男性のかいた歴史小説は男の視点なので
正直おもしろいとおもったことがなかったのですが、先日三浦綾子さんの細川ガラシャ夫人を読んだらとてもおもしろくてびっくりしました。

女性の視点でかいた歴史小説でおすすめがあればお願いします。
主人公は女性でも男性でもかまいません。

できれば日本や中国が舞台が舞台がいいですが、ほかにも一押しがあればお願いします

ごくごく簡単でかまいませんので、なにをした人など
簡単な説明をつけていただくと幸いです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

こんばんは。



平岩弓枝さんの『魚の棲む城』はいかがでしょうか?
田沼意次について書かれています。
田沼意次がすっごくかっこよく描かれていて、素敵です。
歴史小説って言うより、恋愛小説として読んでも満足できる一冊です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教科書に賄賂政治ってのっていた田沼意次ですか?意外な人がでてきましたね。
でもきっとその本では素敵な人なんでしょうか?細川ガラシャを読んですっかり明智光秀好きになったので、それも読んでみたいです。自分では探せないような本のご紹介ありがとうございました!またまた楽しみです

お礼日時:2005/10/15 22:17

一つだけ。


しかも随分むかしに読んだので、ほとんど何も覚えていない情けなさ(というか図々しさ)。

野上弥生子 『秀吉と利休』
アマゾンで確かめてみると新潮文庫と中公文庫と両方あるようです。
秀吉と利休の対立(芸術と政治、両面に関する相容れなさの対立、葛藤)は、
今日では常識化、図式化した感さえありますが(他の作家、あるいは映画などで)、
そうした視点の嚆矢にあたる小説だったようです。
ある人に言わせると「能や謡曲についての造詣は白洲正子ですら孫扱い」という
古今東西の深く幅広い教養に裏打ちされた一品はいかが。

この回答への補足

皆様お時間をさいて回答いただきどうもありがとうございました。どれも参考になり皆様にポイントを差し上げたかったです。本当にありがとうございました

補足日時:2005/10/21 19:48
    • good
    • 0
この回答へのお礼

利休の娘は確か秀吉を拒んで殺されたんですよね?面白そうです。野上さんって作家は聞いたことがありますし、是非読んでみたいと思います。どうもありがとうございました!

お礼日時:2005/10/19 14:33

朝日新聞に連載された杉本苑子氏の「月宮の人」を読んで、それまで歴史に疎かった私が、信長の美貌の妹、お市の方やその娘たちがどのような運命をたどったか、やっとわかりました。


豊臣家とも徳川家とも繋がっていたのですね。

男たちの権力争いに翻弄されながら、毅然として生きた女たちの人生が、女性作家の目で描かれています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022606 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新聞に連載されているのっておもしろいのが多いですよね。とてもよんでみたいです。ご丁寧にありがとうございました!

お礼日時:2005/10/15 20:40

こんばんわ。



藤 水名子さんはどうでしょうか?
主に中国史を扱っています。

本人の公式サイトです。
http://homepage3.nifty.com/fuji375/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

藤水名子さんですかー。初めて聞きました。虞美人のあたり興味あります。新しい作家を知るきっかけにもなりました。わざわざのご回答ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/15 18:45

女性で歴史小説を書かれる方というと永井路子さんもいらっしゃいますね。


作品はたくさんありますので、参考になりそうなリンクを張っておきます。

参考URL:http://city.hokkai.or.jp/~masato/nagai.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

わーすごいですね。こんなにたくさんかいてるんですか!ここにもガラシャがいますね。割と有名な女性だったのかしら。三浦綾子さんとは見解が違うのかな?楽しみです。お市やその三女の話おもしろそうですね。もう本当に楽しみです。わざわざご回答ありがとうございました。是非読みたいです

お礼日時:2005/10/15 18:21

NHKの大河ドラマでやっている義経はどうでしょうか。


原作は宮尾登美子の『宮尾本 平家物語』と『義経』ですが、
今旬だから本屋に行けば平積みで売ってますよ。

それと、舞台は古代ローマになってしまいますが
塩野七生さんの『ローマ人の物語』シリーズや、ベネツィアを扱った本にも魅力的な人物がたくさん出てきます。カエサルとかね。
これはお奨めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宮尾登美子さんも塩野七生さんも有名なのに読んだことがなかったです。おもしろそうですね。さっそくメモして明日図書館で探します。わざわざご回答ありがとうございました。カエサルも興味あります。楽しみです

お礼日時:2005/10/15 18:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歴史上のイケメン

歴史上の人物で顔もかっこよくてその人が行った事もかっこよかったり(戦争が強かったなど)する人いませんか???日本人ではなく西洋人の人を知りたいです!!よろしくお願いします!

Aベストアンサー

有名なのはバイエルン王国のルートヴィヒII世でしょうかね。長身で美男子、芸術の素養もあった王様だったのですが、ノイシュヴァンシュタイン城などの華麗な城の建築などでバイエルン王国を財政難に追い込んだというかっこ悪い面もあります。

参考URL:http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Suzuran/5107/ludwig2.html

Q男性視点の恋愛小説

面白い恋愛小説を探しています!
男性視点の恋愛小説って読んだことが無いので何かいい本ありませんか?

私自身が大学生なので高校生か大学生くらいの主人公で恋に不器用でかわいい感じの男の子がいいです。笑

(できればでいいんですが、若い作家さんの本が読みたいです。)

暇なときでいいので回答よろしくお願いします^^

Aベストアンサー

 こんにちは。
 原田宗典さんの「平成トムソーヤ」はいかがですか?恋愛小説ではありませんが、恋愛が重要な要素を含んだドキドキする青春小説です。天才的なスリの腕を持ちながら、母親の過大干渉にしらけた毎日を送っている主人公(高校生です)が、1人の少年と彼の友人である女の子と出会って、スリリングな日々が始まります。ラストの方は展開がすごく速いです。著者は1959年生まれなので、若くはないですが、この小説を書いた時は若かったと思います。「優しくって少しばか」もお勧めです。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28362201
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06558622
 今読んでる途中なのですが、石田衣良さんや中村永一さんなどの男性作家が書いた恋愛アンソロジー「LOVE or LIKE」を読んでいます。他にも男性作家が書いた恋愛アンソロジーが何冊が出ているようですので、貼っておきます。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31739543
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31840905
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31934016
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。
 原田宗典さんの「平成トムソーヤ」はいかがですか?恋愛小説ではありませんが、恋愛が重要な要素を含んだドキドキする青春小説です。天才的なスリの腕を持ちながら、母親の過大干渉にしらけた毎日を送っている主人公(高校生です)が、1人の少年と彼の友人である女の子と出会って、スリリングな日々が始まります。ラストの方は展開がすごく速いです。著者は1959年生まれなので、若くはないですが、この小説を書いた時は若かったと思います。「優しくって少しばか」もお勧めです。
http://book...続きを読む

Q歴史上の人物でイケメンと言えば誰?

日本史世界史問いません。
歴史上ハンサム、美男子、二枚目、男前・・・とされているのは誰ですか?
(ペリクレスが美男だったそうですけど、塩野七生さんの著書では、頭の形が悪かったとか・・・)

ちなみに美女でも構いません(^^)

Aベストアンサー

 
 【 男前 】

○ チェーザレ・ボルジア
http://home9.highway.ne.jp/nicolo/m-2/link9-about-c-b/about-c-b.html
この絵をみる限りでは けっこう根暗で 陰険そうな男に見えるのですが ..
(実際, そうかな ?^^;)

○ ジュリアーノ・デ・メディチ
http://home9.highway.ne.jp/nicolo/link9-juriano/juriano.html
この絵をみる限りでは ちょっと?  悪くはありませんけれどね。 ^^;
あの シモネッタの恋人だったそうですね。

○ フランツ・リスト
http://kyck.hp.infoseek.co.jp/liszt/fliszt.htm
言わずと知れた, 作曲家にして 「ピアノの魔術師」 。
いい男ですねー♪  コンサートには 貴婦人方が 殺到したそうです。 ^^

 【 美女 】

○ 「褒似(ほうじ)」 ~ “笑わぬ 美女”。
  「夏姫(かき)」 「西施(せいし)」 「妹喜(ばっき」
  「妲己(だっき)」
いずれも 古代中国の 伝説的な 傾国たちですね。
本当は どんなお顔だったのか 拝見したいものです。 ^^;

既出の 「ネフェルティティ」 は 本当に美しいと思います!
まさに “遠くから来た 美しい人” ですね。 ^^

あとは、
○ ジェーン・グレイ
○ べアトリーチェ・チェンチ
悲劇が 彩りを添えた 美女。

● エリザベート・バートリ
... あまり 挙げたくなかった人ですけれど 。。★

 
 【 男前 】

○ チェーザレ・ボルジア
http://home9.highway.ne.jp/nicolo/m-2/link9-about-c-b/about-c-b.html
この絵をみる限りでは けっこう根暗で 陰険そうな男に見えるのですが ..
(実際, そうかな ?^^;)

○ ジュリアーノ・デ・メディチ
http://home9.highway.ne.jp/nicolo/link9-juriano/juriano.html
この絵をみる限りでは ちょっと?  悪くはありませんけれどね。 ^^;
あの シモネッタの恋人だったそうですね。

○ フランツ・リスト
http://kyck.hp.infoseek.co.jp/liszt/fl...続きを読む

Qおもしろい歴史小説を教えてください

お世話になります。

最近になって歴史小説・・といってもあまり肩こりしないものばかりですが、いろいろと読みあさっています。
佐伯泰英さん の居眠り磐根シリーズ、酔いどれ小籐次、
池波正太郎さんの剣客商売、他、
宮部みゆきさんの歴史物

などフィクションが多いのですが、ここにきて、

光圀伝(冲方丁)、親鸞(五木寛之)、堀部安兵衛(池波正太郎)

など、実在した人物に焦点をあてた小説を読んだところ、おもしろくてこの辺にもはまってしまいました。

ある程度の史実に乗っ取っていれば、フィクション、創作という形のもので構いません。というかその方が良いのですが、物語として、読みやすくおもしろい歴史小説をご推薦頂けないでしょうか?

幕末物は司馬遼太郎さんを中心に多少読んでいるので、できれば、それよりも前の時代の物が希望です。

尚、現在読んでいるのは 夢枕獏の沙門空海 です。

Aベストアンサー

司馬遼太郎著「風神の門」
http://www.amazon.co.jp/%E9%A2%A8%E7%A5%9E%E3%81%AE%E9%96%80-%E4%B8%8A-%E6%96%B0%E6%BD%AE%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4101152349
とても面白いです。

Qどうして人間には、「イケメン・美人」と「ブス・凡人」の二種類がいるんですか??

質問です。

どうして人間には、「イケメン・美人」と「ブス・凡人」の二種類がいるんですか??

一体、歴史のどの時点からその二種類に分かれていったのでしょう?
人類学に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

人類学とは、全く関係ないです。
二種類に分けて話をすると話が盛り上がる。最近の事象です。
人類は
・金持ちの家の子、貧乏の家の子
・頭が良い(勉強ができる)子、悪い子(出来ない子)
更には
・髪の毛が直毛の子、カールの子
・太った女性、やせた女性
・巨乳に貧乳
・おもろい奴、面白くない奴
・・・
色々とありますが、確かに全てが正解です。Yes Or No ですから
あたかも、新事実を発見したかの様に話を進めると、
周囲の人々が「そうそう」と納得してしまう。
それぞれの中間や別の方向から分析してみる力がない出来の悪い子が増えてきたという事でしょう。
イケメンもブスも戦後最近の言葉です。
近年は
何でも両極端に分けて、すぐに結論を出してしまう。
中間や多面的な分析する能力を失った人種が増えてきた。
という事ではないでしょうか。

Q学生寮が舞台の小説

学生寮が舞台のおもしろい小説を教えてください。

女子寮なら「クララ白書」、男子寮なら「ここはグリーンウッド」(マンガだけど)のような
明るいコメディタッチの小説が読みたいです。
「あしながおじさん」のような児童書でも、BL小説でもOKです。

なんかこう「ひとつ屋根の下、学生が皆でわいわいやってる」という雰囲気を味わいたいな、と。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 学生寮だけとなると、厳しいかもしれませんが、学生寮のある学生生活と言った範囲で良ければ、結構あると思います。

 BLで有名なところでは、「タクミ」君シリーズがあります。(有名すぎて既読かも・・・・・)

 児童書であれば、「おちゃめなふたご」「おてんばエリザベス」のシリーズが、女子校の雰囲気がよくわかってお勧めです。
 また、「ハリー・ポッター」もファンタジーの要素が強いですが、そう言った話です。

 藤本ひとみさんの「花織高校恋愛スキャンダル」「星苑学園恋愛レポート」なんかもそうです。(ほとんど絶版ですし、古本などでもほとんど見かけませんので、図書館などで探してもらうしかないかもしれませんが・・・・・)

 SFやスペースオペラの要素が入っても良ければ、榎木洋子さんの「STEP OUT」と、ひかわ玲子さんの「コスモ・ホッケー・イレブン! 銀河大戦紀」も面白かったです。

 少々ぶっ飛んだ、少年達が主人公の「暁の天使たち」も楽しいです。(最後の方は、学校を飛び出して、しまっていますが・・・・)ちなみにこの作品は、「デルフィニア戦記」「スカーレット・ウィザード」等とも、関わりが深いので、よろしければご一緒にどうぞ。

 最後に、学生寮ではないですが、表の顔は人気アイドルグループで、裏の顔は、現代をいきる忍び達が活躍する「ワンダーBOY」も、条件に合致していると思います。(アイドル全員が一つの部屋で、合宿状態です。)作者は、秋月こおさんです。

 いろいろと書き出しましたが、お気に入りの作品が見つかれば、嬉しいです。これで失礼します。

 学生寮だけとなると、厳しいかもしれませんが、学生寮のある学生生活と言った範囲で良ければ、結構あると思います。

 BLで有名なところでは、「タクミ」君シリーズがあります。(有名すぎて既読かも・・・・・)

 児童書であれば、「おちゃめなふたご」「おてんばエリザベス」のシリーズが、女子校の雰囲気がよくわかってお勧めです。
 また、「ハリー・ポッター」もファンタジーの要素が強いですが、そう言った話です。

 藤本ひとみさんの「花織高校恋愛スキャンダル」「星苑学園恋愛レポート...続きを読む

Q【もし歴史上の人物になるとしたら・・・】教えてください!

こんばんは。
いつも楽しく拝見しております。

私は最近歴史が好きで(義務教育時代は暗記しかしていなかったくせに)、本などを読み漁っているところです。

携帯の待受を土方歳三にしているくらいです。
・・・まぁこれはただイケメンだからで、本当は勝海舟の方が好きなのですが^^

そこで、もし皆様が歴史上の人物になって人生をシュミレーション出来るとしたら、誰になりたいですか?
その場合、
1.その人の人生をそのまま生きる(出来事・死に様まで全く同じ)
場合と
2.その人になって未来を変える(例:明智光秀になって本能寺の変は起こさないetc)
場合があると思いますが、どちらの場合でも構いません。
良ければ理由も(未来を変える場合はその後の予想なんかも)聞かせてくれると嬉しいです。

今後もっと広く歴史を勉強したいなと思っているので色々教えてください。何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

歴史上の人物とまでは言い切れませんが、
 人間を生物学的&民俗学的観点から
マクロ的な視点で捉える思想家が個人的には
好きですね。更には動植物等と人間を対比しつつ、
人間の愚かしい側面をクールに眺められる人物等
が特に好きですね。

 国内であげれば、
生物学者&理学博士の
丘 浅次郎 (1868-1944)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%98%E6%B5%85%E6%AC%A1%E9%83%8E
博物学者&生物学者&民俗学者
南方 熊楠 (1867- 1941)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%86%8A%E6%A5%A0

の二氏 に対し特に憧れをもちます。
特に、後者の生き方は豪快&知的ですね。

あと
民俗学者
柳田國男(1875年- 1962年)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9F%B3%E7%94%B0%E5%9C%8B%E7%94%B7
漫画家の
水木 しげる(1922年3月8日 -
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B4%E6%9C%A8%E3%81%97%E3%81%92%E3%82%8B

なんかの生き様なんかも好きです。

あと、数学者、評論家、エッセイストの
森 毅(もり つよし、1928年1月10日 - )
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A3%AE%E6%AF%85
なんかも考え方が好きです。
 
江戸時代では
安藤昌益(江戸中期の医者・思想家)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E8%97%A4%E6%98%8C%E7%9B%8A
日本版ルソーって感じでかっこいいいですね。

あんまり歴史的に有名どころではなく
マニアックな人物で
ごめんなさい。
 
 

歴史上の人物とまでは言い切れませんが、
 人間を生物学的&民俗学的観点から
マクロ的な視点で捉える思想家が個人的には
好きですね。更には動植物等と人間を対比しつつ、
人間の愚かしい側面をクールに眺められる人物等
が特に好きですね。

 国内であげれば、
生物学者&理学博士の
丘 浅次郎 (1868-1944)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%98%E6%B5%85%E6%AC%A1%E9%83%8E
博物学者&生物学者&民俗学者
南方 熊楠 (1867- 1941)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%97%E6%96%B9%E7%8...続きを読む

Q香港が舞台の小説

こんにちは。
香港が舞台の小説を探しています。
日本人の著作でも、中国人の著作でもかまいません。
できれば、香港の雰囲気などが伝わってくるようなものがいいです。
ハードボイルドやサスペンスではなく、純文学系がいいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「香港の甘い豆腐」(大島真寿美・理論社)学校に行きたくなくなってきた女子高生が、父親がいるという香港で、実際に父親に対面しても実感が持てず、そのまま香港の母の友人の家に滞在することにして……というお話です。

Qお勧めの歴史番組(時代劇)を教えてください

今のお気に入りは「タイムスクープハンター」です。
「知るを楽しむ」の「武士の家計簿」(映画ではなく教育テレビの方)も好きでした。
時代劇では、加藤剛さんの「大岡越前」が好きでした。
最近では、伊藤淳史さん主演の「猿飛三世」が面白かったです。

「歴史秘話ヒストリア」は番組のノリが自分に合わないのか、
はたまたレポーターの女性が鼻についてしまうためか、きちんと観ていません。

大河ドラマは、昔、結構観ていましたが、最近はちょっと方向性が変わってきたような気がして
たまに観る程度です。一番好きな大河ドラマは「獅子の時代」(山田太一脚本)です。
同じ会津戦争がテーマですが「八重の桜」は、毎週録画しても、観ないまま溜まってしまっています。
(ときどき観ますが、イケメンが多くて「眼福、眼福」的な見方です)。

もっと歴史番組や時代劇を楽しみたいと思っています。
こんな私にお勧めの番組を教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ご回答者の皆様。

ご質問者さんも。

時代劇に精通されていますね。

私が今でも心に残る時代劇が有ります。

その映画は武士は殆んど出て来ません。

時代が江戸時代と言う事で大目に見て下さい。

映画のタイトルは。

(狐のくれた赤ん坊)です。

封切りは昭和20年です。

主演は(故)坂東妻三郎氏。

田村高広氏・正和氏・亮氏のお父様です。

一人の赤ん坊を巡り、荒らくれ者の寅と多彩な登場人物(庶民)が織り成す。

ペーソス溢れる作品です。

とても丁寧に作られ、今でも古さを感じさせません。

後年何度かリメイクされ。

(故)田村高広氏

(故)中村勘三郎氏

がテレビドラマで寅を演じられました。

残念ながらリメイク版の方は。

DVD化されていません。

もし!観る機会がございましたら。

お薦めの一本です。

PS 後に5~6歳成長した赤ん坊を演じられのが。

津川雅彦氏だそうです。

Q葬儀屋さんが舞台の小説

葬儀屋さんが舞台の小説を探しています。
宮木あや子さんの「セレモニー黒真珠」以外で知っておられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

青木新門「納棺夫日記」・・・映画『おくりびと』の元になった作品※原作ではない
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167323028
向田邦子「せい子・宙太郎」
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784167277093
朝倉かすみ「夏目家順路」
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163296500

後こんなものがあります。
■テーマ競作小説「死様」
荻原浩「誰にも書ける一冊の本」
佐藤正午「ダンスホール」
白石一文「翼」
土居伸光「光」
藤岡陽子「海路」
盛田隆二「身も心も」


人気Q&Aランキング

おすすめ情報