こんにちは。

記憶に引っかかっている作品があるのですが、どうしても作品名が思い出せません。
お分かりになる方、教えてください。

・読んだのは2~10年前
・主人公は心理系の人間で、ある人が、多重人格であることを、その人の学校のスクールカウンセラーから知らされる
・そのカウンセラーは、その子が多重人格ということが信じがたく、同じ系列の心理テストを何度も繰り返していた。(その中にバウムテストがあった気がする)
・まだ解離性同一性障害という言葉は出ていなかった様に思われる

以上です。情報が少なく申し訳有りません。
また、以下の作品も探しています!(同じ作品かも?)

・主人公はFBIで犯罪心理学を学んだキャリア(?)の女性(多分)
・妊婦が劇場のトイレで殺害される(妊婦は、トイレでショーツを代える途中だった)
・その現場で、主人公は部下の男性に
「私が来るまで鑑識を入れないで欲しかった。白い粉だらけで印象が変わる」と言った内容の台詞を言っていた。


お分かりになる方、また情報を持っていらっしゃる方、お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

自信がありませんが、多島斗志之「症例A」では?

    • good
    • 0

一つ目の質問については、#1の方と同じで多島斗志之「症例A」のような気がします。



二つ目に関しては、 パトリシア・コ-ンウェルの検死官シリーズのどれかではないかと思います。(詳しい回答でなくてすみません。)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報