フランチャイズについて教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ある繁盛している店があるとして、一定の加盟金とロイヤリティーを支払うことにより、その成功のノウハウ、成功店の看板、信用を使用する権利を買い取ることです。



フランチャイズ本部の商品は「成功への方程式」と言えるでしょう。

しかし、どんな商売でも「100%成功する」保証はなく、本部と加盟店の認識の違いから問題になることも少なくありません。

日本フランチャイズチェーン協会のページです。
http://jfa.jfa-fc.or.jp/p02.html

ところで、マク○ナルドってFCでしたっけ?
仮にそうだとしても、確か一般公募していないと思うので純粋なFCとは違うような気が....(不正確)。
    • good
    • 0

新しく事業をスタートするには、何処で・どんな規模で・仕入れ先は・宣伝は・事業計画はなどと、色々な問題が生じまて、単独でスタートするには、小さな店でもかなりの労力と時間を要します。


フランチャイズとは、そのような問題を、フランチャイズ本部が蓄積したノウハウを加盟店に公開し、 マニュアルや研修などによって開業の支援を行うものです。

下記のページと参考URLをご覧ください。
http://www.fifty-first.com/003-1.htm

参考URL:http://www.21lady.com/f_fc/fc/fc_vol1.html
    • good
    • 1
この回答へのお礼

みなさん、ありがとうございます。
これからの外食産業の中心になっていくのは、やっぱりフランチャイズチェーンのお店ですかね???今後の外食産業にどのような影響がでると思われますか?

お礼日時:2001/11/27 09:55

では簡単に説明しましょう。



フランチャイズのお店を出店する人が、その本部(マク○ナルドやセブン○レブンなど)に加盟してその看板料と売上げの何%かを上納する方式です。

メリットとしては、まず「看板」です。これは信頼・安心につながります。品揃えや味などの統一が取られているので誰でも気軽に入ることができます。
また商品仕入れや返品、経営分析、売れ筋商品のいち早い情報もフランチャイズならではのメリットでしょう。

え?こういうことを聞きたいわけじゃないの?もしかして野球の話?
    • good
    • 0

フランチャイズとは、販売形態やノウハウなどを教えてもらうかわりに、契約金を払う、というような形態のことではないでしょうか?


一番わかりやすいのがコンビニですかね。

昔勉強したんですけど忘れちゃいました・・・。

参考URL:http://ueno.cool.ne.jp/francha/fc_1.htm
    • good
    • 0

 下記URLを、参照してください。



参考URL:http://bizweb.justnet.ne.jp/~s-mall/buildup/bild …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマーケティングの多角化戦略について質問です。 垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角

マーケティングの多角化戦略について質問です。

垂直的多角化、水平的多角化、集中的多角化、異質的多角化(集約的?)の違いや例を教えて下さい。
お願いします。

Aベストアンサー

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させる。
一般的に多角化戦略って言うとこの水平的多角化を指す場合が多いかな。
例えばホンダみたいな感じ。
他にはテレビ造ってたとこがビデオデッキも造りますよとか。

集中的多角化は、今扱っている製品技術や顧客に関連性を持たせて、いろんな製品をより多くの新規市場に展開させること。
これまで培ってきた製品、販売チャネル、技術などの経営資源を集中投下させるから、リスクがすごい少ない。
ホンダとかがそうかな?
バイク造ってたけど、エンジンとかのノウハウを活かして自動車も売り出しますよとか。

異質的多角化ってたぶん、集成的多角化のことを指しているんだと思う。
集成的多角化は、既存製品やサービスなどと全く関係ない分野に新規展開させること。
全くノウハウが無い分野に進出するから、すごく高いリスクなんだけど、反面成功したらその効果はとっても大きい。
リスクという側面で考えると、既存の分野だけではその分野が衰退した場合に困っちゃうけど、集成的多角化によって関係ない他の分野に進出しておけば、大きな長い目で見た場合にはリスク分散になる。
いかにもな多角化って感じだよね。
例えば、家電メーカーが外食に手を出すとか。

これがそれぞれの多角化戦略の違い。
ここから下は補足だから、興味無ければ無視してかまわない。

そして多角化戦略を学ぶ上では、「シナジー」って言葉が大事になる。
相乗効果って感じだね。
販売シナジー(ブランドや流通などを共通利用できる相乗効果)、生産シナジー(人的資源、原材料などを共通でつかえたりする相乗効果)、管理シナジー(培ってきた管理機能を新しい分野でも活かせる相乗効果)、投資シナジー(設備投資や研究投資などで類似しているものであれば投資額が少なくて済むなどの相乗効果)。
それぞれの多角化戦略で、これらのシナジー効果を見込んだうえで効率的に事業展開と拡大を図っていくわけやね。

垂直的多角化は、エンドユーザー自体は変わらない状況で、製品供給に関わる別の工程にも展開させる。
これによって商品の安定供給を行える。
反面で、これまでの市場から拡大するわけじゃないから、そこが課題かな。
例えばファミレスのチェーン展開を行っている会社が、より上流にある食品加工業にも進出とか。
この例の場合は、川上に向かって統合するから、後方垂直統合っていう。
逆のパターンは前方垂直統合っていう。

水平的多角化は、持っている技術やノウハウを活かして既存顧客を対象に新製品を展開させ...続きを読む

Q賃貸営業の方教えてください:客着けについて

はじめまして、不動産経営歴6年のOLです。

現在地方に物件一棟を保有しており、大手管理会社ミ○○○に管理客着けを依頼しておりますが、
満室にならないばかりか色々と不手際により退去率が増加してきたため、
地元のその他の仲介業者にも営業し、客着けの依頼をかけております。
※当物件管理会社にはその旨承諾を得ております。

そこで、賃貸営業マンさんに質問です。
「他社管理物件を紹介するのはどんなときですか???」

恐らく、どの会社さんも自社管理物件を優先されると思いますが、
どういう工夫をすれば、私の物件を紹介する気になるか、
お知恵を拝借したく質問させていただきました。

どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

気にするのは結局のところ期待収益です。
期待収益=紹介して顧客が借りる確率×借りる場合の当社収益
ということで

・物件の質に対して家賃が安いか
・手数料が魅力的か

が判断基準です。

対策は
・物件の質を上げる
・家賃を下げる
・手数料率を上げる

の3点でしょう。

Q多角化するとシナジーがあるといいますが、市場浸透戦略や製品開発戦略や市

多角化するとシナジーがあるといいますが、市場浸透戦略や製品開発戦略や市場開拓戦略などでもシナジーはあるのですか?また、シナジーは多角化で一番多く起きやすいのですか?

Aベストアンサー

>多角化するとシナジーがあるといいますが、

そうとは限りません。
シナジーのある分野へ多角化すると、多角化がやりやすいのです。
シナジーのない分野へ多角化をしたのがコングロマリットです。



市場浸透戦略は、現在の市場に現在の商品をもっと売っていこうとする戦略です。
ところで、1たす1が2より大きくなるのが多角化です。
市場浸透戦略は何も足していません。従ってそれだけではシナジーはありません。
しかし、数種類の商品を扱っていて、他の商品の販売手法を応用して販売を伸ばしたとすると、販売シナジーまたはオペレーション・シナジーがあったことになります。


新製品開発戦略では従来の市場に新製品を投入します。つまり、現在ある販路を利用して売るわけですから、販売シナジーがあります。
また、新製品を開発する際に、取り扱っている他の商品を参考にして新製品を開発したり、その製造にあたって、他の商品製造の副産物を使ったり、他の商品の原材料の仕入れ先から新製品のための素材を購入したりすると、シナジーがあることになります。
そういうことをしなければ、その部分のシナジーはないことになります。



要するに、成長ベクトルのどれだとシナジーがある、
というのではなく、
その会社にとって、どういう方向に成長すると、どんなシナジーが獲得できるか、
なのです。

>多角化するとシナジーがあるといいますが、

そうとは限りません。
シナジーのある分野へ多角化すると、多角化がやりやすいのです。
シナジーのない分野へ多角化をしたのがコングロマリットです。



市場浸透戦略は、現在の市場に現在の商品をもっと売っていこうとする戦略です。
ところで、1たす1が2より大きくなるのが多角化です。
市場浸透戦略は何も足していません。従ってそれだけではシナジーはありません。
しかし、数種類の商品を扱っていて、他の商品の販売手法を応用して販売を伸ばしたとすると、...続きを読む

Qフランチャイズに加盟している企業の一覧を知りたい。

弁当屋の「ほっともっと」をやってる プレナス という会社が、
ほっかほっか亭のフランチャイズに加盟していたのは有名な話ですが、
プレナスのように、「フランチャイズに加盟している会社」の一覧を知るには、
一般的にはどうすれば良いでしょうか。

具体的には、ブックオフのフランチャイズに加盟している会社を知りたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

網羅的に知るのは難しそうです。なので、わかる範囲でピックアップすることとなりそうです。

オーナーは112社あるようです。
http://fc.dai.co.jp/detail/80829.html

そして、大手のフランチャイジーは結構検索エンジンで引っかかります。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&rlz=1T4GGIH_jaJP264JP264&q=%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%95%E3%80%80%E5%8A%A0%E7%9B%9F%E5%BA%97%E3%80%80%E3%80%80%E4%BA%8B%E6%A5%AD&lr=

Q企業が多角化戦略をする理由

企業が多角化戦略をする理由とその問題点について教えてください。

Aベストアンサー

http://www.foxnavi.com/Theory/content/142.html

Qシュークリームのフランチャイズ探しています。

評判の高いシュークリーム専門店のフランチャイズを行っている企業を探しています。又、流行のテイクアウトの食べ物のフランチャイズ企業も合わせてですが。

Aベストアンサー

> 昔から知ってて、1番好きなシュークリームといえば、ヒロタなんですが
> なんでこのお店はホームページないのかしら・・・。

ヒロタはちょっと前に倒産して、現在経営再建中です。
ホームページがなかったり、フランチャイズを募集していないのも
恐らくそのためと思われます。

Qあまり多角化せずにグローバルに進出している会社

あまり多角化せずにシンプルにグローバルに進出している会社に、どのようなものがあるのでしょうか?  例えば、コカコーラとか超シンプルですよね。あとローソンとかも。

サービス業や製造業など、たくさん教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

探せばいろいろとあると思いますが、まずは変り種から。

『株式会社ポケモン』
 http://www.pokemon.co.jp/corporate/outline/

とかどうでしょうか。
いわゆる「ポケモン」の会社です。

グローバルな事業を展開しており、「クールジャパン」の担い手の一人(一社)ですね。

Qフランチャイズで小さなパソコン経営をしているものです。

フランチャイズで小さなパソコン経営をしているものです。

ここ1カ月ぐらいで私の経営判断のミスにより急激に経営が悪化し、急遽教室を閉じる決断をしました。
ただ、その旨を本部に申請しても受理されません。契約では、解約の場合、契約期間中、本部に対して5か月前に文書に寄って申し入れる必要があるという規約になっています。

もちろん、現在申請して5カ月すれば契約を解除できますが、契約ではその間契約を続ける必要があるとしています。

ただ、もしもこの状態絵5か月も経営すれば、家賃やフランチャイズ料などの支払いで破産してしまいます。なので、取り急ぎ教室だけでも閉めたいのですが、それも許されません。

経営が悪化した理由は、融資を受けた事業に失敗したためで、私自身は一旦教室を閉めて借金の返済をしたいと思っていますが、本部はその理由でも受理してくれません。それどころか、公的融資など更に受けて(実質的に不可能なのですが)営業を継続するよう迫ってきます。

一度契約したとはいえ、このような契約内容は有効なのでしょうか。また、どうすれば解除することができるのでしょうか。ご存知の方がいらっしゃったら教えてください。

フランチャイズで小さなパソコン経営をしているものです。

ここ1カ月ぐらいで私の経営判断のミスにより急激に経営が悪化し、急遽教室を閉じる決断をしました。
ただ、その旨を本部に申請しても受理されません。契約では、解約の場合、契約期間中、本部に対して5か月前に文書に寄って申し入れる必要があるという規約になっています。

もちろん、現在申請して5カ月すれば契約を解除できますが、契約ではその間契約を続ける必要があるとしています。

ただ、もしもこの状態絵5か月も経営すれば、家賃やフランチャイ...続きを読む

Aベストアンサー

 いかに契約と言えど、状況を悪化させるような契約は無効にできます。こんな場合、どうしても法律の専門家を間に挟まないと逆に足を引っ張られかねないので、とにかく地元の役所などの法律相談や、「法テラス」(ネットや電話で問いあわせができます。)と、すぐにコンタクトをとって交渉に入るべきかと思います。(こんな場合の費用も相談してみてください。)

Q多角化について

(製造業において)多角化をする際、海外展開を視野に入れるのと、入れないのでは、その後にどう影響をあたえるのでしょうか?そして、海外展開するために犠牲になるものとはなんなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
ご質問の文意から想定したことを述べてみます。

(1)海外での製造や調達という観点から

○進出先が途上国ならば、日本国内の数分の一の人件費コストで済む。
×従業員訓練、言葉や意志疎通、品質価値観洗脳などに、手間とコストがかかる。
○進出先が先進国ならば、現地で作って現地で売る/効率経営が可能になる。
×マーケティング解析を誤って大規模設備投資をすると、経営資源のツブシが効きにくい。
○現地での支払いがドル建てで、ドル安(円高)基調の時は、為替差益が出る。
×現地での支払いがドル建てで、ドル高(円安)基調の時は、為替差損が出る。
☐現地での支払いが円建てで、本社が日本国内なら、為替損益は無関係。
○海外に工場や拠点を持っていると、名実ともに少しはステータスになる。
×海外に工場や拠点を持っていると、自社員の単身赴任対策やケアが不可欠になる。
○現地の一流大学出身者や高級技術者を、割安な人件費で採用できる。

(2)海外へ販売という観点から

○市場規模や市場バリエーションが拡大し、売上高そのものは増大しやすい。
☐肝心の総利益や営業利益は、現地での競合度その他の要因で、予測しにくい。
×日本国内で製造して/海外へ販売は、輸出商社ほかのサポート(コスト)が必要になる。
☐日本国内で製造して/海外へ販売は、物流コストを利益計算に入れる必要がある。
△現地での拡販活動やクレーム処理等の為の現地駐在員は、概ね必要になる。
×消費財の場合、現地語に堪能なお客様相談スタッフが不可欠。(拠点設置は日本で可)
○海外販売ノウハウを習熟累積していけば、理屈の上では地球全体がマーケットになりうる。

(3)海外進出に関する総論的な観点から

○島国ニッポンでしか通用しない価値観や考え方から脱皮でき、新発想につながりやすい。
×得体の知れない商習慣や契約解釈などによる経営リスクは少なくない。
○日本国内だけよりも、市場規模・景気・利率・競合・トレンドのマイナス影響を受けにくくなる(相殺できる)可能性は高まる。
×日本国内に居て欲しい有能な幹部や社員を、海外派遣せざるを得なくなる可能性は高まる。
○日本国内では通用しなくなった経営資源やノウハウを、途上国では有効利用できる可能性は高い。


以上です。ご健闘を祈っております。
もしも、上記回答が的外れでしたら、ご質問文に追加補足をお願い申し上げます。

はじめまして。
ご質問の文意から想定したことを述べてみます。

(1)海外での製造や調達という観点から

○進出先が途上国ならば、日本国内の数分の一の人件費コストで済む。
×従業員訓練、言葉や意志疎通、品質価値観洗脳などに、手間とコストがかかる。
○進出先が先進国ならば、現地で作って現地で売る/効率経営が可能になる。
×マーケティング解析を誤って大規模設備投資をすると、経営資源のツブシが効きにくい。
○現地での支払いがドル建てで、ドル安(円高)基調の時は、為替差益が出る。
×現地での...続きを読む

Q自己破産など広告で出してる事務所ついて

最近、弁護士事務所が「自己破産、民事再生、任意整理などを行い借金を減らす」という広告をよく見かけます。そんな、人生のどん底にいる貧乏人を相手にして弁護士事務所は儲かるのでしょうか?
それとも国からの補助金が出るのでしょうか。
ご存知あれば教えて頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

金銭は「後取り」です。
通常のケースですと貸すほうに問題があるため、裁判になった場合ほぼ確実に勝訴になるため、裁判の中で弁護士費用も上乗せし請求します。「〇〇円の損害賠償」というのがその例です。
因みに、裁判費用の八割がたが弁護士費用です。
裁判は弁護士なしでもできるため、自己弁護をお勧めします。


人気Q&Aランキング