ウォーキング中は、一切、足を止めては、いけないのでしょうか?

犬の散歩がてらウォーキングを1時間ほどしているのですが、犬が立ち止まってしまう事がどうしてもあります。

立ち止まるのは、長くても1分未満なのですが、ウォーキングの効果に影響するのでしょうか?

ウォーキングについて詳しい方、是非教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

kombさん、こんにちは。


私も数年前からウォーキングをはじめ、それも会社からの帰宅時に数十分歩くといった簡単なものをやってます。こんな感じで自己流にやってるものですから、色々勉強しようと思い、TV番組でのウォーキング特集はなるべく見るようにしてます。

それで言うと、ウォーキングはたしかにたくさん歩くのが一番いいんですが、下の方の言うとおり、歩きはじめを10分ほどちゃんと続ければ、その後連続して歩かずとも体が充分「歩く」という活動に入りダイエットや健康に効果が出てきます。
ウォーキングの効果の流れを説明すると、まず10分ほど歩くと血流がスムーズになりサラサラになってきます。この時筋肉を活動させるため血中の糖分を使い出します。それから更に数分歩くと体が温まり汗をかいてきます。この時点で中性脂肪を燃焼させていきます。もしその後立ち止まってしまっても体温が下がらない限りまだまだ燃焼は続きます。ですから、たとえ数分しか歩く時間がない場合や急に立ち止まっても、その後座らずに立ち続けていれば体温の下降は遅くなり燃焼も続くでしょう。
でも一番の効果は、少しのウォーキングでも毎日続けることかもしれません。これからもどんどん続けていきましょうね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧に回答していただきありがとうございます。
とてもわかりやすい説明で、たいへん参考になり、嬉しいです。
そうですね、これからも続けることが、まず、第一ですね。
お互いに頑張りましょう!

お礼日時:2001/11/22 12:11

よほど訓練された犬(キョロキョロしない、他の犬を気にしない、人間と共にまっすぐ歩くなど)でなければ犬とのウオーキングは気休め、やらないよりましになると思います。

ウオーキングを始めて少なくとも10分間ぐらいは休まず、しっかり歩くことが必用です。その後なら一分未満の立ち止まりや足踏みはウオーキングの継続と見なされるそうです。行きは犬の自由にさせない、帰りはある程度許す等の工夫で一時間歩けば最低のウオーキング効果は得られるでしょう。蛇足ながら犬は誰が主人かを見ているのではなく、自分との上下関係をみています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切な回答ありがとうございました。
犬が、止まっている間は、足踏みを続けてみようと思います。
犬もこちらに従わせるようにしたいと思います。

お礼日時:2001/11/22 12:08

動きそのものより心拍数を考えられたら如何でしょうか。



健康増進になさっているのでしょうから、年齢にもよりますが、120から少し上程度を維持していれば、止まっても大丈夫です。 立ち止まって心拍数が落ちるようならば、足踏みをなさればよいでしょうし。

犬の散歩は犬の好きにはさせないで、人間が主人として行動をコントロールなさった方がよろしいと思います。
ご存知の様に犬は集団行動していた狼類の子孫ですので、主人に従うのが基本的に好きなようですから<専門外>。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切な回答ありがとうございました。
ぜひ、参考にさせていただきたいと思います。
犬の方もなるべくこちらに従わせるようにしてみます。

お礼日時:2001/11/22 12:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qどちらがダイエットに効果的?(ウォーキング or ジョギング)

ダイエットのことを考えた場合、
 (1)5kmのウォーキング
 (2)5kmのジョギング
距離は同じですが、どちらが効果的でしょうか?または同じでしょうか?
ダイエットのために1日5kmのウォーキングをしています。普通に歩くより少し早歩きで歩いて1時間弱くらい。終わった頃にはそれなりに汗をかいていますが、息切れするほどしんどくはありません。先日、思い切っていつもの5kmのコースを休み休みジョギングしてみたところ、ウォーキングに比べて息切れや汗がものすごく、体のほてりもウォーキングよりもすごかったです。
あと、ついでに、
 ・ダイエットに効果的なウォーキングやジョギングのやり方
 ・ウォーキングやジョギング以外にダイエットに効果的な
  運動や食事
についても教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

有酸素運動の効果ですが、基本的には心拍数と時間を目安としていただくのがいいかと思います。

参考URLに掲載されていますが、心拍数を大体120くらいでキープして20分以上の運動をすると効果があるといわれています。

質問者様の場合、(1)の方が効果があるのではないでしょうか?(2)の場合、息切れをしているということを考えると無酸素運動の割合が多くなっている可能性もあり、また5kmと距離が一定ですので運動する時間自体は短くなっているのではないでしょうか?

有酸素運動は実際「何だこれくらいでいいの?」というぐらいが効果が高かったりするのです。

しかし慣れてくると心肺機能が向上してくるなどして、心拍数がなかなか上がらなくなってくるかと思いますので、そうした場合に運動の強度をあげていく(質問者様の場合、ウォーキングからジョギングに変える)などすればいいと思います。

あとは筋トレなどをして基礎代謝を上げると脂肪燃焼により効果があるかと思います。最初は腹筋や太ももの筋肉を鍛えるのがいいかと思います。

参考URL:http://yuusanso.com/yarikata.html

有酸素運動の効果ですが、基本的には心拍数と時間を目安としていただくのがいいかと思います。

参考URLに掲載されていますが、心拍数を大体120くらいでキープして20分以上の運動をすると効果があるといわれています。

質問者様の場合、(1)の方が効果があるのではないでしょうか?(2)の場合、息切れをしているということを考えると無酸素運動の割合が多くなっている可能性もあり、また5kmと距離が一定ですので運動する時間自体は短くなっているのではないでしょうか?

有酸素運動は実際「何だこれくらいで...続きを読む

Q有酸素運動としてのウォーキングとただの散歩の違い。

有酸素運動としてのウォーキングとただの散歩の違い。

毎日、犬の散歩を合計一時間ほどしていますが、これは有酸素運動というほどの運動量にはならないでしょうか?

わりとゆっくりペースでトボトボみたいな歩き方ではダメですよね?

できれば腰と足首に負担がない有酸素運動を日常の中でしたいと思うのですが、散歩か家事くらいで…。
床拭きも熱中してやると汗だくになりますが、腰がガチガチに固まり暫く動けなかったりしてしまいます。

有酸素運動の目的はダイエットもありますが、身体を鍛えたいのと、精神安定をはかりたくてです。

足腰に負担ない有酸素運動といえばやはり水中歩行なのでしょうが、田舎すぎてプールがないのです。そのかわり散歩にはうってつけの地区ではあるのですが…。

散歩もゆっくりでも時間を延ばせば有効でしょうか?
しかし、長時間歩いても腰がつらい…。

よい解決策があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは

腰痛をお持ちであれば
今のペースで体力を作る方がいいと思いますよ
無理をして痛みが出ては歩くことも出来なくなりますので

Qウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いと聞きました。

先日ネットでウォーキングとジョギングでは、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が
高く、ジョギングの方が時間当たりのカロリー消費量が高いという書き込みを
目にしました。

後者の時間当たりのカロリー消費量がジョギングの方が高いというのは
納得なのですが、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いというのは
初めて聞いたので、本当にそうなのかしらと思った次第です。
なおその方は、ウォーキングの強度はできるだけ早歩きをするのが
おすすめとのことでした。

それを書かれた方は専門家ではなく、かつその具体的な根拠も書かれては
いませんでしたが、目下ダイエット中で一日一万歩を目指してウォーキングに
励んでいますが、そろそろスロージョギングに切り替えようかと思案していました
ので、もしウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いのであれば、今のまま
ウォーキングを続ける方がいいのかなと思っています。

もし「ジョギングよりもウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高い」ことを
根拠を踏まえて説明できる方がいらっしゃいましたら、教えていただけない
でしょうか。もしくは反論でも結構です。よろしくお願いいたします。

先日ネットでウォーキングとジョギングでは、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が
高く、ジョギングの方が時間当たりのカロリー消費量が高いという書き込みを
目にしました。

後者の時間当たりのカロリー消費量がジョギングの方が高いというのは
納得なのですが、ウォーキングの方が脂肪燃焼効果が高いというのは
初めて聞いたので、本当にそうなのかしらと思った次第です。
なおその方は、ウォーキングの強度はできるだけ早歩きをするのが
おすすめとのことでした。

それを書かれた方は専門家ではなく、かつその...続きを読む

Aベストアンサー

嘘ですよ。ジョギングのほうが脂肪燃焼効果が高いです。

ダイエットには間違った情報なのに常識のように一般に浸透してしまっているものが数多くあります。あなたは初耳だったようですが、軽い運動のほうが脂肪が落ちると信じている人は、ジムのトレーナーみたいな人なんかにもたくさんいます。
ウォーキングのほうがジョギングより脂肪燃焼効果が高いというのは、そのうちのひとつですが、むしろ逆にウォーキングではなかなか脂肪が落ちませんから、かなりたちの悪い話。そう聞いたらそれを続けるだろうし、本当なら走ればすぐに目標達成できたものを、信じたばかりにダイエットが進まなかったり、はては運動じゃ痩せないんだと諦めて仕舞う人もいるわけですから、かなりたちが悪い情報です。

「脂肪燃焼効果が高い」というのが、嘘ってわけでもないんです。人の体は筋肉に蓄えられている糖質由来のエネルギーと、脂肪を分解して作るエネルギーの両方を燃やして生きています。同じぐらいの割合です。

ところが、運動が激しくなるとたくさんのカロリーを消費しますね。脂肪のほうは酸素が無いと代謝できないのですが、人には酸素を取り込む心臓や肺、循環器系の機能に限界がっていくらでも酸素を送れるわけではありません。つまり脂肪を十分に燃やせなくなる。そのため、酸素が必要ない糖質のほうをエネルギーにする割合が高くなるのです。

だから、寝ている時や、ウォーキングなどの軽い運動では脂肪を優位に使い、激しい運動になるにしたがって糖質を優位に使うようになると言った事が起こります。「脂肪燃焼効果が高い」というのは、これの事を言っています。これがそのまま、軽い運動のほうが贅肉が落ちるのだと誤って広まったのです。

現実には、これはダイエットする人には何の関係も無い事なんです。
というのも、痩せる時に大事なのは消費カロリーの合計であって、運動中に脂肪が使われる割合は何の関係もないんです。脂質を減らさなきゃ痩せられないなどという事自体があり得ないのです。運動中に糖質が使われようと、脂肪が使われようと、たくさん消費した分だけ痩せていきます。

炭水化物を減らすと痩せますよね。炭水化物は糖質です。糖質を減らしても、贅肉は減るでしょ?それと同じことで、運動中にどっちを燃やそうと何の関係も無いんですよね。運動で糖質が使われると、その糖質の不足分を補うためには結局脂肪を多めに使うことになり、最後は関係なくなるんです。

痩せるために必要なのは、カロリー消費量。これを覚えておいてくださいね。実際、ウォーキング1時間と、ジョギング1時間では、運動量はジョギング1時間のほうが多いですよね。速度が速い分、同じ時間運動し続けたらより長い距離を運動することになる。運動距離が少ないのに、早く痩せるなんてあり得ないのです。


次に体脂肪率という観点でも、やっぱりジョギングのほうが効率が良いです。
大抵の人は、痩せる時は贅肉だけが減っていくと思っていますが、筋肉も分解されて脂肪と同じようにエネルギーとして代謝されてしまうんです。ただし、筋肉は強い力を出す習慣があると減りにくい。筋肉が減らない場合、代わりに脂肪がより多く減ります。

さて、ウォーキングなどの軽い運動や食事制限ばかりやってカロリーを消費していくと、筋力をほとんど使わないのでどんどん筋肉ばかりおち、脂肪はほとんど減らないんです。筋トレなどで筋力を酷使するような運動を僅かにでも加えたり、早く走ったりしているとその筋力を発揮するだけの筋肉は守られて、贅肉が代わりに落ちていきます。

ジョギングでも軽く走るほうが効率的だと言ってる人も同じく間違い。乱暴な言い方かもしれませんが、早く走れば走るほど脂肪は効率よく落とせます。



以上の事は、実はよくよく考えたり、実際に本気で数週間スパンで比べた人なら誰でもわかることで、あまり議論の余地が無い話です。もしもウォーキングや軽いジョギングのほうが脂肪が効率よく落とせるとしたら、程よく歩いている普通の主婦やダイエッターのほうが、部活やスポーツやってる人よりも体脂肪率が低く、シャープな体つきになっていますよね。あり得ない話です。

現実にはごくごく単純で、より強い力を発揮し、短距離走などの激しいスポーツをする人ほど体脂肪率は低く、軽い持久的な運動の選手ほど体脂肪率は高くなる傾向があります。
これに加えて、運動量や食事量と言ったことも影響するので簡単には言えませんけどね。例えばマラソン選手はとても細いですし、ダイエットする人の手本みたいにみられるところがありますが、実際にはスタイルが良いマラソンランナーなんていないでしょ。モデル兼スポーツ選手などがいますが、男女共に高跳びや短距離、幅跳び、体操などもう少し負荷の高い競技の人ばかりです。
それに、マラソン選手は意外にもアスリートの中では体脂肪率がとても高い。痩せているのは運動量が圧倒的に多いスポーツだからであって、運動内容が脂肪燃焼に効果的だからではありません。

本来、長距離を何十キロも走るというのは脂肪をたくさん使いますから、そういう運動をするためには脂肪を溜め込みやすい体質になって行きます。逆に全力で走ったり強い力を使ったりしないため、筋肉は必要最小限の量になります。

ウォーキングのほうが効果的だとか、軽い運動のほうが効果的だというのは「脂肪燃焼効果が高い」という意味を誤って理解したことによる迷信です。

今後ジョギングにして、さらにそれに慣れたら、今度は頑張って10分20分でも少し本気で走るような習慣を取り入れてみれば、体型が劇的に締まっていくのがわかりますよ。

嘘ですよ。ジョギングのほうが脂肪燃焼効果が高いです。

ダイエットには間違った情報なのに常識のように一般に浸透してしまっているものが数多くあります。あなたは初耳だったようですが、軽い運動のほうが脂肪が落ちると信じている人は、ジムのトレーナーみたいな人なんかにもたくさんいます。
ウォーキングのほうがジョギングより脂肪燃焼効果が高いというのは、そのうちのひとつですが、むしろ逆にウォーキングではなかなか脂肪が落ちませんから、かなりたちの悪い話。そう聞いたらそれを続けるだろうし、本当...続きを読む

Q有酸素運動としてのウォーキングとただの散歩の違い。

有酸素運動としてのウォーキングとただの散歩の違い。

毎日、犬の散歩を合計一時間ほどしていますが、これは有酸素運動というほどの運動量にはならないでしょうか?

わりとゆっくりペースでトボトボみたいな歩き方ではダメですよね?

できれば腰と足首に負担がない有酸素運動を日常の中でしたいと思うのですが、散歩か家事くらいで…。
床拭きも熱中してやると汗だくになりますが、腰がガチガチに固まり暫く動けなかったりしてしまいます。

有酸素運動の目的はダイエットもありますが、身体を鍛えたいのと、精神安定をはかりたくてです。

足腰に負担ない有酸素運動といえばやはり水中歩行なのでしょうが、田舎すぎてプールがないのです。そのかわり散歩にはうってつけの地区ではあるのですが…。

散歩もゆっくりでも時間を延ばせば有効でしょうか?
しかし、長時間歩いても腰がつらい…。

よい解決策があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

有酸素運動のウォーキングは速歩で、二人一緒に歩く場合に会話がしにくい程度(以上)のようです(人によって違います)
20~30分以上継続すると汗が出てきます。
90分約1万歩あるいてもご飯一膳分の消費にしかならないので、ダイエットのためには食事制限(カロリーの消費を考える)の併用が絶対必要です。

ゆっくり散歩は、有酸素運動ではなく、20分程度では汗もあまり出ませんが(長時間歩くと汗も結構出て新陳代謝にもよい)、足腰のある程度の鍛錬にはなります(足は第二の心臓と言われ血流がよくなる。長時間歩くと腰に負担がかかる弊害もある)但しダイエットにはならない。
骨細胞の破壊・再生促進や転倒予防・脳の活性化、生活習慣病の予防に役に立ちます。
腰痛があるとき、初めは安静にすべきですが、歩くことで治る場合もありました。

ちなみに私はゆっくり散歩(里山歩きも含む)をしていますが、風邪を引かない体質になりました(日によって違い、1~3時間歩きますが、汗びっしょりになります)

腰に負担のない程度(1時間以内)でゆっくり散歩するのもよいのでは?

参考URL:http://cgi.iwami.or.jp/~taijindo/sozorogoto/log/275.html

有酸素運動のウォーキングは速歩で、二人一緒に歩く場合に会話がしにくい程度(以上)のようです(人によって違います)
20~30分以上継続すると汗が出てきます。
90分約1万歩あるいてもご飯一膳分の消費にしかならないので、ダイエットのためには食事制限(カロリーの消費を考える)の併用が絶対必要です。

ゆっくり散歩は、有酸素運動ではなく、20分程度では汗もあまり出ませんが(長時間歩くと汗も結構出て新陳代謝にもよい)、足腰のある程度の鍛錬にはなります(足は第二の心臓と言われ血流がよくなる。...続きを読む

Q体重を落とすのにはウォーキングは効果的?

とても痩せたいのですが、ウォーキングは体重を落とすのには効果的なのでしょうか。

うちは田舎なのでウォーキングをしていると近所の人に見られて少しはずかしいです。「○○さんちの○○ちゃん、歩いてるんですって。」「あらまあ、どうしたのかしら、そういえばすこしふっくらしてるわね・・・」と思われそうで・・・。
以前に見られたくないので早朝の4時30分から歩いていたのですが、それでも近所の人に見られています。(皆さんとても早起きみたいで・・・)

それでも効果があるなら少しくらいはずかしくても頑張ってウォーキングしたいと思っています。

ウォーキングを続けていれば、効果がでるのでしょうか。するとなればどのぐらいの時間を歩くのでしょうか。

どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

過去にウォーキングで体重を落としました。
有酸素運動の中でも、ウォーキングは最も効果的な運動の一つです。

歩く場合、最低でも1時間は歩かないと意味がないです。というのは、最初の30分間は、脂肪の燃焼ではなく、糖質やたんぱく質がエネルギー源として使われてしまうからです。
理想的には、1時間半のウォーキングです。

歩くときは、ペースが大事です。急ぎ歩きぐらいがよく、正確には、平時の脈拍数の1.5倍だそうです。
私は、10キロを1時間半で歩きました。

これを行うと、1日(1回)に70gの脂肪を燃焼します。
1ヶ月間に2.1kgの脂肪が落ちます。
遅いと感じるかもしれませんが、健康を害することなく、無理のないダイエットです。

水分をしっかりと摂りながら歩いてください。
水分不足は危険です。

Q食事前のウォーキング、一日おきのウォーキングの効果は?

会社帰りにウォーキングを始めようと思うのですが、調べてみたところ食後1時間ほどおいて歩くのがよいとありました。私の場合は会社帰りなので夕食前になってしまいますが効果が減ったりしますか? 又、一日おきに1時間くらい歩こうと思ってますが毎日じゃなくても効果はあるのでしょうか。どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

まあ消化が行われた後の方が身体に負担がかかりにくいと言う事なんでしょうけどね。痩せるためのウォーキングと、日々の健康維持というかなまった身体をほぐすためのウォーキングはまた違いますからね。
痩せるためなら30分位身体を動かし続けて初めて体内の体脂肪が燃えるスタートラインに入るので、そこからもう30分から1時間動く事で脂肪燃焼の効果が出てきますから。
最初は無理なくやっていって良いと思いますよ。ただ休みを入れても継続が大切ですからね。あくまでご自身の体調とペース配慮した形が良いと思いますよ☆

Q食事前後でのウォーキングの効果

ダイエットのためウォーキングを1ヶ月前から始めました。
実施後、身長172cm:体重76kgから73kgに減少しています。私は、帰宅が遅く、夜、食事を取るのが21:00~23:00の間です。
今日、会社の人から、食事前にウォーキングするとダイエットの効果がなく、ウォーキングを止めるとかえってリバウンドすると聞きました。
ダイエットのためのウォーキングは、食事の前の方が効果的なのでしょうか?
帰宅が遅く、少しでも早く寝る前に食事を取った方が良いと思うのですが、食事前後のどちらが効果的なのでしょうか?
参考になることがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もっとも肝心なことは、やるかやらないかであり、いつやるかは最優先事項ではありません。食事前でも後でも続けていれば、遅かれ早かれ効果がでます。

そのうえで、考えていくとすると、まず押さえておきたいことは、体を動かすエネルギーとして最初に使われるのは、炭水化物であり、脂肪が使われるのはしばらくしてからだということです。

そのため食事前だと体にエネルギー(=炭水化物)があまり存在しない状態ですから、脂肪が早く燃え出すということになります。

ですが、あまり空腹で運動するとかえって脂肪の燃焼効率が落ちたり、低血糖で倒れてしまったりするなどのリスクがあります。
ですから、運動30分~1時間前にコップ1杯の果汁100%ジュースやバナナを1本摂って適量の炭水化物を摂って運動することが望ましいとされます。

次に食後の運動は、体に十分なエネルギーが行き渡っている状態で始めるわけですから、安全かつ長時間運動することができます。そして、その結果として、より脂肪を燃やすことができるというわけです。
ですが、食後すぐの運動は、消化が悪くなったり、わき腹が痛くなりますから1時間程度はあけたほうがいいわけです。

ただ夜遅くの運動は寝つきを悪くする可能性がありますから避けたほうが無難です。ただ、ウォーキングで大きく息が切れるほどのペースで歩くことはないでしょうから、あまり心配しなくてもいいでしょう。

いずれにせよ、質問者様の好みで決めてしまってかまいません。
きちんとした運動を続けて適量の食事を摂っていればしっかり中身の詰まったリバウンドしにくい、きれいな体が出来上がっていきます。
無理をせず、長く続けることを最優先にしてください。

もっとも肝心なことは、やるかやらないかであり、いつやるかは最優先事項ではありません。食事前でも後でも続けていれば、遅かれ早かれ効果がでます。

そのうえで、考えていくとすると、まず押さえておきたいことは、体を動かすエネルギーとして最初に使われるのは、炭水化物であり、脂肪が使われるのはしばらくしてからだということです。

そのため食事前だと体にエネルギー(=炭水化物)があまり存在しない状態ですから、脂肪が早く燃え出すということになります。

ですが、あまり空腹で運動するとか...続きを読む

Q梅雨時のウォーキングとしてプールでのウォーキングをするつもりですが・・

梅雨時のウォーキングとしてプールでのウォーキングをするつもりですが・・・

通常のウォーキングとプールウォーキングでは、後者の方が効果があると
よく聞きますが本当でしょうか?
何か注意する点とかあるでしょうか?
市民プールでだいたい1回につき1時間程度歩くつもりです。

Aベストアンサー

市民プールは様々な人がいます。当然トラブルはつき物です。真剣にウオーキングするとしても果たして何処まで集中して出来るかどうか?
理由は中高年のオヤジ、爺さん達が一緒にいるとどうしてもレーンの占有してしまうので出来なくなりやめてしまう女性が多いです。
泳ぐとしてもレベル高ければ続きますが・・・結局レーンを一時間集中して出来るかどうかの環境があります。レーン、時間帯選んで行かないと出来ませんよ!!その都度考えていくとなると時間調整しなければならなくなりやる気なくし止めてしまいます。
今は何処でも暇な中高年のオヤジ、爺さんたちがいます。寂しいからチョッカイ出している輩もいます。当然彼らは混んでいる時間帯しか来ません。
少ない時間帯に来てもやる気無しで帰ります。
結果求めてやるとなると暇人さん達の仲間に入る事になる可能性もあります。何も結果で無くメタボのまま!!惰性で流されていく!!

こうなると自分の目標が無くなりただの暇人さん達の付き合いとなってしまいます。
金払って結果出したければ本当にそれなりの環境の場所に行かないと暇人さん達の仲間にされてしまいますよ!!
気をつけて!!

市民プールは様々な人がいます。当然トラブルはつき物です。真剣にウオーキングするとしても果たして何処まで集中して出来るかどうか?
理由は中高年のオヤジ、爺さん達が一緒にいるとどうしてもレーンの占有してしまうので出来なくなりやめてしまう女性が多いです。
泳ぐとしてもレベル高ければ続きますが・・・結局レーンを一時間集中して出来るかどうかの環境があります。レーン、時間帯選んで行かないと出来ませんよ!!その都度考えていくとなると時間調整しなければならなくなりやる気なくし止めてしまいま...続きを読む

Qウォーキング効果の一番良い実施時間について

まさにタイトル通りなんですが、今月から朝20分のウォーキングをしようと思っています。
ただ、体温も低いしそのウォーキングいがいは
筋トレとかも行っていないし、結構職場付き合いの飲み会とか多いです。
毎日23分くらいのウォーキングでも効果ありますか??

Aベストアンサー

もしあなたが肥満体か、普段は何もしてないままでしたら、効果はあるでしょう。もう既に健康体か、普段も活動的であるならば気休めにしかならないです。この場合はジョギングに切り替えるべきです。ほんの少し早起きされて、せめてその倍の時間を費やすことができたなら、無問題でしょう。

Q通勤ウォーキングと休日ウォーキング

ほんのちょっと気になったのですが、
通勤ウォーキングをしようと思ったのですが、パンプスで歩くと疲れます。
休日はスニーカーでガシガシ歩くのですが、通勤時のパンプスウォーキングでもウォーキングとしてのカロリー消費って出来ているのでしょうか?
歩かないよりは歩いたほうがいいとは思うのですが、通勤で一石二鳥ってことは無いのかなぁ…

Aベストアンサー

 歩いての通勤であろうが、休日の運動のウォーキングであろうが、有酸素運動であることには間違いありません。個人的な意見としては歩いての通勤のほうが同じ時間なら消費カロリーは多いと見ています。
 理由は、通勤だと早足になるであろうことと、カバンなどの荷物(負荷)を背負ってのウォーキングになるでしょうから。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報