DHAがボケ防止に効くとのことで、母に飲ませようと
お店を見てきたのですが、EPAという栄養剤があり、
パッケージに魚の絵が書いてあったので、DHAと同じ効果のものなのかな
と迷っています。
DHAとEPAは同じ効果をもつものでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

DHAは脳まで行き着きますが、EPAは脳まで届きません。


どちらも血行をよくしますが、認知症予防で飲まれるのでしたら、DHAが入っていないとダメです。がハッキリ立証はされていません。
 油剤を飲まれる時にはビタミンEも摂取された方がいいと思います。

 あとちなみに認知症予防にいいものとして、1から2g程度のビタミンCもいいです。あとはフランス海岸松、イチョウ葉、人参エキスなどもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2005/10/24 08:54

一応補足します。


不飽和脂肪酸ですが体内で時間をかけて違うものに変化していきます。最終的に行きつくのがDHAだったはず。EPAもDHAに変わります。(キャノーラ油なんかも5段階ほどを経て最終的にDHAになります。)

この回答への補足

ありがとうございます。ということはEPAを摂取すれば最終的には事足りるということでよいのでしょうか?

補足日時:2005/10/23 02:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2005/10/24 08:56

魚に含まれる高度不飽和脂肪酸。

DHAとは良く似ていて、共に血液の成分を正常にし身体機能を高める効果があります。
しかし、DHAはEPAの働きにプラスして「脳の働きを高める効果」があるので、認知症防止とのことなら、EPAよりもDHAを積極的に摂る方が良いのでは。勿論、体の調子を良くするという点ではEPAも優れています。
DHAが沢山含まれているのはマグロ(脂身)、ブリ、サンマ、ウナギ、マイワシ、イクラなど。
特に眼窩の裏(ゼラチン質)が良いそうですが…
苦手な方もいらっしゃるので、サプリメントに頼りつつ頑張ってくださいね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2005/10/24 08:58

こんなサイトがありました。



効果も微妙に違うみたいですね。
でも、どちらも体にとてもいいものみたいですから、お魚から同時に摂られるのが一番いいのかもしれませんね。

参考URL:http://www2.health.ne.jp/library/0300/w0304011.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

お礼日時:2005/10/24 09:35

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QElectricVehicle以外で、GasolineやDieselC

ElectricVehicle以外で、GasolineやDieselCarまたは、MotorcycleのBatteryでは、LithiumionBatteryは、無いのでしょうか。
なぜ無いのかご存知の方がいればお教え下さい。
全くこの世に一つも扱っている会社は、無いのかお教え下さい。
もし有るのだとしたら、会社など解ればお教え戴けないのでしょうか。

Aベストアンサー

> なぜ無いのか
・価格が高い
・充電可能回数が少ない(充電管理が鉛電池より難しい)
あと、すでに普及している12ボルト系にあわせにくいということもあるかもしれません。
#鉛系は2[V]単位ですが、Li系2次電池は3.7(3.6)

EVではエネルギー量が即座に走行可能距離に影響するので、電池のエネルギー密度が要求されますが、ガソリンエンジン車ではエンジン始動や、電装品への電力供給だけですし、エンジンで発電するのでそれほどバッテリに対する要求が高くないです。

Q青魚に含まれるDHAやEPAの効能について

よくサンマやサバ、イワシなどの青魚に含まれるDHAやEPAが頭に良いと言われますけど、それはどんな科学的根拠によるものなのですか?具体的にDHAやEPAが大脳にどんな作用を及ぼしているのですか?

Aベストアンサー

こんにちは



DHAを摂取することによって
脳は多くの酸素を必要としますが、酸素化ヘモグロビンが少なくても
恋率よく脳が動かせるということらしいです。

引用

脳が活動するためには酸素が必要ですが、この結果から、DHAを摂取することによって、「少ない酸素でも効率よく脳を動かせるようになった」という可能性が考えられます。

http://www.nissui-research.com/archives/2013/20130107093000.php


DHAは、摂取することで脳の神経細胞が柔らかくなり、
シナプスの神経伝達物質のやり取りを活性化して記憶力や学習能力の向上に役立ちます
http://www.hamptonhistory.org/brain-dha/

Q標準モジュールで 『Sub test(ByVal Target As Range)』は動かない?

選択されている複数のアドレスが知りたいので
標準モジュールに
Sub test(ByVal Target As Range)
Debug.Print Target.Address
End Sub
と書きました。

しかしF5ボタンを押しても何も起こりません。
デバッグ→コンパイルをしてもエラーになりません。

シートのイベントプロシージャーではなく
標準モジュールにした理由は
イベント発生時ではなく、任意で起動させたいためです。

ためしに、
Sub test(ByVal Target As Range)
Debug.Print Target.Address
End Sub
の下に、

Sub test2()
Call test
End Sub

と書いたら、
「引数は省略できません。」
というエラーになりました。

何がダメなのかわかりません。
ご教授よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

今回は、初歩的なことですが、段階を経たほうがよいと思います。つまみ食いのようなことをしても、なかなか、VBAもWSHも覚えられないと思います。しかし、今回のように単発では、こちらの書いていることはほとんど分かってもらえないと思います。

今回は、サブルーチンのコードですが、サブルーチンを書くということは、それなりに、その前段階を理解していなくてはなりません。イベント・ドリブン型とは関係がありません。

それと、Target は、予約語ではありませんが、イベント・ドリブン型の引数に使われているものですから、他の語を使ったほうがよいです。それを許していると、自分ですらコードが読めなくなっていくはずです。

今回のようなコードを実際に書くことはありえませんが、ByVal キーワードは、入れるのと入れないのでは違いがありますが、Test1 側で、引数のデータ型が決めてあれば、入れなくても構わないです。Debug.Print としてしまったら、さっぱり、その意味が見えないでしょうけれども……。

F5を押しても、サブルーチンは呼び出さないと動きません。
それに、呼び出す場合は、引数を入れなければなりません。

'-------------------------------------------

Sub Test1()
Dim c As Range  '←これがあるので、ByVal は不要
For Each c In Range("A1:A10")
 Call Test2(c)
Next c
End Sub

'サブルーチン(Target という名称は使わない)
Sub Test2(rng As Range)
  Debug.Print rng.Address
  'Debug.Print では、良く意味が分からないはずです。
  'Range オブジェクトを引数にしたら、いろんな使い方がある
End Sub

'-------------------------------------------

こんばんは。

今回は、初歩的なことですが、段階を経たほうがよいと思います。つまみ食いのようなことをしても、なかなか、VBAもWSHも覚えられないと思います。しかし、今回のように単発では、こちらの書いていることはほとんど分かってもらえないと思います。

今回は、サブルーチンのコードですが、サブルーチンを書くということは、それなりに、その前段階を理解していなくてはなりません。イベント・ドリブン型とは関係がありません。

それと、Target は、予約語ではありませんが、イベント・ドリブン...続きを読む

QDHA EPAのオイルがカッチカチに固まりました

omega-3 epa1500mg / dha750mg

natural factors というカナダの会社のものですが、(i herbで購入)

書いて有るとおり、ほぼ毎日スプーンに1杯くらい飲んで、

飲んだ後は冷蔵庫に入れています。

先ほど、冷蔵庫の掃除をしていて気づきましたが、

この瓶を入れてある冷蔵庫のポケットに液だれしたあとがついて

湯で洗っても、水に浸けていても、プラスチックのようにかちかちに
固まって取れません。

血液がさらさらになるイメージでしたが、こんなにかちかちになるものって
体に悪いのでは?と思えてきました。
4ヶ月ほど前に買った物です。

普通の天ぷら油でもこんなに克つ価値に固まる事ってないと思います。

dha epa って本当に体にいいのですか?

Aベストアンサー

DHA,EPAは、御存知のようにω-3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。
eicosa pentaen oic acid eicosaはラテン語の20で、penta(同5)のen(二重結合)のある脂肪酸
docosa hexaen oic acid docosaはラテン語の22で、hexa(同6)のen(二重結合)のある脂肪酸
と言う意味、ωですからカルボキシル基(-COOH)の反対の末端から3番目の炭素から二重結合が始まる。
1 2 3 4 5
/\=/\=/\=/\=/\/\/\/COOH   EPA
/\=/\=/\=/\=/\ほ/\/\/\COOH DHA

 同じ炭素数であっても二重結合が増えると融点が下がり液体になります。

 二重結合があると、その部分が空気中などの酸素と反応して過酸化物を作り固体になります。いわゆる乾性油--油絵の具やペンキ--になります。
 ⇒不飽和脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E9%A3%BD%E5%92%8C%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )

 EPA,DHAは魚介類・亜麻仁油・しそ油・えごま油・魚油に多く含まれる脂肪酸で、通常は食品から十分摂取できる脂肪酸です。過剰に摂りすぎると男性では前立腺がんの原因にもなること。日本人は魚介類を良く食べますし、サンフラワー油も良く摂るので、危険をおかしてまでサプリメントで摂る必要はないでしょう。ω-3の摂取量の少ない欧米人とは違う。
>血液がさらさらになるイメージでしたが、こんなにかちかちになるものって
体に悪いのでは?と思えてきました。
 カチカチになるのとは直接関係ないです。古い酸化した油は体に悪いということ。それと不飽和脂肪酸がよいか悪いかとは別の話です。もちろん酸化して糊化したものは有毒です。

 酸化されやすくて、体内の過酸化物を取り除くと言うのは誤りです。
ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8#.E6.A6.82.E8.A6.81 )
 体の中での代謝に必要な栄養素で、本当に必要ならαリノール酸からも生合成します。

 脂肪酸の代謝は、タンパク質に比較すれば簡単ですが、それにしても覚えることが複雑でカタカナが多く、生物や化学を学ぶ時は苦しみましたね。

DHA,EPAは、御存知のようにω-3脂肪酸と言われる不飽和脂肪酸です。
eicosa pentaen oic acid eicosaはラテン語の20で、penta(同5)のen(二重結合)のある脂肪酸
docosa hexaen oic acid docosaはラテン語の22で、hexa(同6)のen(二重結合)のある脂肪酸
と言う意味、ωですからカルボキシル基(-COOH)の反対の末端から3番目の炭素から二重結合が始まる。
1 2 3 4 5
/\=/\=/\=/\=/\/\/\/COOH   EPA
/\=/\=/\=/\=/\ほ/\/\/\COOH DHA

 同じ炭素数であっても二重結合が増え...続きを読む

Qwill being testing の意味を教えて下さい

海外のニュースサイトを読んでいて
will being testing
という表現に遭遇しました。
will be testingの書き間違いかとも思ったのですが、もしかしたら特殊な表現があるのでしょうか。

全文は以下のとおりで。
The U.S. Environmental Protection Agency will being testing diesel vehicles’ ability to meet emissions standards under real-world driving situations, it announced Friday. The agency formerly performed testing in a way that critics argued was inadequate.

Aベストアンサー

will be testing の誤植というより、
will begin testing のつもりの可能性が高いですね。

未来進行形で未来を表すというのは日常的には非常によく使われるのですが、ニュース記事としてはふさわしくない気がします。

http://www.jdjournal.com/2015/09/25/atlanta-law-firm-one-of-the-first-to-sue-volkswagen/

ここに、

the U.S. Environmental Protection Agency has announced that it will begin testing diesel vehicles’ ability to meet emissions standards under real-world driving situations.

という文が出てきます。

QDHAとEPA

DHAとEPAについて教えて下さい。
一日にどれくらい取り入れれば良いんですか?
魚はあまり食べないので、
サプリメントを検討していますが、
両方入ってるものを選んだ場合、
どちらが多く入ってるものが良いのでしょうか?

Aベストアンサー

一日の摂取量ですがオメガ6系脂肪酸とのバランスなので場合によりけりでしょう。6系脂肪酸(肉など)は血をドロドロにし、3系はサラサラにします。このバランスが1:1になっているのが望ましいのですが、今の日本人は4:1だと言われています。(心疾患、脳血管疾患などの原因となる)
もちろん3系を摂りすぎると血液が正常に凝固するのを妨げる可能性があるので摂りすぎもよくないでしょう。サプリメントの表記を参考にすればいいのでは?

EPAは体内でDHAに変わります。特にどっちを多くということはありません。両方入っていなくてはいけないわけでもありません。余談ですがキャノーラ油など一部の植物油も体内で時間はかかりますがEPA,DHAに変わります。

サプリメントの選び方ですが、程度が低いものは天然の魚に含まれるメチル水銀などの有害物質も凝縮されています。あまり値段の安いものはそこまでの配慮はされていないでしょう。データを開示している会社を選択してください。

Qexcelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。

excelのマクロでrangeの選択がうまくいきません。
以下のマクロをsheet2に書きました。testcopyは動きますが、testcopy2は動きません。なぜなのでしょうか。どうすればいいのでしょうか。それ以外のマクロの部分との関係から、cellsを使い、数字を使ってrangeの処理をしたいのです。よろしくお願いします。

Sub testcopy()
Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Sub testcopy2()
Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ActiveSheet.Paste
End Sub

Aベストアンサー

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
---------------
●testcopy●

これが動作するのは
Sheet【2】がアクティブな状態で実行する場合です

Sheet【1】がアクティブな状態で実行すると
  Worksheets("sheet2").Range("e5").Select
ここで、問題点(1)の理由によりエラー。
で、先ずシートを選択、次にセルを選択と2段階にしないといけません。

  Worksheets("sheet2").Select
  ActiveSheet.Range("E5").Select

----------------
●testcopy2●

▼Sheet【1】がアクティブな状態で実行
  testcopyと同じ場所、同じ理由でエラー

▼Sheet【2】がアクティブな状態で実行
  Worksheets("sheet1").Range(Cells(3, 2), Cells(10, 3)).Copy
  ここで、問題点(2)により、エラー。
 
 Cellsの前にシートオブジェクトがないので
 Cells(3, 2), Cells(10, 3)はアクティブなSheet【2】のセルとみなされ
 (★実際はちょと違う場合もありますが今回はそう★)

 Worksheets("sheet1").Range(  ← Sheet【1】
 Cells(3, 2), Cells(10, 3))   ← Sheet【2】

このようにSheet【1】【2】が混在していることになり、エラー
で、Cellsの前にシートを付加してセルがどのシートのセルか明示してやる

Worksheets("sheet1").Range(Worksheets("sheet1").Cells(3, 2), Worksheets("sheet1").Cells(10, 3)).Copy
  
---------------------------------
で、質問者のコードを修正すると
'-------------
Sub testcopy()
 Worksheets("sheet1").Range("B3:C10").Copy
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'-------------

Sub testcopy2()
 With Worksheets("sheet1")
   .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy
 End With
 With Worksheets("sheet2")
   .Select
   .Range("E5").Select
   .Paste
 End With
End Sub
'--------------

●ただ今回のような単純なコピーの場合は
 既出の回答にあるようにSelectなしで書くのがふうつです。
'-----------
Sub testcopy111()
 Worksheets("sheet1")
   .Range("B3:C10").Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------
Sub testcopy222()
 Worksheets("sheet1")
  .Range(.Cells(3, 2), .Cells(10, 3)).Copy Worksheets("sheet2").Range("E5")
 End With
End Sub
'-----------

今回の件は重要事柄ですので覚えておきましょう。
以上です。
 

>testcopyは動きますが、testcopy2は動きません

testcopyは「動作したり、しなかったりする」が正しい表現です。
  要するに今回testcopyが動いたのは▼たまたま▼ということです。

testcopy2 は当然ながらエラーになります。
何れにしろ、両方ともに問題があるということです。
その問題点は2つあります。

(1)アクティブでないシートのセルはSelect(Activate)できない
(2)複数のシートを扱うときのセルの参照は
   そのセルがどのシートのセルなのか明示する必要がある


これを踏まえて、、、、
-...続きを読む

QDHA・EPAなどについて

魚の脂肪分に含まれるDHA・EPAというのは、魚から摂取する場合と、缶詰、サプリメントなどから摂取する場合とで、効能(?)に大きな違いって出るものでしょうか?

他の栄養分(栄養素)はとりあえず置いといて、例えば、
魚屋さんでサバを買ってきて焼いて食べる。
サバの缶詰を買ってきて食べる。
DHA・EPAのサプリメントを飲む。

これって、DHA・EPAについてのみ考えた場合、大きな違いがあるのでしょうか?

栄養については全く知識がないので、なんとなくサプリメントでいいじゃねえか、とか思ってしまうのですが、医師や栄養士みたいな人は、栄養分は食品から取ったほうが良い、みたいなことを言っているような気がするのですが・・・。

Aベストアンサー

サプリメントはあくまで補助食品ですからね。
本物の魚の方がいいと思いますが。

つい最近、効能を否定されたサプリメントもありますしね。

Qウォッチウインドウで確認すると、「Range("a1").Value」は「十」ボタンができる

Sub test()
Dim Strmoji As String
Strmoji = "a"
MsgBox Range("a1").Value
MsgBox Strmoji
End Sub

Range("a1").ValueとStrmojiをウォッチ式に追加して
このコードをF8でデバッグしていくと
Range("a1").Valueの方だけ「十」ボタンが付き、
クリックすると広がりたくさんの情報が表示されています。

これはRangeだからですか?Cellも試してみたけど同じでした。
しかしなぜ、Strmojiは「十」ボタンがでないのでしょうか?

「十」ボタンがでるのとでないのでは何が違うのですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

端的に言って、ウォッチ式の登録が間違ってはいませんか?
添付の図をみてください。

 Range("A1")+....Object/Range
 .Value .........Variant/String
 Strmoji.........String

この前も別の方の質問でも、ウォッチウィンドウがありましたが、値を確認するなら、ローカルウィンドウでも良いと思うのですが……。プラス(+)が右隣に出るのは、オブジェクト・配列・コレクションということになるのだろうとは思うのですが、それは、開ければ分かると思います。

Q胡桃のαリノレン酸と青魚のDHA,EPAの違いは?

昨日、TVでクルミが「硬くなった血管を柔らかくする」と言って話題になっているようですが、
αリノレン酸が体内でDHA,EPAに変わるからとか・・
それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
血管を柔らかくする効果は青魚にも有るのではないでしょうか?
それとも、クルミが特別なのでしょうか?

Aベストアンサー

ω-3脂肪酸の話ですね。
α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ドコサ(22)炭素数20、ヘキサ(6)二重結合の数
 ω-3脂肪酸なので、カルボキシル基の反対側の端っこ(ω)から3個目から二重結合が始まる。数字はラテン語

>それならば青魚でDHA,EPAを摂ればいいのではないでしょぅか?
 そうです。
 確かに、それらの効果はEPA,DHAによるものですが、『多くの動物は体内でα-リノレン酸を原料としてEPAやドコサヘキサエン酸 (DHA) を生産することができるが、α-リノレン酸からEPAやDHAに変換される割合は10%–15%程度( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B3%E3%82%B5%E3%83%9A%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%82%A8%E3%83%B3%E9%85%B8 )』とされていますから、それで必要量をまかなえるか、そうでないかは諸説ありjす。

>それとも、クルミが特別なのでしょうか?
 胡桃よりは「エゴマ、アブラナ(キャノーラ)、ダイズ、アマ」などに多い。

 動物は進化の過程で、普段の食餌から十分得られる物は、体内で合成する能力を失っても生存に影響がないため、その合成能力を失っている物がいくつかあります。良く知られているのはビタミン類ですね。肉食動物はビタミンCを食餌から取れないために体内で合成できますから、「犬や猫には生野菜や果物は食べなくても良い」
 ω-3脂肪酸は、種子や、(草を主食とする)草食動物には多く含まれていますから、人は体内でω-3脂肪酸を合成しなくても良い--食餌から十分摂取できる--動物になったということ。
 大事なこと。できるだけ我々の御先祖様に近い食餌---あらゆる物を満遍なく食べれば必要な栄養素は取れるはず。人間が農業を始めてから得られるようになった食物は栄養素が偏っている--穀類・(草ではなく穀物で育てられる)肉類などに偏ると問題ということです。

 リノレン酸が含まれる食物は胡桃だけではありません!!!--特定の食品だけを取り上げて宣伝するのはマスコミの姿勢としては極めて悪質だと思います。

 ⇒必須脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BF%85%E9%A0%88%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒ω-3脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-3%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒ω-6脂肪酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%A9-6%E8%84%82%E8%82%AA%E9%85%B8 )
 ⇒α-リノレン酸 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%CE%91-%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%AC%E3%83%B3%E9%85%B8 )
 

 

ω-3脂肪酸の話ですね。
α-リノレン酸  all-cis-9,12,15-オクタデカトリエン酸
エイコサペンタエン酸 (EPA)  (5Z,8Z,11Z,14Z,17Z)-イコサ- 5,8,11,14,17-ペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸 (DHA)   (4Z,7Z,10Z,13Z,16Z,19Z)-ドコサ-4,7,10,13,16,19-ヘキサエン酸

 リノレン酸は慣用名なので、「オクタデカトリエン酸」のほうがわかりやすいかも。
オクタデカン酸 オクタ(8)、デカン(10)炭素数18、トリ(3)二重結合の数
イコサペンタエン酸 イコサ(20)炭素数20、ペンタ(5)二重結合の数
ドコサヘキサエン酸 ...続きを読む


人気Q&Aランキング