私の父は田舎で駐車場を一つと、人に貸している土地を三つ程持っています。しかし、最近体の調子がわるく、もう長生きしそうもありません。
よく会社組織にすると色々有利になることがあると聞きますが、私のような場合、どうなんでしょうか。どのようなことが有利になるんでしょうか。

A 回答 (2件)

たぶん、相続に関してのことじゃないかと思います。

都市部で見られる「有限会社○○ビル」というようなのは、たいてそうです。No.1の回答にあるように、給料で分けて節税するという意味合い以外に、出資金で相続することにより、すこしでも税金を少なくして相続すると言うことが考えられます。
しかし、相続直前だと、出資金の評価額を下げるような仕組みを作るには、時間が足りないと思います。そして、専門家のアドバイスを得ないとなかなか難しいので、不動産所得が相当の金額になる場合に行われます。具体的に何をするのかというと、借入金を起こして、ビルやアパートをこしらえたりするのです。
信託銀行などが、相続税対策と銘打ってセミナーなどを行っていますから、参考になるかもしれません。

参考URL:http://www.nikkei.co.jp/nbs/t_seminar/a0111_2.html
    • good
    • 0

いまは青色申告をしている個人事業者ということですよね。


不動産管理会社を作るとどうなるか?ということと判断してお話します。
地主であるお父様は、まず不動産管理会社に賃貸物件をすべて貸す契約を結び、不動産管理会社から地代を受け取ることとなります。そして不動産管理会社が店子さんに土地を貸すのです。

(いままでの収入経路)
店子の払う家賃10万円→お父様の収入10万円

(不動産管理会社を経由した収入経路)
店子さんの支払う家賃10万円→不動産管理会社の営業収入10万円
不動産管理会社からの支払賃料8万円→お父様の収入8万円

となるわけです。2万円個人収入が圧縮されます。また、店子がいなくても一定の個人収入が入ることになります。

そのことでどんなメリットがあるかというと、まず個人の収入を少なく押さえることが出来るということによる個人の節税。そして法人へいままで個人収入として入っていたお金を分散させることが出来るということです。

しかし単に収入を分散させただけではメリットどころか法人税のほうが高いので全くメリットはありません。そこで「経費」という考えが出てくるのです。
法人となると、経費として計上できる枠が広がります。すなわち収入を効率的に減らし、税金を安く押さえることが出来るのです。例を挙げれば、いままで個人で契約し支払っていた生命保険などを会社契約に変更してしまえば、その保険料は経費としてみとめられますし、接待交際費の枠も広がります。
また、社員の給料として、そうですねぇできれば現在無収入の人に所得税も源泉徴収もないぐらいの金額を支払うことも出来ます。しかし実際になんらかの仕事(草むしりとか、家賃の督促とか)をしていないと税務署に目を付けられますので要注意。

しかし、会社組織にするためには最低限300万円の資本金と設立にかかる諸費用がかかります。年間の総収入がどれくらいかわかりませんが、税金面でメリットがあるかどうか、一度税理士などにそうだんしてみてもいいかもしれませんね。

う~ん説明がいまいちよくまとまらない・・・よく解らなければ解らない点をご返答いただけますか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土地の相続・相続税について概算を教えて下さい

30年ほど前、妻の父が亡くなり妻の母が相続した土地が6箇所あります。
以前はもっと土地があったが、相続税を払うため、毎年の固定資産税を払うため、日々の生活費のためその都度売却してこのじょうたいです。
これらの6箇所の土地をすべて相続するとどのくらいの相続税がかかるのか知りたくて、市役所の市民相談で土地の価格を聞いてみました約2億円と言われました

土地の価格が約2億円全て宅地、現金はあっても500万円ほどで、
相続人は妻と妻の兄の二人です。
すべての土地をこの二人で相続すると相続税今なら4000万円ほどだが相続税の計算が新しく変わるので27年以降だと5000万円ほどと教えてもらいました

家に帰って妻に聞いたことを説明しながら計算すると、聞いた金額より1000万円ほど安くなります。
はっきり式を紙に書いてもらわなかったので、要所要所
今は控除が7000万円
27年以降が6割になるので、4200万円
税率が30%
とメモがしてあり4000万円、5000万円と金額がメモされています
わたしか、市役所の人か、あるいは両方が計算の仕方が違うのかもしれません

約2億円の土地2人で相続(法定相続人)するといくらほど相続税がかかるのでしょうか?
教えてください お願いします

30年ほど前、妻の父が亡くなり妻の母が相続した土地が6箇所あります。
以前はもっと土地があったが、相続税を払うため、毎年の固定資産税を払うため、日々の生活費のためその都度売却してこのじょうたいです。
これらの6箇所の土地をすべて相続するとどのくらいの相続税がかかるのか知りたくて、市役所の市民相談で土地の価格を聞いてみました約2億円と言われました

土地の価格が約2億円全て宅地、現金はあっても500万円ほどで、
相続人は妻と妻の兄の二人です。
すべての土地をこの二人で相続すると相...続きを読む

Aベストアンサー

2億円ー基礎控除額7千万円=1億3千万円

法定相続分 あなたの妻   相続財産額6,500万円
        あなたの妻の兄 同上

税額  あなたの妻    6,500万円×30%ー700万円=1,250万円
     あなたの妻の兄  同上

合計相続税額  1,250万円+1,250万円=2,500万円

相続財産から葬式費用が控除されますので、現金500万円はその費用として加算してありません。

平成27年以後は上記の基礎控除額を4,200万円にして計算してください。
4,000万円というメモは、税額計算過程で700万円引くのを忘れて、税額1,950万円とし、それを2倍されてるのだと思います。
なお、土地の相続税評価額の算出は専門ではありません。税額計算過程で700万円控除を忘れるレベルですので、2億円という評価額が相続税評価額ではなく、固定資産税評価額の可能性があります。
ここでは市の方が言われた2億円を相続税評価額として計算してあります。

相続税の相談は税務署の資産税課が窓口です。市役所での市民相談でも、税理士が相談に乗ってくれたのでなければ「間違ってる」と思ったほうがいいです。

2億円ー基礎控除額7千万円=1億3千万円

法定相続分 あなたの妻   相続財産額6,500万円
        あなたの妻の兄 同上

税額  あなたの妻    6,500万円×30%ー700万円=1,250万円
     あなたの妻の兄  同上

合計相続税額  1,250万円+1,250万円=2,500万円

相続財産から葬式費用が控除されますので、現金500万円はその費用として加算してありません。

平成27年以後は上記の基礎控除額を4,200万円にして計算してください。
4,...続きを読む

Q定期預金で有利な銀行

金利の低さからこれまであまり興味がなかった定期預金について
調べてみたら次のような比較になりました。オリックス信託銀行
がダントツ金利が良いのですが、こんなに差があるものなのでしょうか?
それとも何かリスクを見落としているのでしょうか?

例えば、300万円を3年定期預金する(中途解約はなし)
<魅力的な順に記載>
1.オリックス信託銀行 1.2%/年
2.東京スター銀行   1年目:1.0%、2年目:1.1%、
            3年目:1.2%
3.ソニー銀行     0.957%
4.イーバンク銀行   0.95%

Aベストアンサー

金融自由化が日本でも(やっと)認められました。
当初は1000万円以上の預金に対して各行は自由金利としていました。
が、金融業会に他業種からの参入・外資系金融会社の営業許可など金融自由化が進みました。
また、ZARDFANが指摘している各金融機関は「行員の削減・OA化の充実・WEBの活用」と、大幅に人件費を節約しています。
実質上無店舗に近いため、事務所家賃も必要ありません。
日本の銀行では、30歳平均で約1000万円の年収を得てます。
100名の行員作業量を、OA化・WEB化すれば・・・。
1000名の行員作業量を、OA化・WEB化すれば・・・。
預金者に対して十分な利子等の還元を行う事が可能です。
また、預金金利だけでなく振込手数料・ATM手数料も考慮すれば良いでしようね。
新銀行東京は、振込手数料無料を試験運用中です。
たぶん正式運用になります。
新生銀行は、正式に振込手数料無料でATM手数料も無料です。
他金融機関でキャッシュカードを使っても「手数料無料」は預金金利よりも元が取れます。
○FG社長・○田社長は記者会見で手数料の高さ批判・預金者への利益還元に対して次の様に回答しました。
「手数料が高いと思う預金者は、利用しなければ良い」
金利だけでなく、各種手数料・金融機関の方針も考慮すれば良いですよ。

金融自由化が日本でも(やっと)認められました。
当初は1000万円以上の預金に対して各行は自由金利としていました。
が、金融業会に他業種からの参入・外資系金融会社の営業許可など金融自由化が進みました。
また、ZARDFANが指摘している各金融機関は「行員の削減・OA化の充実・WEBの活用」と、大幅に人件費を節約しています。
実質上無店舗に近いため、事務所家賃も必要ありません。
日本の銀行では、30歳平均で約1000万円の年収を得てます。
100名の行員作業量を、OA化・WEB化す...続きを読む

Q共有名義(親子2人)の土地家屋相続税について

 現在、築45年の土地付き住宅に私と母2人で住んでおります。
 この家は父が建てた家ですが、家が建った翌年に事故死し、その時に母と私の共有名義にしてあります。(知り合いの行政書士?の方の勧めだったようです)他に兄弟姉妹は無く、遺産を分割する相手はいません。(私一人が相続人)

 母はまだ健在とは言え82歳なので、今のうちに相続税対応(相続税額の心づもり)を考えないといけないのですが、
1)もし、母が他界した場合、共有名義の片方がなくなるわけですが、土地家屋の相続税は発生するのでしょうか?
2)その場合、母が1人で所有していた(母から私が1:1で相続する)場合の半分になるのでしょうか?
3)また、仮に、今のうちに土地家屋所有者(名義)を私一人にすると、相続税はかからなくなるのでしょうか?(代わりに譲渡税がかかるのでしょうか?)

以上、どなたかよろしくご教示お願いいたします。

Aベストアンサー

53才、既婚男性です。
すでに、御父様からの相続は完了して、相続税はその時点で納税済みと言う事ですね。
そうであれば、登記内容に基づいた財産比率で相続されています。
お母様と貴女の半々ですね。
財産が土地・家屋のみと言う事であれば、生前贈与はあまり意味が無いです。
贈与税の方が相続税より税率は高いですし、土地・家屋を贈与税の控除枠110万円/年で分割して贈与する事は不可能でしょう。
築45年の建物であれば、ほとんど評価額は無いと考えて良いと思います。
土地の評価額が問題になります。
2015年以降の相続税でも基礎控除3,000万円+600万円はあります。
つまり、土地家屋の評価額が7,200万円までは、相続税は発生しない事になります。
また、特定居住用宅地は、330m2までは課税価格を80%減額出来ます。(平成27年1月1日までは、240m2です)
したがって、よほど広大な土地で、評価額の高い場合を除いて、すでに貴女が住んでいる土地・家屋に対する相続税は課税されない可能性が高いです。
特に、節税は考える必要は無いです。(土地の面積が330m2を超えている場合で土地・家屋の評価額が7,200万円を超えている場合や、330m2以下でも土地評価額が3億6千万円を超える場合などは相続税の課税の可能性はあります)

53才、既婚男性です。
すでに、御父様からの相続は完了して、相続税はその時点で納税済みと言う事ですね。
そうであれば、登記内容に基づいた財産比率で相続されています。
お母様と貴女の半々ですね。
財産が土地・家屋のみと言う事であれば、生前贈与はあまり意味が無いです。
贈与税の方が相続税より税率は高いですし、土地・家屋を贈与税の控除枠110万円/年で分割して贈与する事は不可能でしょう。
築45年の建物であれば、ほとんど評価額は無いと考えて良いと思います。
土地の評価額が問題になります。
2015...続きを読む

Q200万の有利な運用方法

43毒男です。

来年初頭に200万ほど手に入るのですが、約10年後に家を買いたいので、そのために有利に運用したいと思っています。

そこでこの200万の有利な運用方法ですが、ノーリスクの高金利な定期預金に全額届けるのがいいのでしょうか。それとも、一部、例えば半分を投資信託等のリスクを伴うもので運用した方が有利なのでしょうか。

ご意見お聞かせください。

Aベストアンサー

先ずは、模範解答ですが、リスクは避けたいと思いますから
10年もの国債がよいと思います
現状の商品では、いちばん安全で有利だと思います

私の個人的な考えですが
貴方は、株式はご経験があるでしょうか
一般庶民は株では儲かりませんが、株を持つことで新聞やテレビなどの
マスメディアを通して、経済に目が向きます
それは、貴方の人生に、貴重で、新しい世界をもたらすかもしれません
損を覚悟で、証券会社に足を運ばれて、お話も沢山聞かれて、ご自分の
耳と目と、心で、経済や株式をお考えになられて、株をご自分の名義に
されてみてはいかがでしょう
紙屑になることは、希です
慾をかかなければ、勉強と、儲かりはしないと思いますが、あまり損も
しないと思います
そして、何より貴重な、株式や経済が、身をもって解ると思います
せっかくこの世に生まれたのですから、博打ではなく、多少のリスクは
ありますが、経済や金融は、本を読んでも解りません
200万円が、180万円とかになるかもしれませんが、授業料以上の
何かを、得られる、かもしれませんよ
何もない人生は淡雪のようです、多少、何かあった方が楽しいでしょう

先ずは、模範解答ですが、リスクは避けたいと思いますから
10年もの国債がよいと思います
現状の商品では、いちばん安全で有利だと思います

私の個人的な考えですが
貴方は、株式はご経験があるでしょうか
一般庶民は株では儲かりませんが、株を持つことで新聞やテレビなどの
マスメディアを通して、経済に目が向きます
それは、貴方の人生に、貴重で、新しい世界をもたらすかもしれません
損を覚悟で、証券会社に足を運ばれて、お話も沢山聞かれて、ご自分の
耳と目と、心で、経済や株式をお考えに...続きを読む

Q土地の贈与税と相続税について

1.父から自宅の土地について贈与を受ける予定です。土地の評価額は500万円とします。
 この場合、贈与税はかかるのでしょうか。父の死後、相続を受ける際は、この土地
 だけしか資産がない場合、相続税はかからないと聞きました。
 今の段階では贈与を受けず、相続したほうがいいでしょうか。生前贈与という言葉
 を聞きますが、この場合は贈与を受けたほうが得でしょうか。

2.父の死後、家族で土地を相続する場合、法定割合どおりにそれぞれ相続すると思い
 ますが、その場合の土地の金額の計算方法が分かりません。固定資産税の通知に書かれ
 ている評価額でしょうか。それとも他にありますか。

Aベストアンサー

>この場合、贈与税はかかるのでしょうか。
かかります。

>今の段階では贈与を受けず、相続したほうがいいでしょうか。
そうですね。

>生前贈与という言葉 を聞きますが、この場合は贈与を受けたほうが得でしょうか。
いいえ。
税金のことだけ考えれば、相続のほうが得です。

>その場合の土地の金額の計算方法が分かりません。固定資産税の通知に書かれ ている評価額でしょうか。
いいえ。
土地の相続税評価額は「路線価方式」と「倍率方式」があります。

参考
http://www.nta.go.jp/taxanswer/sozoku/4602.htm

その土地がどの方式かは下記サイトでわかります。

http://www.rosenka.nta.go.jp/

Q外貨の有利な保管のしかた

仕事でちょくちょく欧州に行きます。レートのよい今、円をまとまってユーロに替えておけばあとあとも個人的な買い物などによいかな、と思います。それで銀行の外貨預金に預けることを考えたのですが、シティバンク、地銀、信金などは外貨現金で引き出す場合には1.5~3円/ユーロの手数料がかかります。これでは、預けるときの為替手数料とあわせると、利息がついてもマイナスになりそうです。

投資というほどではなく、数十万円程度のをユーロに替えて、将来あまりユーロ高にならなくても、元本割れしないくらいならいいなあというくらいです(もっとユーロ安になれば損失はやむを得ないですが)。これだと、結局ユーロの現金をタンスにしまっておくのが一番まし、ということなのでしょうか。以前、ユーロ高が進んでいるときにあせってユーロ建て預金をつくってしまい(もっと上がると思っていたのです)、いま現在では5万円くらいの損失になっているため、慎重になってしまっています。

もし、こういう場合によいやり方をご存知の方があれば、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ユーロはこの先もっと下げていくのではないでしょうか。
そうであれば、ユーロを持たないのが一番。
欧州出張で必要なときのみ、必要最低限で外貨交換するしかないでしょう。
欧州でユーロが必要なときもクレジットカードで極力済ますとか・・・

シティバンクは確かに欧州でのATM引き出し可能で利便性はあります。
手数料は難点ですが・・・

的を外した回答ですみません。

Q祖母名義の土地の相続税についてなんですが

祖母名義の土地の相続税についてなんですが 次男で土地も祖母の名義のまま 家を建て10年すんでいます
最近祖母が 年なので母から名義変更するように との事なんですが
もともと農地なんですが 相続税を 少なくする方法はあるのでしょうか?
宜しく願います

Aベストアンサー

相続とは被相続人が亡くくなって初めてその方の資産が相続対象となるもので相続人が分割するのが法律です。
 独り占めしても遺留分は支払うことになります。 
また農地に家を建てる場合は農地の転用の許可が必要だったはずだが・・・違法建築??。
 さらに課税の本文は現況で判断されます。 家があれば宅地並み課税の固定資産税及び都市計画税も払っているはずです。
 相続税は全部の資産を出してそれから基礎控除を引き相続人x・・・を引かれて残ったものに課税されますが大方の相続人は無税なはずですねえ。
 祖母さんは資産家?。  その場合は借金ですね。
資産-借金=相続財産。 資産と借金を相続するのが少なくするひとつの方法ですね。
 お急ぎの場合は弁護士さんに相談して公証役場へどうぞ。

QEdyの使い方。(田舎です)

ANAのEdyカードを持っています。
しかし、考えてみると僕の地域で使えるのは、「ゲオ」「am/pm」「Ksデンキ」ぐらいです。

もしよければ、「こんな感じに使えば」みたいなこと教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。
ampmがあると言う事で、コンビニ払できるものはEdyでの支払いができるものです。
電気、ガス、水道、国民年金、電話、もちろん地域によりますが、コンビニ払が出来るならEdy支払を検討してみましょう。
この際現金でチャージしても意味がありません。クレジットカードからEdyにチャージすればクレジットカードのポイントが貯まります。
現金払いより得ができる方法です。

Q相続した土地を売却して相続税を支払う場合の税金

相続した土地を売却して相続税を支払う場合の税金について教えてください。

昨年11月に父が亡くなり、100坪の畑を相続することになっています。現金がないので、これで相続税を支払わなければならないので、売却して支払おうと思っています。そこで、このケースの税金について教えてください。

税金を支払うために、土地を売却するのですが、この場合も所得税が掛かるのでしょうか?
また、実際に土地の価格が1坪15万円くらいだとすると、支払わなければならない税金はどのようなものがあって、いくらになるのか教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

余り先々を心配する前に、まず「相続税が課税されるかどうか」が問題です。
父が残した総財産はすでに把握されてますか。
土地だけでなく、預金や生命保険金、株式などのプラスの財産と、借入金などのマイナスの財産を漏れなく把握し、総財産の評価額を求めることからはじめます。

ここで土地の評価額は相続財産の評価基準によって行います。路線価格とか倍率価格というものです。
土地100坪だけで相続税が発生するというと一坪60万円以上の土地ということになります。
都市圏で、実は宅地だけど酔狂に畑として使ってるという場合でなければ、坪80万円の畑は高額すぎます。
つまり畑100坪だけで相続税は発生しないと推定できます。
他の財産がどれほどあるかを考えないといけません。

「税金を支払うために土地を売る」と決め付けておられますが、まずは「順序を追って考えましょう」。

相続税が発生しない場合でも、相続で得た不動産を売れば、譲渡所得となり所得税課税の対象です。
まず長期譲渡所得ですので、20%課税です。

「売却価格(譲渡価格)-取得費ー譲渡費用」に20%課税されると理解しておけば良いでしょう。

取得費は、父上がその畑を手にいれた額です。
それが不明でしたら「場と価格の5%」が取得費として認められる特例があります。

余り先々を心配する前に、まず「相続税が課税されるかどうか」が問題です。
父が残した総財産はすでに把握されてますか。
土地だけでなく、預金や生命保険金、株式などのプラスの財産と、借入金などのマイナスの財産を漏れなく把握し、総財産の評価額を求めることからはじめます。

ここで土地の評価額は相続財産の評価基準によって行います。路線価格とか倍率価格というものです。
土地100坪だけで相続税が発生するというと一坪60万円以上の土地ということになります。
都市圏で、実は宅地だけど酔狂に畑と...続きを読む

Q外貨預金と外貨MMFはどちらが有利ですか?

外貨預金の為替手数料をかなり低くしている銀行もあるようですが、現在、外貨預金と外貨MMFはどちらが有利ですか?

Aベストアンサー

一般的には外貨MMFの方が外貨定期より手数料が安く金利も高いので一般の人は外貨MMFが有利です。ただしお金持ちには特別なレートが使われるので外貨預金が有利です。

- 外貨定期預金
メリット
o 外貨での引き出しができる
デメリット
o 預金保険の対象外
o 途中解約すると普通預金の金利または無利息になってしまう

- 外貨MMF
メリット
o 為替差益は非課税
o 保護される
o 解約はいつでも可能
デメリット
o 外貨での引き出しができない
o 利子が毎月分配されてしまう


人気Q&Aランキング

おすすめ情報