皆様、こんばんは。

私はカメラを手にして5日の「超」シロウトです。
先週の金曜日、ついに念願の一眼レフを手に入れました。お店の人との長時間にわたる話し合いの末、選んだのは「α-Sweet2」です。この選択に意見の有る方がいるかもしれませんが、私にとっての初めてのカメラであり、大変満足しています。
それから「サルでもわかる一眼レフ」のような本を大量に買い込み、寝る間も惜しんで勉強をしました。おかげさまで「雪はアンダーになるから・・・補正しとけよ・・・」と寝言で言うまでになったようです(彼女談)。

問題はここからです。過去ログを見たのですが、未だに考え込んでしまう絞りとシャッター速度・・・。それぞれが別個にどんなものであるかは理解しているのですが、実際には組み合わせが重要ですよね。
例えば「滝」を撮影するとして、糸をひく感じを出したいので速度を1/2秒に設定したとします。もちろん焦点距離や被写体の構成にもよるとおもいますが、絞りをいくつにしたらいいのかわかりません。これはあくまで一例で、滝にこだわっているわけではないのですが、状況に応じて絞りや速度を計算するという処理を、プロや愛好家の皆様はどうやって行っているのでしょうか?
彼女を被写体にして3段ほどマニュアルモードで撮影したのですが、3枚とも超アンダーでかなりヘコんでいます。もしそれらの組み合わせを覚える方法等がありましたら、是非ご教授下さい。

長い文章になりましたが、最後まで読んでくださって有難うございます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

hidessyanさん、こんにちは。

深遠なる一眼レフの世界へようこそ(^^)
雑誌やマニュアル本には膨大な露出作法が載っています。
ですがその被写体や状況に応じた全てのデータを頭の中に入れて、
尚且つ実践でスパッと出せるようになるには相当な修行が必要でしょうね。
お手持ちのカメラにはプログラム露出が付いているはずです。街中のスナップや
彼女さんのポートレイトならば、プログラムが算出した絞りとシャッタースピードを参考にするという手があります。晴天、曇り、朝、夕と状況を変えて場所やモデルは同じで試してみます。算出されるデータは違ってくるはずです。まずはその辺から憶えるというのはどうでしょうか。

また絞りの効果を味わいたいのであれば、ズームレンズではなく50mm短焦点レンズ(f1.4)のご購入を強くお勧めします。開放絞りのボケと絞り込んだ時の綿密な描写を比較的安価に楽しめます。

滝のような被写体の場合、ポイントは水流を止めるか流すかの表現ですからシャッタースピード優先で撮れば良いと思います。
いずれにしましても最初から難しく考えると、面白く無くなるので露出はカメラを信じて構図とか視点を楽しんだ方がと思うのですが(^^)

この回答への補足

皆さん、親切なご回答本当に有難うございました。
説明を聞いていると、皆さんの写真に対する熱意が伝わってくるようです。

ポイントについてですが、素晴らしい意見を下さったため皆さんに20点を差し上げたいのですが、システム上そうもいかないため、この場でははじめに回答してくださったお二方に差し上げたいと思います。他の方々の意見が決して悪かったわけではなく、本当に感謝しています。

今回は本当に有難うございました。

補足日時:2001/11/25 23:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
御礼が遅くなってしまい、申し訳ありません。

tokoya_777さんのおっしゃる通り、プログラム機能を有効に使い、構図や視点を楽しむ中で少しずつ勉強していこうと思います。
一気に頭に詰め込んで単調な作業になってしまうよりも、試行錯誤を繰り返して楽しみながら続けていったほうが良いですよね。
まだ始めたばかりですが、今の楽しい気持ちを忘れずに続けていこうと思います。

お礼日時:2001/11/25 22:58

nimaibaと申します。


hidessyanさん、αSweetIIご購入おめでとうございます。
αSweetIIはまるでコロンブスの卵の塊みたいな素晴らしいカメラです。私も欲しい。

しかも購入間もないのにマニュアル撮影されているとは恐れ入りました。わたしなんか20年以上一眼レフを使っていますが、普段ほとんどプログラムAEで撮影しています(^^;。

さて、マニュアル撮影時の適正露出ですが、SweetIIはファインダーの下のバーグラフで、中央にドットが来るように絞りとシャッターを合わせられますね。
特殊な光線状態や被写体でない限り、このバーグラフを信用すればまず失敗はないはずです。

主要被写体と周囲のボケを重視したい場合は先に絞りを決めてバーグラフをみながらシャッター速度を調節する。
逆に主要被写体の動感を重視したい場合は先にシャッター速度を決めて絞りを調節します。

問題はここから・・・・・・極端な逆光や、真っ白い被写体、真っ黒い被写体を撮影する時は、バーグラフに補正が必要となります。
どのように補正するかというのは書くと長くなってしまいますので本をご覧いただくとしますが、この補正については、結局そのカメラの露出の癖をつかんだうえで行うことが大切です。

SweetIIの14分割ハニカムパターン測光は、ミノルタは1991年以降のカメラに搭載しています。
言い換えれば10年間、新製品を発売するたびに調整が繰り返され、精度的にかなり安定したものになっています。
よほど特殊な被写体や光線状態でない限り信用度はバツグンです。
ですからむやみにいじくりまわさず、とりあえずバーグラフを信用して撮影し、経験をつむことによって露出の癖をつかんでいくのがBestな方法です・・・・というか、他に有りえない(^^)。

ちなみに私はαシリーズはα7を筆頭に4台使っています。14分割ハニカムパターン測光は、ネガ撮影では殆どはずしません。
ですからいつもカメラ任せ。
自分で露出をいじりたいときは、70年代に発売されたフルマニュアルの一眼レフを持ち出します。

hidessyanさんの素晴らしいフォトライフを陰ながら応援させていただきます\(^o^)/。

この回答への補足

皆さん、親切なご回答本当に有難うございました。
説明を聞いていると、皆さんの写真に対する熱意が伝わってくるようです。

ポイントについてですが、素晴らしい意見を下さったため皆さんに20点を差し上げたいのですが、システム上そうもいかないため、この場でははじめに回答してくださったお二方に差し上げたいと思います。他の方々の意見が決して悪かったわけではなく、本当に感謝しています。

今回は本当に有難うございました。

補足日時:2001/11/25 23:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。

α-sweat2の機能を中心に大変わかりやすく説明して頂き、本当に有難うございます。確かにいきなりマニュアル撮影を行うより、カメラの測光を信用して経験をつむことからはじめて行ったほうが良いですよね。
露出をいじる楽しみは後にとっておき、今は構図や視点などを楽しみたいと思います。

本当に有難うございました。

お礼日時:2001/11/25 23:17

 マニュアルで撮ってこそ楽しい一眼レフですね。



 さて、手っ取り早い方法です。

 1本まるまる「実験くん」してみましょう。

 例えば、ある被写体を決め、あるシャッター速度を決めます。

 そして、絞りを順番に変えて撮っていくのです。

 次に今度は、ある絞りを決め、そしてシャッター速度を順番に変えて撮っていくのです。

 もちろん、1枚毎のデータはメモしておきます。

 そうすれば、大体どういう条件でどういう絞りと速度の組み合わせならどう写るかが分かるはずです。

 ただ、これを「分かる」から「掴む・理解する」にするまでは、やはり相当の経験が必要です。
 ですから、ここでは細々した理屈をこねません。
 とにかく、色んなシーンでたくさんの本数を経験することです。

 ケチらずどんどん写真を撮りましょう。3枚の超アンダーでへこんでいては、旅先で36枚撮り何本かを全て設定間違いでパーにしたことのある私なんか、ぺたんこにならないといけません。

 なお、「実験くん」をするときは「リバーサルフィルム」というスライドフィルムを使って、「スリーブ仕上げ」にしてもらうと、違いが分かりやすいです。24枚撮りフィルムと現像代で1,500円ぐらいでしょうか。

 普通のネガフィルムだと「補正なし」と指定してプリントしてもらっても違いがうまく分からないことがあります。

 あまり細かい話にしませんでした。ひとまずです。

 ご参考までにどうぞ。

この回答への補足

皆さん、親切なご回答本当に有難うございました。
説明を聞いていると、皆さんの写真に対する熱意が伝わってくるようです。

ポイントについてですが、素晴らしい意見を下さったため皆さんに20点を差し上げたいのですが、システム上そうもいかないため、この場でははじめに回答してくださったお二方に差し上げたいと思います。他の方々の意見が決して悪かったわけではなく、本当に感謝しています。

今回は本当に有難うございました。

補足日時:2001/11/25 23:31
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。

早速「実験くん」をためさせてもらいます!
また、撮影毎にデータをメモするという発想がなかったため(そこまで気が回りませんでした・・・)、これからはメモを取ることを心がけ様と思います。

それにしても写真の世界は奥深くて面白いですね。これから先、また御世話になることがあるかもしれませんが、そのときはまた宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/11/25 23:12

たいしたものだよhidessyanさん。

5日目で寝言を言うとは...

本題の露出ですけど、絞りとシャッター速度の組み合わせ...
私の考えですけど、カメラに露出モードって何種類かあると思います。
プログラムオートとか絞り優先とかシャッター速度優先とか...
マニュアルで撮る時もどっちを優先して露出を決めるか考えます。
例えの話で出た「滝」はシャッター速度1/2秒で撮りたいのですよね。
ではシャッター速度優先の考え方で絞りはカメラの露出計が教えくれる値にセットします。これが基準です。まず一枚撮りましょう。
次にオーバーにするかアンダーにするか考えましょう。
後は露出補正として絞りを変えながら何枚か撮りましょう。
彼女さんを被写体にして撮る時は...
背景をボカシたいから絞り優先の考え方で開放絞りで...シャッター速度は...って感じです。

では、一番最初に決定する絞りは?シャッター速度は?と言う話は、正直に言って写真集のデータを見たり、実際に自分で経験するのが一番だと思います。

最初から上手くは行きません。
みんな最初は「アリャ~、ゲッ、ナンジャコリャ」の連続です。
(私は今でもありますが...)
徐々に当たりが増えます。
hidessyanさんは努力家みたいだから大丈夫です。
お互い頑張りましょう。

この回答への補足

皆さん、親切なご回答本当に有難うございました。
説明を聞いていると、皆さんの写真に対する熱意が伝わってくるようです。

ポイントについてですが、素晴らしい意見を下さったため皆さんに20点を差し上げたいのですが、システム上そうもいかないため、この場でははじめに回答してくださったお二方に差し上げたいと思います。他の方々の意見が決して悪かったわけではなく、本当に感謝しています。

今回は本当に有難うございました。

補足日時:2001/11/25 23:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

親切なご回答有難うございました。

今回質問させていただいたことによって、色々と勉強になりました。最初から全作品を成功させようとせず、色々と設定を変えながら枚数を重ねることにより覚えていこうと思います。これからは、カメラが算出したデータを参考に少しずつ補正を加え、その都度メモをとっていこうかなとおもっています。

いつか私にも「当たり」が増えるよう、経験をつんで楽しみたいと思います。

お礼日時:2001/11/25 23:07

 まず、α-Sweet2にはマニュアル時に露出情報をファインダーもしくは外部のインジケーターに表示してくれる機能がありますか?(カメラによってはないものもあるため確認したいんですが)


 で、もしもなければマニュアルで撮影したいならば露出計を別に購入するか、カメラを買い換えたほうが簡単です。また、そのままのカメラでもマニュアルで撮影することは出来ますが、ちょっと面倒なのでここでは省略します。
 次に、ある場合を想定して話を進めます。さて、おっしゃるとおり絞りとシャッタースピードは大変密接な関係にありますが、撮影に当たってはもうひとつ、フィルム感度を考えなくてはなりません。
 つまり、たとえば例に出してある滝の撮影を考えると、まず滝の水を糸を引くように撮りたいとあなたが考えたとします。構図として、滝を大きく写しこみ糸を引くように移しこむためにシャッタースピードを決定します。
 と、ここまでは正しい考え方です。たとえば、ここで2秒ぐらいのシャッタースピードを選択しましょう。滝は白く写るのでカメラの内臓露出計は反射式ですからポジフィルムの場合+1~+11/2ぐらい(ネガの場合は+2以上)の露出補正を加えます(本来ならフィルムの相反則不軌補正もするんですが、今は気にしないでください)。カメラの操作としてはマニュアルモードを選んだ後、シャッタースピードを2秒に設定します。このとき通常シャッターボタンをちょっと押し込むと(半押し)カメラの種類によって、絞りの値を表示するか現在の絞りからオーバーもしくはアンダーがわにどれくらい補正が必要かを表示してきます。さて、この表示はあくまでカメラの露出計が目安として示してくれる値なので、ここから前記の露出補正をしますが、たとえばこの時点でフィルムの感度が400(まぁ風景で400つめることはないと思うんですが、説明しやすいんで)だったとしましょう。そのとき露出計がf45をさしていたとしましょう。あなたのレンズはf22までしたかない時、ここでフィルム感度のことを考えます。200で一絞り100で二絞りあけることになるんで、感度100のフィルムを使用するとf45から2絞りあけてカメラの露出指示はf22になります。ここから補正をかけてポジの場合はf112/3位ネガの場合はf11位が撮影露出となります。ちょっと駆け足で説明したのでわかりづらいですが大体の感じをつかんでいただけましたでしょうか?また、手元の資料でEV値などについて調べるとシャッタースピードと絞りの関係を理解しやすいと思いますよ。では

この回答への補足

皆さん、親切なご回答本当に有難うございました。
説明を聞いていると、皆さんの写真に対する熱意が伝わってくるようです。

ポイントについてですが、素晴らしい意見を下さったため皆さんに20点を差し上げたいのですが、システム上そうもいかないため、この場でははじめに回答してくださったお二方に差し上げたいと思います。他の方々の意見が決して悪かったわけではなく、本当に感謝しています。

今回は本当に有難うございました。

補足日時:2001/11/25 23:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
御礼が遅くなり大変申し訳ありません。

大変細かく説明していただき、とても助かりました。絞りやシャッター速度がどう言うものかなんとなくわかっていた程度でしたので、相関関係があることを勉強させていただきました。また、フィルムについても大変よくわかる説明をして頂き、大変有難うございました。

また御世話になることがあるかと思いますが、そのときも宜しくお願い致します。

お礼日時:2001/11/25 23:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q絞りを開けると被写体深度が浅くなる?

一眼レフを勉強しているのですが、
“絞り”、“被写体深度”の事で質問したいと思います。


絞りを絞ると被写体深度が深くなるメカニズムをわかりやすく教えてもらえませんか?
逆に、絞りを開けると被写体深度が浅くなることについてもです。

僕の感覚だと、絞りを絞ると光の量が減るわけだから、被写体深度も浅くなる気がしてしまいます。
逆に、絞りを開けると光の量が増えるわけだから、被写体深度が深くなるような気もしてしまいます。

この事がわかりやすく理解できるといいなぁと思い、みなさんのご意見をお聞かせくださいませ。

Aベストアンサー

こんにちは。
要はレンズの局面の中心だけ使う(絞る)か、全体を使う(開ける)か、で像を結ぶ範囲がどう変わるかだと思いますが、人様のブログですが、下記が原理的には分かりやすい説明ではないでしょうか。
http://blog.hotta-megane.co.jp/field-depth-215.htm
上記の前後で焦点深度・被写界深度・絞りなどを人間の目やメガネのレンズに例えて説明しております。
「絞り 被写界深度 関係」で検索してみました。
ご参考になれば幸いです。(ここでご説明するのが本当なのでしょうが、うまく書けないので引用してしまいました。ゴメンナサイ)

Qデジタル一眼レフカメラと被写体との正対

被写体とカメラのレンズを正対させる簡単な方法はありますか?
または、正対しているか簡単に確認する方法があれば教えてください。

Aベストアンサー

以前、数メートルサイズの絵画を複写した際、完全に正対させていないと歪んで写るので、ヒモを使って二等辺三角形の頂点にカメラが来るようにしました

絵画は鉛直器、カメラは水準器で水平垂直を出しました

Q一眼レフのカメラで絞りを絞ったときのフォーカス合わせについて

一眼レフのカメラ初心者です.

CANON EFというカメラを所持しています.
絞りを手動で絞ったとき,ファインダー内が暗くなるので
フォーカスが合っているのか良く分かりません.
レンズに入ってくる光量が少なくなるので暗くなるのは分かりますが,
どうやって確認すればいいのでしょうか?
玄人の方には初歩的な事かも知れませんが,よろしくお願いします.

Aベストアンサー

> 絞りを手動で絞ったとき,ファインダー内が暗くなるので
> フォーカスが合っているのか良く分かりません.
・キヤノンEFか自動開放測光機種ですから、絞りをAマークや○マークから解除してもファインダー像は暗くなりません。

現在、そのカメラは、絞り込み実絞りモードに設定しているから暗くなるのじゃ。
つまり、、、
1・セルフタイマーレバーを右に倒れていて。
2・セルフタイマー下の絞り込み測光レバーを真ん中の「L」にセットしているからだよ。

通常の撮影時は、
1・セルフタイマーは中央。
2・セルフタイマー下の絞り込み測光レバーは右側にセットして使うのじゃ。

もしも、通常の撮影時の設定でも、ファインダーが暗くなるようだと、EFは故障していますぞ。

Qデジタル一眼レフを使っています。シャッター速度優先にして被写体を撮って

デジタル一眼レフを使っています。シャッター速度優先にして被写体を撮っているのですが撮る被写体によってシャッター速度が変わります・・・というよりカメラの向きによってシャッター速度がかわると表現したほうが適切かもしれません。
レンズはシグマのAPO150-500mmF5-6.3です。500mmで撮っています。指定したシャッター速度で撮り続けるにはどうすればいいのでしょうか?ISO感度はオートにしています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>でもセフティシフトは「する」に設定しています。

たぶん、セフティシフトの「する」「しない」を逆方向に誤解されていると思います。

「する」に設定すれば、シャッター速度優先にしても明るさに無理があればシャッター速度が変わります。
「しない」に設定すれば、シャッター速度優先であれば明るさに無理があってもシャッター速度は変わりません。
http://web.canon.jp/Camera-muse/tech/report/200404/img/zu4.gif

Qフィルム一眼レフレンズをデジタル一眼レフカメラへ

こんにちは。お伺いしたいことがありメールいたしました。

私はミノルタ社製フィルム一眼レフでシグマ社のレンズを使い撮影をしておりましたが、

このたびデジタル一眼レフに買い替えようと考えております。

この私のレンズをで使用できるデジタル一眼レフカメラはないものかと考えております。

私はカメラに関して無知の素人です。その点をふまえて回答してくださる方がいらっしゃいましたら

よろしくお願いいたします。

ちなみに私の持っているレンズは以下です。(説明書にかいてあったものを載せています)

SIGMA AF/MF ズームレンズ

28-80mm F3.5-5.6 MINI ZOOM MACRO
70-210mm F4-5.6UC-ll
70-300mm F4-5.6DL MACRO

品名・型名 28-80MACRO/70-210UC M-AF


恐れ入りますが回答をお願いいたします。

Aベストアンサー

とりあえず、SONYのαはレンズマウントが互換なので使えます。
http://www.sony.jp/ichigan/index-a.html

使えますが、α99以外は焦点距離が×1.5になります。

要は28-80mmが実質42-120mmという使いにくい焦点距離になる
ということです。まあ、その分70-300が105-450と言う超望遠レンズ
になってお得・・・とも言えますが(苦笑)

ただし、銀塩時代のレンズは、特に開放近いとデジタルではアラが
出やすいです。この時期のSIGMAレンズは普及品で、解像度を
あまり追及していませんから、画像を拡大しやすいデジタルカメラ
では、解像度や収差に不満が出るかもしれません。

SIGMAだと、赤リングの付いているAPOレンズ以外は期待しない
方が良いと思います。素直に純正のキットレンズ付きを、どぞ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報