3歳の男の子にプレゼントです。長く使えて楽しめるものを探しています。花・木・草などと昆虫などのものを購入したいと考えています。よろしくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

長く使えて...というのはムダです。


どうせずたずたにします。
最初は厚紙でできた数百円の生き物図鑑がいいと思いますよ。
「かに」とか「かえる」とか写真付きで載ってて、
10×10cmくらいの厚紙でできたやつ。
本が破れてページがばらばらになっても、子供は気にしません。
ぼろぼろになった本を捨てるのはたいてい親だし。
子供が大きくなったら、興味を持ちやすい虫や鳥の図鑑から始めて、
植物や岩石の図鑑なんかを順に買い与えるといいかも。
それを覚えて何になるんだという疑問はさておき、
私はそういうので育って(記憶にない)、
小学生になってから、ちゃんとした図鑑を買ってもらいました。
おかげで、そこらにあるものなら、植物だろうが虫だろうが、
魚だろうが、鳥だろうが、岩石だろうが、
名前がわからないものはほとんどありません。
でも、嵐とか、SMAPとか、モーニング娘。とか言われると、
一匹もわかりません。
    • good
    • 0

早い時期に図鑑をプレゼントすることは、子供のためにとても良いことだと思います。

選び方としては、やはり最初は簡単な(おおざっぱな)分類で書いてある、子供向けの優しいものが良いでしょう。
しかし、小学校に上がったら、しっかりした図鑑を与えるべきです。保育社や学研、山と渓谷社が出しているものが良いでしょう。ただし、図鑑は子供だけで使いこなせるものではないので、保護者の方がつきあってあげることも大切だと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qよろしくおねがいします!

地球環境問題について、現在から未来に向けて私達はどう考えて行くべきでしょうか?皆さんの考えを教えてください!

Aベストアンサー

思想も関連しそうな問題で難しいのですが、他の回答者
の方も含めて見ていただくという意味を込めて、少し
駄文を掲載したいと思います。


「どう考えて行くべきか」という事への直接的な回答に
なるかは不明ですし、どれが最初で何が最後かの順序も
凡才には不明なんですが、「知る」「認識する」という
事は必要じゃないかと思うんです。

知るにも種々あると思うんですね。
例えば実際、私はrakkiさんが言われる「企業で知識を
得て、偏っている知識を持っている可能性があり、合成洗
剤から石鹸への切り替えに懐疑的な」人間です。
で、これは「自分の知識が偏っていた」事から発生した
んですね。

過去の話ですが、私は機器洗浄用洗剤の一部を合成洗剤
から石鹸に切替えた経験があるんですが、石鹸に関する
環境保全の先人(草の根の方ですが)から、「確かに合
成洗剤中の物質の害は取り除いていますが、現在の河川
湖沼海洋の汚染としては、石鹸を含めた総洗剤使用量の
低減をしないと逆効果です。」と指摘を受けたんですね。
で、振り返ってみると、石鹸に切替えて総使用量が増え
てしまっていた、「環境を良くしようとして逆に悪くし
ていた」って事がありました。

つまり、「根本の思想や方向(生態系保存のために石鹸
に切替える)は間違っていないが、適用の時に、無知に
起因する逆効果を起こしている」ということでして、こ
の面から
 ○物事は、適用の方法について十分知識を持つ
  必要がある」
と言えるわけです。

そして、同じくrakkiさんが言われる
>昔から伝えられている『知恵』を最新の知識でバック
>アップする姿勢が専門家に求められると思います。
という一文は、正に共感する部分で、例えば洗剤の例で
言えば、大昔の洗剤など(そう)必要ともしなかった
洗濯を、現代で実現するならどうするか...。
例えば大分以前から商品化されていた超音波式洗濯機で
あり、サンヨーの「洗剤不要」洗濯機となるわけで、本
当はここを狙うべきだろうというのも、例えば史実(昔
の洗剤は?)を知って、それを現代の技術で「人々が使
える」物にする訳です。


starfloraさん紹介の「古代から存在する砂漠化」の問題
もそうだと同様なんでしょう。
(これについては以前にお叱りを受けましたが(^^;))

史実では、乱開発(過度の伐採と灌漑)が原因と言える
のですが、じゃ、その乱開発を発生させた原因は何な
のか....、現代と共通なのか.....。

私の知識では、貧困が人口爆発(と、それを支える耕地
の開発による森林破壊、無理な灌漑)と、燃料源として
森林を破壊するって行為に繋がる、その解決にODAが使わ
れているというレベルでした。 そして「それなのに中
国では砂漠化が進んでいるのは何故だろ?技術援助も経
済援助もているのにな....」っという感想で留まって居
たわけです。

ところが、2000年度版(?)の外務省報告を見ると、ODA
のかなりの部分を、軍事費や政府一般支出(例えば政府役
人の給料とか借金返済とか)に当てているとなってるんで
すね。(特に中国は相当酷い様子)

じゃ、結局は本来の目的には使われていない、それどこ
ろか、軍事によって引き起こされる新たな貧困、そして
砂漠化の助長因子となっているのではないか...。

これは公知のことで、私が知らなかっただけなのかも
知れませんが、このことから、現状の砂漠化にしても
原初(人間のエゴなど)と最終(砂漠化)は過去と同じ
でも、途中は違った経路で進行しているんじゃないか、
そして、原初の部分に対策が出来ないなら経路の段階に
対策しなくちゃならない、そうでなくても、税金をそう
いう不適切に使われていることを防止するためにも
やはり「知る」ことが必要なのでは?となるんですね。


世の中には沢山の人が居ますが、全ての人が環境問題に
関心を持って行動してくれるか....。
これは現実として(多少の関心は皆が持つでしょうが)
不可能なレベルでしょう?

例えば洗剤負荷50%カットで環境汚染が解決されるとして
全員が50%カットしてくれるということは現実不可能でし
て、10%の人が洗剤50%カットしても、総量としては5%の
カットにしかならない....。
 (全員が一枚岩にならないと駄目な活動がある)

例えば干潟の干拓を政治家の力で止めようとしたら、51%
の人の協力で何とか出来そう....。
 (半分以上の団結が無いと駄目な活動がある)

例えば一口1000円の寄付が10,000口集まったとすれば
年俸500万円の活動家を二人雇って環境保全活動をして
貰える。(全人口からしたら極々微量でも可能なこと)

一人一人の努力や行動、考えは非常に貴重であるという
事は、まさに正論な訳で、それ無くして改善が進むはず
がありませんから、自分の出来る範囲からまずは取組む
ことが現実的というのも正論なんですね。
ただ、沢山が賛同しなくちゃ効果がない活動があるって
事も事実で、他方では、少数の賛同で目標達成が可能な
活動も存在するということ、これも知る必要があるので
は無いんでしょうか...。

 ※:別段、寄付を強要するために書いたんでは
   ありませんので誤解無く....(^^;)


何かしら、分かり切ったことを何回に、偉そうに書いて
いる様でもあるんですが。(それについてはお許しを)

今や社会が複雑すぎて、何がどういう経路で結果に結び
ついているか良く解らないんじゃ内でしょうか?
で(私も当然含まれますが)知らない(知らされない)
ことが多いのではないか....。
 (例えば、環境に関心があっても、アジェンダの
  内容や本当の意味を知らない人が多いとか....)
そして「どう考えて行く?」という中には「何をどう知
る?」という事が大切なこととして含まれているのでは
ないか....。

そのために、自分が出来る身近な行動と同時に、新聞の
社会欄でもいいでしょうし、INETでも良いでしょうし
時々でも良いので、色々な事を知る努力をする....。
そういう事を皆が考えていたら、自分自身ができなく
とも、それをベースにして、starfloraさんが述べるよ
うな「誰かが、冷静かつ冷徹にものごとを眺め、述べた
警告」が受け入れられるor更に有効な警告を出すことが
可能な人が出るのではないかor行動計画が成立し、動き
出すのではないか.....。
また、rakkiさんの言われるような「種の保存」という
視点からの活動も加速されるんじゃないか....。
そして、chihokoさんが言われる「物事の本質を理解
する」事と同じ意味を含んでいるのではないか....。

とまぁ、私はこのように考えるわけです。


 追伸
  繰り返しですが、皆さんの考え非常に素晴らしい
  と感服し、satorururuさんがこのような質問をされ
  た事にも心からの敬意を表します。
  それだけに、巧妙な形での人々の口封じや本質のす
  り替えの意志などは決して無く、現状の大きな「事
  実」である企業活動と、環境保護の狭間で苦悩した
  人間が得た現在の考えを書いてみました。
  真剣に書きますと長文になってしまう未熟さを持っ
  ておりますから、その点はご容赦を。

思想も関連しそうな問題で難しいのですが、他の回答者
の方も含めて見ていただくという意味を込めて、少し
駄文を掲載したいと思います。


「どう考えて行くべきか」という事への直接的な回答に
なるかは不明ですし、どれが最初で何が最後かの順序も
凡才には不明なんですが、「知る」「認識する」という
事は必要じゃないかと思うんです。

知るにも種々あると思うんですね。
例えば実際、私はrakkiさんが言われる「企業で知識を
得て、偏っている知識を持っている可能性があり、合成洗
剤から石...続きを読む

Qタガメ、ミズスマシなど、水生昆虫の幼虫の形

川でヤゴなどいろいろな水の生き物を見つけるんですが何か不明なものが良くあります。大きさは小さいヤゴくらいでいろんな形をしています。水生昆虫の幼虫と思うんですが、、、。水生昆虫の幼虫や川の中のそういった生き物がたくさん載っているサイトがあれば教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは。

幼虫までは載っていないようですがとりあえず。

http://homepage2.nifty.com/~e-cotta2/warterbug/menu.html

では。

参考URL:http://homepage2.nifty.com/~e-cotta2/warterbug/menu.html

Q船は何故浮くの?飛行機は何故飛ぶの?昆虫はなぜ6本足なの??

どこのカテゴリーに書いていいのかわからなかったので、すべての原動力=エネルギーということで、ここに書きます。
質問はタイトルの通りなのですが、
何故船は浮くのでしょうか。。?水がものを押し戻す力で?
細かいメカニズムが知りたい。。
そして何故飛行機は飛ぶの?
そして、昆虫は何故6本足なの?
これについては進化の過程なので、メカニズムみたいのが
あるのかどうか。。。
なんかいっぺんに質問してしまいましたが、
どれかを知っている人は回答下さい。。!!
なんかどうでもいいんだけど、気になる質問です。

Aベストアンサー

昆虫の6本足について・・

歩行を行うには基本的に2セット以上の足が必要です。
つまり、Aの足セットで体を保持する間にBの足セットを移動し、
Bの足セットで体を保持する間にAの足セットを移動する・・という風にです。

また、体を固定するには三点以上で固定する必要があります。
一点ではぐらぐらですし、二点ではその二点を結ぶ直線を軸に回転します。

以上の二つを単純にかけ合わせた結果の最小単位が6本になるのです。
昆虫の種の多さを考えれば「動物」としては6本足が理にかなっていると
要って良いでしょう。

無論、体を一本足で固定するタイプの生き物(人や鳥等)もいますし、
三本足で固定してそのうちに一本足だけ移動する生き物(象等)もいます。
ムカデの様に多数の足を持つものもいます。
これらの多くは、「移動手段」としての6本足の代償に他の能力を得ていたりします。

Q家電は交流で動くものと、直流で動くものがあるそうですが、代表的なものを

家電は交流で動くものと、直流で動くものがあるそうですが、代表的なものを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

これは結構複雑です。

A.直流電源-機器 時計、ラジカセなど
B.交流電源-機器 扇風機、換気扇、ジューサ、ミキサ、電灯など
C.交流電源-直流化-機器 テレビ、ラジオ、ステレオ、パソコンなど
D.交流電源-直流化-交流化-機器 洗濯機、冷蔵庫、エアコン、電子レンジ、インバータ式蛍光灯などのインバータ式 
           (電子レンジは交流化といってもマイクロ波という電波です)
の4タイプがあります。
時代とともに移り変わりがありますし、(BからDに移った物が多い。洗濯機、冷蔵庫、エアコン、蛍光灯など)
2ウエイ、3ウエイなど複数の電源で動けるものもあります。(ラジカセ、ノートPCなど)

インバータ式は省エネや制御性が良いなどの利点が多いのでよく使われるようになりました。

余談ですが電車もドレミ電車などで有名なVVVF(インバータ)が多くなっています。

Qおじぎ草

おじぎ草って、触ると葉っぱが閉じてしまいますよね。
とっても不思議です。一体どういう目的&仕組でそうなるんでしょうか? 分かる方教えてください!

Aベストアンサー

下記URLを参照してください。

参考URL:http://www.athome.co.jp/academy/botany/bot04.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報