ID登録せずに、無料で質問できる♪ 教えて!gooアプリ>>

ステンレスアクセサリーは傷がつきにくく、丈夫でお手入れがラク、などと書かれてありますが、シルバーやプラチナアクセサリーとどう違うのですか?
素材的に言えばステンレスはスプーンやナイフなどの食器、またははさみなどの安い製品しか思い浮かびません。

そもそも以前からステンレスアクセサリーというものはあり、私が知らなかっただけですか?

ステンレスアクセサリーはカジュアルファッションに、またデイリーユーズに、シルバー・プラチナはよそ行きファッションにというイメージしかわかないのですが、
どう使い分けたらいいかアドバイスください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

違いということで、いくつか比較します。


まず素材で安い順、ステンレス、銀、プラチナ
軽い順は同じで、ステンレス、銀、プラチナ
硬度、柔らかい順、銀、プラチナ、ステンレス
アレルギー、銀は出る。プラチナ、ステンレスは基本的に出ない。

以前にステンレス製のアクセサリーがなかったのは、
合金(鉄+クロム)は安価で、
貴金属としての魅力がなかったからだと思います。
あと硬質なので鋳型から作るのはまだ簡単ですが、
少数作るにはコストが見合わず、
彫りを入れるとなると硬くて難しかったのも
アクセサリーならなかった理由でしょう。

逆に最近増えたのは、ステンレスの硬質な質感が新しく感じられたから、
また、アレルギーが増えたことでアレルギーが出にくい素材が
注目されたからなどが考えられます。

ファッション的には、ステンレスが一番安いのでカジュアルに
感じたのかも知れませんが、自分は、
酸化しやすく(汚れやすい)変型しやすい銀がもっともカジュアル
に感じます。
ステンレスは医療器具や工業製品のパーツのような冷たさシャープさ
があるので、意外とスーツやスマートな装いに合うように感じます。
安いものでは格好がつかないなと感じる人は、やはりプラチナの
ほうになると思います。

結局の所、使い分けというよりは、好みの問題になるかなと思います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

詳しい説明ありがとうございます。
最近増えた理由も書いてくださってかなり納得しました!

お礼日時:2005/10/26 22:40

使い分けは別にしなくてもいいと思いますよ。


気に入ったものを愛用する。というのは 素材には関係ないと思いますが いかがでしょうか?

ステンレスアクセサリーショップを参考URLに入れましたので覗いてみてください。
結構おしゃれで 値段もいいですね。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/figmart/608064/
    • good
    • 3
この回答へのお礼

自分の中でプラチナが一番貴金属の中でいい、というように思っていた節があったのですが、今後は好みでお気に入りを見つけようと思います。

お礼日時:2005/10/26 22:44

宝飾業界は今は異素材でいっぱいです。

SUS(ステンレス)、Ti(チタン)、シルバー(Ptとの合金)。変色がなく、硬くて丈夫な素材としてステンが
使われてます。同様にチタンもそうですが、こちらは地金自体がやや茶色味がかっており、IPメッキというメッキを施さないときれいになりません。
こういった異素材は加工上、難しくデザインが限られているので種類が少なく、まだ一般には出回っていないのが現状です。
デザインが気に入ったものであれば、それがお気に入りの一品でもいいのではないですか?
素材の違いであり、見た目はプラチナと変わりません。普通の人では見分けが付きません。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

他にもいろいろ種類があるんですねー。
色や素材についてもっと勉強して自分だけのお気に入りを見つけたいです!

お礼日時:2005/10/26 22:35

シルバーはオキシダイズ加工などしていなければ


空気中の酸素によって徐々に酸化して黒く変色していきます。
プラチナは変質しにくく金属の中でも特に硬いことで有名ですが
何しろ高価です。
ステンレスは汗などにも錆びにくく確かに丈夫で手入れがラクでしょう。
使い分け、と言われても全部メタリックな輝きが美しい金属ですので、
同じ形で金属だけ違っていても他の人からは
どれがシルバーでどれがプラチナなんて解りませんね。
好きな時に自由に楽しめばいいと思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

>同じ形で金属だけ違っていても他の人からは
どれがシルバーでどれがプラチナなんて解りませんね。
そうなんです、私がおしゃれにうといせいもありますが違いってわからないです。自分の好きなものを身に付ける、これが一番ですね。

お礼日時:2005/10/26 22:30

使い分けと申しますか。


素材で使い分けではなくて、デザインじゃないで分けるのではないですか?
ステンレス=台所=安い、とか別にないですし、遠目に見たら、みんな銀色の金属なんですもん。
ただ素材が違うということは、それ独特の質感が出せたり、独特のデザイン・表現が可能ということになりますよね。
プラチナをデイリーユーズにする人だっているし、素材の値段じゃないんです。
要はお好みでということになります。
ちなみにチタンやアルミも、アクセサリーに使われていますよ☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おしゃれにうとく、どこがどう違うんだろうと単純に思ったのです。好みで選べばいいのですね。

お礼日時:2005/10/26 22:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラチナとシルバーのリングは見た目で違いは判るので

プラチナとシルバーのリングは見た目で違いは判るのでしょうか?

私は貴金属に詳しくないのですが
結婚指輪などはプラチナの石なしが多いですよね。

その指輪がプラチナ出来てるのかシルバーで出来てるのか
普通の人でもパッと見ただけでわかるのでしょうか?
私は素人な為、判断できません・・・

Aベストアンサー

誤解を与えかねない回答もありましたので私からも回答させていただきます

まずは一般的に貴金属と呼ばれるものは、8種類の金属です。

中でもジュエリーの材料として一般的に用いられるものは、プラチナ、金、銀、パラジウム
の4種類です。

これら4種類の金属は単体では非常に軟らかいため、何かしら他の材料を混ぜ合金として
使用します。ですのでプラチナも金も単体では非常に軟らかく使用できません。

またパラジウムは、あまり一般的ではなく、主に添加する材料として使用されますので
ここでは説明しません

それではホワイト系の貴金属材料について説明します

銀:金属中最高の反射率を持つため色は明るい銀白色です
  銀が92.5%のスターリングシルバーという合金が一般的です
  価格は非常に安いです。他の方の回答にもあるように変色しやすいです

ホワイトゴールド:主成分は金です。金にパラジウムや銀などを混ぜることで金色を
         抑え銀白色に近付けた合金です
         銀に比べると暗い銀白色です。また混ぜる材料や量によっては金の色が
         完全には消えず黄色がかったものもあります
         主にカジュアルなジュエリーに使用されます
         価格によって18金(金75%)、14金(金58.5%)、10金(41.7%)といった合金
         が用いられます

プラチナ:色は銀に比べると暗い銀白色です。非常に産出量も少なく高価な材料です。
     高級品に使用されます。変色などはほとんどありません。
     一般的にはPt900(プラチナ90%)やPt950(プラチナ95%)といった合金で用いら
     れます。比重が大きく銀の倍程度あります。

ではここから見てわかるかどうかについて説明します
上で説明したとおり、銀は変色が、ホワイトゴールドは黄色味の問題があり
表面にロジウムという金属をメッキすることが多いです。
ロジウムは銀に次ぐ反射率を持つため、メッキがしてあると一見しただけではプラチナか銀かは判断できないと思います。
メッキがなければ、銀の方が明るい銀白色なので分かるとは思いますが、それも両方を並べてみての話でしょうか。
プラチナの結婚指輪が多いのは、こういったメッキの必要がないからではないでしょうか?
メッキは時間が経ては剥がれてきますので、結婚指輪のように常時しているものですと、
いつかメッキが剥がれ地の色が見えてきますし、変色なども起こってきますから。

ただリングなどには、大体のものに裏側(指に当たる部分)に刻印が入っており、使用している材料が分かるようになっています。

プラチナであれば、Pt900とかPt950、ホワイトゴールドであればK18WG、K14WG、銀であればAg925、Silver925などと入っていると思います。

これで確認するのが一番分かりやすいかと思います。

以上ご参考になれば幸いです。
長々とすみませんでした。

  

誤解を与えかねない回答もありましたので私からも回答させていただきます

まずは一般的に貴金属と呼ばれるものは、8種類の金属です。

中でもジュエリーの材料として一般的に用いられるものは、プラチナ、金、銀、パラジウム
の4種類です。

これら4種類の金属は単体では非常に軟らかいため、何かしら他の材料を混ぜ合金として
使用します。ですのでプラチナも金も単体では非常に軟らかく使用できません。

またパラジウムは、あまり一般的ではなく、主に添加する材料として使用されますので
ここでは説明しませ...続きを読む

Q安いシルバーと高いシルバーの違いって??

値段の安いシルバーと高いシルバーの違いって
何なんでしょうか??

高→例えばティファニーのネックレス
安→例えば1000円程度のシルバーネックレス

どちらもシルバー925と書いてあるし、どちらも本物ですよね^^;でも、じゃあこの違いは一体…(>_<;)

ただブランドだから高いのかとも思ったんですけど、以前「ティファニーは良質のシルバーを使用していて…」との記述をどこかで見たとき、やっぱりシルバーにも良し悪しあるのかなぁと思って質問させて頂きました。

Aベストアンサー

シルバー925である以上、地金の価値は同じです。
やはりブランド価値があるのです。

シルバーはブランドにより、ロジウムメッキを施してあり
硫化による黒い変色を抑えてあります。
この場合、ロジウムメッキ代として、単なるシルバー925よりも高くなります。

Qシルバー925とシルバーメッキの違い

シルバーアクセが好きで色々買ったりしてるんですが、
最近買ったネックレスのチェーンが925とは刻印があるものの、
やたらピカピカしてるんです (^^;)
購入したのはミナミのアメリカ村ですが、別で買ったトップとの
光具合の違いが少し気になります

質屋に持って行くのが確実と聞いたことはありますが、
近所に無いのでなかなか行く機会がとれません
簡単な見分け方を知っている方いれば教えて下さい

一度銀座ジュエリーマキで見てもらったんですが、
店員さんも「う~ん・・・」とハッキリどちらとも
言えないといわれました (-_-;)
「中の金属が銀ではない表面だけのシルバー925かも」
とも言ってましたが・・・・

キヘイの4面カットなのでカットの加減もあるんでしょうか?
メッキならメッキで良いんですけど、何か見分け方って
有るのなら是非教えて下さい!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

はじめまして。
私も以前に同じような疑問をもっていて、質問しました。
そのとき詳しく教えて頂きましたので
参考になさってください。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=223326

Qシルバーの指輪・ネックレス、付けたまま入浴しても大丈夫?

ネックレスとペアリングを普段身につけています。

大切なものなのでほとんど肌身離さず持っていますが「身につけたまま手を洗ったり風呂に入ったりすると、水や石鹸・シャンプーのせいで錆びてしまったりしてダメになってしまうのでは・・・」と心配し、トイレに行く前や歯を磨く時、風呂に入る時はいちいち外しています。

でも、世の中にはネックレスを着けっぱなしでシャワー浴びたりする人もいますよね?大丈夫なんでしょうか・・・?
大丈夫なのであれば、面倒なので自分も着けたままでいようかな、なんて思っているのですが・・・。

今までこういった物を身につけていなかったものでよくわかりません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

お風呂はまずいですね・・
手を洗う時にはそのまま洗ってしまっていますが、私のリングはホワイトゴールドなので変色したりすることは無いです。
シルバーは特に変色し易く、傷つき易いものですのでお手入れはマメにしないといけません。

シルバーは変色するから、とホワイトゴールドやプラチナにする人も多いんですよ。
シルバーは特に慎重に扱わないといけません。
お風呂に入る時や、食器を洗う時などは外した方がいいですね。
でも手を洗う時に外す、というのはなくす原因になりますので止めたほうがいいかもしれません。
よくトイレで指輪をみつけますから。

Qシルバーアクセサリーの色の変化について

シルバー(銀製)って、空気にふれてると色が黒ずんで汚くなってきますよね。
磨けばキレイになるんですけど。
これって、シルバー全てこうなるんじゃないのでしょうか?
シルバーと言うことで購入したピアスなんですけど
全然黒ずまず、きれいなままのがあるんです。
細いピアスの場合、刻印ができなくて、パッケージの台紙にシルバー925と
書かれていたのですが、ずっとピカピカしてきれいなままなので気になって。
何か特別な加工方法があるのでしょうか。
それとも表記がウソだったのでしょうか。
ご存じの方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「シルバー925」であれば、925/1000の銀の含有量ということですが、92.5%の銀は常識的には黒ずむ筈です。

黒ずみを防ぐ為にロジウムメッキなどで表面処理を施したものがあり、鏡面加工のような光沢で長期間その光沢を保持します。

おそらく、この製品だと思います。

銀の豆知識・・・http://www.mmjp.or.jp/be-gin/ginnotisiki.htm



他に広く使われている銀の合金の一種で一般に【洋銀】というものも、序でにご紹介します。

正式名[洋白板]は、銅、ニッケル、亜鉛の合金で【洋銀】ともいわれ、耐蝕性が良く光沢があり美しいので洋食器、装飾品など、

さらには医療機械等にも使われています。

Qステンレス と ステンレススチールの違いを教えてください

質問タイトルのままですが・・・

違いについて教えて欲しいと思いました

何でも良いのでお願いします

購入の際の参考にしたいです

Aベストアンサー

>ステンレススチールのキッチンバサミを買うのと
>ステンレス18-8は どちらが良いのだろう
>というところで悩み 質問させていただきました

ステンレス18-8とは#4さんの回答のURLにあるように、SUS304の事で、非常に広く一般的に使用されているステンレス(鋼)です。

「ステンレススチールのキッチンバサミ」・・・これはたぶんSUS440系のステンレス(鋼)と思われます。

「どちらが良いのか」と言う質問には使用用途が異なるので回答出来ないと言う事です。

SUS304は金属組織がオーステナイト系(簡単に言うと城の石垣状)で非磁性体です。金属表面に耐食性の酸化皮膜が形成されていて、サビを寄せ付けません。

SUS440系は熱処理等を加え金属組織がマルテンサイト(針状組織)に変化し、磁性体になり磁石に張り付きます。この金属はステンレスとは言えどサビます。

Qプラチナコーティングについて

オークションで、プラチナコーティングで変色しないと
銘打ってるネックレスを検討してるのですが
どの程度の期間、変色しないもんなんでしょうか。

プラチナなら、何年もつけなくても変色しないですが、
ptコーティングはどうなんでしょうか。

アレルギーなどあるわけじゃなく
変色が嫌でプラチナが良いと言ってる人へ
あげようと思ってるのですが。
プラチナは高くて。。。(-_-;)


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

彫金趣味のboo子でーす。
(^^;;夢のない話をして申し訳ないんですけど、プラチナコーティングってただの流行用語(商品名)なんですよね。
ちょっと深く書きますね。
たぶん元の素材は金か銀か真鍮(お値段による)ですよね。
その上にプラチナを配合したメッキ、コーティングをしたものをプラチナコーティングと呼んでいると質問者さんは理解していると思うんですよ。
ところがまあ、そのお値段にもよりますが本質は普通のロジウムメッキです。
というのはロジウムメッキのロジウムというのはプラチナと同じ属性の(白金)金属なのです。
だからロジウムメッキ=プラチナメッキ(コーティング)と書いても問題ないんです(^^;;(詐欺っぽいですけどね)
そもそもプラチナ無垢の製品にもロジウムメッキってしているんですよ。
それはロジウムメッキってプラチナよりも明るくキレイな白なんです。
ロジウムはプラチナより白く、硬い金属で傷が付きにくいのです。
だから元が白金無垢でもメッキしちゃうんです。
本当の本来のプラチナの色ってステンレス鉄鋼!みたいな感じで色気がございません。
そこで明るいロジウムメッキをかけてやわらかい感じにしているんです。
本来、プラチナメッキというのはすっごく費用がかかるんです。
本当にプラチナメッキ(プラチナコーティング)をしている品もありますけど、これは特殊です。
だって、色を暗くしてロジウムメッキより耐性がないものをつける意味ないですよね?
するからには特別な意味があるんです。

キラキラ明るい白で光っている安いものは間違いなくロジウムメッキだと踏んでいます。
オークションで出されているものは新品でお安いですよね。
なので基本的にもとに安い金属が使われているでしょう。
何かの金属(真鍮や純度の低い銀の場合もあり)の上に銅メッキ→変色防止にニッケルメッキ→ロジウムメッキをしたものを巷では「プラチナコーティング」なあんて呼んじゃっているわけです。
プラチナコーティングって名前ちょっと高級感ありますよね。
実際はこんなもんです。
お店の人も、メーカーも本当のプラチナ複合率を知らないし公表しません。
ロジウムも白金の一種としてるのでそっちの複合率を出すところもあるでしょうね。
というわけで、ウンチク終わりです(^^

>どの程度の期間、変色しないもんなんでしょうか。
私の使っているペンダントトップは6年くらいはもちました。
ただ、これは私が作った品をロジウムメッキしてくれと外注に出したものです。
素材はプラチナ800です。この上にメッキしたものです。
一部剥がれてきてますが別に問題ないです。
元々似ている素材なので剥がれてもそんなに違和感ありません。
素人さんならたぶん気づかない程度です。
でも真鍮とか金とか銀にメッキしたものが剥がれると目立ちます。
基本的に再処理でメッキをかけることはできますけど元が安ければしないですよね。
ただ、メッキのかけ方というのはムラがあるのか長くもつもの、持たないものがあるので一概に何年もつと言い切れません。この辺りはメッキ企業さんによってですね。
それに元の素材によりけりですから。
海外輸入品だったり格安だったりするとあまり持たないかもしれません。
でもネックレスって指輪とかとちがって、どっかぶつけないし結構もつんじゃないのかしら?

>変色が嫌でプラチナが良いと言ってる人へ
じゃあ、プラチナコーティングでいいと思います。
お友達ならそんなに高額じゃ相手の負担になっちゃうし昨今、白のジュエリーが流行って不動のものですから喜ばれると思いますよ♪
素敵なデザインを選んでくださいね~。
ではでは。

彫金趣味のboo子でーす。
(^^;;夢のない話をして申し訳ないんですけど、プラチナコーティングってただの流行用語(商品名)なんですよね。
ちょっと深く書きますね。
たぶん元の素材は金か銀か真鍮(お値段による)ですよね。
その上にプラチナを配合したメッキ、コーティングをしたものをプラチナコーティングと呼んでいると質問者さんは理解していると思うんですよ。
ところがまあ、そのお値段にもよりますが本質は普通のロジウムメッキです。
というのはロジウムメッキのロジウムというのはプラチナと同...続きを読む

Qジルコニアも良いものなら、本当にダイヤモンドの輝きなのでしょうか?

こんばんは。

ダイヤのピアスを1つなくしてしまい、ショックを受けております。
今度購入するときは、ジルコニアにしようかとも思っておりますが、ジルコニアもピンキリなのでしょうか?
前にTVショッピングで、ダイヤのよう・・・と言われていたものを買ったのですが、綺麗なのは最初だけで、くすんでしまいました。(ジュエリー洗浄液を使っても)

シグニ・・カットのものは、本当にずっとダイヤのような輝きなのでしょうか?
お持ちの方、ご存知の方教えて下さい。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まずジルコニアですが

ジルコニア→天然石です。
キュービックジルコニア→合成石です。

CZ(キュービックジルコニア)として過程として話します。

ジルコニアもピンキリなのでしょうか?
CZは所詮、CZです。カットの仕方で値段の差がありますが。

くすんでしまいましたとは?
石なのでくすむということはありえないと思いますが。表面が傷ついて、くすんでいるように見えるのでは?ダイヤモンドに比べて、柔らかいので傷つきやすいです。

ずっとダイヤのような輝きなのでしょうか?
輝きが変わることはありません。

ダイヤモンドでも良質なものから粗悪なものまでさまざまなので、普通にCZとダイヤモンドをぱっと見で区別することはまず出来ません。
なので、あとは個人の自己満足だけです。
私の石はダイヤモンドなのよ!ってことか、合成石かってこと。
宝石なんてものは値段があって、ないようなものなのです。

Q金属・酸化しやすい順番教えてプラチナゴールド・・・

アクセサリーを買いたいですが、酸化・変色しにくい順番を教えてくださいませんか?


プラチナ・K18・K10・WG(ホワイトゴールド)・シルバー・イエローゴールド・ピンクゴールド

プラチナ→  →  →   

このような感じで教えてくださると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんばんは。残念ながら間違った解答をされた方がいらっしゃいましたら、正しいことを書いておきましょう。
金属の錆びやすさはイオン化傾向、つまり電離度の大小で決まります。

K>ca>Na>Mg>Al>Mn>Zn>Cr>Fe>Co>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au

上式で左へいくほど錆びやすい金属です。Alはアルミ、Feは鉄、Cuは銅、Agは銀、Ptはプラチナ、そしてAuが金です。プラチナは残念ながら金より錆びやすくて貴金属性が劣るんですよね。
ですから一番良いのは18金以上の金、できれば22金が最も安定した物といえます。プラチナのアクセサリは純プラチナじゃありません。大抵は75%か80%がプラチナであとは他の金属を混ぜています。ですから、錆びやすいのです。18金も75%が金ですが、プラチナより錆にくいのです。

よって
K22→K18→プラチナ(800)→プラチナ(750)→K14→スターリングシルバー(925)→K10
となります。この式では右の方が錆びやすいのです。
K10は10金で金は半分も入っていませんから、銀より錆びます。
ホワイトゴールドやピンクゴールド、イエローゴールドには、それぞれK22、K18、K14があります。

こんばんは。残念ながら間違った解答をされた方がいらっしゃいましたら、正しいことを書いておきましょう。
金属の錆びやすさはイオン化傾向、つまり電離度の大小で決まります。

K>ca>Na>Mg>Al>Mn>Zn>Cr>Fe>Co>Ni>Sn>Pb>(H)>Cu>Hg>Ag>Pt>Au

上式で左へいくほど錆びやすい金属です。Alはアルミ、Feは鉄、Cuは銅、Agは銀、Ptはプラチナ、そしてAuが金です。プラチナは残念ながら金より錆びやすくて貴金属性が劣るんですよね。
ですから一番良いのは18金以上の金、できれば22金が最も安定した物といえます。プラチ...続きを読む

Qスターリングシルバー925は、磁石に付くのか?

スターリングシルバー925は、磁石に付く可能性があるのでしょうか?
ブレスレットを買ったのですが、修理に出したら、どうも偽物らしいと言われました。
 ネットで真贋判定を調べると磁石に付くと怪しいと書いていましたので、教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

NO.1です。ちょっと補足しますネ。

今回の事例で、スターリングシルバーは磁石につかないとしてますが・・・なんで磁石が付くか?
一番の現実的な推測は、ブレスレットの内部が磁力に付く種類の金属、例えばステンレスか鉄(またその合金)の物体(台金と言います)等でできていることです。これはスターリングシルバーでは無く銀張り、銀メッキとなります(それで偽物となってしまう)。また、装飾で台金の金(無垢)に銀を溶かして表面をコーティングする方法と同様の手段もあるかと思います(台金が磁力に反応する金属として)。

勿論、非磁性(磁石につかない)の金属・合金ならば、くっつかないわけです。

そしてこの場合、表面は一般のスターリングシルバーの特性同様で黒色化します(酸素と融合して表面に酸化銀が出来る。磨くとおちる)。

パッと見はシルバーの姿だけれど、実は母材が別にあって表面だけ薄い銀を張っている。(正確には銀張りとなりスターリングシルバーの無垢ではないことになります)。

ちなみに銀の割金に一般殆ど鉄分は含まれないのと、磁石に着く確率は殆ど少なく、それより残念ですが現実的な確率的として台金となります。

それで、添付の鑑定の作業内容中に比重を調べる項目があるわけです。

何れにせよ・・・買ったお店にも連絡できるならば、申し出た方が良いでしょう(そう出来ない場合は・・・残念)。

m(__)m

NO.1です。ちょっと補足しますネ。

今回の事例で、スターリングシルバーは磁石につかないとしてますが・・・なんで磁石が付くか?
一番の現実的な推測は、ブレスレットの内部が磁力に付く種類の金属、例えばステンレスか鉄(またその合金)の物体(台金と言います)等でできていることです。これはスターリングシルバーでは無く銀張り、銀メッキとなります(それで偽物となってしまう)。また、装飾で台金の金(無垢)に銀を溶かして表面をコーティングする方法と同様の手段もあるかと思います(台金が磁力に反...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング