ITってよく使われているけど今一よく判りません。
教えて下さい!!
何となくは判るんですけど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>kunicciさん


すいません!
打ち間違ってます...。

kunicciさんの綴りが正しいです。

フォロー有難う御座います!
(う~。又、やってしまった...。)
    • good
    • 0

一応わかっているとは思いますが勘違いしてしまうとまずいので念のため…


No.1にあるInfomatin TechnologyはInfomatinの部分に“o”が抜けています。
正しくはinformation technologyですね^^
    • good
    • 0

やはり「情報技術」ですね。


「コンピュータを活用して情報を扱うさまざまな技術」と考えればよいでしょう。

以下おまけ。
ニュースであまりなじみのない略語が使われる時は,最初に一度は説明的な言い換えをするのですが(もっとも最近は,ITについてはこの語が普及したためかあまり言わなくなりましたが)NHKのニュースでは「IT,情報通信技術,を活用した…」などのように,必ず情報「通信」技術といっていました。
NHKだけでなく民放のどこかのニュースでも「情報通信技術」と言い換えているのを聞いたことがあります(放送局名を忘れてしまいましたが)。

ただ,結果的に情報通信技術と同じ意味になる場合もあるでしょうが,一般的にはITと言った場合,情報の処理や蓄積や通信などを引っくるめて,ともかく情報を扱う技術全体をさしてITといいます。
放送局のマニュアルを書いた人が何を考えていたのかは分かりませんが,機械的に「情報通信技術」と変換したのでは,かえって意味が通らなくなる場合もあると思います。
あえて「通信」だけに限定させたい何らかの意図があったのかなあ。よく分かりません。
    • good
    • 0

Infomatin Technologyの略で、


日本語で「情報技術」です。(そのまんまですね。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

素早い回答をありがとうございました!!

お礼日時:2001/11/20 23:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QIT、IT普及率、PC普及率

卒論でITやPCの普及率について取り上げようとしてるのですが、その基となるデ-タがありません。というのも各都道府県ごとの詳細なデ-タがほしいのですがどこにあるか知ってませんか?

Aベストアンサー

全国的な規模の調査は総務省で出している情報通信白書を利用することをお勧めしますが、都道府県単位では調査を行っているかどうかは、各都道府県庁にE-mailもしくは電話で問い合わせることをお勧めします。
ITというのはあまりにも抽象的過ぎると思われますので、具体的に例えば、インターネットの家庭での普及率であるとか、LAN構築している企業が何社くらいあるのかという質問をしたほうが良いと思われます。
私が調査を行ったときには、自治体でそのような調査を行っているところが少なかったので、地元の有力なプロバイダにだいたいの数字を聞きました。現在であれば、各自治体でより詳細な調査が行われていると思われます。

参考URL:http://www.soumu.go.jp/hakusyo/tsushin/index.html

QITバブル崩壊してもIT企業が乱立

2000年くらいにITバブルが崩壊しました。理由はいろいろあると思いますが、とりあえずサービスを立ち上げてページビューをあげる。収益は後々考えるという思想の企業が多く、結局収益にならずにバタバタと潰れていったのが背景にあるような気がします。つまり楽天みたいに最初から収益の見通しをたてていた企業だけが残ったと。

しかしITバブル崩壊後も何を収益にしているかわからないサイトが沢山あります。ページビューはあがっているのだろうと思いますが、広告以外に何の収益があるんだろう?という企業が最近また多く見られるんですが、第二のITバブル崩壊とかはないでしょうか?

Aベストアンサー

ITバブルの「バブル」の対象を何にするかってところですが、ITバブルの対象になっていた企業って、必ずしもWebのサービスの会社ばかりでは無かったです。IT系をささえるメーカーも変な株価の上昇をしていましたし、単なる通信会社も株価が変な上昇をしていました。

例えばDoCoMoの株価
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9437.t&d=c&k=c3&a=v&p=m130,m260,s&t=ay&l=off&z=m&q=c&h=on
を見る限り、とても2000年のITバブルが復活したようには見えません。

ページビューから広告で回収するしかないいう現状はご指摘の通りですが、2000年の頃のバブルは、それさえも無かったことを思えば、やっと地に足が着き始めたんじゃないでしょうか。

あと、急成長する新興企業が将来性を高く評価されすぎて、株価が割高になるというのは、よくある話ですが、現在は市場全体にはあまり影響を与えては居ません。局所的です。

出来高
http://quoterank.yahoo.co.jp/ranking/search?b=1&kd=3&mk=11%2c%2012%2c%2021%2c%2022%2c%2031%2c%2032%2c%2043%2c%2047%2c%2083%2c%2087%2c%2094%2c%2097%2c%2017%2c%20A1%2c%20A7%2c%2037&ca=1&tm=day&
を見ても、現在の市場におけるITの存在感は薄いです。

ITバブルの「バブル」の対象を何にするかってところですが、ITバブルの対象になっていた企業って、必ずしもWebのサービスの会社ばかりでは無かったです。IT系をささえるメーカーも変な株価の上昇をしていましたし、単なる通信会社も株価が変な上昇をしていました。

例えばDoCoMoの株価
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=9437.t&d=c&k=c3&a=v&p=m130,m260,s&t=ay&l=off&z=m&q=c&h=on
を見る限り、とても2000年のITバブルが復活したようには見えません。

ページビューから広告で回収するしかないいう現状はご指...続きを読む

QITという言葉は、いつごろから使われているの?

IT(Information Technology)という言葉がよく使われますが,このITという言葉は,いつごろから使われている言葉なのでしょうか? 初出はいつでしょうか?

Aベストアンサー

私も前から気になっていたので、調べてみました。

まず、「Information Technology」は、ISO(国際標準化機構)の規格が、1988年制定されたものが「Information processing」ですが、1989年制定されたものが「Information Technology」になっています。

ITは、上記で略語として、使用されかも知れませんが、調べて限りででは、シンガポールで1992年「IT2000」という計画が出されています。

日本では、1999年の情報系の出版物に「IT」が使われています。

Q税金を廃止して公費に使う金は全て国立印刷局の金を使う事はできないんです

税金を廃止して公費に使う金は全て国立印刷局の金を使う事はできないんですか?できない理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

あのぉ、国立印刷局は単なる印刷屋さんなんで金はありません。

たぶん、国立印刷局で金を印刷させて、それを使えないかって事と
思うけど、まず金が普段使用している1万円札とかが前提なら無理。
なぜなら管理を日本銀行が行っているから。
日本銀行は、政府から独立している中央銀行だから制約があり、
勝手にお金を使用(発行)出来ない。

だけど、国立印刷局が紙幣を印刷して国に納品して国が使う事は
可能でここ数年の経済理論では、短期的には経済を活性化させる
には有効とされている。
短期的効果だから、未来永劫での税金廃止は出来ない。
大体、25兆円から50兆円分の紙幣は発行可能。
だからこれをばらまけばそれなりの経済効果はある。
*50兆を1億人で割った金額配り、使用期間は1年とする。
 預金は出来ないし、おつりも政府発行紙幣とする。

そもそも、1万円札は紙幣じゃないよ。
通説として1万円札は、紙幣って呼ばれているけど正式には
日本銀行券、日銀のHPを見ても判るけどどこにも紙幣とは
書かれていない。
国が発行する金券が、紙幣であってこれを印刷して使用しても
問題ない。
実際、アメリカではドルではなく、アメリカ紙幣の発行を
検討している。

他の方の回答でハイパーインフレになるとか書かれているけど
無計画に印刷した場合だけで最新の理論では、きちんと
制御すればハイパーインフレにはならないとされている。
特に今みたいなデフレ不況、円高には絶大な効果を発生させる。
但し、劇薬なので使用には十分注意しようって事。

ちなみに人民元は中国人民銀行(中央銀行)が発行しています。
他の方が言っている中国政府が発行している紙幣に関しては
情報はありまあせん。
当方が知らないだけで中国には元とは別の政府発効紙幣が
あるかもしれません。
 *もしかして香港ドルの事?
  これは確かに香港行政府が発行しているなぁ。
  それともシンガポールとの勘違い?
  シンガポールは政府が発行していますね。  
で、あればアメリカが政府発効紙幣を検討しており、中国では
既に実施済みとなります。

あのぉ、国立印刷局は単なる印刷屋さんなんで金はありません。

たぶん、国立印刷局で金を印刷させて、それを使えないかって事と
思うけど、まず金が普段使用している1万円札とかが前提なら無理。
なぜなら管理を日本銀行が行っているから。
日本銀行は、政府から独立している中央銀行だから制約があり、
勝手にお金を使用(発行)出来ない。

だけど、国立印刷局が紙幣を印刷して国に納品して国が使う事は
可能でここ数年の経済理論では、短期的には経済を活性化させる
には有効とされている。
短期的効果だから、...続きを読む

Qビル・クリントン時代のIT・金融改革こそ日本経済に必要なんじゃないですか?

ビル・クリントン大統領は当時のアメリカ経済を重化学工業中心からIT・金融中心にシフトさせたそうですが、具体的にどういうやり方でシフトさせたんですかね?

アメリカからしたら遅すぎるでしょうが、今日本に必要なのはまさにそれじゃないですか?

Aベストアンサー

具体的にどういうやり方でシフトさせたんですかね?
    ↑
情報ハイウエイ構想ということで
規制を撤去して、自由競争できる
環境を整えたのです。
AT&Aという巨大会社の分割がその
一貫です。
つまり、競争原理を導入した、という
ことです。



今日本に必要なのはまさにそれじゃないですか?
   ↑
ドイツの「インダストリー4.0」構想
でしょうか。

しかし、政府主導てのは失敗が多いですよ。
米国の情報ハイウエイ構想だって、計画
そのものは頓挫しています。
やるなら規制緩和です。


金融については、日本全体を金融立国に
するのは危険です。
金融危機が発生したら国家が傾いて
しまいます。
ギリシア、キプロスなどの危機がそれ
でした。

やるなら、東京都だけを金融立国にする
べきです。
香港、シンガポールなどは、日本をしのぐ
アジアの金融中心地になっています。
東京都がその気になれば、規模からいって
その地位を奪取することは、十分可能だと
思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報