これから家を建てようと計画をしています。主人も私も木造がいいと考えていますが(ツーバイフォーではなく、在来工法の方がより理想)同じ木造といってもいろいろ異なると思いますし、柱の太さなども違うと思います。工法については各社のホームページ等に概略が説明されていますが、柱の太さについてはどんなに調べてもよくわかりません。そこで各社の柱の太さを既に建てられたなどでご存知の方、教えていただけませんか?
今候補にあげているメーカーは
・住友林業
・一条工務店
・積水ハウス
・東日本ハウス
です。ちなみに二世帯なので3階建てを希望しています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

設計事務所を主宰する者です、ご質問の趣旨とは少し離れるかもしれませんが参考にしてください。


ハウスメーカー77社/個別診断という本が出版されているようです。下記アドレスに掲載されています。
http://www.kj-web.or.jp/sinkan/hausu.htm
納得の出来るお家を希望でしたら、客観的な立場で、何でも相談できる、よい設計者をパートナーに選んで話を進めたほうがよいと思います。設計事務所は敷居が高いと思われがちですが、そうでもありません。
設計事務所を理解するのに
http://www.aurora.dti.ne.jp/~yoneto/Whjimusyo.html
を参考にしてください。
また多くの設計者に出会えるサイトを下記に紹介いたします。
設計を依頼されたお客様にいつも読んで頂いている本があります。
大変お勧めです。
それでも建てたい家(新潮文庫)著者:宮脇檀

参考URL:http://www.aims-system.co.jp/patio/service.html
    • good
    • 1

各社さんほとんど一緒で、一般地で3寸5分、積雪地で4寸です。


3階建てを建てるにあたっては木造さんはお薦めいたしません。なぜなら、どうしても管柱になってしまい、強度的に不安なこと、耐震性は皆無に近いこと(建築基準法が極めて甘い)、火災時などの対策がうすいことです。
住友林業さんはイノスグループと呼ばれている地元工務店さんの施工になります。
一条工務店さんは近所の大工さんに丸投げが基本。
積水ハウスさんのシャーウッドは、積和建設さんが施工し、工法はアイフルホームさんとほぼ一緒です。
東日本ハウスさんは近所の大工さんに丸投げ。
こんな状況で、カタログにあるような強度が出せるとはとうてい思えません。
ですので、軽量鉄骨や鉄骨の3階建てにして、内部造作にこって見てはいかがでしょうか。安全と安心、そして木造の心地よさが一気に手に入ります。
    • good
    • 4

rittanさんの答えにまず少し補足しますが、3.5寸とは105mmです。



通常やはりこの3.5寸柱で、通し柱(1~2階を1本の柱で通す個所。家の角に多い。その他は1,2階でそれぞれになってます)のみ4寸(120mm)でしょう。

実は私の所は豪雪地帯で、そういった地域は全ての柱を4寸にすることも多いです。もちろん柱は太いほうが強いのでそういった施工を標準仕様でやってるメーカーであれば大々的に宣伝すると思います。

HPをご覧になってどこにも書いてなければ標準で3.5寸、オプション又はプランにより4寸の可能性が高いと思います。
メーカーに問い合わせれば教えてくれると思います。

ただし、3階建ですとまた別の法令が適用になり、通常の施工法だと、1階の通し柱は135mm(4.5寸)にしなければなりません。

今は在来工法の中でも、いろいろな工法があり、135mmを使わなくても良いこともありますので詳しいことはなかなか資料やHPではわかりにくいかもしれません。

あと柱など構造材は樹種があると共に、乾燥材かグリーン材(生木)かの違いもあります。
乾燥材の方が後からのくるいがないのですが、高価です。
いずれにしてもご予算に応じてということになってくると思います。

工法や材料のことは大抵、住宅ガイド(既に建てた方のお宅の外観とか間取りを紹介してるの、ありますよね)の巻末のほうの各工務店のページなどに一般の方向けにわかりやすく解説したものがあると思いますので探してみてはいかがでしょう。
    • good
    • 2

一般的には3.5寸で、それ以上はご予算の都合になります。


柱の太さも大切かもしれませんが、柱材の質も考慮した方がよいと思います。
対象メーカーの施工中現場をご覧になって検討材料にするのも良いと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q柱の構造材は無垢財?集成材?

柱の構造材は無垢財?集成材?現在、木造軸組工法で35坪程度の新築を予定しているのですが、もともと柱の構造材は、米ヒバ無垢材とのことだったのですが、地鎮祭が終わって、店長から「今までの予定では米ヒバ無垢材での柱の予定でしたが、シロアリ補償が5年となります。もし集成材(たしか赤松)の柱へ変更すれば、シロアリ補償は10年にできます。」との提案がありました。金額差はないとのことですが、実際長い目で見た場合、柱には、米ヒバ無垢材か集成材(赤松)か、どちらの方が良いのでしょうか??皆様、アドバイスのほどヨロシクお願いします。(ちなみに構造概要は布基礎、基礎パッキンt20、土台:米ヒバ、梁:米松、根太レス工法、断熱材:ロックウール、外部はコロニアル葺、外壁:クボタ松下外装セラ16tで、地元の工務店での施工です。)

Aベストアンサー

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で構造材として土台や柱に最適な北米針葉樹です。
・外壁や防水シートからの万一の漏水、壁内結露による結露水、虫害などの耐久性は集成材に比べると大です。
・無垢材というのは乾燥度合によって強度や寸法安定性(変形)が大きく違ってきます。乾燥度合は含水率表示といってJASで規定されています。無垢材と集成材の強度比較を含水率抜きに端的にしてしまうと危険です。含水率が低いほど強度が増し、変形が減ります。含水率の主な表示はD25%、D20%、D15%(KDやSD表示もある)でD15%が最も優れている。土台や柱程度の太さならD15であることが望まれる。これでも、居住後壁仕上材の不陸やクラックなどが確認される例も多数ある。これは無垢材の特徴であり、予め想定していた範囲内というお客様もいるが、説明を聞いていたにも関わらずクレームとして扱うお客様もいるのが現状で、お客様をどちらかに分類して材料を決めるということは工務店サイドとしては難しい。クレーム対策として結果的に集成材を使用する工務店も少なくない。
・それなら何故最初から集成材ではないのか?これは推測ですが、工務店としては使用実績もあり、信頼していた材料だったが、瑕疵担保履行法が施行され、保険加入が義務付けられた。その保険会社は集成材やJAS認定材しか認めなかった。工務店のNON-JAS材の米ヒバ乾燥特一等材KD15%という仕様を柱として認めなかったのかもしれません。

いずれにしても無垢材は含水率が決定的な要因、必ず調べてください。梁の米松乾燥特一等材についても調べてください。細いものはD15、太いものはD20が目標値です。最近では一本一本強度を計測し、柱表面にE95-F315という強度等級の表示をしているものも出てきています。

欧州赤松集成材に関して
・無垢材と違って含水率の心配は不要なくらい極限まで乾燥した材料です。寸法安定性に大変優れていて、変形は僅かです。強度等級の表示もされています。前述の通り強度比較は無垢材の含水率なしには語れませんが、強度面では安心安全の構造材といえます。
・耐久性は小です。極小は同じ集成材でスプルースやホワイトウッドの類のものです。屋外暴露状態では1~2年で無残な姿へ変わります。欧州赤松はもう少しマシかなという程度です。この短所を補うために注意する点は3点。屋根、外壁の防水工事と断熱材室内側の防湿工事と高さ1mまでの木部への防蟻工事です。施工技術が基準を満たしていないと大問題に発展する恐れがあります。集成材の長所を活かすために最低限必要な知識と技術が、その工務店に備わっているかどうかが鍵です。しかし、実際にそんなことを素人さんに見抜いて下さいと言っても無理な話です。
ということで質問者さんにとっては米ヒバが良いのではないでしょうか?補償期間のことを気にする必要はまったくないと思います。ご自身で3年毎に床下点検口から土台の状態を点検すれば解決します。

ちなみに私の設計で集成材を好むお客様には、耐久性が大の檜(芯材)で作った集成材を使用することが多いです。欧州赤松も使用しますが、前述の通り工事段階で職人さんが嫌がるほど見回らなければなりません。コストは安価なので、短所対策が達成できればお客様には喜ばれます。

以上、参考になりましたか?家族にとって特別な場所、愛すべき住まいが無事完成するよう応援しております。

讃岐の建築家です。
この工務店には正直に言ってもらいたいですね。残念です。

白蟻補償期間のメリットを説明して米ヒバ乾燥材から欧州赤松集成材へに変更を提案するのであれば、白蟻被害の対象部である土台や大引は何故提案から除外したのでしょう。工務店の狙いは別にあると考えます。一応、大壁工法(柱が壁に隠れて見えなくなる)を前提に話を進行します。

米ヒバ乾燥材に関して
・強度(曲げ、圧縮、せん断)は杉以上檜以下、ヤング率は檜以上松類以下、硬度はやや軽軟で杉以上檜以下、耐久性は大で...続きを読む

Q木造軸組工法 柱の太さについて

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
管柱                    =105ミリ角
筋交い                   =45ミリ×90ミリ
---------------------------------
となっていました。
通し柱は120ミリ角は最低でも必要だ!って聞いた事があるんですが
105ミリ角の通し柱も使用しているようです。
120ミリ×105ミリって言うのもありました。
このサイズをみて、2階建の木造住宅の仕様として、
どんなもんなんでしょうか?こんなもんなんでしょうか?
危険なものでしょうか??
よろしくお願いします。

木造軸組工法で新築工事をやっている最中です。
基礎の幅、土台のサイズ、柱の太さ等、現場で計ってみたのですが
基礎(ベタ基礎)の幅            =120ミリ
基礎の立ち上がり(コンクリート底面から)  =390ミリ
土台                    =105ミリ角
通し柱(家の中央の1本のみ)        =120ミリ角
その他通し柱数本              =120ミリ×105ミリ数本
それ以外の通し柱              =105ミリ角
...続きを読む

Aベストアンサー

地方にもよりますが、東京近辺なら在来工法としては上の中くらいは評価できると思いますが。。。

管柱でも100ミリ角が一本も無いというのはないというのはご立派ですが、不満足とすれば関西以西の方でしょうか?

多分、通し柱を全部120ミリ角にしても、耐用年限が100年から130年に延びるということだと思いますが一般に都会では

設備面が先に古くなるので、耐用年限までは考えない傾向があります。

西欧のように設備やサッシュを取り替えながら、何百年も使うとすれば全部150~240ミリ角くらいの柱がいるかと思います。

Q【赤松(アカマツ)の山が欲しい】赤松山がどこかで売りに出ているとか分かりますか? 赤松の周りに松茸

【赤松(アカマツ)の山が欲しい】赤松山がどこかで売りに出ているとか分かりますか?

赤松の周りに松茸が出来るらしい。

いま赤松山でも松茸が出来ない赤松山でも良いです。

赤松山が欲しい。

山の売買ってどこで見れるの?

Aベストアンサー

売ってないと思いますが・・・。(^_^;)

とりあえず不動産屋さんに相談ですかね。
後は、ネットで探すか・・・。ちょっと検索かけたんですが山林の売買はあるようですが、赤松の山をどうぞっていうのはないですね。

Q積水ハウスと積水ハイム。

本当にくだらない質問なんですが
積水ハウスと積水ハイムは名前が似ていますが
何か関係があるのでしょうか?

Aベストアンサー

No.2さんのおっしゃる通りで
積水化学工業(株)の住宅部門が独立したのが積水ハウス、
その後 積水化学工業(株)社内に新たに作られた住宅部門がセキスイハイムです。
積水ハウスの筆頭株主は今でも積水化学工業(株)です。
しかし営業マンも説明が面倒なのか「まったく関係ない」と説明する人が多いようです。

Qこの幼木は赤松でしょうか

お世話になっております。
赤松が欲しくて園芸店をまわったのですが、市場で扱っていないと言われました。
樹皮が赤いのが赤松と思っていたのですが、
幼木は黒松と区別が付かない気がしました。
そこで写真は赤松(だと思うのですが)どうでしょうか。
幼木で赤松と黒松の区別の付け方を教えて下さい。
どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

樹皮も判りやすいですが、冬芽の色が赤だと赤松、白だと黒松です。
下記URLご参照。

参考URL:http://blogs.dion.ne.jp/kozy1956/archives/5179823.html

Q給水工事の工法は分岐工法かヘッダー工法か?

現在、新築一戸建てを検討中で給水工事の工法で迷っています。
4LDKで2階建てですが、2階に水周りはありません。給湯はエコキュートです。
お風呂使用中に台所やトイレを使用したときに水量が減ったりしないようにしたいのですが、この場合さや管ヘッダー工法がいいでしょうか?
HM標準は分岐工法でヘッダー工法にすると15万のコストアップになります。
分岐工法でも、樹脂管のサイズを大きくすればいいでしょうか?

Aベストアンサー

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧が落ちるエコ給湯みたいなので。
あくまで個人的にですが気にならないと思います。(シャワーについては、台所等の同時使用の場合は気になる場合もあるかもしれません)
どこまで質問者様が気にするかだけの問題です。

※ヘッダーにしたからといって水量の変化は必ずあります。あくまで少ないということだけです。メンテも床下は入れるなら特に問題なしと考えます。
気になるならシャワーだけ簡易ヘッダーみたいに一番手前で分岐をして配管してもらっては?どうなるかはわかりませんが・・・。

理想はヘッダーでしょうね。

でも予算等当然あることなので先分岐工法でも問題ないかと思います。
従来の配管はすべて分岐工法ですよ。

メインの樹脂管を16Jで配管してもらいましょう。(20mm相当とメーカーは言っています。ただしチーズ等がない場合ですが)あくまで水道メーターが20mmという前提です。

ヘッダー 先分岐工法どちらも施工していますが、先分岐工法で苦情等在ったことは無いです。
理屈上はヘッダーと比べれば確かに同時使用率において流量の変化は激しいですが・・・特に水圧...続きを読む

Q梁材として欧州赤松と米松どちらがいい?

今検討しているハウスメーカーの梁が欧州(ロシア、スウェーデンなどの寒い地域)の赤松なんです。他のハウスメーカーは全て米松です。
赤松のメーカーに言わせると米松より赤松の方がいい材料だといいますが、ネットで木の値段を見ると米松の方が高いんです。
赤松、米松それぞれ同じ木でもランクがあると思うから、それによってまた違うのでしょうか。
話が違いますが赤松なら国産が一番いいのでしょうか?
ハウスメーカーは自分のことろが一番いいっていうので、言ってることがみんな違うしわからないので、教えてください!

Aベストアンサー

米松の方が良いと思います。一番良いのは地松だと思いますが、日本の風土に合った木が最高です、(梁、桁、母屋、束)など構造材を見出しにして内地の杉でやる方法もあります。ハウスメーカーだけでなく在来工法で大工さんにも聞いたらどうですか。

参考URL:http://park7.wakwak.com/~kanoukentiku/sekkei.htm

Q構造について(枠組壁工法木造スレート葺)

枠組壁工法木造スレート葺

これは普通の木造に比べて防音効果はありますか?
現在、木造のハイツに住んでいるのですが
隣の人の音が結構気になります。
掃除機をかける音、押入れの戸を閉める音、電話の呼出音などが聞こえてきます。
今度の部屋が上記の構造なのですがどのようなものなのでしょうか?

Aベストアンサー

この工法は、いわゆるツーバイフォーというやつです。
筋交を使わず壁面材で水平力を受ける構造です。
防音性能とは直接関わりは無いと思います。

重要なのは隣との界壁に防音処置がされているかです。
壁が厚いか、遮音材、吸音材が使われているか、ちゃんとした図面コピーを見せてもらう必要があります。
私が今住んでいるところは軽量鉄骨造のハイツなのですが、図面を見て、
界壁にALC板(厚さ100mm程の発泡コンクリート板)らしきものがあったので入居を決めましたが、
期待通り壁越しに隣の音が聞こえたことがほとんどありません。

いちおう法的に界壁の遮音性能は定められていますので、
古すぎない建物なら、最低限は大丈夫だとは思いますが・・なんとも言えません。

Q赤松良子(元文部大臣)について

 赤松良子氏(元文部大臣)について調べています。インターネットで調べているのですが、経歴などは出てきても、その人柄といったモノは出てきません。赤松氏がどういう人柄なのか、誰か知っていらっしゃる方、書籍、HP、新聞記事なんでもいいので教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

NHK「プロジェクトX~挑戦者たち」で、
「男女雇用機会均等法を作り上げた労働省の女性官僚達」の話題が
取り上げられました。そのリーダーが赤松さんです。(参考URL)

番組の中で、彼女が、働く女性達へ贈った言葉は
「がむしゃらに勉強をしなさい。そして働きなさい。
チャンスはいつか巡ってきます。夢は必ず叶います。」
だったとか…

「プロジェクトX」は順次、再放送されているようですので、
機会があればご覧下さい。
http://www.nhk.or.jp/projectx/

参考URL:http://www.nhk.or.jp/projectx/34/

Q天井壁にひびがひどく、在来工法木造住宅築10年心配

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家がきしみ、ふすまの上にひびが入るくらい、それでも、雪が解けてからは、元通り、ふすまが開く状態でありましたので、一安心していましたところ。
今年になってから、二階の部屋の各所に、天井から床まで縦にひびが入り、ボードの中まで亀裂が入っています。
小さい部屋では、天井には亀裂は入っておりませんが、大広間10畳の天井には、天井の真ん中から十字に壁まで亀裂が入っています。
壁材・天井の材質は、耐火ボード(石膏ボード)のような感じのものです。
(基礎がないところにくぎを打てばゆるゆると外れるようなボード)
それで、倒壊しなければ見栄えが、悪くても良しとするところですが、心配です。
因みに柱は節があるタイプのもので、当時大工に、柱に節があるけれど、大丈夫?と聞いたところ、
今の普通の家よりも、この家は、昔の家のように柱は太いのを使っているから大丈夫と言っていました。
今不景気で、リホームも難しい中、倒壊だけは避けたいのです。
柱がゆがんでいるぐらいなら良いのですが・・・・・

私の家は、築10年目を迎える在来工法の木造住宅です。
5年前に一階の壁のクロスにひびが出始めました。
窓枠の上に一本ひび割れが天井までと部屋の四隅に少しひびが少し、その時に、工務店に見てもらいましたが、木造の住宅ではよくあることですと言われ、なにかパテのようなものを塗っただけの対応でした。
その後、他にはひびが出てきませんでしたが、それから2年後に、窓枠の下にひびが出始めました。
そして、それから一年後、こちらは雪が積もる地域で、大雪になり、二階のふすまが開かないくらいに家が...続きを読む

Aベストアンサー

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会社が有りましが、これは笑えました。実際、積雪の重さは象より重いからです。建築を知らない建築会社だということを全国に宣伝して笑いものになりましたね。

話を戻しますが、不動沈下が有るかないかは上を見るのではなくて床を見ます。
パチンコ屋さんで遊んだ帰りにパチンコ玉を数個持ち帰ったことはありませんか?
廊下や板の間など平らな床面にパチンコ玉を数個置いてみましょう。
家中どこに置いても置いたところに留まっていれば合格ですし、散らばったとしてもばらばらの方向に散らばるならば良しとしましょう。もし数個のパチンコ玉が同方向に一斉に転がるようだと、家全体が傾いているということになります。

家全体が傾く原因の第一は基礎の不動沈下です。
不動沈下ですと、建物内部を小手先で補修しても解決になりません。

立地が道路よりも低いとか、昔、田んぼや、窪地、沼地だったところで、地盤改良を十分に行っていない場合には良くある話です。
確認の上、不動沈下が疑われる場合はすぐに専門家に相談しましょう。。10年以内だと建築会社に瑕疵保証を要求できるかもしれませんので、専門家(消費者センター、弁護士事務所の法律相談など)に建築請負契約書を持ち込んで相談されることをお勧めします。

柱の節は強度には関係しません。むしろ節が有る方が強いとも言われている位です。

ちょっと心配なのが、基礎の不動沈下です。
基礎は東西方向、南北方向ともに端から端まで水平でなくてはいけませんが、地盤の強度が均一でない場合、片方だけが地盤ごと沈下することがあります。そうすると基礎の上にたっている木構造には曲げの力が懸かります。とくに大雪のときなどは何トンもの荷重が家全体を曲げようとする力が懸かります。昔、”我社の建物は頑丈です”ということをアピールする為に家に象を乗せた広告をした会...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報