工事が必要なので、
工事してしまってから「やめておけば良かった!」と後悔したくありません・・・^^;
そこで、灯油とガスと両方使った事のある方や、灯油からガスに変えた方にお聞かせ頂きたいのですが、

1.どちらが使い勝手がいいですか?色々な観点からのご意見をお聞かせ下さい。

2.料金的に、灯油が高くなったと言ってもまだ灯油ファンヒーターの方がお得でしょうか?

Aベストアンサー

石油ファンヒーターからガスファンヒーターに乗り換えて3年目、ガスのメリットは暖かくなるのが圧倒的に早い、いやなにおいがしない、給油の手間がない、安全性が通常時は高い、
デメリットは専用のコンセントがいるので設置できる場所が少ない、限られたメーカーからしか発売されていないので値段が高い、万が一故障やガス漏れがあった場合には死亡、火災、爆発事故になる。長時間使うとガス代高いですね?

結論としてガスにして後悔はないと思いますよ、
コストが高くなるのが気になるのでしたら
温もる速さはダントツなので部屋が温もれば
省エネ運転にするとか、石油ストーブなど併用、
などして工夫してみてはいかがでしょうか?

Q熱伝導率について

現在、熱伝導率について勉強しているのですが、薄膜について考えていたら詰まってしまたため、お教えください。

例えばφ10mm, 長さ10mmの円柱があるとして、その熱伝導率が100W/mKとします。
この円柱側面に熱伝導率が500W/mKの材料を1μmコーティングしたとします。
この時、コーティングされたAの熱伝導率を求めるための理論式に確証が持てません。

私は単純に、熱抵抗R = l /λA(lは長さ、λは熱伝導率、Aは断面積)とおいて、円柱と膜(厚さ1μmの筒)の合成抵抗、1/R合=1/R1+1/R2として考え求めたのですが、この合成した熱抵抗と未処理の円柱の熱抵抗との比をとると限りなく1に近い値となりました。つまり、1μm程度では熱伝導率への影響はないという結果となってしまいました。

しかし実際は薄膜により熱伝導率が向上したというような話をよく聞きます。
おそらく私の考え方(計算方法)が間違っていると思います。

ご指摘いただけると幸いです。以上よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3次元の熱伝導率を計算したことがあります。通常の数値解析では薄膜部分にメッシュを切るのが極めて困難(ほしい情報は薄膜内部と直下の基材部の温度分布)なため(薄膜が基材に比べあまりにも小さいため)相当工夫をしないと計算できませんでした。ただ、少なくとも定常熱伝導の場合は薄膜による温度分布は考慮する必要がないことを確かめています。
ただし、実際にこのような基材を加熱して表面温度を測定すると、被覆の有無でその温度は有意な差がでるということは、わりとよく知られて事実で、よく被覆したことによる熱伝導率変化と間違えられる方が多数いらっしゃいます。
小生は、この現象は、被覆したことによって、表面の輻射率がかわり、周囲との輻射による熱の授受に大きな差が出てくるためと考えております。

熱伝導という現象はマスが重要なため10mmΦにたいし1μというマスではまず影響がでないというご質問者の回答は正しいと思います。

ご提示された熱抵抗による計算がただしいか、コメントできません。というのは熱抵抗云々という概念が、小生の認識する限りでは、ある特定のアプリケーション分野(小生の知るのはは半導体の実装技術分野)の簡易的な手法で、3次元の熱伝導を計算するものと結果が異なるはずです。 たぶん熱抵抗云々は一次元の熱伝導しか考慮していないと思うのですが)。
ただ、10mmΦ×10mmというボリュームに1μの薄膜をコーティングしただけでは、熱伝導率は変わらないという事は間違いありません。実際に薄膜を被覆した場合の3...続きを読む

Q石油ファンヒーター「換気センサーの故障」について

No.429969「シリコーンについて」で質問した者です。

1月に購入したストーブが秋に「換気センサーの故障」で修理したのですが、また同じ症状が出ました。
修理後まだ2ヶ月です。

部屋では、ヘアスプレーは使いません。ワックスも前回の故障以来使わないようにしていました。
例えば、美容院でも「ヘアスプレー」は多量に使用しているのに石油ファンヒーターを使用しているところは多いと思いますが、シリコン付着で頻繁に故障しているんでしょうか?引っ越して間もない部屋だとクリーニングでワックスがかけられているからシリコン付着により故障しやすいとか、たくさんの事例があるのでしょうか。

普通に生活している部屋で、シリコンってそんなに付着するものでしょうか?

たまたまストーブの「あたり」が悪かっただけなら仕方ないかなと納得もできますが、原因が自分の住み方にあるのならまたすぐ壊れるように思えて気になります。

Aベストアンサー

ファンヒーターですが、前回は、どんな修理だったのか知りたい所ですが、
一般的に炎監視装置の炎電流を検知して炎電流が少なくなった場合異常を知らせたり、電気を切断します、この炎監視装置にシリコンが付着すると絶縁物として働くので、
炎電流が少なくなり、換気不良と同じ状態と判断され誤動作するのです。
シリコンは酸素に次いで多い元素です。ヘアスプレー、つやだし剤、抗菌剤、防水剤などに多く含まれています。叉何処にでも存在するものです。

2ヶ月で故障したのであれば、同一故障なので通常無償修理期間内ですし、
修理依頼されたら如何でしょう、部品交換による修理でないと同じ事を繰り返す
かもしれませんね。付着したシリコンの除去はむずかしので、
このような質問でしたら、メーカー、型番を記入された方が、より的確な
回答が出せますので、差し支えなっかたら記入された方が宜しいかと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報