私の父は平成11年8月に胃癌と診断され、胃の2/3の切除を行いましたが、その時点で肝臓への多発性転移も認められました。以来、5-FU(肝動注)、Ts-1(飲み薬)、タキソール(静脈内への点滴)と、血小板減少、白血球減少の副作用が強くなるたびに抗がん剤を変更してきました。
そして、先週からまた抗がん剤が変わって、生食24ml・ランダ10mg・トボラシン40mg・デカドロン8mgを混合させたものをインフューザーポンプにより点滴しています。(1回/週)
が、今回の抗がん剤がどういうものなのか良く分かりません。お分かりになるかたがいらっしゃいましたら、教えてください。
現在の父の状態は、食欲はまあまあ、あるものの、最近へそを中心として半径12cm位がパンパンにはって、パンパンに張ると、裏側の骨の両側が痛くなるとのことです。特に食後が辛いとのことです。何が原因でおなかが張るのかは現在検査中との事です。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

MiJunです。


>体表面積の求め方というのが分かりません。
体重と身長から計算式があり、医師(癌専門)は換算表があり、すぐ体表面積が分かります。
概略は160cm、50kgで約1.5平方です。

例えば、シスプラチンの投与量が40mg/m2で体表面積が1.5m2の場合
40x1.5=60mg
投与することになります。

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「体表面積の計算式」
http://mike.medic.mie-u.ac.jp/works/bsarea.html
(体表面積(BSA,body surface area)の求め方)
ここで数値を入れると計算できますね!
(最近はこのサイトを利用してるかも・・・?)

ご参考まで。

参考URL:http://pathy.med.nagoya-u.ac.jp/ksap/an/bsatxt.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いつも早いご回答ありがとうございます。
早速、数値を入れて計算してみました。

お礼日時:2001/11/23 00:40

blackleon先生、フォロー有難うございます。


CPT-11であれば、先に紹介した国立がんセンターのサイトから
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010238g …
(外科療法で切除しきれない場合)
この中で「シスプラチン+イリノテカン」のことです。
ただ、「デカドロン」を追加している意味が分かりません・・・?
さらに、ランダとイリノテカンの投与量は年齢的な考慮によるものか、副作用の発現状況を判断しながら投与量を増量していくかを主治医は考えているのかもしれませんね・・・?

>γrG-CSF()
ミスタイプです。
rG-CSF(ノイトロジン等)です。

ご参考まで。

参考URL:http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010238g …
    • good
    • 0

補足ですが、トポラシンはトポテシンの誤りだと思います。


参考URLは、MiJunさんが示されたサイトで検索したものです。

参考URL:http://yakuyaku.ouchi.to/drug/19/19_04.htm#irino …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。
blackleonさんのいうとおり、トポラシンはトポテシンの誤りだと思います。父からの手紙を元に質問しましたので、おそらく父が誤って書いてきたのだと思います。どうりで検索してもヒットしない訳です。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/21 22:55

ご家族の心中お察し致します。



以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「化学療法薬品一覧」
http://yakuyaku.ouchi.to/cgi/search/19.html
(抗悪性腫瘍薬)
http://yakuyaku.ouchi.to/drug/19/19_07.htm#cispl …
(シスプラチン)
==============================
ランダ:シスプラチン
デカドロン:副腎ホルモン(ステロイド)
==============================
「トボラシン」は少し検索しましたが、分かりませんでした・・・?

>白血球減少の副作用が強くなるたびに
γrG-CSF()は投与

http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010238. …
(胃がん)
この中で
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pub/0sj/010238. …
(まだ十分わからない問題と臨床試験:切除不能・再発胃がんに関するもの)
http://wwwinfo.ncc.go.jp/NCC-CIS/pro/jcog/9912.h …
(JCOG9912)
最後のリンクが飛ばない場合は補足お願いします。

>最近へそを中心として
腹水とは違うのですね・・・?
あるいは骨転移(?)でしょうか・・・?

ご参考まで。

補足お願いします。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/asita/kouganzai~.htm

この回答への補足

早々のご回答ありがとうございます。
質問なんですが、薬の投与量を決めるときに、体表面積によって決めますが、体表面積の求め方というのが分かりません。お分かりになりましたらお知らせ下さい。

補足日時:2001/11/21 22:47
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q膵臓ガン ジェムザール イリノテカン アルカリイオン水

母が膵臓ガンで肝転移もあり、「ジェムザール+イリノテカン」の化学療法を受けています。

注意事項として
○ 乳製品を控えること
○ 体をアルカリ性に保つためにアルカリイオン水を飲むこと
○ 軟水を飲むこと

を、指示されているそうです。

質問1
乳製品を控えることと、軟水を飲むことは、「Ca」を
摂取しないようにという意味なのでしょうか?抗がん剤の効きが弱まるとか。

質問2
「アルカリイオン水」で「軟水」っていうものがあるのでしょうか?

質問3
母が病院の勧めで飲んでいる水を見てみたら、pH8の後半から、pH9の前半で、ちょっとビックリしました。
ガンの化学療法とアルカリイオン水って、どういう関係があると思われますか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

胃液の強い酸をアルカリイオン水だけで中和しようとすれば非常に多い量が必要になってしまいますね。

胃液の酸は、もともと十二指腸で胆汁や膵液によって中和されます。アルカリイオン水によってさらにアルカリ性に傾けようという考え方です。

Q脳脊髄液減少症で点滴で痛みが緩和するので家の近くで点滴してます。 最近、腰椎麻酔で悪化し、週1日の点

脳脊髄液減少症で点滴で痛みが緩和するので家の近くで点滴してます。
最近、腰椎麻酔で悪化し、週1日の点滴を毎日通院で点滴になりました。
そのところ、女の医師から「脳脊髄液減少は健保では週3日しか点滴できない。」と言われました。「自賠責の時に実家のそばの病院では毎日してましたが。。」と申したところ「自賠責はやりたい放題だけど、健保は保健基金から目をつけられてうちの病院が全額払わなきゃならない」と言われました。
そんな理不尽な事があるのでしょうか。
痛みを訴えてて、しかも症状は人それぞれではありませんか。
自賠責では医師は何でもできて、健保では同じ病気ではできないなんてあまりにも理不尽でなりません。
そんな決まりはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

厚生労働省・協会けんぽの、問題です。
直接、電話を。
お大事に。

Q縄文顔と弥生顔

日本人の顔立ちには縄文顔と弥生顔の2種類があるといいますね。

参考:http://www.kahaku.go.jp/special/past/kao-ten/kao/jomon/jomon-f.html

あくまで私の経験からなのですが、縄文顔の方は弥生顔の異性を好み、弥生顔の方は縄文顔の異性を好む、という傾向が存在するように思います。

そこで質問なのですが、縄文顔の方、あなたの顔の好みは弥生顔と縄文顔のどちらですか?そして弥生顔の方、あなたお顔の好みは縄文顔と弥生顔のどちらですか?

異性の好みは性格なども絡んでくるので一概には言えないとは思うのですが、あくまでどちらのタイプの「顔」が好みかをお聞かせください。

Aベストアンサー

私も昔から縄文顔と弥生顔に興味があるので参加させて頂きます!

結論から言うと、私は基本弥生顔テイストに縄文顔が部分的に存在するタイプです。
(全体的に凹凸は少ないが、目とか耳とかは縄文系の特徴に酷似しています)
そんな私の好みはズバリ縄文顔ですが、夫の顔は完璧弥生顔です。

蛇足ですが、何故私が縄文顔と弥生顔に興味を持ったかというと、私の両親がまさしく縄文顔(父)と弥生顔(母)だからです。
新聞に縄文人と弥生人の顔の復元イラストが掲載されたのを見た時は、
思わず「お父さんとお母さんだ!」とビックリしたことがあります。

ご参考までに!

Q抗がん剤否定論をどう思います?

がん治療の三大療法を否定する民間療法家は多いのですが、中でも抗がん剤についての攻撃が強いように思います。

曰く
・4週間小さくなるだけで「効く」とする
・100%効かないのに認可する
・副作用が強くがん以前にそれ自体で絶命しかねない

これらについてどう思われますか

Aベストアンサー

恋人が癌と闘っています。18歳です。
末期癌のため、治療をやめ、QOLを優先させてあげたいと思いました。しかし彼女は、諦めていません。僕の為に最後まで闘い続けると言ってくれました。懸命に闘い続ける彼女は、医者も驚くほどの奇跡を起こしています。
人は皆、考え方や価値観が異なりますから、抗がん剤を否定される方もいらっしゃると思います。しかし、病気に未来を奪われるほど辛いことはありません。何もせずに病気に屈するほど弱い人間はいません。闘い続け、未来を切り開くために、抗がん剤は必要だと思います。

Q犬顔?猫顔?

昔から話題になり易い犬顔・猫顔。
僕は、犬顔としか言われたことが有りません。

うさちゃん顔、狸顔、キツネ顔。
http://mery.jp/6680
ここまで来るとなにがなんやら。

皆さんは、犬顔?猫顔?上記ページのような他の動物顔と言われますか?

Aベストアンサー

へなきちさんこんばんわw

なるほど~、世の流行はうさぎ顔なんですねw

私は犬顔・・・というより、コアラ顔でしょうか。

Q抗がん剤は効きますか?

K大医学部の某先生によりますと抗がん剤は
副作用と費用の割には効果に?だそうです。
ガンとは戦わないという選択肢についてどう
思われますか?

Aベストアンサー

癌の部位と行度によります。
そもそも、癌は自分の体の一部が変化した物ですから、正常な部分との区別がつきにくく、ある程度副作用が出る事は避けられません。
効く抗ガン剤はたしかにあると思います。

Q人の顔と性格との関係

人の顔を見ていると、色々あって面白いと思います。
元々親から受け継いだものなのでしょうが、「40歳(でしたっけ?)を過ぎたら自分の顔に責任を持て」ということわざもあり、後天的な生活環境によっても顔が形作られることがあるような気がします。

例えば、
しょうゆ顔とソース顔なんて言うのもありますし、
一見次のように見える場合もあります。私が勝手に名前をつけたものや少し差別的な表現もあります。(悪しからず)

怒り顔、しかめっ面、ふてくされ顔、戦闘態勢顔、マジ顔、見下し顔、びっくり顔、オドオド顔、泣き顔、笑い顔、アホ面、無表情・・・

一体、このような顔ないし表情は、やはり生活環境や性格が反映されるものでしょうか?

特にこの中で、マジ顔・びっくり顔・笑い顔に興味があります。
マジ顔の人は、真面目にしなけりゃという気持ちが強いのでしょうか?
びっくり顔はどんな性格の人が多いのでしょうか?
笑い顔の人には温和な人が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

ぜんぜん詳しくないのですが。。。
わたしにとってとても興味深い内容の問いかけだったので、
参加させてください。

と、いうのもわたしには姉がいて、
骨格やつくりは似ていると思うのですが、
表情が真逆で、まるで別の顔になっているのです。

わたしはいつも微笑んでいるような顔で、
見知らぬ人にも笑いかけられるし、親切にされます。
姉はいつも怒りに堪えているような顔で、
初対面の人には「関わりたくない」と思われるでしょう。

思うに、生きていくうえで自分を守る(生きやすくする)ために、
もっとも適した表情が、
わたしは微笑みであり、姉は怒りだったのだと思います。
どちらも傷つけられる可能性が低いですよね。

このように、生活環境によってもっとも適した表情をしている
うちにそれが顔になっていくのではないでしょうか。
(姉妹でも家庭内での役割は違い、資質も違うため、
わたしたち姉妹は違った表情を選択したのかなと思います)

でも、これでは「びっくり顔」の説明がつきませんね^^;
(他の顔はなんとか説明がつきそうですが。。。)

>笑い顔の人には温和な人が多いのでしょうか?

これは笑い顔の質によっても違うかもしれません。
明らかに胸にいちもつありそうな笑顔の方もいますよね^^
わたし自身のことを言えば、温和だと思います。
「怒る」ということがほとんどありませんから。

ぜんぜん詳しくないのですが。。。
わたしにとってとても興味深い内容の問いかけだったので、
参加させてください。

と、いうのもわたしには姉がいて、
骨格やつくりは似ていると思うのですが、
表情が真逆で、まるで別の顔になっているのです。

わたしはいつも微笑んでいるような顔で、
見知らぬ人にも笑いかけられるし、親切にされます。
姉はいつも怒りに堪えているような顔で、
初対面の人には「関わりたくない」と思われるでしょう。

思うに、生きていくうえで自分を守る(生きやすくする)...続きを読む

Q卵巣癌、ステージ1 抗がん剤はやるべきですか?

家族の事で皆様のご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。
60代女性 病名は卵巣癌です。
先日、卵巣腫瘍の摘出手術を行ないました。
私は(娘)術後の検査結果に立会いました。その時のことなのですが、
(専門用語に詳しくなく、伝わりにくかったらゴメンナサイ--:)
手術中に腫瘍の検査をした所(癌)と見て リンパ節切除、その周りの転移しそうな部分は全て切除しました。
後日、検査結果は卵巣癌でした。ですが、その他には転移は見られませんとの事です。
主治医の先生は『ステージ1の癌。転移はしていませんが、腫瘍を摘出する際に出た、いわゆるがん細胞(液体)はこぼれた状態です。そのこぼれた液体は癌細胞になる為、今後は抗がん剤で治療しましょう』との事でした。
こぼれた液体が癌細胞・・・・それって 体中に広まる可能は無いのですか?また、それ位で、抗がん剤の治療は必要ないのでは・・・?
とも思います。 
先生に尋ねると『このまま再発しない可能性もありますが、目に見える細胞でも調べられる細胞でもない為安全の為、抗がん剤はしておくべき』との事でした。
素人の私からすると、賭けみたいな感じに取られました。
いるか、いなかい分からない細胞によって 抗がん剤で髪の毛が無くなるなど考えると どうして良いのか分かりません。
母は、2年前からそれが分かっていて、心配かけまいと自分の胸にしまい込み、今になってしまいました。
その為、今では良くなりましたが 半年前までは1年半近く、うつ病になり 今でも通院しています。また、これで悩みの種が増えると、今後の母の身が心配です。専門の方や、ご遺族・知人でそんな状態の詳しいお話をご存知の方は、是非ご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。

家族の事で皆様のご意見などお聞かせ頂ければ幸いです。
60代女性 病名は卵巣癌です。
先日、卵巣腫瘍の摘出手術を行ないました。
私は(娘)術後の検査結果に立会いました。その時のことなのですが、
(専門用語に詳しくなく、伝わりにくかったらゴメンナサイ--:)
手術中に腫瘍の検査をした所(癌)と見て リンパ節切除、その周りの転移しそうな部分は全て切除しました。
後日、検査結果は卵巣癌でした。ですが、その他には転移は見られませんとの事です。
主治医の先生は『ステージ1の癌。転移はし...続きを読む

Aベストアンサー

抗がん剤について恐ろしい副作用というイメージを持たれているようですが、もちろん使い方によります。抗がん剤をメインにした治療の場合は、大量を連用投与することになりその分副作用も強くでますが、今回の場合はあくまでメインの手術治療を補う形での投与です。脱毛や強い骨髄抑制もなく、副作用は吐き気や下痢のみということも十分考えられます。髪の毛がなくなるというようなことを言われましたか?起こりうる副作用とその大まかな可能性については、直接そのドクターに説明してもらうのが一番でしょう。その責任もありますし。

>素人の私からすると、賭けみたいな感じに取られました。
>いるか、いなかい分からない細胞によって 抗がん剤で髪の毛が無くなるなど考えると どうして良いのか分かりません。

要するに考え方の問題ですよ。賭けという表現はふさわしくないと思います。言うならば「保険」です。
いるか、いないか分からないからこそ行う治療です。事故を起こす可能性があるから自動車保険に入るわけでしょう。「起こさない可能性だってあるから、入らない」なんていう人は少ないはずです。
基本的にどんな薬にだって副作用はあります。どんな手術にだって避けられない事故は起こりえます。じゃあなぜそういう治療をするかといえば、治療をしないことによる不利益のほうが大きいからです。
もちろんそれらを天秤に掛けてみて「どっちもどっち」というような状況もありえるでしょう。しかし今回はドクターがはっきりと『~べき』と明言しています。少なくとも抗がん剤治療を行わなかった場合のリスクのほうが、副作用などの不利益よりも明らかに大きいということでしょう。
>体中に広まる可能は無いのですか?また、それ位で、抗がん剤の治療は必要ないのでは・・・?
体の離れた場所に飛んでいる可能性があるということです。どこに飛んでるかは分かりようがありません。だからこそ抗がん剤のような全身に作用する薬が必要なのです。

抗がん剤について恐ろしい副作用というイメージを持たれているようですが、もちろん使い方によります。抗がん剤をメインにした治療の場合は、大量を連用投与することになりその分副作用も強くでますが、今回の場合はあくまでメインの手術治療を補う形での投与です。脱毛や強い骨髄抑制もなく、副作用は吐き気や下痢のみということも十分考えられます。髪の毛がなくなるというようなことを言われましたか?起こりうる副作用とその大まかな可能性については、直接そのドクターに説明してもらうのが一番でしょう。そ...続きを読む

Q実際の自分の顔について・・・・

24才の男です。現実問題自分の顔って自分では見えないですよね。みるためにはもちろんながら鏡や写真、ビデオなどのツールが必要ですよね。

鏡で見る自分の顔は、鏡が左右非対称に写すという理由から本来の顔じゃないことは知ってます。だからリバースミラー(実際の向きに見える鏡)を使ってます。

これで他人から見えてる自分の顔をみてることになりますよね。その顔が「本当の自分の顔」というふうにみなしてるのですが、写真やビデオカメラに写る自分の顔はリバースミラーで見る顔とはまるで別人です・・・

リバースミラでみる自分の顔は納得してるのに写真とかの自分の顔は全然違います。変な顔です。

なんでツールによってこうも顔が違くみえるのでしょうか?どっちが本当の自分の顔なのでしょうか??写真やビデオ大嫌いです・・・

Aベストアンサー

こんばんは。

>なんでツールによってこうも顔が違くみえるのでしょうか?どっちが本当の自分の顔なのでしょうか??

私も体験あります。
写真はびっくりするほど違ったりしますよね(苦笑)

>リバースミラでみる自分の顔は納得してるのに写真とかの自分の顔は全然違います。

これは、「鏡で見る時は、自分の気に入るように表情を変えている」
からだと思います。
無意識にでも、やはり自分にとって感触の良い顔をして
鏡を見ていると思うので…。

以前、自分の写真うつりを見て
「私こんなヘンな顔だったんだ!」と、友人知人に言ったところ
「あんた、写真写りすごく悪いよ」と言われました。
(特に、意識していないシーンの写真ではなく
証明写真や、プリクラ等
うつる事を意識して撮ったもの)

…ですので、顔が違う、というよりも
表情の作り方が、
鏡を通して見ている自分とは違うのかもしれません。
本当の顔という表現よりも
普段、他人に接している時の表情が
写真やビデオを通した顔なのかもしれませんね。

Q乳癌の手術後、抗がん剤は必ずやるのですか?

母が乳癌で明日手術です。
一応、1センチのものが1個と言われてます

早期の部類に入るそうです。
明日の結果がでないと何ともわかりませんが、浸潤、非浸潤などありますよね。

結果がスゴイ軽いものであった場合でも抗がん剤は投与するんでしょうか?
つまり、手術をした人は100%抗がん剤を投与するのでしょうか?

その場合は髪も抜けるんですよね・・・
それが辛いのですが、でもそれをやれば軽いものであった場合、「完全に」治るのですよね??

質問が3,4つありますが、答えていただけると助かります

よろしくお願いします

Aベストアンサー

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく初期の場合、女性ホルモンをエサにして増えていくと言われています。取ったがんに、ホルモンレセプターがあるかどうかが、再発リスクがあるかどうかの判断に使われます。レセプターがない、ということは、エサがなくても増えていくがんである、ということで、リスクの高い部類に入ります。
また、周りの組織への浸潤度(脂肪や血管、リンパ管への浸潤)も高いかどうか、もちろん、リンパ節への転移なども調べます。さらに年齢、家族のがん罹患歴なども見ながら、総合的にその方のリスクの高さを考え、どのように今後治療していくかを決めていきます。
乳がんは、ごく小さいしこりであっても、周りの組織に浸潤している時点で「全身病」になります。非浸潤であれば身体の他の部分には細胞は飛んでいませんが、浸潤しているということは、がんの微少な細胞が全身に行っている可能性があると言うことなのです。ですので、他のリスクも考えながら、全身療法といわれる薬物療法を行うことが一般的です。ホルモンの感受性がある場合はホルモン療法を、ない場合は抗がん剤を、感受性があってもリスクが高い場合はその両方を、というように、その人その人で行う治療が違ってきます。
抗がん剤をとても怖がるお気持ちは分かりますが、がん患者にとって一番こわいのは「がんが再発する」ことです。それを防止するための治療なのだと信じて、みなさん投与されているのではないでしょうか。
脱毛は一時的なことです(私も経験者です)。ドラマでよく出てくるようなシーンは大げさと感じます。抗がん剤はそれほどこわいものではないと、私自身は思っています。
ただ、どのように今後治療をしていくのか、ひいてはどのように生きていきたいのかは、お母様自身がお決めになることです。抗がん剤の奏功率とQOLの低下を天秤にかけて、やはり抗がん剤はしない、と決める方もいらっしゃいます。ご自身が納得して治療ができるよう、資料を集めたり、いろいろな方にセカンドを聞いたりして、サポートしてさし上げてほしいと思います。
私自身が利用させてもらったサイトのURLを貼っておきますので、参考になさって下さい。

参考URL:http://www.v-next.jp/

乳がん経験者です。
全ての方が、必ず抗がん剤をすると言うわけではありません。
明日手術をされるということですが、まず、摘出されたしこりからがんの状態の検査をします(病理検査と言います)。がんの悪性度(顔つきとも言われます。顔つきが悪い、というのは、暴れん坊のがんで、細胞分裂が活発であると言うこと→遠隔転移度が高いということになります)、周りの組織への浸潤度、ホルモンの感受性があるかどうか、ハーセプチンという薬が効くかどうかを調べ、その後の治療の指針とします。
乳がんは、ごく...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報