今、ドラマで「野ブタ。をプロデュース」をやっていますが勉強が忙しくなってきたので、もう続きが見れないのです。第一話をみてしまったので、最後がかなり気になります!!
本が出ている、ということなので
原作本を読んだ方、ネタばれOK!なのでストーリーを教えてください!

A 回答 (2件)

電車の中吊り広告でみたので確かではありませんが、テレビでは虐めらっこは女の子ですよね?本では男の子です。

最初の設定から違っているので、本のストーリーで満足頂けるかわかりませんが、ごくごく簡単に書いておきます。

主人公の修二はクラスで人気者。頭が良くおもしろく、勉強も人間関係も思うままになると自信を持っていて、表面だけの友達がたくさんいて、虚しくも楽しい学校生活を送っている。親友も彼女もいるが、心を許しているわけではなく、表面だけのつきあいしかしたくないと思っている。ある日転校生が来るが、デブでわかめ頭の冴えない容姿と言動で、誰にも相手にされない。修二はその転校生を人気者にすべくプロデュースする事にする。親切心ではなく、ただおもしろそうだったからと、自分の力を試してみたかったから。
「野ブタ」とあだ名を付け、丸刈りにし、ズボンをわざと破いたりして着々と野ブタを人気者に仕立てる。ますます自分の力を過信する修二だが、親友の一人がチンピラに絡まれるのに気がつかなかった事がきっかけで、ほころびが出る。クラス中の村八分になり、「最初からおまえはそういう奴だとわかっていた」と言われ、彼女にも信用されていないことがわかる。心を許さずに表面的なつきあいを心がけていた修二だが、本当は友達や彼女を精神的に頼っていたことに気がつくが、既に遅い。
居場所がなくなった修二は転校し、転校第一日目、新たに自分をプロデュースすると決心する。・・・というところで終わり!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

分かりやすい説明、ありがとうございました!

お礼日時:2005/11/01 20:03

回答にはなっていないので申し訳無いのですが



原作とTVでは違う部分がいくつもあり
最後も原作とは違う可能性もあります。
私は断然原作のほうをおすすめします!
(出演者が良くないと言う意味ではありません)
原作本は文字も大きく会話部分も多く
4~5時間もあれば充分読めます
勉強の気晴らしに読まれるのをおすすめします。

「勉強が忙しくなってき」とは受験生さんでしょうか?
我が家にも受験生がいます
見たい番組は録画をして食事時に見るようにしています
がんばってくださいね。

回答ではなくてゴメンナサイ。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q野ブタでの山p

野ブタでの山pがなぜ特別出演になってるのでしょうか?

Aベストアンサー

特別出演というのは、一般的には、ドラマでの役が
出演者の格に見合わない、即ち役不足の場合のエクスキューズです。

多くは、大物俳優がチョイ役に近い小さな役で出演するような場合、
製作側が配慮して、
「本来このような端役はお願いできないような格の高い俳優さんですが、
特別にご出演いただいています」
という意味で(特別出演)のクレジットをつけます。

その点からすると「野ブタ…」で、大物俳優でもなんでもない
山pこと山下智久が(特別出演)となっているのはかなり異例だと思います。

これは、山下智久よりも事務所内での格が下の亀梨和也が主演(トップクレジット)となっているので、
両者のバランスをとるためのようです。

一般の視聴者にとっては分かりにくい話ですね。

Q野ブタ。をプロデュースの本の最後。

今年の読書感想文で、野ブタ。の本にしようと決めました。主人公の気持ちが、たくさん書いてあったので、書きやすいし、テレビもおもしろかったので・・・
それで、すべて読んだのですが、いまだにわからないのが最後。
修二が最後、嫌われた?みたいな感じで、野ブタのプロデュースも終わってしまって、その後です。テレビでは、転校してしまいましたが、原作も転校したのでしょうか?
そして、マリ子、野ブタとはどうなってのでしょうか?
こんなのを題材にしてしまったのもどうかと思いますが、最後は気になるので、どうかお答えお願いします。

Aベストアンサー

すべて本を読んだのに、結末を聞くんですか?

クラスの人気者を演じていた修二くんは、ある出来事をキッカケにクラスの友人たちに嫌われていきます。マリ子ちゃんは最後まで修二くんの味方でしたが、そのマリ子ちゃんをも突き放し、人気者になった野ブタにプロデュースは終わりだと告げます。
転校した修二くんは、今度こそ自分自身を完璧にプロデュースすることを決心しました。

そんな感じです。原作はドラマほどハッピーエンドではないですね。

Q野ブタ。のプレゼントの宛先・・・。

今日の野ブタ。のプレゼントの宛先ビデオに録るの忘れちゃって・・・。。
誰か、野ブタのCDプレゼントの宛先知ってる人いませんか?!

いたらぜひ教えて欲しいです!!

ビデオに録ったって人も!

お願いします!!

Aベストアンサー

〒103-8654

日本テレビ
「野ブタ。をプロデュース」主題歌CDプレゼント係


締め切りは 11/19 当日消印有効です

Q原作本を探しています

2年くらい前に、テレビであるサスペンスドラマの再放送を見ました。話の内容としては、男が殺されて、刑事が捜査に乗り出すんですけど、どうも殺された男の元妻だったか恋人が怪しい。ってことになって、その女のとこに話を聞きに行くんですけど、女の家庭が嫁、姑の仲が悪くて顔をあわせるといつも口論といった感じなんです。でもよくよく調べていくと、実は二人の仲が悪かったのはアリバイを作るためのお芝居で、そのドラマのラストシーンでは、刑事に全てを知られた姑が自殺するために線路を歩いている。というものです。エンドロールを見たら。確か原作者のとこに、森村誠一と出ていた気がするんですけど、どうも記憶も曖昧で…。分かりにくい説明ですみませんが、どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

先日読んだ推理小説の内容がよく似ているので
一応お知らせします。
松本清張「喪失の儀礼」
嫁と姑の仲が悪いことをアリバイ代わりにしていました。

Q野ブタみたいな話

野ブタをプロデュース。を読み終わりました。
すごく修二の気持ちがわかると思いました。
恋愛ものや病気で死ぬとかそういう感動はいりません。
野ブタをプロデュースのような、ハッピーエンドじゃなかったり、きれい事なストーリーじゃなく、人間の嫌な部分が描かれていたり、考えてしまうような小説ってありませんか?
できれば学生の話がいいのですが。
そういう感じでオススメがあったら教えてください。

Aベストアンサー

「野ブタ。をプロデュース」が面白かったなら、重松清さんはお勧めですよ。

きれい事ではない現実にマッチした話を多く書かれている方で、どれも面白いのですが、「学生の話」ということでしたら「ナイフ」と「エイジ」が良いと思います。

もしもう既読でしたらごめんなさいね。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4101349134/249-0555376-1001919

Qドラマの原作のような本(ミステリー・サスペンス)

アンフェア、ケイゾク、QUIZ、あなたの隣に誰かいる、リミット、のようなTVドラマの原作本や類似する本を教えて頂きたいのですが。
ミステリーやサスペンス系が大好きで、映画やドラマを見てたのですがやはり本で読んだ方が自分の中での描写が広がり最近は読書の日々です。
和洋問いませんので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

辻真先氏の作品のいくつかが、昔「土曜ワイド劇場」で小野寺昭と川島なお美&石川ひとみ主演でシリーズでドラマ化されていました。
http://sb-p.jp/oishi/dowai/series/konyakulist.html
辻氏はNHKのテレビ番組の制作に関わっていたり、アニメの脚本も書かれていた方です。
こういう経歴からか小説には必ず笑える描写があるなど、読者を飽きさせない工夫がしてあります。
私は辻氏の作品のあとがきが面白くて好きです。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%C4%D4%BF%BF%C0%E8

東野圭吾作品も映画やドラマ化していますね。
個人的には、東野氏の作品はどれも映像化されておかしくない内容だなと思います。
でも「眠りの森」のドラマ(これも土ワイ。ドラマはタイトルが微妙に違う。)はあんまり面白くなかった。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%C5%EC%CC%EE%B7%BD%B8%E3

No.2さんが名前を挙げている岡嶋二人氏の作品も、映像化できそうな感じのするものが多いです(特に「そして扉が閉ざされた」「99%の誘拐」など。)。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%B2%AC%C5%E8%C6%F3%BF%CD

辻真先氏の作品のいくつかが、昔「土曜ワイド劇場」で小野寺昭と川島なお美&石川ひとみ主演でシリーズでドラマ化されていました。
http://sb-p.jp/oishi/dowai/series/konyakulist.html
辻氏はNHKのテレビ番組の制作に関わっていたり、アニメの脚本も書かれていた方です。
こういう経歴からか小説には必ず笑える描写があるなど、読者を飽きさせない工夫がしてあります。
私は辻氏の作品のあとがきが面白くて好きです。
http://mystery.parfait.ne.jp/wiki/pukiwiki.php?%C4%D4%BF%BF%C0%E8

東野圭吾作品...続きを読む

Q野ブタ。のエンディングのブタって?

野ブタをプロデュースで、エンディングに出てくるピンクと緑のブタは誰と誰を意味しているんですか??

Aベストアンサー

ピンク→修二
緑→彰

ですよ~(^^)

Q映画の原作本

別にファンというわけではないのですが、子供のころから007シリーズを映画で見ていたので、
シリーズの最新作「スカイフォール」を映画館に見に行こうと思っています。
で、下準備としてその原作本を事前に読んでから見に行こうと思うのですが、原作本はすでに
出版されているのでしょうか?
書店で聞いたところ、ジェフリー・ディーバーの「白紙委任状」が原作だというので購入してすでに読み終わってしまいましたが、映画の予告編をチェックしてみたところ全く違うストーリーだということが゛判明・・・。まったくジェフリー・ディーバーのものとは関係のない本で映画は撮影されているということがわかったので、アマゾンなどで「スカイフォール」を探してみたのですが、見つかりません。
映画は全くオリジナルの脚本で撮影されていて、原作本などはないのでしょうか?
もしあったとしてもまだ日本には上陸していない、 
もしくは映画公開後に原作本が出版されるとか・・・? 英語版の書籍でもいいです・・。誰か情報をお願いします。

Aベストアンサー

 007シリーズの映画はオリジナルの原作者であるイアン・フレミングの作品以外の小説を原作にしたことはありません。そのフレミング作品も初期は比較的原作に則って作られたものが多かったのですが、徐々に原作を離れ、特に「私を愛したスパイ」以降は単にタイトルを借りただけで、内容は全くの別作品となっている物がほとんどです。そして、その原作タイトルもほぼ底をつき、原作にないタイトルの作品が作られるようになっています。イアン・フレミングは50年ほど前に死んでいますので、当然新たな原作を書くことはできません。
そのため、現在の007シリーズの映画に、原作と呼べるような小説はありません。

 前々作の「カジノ・ロワイヤル」は久々にほぼ原作に準拠した作品になっていましたが、前作の「慰めの報酬」はタイトルのみ借用で内容は全くの無関係でした。そのため、イアン・フレミングに「Quantum of Solace」というタイトルの小説はあるのですが(創元推理文庫『007/薔薇と拳銃』収録の「ナッソーの夜」)、映画とは全くの別物であり、「慰めの報酬」の原作というものは存在しません。

 原作者の死後、別の作家の手によってシリーズの小説は書き継がれており、ジョン・ガードナー、レイモンド・ベンソン、セバスティアン・フォークス、そしてジェフリー・ディーヴァーなどが手がけていますが、この小説シリーズは映画とは全くの無関係で進められています。
 かつてベンソンの『赤い刺青の男』が日本を舞台にした作品だったため、日本のマスコミが次回の007映画の舞台は日本になるのではと大騒ぎをした事がありましたが、新小説シリーズが映画化されたことは1度もないという事実を知っている人から見れば苦笑モノでしかなかったですけど。

 今作の「スカイフォール」も原作にはないタイトルの作品で、いつものように完全映画オリジナル作品となっており、原作に相当するものは存在しません。
 なお今後、映画のノベライズという形で小説版が刊行される可能性はありますが、邦訳が出るかどうかは微妙だと思います。

 007シリーズの映画はオリジナルの原作者であるイアン・フレミングの作品以外の小説を原作にしたことはありません。そのフレミング作品も初期は比較的原作に則って作られたものが多かったのですが、徐々に原作を離れ、特に「私を愛したスパイ」以降は単にタイトルを借りただけで、内容は全くの別作品となっている物がほとんどです。そして、その原作タイトルもほぼ底をつき、原作にないタイトルの作品が作られるようになっています。イアン・フレミングは50年ほど前に死んでいますので、当然新たな原作を書くこと...続きを読む

Q「野ブタ」と「ドブネズミ」が目の前を通り過ぎたら?

ある曇りの日、田舎道であなたはくつろいでいました。

そこに突然、チュンチュンと大きな鳴き声を上げながら、
ドブネズミが通り過ぎました。

後に続いて、野ブタがモウモウと鳴き声を上げて、
通り過ぎて行きました。

ドブネズミの背中には、
「独島」と書かれていました。

野ブタの背中には、
「竹島」と書かれていました。

さて、この二匹は一体、
何と叫んでいるのでしょうか?

Aベストアンサー

「ギンギラギンにさりげなく そいつが 俺のやり方!
(I get you bady, I need you baby
I want you baby, Right on!!)」

Qブレイブ・ストーリー並みに面白い本。

宮部みゆきさんのブレイブ・ストーリーを一気に読み終えるような中学2年生の甥っ子に、本を薦めてやりたいのですが、検討がつきません。
甥は他に、星新一のショート・ショートなども好んで読んでいたようです。
ちなみに好きな映画はパイレーツ・オブ・カリビアン。
好きな漫画はデス・ノート、ワンピース、アイシールド21。
今までで一番好きだったゲームはファイナル・ファンタジー。
「冒険ファンタジー」が好きなようです。
良い本を教えて下さい。

Aベストアンサー

冒険ファンタジーであれば『指輪物語』なんかいかがですか?量もたっぷりあって読み応えがありますし、非常に面白いですよ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』がすきなのでしたら文学になってしまいますが、

デュマ『三銃士』『モンテ・クリスト伯』
ユゴー『レ・ミゼラブル』
なんかもいいと思います。歴史テイストがあって、なおかつ冒険心をくすぐる小説ですので、おすすめです。

あとは中学生という年齢から

石田衣良『4TTEN』
スティーブン・キング『スタンド・バイ・ミー』
なんかもおすすめです。どちらも同じ年代の少年が主人公ですので、共感できると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報