こんにちは
暖房にエアコン使ってるのですがめちゃ疑問があります
ストーブのことですがよくストーブ暖かいといいますよね
でも実際うちの友達の部屋で使ってみて「前だけ暖かい!!<前方>」と思いました
8帖の部屋全体の暖房になると辛いですよね
ところでうちは部屋のエアコン月の電気代も全部で1万以下なのですが
ファンヒーターやストーブのコストやストーブって暖かいそれとも寒い?などなど
みなさんの暖房機について教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

どれが暖かいかというのは


比較する機器の能力の問題ですから一概には言えません。
一般的な○畳用というレベルにのっとっての話ならば
ガスが一番 石油2番 電気3番ということになるでしょう。

ただ暖かく感じるかという感覚の点も大きな問題です。
局所的に暖かくても肝心なところが
寒くては仕方がありません
また 設置する場所によっても
コールドドラフトという現象を引き起こし
寒いと感じてしまう事があります。

暖房効果は気流を含めた
トータルで考える必要があります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
なるほどガスが一番ですか
うちも最近ガスがいいような気がして
カタログ集めしてます

また教えてください

お礼日時:2001/11/26 04:54

暖房機器には主に「電気・ガス・石油」があります。


この中で熱効率が良いのは石油とガスです。(電気は良くない)
ただ、電気とガスは単位熱量あたりの単価(電気代、ガス代)が高すぎてコストパフォーマンスは低いです。(電気よりガスのまだマシ)

石油の中でもファンヒーターが効率が良いようですよ。

電気を使うセラミックヒーターや電気ストーブは熱量(カロリー)が低いので部屋全体を暖めることが難しく、局部暖房に向いています。

エアコンは逆に部屋全体を暖めるのに向いています。

石油ファンヒーターや石油ストーブは局部&部屋全体を暖めます。

一概には言えませんが個人的な結論をまとめます。
使い勝手を無視してコストパフォーマンスだけで考えてみました。

【部屋全体を暖める場合】
石油ファンヒーター>石油ストーブ>ガスファンヒーター>エアコン

【局部のみを温める】
電気ストーブ=セラミックヒーター=電気コタツ

上記不等号は・・・コストパフォーマンスが「高い」>「低い」を表しています。

使い勝手を考えるとまた別の結論がでると思いますが、参考にしていただければよいと思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございます
なるほど解りやすく不等号で説明して下さり
とても参考になりました
また教えてください

お礼日時:2001/11/26 04:49

いつもは皆さんの意見が出揃ったあたりで参上するのですが、今回は時間の都合で早めに回答しちゃいます。



>「前だけ暖かい!!<前方>」と思いました
これはですね。石油ストーブと電気ストーブで違います。(次からはもう少し詳しく書いてください)
石油ストーブの場合は「反射型」のものを指して言われているのだと思います。
燃焼筒で発生した熱を、裏側の反射鏡で本体の前面方向に放射しているタイプです。
また電気ストーブにも種類があって、単なる電熱線の加熱による加温と、遠赤外線による熱線の放射です。
前だけとなると後者の遠赤外線だと思われます。
石油ストーブの反射型と電気ストーブの遠赤外線型は同様の暖房効果があります。
熱が放射される前面の物を過熱する、ということです。
周りの空気を暖める効果は非常に少ない、これが特徴です。

エアコンはこれの全く逆で、物体を直接暖める効果はありません。空気を暖めるだけです。
だから、部屋の上部、天井付近が熱くなり、足元が寒くなります。

次にコスト比較の件ですが、この手の質問をされる方の欠点は、自分の住んでいる地域を記載しないことです。沖縄と北海道では全く寒さが違います。よって、暖房にかかる電気代も違います。
また、住宅・部屋の構造によっても条件が全く異なりますので、うちは○○円の電気代という表現は何の意味も持ちません。
ですので、一般論になってしまいせっかくアドバイスしても効果が半減してしまいますが、せっかくの機会ですから概略だけお答えします。

ファンヒーターはエアコンと同様に空気を暖める暖房機です。しかし、エアコンの熱源よりもかなりの高温で加熱されるので熱効率があがります。
排気ガスも含めて燃焼に伴う加熱成分がすべて室内に排出されるので、加熱効果が高いのです。

ストーブとは石油ストーブに絞り込んでお話します。
先ほど紹介した反射型ストーブを例に取ると、ストーブ前面を暖める効果は先にお話しましたが、その他にも一部が回りの空気を暖めます。
ストーブの天板でお湯が沸かせるタイプです。
これも、ファンヒーターと同様で燃焼の熱は排気ガスともどもすべて室内に放出されます。

ここで問題になるのが、石油(灯油)を燃やした排気ガスです。これを室外に排出しないと酸欠状態になります。
外の空気と入れ替えるのですが、外の空気は冷たいので室温が下がります。この結果暖房効率が下がります。

ですから、健康のことを考えて、こまめに換気される方は直焚きの石油ストーブでは暖房効率が悪くなります。
この場合はFF式のファンヒーターがお薦めです。FF式は排気ガスは全量外に排出されます。廃熱ロスは5%程度ですから、換気によって失われる熱量よりもはるかに上等です。

そのほかにも床暖房機器として、ホットカーペットを使うと体感温度が3~5度上昇しますので、暖房効果を高める効果があります。

このように、暖房器具はそれそれの個性により適材適所で選べば能力を発揮できますが、単純な比較には適合しません。
私の「良回答」の中に多くの暖房に関する質問がありますので、暇な時にでも覗いて下さい。もちろんトップページから検索することも結構です。
本来は、検索が先のはずなので・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます
いろいろ参考になりました
うちの説明不足でした
反射型というタイプなのですね
FF式いうのも今までしりませんでした
今日電気屋でみてびっくりです
もっと研究しますね

また教えてください

お礼日時:2001/11/26 04:45

「暖かさ」では、まず石油ストーブです。


エアコンでは顔に当たりますので、かなり不快ですね。全体を暖めるのにはかなり時間が掛かりますし。灯油はストーブ1台だと一冬で多くても5、6缶程度では無いでしょうか?1缶仮に800円としても、一冬5000円以内の計算になりますね。ですが、ご承知の通り「換気」が必要で、又「火災」が心配ですね。この辺りが最大のネックですね。
「前だけ暖かい!!<前方>」との事ですが、私の経験では、付けたとたんから前だけでも暖かいのはストーブだけの様な気がするんですが(笑)。それでもストーブが寒いと感じられたのなら、単にその部屋のサイズにストーブが合っていなかっただけだと思うのですが・・・

セラミックファンヒーターなどは安全快適ですが、あまり暖かく無いのと電気代が高くつくのが難ですね。2台目とか、この時期の様に本格的な冬の前の暖房機としては便利だとは思います。私は現在これを使ってます。エアコンもありますが、前述の通り「顔」に当たるのがとにかくイヤで・・・。

密閉性の高い住宅なら、オイルヒーターがまさしく『安全快適』です。しかし、電気代がベラボーに掛かりますので、私に言わせれば「かなりの贅沢品」です(笑)。私も1、2ヶ月使用しましたが、あまりの電気代にビックリし、すぐに古いストーブを引っ張り出しました(笑)もしも使用するなら、カッコ悪いでずがまず他の暖房機で部屋を暖め、ある程度暖まった後にオイルヒーターを使用する・・のが少しでも現実的かと・・・只、くどいですがかなり『安全快適』ですので、赤ちゃんなんかいる場合は良いと思います。
尚、石油ファンヒーターは使用経験ありません。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます
1冬五〇〇〇円位はめちゃ経済的ですねー
それで「前だけ」いうのはストーブつけるとみんな
手とかで前ふさいじゃうと暖かくない~~いう意味やったんですよ(笑
でも結構すぐ暖かいですよね

また教えてください

お礼日時:2001/11/26 04:40

エアコン(インバータのやつ)は、部屋全体の温度をあげるのにはいいのですが、ただ、どうしても上のほうに暖気がたまってしまいます。

ファンでかき混ぜる方法もありますが「風」がおこると、体感温度が下がってしまいます。

ファンヒーターは、下から送風しますので、対流で循環しますね。
ただ、開放式のヒーターやストーブ類は換気が必要です。ファンヒーターは窒素酸化物も発生量が多いとか。
排気式だと、排気パイプの場所が固定されちゃうので、融通が利きません。

電気のファンヒーターは、ヒートポンプのエアコンに比べると、電気代がむちゃ高い。(財布の問題もあるけど、環境にもわるい)

自分ひとりなら、「こたつ」で足だけ暖めて、上半身は厚着して、頭はすっきり、というのがすきなのですが、実際には、家の中でジャンパー着ていると妻がいやがるし、子どもたちがもぐりこみたがるし、コタツで寝るやつがいるし(kuaaina様と逆に私は寝ないのですが、妻子が)、撤去しました。ホットカーペットも。

値段を考えれば、石油。灯油缶を運ぶ手間を省けばガス。スイッチ1つの手軽さで電気、といったところでしょう。

何年か後には、ガス燃料電池の発熱による床暖房がうちにもやってくるか・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
ガスもええですよね
最近ガスに興味あっていろいろ調べてます
コタツで足温めて厚着するのはええのですが
やはり眠くなりますよね~~!(笑

また教えてください

お礼日時:2001/11/26 04:35

当家ではファンヒーターとホットカーペットだけです。



エアコンは頭がボーっとするので苦手です。ストーブ、ファンヒーターなど灯油を
使用するものは加湿効果もあるので加湿器がいりません。その分お得?
コストの比較は良くわかりませんが月電気代5000円程度、灯油代2800円(18リットルX4回)程度です。

こたつは大変気持ちが良いのですが、夜頻繁に主人がこたつで寝る為撤去しました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
頭がぼーっとしますか~なるほど!!
灯油はお得なんですね~
うちはよくスーパーで灯油を10缶くらいまとめ買いしてるのみて
燃費わるいのかな?おもてました!

コタツ・・・眠くなりますよね~~(笑
また教えてください

お礼日時:2001/11/26 04:14

ウチはエアコンの暖房と電気ストーブと電気こたつを併用。


アパートの決まりで石油ストーブ禁止なのだ。
コストは気にした事がないけどエアコンだけより暖かい。
用がない時は厚着をして布団かけて寝てます。
これが一番暖かい
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます
布団は暖かいですよね!(笑
3つ併用するとええみたいですね
うちもやってみます
また教えてください

お礼日時:2001/11/22 04:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ストーブが点火しない理由とは・・・

石油ストーブが点火しない理由とは・・・

従来は石油ストーブを点火させるレバーを引く。

石油ストーブがつく。

しかし・・・

点火させるべくレバーを引いても石油ストーブがつかない。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
どうすれば石油ストーブがつくのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本来、レバーを一杯引いた状態で、点火ポイントが明るく輝いているはずです。
火が見えなかったり弱かったら電池切れが疑われる。
電池を新しいものに変えても輝かなかったら、点火位置への電気供給がなされていないので途中での接触不良か、あるいは点火ヒーターの断線がありうる。
ヒーターが接触する芯の方が変形して触れていない場合があるので、芯をゆさぶって見る手もあります。
それでダメならマッチで付けるのが早いです。

私の日立ストーブは芯がほとんど出ていないけど、100%着きます。

Q部屋の暖房の風が暖かくならない理由

冷房は通常に使えていたのですが、暖房は効きが悪く風があまり温かくなりません。たまにカチカチとスイッチが切り替わるような音もします。メンテしないと直らないでしょうか?賃貸で今年の5月に入居したので暖房を使用するのは今期が初めてです・・。

Aベストアンサー

エアコンの話ですよね?

暖房を入れて10分たち、エアコンの噴出し口に手を当てて冷たい風が出ているなら故障です。
少なくとも温度設定と運転方式が「暖房」になっているか確認してから管理会社や大家さんに連絡しましょう。

また噴出し口付近の風は温かいが、部屋は暖まらないということでしたら、そもそもの能力不足(冷房よりも暖房の方が効きにくいです)や、ガス不足などが考えられます。
こちらの場合も連絡しないとダメですね。

Qガスストーブと石油ストーブとオイルヒーターどれが一番暖かいですか

我が家では石油ストーブを使っています。私の部屋にはエアコンがありますが、エアコンは20度でも全然暖かく感じないですが、石油ストーブだと結構暑く感じます。ただ石油ストーブだと空気が汚れているというか、なんか空気が重いとは感じますが、電気の方はそうは感じません。

世の中には都市ガスを利用して暖めるガスストーブ、オイルヒーターなどいろいろありますが、石油ストーブと比べると暖かく感じるでしょうか?石油ストーブに比べてこの二つは何かメリットがあるでしょうか?オイルストーブは部屋が暖まるのが遅いときいたことがあります。

Aベストアンサー

ストーブというのは何かを燃やして周囲の空気を暖めるもので、ファンヒーターは温風を出してやるものです。つまり結局空気を暖めるわけなので、何が燃えていようと暖かさ自体には差はありません。臭いについては機種や方式にもよるので、どちらかは絶対にこうだ、というわけではありません。
オイルヒーターは弱過ぎて暖房にはなりません。

エアコンも結局温風を出しているのでファンヒーターと方式は同じです。ただ、天井に近い所から温風を出し、その暖かい空気がすぐに上に上がって行くので、床に近い所にいると暖かさを感じないのです。暖かい空気が上に上がるということは、替わりに暖かくない空気がそこに移動してくるからです。

最近の家には部屋にガス栓がほとんどありませんし、灯油の扱いも大変ですから、エアコンのまま、シーリングファンや扇風機などで上に上がっている温風をかき回してやるとかなり違うと思います。

Q電気ストーブとエアコンの暖房はどちらが安い?

ずばり電気ストーブとエアコンの暖房は電気代ではどちらがお徳なのでしょうか?
部屋は7畳くらいなので電気ストーブで充分ですし、暖房にしても一番弱いレベルで充分なのでこれで比較したいのですが・・。
イメージではエアコンの暖房は電気代がかさむ気がするのですが実際はいかがなのでしょうか・・?
ちなみに電気ストーブは100V830Wの仕様になります。

Aベストアンサー

ズバリ、エアコンの楽勝です。

電気ストーブは消費電力830Wならば暖房能力は効率が100%の時で830Wです。
では、エアコンの消費電力などが書かれている仕様の部分をご覧ください。
【消費電力kW・暖房能力kW・冷房能力kW】の書かれている部分です。
ヒートポンプエアコンは200%から300%の高効率冷暖房機器です。
今、冷暖房機器はヒートポンプエアコンが最も省エネです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%97

Q石油ストーブとガスストーブのどちらがお得ですか

石油ストーブとガスストーブのどちらがお得ですか
現在、遠赤外暖房機を使っていますが、部屋全体の温まり具合がいまいちなので、石油ストーブかガスストーブを入れたいと思っています。エアコンがありますのでそれを使うことも出来ますが、電気代が高くつくような気がします。そこで、石油ストーブとガスストーブを比較した場合、どちらがお得でしょうか。石油の場合は臭いがあるとか市況にふりまわされるなどがあると思いますが。

Aベストアンサー

どの様な場所で使用するのでしょうか?

仕事場、事務所でしたら石油ファンヒーター、ガスストーブ+扇風機(送風機)
家庭の個室なら、電気カーペットやコタツ
リビングなら石油ストーブ、薪ストーブ、石炭(木炭)ストーブ、石油ファンヒーター、+扇風機(送風機)
電気カーペットも有りかと。
キッチンなら電気ストーブ (火災を起こす可能性が低いので)
が適していると思います。

扇風機(送風機)は天井に向けて送風してください。
天井に集まった温かい空気を拡散して、部屋全体の室温を均一にしてくれます。

コストで言えば、ガスストーブが安いでしょう。
しかし、配管の取り回しや利便性を考えると、石油ストーブの方が便利です。

ただし、電気ストーブ以外は、室内の空気の換気が必要なので、
ストーブで温める - 換気で冷える の繰り返しになりますが。

Q灯油ファンストーブよりエアコン暖房の方が”安い”は嘘な気がする

大手エアコン売り場で、一般的に灯油ファンストーブよりも、エアコン暖房に変えた方が光熱費が安くなり、空気も汚さないという話で購入しましたが、どう考えても、”光熱費が安くなる”は嘘にしか思えません。
ただ、まだ、そのポップも貼ってありますので、全くの嘘では無いと思いますが、なぜ、このような事になってしまったのでしょうか?

ヒートポンプの原理を聞くと錬金術っぽく面白いのですが、私の家では失敗しているようで、原因を知りたく思っています。


設置環境は、
木造8畳、
エアコンは RAS-S50X2(APF 5.3)。ただ、これだけでは、霜取りの時間があったり、足が冷えて仕方がないので電気ストーブ(670Wの固定)を使っています。
ちなみに、エアコンの設定を32度にしても室温は25度くらいでしか上がりませんので足は冷えます。
普段は、室温は22-24度の設定で、室温は20度になるようにしています。
外気温は-3~5度(夕方6時)。
自作加湿器の設置で湿度40%を維持。

光熱費
昨年度12月分(33日分)は、おおよそ、670kwh(19,000円)
33日*2.5L(灯油ファンストーブ)*65円/L(灯油単価)=5,400円
合計:24,400円

本年度12月分(33日分)は、おおよそ、1,400kwh(37,000円)

差し引き、6,400円ほど余分に光熱費がかかった計算になります。
エアコン購入代金と合わせると非常に高価な暖房になっていますし、灯油代を加味しても消費電力が大きすぎて安くなりません。
このままだと、エアコンを廃棄処分して、灯油ファンストーブに戻した方が安い有様です。
なお、新しく電気代がかかるモノは購入していませんし、風呂や台所は全てガスと薪ですので電気代とは関係ありません。
むしろ、トイレ以外の家中の白熱電球を全て蛍光灯型電球とLEDに交換したため安くなっているはずです。

本来であれば、AFP5.3ということは、理論上、灯油の何倍も熱量を生成し、電気代は激減しているはずでしょうが、実際は増えています。
なぜでしょうか?

大手エアコン売り場で、一般的に灯油ファンストーブよりも、エアコン暖房に変えた方が光熱費が安くなり、空気も汚さないという話で購入しましたが、どう考えても、”光熱費が安くなる”は嘘にしか思えません。
ただ、まだ、そのポップも貼ってありますので、全くの嘘では無いと思いますが、なぜ、このような事になってしまったのでしょうか?

ヒートポンプの原理を聞くと錬金術っぽく面白いのですが、私の家では失敗しているようで、原因を知りたく思っています。


設置環境は、
木造8畳、
エアコンは RA...続きを読む

Aベストアンサー

a.no14です。他の回答をよく見てなかったので見当違いな回答をしたようです。今までの話を総合してみますと、どうもエアコン暖房に向いていない場所か、もしくは能力の低すぎるエアコンのようです、空気をかきまわしてみて温かくないなら、完全に暖房能力の不足です。そういった地域では灯油暖房か、または3相3線の動力線契約をして、強力な寒冷地用エアコンを使用するしかありません。ちなみに動力線の契約をすると基本料は余計にかかりますが、同一料金で約3倍の電力が使用できます。今の単相3線200vでは電気代が高すぎて話になりません。現状では灯油暖房を復活させるのが1番だと思います。ちなみに私のところは、大阪の郊外ですが(滅多に氷点下にはなりません)木造6畳で同程度のエアコン使用で温かくはなりますが、試しに以前使用していた灯油ファンヒーターを使ってみたところ、話にならないくらい強力だったので、また灯油にもどしてしまいました。

Q石油ストーブいついて

石油ストーブを買おうかと検討しています

我が家は、毎年石油ファンヒーターをつかっています。
寝室にはオイルヒーターを置いています。

こたつは、アレルギーがあるのでこたつ布団がホコリの元になるので置けません。
エアコンは乾燥でのどや鼻が痛くなるので使えません。
石油ファンヒーターも部屋の空気が乾燥するので、加湿器を使っています。
なので、石油ストーブに買い替えて、ストーブの上にやかんを置いておけば加湿もできるし、ついでに焼き芋したり煮込み料理もできるからいいかなー?なんて思っています。
ただ、どうにもこうにも石油ストーブは使ったことがないので決めかねています。
ファンヒーターほどすぐには暖まらないだろうし・・とも思ったり。

石油ストーブを使ってるかた!
石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

Aベストアンサー

>石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

       ↓
石油ファンヒーター(以下、FHと略)と石油ストーブ[以下、STと略)は簡単に言えば、お部屋全体の暖房にFH、機器周辺での暖房にはSTが向いています。
どちらも、換気に注意と温度上昇した暖風が自然にお部屋を対流し天井付近にたまりますので(お風呂と同じ)天井扇やサーキュレーターを使ったり、扇風機をゆっくり天井に向けて併用運転して、お部屋の空気の均一化を図るのが使用感・省エネ二]有効です。
また、乾燥は少ないのが石油暖房ですが、それでも加湿器を併用すると髪の毛や肌に優しく温かさも優しい感じに成ります。

先ず、基本的な事ですが・・・暖房機には種類が多いこと。
~前提としての暖房機選びの概要~

◇熱源
電気・ガス(都市ガス・LPG)・石油・その他(薪・練炭他)

※熱源と光熱費の大雑把な関係

石油<都市ガス<電気・LPG

但し、エアコン暖房はヒートポンプ(空気熱回収)とインバーター制御&高効率熱交換器により、暖房時、実際には石油機器の約1/3程度の光熱費となり経済性も高い。


◇熱伝導の方式・仕組み

対流:
暖められた空気が上昇し、冷たい風が下部に潜り込む事で、部屋の空気が攪拌を繰り返して徐々に暖まる。
この時に、自然に空気の温度による比重差で対流する自然対流式と、送風ファンで強制的に対流を起し、スピードや温風の到達距離を長くする強制式対流に区分される。

*ストーブ・オイルヒーター<自然対流>
送風音なし・温風の吹かれ感なしは良いが、部屋全体の暖房には時間が掛かり機器の付近と他の場所の温度差が出易い。

*ファンヒーター・エアコン<強制対流>
送風でスピード暖房・送風音や温風の吹かれ感が嫌われる事もある。

輻射(反射):
暖められた発熱体から、近赤外線や遠赤外線が発生し、身体の皮膚や温点を刺激して暖かさを感じる。
基本的に無音・無風と成る。
パネルヒーター・遠赤輻射ヒーター

伝導:
発熱体に直接に接触して熱を伝えるので無音・無風で快適だが、部屋全体とか接触面以外には暖感が伝わり難い。
電気カーペット・床暖房・電気毛布・電気アンカ・湯たんぽ


◇暖房目的

主(メイン)暖房:
お部屋の温度を快適にする為の能力を持つ暖房・長時間且つ大能力となりますので光熱費・効率が重視される。

副(サブ)暖房:
主暖房と組み合わせ(併用・又は主暖房で暖まった状態のキープ)て使用。
単独ではお部屋を適温にする能力は無い。
メイン機器に比べると、補完&相乗効果なので、快適性とか暖感を重視

パーソナル・局所暖房:
特定の場所、人を暖める。
その人の感性・TPOで選択の基準・優先順位は変わる。

◇暖房機(暖め方)へのコダワリ
暖房能力・ランニングコスト(維持費)・イニシャルコスト(機器&設置費用)・暖感(無風・無音・乾燥)・モバイル性・燃料供給の手間・デザインetc


そこで、ご質問の件ですが・・・

1.お部屋には、メイン暖房機としては・・・

石油FHが強制対流式であり、お部屋全体の温度上昇には有利です。
機器メーカーや商品種類が石油STに比べ多く、能力やデザイン等での選択が出来ます。
温度調節や能力切り替えが容易です。
但し、送風ファンや灯油のガス化or霧化、点火ヒーターに電源が必要であり、停電や電源の無い所では使用出来ない。


2.使用時間が少ない場合・暖房機の傍で少数が温まる場合は・・・

必要な時だけ暖めるには、スピード暖房と身体に近寄せられるモバイル性から、石油STがご希望に向いていると思います。
また、電源が不要であり、停電に移動に便利。
それと、理論的には、灯油が燃焼すれば同じ量の水分に成りますから、お部屋は乾燥しないようですが、室温上昇で相対湿度が低下するのと身体に優しい暖房と言う面からは設定温度を少し低く、湿度が高目の暖房、加湿器の併用が望ましいのは石油FHも石油STも同じです。

※極端に、短時間だったり、省エネを追求するなら・・・
暖かセーターや丹前を1枚余分に着る。
<家具調こたつ>に、少し大きめの毛布&布団をして、こたつ内の電気ヒーターはこたつ内の温度アップにだけ使用、後は湯たんぽを利用すると安全と省エネになります。

3.さらに、省エネへの配慮としては・・・

加湿器の併用(湿度10%で体感的には1℃アップ)、天井付近への暖気たまりに扇風機でのサーキュレーション効果を出し、快適性と省エネの両面から改善を図る。

4.それ以外にも・・・

住まいの構造や暮らし方の工夫でも省エネを図る。
内・外断熱の住宅構造、既存のお部屋でも窓や間仕切りの隙間への断熱パッキン、サッシ等へのエアパッキンとかプチプチを貼る、厚手のカーテンを使用する事で暖房負荷&熱ロスは変わります。
当然、夜間はシャッターや雨戸等の確実な開閉、外気の影響を減少させる対策・暖房運転のパワー調節や使用時間の短縮が有効です。

以上、長々と申し上げましたが、表現力の無さと拙文にて申し訳ございません。


okwaveid45 様におかれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、多くの暖房機の中から、快適で健康的な、さらに賢い省エネ機器を探され、満足感のあるホットライフを実現されますよう、心より祈念申し上げております。

>石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

       ↓
石油ファンヒーター(以下、FHと略)と石油ストーブ[以下、STと略)は簡単に言えば、お部屋全体の暖房にFH、機器周辺での暖房にはSTが向いています。
どちらも、換気に注意と温度上昇した暖風が自然にお部屋を対流し天井付近にたまりますので(お風呂と同じ)天井扇やサーキュレーターを使ったり、扇風機をゆっくり天井に向けて併用運転して、お部屋の空気の均一化を図るのが使用感・省エネ二]有効です。
また、乾燥は少ないのが...続きを読む

Qエアコン暖房と石油ストーブ

単純にどっちがコストがかかりますかねえ。
エアコン暖房は電気代、石油ストーブは灯油代と電気代を比べた場合、何かエアコン暖房の方が実は安いのではないかと最近感じてします。
どなたか分かる方おりましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

同等の熱を利用するとしての比較が簡単だと思います。
灯油を40円/L、電気を22円/kWhとすると
灯油の発熱量は8,900kcal/L(8.9Mcal/L)
電気は860kcal/kWh(0.86Mcal/kWh)です。
また、効率は灯油ストーブ、ファンヒーターの場合は排気を含めてすべて室内に放出しますので100%、電気の場合はヒートポンプにより外気の熱をくみ上げる方式を使いますので約500~600%(省エネ型)となります。
(エアコンの場合は効率とは言わず、成績係数と呼びますが)

40円/8.9/100%=4.9円/Mcal
22円/0.86/500%=5.1円/Mcal
(冷房をエアコンで利用するとして基本料金は加味していない)

ということで現在では灯油ストーブとエアコンでは、ほぼ同じになります。
ただしエアコンは屋外の気温が極端に下がると能力が低下しますので寒冷地(昼でも氷点下が続くような)では使用が困難となります。

灯油ストーブでも排気を外に出すタイプ(FF式や温水循環式)の場合はむしろエアコンの方が安くなるようです。

同等の熱を利用するとしての比較が簡単だと思います。
灯油を40円/L、電気を22円/kWhとすると
灯油の発熱量は8,900kcal/L(8.9Mcal/L)
電気は860kcal/kWh(0.86Mcal/kWh)です。
また、効率は灯油ストーブ、ファンヒーターの場合は排気を含めてすべて室内に放出しますので100%、電気の場合はヒートポンプにより外気の熱をくみ上げる方式を使いますので約500~600%(省エネ型)となります。
(エアコンの場合は効率とは言わず、成績係数と呼びますが)

40円/8.9/100%=4.9...続きを読む

Qタイマー付きの石油ストーブってあります?

タイトル通りタイマー付きの石油ストーブを探しています。
タイマーというのは何分後に消えるといった機能ではなく何分後・何時に付いてくれという機能を探しています。
石油ストーブというのは必ず石油ストーブでお願いします。ファンヒーターや電気ストーブ等ではいけません。
この様な商品は有りますでしょうか?科学的に、この様な商品は製作できないのでしょうか?

Aベストアンサー

芯を使用したタイプの石油ストーブということであれば、コスト的に難しいでしょう。もちろんできない事はありませんが、芯を使用したストーブでは点火してから安定した燃焼を得るまでに、ファンヒーターなどで使われるガス化方式より多くの手順が要求されます。まず、芯を上げ点火して燃焼筒が十分温まり燃焼が安定するまで、芯の位置を調整しながら炎が過剰になったり過小になったりしないように調整する必要があります。これに必要なメカニズムや制御系統はガス化方式よりはるかに複雑で高価なものになってしまうでしょう。

また、安全上の配慮からも難しい点があります。ファンヒーターなどのように筐体自体の温度がそれほどあがらないものと異なり石油ストーブのような形態をとるものでは、燃焼筒やストーブ上部等はかなり高温になり、そこに可燃物が接触する危険性もあります。このような状況で自動点火してしまえば火災に直結しますので、安全性の面から見ても非常に大きな問題でしょう。これらの不安要因も取り除くような安全機構を備えるとなると、非常に高度な安全機構を備えることになり、それだけで床暖房などのコストを上回ってしまうでしょう。故にそんなものは誰も開発しようとしないと言うところが実際でしょう。

もしかしたら、消防法に抵触する部分もあるかも知れません・・・

芯を使用したタイプの石油ストーブということであれば、コスト的に難しいでしょう。もちろんできない事はありませんが、芯を使用したストーブでは点火してから安定した燃焼を得るまでに、ファンヒーターなどで使われるガス化方式より多くの手順が要求されます。まず、芯を上げ点火して燃焼筒が十分温まり燃焼が安定するまで、芯の位置を調整しながら炎が過剰になったり過小になったりしないように調整する必要があります。これに必要なメカニズムや制御系統はガス化方式よりはるかに複雑で高価なものになってしま...続きを読む

Qガスストーブvs電気ストーブ(vsエアコン)

むしろ私vs母なのですが、ガスストーブの見積もりをしてもらったところ、「工事費(20000くらい)が高いからやめて電気にする」と言い出しました。
ネットでいいの探しといてよ!と言われたのですが、工事費より電気代のほうが高くつくだろうと腑に落ちません。
これから何年も冬が来る度3ヶ月とか使っていくのですし。
今まで使っていた石油ストーブは、石油価格の高騰に加えてデカくて邪魔で面倒なのでお別れが決まっています。
使用する予定の部屋は夏は涼しく冬は寒い不思議な部屋で、エアコンは反抗期で使い物になりません。
6畳ほどのフローリングですが寒いです。しかも上のほうしか暖まらない。
壁に穴を(4つほど)開けることはあまり気にしていないようなのですが‥
というか見栄えも相当悪くなるでしょうが。

・ガス買う
・電気買う
・むしろエアコン買う

どれがいいでしょうか?
具体的にこのぐらいの電気代及び燃料代がかかる、というのを示してもらえると有り難いです。
エアコンの場合は現在くっついてるもの(8年くらい前のもの?ビーバーのSRI22G1)を処分するお金がかかります。
最近のエアコンは性能も燃費もいいそうですが、本当でしょうか‥
どの道、機器の購入にかけるお金は2~3万程度です。(燃費がよくて、元をとれるなら別ですが)
全てにかかる総合の料金で検討することになります。
よろしくお願いします。

むしろ私vs母なのですが、ガスストーブの見積もりをしてもらったところ、「工事費(20000くらい)が高いからやめて電気にする」と言い出しました。
ネットでいいの探しといてよ!と言われたのですが、工事費より電気代のほうが高くつくだろうと腑に落ちません。
これから何年も冬が来る度3ヶ月とか使っていくのですし。
今まで使っていた石油ストーブは、石油価格の高騰に加えてデカくて邪魔で面倒なのでお別れが決まっています。
使用する予定の部屋は夏は涼しく冬は寒い不思議な部屋で、エアコンは反抗期で...続きを読む

Aベストアンサー

投入したエネルギーで熱量を得る時代は終わりました。
冷暖房機器は、永く付き合う製品です。
新しく買うならば、省エネ効果の高いヒートポンプエアコンです。
電気でも、ガスでも、石油でも、投入したエネルギーの最低でも3倍程度の熱量を得なければ、もったいないです。

これまでの暖房機器は、投入したエネルギーをそのまま熱エネルギーに変換していました。
あり得ない話ですが、熱効率が100%(投入したエネルギーのすべてが熱量として取り出せた場合)と仮定して得られる熱量と価格は次の通りです。
都市ガスなら、1Nm3(122.19円)で熱量41.1MJ(1MJあたり2.97円)
灯油ならば、1L(82.3円)で熱量36.7MJ(1MJあたり2.24円)
電気ならば、1kWh(21.04円)で熱量3.6MJ(1MJあたり5.84円)
1MJあたりの単価は、電気が飛び切り高い事が分かります。
普通の電気ストーブは飛び切りコストが高いのです。
しかし、最新型ヒートポンプエアコンの場合は、熱効率が300%以上あります。
例えばこのエアコンの場合は、消費電力は495Wですが、暖房能力は3.2kWもあります。
http://kadenfan.hitachi.co.jp/ra/aircon/products/rasx28w.html
投入したエネルギーの6倍以上も部屋を暖めます。
最新型ではなくてもヒートポンプエアコンは都市ガスや灯油を逆転して、一番安価な暖房機器になります。
将来、ガスか石油が燃料の家庭用燃料電池が普及するまでは、ヒートポンプエアコンが一番低燃費です。

余計な事ですが、人の体は風が当たると寒く感じます。
エアコン暖房の風が体に直に当たらないように気をつけましょう。
スースーして熱風が無駄になります。
また、エアコンの温風は天井付近に溜まりやすいので、冬場でも小さな扇風機(消費電力は微々たる物)を弱で回して、上部と下部の空気が混ざるように工夫されたほうがより、電気代が安くなります。

参考価格の根拠:
都市ガス価格:東京ガス料金表B
灯油価格:東京工業品取引所【灯油】相場表
電気価格:東京電力 従量電灯B 第二段料金

投入したエネルギーで熱量を得る時代は終わりました。
冷暖房機器は、永く付き合う製品です。
新しく買うならば、省エネ効果の高いヒートポンプエアコンです。
電気でも、ガスでも、石油でも、投入したエネルギーの最低でも3倍程度の熱量を得なければ、もったいないです。

これまでの暖房機器は、投入したエネルギーをそのまま熱エネルギーに変換していました。
あり得ない話ですが、熱効率が100%(投入したエネルギーのすべてが熱量として取り出せた場合)と仮定して得られる熱量と価格は次の通りで...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング