最新閲覧日:

安楽死と、尊厳死の違いがイマイチよく分かりません。

私は、安楽死と尊厳死はまったく別物と思っていたのですが、
安楽死と、尊厳死は完全分離されたものなのですか?
それとも、安楽死の中に尊厳死は含まれるのでしょうか?

それと、消極的安楽死と、積極的安楽死についても
違いを教えていただければ光栄です。

このQ&Aに関連する人気のQ&A

A 回答 (6件)

昔、安楽死について学校でディベートした程度の経験者です。



尊厳死とは、いわゆるQOL(生命の質・Quality Of Life)に関わるところが大きいと思います。つまり、スパゲティ状態だとか、抗ガン剤・放射線等の治療を心情的に受け入れたくない、心肺機能停止後の蘇生を拒否する、といった患者さん本人の希望から、(それが結果的に死を早めるとしても)患者さんの希望にそった治療を行う、あるいは積極的な治療を行わない、ということだと考えております。また、尊厳死を望む患者さんに「リビング・ウィル」という書面を書いてもらうことで、
より患者さんの希望にそった終末医療を行う病院もあります。

それに対し安楽死は、患者さんの尊厳という問題に加えて、「耐え難い肉体的苦痛」がカギになるかと思います。安楽死で検索をかけられるとおそらくヒットするかと思いますが、東海大病院でおこった、医師による安楽死の是非を問う裁判で横浜地裁により提示された4原則にも、肉体的苦痛について記述があったはずです。

消極的安楽死は、延命治療・心配停止後の蘇生を行わないこと(つまり手段として尊厳死に近いです)積極的安楽死は、薬物(筋弛緩剤や塩化カリウム等を投与)することによって、医師が患者さんの命を積極的に「奪う」行為です(聞こえは悪いですが…)

生命倫理はシロかクロか簡単にわけられませんから難しいですね…。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ディベートの経験者とは大変心強いです。
やはり、医師が手を下すとなると問題ですよね。
あと、「リビング・ウィル」というものについても、あまりよく理解できていませんので、
もし機会があれば、教えていただければ光栄です。

お礼日時:2001/11/26 19:07

 安楽死は「病苦に苦しむ患者を救うために、意図的に死を与える」こと、尊厳死は「人間としての尊厳を保ちつつ死を迎えること」です。

なお、安楽死はさらに「積極的安楽死」と「消極的安楽死」に分かれ、前者は死を至らしめる行為を積極的に行うこと(注射器で毒物を注入する等)で、後者は死を至らしめる行為を積極的に行うわけではないが、具体的な延命措置を取ることを中止すること(生命維持装置をはずす等)です。なお、これらの用語は他にも様々な定義が成り立ちえます。私は法学部の者ですので、その方面の観点から定義させていただきました。

 ご質問にあるように、この用語説明だけでは、「安楽死」と「尊厳死」の区別は曖昧です。そのひとつの原因に、安楽死の是非論が挙げられます。安楽死については、倫理・実務において未だ全面的な支持を得たわけではありません。安楽死がごく自然で人間的なことであると主張する人もいれば、安楽死は非人道的で許されないことだと主張する人もいます。「尊厳死」については、これを否定する人はあまり見られず、これを目指すべきであることは意見の一致するところですが、果たして「安楽死」が「尊厳死」に含まれるのかという問題があります。安楽死を肯定する人にとっては、安楽死とは人間的で尊重されるべき死ですから「尊厳死」と言っていいでしょうが、安楽死を否定する人にとっては、安楽死は非人間的な死であると考えますので「尊厳死」とは呼べない、ということになります。

 結論としては、安楽死を自然で人間的な死であると捉える人にとっては、安楽死は尊厳死のひとつであり、そうでない人にとっては、尊厳死そのものは肯定するが、安楽死は尊厳死とは呼べない、ということになるのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい解説どうもありがとうございます。
賛成派、反対派の見解を教えていただき、より理解が深まりました。
人によって安楽死の置かれる位置づけが変わり、とても難しい問題ですね。

お礼日時:2001/11/26 19:07

安楽死は、病気や怪我などによる苦しみを伴う生、無用な生(延命治療による植物状態など)を意図的な死によって開放すること。

重点は「苦しみからの開放」です。

尊厳死は、延命治療を避け、人間らしく生活し死んでいくこと。その過程で例え寿命を縮めることになっても、積極的に鎮痛剤などを使用します。重点は「人間らしく最期を迎える」ことです。

消極的安楽死と積極的安楽死は初耳ですが、上とおなじではないでしょうか(不正確)。
安楽死=消極的安楽死
尊厳死=積極的安楽死
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
尊厳死でも、鎮痛剤を与えたりはするのですか。初めて知りました。
貴重な情報どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 19:07

 質問のような問題を考えたことがあるいう点で「経験者」です。

今のところ安楽死を望んだりだりした経験はありません。
 専門は医学とは全然ちがいますし、見当はずれの理解かも知れませんが……

 安楽死は、現在の病苦から逃れようとして、本来ならもっと生きられるのに、早く死のうとする(人を死なせる)ことで、薬等を使って出来るだけ早く苦しみから逃れようとするのが積極的安楽死、延命手段を実施すればもう少し生きられるのにそのような方法を採らず死期が早く来るのを待つのが消極的安楽死ということではないでしょうか。
 尊厳死は方法的には消極的安楽死に似ていますが、安楽死が「苦痛から逃れる」という点に主眼があるのに対して、「人間としての尊厳を保って死にたい」というところにポイントがあるのではないでしょうか。
 たとえば、管やらパイプやらをやたらつながれたスパゲティ状態なんかになりたくない、食物の味も味わえず、しゃべることもできないような惨めな死に方はしたくない、というのが尊厳死ではないでしょうか。だから、病気には苦痛が伴うのが当たり前で、それが人間的なのだからと、苦痛と正面から向き合う場合だってあるのではないでしょうか。
 私は一応そのように理解しております。 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございます。
安楽死、尊厳死。さらに、積極的安楽死、消極的安楽死についても
詳しく違いを教えていただき、大変よく分かりました。

お礼日時:2001/11/26 19:06

安楽死と尊厳死は違う意味だと思いますよ。


安楽死は人為的に死にいたることであり、多くは生存可能だが
特殊な事情により死に至らしめることですよね。
一方、尊厳死というのは延命装置などがなければ生存できない人が
機械に生かされることをよしとせず、自然死を選択するということです。
もちろん、尊厳死を選んだ人が激痛に絶えられず安楽死を懇願する
ということはあるでしょうが、安楽死は医師の手により死にいたること、
尊厳死は医師が手をひくことにより死にいたること、と考えれば
よいのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早くから回答いただいてどうもありがとうございます。
安楽死が医師の手によってで、尊厳死が医師が手を引くことによってですか。
とてもわかりやすくまとめていただいて、ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 19:05
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にお返事いただきありがとうございました。
上の方のページには以前にちらっと見たことがありましたが、この機会によく読んでみました。
下の方に関しましては、ぜんぜん知りませんでした。
大変参考になるページをご紹介いただいて本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 19:04

このQ&Aに関連する最新のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ