人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

当て逃げ犯人と車の修理費およびその期間の代車費の損害賠償請求訴訟をしています。
犯人は企業経営者で顧問弁護士を3人つけて、
こちらのディーラーからの修理見積りには「こんな接触でこんな破損はしない」と保険会社事故担当者を証人に呼んだり、代車に関しては、費用負担の責任は無いとしています。
こちらは犯人のように資力もないので弁護士をつけておらず、とても悔しく思っています。
何か良い知恵を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 損害賠償の請求額が書かれていないのですが、追突されてバンパーと後部ライトが破損した程度であれば、代車費用と合わせて請求額は20万円ほどであろうと推測しました。


 No.2の回答は、請求額が20万円ほどであれば、弁護士に依頼すれば確実に足が出るだろうと思い、弁護士に頼らない場合として書いています。
 
 もちろん、法律扶助が認められれば、弁護士のサポートが得られますから、それが一番だと思います。
 しかし、認められなかったら、どうするかという観点からの回答も眼下に否定されるものではないと思います。
 詳細な事情を知らずに書いた回答ですから、「弁護士に勝訴できるチャンス」と言うのも少し筆が走ったかもしれません。
 No.2の回答は、アドバイスとして少しでもご参考になる部分があれば、と思います。

 また、弁護士費用を相手に請求した場合、10万円(弁護士費用の請求額30万円のうち)を認めた判決もありますから、請求額によっては、弁護士に依頼したほうがいい場合もあると思います。

 仮執行宣言のくだりは、少し説明不足でした。弁護士に対して通常、仮執行宣言を付けても何ら影響はありません。
 しかし、本件の場合、請求額が20万円ほどなら、裁判をせずとも支払ったら済む話だと思います。それなのに、会社の顧問弁護士を3人も付けて経済合理性に反する行動を取るような会社経営者の性格を考えたとき、非常にプライドの高い人間ではないかと推測しました。

 それなら、勝訴判決に基づいて仮執行を行使し、この会社経営者の自宅の登記簿に差押登記をしたら、非常に気分を害するのではないかと思った次第です。差押登記は、抹消することはできますが、登記されたという事実は消せませんから、少しは、相手に対する心理的なプレッシャーになるのではと考えたからです。
 なお、この点も推測ですから、質問者さんのほうでご判断下さい。
    • good
    • 0

#1に書かせて頂いた者です。




ご質問のケースで、相手方は「こんな接触でこんな破損はしない」と主張しているのですから、相手方は
・加害行為としての「接触」
は認めていても、
・「こんな破損」という損害の発生
・加害行為と右損害の間の因果関係(なお、「違法性と損害との因果関係」ではない)
については争っていると考えられます。

もし仮に、相手方が損害や因果関係といった請求原因事実を認めているのであれば、民事訴訟法上、自白の拘束力と言うのですが、質問者の方は損害や因果関係の立証をする必要はなくなります。

しかしながら、質問文から、相手方が損害や因果関係について「認める」との認否を行っているとまでは到底いえないと考えます。
また、仮に相手が「認める」としていたとしても、その上で過失相殺の主張をしてきているはずです。(相手方が自分に過失があったことを認めていたとしても)質問者の方と相手方の過失が「9対1」なら、実質的に勝訴とはいえませんし、相手方弁護士はまさにそういうことを狙っているでしょう。

だからこそ、すでに相手方が弁護士を付けている事案を争うのであれば、こちらも訴訟の専門家である弁護士に委任することがベターであると考えたわけです。


確かに、弁護士を雇わない本人訴訟もありますし、事案によっては、一般人が弁護士をつけた相手に勝訴することもあることは否定しません。しかし、それが新聞記事になるということは、冷静に考えると、レアケースだからではないでしょうか。
本人訴訟で弁護士を雇った相手方を負かすことができれば、しかも、「3人の弁護士相手に、一般人が勝訴」できるとすれば爽快感はあるでしょう。けれども、それは勝てたとすればの仮定の話です。むしろ堅実に、負けないこと、失点しないこと、こそ重要ではないでしょうか。

そして、本件の場合、「単純な物損事故による損害賠償請求」だからこそ、弁護士をつけることをお薦めします。
人身事故であれば、自動車損害賠償保障法3条の適用があります。この規定は、被害者の救済を図るため、立証責任の加害者側への転換を図り、事実上、無過失責任に近くなっています。つまり、本人訴訟が容易です。
しかし、物損事故の場合は、自動車損害賠償保障法3条の適用がなく、医療過誤などと同じく民法709条に基づく損害賠償責任を追及することになります。この場合は、すでに書いた損害や因果関係といった請求原因事実を全て立証しなければなりません。そして、裁判所が真偽不明だと判断した場合には、原告の請求は棄却されてしまうのが訴訟というシステムです。
つまり、物損事故の場合は、人身事故の場合より、原告にははるかに訴訟技術が要求されると言うことです。

何も、弁護士は高等な法解釈をしてもらうために必要なのではありません。
裁判の多くは「事実」と「証拠」で決着が付きますが、それらは、裁判官との共通言語である要件事実論(司法試験合格者である司法修習生は、司法修習所というところで教わります)に基づき主張・立証されなければなりません。
そして、弁護士はその共通言語を理解していて、しかも場数を踏んでいる専門家であり、相手方にはすでにその専門家がついているということです。

また、質問者の方は、事故で損害を被っただけでなく、さらに訴訟を提起して本人自ら争っておられるわけですが、これは精神的にもつらいものだと拝察いたします。裁判の専門家である弁護士をつけることのメリットは、この精神的負荷を軽減することにもあります。


弁護士を付けるデメリットとして弁護士費用の問題があり、それが最も大きなネックかもしれませんが、経済的に苦しい方のために、法律扶助制度があるということは、#1に挙げたとおりです。
法律扶助制度は、民事法律扶助法という法律に基づく公的な制度で、返還が困難な場合には返還の猶予や免除がされることもあります。ご相談になって損はないと思います。
また、全額が認められるわけではありませんが、弁護士費用を相手方に支払わせることもできます(たとえば、参考URLは実際に東京簡易裁判所に係属した物損事故ですが、下の方にある「弁護士費用については,4万円の請求の限度で認容するのが相当であるから」の部分参照)。

※なお、仮執行宣言は付けていただきたいと私も思いますが、仮執行宣言を付けるのは常識的なことですから(参考URLの事件でも仮執行宣言が付されています。判決主文第4項参照)、弁護士はそんなことであわてふためくことはないでしょう。

参考URL:http://courtdomino2.courts.go.jp/kshanrei.nsf/we …
    • good
    • 0

 数年前、「一般人が本人訴訟の裁判で、被告の弁護士に勝訴した」という内容の新聞記事を読んだ記憶があります(詳細は忘れました。

ご免なさい)。

 今回の事案は単純な物損事故による損害賠償請求ですから、敢えて弁護士に依頼する必要はないと思います(医療過誤とか、複雑な慰謝料請求の場合は、弁護士の力に頼らないとどうにもならないが…)。

 質問文から「物損事故を起こした企業経営者は、質問者さんの車に追突したことを認めており、なおかつ、破損させたことも認めている」のであれば、相手は違法性も損害との因果関係も認めているのだと思います。それとも、その事実さえ争っているのですか。
 不法行為による損害賠償請求では、相手の違法性と損害との因果関係の立証が難しいのであって、その事実を争わないのであれば、後は、損害額の算定だけになると思います。それなら、第三者(=車の販売店など)の正式な見積書があれば、質問者さんは強いです。

 今回のような単純な物損事故の場合、弁護士の力量で逆転させることは難しいでしょう。だから、保険会社の事故担当者を証人に呼ぶような苦肉の策を労しているのではないでしょうか。
 他の事故のことについて「こんな接触でこんな破損はしない」と証言したところで、現実に質問者さんの車は追突によって破損しているのでしょう(証拠写真は裁判所に提出しましたか)。他の事故について例証をいくら口頭で述べても、実際の証拠(質問者さんの車が破損したという事実)をくつがえすことはできないと思います。

 最高裁HPに、車の物損事故について、訴状の書式例が載っています。それには「修理費15万円、代車使用料5万円」と載っており、裁判所も代車費用は正当な費用と考えているのだと思います。
 下記に最高裁HPを貼っておきますから、左側INDEXから「裁判所に提出する書式令集」を開いて、「第2簡裁民事関係」の「1訴状」の「05損害賠償(交通事故による物損)請求」をクリックして下さい。
http://courtdomino2.courts.go.jp/home.nsf 

 過去の回答例で、物損事故の本人訴訟をされて請求額満額を勝ち取ったという方の回答を下記に載せておきます(kmasumi氏の回答ですが、私自身とても参考になりました)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1424218

 裁判で勝つためには、高等な法解釈や弁論技術ではないと思います。特に、今回のような物損事故による損害賠償請求では、「事実」と「証拠」で決着が付くと思います。とにかく、「事実」と「証拠」を裁判所に提出して、後は裁判官の判断に任せられたらいかがでしょうか。
 なお、訴状には必ず「仮執行の宣言」を付けて下さい。勝訴判決と同時に、控訴を待たずに強制執行の手続きに入るとすれば、相手の弁護士はおそらくあわてふためきますから(依頼者である企業経営者に対してメンツが立たなくなるから)…。

 弁護士に依頼すれば、弁護士費用(数十万円)のため結局、赤字になる可能性があります。
 相手が違法性も損害との因果関係も認めており、後は、損害額の算定だけを争っているのであれば、質問者さんの方が有利だと思いますから、正規ディーラーの見積書を信じて、それ一本で裁判所の判断を待った方がいいと思います。

 今回、3人の弁護士相手に、一般人が勝訴できるチャンスだと思います。
    • good
    • 0

すでに訴訟が係属しているようですが、そうなると、こちらも法律の専門家である弁護士を付けるにまさる方法はないと思います。


問題は、金銭面ですが、法律専門家の援助が必要なのに経済的に依頼できないという方のために、法律扶助協会による法律扶助制度というものがありますので、利用してはいかがでしょうか。
詳細は協会のホームページをご覧ください。

参考URL:http://www.jlaa.or.jp/index.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q当て逃げで裁判・・・。

これは私の話です。とても悩んで夜も眠れないでいるので、知っている方がいたら教えてください。

あまり詳しくは書かないのですが・・・、私の車のサイドミラーと相手のサイドミラーが、コツンと当たってしまいました。もちろん私が全面的に悪いのです。
しかし、当たる前にタクシーに激しくクラクションを鳴らされてたのと、当たったことによるパニックで逃げてしまいました。
その夜もパニックにより、警察に行くなんて考えられませんでした。
しかし、数日後、警察から連絡がありました。
もちろん警察にも行き、相手の方に心から謝罪しました。
相手の方(以後、Aさんとします。)は優しい方で、謝罪と修理代をだけでいいとおっしゃてくれました。
(Aさんの車は軽く傷ついたとのことです。双方ケガはなし。)
しかし、その数日後・・・Aさんの父親という方から、修理代の他に民事裁判、刑事裁判を起こすとのことです・・・。
Aさんが乗ってた車は、父親名義の車ということです。
またパニックです・・・。
行政処分(免停とか)なら覚悟はしていました。
しかし、裁判は予想外です。
このことにより私が聞きたいのは、以下の点です。

(1).もし民事、刑事裁判になったら費用はいくら位かかるのか?(慰謝料含む)
(2).もし、本当に裁判ということになったらいつごろから裁判は始まるのか。そして、期間がどのくらいかかるのかということです。
(3).そのほかの点で何かご指摘があればお願いします。

この事故で本当に心から反省しました。もう二度と逃げたりなんてしないと思っていました。親にもたくさん迷惑をかけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もし、このような経験をお持ちの方、裁判に詳しいかたなどがいましたら、アドバイスをお願いします。

これは私の話です。とても悩んで夜も眠れないでいるので、知っている方がいたら教えてください。

あまり詳しくは書かないのですが・・・、私の車のサイドミラーと相手のサイドミラーが、コツンと当たってしまいました。もちろん私が全面的に悪いのです。
しかし、当たる前にタクシーに激しくクラクションを鳴らされてたのと、当たったことによるパニックで逃げてしまいました。
その夜もパニックにより、警察に行くなんて考えられませんでした。
しかし、数日後、警察から連絡がありました。
もちろん警察...続きを読む

Aベストアンサー

(1)民事訴訟は、車の所有者である父親から起こされる可能性はあります。ただ、修理代を払わなかったり、修理代のほかに法外な請求があった時にあなたが支払いを拒んだとき、正当な賠償額の支払いを求めて起こされます。
法外な請求があった時には、逆に民事訴訟を起こしてもらったほうが解決しますし、そもそも本件では物件事故ですから慰謝料は生じません。ディーラー等での相手のサイドミラーの修理代相当額と修理に要した期間にもし代車を使用すればその費用(レンタカー代)程度です。
まず、10万円もしない程度でしょうから先方も通常では代理人弁護士を入れての訴訟にしたら費用倒れになるのでありえない事例です。せいぜい弁護士に代理人交渉で示談するケースです。
もし、あなたの方で任意保険に入っているようでしたら保険会社に通知し、アドバイスを受けてください。
あなたは、法律上賠償責任のあるものはきちんと払いますが、そうでない義務のないものは払いません。という姿勢でかまわないのです。
なお、刑事裁判の裁判は車の所有者である父親から起こ競るものではありません。あくまで被害者として警察等の司法機関に被害の申告をするだけで、裁判で刑事罰を与えるように裁判所に起訴するかしないかの判断は検察官(検事)なのです。本件では不起訴処分または起訴猶予で刑事事件としての裁判にはなりえない事案ですので安心して良いと思います。警察から送検されれば検察庁に呼び出されて事情の聴取はあります。費用はご自身の交通費のみで、特段かかりませんし、弁護士も必要ではありません。
(2)民事訴訟は、相手方が訴状を提出しませんと始まりませんので時期は未定ですね。訴状が着てから動き出せば大丈夫です。今から心配する必要はありません。刑事事件のほうは警察のあと検察庁からの呼び出しがあればその時にだいたいわかります。
今から心配しなくても大丈夫です。
あとは、No.2さんとほぼ同意見です。(権利の濫用はちょっと異論がありますが)
私も交通事故は毎月数件扱いますが、本件で、No.1さん(専門家?)の言われるような100万プラス相手の要求する慰謝料なんてことは断じてございません。

(1)民事訴訟は、車の所有者である父親から起こされる可能性はあります。ただ、修理代を払わなかったり、修理代のほかに法外な請求があった時にあなたが支払いを拒んだとき、正当な賠償額の支払いを求めて起こされます。
法外な請求があった時には、逆に民事訴訟を起こしてもらったほうが解決しますし、そもそも本件では物件事故ですから慰謝料は生じません。ディーラー等での相手のサイドミラーの修理代相当額と修理に要した期間にもし代車を使用すればその費用(レンタカー代)程度です。
まず、10万円もしない...続きを読む

Q当て逃げをされ、加害者は見つかったのですが...

先日、職場の駐車場で当て逃げをされました。すぐに警察へ通報しました。その後目撃者の方ががすぐに現れ次の日加害者が見つかりました。加害者は、今日にでも警察に連絡するつもりだったと言い、謝罪してきました。その後は相手の保険屋さんと話をし、すべて修理してもらうということになりました。が、2つ問題があるのですが、教えていただきたいです。
1)その日仕事を休んで給料が入らないこと、警察に連絡をしたり保険やさんと連絡を取ったり、車を修理工場へ持っていくためのガソリン代、その他諸費用、これらは請求できないのでしょうか??人身事故ではないので給料などは保険では支払われないと聞いたことがあるのですが本人に請求できないのでしょうか?
2)加害者は警察では平謝りで私は加害者が見つかっただけでもよかったので車をなおしていただければそれでよいと思っていました。こちらの態度は反論も怒りもせずとても丁寧に対応していたつもりです。が、その後、加害者との電話で、逆切れをされたり、当て逃げをしたにもかかわらず、まったく反省の色も見えないのです。ちゃんと誤りに一度くらい尋ねてきてくれたり、そういう誠意を電話でもよいので見せてくれれば私は何も文句はないのに、加害者が反省の色もないととても腹立たしいのです。最悪民事裁判になってもよいと思っています。民事裁判をした場合相手に当て逃げの罪を与えてもらえるのでしょうか??また、民事裁判となるとこちらはどれくらいの費用がかかるのでしょうか??
考えているととても胃が痛く夜も眠れないほどで、腹立たしく参っています。教えてください。よろしくお願いいたします。

先日、職場の駐車場で当て逃げをされました。すぐに警察へ通報しました。その後目撃者の方ががすぐに現れ次の日加害者が見つかりました。加害者は、今日にでも警察に連絡するつもりだったと言い、謝罪してきました。その後は相手の保険屋さんと話をし、すべて修理してもらうということになりました。が、2つ問題があるのですが、教えていただきたいです。
1)その日仕事を休んで給料が入らないこと、警察に連絡をしたり保険やさんと連絡を取ったり、車を修理工場へ持っていくためのガソリン代、その他諸費用、こ...続きを読む

Aベストアンサー

ご立腹になることについては、尤もなことだと思います。しかしながら法的な回復を求められる対象は法的な損害であって、情動ではありませんので、難しい部分が少なくないものと思います。

1)その日仕事を休んで給料が入らないこと、警察に連絡をしたり保険やさんと連絡を取ったり、
  車を修理工場へ持っていくためのガソリン代、その他諸費用、これらは請求できないのでしょ
  うか??人身事故ではないので給料などは保険では支払われないと聞いたことがあるのですが
  本人に請求できないのでしょうか?

損害賠償請求では、「相当因果関係」が認められる範囲についての請求になります。つまり、損害事実と密接な関係があり、「Aという事実があれば当然にBという損害が予定される」という範囲ということです。したがって、修理代金、代車費用については車両の損傷そのものに起因する費用ですから、請求範囲に入ります。しかしながら、警察や保険会社との連絡に要した時間(その分の休業補償ということだと思います)や通信費については、usattiさん固有の特別事情だと考えられますので、法的な損害賠償の対象範囲には入らないと考えられます。また、修理工場が極めて遠方の工場で無いと対応できず、かつ、陸送(自走)でしか搬入できないという場合には、修理に要する諸経費としてガソリン代が認められる余地があるかもしれませんが、殆どの場合はリッターあたりの走行キロから考えるとあまりに少額であるため、損害として考慮するまでも無いものとみなされるのではないかと思います。

2)民事裁判をした場合相手に当て逃げの罪を与えてもらえるのでしょうか??また、民事裁判と
  なるとこちらはどれくらいの費用がかかるのでしょうか??

民事裁判で負けた方は、単に民事責任の履行を求められるだけで、「罪」にはなりません。いわゆる「罪」とは刑事罰の対象となる法令違反を指すものだからです。
訴訟費用については「民事訴訟費用等に関する法律」で以下のように決まっています。
 訴訟の目的の価額に応じて、次に定めるところにより算出して得た額
 30万円までの部分---------その価額5万円までごとに500円
 30万円を超え100万円までの部分---その価額5万円までごとに400円
 100万円を超え300万円までの部分--その価額10万円までごとに700円
 300万円を超え1000万円までの部分--その価額20万円までごとに1000円
 1000万円を超え1億円までの部分--その価額25万円までごとに1000円
 1億円を超え10億円までの部分---その価額100万円までごとに3000円
 10億円を超える部分--------その価額500万円までごとに1万円
たとえば、修理代金が50万円だったとすると、
500円×(30万円÷5万円)+400円×((50万円-30万円)÷5万円)=3000円+1600円=4600円
となります。支払督促のために要する費用は上記の半分です。
但し、保険会社が支払うことになっていて、その額に納得行かない場合には、相手方が支払を拒否しているわけではありませんので、訴えの利益が無いことになるのではないかと思います。

物損事故で加えて駐車場内でのことであれば、道路交通法の適用はありませんから、刑法の罰条に該当するかどうかですが、刑法第261条(器物損壊等)は故意に他人の物を傷つけた場合ですので、該当法条は思い当たりません。

また、精神的損害といっても「相手が謝罪しないから腹が立った」という程度では損害を蒙ったことにはならないものと思いますので、慰謝料請求も困難ではないでしょうか。

相手に腹を立てる気持ちは理解できるのですが、憎悪感情に支配されてしまうと却ってusattiさんの損害(仕事などの注意力低下に伴うミスなど)を自ら広げてしまうことになりかねません。冷静に考えられた方がよろしいかと思います。

ご立腹になることについては、尤もなことだと思います。しかしながら法的な回復を求められる対象は法的な損害であって、情動ではありませんので、難しい部分が少なくないものと思います。

1)その日仕事を休んで給料が入らないこと、警察に連絡をしたり保険やさんと連絡を取ったり、
  車を修理工場へ持っていくためのガソリン代、その他諸費用、これらは請求できないのでしょ
  うか??人身事故ではないので給料などは保険では支払われないと聞いたことがあるのですが
  本人に請求できないのでし...続きを読む

Q夕方、警察が家に来ました。

夕方、警察が家に来ました。
主人が今朝、コンビニの駐車場で当て逃げをしたようです。
人身ではなく、車に当てたようです。
そのとき人が乗っていたかどうか、相手の車が停まっていたのかは不明です。

警察の方が2名来られて、警察手帳を見せられ、主人の車の特徴や服装を聞くのでとても動揺しました。
特徴と合ったようでコンビニの防犯ビデオの画像を見せられ
本人だと確認したところまるでTVに出てくる犯罪者のようで泣いてしまいました。

警察の方の前で主人に電話すると、本人は車の中の荷物が倒れた音だと思って
(ガチャガチャ音がするような道具や荷物を積んでいます)
当たった事には気付かなかったと言っていました。
警察の方はとにかく仕事の帰りに警察署に寄って車を確認させてほしいと言い、帰られました。

被害に遭われた方には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。
自分の車が当てられて、逃げられたのだから、相当怒っておられると思います。
主人には、保険会社に電話して、相談するように言いましたが
警察の方が1日かけて捜査をし、電話がかかってくるとかではなく
家まで訪ねて来られたということは、大変なことになっているのではないかと思い
本当に不安です。

相手の方の怒りがおさまらない場合、刑事告訴されてしまうことはありますか?
保険に入っているので修理代などはちゃんと支払いさせていただきたいと思いますが
子供が3人居て、この不景気で収入も少ない状況の我が家です。
法外な慰謝料を支払わなければいけなかったり、免許取り消しになったり
主人に前科がついてしまったりするようなことがないか、それが一番心配です。

どうか事故や法律に詳しい方、答えていただければ本当に助かります。
よろしくお願いします。

夕方、警察が家に来ました。
主人が今朝、コンビニの駐車場で当て逃げをしたようです。
人身ではなく、車に当てたようです。
そのとき人が乗っていたかどうか、相手の車が停まっていたのかは不明です。

警察の方が2名来られて、警察手帳を見せられ、主人の車の特徴や服装を聞くのでとても動揺しました。
特徴と合ったようでコンビニの防犯ビデオの画像を見せられ
本人だと確認したところまるでTVに出てくる犯罪者のようで泣いてしまいました。

警察の方の前で主人に電話すると、本人は車の中の荷物が倒れた音...続きを読む

Aベストアンサー

被害者にとって車を当てて逃げた人間より、
保険会社の方が余程信用がおけます。
当て逃げでよくあるのは、任意保険未加入・飲酒・免停中などです。
そのいずれも無ければ、謝罪は謝罪として丁寧に行い、
補償については保険会社に任せましょう。
勝手に先に相手にお金を払っても、
保険から全額出るとは限りません。

警察が直接来たのは、ご主人だと確証が無かったからです。
奥さんが気にすることはありません。
電話ですぐに認めていますし、ご主人をしっかり反省させ
相手に怪我が無ければ、謝罪と補償をすれば大したことは無いですよ。
たとえ当て逃げでも、物損で慰謝料など払う必要もありません。
菓子折り持って、真摯に謝りに行かせましょう。

Q当て逃げしました。反省しています。

2月27日(土)に東京の繁華街のコインパーキングで当て逃げをしてしまいました。非常に狭い駐車場でしたので入庫のため、何度も切り返しているうち、自分の車の右バンパーと相手の軽商業車の右バンパーが当たってしまいました。私の車は全く無傷ですが、相手の車のバンパーは商業車のため塗装なしで、黒色、わずかに擦り傷が認められる程度でした。その時は大したことことはないと思い、その車と離れたところに駐車し、2,3時間後に戻ってきたときは、該当車はありませんでした。たまたまデジカメを持っていたので、傷跡と該当車の写真(ナンバー入り)は写してあります。ちなみに防犯カメラなし、目撃者の有無は不明です。反省する一方、かすかな傷ですし、商業車なので、警察に届け出る気まではしません。もちろん私がやったことが分かった場合は、修理費を出すつもりですが、このような場合どの様に対処するのが最善なのでしょうか。よろしくアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

>かすかな傷ですし、商業車なので、警察に届け出る気まではしません。

それはいけませんよ。物損事故に変わりはありません。

私も似たような経験があります。自宅に帰っても心が晴れず、事故のあった市の警察に電話して車とともに出頭しました。その警察署から現場にパトカーの警察官が同行し、事故の時間、相手の車の特徴などを聴取されました。

「被害届があったらご連絡しますよ。でも3日前のことですし、未だに被害者と思われるような人から連絡はありません。おそらく軽微なので気が付かないか、被害届を出すまでもないと考えているのでしょう」

心が軽くなりました。それから3年経ちました。その間、何事も起きませんでした。やはり警察に連絡してよかった、と思います。


人気Q&Aランキング