人が選択する図形の中に、その人の心理が反映されていることはあるのですか?
例えば、円あるいは曲線を選択した人の心理状況を予想あるいは、仮定することはできるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 


  人が選択する図形のなかに、人の心理が反映されているかというのは、あると答えられます。ただし、占いではありませんから、この形だから、この心理というような確実なものではありません。また文化や教養や、経験や個人に応じて違ってきます。
 
  わたしが知っているもっとも有名なもので、まず確実だろうと思えるのは、カール・ユングが提唱した「マンダラ」が完全性を象徴するという理論です。ユングがこのことを発見し、確証を得るには色々な経験や観察や研究があり、十年あるいは二十年にわたる研究の後、彼は、マンダラの心理学を公表します。
 
  図形の選択は人間の心理を表すということでは、ユングは、マンダラとまさに関連して、「円」は、人が「統合」を求める時、出会う図形であると言っています。出会うというより、統合を求める心理にある時、何かの形が気になり、もっとも気に入る、あるいは心にうまく受け入れられる図形は「円」になるということです。「統合を求める心理」とは、意識において葛藤や不安があったり、意識と無意識のあいだで葛藤や不安定がある時、この状態を統合して、高いレベルの安定を求める時という意味です。
 
  人が円になにか心の安らぎを感じる、あるいは円に充足を見いだす時、その人の心理は葛藤にあるか、何かの問題に直面して、不安であるということになります。人の魂は「未来志向」的であるとユングは言います。求める統合状態の象徴を見つけるのです。
 
  ユングのこの円が統合の図形であるというのは、UFO現象についてのユングの独特の説明によく現れています。人は何故ある時期からUFOを見るようになったのか。ユングはそれが、冷戦の開始とほぼ時を同じくすることから、欧米の人の心は、分裂感に見舞われ不安を抱いている、統合の象徴を求めるので、空の何かの物体を「円形」に見るのだ、あるいは、「円」の物体の幻影を見るのであり、これがUFOだというのです。
 
  太極図というものがあります、これは二つ巴のような形で、このような図形を望む人は、動的な統合、あるいは対立をまさに心に持ち、その動的な葛藤と統合の姿を、この図形に見るのだとも言えます。巴の模様はしかし、三つになると、統合というより、緊張と終わりない葛藤の状態を示しているとも言えます。
 
  あるいは、三角には△と▽がありますが、どちらがどちらか忘れましたが、象徴としては、これは、「天から地へ」と「地から天へ」を意味します。多分△が「天から地へ」だと思いますが、これは安定した図形です。二つの三角のうちどちらを選ぶかで、心理が或る程度表現されているとも言えます。△は、安定を求めている時でしょうし、▽は、何か冒険を求めているか、心が不安定で乱れている時、この三角に心理投影するのかも知れません。▽は、ビルの新しい窓などに貼ってありますが、あれは、「危険」というような意味で、人に警告するマークなのかも知れません。不安な意識を齎すからです。
 
  図形に意味があることは、図像学などがあることからも分かります。画家が絵を描く時、物象のあいだの力の関係というものを考えます。画家が、安定した心理であるか、そのようなものを求めるとき、絵は安定した絵になります。不安定である時、不安定な絵を求めるでしょう。
 
  また、文化的に、△は、日本人には、三角としか見えませんが。キリスト教、カトリック信徒の場合、神の三位一体の象徴に見えます。大小の三角を多数組み合わせて、マンダラのような模様にしたのを、スリー・ヤントラといい、インドにおける瞑想のための画像ですが、この画像がどう見えるかで、また、どう印象を述べるかで、その人の心理が分かると言えるでしょう。△と▽は、錬金術で天と地の関係を示す象徴ですし、この両者が、相互作用し、安定あるいは均衡する時、二つの三角を重ねた図形、つまり、「ダビデの星」、イスラエルの国旗に描かれている図形になりますが、この図形を選ぶ時、それは調和を選んでいるということになるでしょう。魔術の五芒星は、それに対し均衡からのずれと、奇妙さ・神秘さを表し、この図形に引き寄せられる場合、心の疎外か、超越を求めている可能性があるでしょう。
 
  薔薇十字運動の「薔薇」と「十字」は、薔薇が円で、十字が四角ですが、このような図形を求める心は、多様性の秩序ある統合を求めていることになるでしょう。
 
  図形では、心の動的なありようや静的なありよう、均衡、不調和、安定、統合、不安、葛藤などに応じて、選ぶ図形が決まって来るとも言えるでしょう。
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学部あるいは心理学科を卒業・専攻している方へ

 大学で心理学を学んだ方なら、当然、(心理)統計学の勉強をしたと思います。皆さんは自分の学部でどの程度、統計学の勉強をしましたか。

 具体的には、どのデータ解析ソフトを使っていたか(あるいは使っているか)、どういう分析方法を勉強したか(あるいは勉強しているか)、ということをお聞きしたいと思います。

 私の大学では、2年から統計学の勉強をするのですが、授業の予定表みたいのがあるのですが、それを見ると非常にレベルの低いことをやる勢いです。しかも、他の学生たちのなかで、Excel(というよりもコンピュータ)を操作したことがない。という学生がいます。このコンピューター社会でパソコンをいじったことがないのって…どうなんでしょうか?

Aベストアンサー

パソコンは、持っていない人もいると思うので、
ある程度は仕方がないかと。
といっても、私が心理学を勉強していたのは
10年も前の専門学校だったので、参考にならない
のかもかも、しれませんが。

統計の授業は、私は文系の割に好きだったので、
よく覚えています。
今でも、趣味や仕事で多少は役に立っています。
授業はPCではなく、手計算でした。(笑
PCの基礎は、全員参加ではなく、希望者だけでした。
そうでないと授業にならんでしょう。
そうでなくても、文系からも来るので、Σが分かりません。
と言う人もいますよ。(笑

統計の授業は相関からはじまって、多項目分析や、
差の検定や、因子分析、や実験計画法なども実例を
ふまえてやりましたよ。
ただ、今から考えると、エクセルの関数が分かって
データがあれば、結果の見方さえ分かれば、自動的に
値が出るものばかりですが、クラスでアンケートを
作ったりして、楽しかったです。

福祉系の学校だったので、仕方がなかったのかなー、と。
大学は4年生ですか?
だったら、のちの2年に詳しい授業を取得できるんじゃ
ないですか?

パソコンは、持っていない人もいると思うので、
ある程度は仕方がないかと。
といっても、私が心理学を勉強していたのは
10年も前の専門学校だったので、参考にならない
のかもかも、しれませんが。

統計の授業は、私は文系の割に好きだったので、
よく覚えています。
今でも、趣味や仕事で多少は役に立っています。
授業はPCではなく、手計算でした。(笑
PCの基礎は、全員参加ではなく、希望者だけでした。
そうでないと授業にならんでしょう。
そうでなくても、文系からも来るので、Σが分かり...続きを読む

Q心理学的な手紙の書き方・あるいは代理などのサービス

心理学的な手紙の書き方・あるいは代理などのサービス


先日、家族よりも仲のいい同性の友人からいきなり縁を切られました。前々から喧嘩はするけど、それは“喧嘩するほど仲がいい”というかんじでした。誰の目から見ても仲がいいねえって言われてました。
しかし全然話も聞いてもらえず、電話もメールもブロックされてて届きません。
一度家まで行き会ったのですが、もう二度と会わないと宣言されてしまいました。まるでロボットのようでした。

前にテレビで犯罪心理学者が、実子を奪って、子供っぽい罵りメールばかり妻に送って逃走している犯人に、それじゃあ逆効果じゃないのかと素人が思うような内容を送信し、しかし犯人はあっさり罵る内容のメールから謝罪のようなメールを返したのを見ました。

相手は犯人ではなく友人ですが、とにかくまず、友人の心を開きたいのです。
ただ感動的だとかいうのではなく、心理学的に彼女のを心を溶かすような文章が書きたいのです。それはおそらく、彼女の性格によって違うと思うのです。

どなたか、そういった相手別の文章の書き方、あるいは少しなら有料でもいいので、そういった手紙の代筆をしてくれるところがありませんでしょうか?

心理学的な手紙の書き方・あるいは代理などのサービス


先日、家族よりも仲のいい同性の友人からいきなり縁を切られました。前々から喧嘩はするけど、それは“喧嘩するほど仲がいい”というかんじでした。誰の目から見ても仲がいいねえって言われてました。
しかし全然話も聞いてもらえず、電話もメールもブロックされてて届きません。
一度家まで行き会ったのですが、もう二度と会わないと宣言されてしまいました。まるでロボットのようでした。

前にテレビで犯罪心理学者が、実子を奪って、子供っぽい罵りメール...続きを読む

Aベストアンサー

技巧を考えるよりも、自分の気持ちを誠実に書くほうが良いと思いますよ。
テクニックを凝らして代筆してもらっても、後でばれたら人により反応が様々だと思います。

おっしゃるように受け手の性格次第です。
私だったら自分で書いてくれた手紙のほうがいいです。
「あなたの心を溶かしたいと思って」なんて後で言われたら、気持ち悪いかも。騙されたような気になるかもしれないし。

人というのは分からないもので、こちらが予想しているのと違う反応もありえます。
良かれと思ったら怒られたとか、駄目かと思ったら大丈夫だったとか。
こればっかりは、やってみないと分かりません。

電子メールでなく、郵便にすれば良いです。
世の中、電話よりもメールよりも、手紙が丁寧です。

開封するかどうかは相手次第ですが、書くほうも読むほうも電子メールより手紙のほうが落ち着いて取り組めます。
また、受け取り拒否にしない限りはポストに届きます。

事故で届かない可能性もありますが、まあそこまで考えればeメールだってそうですから・・・・技術的問題で届かないケースもある。
かといって簡易書留なんかじゃ怖いです(^^;
普通郵便で良いでしょう。

それで駄目なら、時間を置いてから、ちょっと綺麗なポストカードでも気軽に出してみるとか。

それでもやはりナシのつぶてなら、諦めましょう。
自分も相手も変化しますし、人生には別れもあります。
何年もしてまた再会(再開)出来るかもしれないし、手放すことが必要な時期なのかもしれません。

技巧を考えるよりも、自分の気持ちを誠実に書くほうが良いと思いますよ。
テクニックを凝らして代筆してもらっても、後でばれたら人により反応が様々だと思います。

おっしゃるように受け手の性格次第です。
私だったら自分で書いてくれた手紙のほうがいいです。
「あなたの心を溶かしたいと思って」なんて後で言われたら、気持ち悪いかも。騙されたような気になるかもしれないし。

人というのは分からないもので、こちらが予想しているのと違う反応もありえます。
良かれと思ったら怒られたとか、駄目...続きを読む

Qアドラー心理学に関する本、例えば『嫌われる勇気』読みましたか?

フロイト・ユングと並ぶ三大心理学者でありながら、あまり日本では知られていなかったアドラーですが、ここにきてすごいブームだそうですね。
今ではアドラー心理学に関するマンガ本まで出ているようですが、このブームの火付け役と言われるのは、2014年ベストセラーNo.1の『嫌われる勇気』(岸見一郎著)だとか。
私も、もうすぐ読み終わる所ですが、これまで、私が色々考えていたことが裏付けられる思いで、まさに「わが意を得たり」という所。間違いなく、私のこれまで読んだ全ての本の中でも最高に位置する本の一冊だと思いました。

今回読むきっかけになったのは、NHKEテレで、毎水曜夜10時から放送の『100分de名著』で採り上げられたから。⇒http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/51_adler/

皆様は、アドラー心理学に関する本、特にこの『嫌われる勇気』読みましたか?
どのような点に共感されましたか?
或いは、どのような点に疑問や反発を感じられましたか?

尚、私が唯一不満に感じたのは、この『嫌われる勇気』いうタイトル・・・確かに、私もこのサイトのプロフィールに書いた通り、「人とは違った視点を持ちたい」と思っていても、はじめから「嫌われること」を欲している訳ではないので、誤解を与えそうなこのタイトルは、ちょっと頂けない気がします。皆さんはどう思われましたか?

フロイト・ユングと並ぶ三大心理学者でありながら、あまり日本では知られていなかったアドラーですが、ここにきてすごいブームだそうですね。
今ではアドラー心理学に関するマンガ本まで出ているようですが、このブームの火付け役と言われるのは、2014年ベストセラーNo.1の『嫌われる勇気』(岸見一郎著)だとか。
私も、もうすぐ読み終わる所ですが、これまで、私が色々考えていたことが裏付けられる思いで、まさに「わが意を得たり」という所。間違いなく、私のこれまで読んだ全ての本の中でも最高に位置する...続きを読む

Aベストアンサー

凹みましたか(^_^;)

心理学は、人を計りにかけるものでは無く
自分を見直す妙薬だと思います。

本の感想は、amazonに沢山レビューがありますので
そちらを読むのがいいのかもしれませんね。


過剰に応えるのも過剰に期待するのも、凹んで行きますね。
誰かが応えてくれるありがたみってのが、そんな時に理解できるのも
人間かなって思います。

家族が欲しくなる瞬間ですね(笑)


アドラーで心理学に興味を持たれたら、他のも手に取るのもいいかも?
アドラーは一側面ですから、多角的視野を持つほどに
自分らしく生きることに役立てることができると思います。

Q株式の上昇下落を予想するときの心理について

現在、大学で株式の上昇下落を予想するときの心理について研究しています。誰もまだ実験していない研究をしてみたいのですが、よい実験方法が思い浮かばないのです。

被験者は50人くらいなら集められますが、専門的な実験器具は用意できません。誰でもできるような実験はないでしょうか。また、実験によって何がわかるのかを書いてもらえれば幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実験経済学はまだ新しい分野なので
やり方によっては、「誰もまだ実験していない研究」は、
いくらでも思いつきます。
その意味では、幸せな分野です。

「株式の上昇下落を予想するときの心理」と実験経済学の結果は、
「世界経済の謎」にちらっと書かれています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492442499/qid=1097280781/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-9320606-6536323

Q先が読める人の心理は心理学でどう研究されているか?

この間、客観的だと先が読めるという
「岡目八目」ということわざのことを
質問しました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=671164

これについていろいろ知りたいことがあるのですが、
このように先が読めるという人の心理状態を
心理学では何と表現していますか?
またそのような研究はいつごろ誰がどんな研究
対象で始めたのでしょうか?

 
 例えば「人間の見る夢について」という質問
なら、「フロイト」が性の意識と関連付けてと
いうような答えがあると思います。
そんな感じの答えが欲しいのですが。
 

Aベストアンサー

「岡目八目」の質問スレッド、拝見させていただきました。僕は、詳しくないのでズバリとは答えられませんが、これ、絶対に面白い研究がありますよ。

「岡目八目」の心理学的研究ということですよね。この場合、客観的だとなぜ先が読めるのか?というよりも、客観的な立場だとなぜ判断力が上がるのか?あるいは当事者はなぜ判断力が下がるのか?という問いの方が心理学的だと思います。つまり「岡目」(客観的な視線)にあるとき、判断や思考を阻害する要因は無いか、あっても当事者で入るよりは少ないが、当事者である場合、僕らは往々にして十分な判断や思考ができず、結果的に判断を誤ることがある。それはなぜか?という研究。

例えば、航空機の事故についての研究があります。ある航空機事故が起きたとき、車輪が出ないことに気を取られた搭乗クルーは機体の高度がどんどん下がっていることに気付きません。しかし、管制塔はそれに気付き、機長に対し「大丈夫か?」という質問を送りました。機長は、出ない車輪について、なんとかするよ、という意味で「大丈夫だ」と答えました。その航空機は結局墜落してしまったそうです。

そのような場合、まず航空機の搭乗クルーが冷静さを欠き、客観性を失っていた(広い視野を失っていた)ということが言えると思います。彼らの思考は、出てくれない車輪のことでいっぱいになっていたということですね。そのために管制塔からの言葉は、機体の高度についてのことだったのに、車輪のことだと勘違いしてしまったわけです。管制塔は、てっきり高度のことに気付いていると思っていたために「大丈夫だ」という答えを聞いて安心してしまいました。緊張と安心の差はありますが、どちらも客観性を欠いていたと言えると思います。

「岡目八目」についても、同様のことが言えるのではないでしょうか? 目の前に勝負がある人と、そうでない人の場への参入の具合とか、感情の昂ぶり方の違いとか、制限時間のプレッシャーとか客観的で冷静な思考と判断を阻害する要因はたくさんあると思います。

で、僕の回答ですが、心理学は、いろいろな立場や考え方があり、ちょっと分野を特定するのは困難です。ただ、状況判断ということで、人間の認知過程を扱う認知心理学や認知科学の状況論的アプローチや、人間の心理過程における社会的な影響と研究する社会心理学などがあげられるかな、と思います。apple-manさんが挙げておられるフロイトですが、彼を出すなら、緊張しやすい性格の心理療法というような感じで臨床心理学やカウンセリング心理学なんでしょうが、それでもたぶん、フロイトは出てこないでしょう。錯誤行為ということで防衛機制論と絡めてフロイトを出しても良いけど、ちょっと無理しすぎな感じ。臨床を追っていけば、フロイトの弟子筋は出てくるかもしれません。

例に挙げた航空機事故の事例は東京大学出版から出てる上野直樹『仕事の中での学習 状況論的アプローチ』を参考にしました。前述した「状況論」の入門書です。apple-manさんの質問に直接答える本ではないし(ヒントはいっぱい詰まってると思いますが)、ちょっと難しく、やや退屈な本かも知れません。でも読むと世界の見方が少し変わります。

参考URL:http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3a8eac2d285810103e1c?aid=<$aid>&bibid=01707951&volno=0000

「岡目八目」の質問スレッド、拝見させていただきました。僕は、詳しくないのでズバリとは答えられませんが、これ、絶対に面白い研究がありますよ。

「岡目八目」の心理学的研究ということですよね。この場合、客観的だとなぜ先が読めるのか?というよりも、客観的な立場だとなぜ判断力が上がるのか?あるいは当事者はなぜ判断力が下がるのか?という問いの方が心理学的だと思います。つまり「岡目」(客観的な視線)にあるとき、判断や思考を阻害する要因は無いか、あっても当事者で入るよりは少ないが、当事...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報