音楽用CDメディアとDATA用CDメディアが売ってます
(音楽用CDメディアの方が少し高いです)。
これらは互換性がないのですか?

1.つまり音楽CDは音楽用。
2.DATA用はDATA用。

区別して使う必要があるのですか?
教えてください。

A 回答 (3件)

 えとですね。


 音楽用のCDRは、個人的にダビングなどをしたりするための著作権料がすでに値段に組み込まれているから高いだけで、モノとしてはまったく同じ物です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

以前からどうしてかな?と思っていました。
こないだ2件の店で同じ質問をしたら正確に答えてくれませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 09:27

Q/これらは互換性がないのですか?



A/互換性はありますし、音楽用をデータ向けに使っても結構です。データ用を音楽用に使ってもいいですよ。

Q/区別して使う必要があるのですか?

A/基本的に区別して使うのが好ましいです。理由は音楽用には私的録音補償金がかけられており多少高いです。その分、音楽用には音質向上のための物理的な改良がかけられていたり、データの保持能力を高めてあります。
(すべてのメディアが特殊加工されているわけではありません)

データ用は補償金がなく、安いです。その代わり音質向上の加工がなく、多少CDプレーヤー互換が低いことがあるかもしれません。


結果をいえば音質重視なら音楽用を
特に重視しないならデータ用でもかまいません。
ただ、著作権法では私的録音補償金が掛けられたディスクをデジタル音楽記録に利用するのが好ましいとしています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明快な回答ありがとうございます。これで理由がはっきりしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 09:23

多分音楽用CDメディアは、CDプレーヤーなどで再生しても必ず動く、という信頼性があるのだと思います。


データ用のメディアでもプレーヤーで聴くことができますが、稀に聴くことができないこともあるみたいなのです。
なので、それをなくしたものが音楽メディアということで、多少値段が高くなっているのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 09:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ