初めての質問で失礼が有ったら、すいませんm(__)m。

私は、愛知県の東三河に住んでる自営業者です。
本日(11月20日)、とある会社の営業マンが電源の電圧を下げて節電出来
るって話をしに来たんです。
ウチの場合、103ボルトで供給されてるので、それを95ボルトに下
げる事で、3~4万円の節約になるそうなんですが、話がどうもウマ過
ぎてイマイチ信用出来ない様に思ってしまうんです。
こう言った話の真偽をご教授して頂きたく登録させて頂きました。
何卒、ヨロシクおねがい致しますm(__)m。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

電圧を下げることによる省エネ効果は確かに有ります。


実際、工場等での省エネ方策の1つとして利用されています。
省エネの効果は照明などの場合電圧の2乗で効いてきますので103→95Vの場合約15%の省エネが可能ですので20~30万円くらいの電気料金が3~4万円下がるのは理屈では合っています。

ただし......
電圧を下げるにはいくつかの問題があることも理解する必要があります。
1.機器によっては全く効果の無いものがある
  インバータ○○と呼ばれる機器には全く効果が無い
  (インバータ蛍光灯、エアコン等)
  
2.機器によっては寿命に影響する
  白熱灯は電圧を下げると寿命が延びますが、蛍光灯は電圧を上げても下げても寿命が短くなります。
3.電圧の低下により動作が不安定になる機器がある。
  電力会社の配電電圧は常に一定なわけではありません配電電圧を95~107V以内に収まるように管理しており、付近の需要の変動によって常に電圧は変化します。
したがって95Vに下げたつもりが90Vになってたという可能性もあります。(節電器によっては配電電圧に関係なく95Vを維持するものもある)
このような状態でOA機器が誤動作、停止する例をときどき見かけます。場合によっては故障ということもありえます。また屋内の配線によっても電圧は低下します。

したがってこのような機器はきちんとしたコンサルティングの元に設置しなければ効果が出ないばかりか不測のトラブルに見舞われる結果となります。
もしその業者が電気機器内訳や1日の電圧変動等を詳細に調査した上で3~4万円安くなると提案しているとすれば検討の余地はあると思います。

先方の提案書類を電力会社に見せて意見を求めるのも一案かと思います。
電力会社の対応と節電業者の対応を比べてあなたが判断すればいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答して頂き感謝ですm(__)m。
それも、私の様な素人にもスゴク分かり易い説明で、
納得が行きました。
その営業マンは、仰る通り電圧変動をモニターしたり
まではしなかったですが、機器の内訳は調べてました。
この節電分には、白熱灯を蛍光灯タイプの機器に変更
するって言ってたので、それも含まれてるんですね(^^;)。
もう少し、検討してから結論を出したいと思います。
ありがとう御座いましたm(__)m。

お礼日時:2001/11/22 23:47

過去に類似の質問がありました。



元の料金にもよりますが、たとえば、月100万円の
電気代を払っていたとして、節約効果は2万円が限界でしょう。
なぜなら、エアコンは節電効果は無く(どっちにしろ設定温度まで
フル動作する為)、インバーター○×、スイッチング電源式○×にも
まったく効果はありません。
つまり、パソコンなどにも効果はありません。
また、効果があった品物でも、その節約効果分だけ
性能低下を感じるはずです。
白熱電球は色も悪くなります。

逆にトランスを入れることによるロスが増加します。
2%ぐらいですが、これは効果を相殺してしまう量です。
結局、高価なトランスが手元に残るだけに
なるかもしれません。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=74664
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答していただき感謝ですm(__)m。
確かに、機器の代金が130万とか言ってたので、
この不景気には痛い出費です。
tntさんの意見を参考にして、白紙に戻す旨を伝え
ます。
ありがとう御座いましたm(__)m。

お礼日時:2001/11/22 23:40

結論から言うと節電効果はあるようです。

ただ、電子レンジのパワーが落ちて、加熱時間を長くしなくてはならないといった、トラブルもあるので、使用をやめてしまったコンビニもあると聞きます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答を頂き感謝ですm(__)m。
皆さんの話を総合すると、電気料を下げる効果はあるが、
それには幅が有るし、リスクもある!って事らしいです。
もう一度、良く話を聞くなりして、検討しなおしたいと
思ってます。
機器の代金も、結構高いし、コレでトラブったら大変です
からね(^^;)。
どうも、ありがとう御座いましたm(__)m。

お礼日時:2001/11/22 23:52

「イマイチ信用出来ない様に思ってしまうんです。

」 とのことですが、インチキ商品ではないですよ。
結論としては、効果は大なり小なりあります。
ただ、節電効果はやはりケースバイケースで私が聞いてる範囲では、5~15%です。ですから、購入費用(またはリース代)と予想節電費用との兼ね合いですね。
効果があるのは、電灯のみで電力は適用外のはずです。
電灯費用の大きい24時間店などはいいですね。
仕事の関係で、ガソリンスタンドなどでは結構使われてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答を頂き感謝ですm(__)m。
導入するにしても、もう少し研究してからの
方が良さそうに感じました。
皆さんの話を参考にじっくり考えて結論を
出したいと思います。
どうも、ありがとう御座いましたm(__)m。

お礼日時:2001/11/23 00:00

抵抗性負荷(電球や家電製品)の場合は負荷は、単純な抵抗で有ると仮定出来ますので、当然電圧が下がれば消費電力も小さくなります。



ご質問の機械はいわゆる節電機ですね。確かに理論上は消費電力は小さくなるでしょうが、節電機事体の電圧変換効率が93%くらいだと思いますが、後の7%は熱や電磁波になって放出され、ロスになります。この機械で高い節約効果が得られるのは常に理想値に近い電力を使っているときに効果が得られ、それより高いか低いと発熱が大きくなってしまい無駄が大きくなります。そのため、一日の消費電力の変化が激しい場合はそのことも検討する必要があります。また、容量の大きな誘導負荷(工作機械に使うモーターなど)を使っている場合は節電機に内蔵されているトランスのインピーダンスに邪魔をされて、モーターなどの負荷の起動にかかる時間が長くなったり、トランス二次側の電圧が予想外に低下する等の障害が出る可能性があります。

つまり、あくまで設計値に近い環境で使えば若干の効果がありますが、すべてのケースにおいてそのような効果が期待できるものではないということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答を頂き感謝ですm(__)m。
どうも、ケースバイケースで一概に言えない
のが問題を難しくしてるみたいですね。
それでも、コレだけ分かりやすく説明して頂いて
感激してます。
他の皆さんの話からも、この手の質問の難しさを
感じました。
もっとじっくり考えて結論を出したいと思います。
どうも、ありがとう御座いましたm(__)m。

お礼日時:2001/11/23 00:05

確か中学ではワット数は電圧と電流の積で算出したと思いますが?(^^



電圧を下げれば、それだけ電流が多く必要になり、節電とは逆に感じますが?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、回答して頂き感謝ですm(__)m。
中学時代を数十年前に過ごしたので、記憶が定かでは
ありません(^^;)。
皆さんの話から、それなりに節電出来ると言う事が
分かりました。また、それなりのリスクも..。
私の結論は、もう少し考えた方が良さそうだな!と
言う事に..(^^;ゞ。
どうも、ありがとう御座いましたm(__)m。

お礼日時:2001/11/23 00:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q節電器とは

旅館を経営している友人が知人からすすめられ「節電器」なるものを取り付けました。数十万の品物で、それを取り付けることにより電気代がいくらか安くなり、何年かで元がとれるというものだそうです。
(1)この節電器はどのような仕組みで電気代を節約しているのか。
(2)本当に効果はあるのか。いわゆる詐欺的な機械ではないのか。

以上の点についてどなたかご存知であればご回答お願いします。

Aベストアンサー

簡単に説明すると『節電器』には2種類あるようです。

1.動力(3相)電源を単相3線式の電灯電源に変換するもの。

  電力会社等との契約で、大抵の場合契約違反となります。一部JRの高架下
  等でJRから電力を供給されている場合などは、OKかもしれませんが、
  その場合の節約効果はほとんどないようです。

2.100Vを越えた部分を効率的に使うもの、(力率を改善するものを含む)

  100Vと言っても、実際に供給されている電気は電線の長さによって電圧
  降下するので、それを考慮して107V~102Vぐらいで供給されて
  います。その7~2Vを効率的に使い、尚且つ無効電力(実際に仕事をしな
  い電力)を減らそうというものです。

  確かに電圧を下げることで電球などの寿命を延ばすことなど出来ますが、
  実際には効率の良い機器を購入したほうが、効果的です。

  例えば常時点灯している電球を、蛍光灯器具に替えるとか、蛍光灯器具でも
  より効率の良いものを使うとか、電動機などは力率のよいものに交換したり
  力率改善コンデンサを入れるなど出来ます。

詐偽と言ってしまうのは、どうかと思います。
前者の場合でも、契約違反になるのを承知で付けたのであれば、需要家の責任
ですし、そう言った情報を知らずに契約させられたのであれば、詐偽になるかも
知れませんが、satorare8さんの場合は、友人の薦めでなんの説明も受けずに
とり付けたのであれば、当然業者は『知っている』と思ったと言い逃れで来ます。

又、後者の場合でも、取付前に実際にどれだけの効果があるか調べることは、
事実上不可能に近いと思いますので、当然業者側は節電の期待値をかなりの幅を
持って提示している筈です。

ps.実際に効果がなくても、その友人を信頼して購入したのであれば、節電効果を
  最後まで信用して、信頼関係に変りがないことをお祈り致します。

簡単に説明すると『節電器』には2種類あるようです。

1.動力(3相)電源を単相3線式の電灯電源に変換するもの。

  電力会社等との契約で、大抵の場合契約違反となります。一部JRの高架下
  等でJRから電力を供給されている場合などは、OKかもしれませんが、
  その場合の節約効果はほとんどないようです。

2.100Vを越えた部分を効率的に使うもの、(力率を改善するものを含む)

  100Vと言っても、実際に供給されている電気は電線の長さによって電圧
  降下するの...続きを読む

Q電圧が低いと省エネ!?

現在イギリスに住んでいます。
そして今日、ふとした瞬間に素朴な疑問が生まれました。

イギリスの電圧は240Vなんです。
しかもコンセントは無意味にでかいし…。
日本は100Vですよね!?
っと言うことは、イギリスはエネルギーを湯水のごとくガンガン使い、日本の方が省エネってことでしょうか???

Aベストアンサー

みなさん言っているように100だから省エネというわけではまったくありません。同じ仕事をさせるのなら電圧が高い方が配線も細くすることができますし。自動車のバッテリーにつないでる線って太いですよね、あれは電圧が低いからなんです。自動車のプリウスのモーターも480ボルトです。

電圧が高いと電線を細くできるので、街なかの電柱の上までは6000ボルトくらいの電圧があります。そこからトランスで100や200に下げています。

もっと大きな鉄塔で送られる高圧電線は数百万ボルトあります。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報