個人事業を、今年の2月に開業して、
青色申告にて、帳簿をつけています。
帳簿のつけ方について、あまり詳しくないので、
お聞きしたいのですが、

開業時に、仕事に使用するため車を
車両本体消費税込み¥1350300にて購入しました。
耐用年数3年定額法、償却率0.333です。

1350300×0.9=1215270←償却の基礎になる金額
1215270÷12=33723.7425←1ヶ月あたりの償却費
33723.7425×11=370961.1675←11ヶ月分の減価償却費

しかし、11月半ばで売却しました。
・・・ということは、2月から11月までの10ヶ月が償却期間になって、
33723.745×10=337237.425を
今年度の償却費に計上すればよいのでしょうか?

又、40万円で、売却し、現金で受け取り、
1350300-33723.745-400000=916576.255の損になります。
この損益の、
貸借対照表と、損益計算書の科目は、何としたらよいのでしょうか?
現金出納帳の科目は、、譲渡所得でよいのでしょうか??
最終的に損になったということは、
収入には、あたらないということでいいのでしょうか?
このへんの記帳の仕方が、あまりよくわからないのですが・・。

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

No.2に回答があるのですが、正確に言うと誤解があるようです。

やや専門的になりますが、直所3-40外3課共同という「年の中途で譲渡した減価償却資産の償却等の取扱いについて」という国税庁法令解釈通達があって、そのなかで、特定の資産については、減価償却をせずに、それに該当する額を譲渡所得にしても、そのような処理を認めるとしているにすぎません。つまり、例外的処理です。
減価償却は、決算の時に行いますが、実際に、売上を獲得するのに、その自動車は使われているので、その使った分に対応する減価償却額は、必要経費になるのです。
たとえば、営業用の建物があって、それが9月に台風で壊れたとします。この場合、9月までの減価償却費を計上しなければなりません。そのために、12ヶ月のうち何ヶ月使ったかという案分計算をする欄が設けられているのです。
また、本日でも、書物で確認してみますので、しばらくお待ちください。

参考URL:http://www.nta.go.jp/category/tutatu/kobetu/sono …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。
みなさんの意見を参考にさせてもらいます。
まだ、よくわからない部分もあるのでそのときは又お願いします。

お礼日時:2001/11/21 14:57

実務的には、例外的に処理であっても、仕訳を二つに分けないで、一つの仕訳で処理した方が楽だと思います。



結果は同じですから、usubeniさんの、楽な方法で処理されたらよろしいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。
みなさんの意見を参考にさせてもらいます。
まだ、よくわからない部分もあるのでそのときは又お願いします。

お礼日時:2001/11/21 14:57

減価償却費は決算の時にのみ計上します。


個人の場合は12月31日が決算日ですから、それ以前に売却した場合は、それまでの減価償却費は計算しないで、購入価格と売却価格の差額 1350300-400000=950300が、売却損です。
ただし、固定資産の売却損は譲渡所得として、確定申告で処理しますから、仕訳は次のようになります。

借方 貸方
店主貸 950300 車両運搬具 1350300
現金 400000

>貸借対照表と、損益計算書の科目は、何としたらよいのでしょうか?

貸借対照表では、「現金」と「店主貸」が増えて、「車両運搬具」が減り、損益計算書には影響しません。

>現金出納帳の科目は、譲渡所得でよいのでしょうか??

現金出納帳の科目は、車両運搬具になります。

確定申告書で、譲渡所得の欄に、車両売却損として、950300を記入します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。
みなさんの意見を参考にさせてもらいます。
まだ、よくわからない部分もあるのでそのときは又お願いします。

お礼日時:2001/11/21 14:59

減価償却は、12ヶ月のうち何ヶ月使ったかで計算するようになっていますから、10ヶ月の償却費ですね。


端数まで求めませんから、償却費の額は、337238円で計算すればよいでしょう。
貸借対照表では、車両運搬具を削って、下の空欄に譲渡損失として、916575円を書いておきます。翌年に、店主貸しと店主借りなどを消し去るときにあわせて消します。
この車両の売却にかかるものは、所得税法上、譲渡所得になりますから、確定申告書の上で計算します。
現金出納帳の上では、400000円は、車両譲渡収入としておけばいいでしょう。
(現金)400000円 (車両)400000円という仕訳になりますから、収入にはあがってきません。
(減価償却費)337238円 (車両)337238円
(譲渡損失)916575円  (車両)916575円
となり、資産のところにあった車両の金額がなくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろありがとうございました。
みなさんの意見を参考にさせてもらいます。
まだ、よくわからない部分もあるのでそのときは又お願いします。

お礼日時:2001/11/21 14:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減価償却費を償却率にする方法を教えて下さい。 減価償却費=166,667 の償却率が、0.167 な

減価償却費を償却率にする方法を教えて下さい。
減価償却費=166,667 の償却率が、0.167 なのですが、その算出方法がよく分かりません…。

※ちなみに、取得原価=100万円、残存価額=0円 でした。

Aベストアンサー

取得原価を償却年数で割ると年度毎の減価償却費が出てきます。

質問の内容では、 1000000÷166667=5.999 となり、6年償却が
分かります。

償却率は、1÷償却年数で算出しますから、

1÷6=0.166666666  となり、償却率 0.167 です。

参考までに。

Q弥生会計 開業費償却 科目の設定

弥生会計06で青色申告書作成中です。
06年度に開業し開業費が10万ほどかかりました。
この開業費を06年度に一括費用として計上したいのですが
仕訳アドバイザーをみると
開業費償却科目を作成して処理してくださいとなっています。
開業費償却を調べると営業外費用に入るとなっているのですが
弥生会計でどの科目になるのかわかりません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の弟は
開業資金を 元入金として計上しました。弥生06

Q開業時の敷金(開業費)の償却について

平成16年3月に個人・青色申告で開業しました。
決算をしてみたところ、初年度にも関わらず期末在庫(期末棚卸高)が大量に残ったため黒字になってしまいました。
4月の住民税・保育料の算定の為、できれば赤字申告をしたいと思っており、経費に計上できるものは今年度に処理したいと思っております。
実際の所、大量の仕入のため経営は赤字状態で、生活は大変苦しい状況です。(店主の給料も取れませんでした)
このような状況で、どなたか下記の質問にお知恵を拝借できませんでしょうか。

1.開業時に店舗を借りるため、120万円を敷金として支払った。
 うち、75万円は敷引金として戻ってきません。
 75万円は「繰延資産」として5年償却すると聞いたのですが、今年度「開業費」として一括で計上できないのか?
 また、退去時に戻ってくる45万円はどのように処理したら良いのか?

2.住民税や保育料は青色申告控除をする前の金額で算定されるのか?

3.期末在庫をできるだけ少なくするのが得策と分かったが、今後これ以外に注意すべき点はあるか?

本当に経営は赤字状態で苦しいので、なるべく所得税は少なくしたいと思っている状況です。どうか教えて下さい。

平成16年3月に個人・青色申告で開業しました。
決算をしてみたところ、初年度にも関わらず期末在庫(期末棚卸高)が大量に残ったため黒字になってしまいました。
4月の住民税・保育料の算定の為、できれば赤字申告をしたいと思っており、経費に計上できるものは今年度に処理したいと思っております。
実際の所、大量の仕入のため経営は赤字状態で、生活は大変苦しい状況です。(店主の給料も取れませんでした)
このような状況で、どなたか下記の質問にお知恵を拝借できませんでしょうか。

1.開業時に店舗...続きを読む

Aベストアンサー

#1の追加です。

>開業前に敷金は支払っております。
開業日に「借:敷金 貸:事業主借 45万円」です。

>返還されない75万円を5年償却

開業前に支払っていれば
開業日に「借:繰延資産 貸:事業主借 75万円」です。

開業後に支払っていれば
開業日に「借:繰延資産 貸:現金 75万円」です。

初年度に償却したとき
「借:繰延資産償却 貸:繰延資産 15万円」

青色申告書決算書の経費の欄に「繰延資産償却」として15万円を記入します。

「資産の部(期末)」欄に「繰延資産」として 60万を記入します。

Q営業損益、営業外損益、特別損益について。

営業損益、営業外損益、特別損益について。

以前、勉強したのですが忘れてしまったので教えていただけますでしょうか。
営業損益、営業外損益の定義・決まりって何でしたっけ?
営業損益は「営業活動」による損益だと思うのですが、営業活動って、
確か「定款」に載っているもの、だったかどうか・・・。

営業外損益の主なものって何ですか?利息とか株による損益とかでしたっけ?

特別損失の主なものってなんですか?

すみません。よろしくお願いします。

簿記を少しやった程度の素人です。

Aベストアンサー

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 では、本来の業務の定義が問題になります。これは当該会社が本業だと思っ
 ている事業、それが本業です。
 (一般論では)定款に本業を記載しますので、記載されている事業が本来の
 業務と考えて強ち間違いではありません。
 次に、本来の業務をおこなう為に必要な、販売費及び一般管理費は、営業利
 益に入ります。
 
 原料を仕入れて製品を製造販売。その販売の為の人件費・経費を加減算した
 ものでが営業利益です。

経常利益
 本来の業務では無いけれど、日常的に計上される損益です。日常的に発生
 するもので且つ、本業と関係のないものです。
  ※借入利息、預金利息、受取配当等々、が一般的な会社では普通に発生
   しますが、本業の成績ではありませんから営業外となります。
  ※製造業の会社が、自販機を設置して1万円/月の収入があるならば、雑
   収入(営業外利益)となります。しかしこれが会社収益の10%を占める
   ようになると、これは本業となり営業利益に入る事になります。

 営業利益に、営業外損益を加減算したものが経常利益です。

 <例>
 お金を借りた場合の借入利息は営業外損失ですから経常利益(損失)に含まれ
 ます。また、他社の株式を保有して配当を受ければ、それは営業外利益となり
 経常利益に含まれます。

税引き前当期純利益
 特別利益、特別損失はここに入ります。
 では、特別利益、特別損失とは何か。これは経常的では無いもの(臨時や例外)
 がここに含まれます。
 所有する土地を売却して得た利益(損失)など、通常期に発生しない特別な
 もの等がこの勘定に計上されます。
  ※通常発生しない取引でも、金額的重要性が低い物は、営業外損益に入れら
   れる可能性が高くなります。

以上は一般論です。対象の会社の業種(業態)によって異なります。上記例示は
製造業であるならばで作成したものです。

営業利益
 本来の業務(営業)で儲けた利益です。
 では、本来の業務の定義が問題になります。これは当該会社が本業だと思っ
 ている事業、それが本業です。
 (一般論では)定款に本業を記載しますので、記載されている事業が本来の
 業務と考えて強ち間違いではありません。
 次に、本来の業務をおこなう為に必要な、販売費及び一般管理費は、営業利
 益に入ります。
 
 原料を仕入れて製品を製造販売。その販売の為の人件費・経費を加減算した
 ものでが営業利益です。

経常利益
 本来の業務では無...続きを読む

Q特別償却と適正な期間損益

(有形)減価償却資産について特別償却を行うとき、
損金経理が前提になるかと思いますが、
(一年の繰越などは考慮からはずします)
これって、純粋な会計上の立場、適正な期間損益計算という立場から
問題はないのでしょうか?
即時償却とかの極端な場合、会計士の側から指摘を
受けるなんてことはないのでしょうか?
また、逆に会計士としては指摘をしなくても良いものなのでしょうか?

なお、会計士の話があるので、大法人を想定した質問です。

Aベストアンサー

minosenninさんの回答の通りですが、
減価償却の取り扱いについて会計士協会・監査委員会報告81号(参考URL)があり、「特別償却については、一般に正規の減価償却に該当しないものと考えられる。」とあり、特別償却(一部の割り増し償却を除く)を損金経理した場合は、会計士から適正意見の監査報告はでません。
会計士の監査では、特別償却は利益剰余金の処分による方法しか認めていません。
なお、特別償却を利益剰余金処分の方法で行った場合、この特別償却額は将来加算一時差異に該当するので、必ず繰延税金負債が計上されることになります。
参考URLとして直接報告本文のPDFにとばしたのが引っかかって表示されないようでした。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報