近年「逆ギレ」という言葉を使うようになりましたが、
これは俗語みたいなものかな?と思い、正式な論文などで
書くことができません。
「逆にキレる」という意味だと思うのですが、
この言葉の類語はどんな言葉があるでしょうか??
正式な場所で使う言葉なので、文語を希望します。

ご存知の方、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

えーと、すみません。

ちょっと訂正させて下さい。

「堪忍袋の緒が切れる」というのは、何度も何度も嫌なことをされながら、ずっと我慢に我慢を重ねていたけれどもとうとうこらえきれずに激怒してしまう・・・という意味ですね。
今回の場合はそのような過去の積み重ねがあったかどうかは不明ですので、この表現がふさわしいかどうかは分かりません。それを踏まえて・・・

>ちなみに堪忍袋の緒が切れて、逆上して、告訴という段取りになるのでしょうか?

時系列でいくと、「堪忍袋の緒が切れる」のと「逆上する」のは同時点のような気がします。なので、そういう順番にはならない(2つは両立するもんでもない)と思います。

”両立するもんでもない”というのは、前にも書きましたが、「逆上」とは”頭に血が上り、カッとなる事”で、まあ瞬間湯沸かし器みたいなもんですね。浮気の事を聞いた途端にプツーンと切れるというか。
それに対し「堪忍袋・・」は、耐えて耐えて耐え抜いたあげく~という事ですから、どっちかって言うと「徐々にゲージが上がっていき、ついにレッドゾーン突入!!」という感じですね。(←どんなだ)
同じ「怒る」のでも後者は「あきれる」感じの方が強いと思います。

ところで、「逆上して告訴」っていうのは何だか突飛なような気もしますね。もちろんあり得ない話でもないのですが、「逆上して殴りかかる」よりは、結構冷静な対処方法だなあ(笑)と感じました。
まあ、全体の物語を把握していないので何とも言えませんが。

今回の回答は多分に私見が入っておりますので、日本語表現上”絶対にこれしかないっ!!”とは言い切れません。よって自信無しです。。。
もうちょっと突っ込んだ回答をお望みなら、別の質問にされた方が専門家の方のご意見が聞けると思いますよ!!
(長々とすみませんでした)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たびたびご回答、ありがとうございます。

>「堪忍袋の緒が切れる」というのは、何度も何度も嫌なことをされながら、ずっと我慢に我慢を重ねていたけれどもとうとうこらえきれずに激怒してしまう・・・という意味ですね。

はっ!そうですね…
今までずっと我慢していたけれど、もう我慢できない!
といったニュアンスですね。
やはりここでは「逆上」が適していると思いました。

>「逆上」とは”頭に血が上り、カッとなる事”で、まあ瞬間湯沸かし器みたいなもんですね。浮気の事を聞いた途端にプツーンと切れるというか。

今回は「浮気の事を聞いた途端にプツーンと切れる」といったニュアンスをもたせたいので「逆上」を使ってみます。
先ほども書いていたのですが、逆上を長い言葉で書いたほうが、その言葉にポイントをおけるかな??(例えば"堪忍袋の緒が切れる"みたいな)と思いました。
もしかしたら「逆上」だったらサラッと流して読んでしまいそうな気がして
もう少しインパクトがほしいところです。

>今回の回答は多分に私見が入っております

誰しもそうだと思います。
まして表現はいく通りもあると思うので
その中からどれが適切かな?と探していくのが一番BESTだと思っています。
日本語の専門学者でなくても、論文は書きますよね。
そんな感じです。

とりあえず「逆上」で書いてみて、もう少し凝った言葉をみつけたら変えてみようと思っています。

お礼日時:2001/11/22 16:31

お礼を拝見いたしました。



そのようなケースの場合、
「B太は妻の浮気に怒る」これは(これまでの寛大さはあったとしても)普通の、合理的な事ですよね。ですから、「キレる」「逆上する」という表現になります。

これに対し、A子は(そこまでに至った過程はまあ、あれとして)浮気という悪いことをしているので、怒られるのは一般的に見て当然ですよね?なので、普通は「ゴメンナサイ・・・」と誤るべきとみなされます。

それをもし、「何なのよ、別に誰と寝ようが関係ないじゃない、私はあなたの所有物じゃないのよ!!!」などとA子が「キレ」たら・・・
B太にしてみれば、「おいおい、お前が浮気したからオレは怒ってるんだよ、それを反対にお前が怒るなんて!!」と思いますよね。「逆ギレかよ!!」ってね。

このような使い方が、本来の意味の”逆ギレ”です。

>本来ならA子にやさしい夫がA子を寛大に受け止めるどころか、逆に怒りだしてしまうこと、いわゆる「逆ギレ」~

夫がA子に怒るのは、「堪忍袋の緒が切れた」だけであり、「逆に」キレた訳ではありません。
本来怒られるはずのA子が、とがめられて「逆に」怒るから、「逆ギレ」なのです。

どうでしょう、この説明でおわかりですか??
(却って複雑ですか・・・)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

>どうでしょう、この説明でおわかりですか??

わかります!

>これに対し、A子は(そこまでに至った過程はまあ、あれとして)浮気という悪いことをしているので、怒られるのは一般的に見て当然ですよね?

そうですね。となると「逆ギレ」より、やさしい夫が「逆上」(つまり、それをきっかけに狂ったように怒り出す)する・・という方がしっくりくるような気がしました。

>夫がA子に怒るのは、「堪忍袋の緒が切れた」だけであり、「逆に」キレた訳ではありません。

なるほど、A子にやさしい夫もこれをきっかけに堪忍袋の緒が切れる可能性が大だと論じることができそうですね。
ただ夫はA子にベタ惚れなので、許してくれそうな気もするのですが、そうでないケースも考えられることを論じたくて「逆ギレ」の意味合いで書こうと思ったのですが、少しニュアンスが違うようです。
ならば

A子にやさしい夫もこれをきっかけに堪忍袋の緒が切れる可能性が大である。よって妻を告訴するといったケースも考えられる。

みたいに論じることができそうです。

ちなみに堪忍袋の緒が切れて、逆上して、告訴
という段取りになるのでしょうか?
度々スミマセン*

お礼日時:2001/11/22 12:43

mimosa2001様のお答えに、もう少しだけ補足させて下さい。



「逆ギレ」とは、自分が何か悪い(責められる)事をして注意・叱責などをされた時、本来は「反省・謝罪」すべきはずなのに、逆に相手に対して”理不尽に”怒り出す事をいいます。

※「逆上」にはそのような「反対に」「逆に」という意味は含まれません。(単に、カッとなって怒る事です)

このような理不尽な行為がまかり通るようになったのは、恐らく最近の事ですよね。(起源は何なんですかね。個人的には、芸人の「突っ込まれた後"逆上"する芸風の流行」からだと思っているのですが・・・)
ですから、「逆ギレ」と同じ意味で一言で言い表す言葉は無いはずです。

論文などでも、そういう関連のテーマであれば
”本来なら怒られるべき立場の人が,逆に怒り出してしまうこと、いわゆる「逆ギレ」について~”
などと使ってしまって構わないと思います。

>「逆にキレる」という意味だと思うのですが、

とありますのでご理解されていらっしゃるのかもしれませんが、老婆心ながら投稿させて頂きました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

>論文などでも、そういう関連のテーマであれば
>”本来なら怒られるべき立場の人が,逆に怒り出してしまうこと、いわゆる「逆>ギレ」について~”
>などと使ってしまって構わないと思います。

私の場合だと

本来ならA子にやさしい夫がA子を寛大に受け止めるどころか、逆に怒りだしてしまうこと、いわゆる「逆ギレ」を起こす可能性が十分にある。
なぜなら今まではA子は自分の恋人であり、A子が自分を好きでいてくれたからこそ多少のことにも眼をつぶることができ「あばたもえくぼ」であったのかもしれない。
けれどB太に行為を示さないA子はB太にとっては、A子の理不尽な行為を受け止めることはできないのである。よって「逆ギレ」を起こし告訴する可能性が考えされる。

スミマセン。実際の設定はA子とB太は恋人でなく夫婦の設定です。
ちなみに文学作品の論文の一部に使う予定の言葉として「逆ギレ」の意味が知りたかったのです。

お礼日時:2001/11/22 11:37

こんにちは。


どなたも言及してないようなので少しだけ。
「逆ギレ」って、ある人が「キレた」ときに、その相手がそれをきっかけに
「キレてやり返す」ことではないでしょうか?
それが最近は、単に「キレる」のとあまり区別なく使われるようになってきて
いるようだと私は思ってます。
どうしてかな…と疑問だったのですが、なるほど「逆上」と同じような
つもりで使われているのかもしれません。

「逆上」の「逆」は、頭に血が逆流することを表すのだと思います。
「逆ギレ」の「逆」は、最初は、やり返すことを示していたようです。

最初の意味での「逆ギレ」に対するフォーマルな言い方は…
「逆襲」「応戦」なんかでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

>「逆ギレ」って、ある人が「キレた」ときに、その相手がそれをきっかけに
>「キレてやり返す」ことではないでしょうか?

おそらく「キレる」は相手の意見にむかついたというニュアンスがありますが。
「逆ギレ」は単純にそれだけの意味とは思えません。
どちらかと言うと「逆ギレ」する側はキレる権利のないはずの相手。
つまり、怒る権利などがない相手をさし、
しかし結果的にはその怒る権利のない相手が「キレる」ことを意味するのかなと…

例えば恋人同士のA子とB太。
B太は今までA子にどっぷり浸かっていてA子がすることすべてが可愛く見える。
A子は最高の彼女だと思っている。
しかしA子の浮気が発覚し、A子がすべてのB太も寛大に受け止めることができず(本来なら寛大に受け止めることを想定させる)、逆ギレ(逆上)してA子を殴りつけた。

という感じのニュアンスで使う予定なのです。

もしかしたら「逆ギレ」とうい言葉自体、私が勘違いしているのかもしれません。
「キレるはずのない相手がキレること」と捉えているのですが
どうでしょう??

ちなみに
B太はA子の行為に逆上し、逆襲するために告訴をする可能性が十分ある。
とふたつ使うとへんですかね…
でも上記の例の場合は「逆襲」より「復讐」かな??
「逆襲」の方が強いニュアンスをもっている感じがするんですけどね。
難しいです*

お礼日時:2001/11/22 11:27

ぼく自身が当事者(真面目な人間)だと仮定した場合、good_speedさんのおっしゃるような客観的なものとあわせて、「プライドを傷つけられた」とか「自分の正当性が相手に理解されない」ことに起因する『逆ギレ』も考えられるのではないかと思います。


また「真面目な人」が日頃感じているストレスが、外的な要因が引き金になって「逆ギレ」につながるかもしれませんね。
こういうことって普段考えたことがなかったんで、回答文を記入してるぼくにとってもいい勉強になりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足、ありがとうございます。

>また「真面目な人」が日頃感じているストレスが、外的な要因が引き金になって>「逆ギレ」につながるかもしれませんね。

日ごろストレスを感じているか、感じていないかを証明できないんですよね。
もしかしたら相手はストレスを感じていないかもしれない。
それが直接かかわってくるとは言い難いです…
(私的にはそう思いたいのですが)

私が「逆ギレ」を使うシーンは

普段は心やさしい夫でも妻の嘘を寛大に受け止めるどころか逆上するケースも想定できる。

という文章です。「逆ギレ」という言葉が一番ぴんとくるのですが、
俗語っぽくて使うに使えないんですね。

お礼日時:2001/11/22 11:01

>普段真面目な人ほど逆上しやすいですよね。


>これはなにを根拠に証明しようか迷っています。

一つの参考意見として。
普段真面目(=おとなしい、とここでは定義)な人だからこそ逆ギレしやすいというのは、私見では果たしてそうなのかと思います。
おとなしい人もそうでない人も逆にキレる時の条件というものに大差はないような気がします。普段から騒がしい人の場合は、周囲が「この人はいつも大声で騒々しい人」というイメージが定着してしまっていてキレてしまっても普段との落差が少なくインパクトが足りないだけではないでしょうか?
翻って、普段からおとなしい人の場合はキレた時の感情表現の落差があまりにも大きくて人々の記憶に残りやすく、結果「おとなしい人はキレやすい」という定説がまかりとおっているのではないでしょうか?(=ラベリング効果)
ただ、おとなしい人の場合は日頃から感情表現を抑制している(させられている)ケースが多いというのもこれまた事実であると言えます。常日頃から鬱積されてきた己の不遇の思いが「発火点」に達した時に大爆発を起こした結果というのも一理ある見解だとは思います。
よって、逆ギレするのはおとなしい人だけ訳ではなく、そうでない人も同様であるいうことです。
逆ギレケースの発生要素割合のイメージとしては…
おとなしい人:そうでない人
イコール1:0ではなく2:1というのが私の見方です。
    • good
    • 0

反発、逆上でしょうね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、ありがとうございます。

私が今回使う文脈では「逆上」が適切だと思いました。

あと下の方にもお願いしたのですが、
真面目な人ほど逆上しやすいといいます。
これの裏づけはなにから引用できると思いますか??
そもそも何を根拠に「真面目な人ほど逆上しやすい」
と言えるのかなと…

ご存知でしたらお願いします。

お礼日時:2001/11/22 01:22

素直に「逆上」でよいのではないでしょうか?


他にもあるかもしれないですが、私ならこれを使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス、ありがとうございます。

逆上、いいですね。
これのほうが言葉のイメージからして状況を浮かべやすいです。

あとこれはもしご存知でしたらでいいのですが
普段真面目な人ほど逆上しやすいですよね。
これはなにを根拠に証明しようか迷っています。
心理学の本などですかね??

お礼日時:2001/11/22 01:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q逆ギレの心理

私の周りにとりあえず逆ギレをする人がいます
冷静に話しをしようと試みますが会話になりません
耳に入らないらしい。
過剰に受け止めるのかキレて拒否されます
どのような心理状態でとりあえず逆ギレするんでしょうか

Aベストアンサー

「逆切れ」の「逆」とは何の逆かというと、「論理の逆」ということでしょう。
誰の論理かと言えば、「多数の」あるいは「一般的な人の」論理、ということになりそうです。
「切れる」は怒りの表明形態のひとつですが、圧倒的多数が少数に対して使われる場合は、「切れる」ではなく「当然の論理」あるいは「正義」として解釈されるのが普通です。
野党が切れて国会審議を欠席した、という表現はしても、
与党が切れて法案を強行採決した、とは言いません。

つまり、既成事実とされている論理に対抗して弱者が必死の抵抗をする状況が、「逆切れ」の本質だと思います。
ですから、まず、その既成事実とされている論理に誤謬は含まれていないのかどうか、という点が吟味される必要はあります。
誤謬が含まれていないとすれば、その論理をなぜ受けとめられないのか、を考える必要があります。
逆切れするほうは、切迫度において常に逆切れされるほうを上回っていますから、逆切れされるほうは逆切れするほうの心理を斟酌しなければ何事も解決はしない、ということです。

ただ、殆んどの場合、逆切れする人が本当に大多数の論理を理解していないということはありません。
逆切れするのは、何か他の、もっと重要なこと(ではあるが、はっきりとは言いたくない、あるいは言えないこと)を伝達するための手段である場合が往々にしてあります。
たとえば、Aに片思いしているBが、Aと仲の良いCの言うことに対して悉く反発するなどということは良くあることでしょう。
会話の中身は関係ないので、CにしてみればBは逆切れしているように見えるはずです。

>どのような心理状態でとりあえず逆ギレするんでしょうか
:なぜ自分の論理が受け入れられないのか、あるいは、なぜ自分の気に入るような状況にならないのか、という『不満の幼児的表明方法』でしょう。
気に入らないことがあると地面に寝転んでだだをこねる子供のようなものです。
不満のあることが明確に相手に伝わりますよね。
つまり、論理で不満を解決するのではなく、自分が嫌だからという身勝手な理由で解決しようとするわけです。

以下は余談になりますが、だだをこねて困らせないとわからない大人が多いのも事実で、切れるのが常に一方的に悪いということにはなりません。
どう考えても格好は良くありませんが、たとえ格好悪くともやらなければならないことは案外あるものです。
問題は、何を解決しようとしているのか、本質的目的は何かでしょうね。
 

「逆切れ」の「逆」とは何の逆かというと、「論理の逆」ということでしょう。
誰の論理かと言えば、「多数の」あるいは「一般的な人の」論理、ということになりそうです。
「切れる」は怒りの表明形態のひとつですが、圧倒的多数が少数に対して使われる場合は、「切れる」ではなく「当然の論理」あるいは「正義」として解釈されるのが普通です。
野党が切れて国会審議を欠席した、という表現はしても、
与党が切れて法案を強行採決した、とは言いません。

つまり、既成事実とされている論理に対抗して弱者...続きを読む

Q『失意の日も得意の日も・・・』という言葉、誰の言葉でしょう??

全文は、
『失意の日も得意の日も それからすっかり時がたって 全てが消えてしまっても いかに小さくとも真剣に激しく生きたときの思い出は残っている』
です。

何年も前の、メモに走り書きしたのを、最近発見したので、もしかすると全く有名なものではないかもしれませんが・・・

もしご存知の方がいらっしゃったら、誰の言葉か、また
本や詩の中の言葉でしたら、その作品名等教えて頂けない
でしょうか。
宜しくお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは!
自信は全く無いのですが、これはもしかすると井上靖さんのお言葉ではないでしょうか??
「失意の日」「得意の日」という言い回しにピンときたのですが、井上靖さんの「夕映え」という作品に、この言葉が出てきます。
井上靖さんのこの作品は、背景描写が本当に素敵なので、もしお時間がおありでしたら一度読んでみて下さい。

Q嘘がばれて逆ギレする男性

嘘をついていて、その嘘が彼女にばれたとします。

浮気でもギャンブルでもその他でも理由はなんでもいいのですが、彼女に徹底的な証拠を突き付けられた場合。


逆ギレする男性の心理を教えてください。
気まずい?恥ずかしい?正当化したい?などなど。

そして相手である彼女に対してはどんな気持ちを持ってるのでしょうか。


過去に逆ギレした男性、またはされた女性が考える男性心理、教えてください。

Aベストアンサー

女ですが・・・

防衛ですよ。

逆切れする事で自分を守ってるんです。

浮気だろとギャンブルだろうと本人が悪くても
本人はそれを指摘される事(責められる事)で
攻撃されてるという事になります。

認める事で「自分が悪かった」等の嫌な気持ちと直面しなくてはならないですし
それによって被る不利益も回避したいのでしょう。

彼女に対してどんな気持ちはわかりませんが
多分自分を守るのが精いっぱいで彼女の気持ちなんて考えられない状態が
逆切れなのではないでしょうか。

Qなぜ、文学などというクラスが存在するのか?(激キレ・モード)

英語を専攻しています。
文学のクラスが必修です。
でも、英語を習うのと文学作品を読むのとはまったく別のことだと思うのですが、どうでしょうか?
私は本を読むのは大好きですが、文学作品を読むのは嫌いです。
所詮は作り物、というのが一番の理由です。
そして、「青い空がどうたら…」「冬の風が冷たいからどうたら…」
などと明らかに文章を長くしたいがために書かれている冗長な部分がほとんどです。
単刀直入に書けば3ページで終わるような話を200ページにもわたって書いて何になるのか?
ページ数が直接収入につながるんでしょうか?
どうせなら映画や漫画で見た方が面白いです
(その前に「脚本」が存在しているのは事実ですが…)。
計算機がある時代にそろばんで計算しているような気分になります。
時間がかかる割には得るものがほとんどありません。
この問題は活字離れの話とは内容が違うと思います。
私はその時間をむしろ他の教科書を読むのに使いたいです。

何がむかつくかというと、教授は
「この人物はどう考えているんだろうか」など
答えがありそうで実は存在しない質問を繰り返すだけで
「何がどうだ」と教えないことです。
答えるのはいつも生徒の側。
生徒が答えられなければ「それはテストには出さない、はい次」。
それなら質問だけ紙で渡してくれれば、教授なんていらないと思うのですが?
一冊丸ごと読めと要求しながらも同時に深さも要求する。
(アンタは夏休みにその本読み終えただろうから
時間あるだろうけど、私はそんなに暇じゃねぇよ!)
なんでこんな下らないクラスが世の中に存在するんですか?
それよりも、なんでそれが必修?
取りたい人だけ取らせればいいのに。
作家の陰謀ですか?
何が目的? 生徒にどうしてもらいたいの?

文学部の教授、物書きの方、文学のクラスを取っている方、
同意・反対意見があればお寄せください。

英語を専攻しています。
文学のクラスが必修です。
でも、英語を習うのと文学作品を読むのとはまったく別のことだと思うのですが、どうでしょうか?
私は本を読むのは大好きですが、文学作品を読むのは嫌いです。
所詮は作り物、というのが一番の理由です。
そして、「青い空がどうたら…」「冬の風が冷たいからどうたら…」
などと明らかに文章を長くしたいがために書かれている冗長な部分がほとんどです。
単刀直入に書けば3ページで終わるような話を200ページにもわたって書いて何になるのか?
ページ数が...続きを読む

Aベストアンサー

あっはっはっは!!
そうですね。私はその感情を「社会」という授業に抱いてましたので、
社会の人に説き伏せられた経験があります。
その意見には全く同意できなかったのに、今は旅行が好きで、行く先々の歴史が楽しくって仕方ない(笑)。
「過去なんて振り返ってどうすんねーん!しかもその年代自体覚えて何なんねーん!」という主張でした。
後者の意見はいまだに主張。
でもまあ、問題作らなだめなんだろうな、と、
大人になって、「出題者側」の意見もわかるっちゃわかる、といったかんじです。

私はものを書く人なので、
そんな勉強(文学?)は大好きでしたし、大好きです。
今でも学んでいたい。
しかもそれが他言語だったらますます素敵、です。

何が必要って、こたーないんでしょうけれど。

文学作品には、くどいくらいのその人の「表現方法」が詰まっているって事でしょうか。
そしてその「思考の順序」があって「構成」がある。
演繹的表現が効果的な作品、直球な作品、
個性、ですよね。
その、言語を学ぶ上での必要性、といえば、
多分、ですが、
「ネイティブでないならなおさら、
自分の発想だけでは創造できない文章や思想を学ぶ」
事ができる点ではないでしょうか。
そこから発展できる、あらたな思想と、その表現方法をつむぎだす事は、
きっと勉強になるんではないかしら、と思います。
ひとつの事を表現するのに、200ページ。
それが漫画では1コマかもしれませんが、
その描画にかかる時間も、その描画の構成にたどり着く時間も、手法を選んだ過程、作風を決めた過程、
同じくらいの労力を使います。
自身、まんがも書く(こちらは趣味程度)のでわかりますが、
どの方法をとるか、という思想回路も働いている。
で、まんがほど私にとって面倒なものはなくて、
落書きしてる方が楽しいですし、構成だ構図だインパクトだなんだ、手間暇技術、必要すぎ!!と、感じてしまう。
読んでいても、まず内容をがーっと読んでしまった後、
「たはー」って、すごい事しよるなあ、て関心してしまいます。

言葉をつむぐほうが、なんぼ楽か。

そういう人が、言葉をたくさん使って、表現する手段を選んだんでしょうね。
その文章が生まれるまでに、そういう過程がある。

なんで、言葉を使って表現する、という方法を、
多く目にする事は、その言語を習得する上で、最もではないにしても、大事だろうな、て思います。

物語は、ストーリーだけでもないんではないでしょうか。
そこを、学ぶ事で、多岐に渡る学習ができるよ、という主張でした。

ね、長いでしょ(笑)数行でも同じ事言えるかもしれません・・・

あっはっはっは!!
そうですね。私はその感情を「社会」という授業に抱いてましたので、
社会の人に説き伏せられた経験があります。
その意見には全く同意できなかったのに、今は旅行が好きで、行く先々の歴史が楽しくって仕方ない(笑)。
「過去なんて振り返ってどうすんねーん!しかもその年代自体覚えて何なんねーん!」という主張でした。
後者の意見はいまだに主張。
でもまあ、問題作らなだめなんだろうな、と、
大人になって、「出題者側」の意見もわかるっちゃわかる、といったかんじです。

私...続きを読む

Q面倒事を起こした張本人なのにも関わらず逆ギレをする理由。

散々自分から、いちゃもんをつけたり故意に不快にさせる発言をして他人を困らせておきながら、責任を問われた途端、非を認めないで逆ギレをする人の心理は一体何でしょうか?

いくら考えても分かりません。
何故、自分で自分の印象を悪くする様な事をわざわざするのでしょうか?

Aベストアンサー

内容によります。
揚げ足取りであくまで可能性の話をしてるだけと言いながら意地悪なことばかり言う人なら単なる性格が悪い人だし、極端な発言をして周りの人に実質的な迷惑をかけているなら何にも考えてなくて空気が読めない人なんだと思います。

逆ギレするのは、両者ともそうです。

前者の場合はなんならそうやって言って来る人を罵倒したくてわざと言ってます。
最終的に先に言いだしたほうが悪くなるので損しない最低な人。

後者の場合は悪気がない無意識で心外だと自己中にキレるタイプ。

どっちにも共通で言えるのはめんどくさいから一定の距離を保って極力関わらないのが一番だと思います。

Q旧新約聖書の文語訳で特に格調の高いのをご紹介して下さいませんか。

旧新約聖書の文語訳で特に格調の高いのをご紹介して下さいませんか。
当方、新改訳で旧新約聖書を読んでいますが、時々、日本語として冗長に感じられたり
必要以上に、「あなた」「わたし」等の人称代名詞が頻出する気がします。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

日本聖書協会の『舊新約聖書 文語訳』がスタンダードでしょう。旧約・新約が1冊にまとまっていて便利ですし。映画や小説で聖書が引用されるとき、使われることが多い本でもあります。ちなみに小型版もあるようです。↓
http://www.bible.or.jp/online/bungo.html

Q逆ギレされない方法

夫が借金を隠してるんだけどそのことについて少しでも触れようものなら
すぐ逆ギレで困ってます。
逆ギレされずにキチンと話し合う方法ってないですか?

Aベストアンサー

 旦那様に限らず、人間というもの、逃げ道がなくなると、キレるか、潰れるかするしかなくなります。

 借金について話し合うとき、無意識のうちにも、話術の巧みな人、あるいは、頭の良くまわる人は、は、まるで刑事の尋問のように、知らず知らずのうちに相手を追い込んでいるときがあります。

 具体的に言うと、証拠や論証を次々と突きつけていって、相手が、もう言い逃れできず、自白せざるを得ないような状況に追い込んでしまうような場合です。

 犯罪者の取り調べや裁判所の尋問ならそれで良いのですが、夫婦の話し合いですから、どこかに、相手が「言い逃れする余地」「逃げることのできる余地」をつくっておかないと、キレるしかなくなります。

 要は、話し合うときに、詰問や自分の主張が巧み過ぎて、相手の逃げ道を断たないことが肝要です。

 これはわざとらしい言い逃れだな、と思っても、あえて呑み込んであげるとか、もはやYesかNoでしか答えられないような質問はしないとか、OとXだけでなく、△回答も認めてあげるとか、多少論理的につじつまの合わない答えであっても、あえて追求しないとか、そういう姿勢をもってみてはいかがでしょう?

 本当にその借金が家庭を壊すような種類のもので、ここは喧嘩してでもはっきりさせねばならない、というのでしたら、このような悠長なことを言っていないで、それこそ刑事のような物言いで話し合わねばならなくなります。場合によっては弁護士の立ち会いを求めたり、家庭裁判所の利用も考えねばならないでしょう。

 ただ、そうではなく、ちょっと隠し事があるようで気になる、という程度のことでしたら、事実を完全に暴くということにこだわらず、少し逃げ道を残した状態で勘弁してあげればいかがでしょう。

 旦那様に限らず、人間というもの、逃げ道がなくなると、キレるか、潰れるかするしかなくなります。

 借金について話し合うとき、無意識のうちにも、話術の巧みな人、あるいは、頭の良くまわる人は、は、まるで刑事の尋問のように、知らず知らずのうちに相手を追い込んでいるときがあります。

 具体的に言うと、証拠や論証を次々と突きつけていって、相手が、もう言い逃れできず、自白せざるを得ないような状況に追い込んでしまうような場合です。

 犯罪者の取り調べや裁判所の尋問ならそれで良いの...続きを読む

Q聖書の口語体を文語体に。

聖書の以下の部分を文語体で知りたいのですが、どなたかご存知の方、お教えください。

(1) マルコ、第一章17節↓
イエスは、「私について来なさい。人間を取る漁師にしよう」と言われた。

(2) 「初めに神は天地を創造された。」で始まる創世記、第一章 1~5節まで、全文。

上記の部分を、文語体の聖書の内容そのままにどうぞ引用してください(漢字や句読点などもすべて同様にお願いします)。

Aベストアンサー

自分で調べましょう

文語訳聖書(PDF)
http://bible.salterrae.net/taisho/pdf/

Q親が勉強の邪魔をしてきます。 爆音で音楽かけてきたり、怒ったら逆ギレされて、勉強してたらそんなに偉い

親が勉強の邪魔をしてきます。
爆音で音楽かけてきたり、怒ったら逆ギレされて、勉強してたらそんなに偉いの?とか言われたり。
応援してくれないです。

なぜ私の親はこんなことするんですか?
親の心理を知りたいです

Aベストアンサー

>勉強してたらそんなに偉いの?
胸を張って「Yes」と返せばよい。
自信を持っていいことだ。

自信を持っていれば親の心理なんて気にならないぞ。

Q文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われて

文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?よく分かりません。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>歴史的仮名遣いが使われていても口語詩と言われたりしますよね?

まずは『新旧仮名遣いの違い』と『文語口語の違い』が別のお話であるのをご理解ください。

新仮名遣いが採用されたのは太平洋戦争後です。
それ以前は、文語詩も口語詩も『歴史的仮名遣い』で書かれていました。


>文語詩と口語詩の立てわけとは何なのでしょうか?

"文法の上で"文語の文法で書かれたのが文語詩、
口語の文法で書かれたのが口語詩です。

仮名遣いとは直接関係の無いお話です。
口語の文法については、今我々が日常で使っているような文法です。
文語の文法についてはご自身でお調べください。

ちなみに文語詩の代表格が『若菜集』です。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000158/files/1508_18509.html

口語詩の代表格は……サッと出てきませんが、取り敢えずこれでもどうぞ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000011/files/9_20331.html


人気Q&Aランキング