TurboLinux6.1/Serverで静的ルートを追加しましたが、
マシンを再起動した後、「netstat -rn」で確認すると
追加していたはずの設定が消えてしまいます。

再起動すると、消えてしまうものなのでしょうか?
または、再起動する前に、保存を確実に行うための手段が必要なのでしょうか?

<追加例>
 /sbin/route add -net 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 gw 10.132.1.10 metric 1


ちなみに、「route add」コマンドで経路表追加後、
「cat /proc/net/route」コマンドを実行して確認すると、
正常に追加されています。
(しかし、再起動すると消えてしまうんです。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

routeコマンドは現在実行中のカーネルの変数の値を操作するだけですので、再起動すると当然なくなります。



設定ファイル等に書き込まない限り望みの動作をさせることはできません。

一番簡単なのは/etc/rc.localの最後にでもrouteコマンドでルーティング情報を追加することだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。再起動したら、やっぱり消えちゃうのですね!
その後の調べで、</etc/sysconfig/static-routes>に
eth0 net 192.168.0.0 netmask 255.255.255.0 gw 10.132.1.10
って追加して再起動したら、うまくいきました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/20 12:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qkernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
kernel: md: export_rdev(hda9)
kernel: md: considering hdb8 ...
kernel: md: adding hdb8 ...
kernel: md: adding hda8 ...
kernel: md: created md5
kernel: md: bind<hda8,1>
kernel: md: bind<hdb8,2>
kernel: md: running: <hdb8><hda8>
kernel: md: hdb8's event counter: 00000078
kernel: md: hda8's event counter: 00000078
kernel: md: RAID level 1 does not need chunksize! Continuing anyway.

RHL9.0でRAID1のミラーリングをしています。/var/log/messageにタイトルのようなエラーが出るのですが、何のことなんでしょうか。
以下のように出ています。
kernel: kmod: failed to exec /sbin/modprobe -s -k md-personality-3, errno = 2
keytable:
kernel: md: personality 3 is not loaded!
kernel: md :do_md_run() returned -22
kernel: md: md4 stopped.
kernel: md: unbind<hdb9,1>
kernel: md: export_rdev(hdb9)
rc: Starting keytable: succeeded
kernel: md: unbind<hda9,0>
...続きを読む

Aベストアンサー

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]

unused devices: <none>


[UU]となっているので、両系で動作しています。

md1はhda1/hdb1です。
md2はhda2/hdb2です。
md3はhda3/hdb3です。
md5はhda5/hdb5です。


mountコマンドで確認すると、以下です。

# mount

/dev/md1 on / type ext3 (rw)
none on /proc type proc (rw)
usbdevfs on /proc/bus/usb type usbdevfs (rw)
none on /dev/pts type devpts (rw,gid=5,mode=620)
none on /dev/shm type tmpfs (rw)
/dev/md2 on /var type ext3 (rw)
/dev/md3 on /usr/local type ext3 (rw)
/dev/md5 on /home type ext3 (rw)

うちの自宅サーバ(RedHat9)ですが、raid1組んでます。

/proc/mdstatを確認してはいかがでしょう?


# cat /proc/mdstat

Personalities : [raid1]
read_ahead 1024 sectors
md5 : active raid1 hdb5[1] hda5[0]
   1003904 blocks [2/2] [UU]

md3 : active raid1 hda3[0] hdb3[1]
   522048 blocks [2/2] [UU]

md2 : active raid1 hda2[0] hdb2[1]
   2096384 blocks [2/2] [UU]

md1 : active raid1 hda1[0] hdb1[1]
   8193024 blocks [2/2] [UU]
...続きを読む

Q/sbin/lilo が実行できません。

HDの15GB以降にlinux2.6をインストールしました、lilo.confにはlba32が記されています。liloを実施すると「 Reading boot sector from /dev/hda3
Device 0x0300: Invalid partition table, 3rd entry
3D address: 1/0/1022 (16418430)
Linear address: 1/0/1958 (31455270) 」が表示され実行できません、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以下のページに
Device 0x0300: Invalid partition table, 3rd entry
に関する記述があります。

パーティションを切る際、トラック単位にパーティションを割り当ててくれない
ツールを使うと良くない、ような事が書かれています。

参考URL:http://www.linux.or.jp/JF/JFdocs/LILO-README/map-installer-warnings.html

Q/dev/dsk,/dev/rdsk と /dev/osa/dev/dsk について

Solaris2.6を利用しています。

CPU利用率のwioの値が高い為、DiskI/Oに問題があるのかと思い、
sar -d コマンドで調べたところ、"sd339,f" に問題があるらしい事が
わかりました。

それで、/etc/path_to_inst で対応するデバイスを調べたのですが、
/dev/dsk,/dev/rdsk のいずれにもそのデバイスに対応する
デバイスファイルはなく、/dev/osa/dev/dsk にありました。

ハードディスクのデバイスファイルは/dev/dsk,/dev/rdsk にある事までは
参考書などで調べる事ができたのですが、/dev/osa/dev/dsk について記述のある
参考書やWEBページを見つける事ができませんでした。

/dev/dsk,/dev/rdsk にはなく、/dev/osa/dev/dsk にある、ということは
どういうことなんでしょうか?
(ハードディスクじゃないんですか?)
/dev/osa/dev/dsk はどんなデバイスファイルが
入っているところなんでしょうか?

また、この辺を知るにはどこを調べればよろしいでしょうか?

どなたか詳しい方、ご教授ください。よろしくお願いします。

Solaris2.6を利用しています。

CPU利用率のwioの値が高い為、DiskI/Oに問題があるのかと思い、
sar -d コマンドで調べたところ、"sd339,f" に問題があるらしい事が
わかりました。

それで、/etc/path_to_inst で対応するデバイスを調べたのですが、
/dev/dsk,/dev/rdsk のいずれにもそのデバイスに対応する
デバイスファイルはなく、/dev/osa/dev/dsk にありました。

ハードディスクのデバイスファイルは/dev/dsk,/dev/rdsk にある事までは
参考書などで調べる事ができたのですが、/dev/osa/dev/ds...続きを読む

Aベストアンサー

/dev/osa/dev/以下はOpen Storage Array(OSA)というRAID Managerのデバイスです。
今回、RAID Managerをご利用のようですので、/dev/osa/dev/dskにあるのではないでしょうか?
通常は、/dev/dskや/dev/rdsk(RAWデバイス)になります。

また、障害の件ですが、申し訳ありませんが当方では分かりかねます。
coreが吐かれている場合は、管理者やサポートに解析して貰って調査するしかないですね。

QWin 再起動の必要性と終了→起動との違いについて

ソフトをインストールするとたいてい再起動が必要となりますが、Microsoft Updateした際には必要でないときも多々あります。
どういったときには再起動が必要なのでしょうか?
dllなどの根幹をいじったときには必要なのかと考えていますがいかがでしょうか?

また、再起動せず、通常の終了→通常の起動という手順では何か不都合があるのでしょうか?
単純にstepが増え面倒なだけでしょうか?
他に起動しているソフトがあるときはすぐに落としたくないときがあるので気になっています。

Aベストアンサー

Windows Update なんかであれば使用中のプログラムに変更を加えるので、再起動しないと更新を読み込むことができないんでしょう。
パソコンが動いているときに終わらせられないプログラム(システム関連)なんか特にそうだと思いますよ。

Q起動時にGUIが立ち上がらない…/etc/inittabの編集

初めまして。VirtualPCにVineLinuxをインストールしたのですが起動後にGUIが起動しません… /etc/inittabでランレベル:5に設定したのですが再起動後も、GUIとして起動しません。コマンドで

#startx

と入力しても、以下のようなエラーが出てしまいます。

ececve failed for /etc/X11/X (errno 2)
giving up.
xinit: Connection refused (errno 111): unable connect to X server
xinit: No such process (errno 3): Server error.

と返してきます。エラーを見た限り、/etc/X11/Xというファイルのエラーのような気がするのですが、管理者としてLinuxを使うのははじめてなのでとまどっています。また現在見たところ、/etc/X11にXというファイルはありません。初期段階でここになにかファイルができているのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

/etc/X11/Xが無いのは、Xがインストールできてないか、設定ができてないかですね。
(「すべて」を指定したのでインストールはされてるはずですが)

/etc/X11/XはXFree86本体へのシンボリックリンクになってます。

# ls -l /etc/X11/X
lrwxrwxrwx 1 root root 27 Oct 19 14:31 /etc/X11/X -> ../../usr/X11R6/bin/XFree86

>★キーボードの種類
>Japanese 106-key
>★レイアウト
>U.S.Engilish(USキーボードを使用しています)

USキーボードを使っているならキーボードの種類は101-keyでは?

>★マウスの設定
>Generic : 2 Button Mouse (USB)

iBookにはUSBマウス(wheel)をつないでますが、VirtualPC上のLinuxでは
3 Button (PS/2)を指定しています。

>★ビデオカード
>16M

いきなり大きい数値を指定するとXが起動しない可能性もありますので、
最初は低い設定値からはじめて(800x600 8bit等)徐々に上げていけばよいと
思います。Xconfiguratorで設定を調整してください。


XFree86がインストールされているかは、以下のようにパッケージ一覧から確認してください。

[root@localhost /root]# rpm -qa | grep -i xfree86
XFree86-libs-4.2.0-0vl4
XFree86-xfs-4.2.0-0vl4
XFree86-4.2.0-0vl4
XFree86-100dpi-fonts-4.2.0-0vl4
XFree86-75dpi-fonts-4.2.0-0vl4
XFree86-compat-modules-3.3.6-13vl35
XFree86-cyrillic-fonts-4.2.0-0vl4
XFree86-devel-4.2.0-0vl4
XFree86-doc-4.2.0-0vl4
XFree86-gl-4.2.0-0vl4
XFree86-gl-devel-4.2.0-0vl4
XFree86-jpfonts-2.1-23
XFree86-legacy-4.2.0-0vl4
XFree86-tools-4.2.0-0vl4
XFree86-twm-4.2.0-0vl4
XFree86-xdm-4.2.0-0vl4
XFree86-xf86cfg-4.2.0-0vl4
XFree86-Xnest-4.2.0-0vl4
XFree86-Xvfb-4.2.0-0vl4
[root@localhost /root]#

/etc/X11/Xが無いのは、Xがインストールできてないか、設定ができてないかですね。
(「すべて」を指定したのでインストールはされてるはずですが)

/etc/X11/XはXFree86本体へのシンボリックリンクになってます。

# ls -l /etc/X11/X
lrwxrwxrwx 1 root root 27 Oct 19 14:31 /etc/X11/X -> ../../usr/X11R6/bin/XFree86

>★キーボードの種類
>Japanese 106-key
>★レイアウト
>U.S.Engilish(USキーボードを使用しています)

USキーボードを使っているならキーボードの種類は101-keyでは?
...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報