「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

ハートマークについて調べています。今日愛の象徴とされるハートマークはいつごろ成立したのでしょうか?文化的民族的背景が知りたいのです。文様事典などには載っておらず困っています。文献をご存知の方もぜひ教えてください。小さなことでも構いませんのでハートの起源について知っている方教えてください。ネットで調べた限り、トランプや心臓の説がありました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

各回答へのコメント等からすると「愛の象徴としてのハートマーク」ではなく、ハートマークそのものの起源を調べているようですね。


参考文献として『イメージシンボル辞典』『神話伝承辞典』の2冊をおすすめします(両方とも大修館書店)。起源を調べるには他にも『死者の書』、インドのシバ神、タントラ、グノーシス派などについてもチェックされると良いのでは?
大雑把に言うと、生命の宿るところ→感情の宿るところ→愛情の宿るところという流れのようです。
    • good
    • 1

ハートの起源が心臓説と仮定すると。



外科的な手術の知識はローマ時代から深くなりました。神経の発見、動脈と静脈など。心臓がハートの形をしていることはこの時期にはすでに知られていました。医学の発展と宗教の発展によって広く知られたと思われます。宗教絵画に用いられ始めたのがいつ頃からなのかはわかりませんが。
「心」は現代では脳にあるとされていますが昔の人々は心というものは心臓に宿っているのだと考えていました。時期は医師や民衆がそう認識していた頃。理由は心理的要因により心臓に負担を感じたためです。シェイクスピアが創作したロミオとジュリエットを考えた場合納得できると思います。
(世界ふしぎ発見のようなテレビ番組からの情報の寄せ集めです。自分で調べたわけではありません。手術自体はエジプト王朝のころからあります。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

けっこう昔の(すいません今は覚えていませんが)アラビア地方の医学書に心臓の形として赤いハートが描かれていました。ハート=心臓と考えたとき、心臓と心の違いが問題になってくると思います。これから研究していきたいと思います、回答有難うございました。

お礼日時:2005/10/28 22:50

トランプのハートと矢の刺さっているハートは別ものと思います。


愛(男女)の象徴としての起源はおそらく聖バレンタインデーでしょう。
特にカードのやり取りにより一般化したのでは?

Hearts and Arrows

A heart (red or pink) with an arrow piercing through it is the most common shape and look for a Valentines, and even candles, candies, cookies, cakes, figurines, stuffed images, etc.ハ The heart is a symbol both of love and also vulnerability.

参考URL:http://www.brownielocks.com/valentinehistory.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

聖バレンタインですか、なるほど。聖人から探すのもいい視点ですね、参考にさせて頂きます。回答有難うございました。

お礼日時:2005/10/28 22:46

どことなくなんとなく | 雑記


http://dokotonaku.jugem.jp/?cid=2
こちらの方の調査によると(起源は多い様ですが)デュオニュソスの象徴であるセイヨウキヅタの形状と心臓の形、という事です。かなり古いようですね。

聖書植物園|植物INDEX|3.ツタ/セイヨウキヅタ
http://www.seinan-gu.ac.jp/shokubutsu/shokubutsu …
ちょっとハートには無理がある気もしますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。ツタとは面白い説ですね、生命力の強さもハートに関連ある気がします。もう少し調べてみますね。

お礼日時:2005/10/28 22:43

ハートの起源は心臓とか聖杯の形が変化したものとか言われています。

聖杯というのはトランプ起源説によるもので、スペード、クラブ、ダイヤ、ハートはもともと、トランプの原型タロット:小アルカナの剣(軍閥)、棍棒(農民)、貨幣(商人)、聖杯(僧侶)が変化したもので、ハートが赤いのは聖杯に赤ワインを注いだためといわれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。やはりトランプ説が有効ですね。一体いつからハートは愛の象徴になったのでしょうか?新たな疑問が出てまいりました。。

お礼日時:2005/10/16 00:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうろ覚え?うる覚え?どちらでしょうか!?

私はずっと「うろ覚え」と使っていたのですが

最近ネット上で「うる覚え」という表現を見かけるようになり
どちらが正しいのかわからなくなってきましたぁ~!

どちらが正しいのでしょうか?

※ちなみにCD-ROMの辞典で調べると「うる」は出てこなかったんです・・・。

Aベストアンサー

うろ覚えが正解です。

過去にもありましたね、この質問。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=167373

Qハートマークの謎

ハートマークの”ハート”が”心臓”ならば、あんな形はしておらず、なのにどうして、あんな形で、そして、なぜ女の子が”ハートマーク”を好むのでしょうか?

Aベストアンサー

別にハートマークは本来、心臓ってわけではありません。だから心臓と解釈するのは、本来間違いです。
ハートの形は、教会なんかで使う、聖杯の形から来ているとされます。
聖杯は、インディアナ・ジョーンズやアーサー王が探すと言う伝説でも登場しますが、
基本的には、杯の一種ってだけです。
伝説では、キリストの処刑の際に血を受けたということで、聖なる道具になっているわけです。
ついでに言えば、杯と言えばお酒、とりわけワインは儀式なんかではキリストの血と解釈されるので、
そこらへんから心臓のイメージと繋がるんでしょうな。

女性が好む理由は、明確には分かりませんけど、桃の形状と同様に女性的な図案だからという部分が
大きいと思います。
まぁ、世の中でハートを好む女性が圧倒的多数で、そんな中で、嫌うなんて選択肢を選ぶ女性が、
どれほどいるか?という部分もあります。
女性は基本的に、周囲と親和性を保とうとしますので、回りで好きという人が多い中では、
好きというのではないでしょうか。

Q交通事故死した動物を見つけたとき、どうするのがよいですか?

交通事故死した動物を見つけたとき、どうするのがよいですか?
質問文で言葉には気をつけておりますが、気分を害されるようなことがあれば申し訳ありません。

昨日夜自宅への帰り道、反対車線で交通事故死したと思われる猫の死体を見つけてしまいました。
2車線のうちの中央車線よりのほうです。
最初そこを通り過ぎる時に気づきました。
かわいそうに・・とは思いましたが、ここはアスファルトでどうにかしたところで埋める場所もないし、日曜の夜で市役所も開いてないし・・猫も轢かれて色々飛び出していて、どうしよう・・とも自問自答しました。
でもあの猫の死体を見て「気持ち悪い」と思う人がいるかもしれない。
そう思ったらあの猫に申し訳ない・人目のつかないところにせめて運んでなんとかしてやろうと思い、急いでUターンしてその場所まで戻りました。
うちにも猫がおりまして、直接猫の死体を触って病気を家に持ち込んだらマズイと思い、その時たまたま持っていた自分の着替えの服を持ってその場所まで近くに停めた車から走りました。
すぐ近くに先に猫を見つけた若いお姉さんもいました。(車をそばに停車し、私と同じようにUターンで戻ったようです)
お姉さんは警察をすでに呼んでくれていましたが、小さいビニール袋しかなくどうしようもできないで歩道で困っていました。
ただいつまでも猫の死体が道路にあるとまた轢かれてしまうかもしれないと思い、お姉さんと二人で私の服を被せて抱え上げ、歩道に連れてきました。
しばらくして警察が来てくれ、「ご苦労様でした。帰っていいですよ。」と言われ、そのままそこで解散となりました。

自宅に帰り夫に話したところ「普通警察は自分達で全部やるんだから、道路まで出て猫を歩道に連れてこなくてもいいんだ。お前が危ないからもうやるな」と言われてしまい、自分のしたことが間違いだったのかと思い、悔し涙が出ました。
猫をどうにかしている最中の私の身を案じてくれる気持ちはわかりました。
でも自分の中で、じゃあ警察がくるまで猫は何回轢かれてもいいからその場にじっとしておけということなのか?ということで昨日からずっと考えっぱなしで悩んでいます。
服を使ったことも、あまりいい顔はされませんでした。でも私は後悔していません。(服はそのまま猫にかけてそのままにしてきました)

このような事故死してしまった動物を見つけた場合、まずどうするのが一番よかったのでしょうか。
また、動物の死体はその後市役所経由?で火葬場がなにかに運ばれるのでしょうか。

私が小学生の頃にもこういうことがあり、友達と市役所に電話して助けを求めたことがあるのですが、市役所の人は猫をそのままビニール袋に入れて近くのゴミステーションに投げていったのが今でもトラウマです。(子供だけで電話をかけたので嘗められたのかもしれませんが)
まさか昨日私達が解散した後、猫はどうなったんだろう・・・というのが心配です。

乱雑な長文でしたが読んでいただきありがとうございました。

交通事故死した動物を見つけたとき、どうするのがよいですか?
質問文で言葉には気をつけておりますが、気分を害されるようなことがあれば申し訳ありません。

昨日夜自宅への帰り道、反対車線で交通事故死したと思われる猫の死体を見つけてしまいました。
2車線のうちの中央車線よりのほうです。
最初そこを通り過ぎる時に気づきました。
かわいそうに・・とは思いましたが、ここはアスファルトでどうにかしたところで埋める場所もないし、日曜の夜で市役所も開いてないし・・猫も轢かれて色々飛び出していて、ど...続きを読む

Aベストアンサー

もう回答は#2.3さんから出ていますの補足と言う形で。
死んでいれば、市役所に電話して下さい。
土日の夜間にも日直がいますので、電話を掛けて構いません。
これが結論です。
夜間ですので、当日回収は無理な場合もありますが、次の朝には回収されていると思います。

色々と疑問な部分が書かれていますので、お答えしたいと思います。
まず、道路上に猫の死骸が確認された場合、確かに可哀そうと思うのが一般の方の良識だと思います。
内臓が飛び出し、地面も血だらけで、毛も地面に張り付いて、顔も潰れ、歯は剥き出しで舌は伸びている。
そんな猫を歩道まで運び見えないように衣服を掛けてあげる、そんな方は本当に稀です。
それから、旦那さんの言う事も理解出来ます。
視界の悪い道路上で、もしあなたが交通事故に巻き込まれたならと思えばこその助言です。
実際、動物の死体回収は、昼間でも交通量が多いと物凄く危険を伴います。
本当に命懸けなんですよ。
お姉さんが警察を呼んだとの事ですが、警察も連絡が入ったのでしぶしぶ現場に向かい回収したのだと思われます。
次の日には市のクリーンセンターに持ち込み、処理してもらったはずです。

市役所経由で火葬場に運ばれるのかと言う疑問に対して。
クリーンセンターにそういう施設はありません。
哀しいかな、普通の可燃ゴミのピットに入れ、同じように焼却されます。
但し、但し、動物の死体を入れた際は、やっぱり軽く合掌黙祷し送り出します。
「今度生まれた時には、車に気を付けるんだぞ」。
そんな感じで送り出しますが、でも現実的にはもっと多くのゴミ処理をしなければならない為、その事だけを引きずる訳にも行かず、忘れてしまうのが現実でしょうか。
犬猫だからと言う事で無く、タヌキ、キツネまでは回収しました。
テン、イタチ、リス、鳥や蛇はさすがに回収を命ぜられた事はありません。

子供の頃、市役所職員がゴミ箱に入れた事が「トラウマ」との事ですが。
市役所から「ゴミの出し方便利帳」のようなものが各戸に刊行されていませんか。
その中に動物死体の出し方も書かれているはずです。
どうしようも無いことなのですが、動物死体は「もの」扱いなのです。

あの猫はどうなったかと言う疑問は、前文で記載しましたが、警察が月曜日にクリーンセンターへ持ち込み焼却となります。
警察内で焼却処理する事はありません。

もう回答は#2.3さんから出ていますの補足と言う形で。
死んでいれば、市役所に電話して下さい。
土日の夜間にも日直がいますので、電話を掛けて構いません。
これが結論です。
夜間ですので、当日回収は無理な場合もありますが、次の朝には回収されていると思います。

色々と疑問な部分が書かれていますので、お答えしたいと思います。
まず、道路上に猫の死骸が確認された場合、確かに可哀そうと思うのが一般の方の良識だと思います。
内臓が飛び出し、地面も血だらけで、毛も地面に張り付いて、顔も潰れ、歯...続きを読む

Qエルサレムに、なぜ3宗教の聖地が在るのですか?

エルサレムでは、紛争が延々続いていますね。
あんなに狭い所に、ユダヤ教・キリスト教・イスラム教という3宗教が聖地を持っているから、トラブルが起きるのは当たり前だとは、とは思います。その3つの宗教は、ユダヤ教、それから発生したキリスト教、そしてそれらと影響のあるイスラム教、という関連のある宗教ですね。
世俗的には、エレサレムの街自体は、たとえば交通の要所とかではなく、たいして重要な街とは思えません。
それなのに、、なぜ3宗教は、エルサレムに聖地を持っているのですか?
たまたまエルサレムに3聖地が混在するだけなのですか? あるいは、歴史上や宗教上で、何か慨依性を持っているのですか?

Aベストアンサー

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ(イスラエル)の地にやってきて、神様は「よーしお前ら、ここをお前たちに与える」と畏れ多くもありがたくおっしゃいました。しかしそこは当然先住民がおりまして、「なんか、先に住んでる人がいますけどこれはどうすればいいですか?」と伺いましたところ、「お前たちに与えたから殺しちゃってオッケーよ」とおっしゃいました(本当)。かくして彼らはそこにユダヤ人国家を作りました。ユダヤ人がイスラエルを「約束の地」と呼ぶのはそういうことです。
そんなこんなの経緯は旧約聖書に書かれています。

さて、ユダヤ教徒はエルサレムに神様を祭る壮大な神殿を作りました。その頃がユダヤ教とユダヤ王国の絶頂だったといえるでしょう。その後神殿は破壊されてしまい、その一部が残るのみとなりました。その遺跡が「嘆きの壁」と呼ばれるところで、そこでは常に敬虔なユダヤ教徒が祈りをささげていますが、そのお祈りの内容は、「神様、あの栄光の日々がまた訪れますように」というものです。その「また訪れてほしい栄光の日々」とは3000年くらい前の話なんですけどね。

ユダヤ人の国は、あんなこんながイロイロとありまして分裂したりして、やがてローマ帝国の属州となりました。ローマ帝国ってところは実は非常に寛大な帝国で、帝国に従うなら信教の自由も認められていました。日本人レベルでいえば、「それならいいじゃん」というものですが、「この世で神様とお呼びしていいのはおひとりだけ」と信じる彼らにとって異教徒がウロウロしているのが非常に気に障って障ってしょうがないのです。イスラエルでは、ローマ帝国に対するテロ活動が盛んでした。
ユダヤ教徒の歴史では、そういう「ユダヤ人受難のとき」にはエリヤとか神様の言葉を預かる「預言者」が登場して人々を導きました。ユダヤ教徒たちは、そういう「救世主」が出てくることを待ち望んでいたのです。

そういったタイミングに登場したのが、ナザレ生まれのイエスでした。イエスはユダヤ教史上、というか宗教史上において革命的な言葉を発しました。「ベイベー、愛だぜ」と。彼は、あの神様のことを「父ちゃん(アバ)」と呼びました。後になんだかんだでイエスは神の子となりました。マリア様が処女のまま神の子を受胎したお話はご存知でしょ?
それがどれだけ革命的であったのはまた別の機会に譲るとして、「憎みあうより、愛し合おうぜ」と言い出したイエスは人々からローマ帝国を排除する指導者となることを熱望されましたが、「だから俺は憎みあうのは嫌なんだよ。愛し合おうぜ」といって人々を失望させ、エルサレムからすぐ外に出たところのゴルゴタの丘で十字架にかけられてしまいました。
その後、実は一度もイエスと会ったことがないパウロが「イエスは救世主(キリスト)だったー!」と言い出してキリスト教が誕生します。なお、旧約聖書では「救世主はベツレヘムに生まれるよ」と書いてあったので、イエスはベツレヘムで生まれたことになりました。
当然のことながら、キリスト教にとってエルサレムは「イエスが十字架にかけられた場所」ですので極めて重要な聖地であります。

そのイエスが十字架にかけられて50年くらい経ったとき、「もう我慢ならねえ、ローマ人は出ていけ!」とユダヤ人は反乱を起こしました。それ以上にブチ切れたのはローマ人です。「人が下手にでてりゃあ属州のくせにでけえ態度をしやがって。ローマ帝国の恐ろしさを骨の髄まで教えたるわ」と本気で怒り、反乱を鎮めただけではなく、何かとややこしい神殿を破壊し、「ややこしい神を信じてるお前らはこの辺りに住むんじゃねえ」とユダヤ人をパレスチナから追放しました。
これがディアスポラです。以来約2000年、ユダヤ人はイスラエルの地に再びユダヤ人の国を再興することを願いながら世界中でお金を稼ぐこととなります。

時代はずーっと下りまして、メッカの洞窟で、青年ムハンマド(マホメット)の前に大天使ガブリエルが現れて「君が預言者だよーん」と告げました。イスラム教の誕生です。ムハンマドの元にガブリエルを派遣したのはあの、例の、何かとややこしい「神様」でいらっしゃいます。そういや、マリア様の前に「あなたは神様の子を宿したよ。おめでとう」と告げに来たのもガブリエルでした。ガブリエルさんはどうもややこしいお仕事を何度もされているようです。
ムハンマドのあまりに偉大な足跡に関していちゃもんをつけると冗談抜きでアルカイダから死刑宣告されてしまいますので、それについては割愛します。
イスラム教にとって最も重要な聖地は、ムハンマドが神の啓示をうけたメッカです。しかしムハンマドは一神教教徒なわけですから、「死ぬまでに偉大な神殿があったエルサレムで死にたいなあ」と当然といえば当然で、ややっこしくなることを願います。
そして、そのエルサレムの地で天に旅立ってしまったのです。エルサレムはイスラム教にとっても「教祖様が入滅された場所」となってしまったのです。

かくして、エルサレムの地はユダヤ教徒、キリスト教徒、イスラム教徒が俺の場所だ、いいや俺の場所だと大変にややこしい場所となってしまいました。

まずですね、一神教ってのが興るんです。「世の中に神様と呼ばれるお方はおひとりだけ」という考え方です。
この一神教の神様は、ユダヤ教が呼ぶヤハウェ、キリスト教が呼ぶゴッド、イスラム教が呼ぶアッラー、全て日本語に訳せば同じ「神様」です。
この神様はモーゼさんの前にそのお姿を現したときに、「俺以外の神扱いされてるやつは全部ニセモノのまがいもののファック野郎だ!」とおっしゃいました。そこを起源にしてユダヤ教が始まりました。
ま、いろいろ経緯はありましたが、ユダヤ人一行は今のパレスチナ...続きを読む


人気Q&Aランキング