著作権や権利の許容範囲がどこまでだかわからず困っています。
教えてくださいませ。

たとえば、写真素材をもちいてコラージュ作品を創りたい場合です。
撮影は自分自身で行ったとします。

空やりんごや動物は平気でしょうけど、建物はどうなんでしょうか?
看板が入らなければ、平気という解釈で大丈夫でしょうか?
写真集で企業の看板が入ったものを見かけますが、
それは何の問題もなかったのでしょうか?

また、車や掃除機、時計やインテリアはどうでしょうか?
製造メーカーがあったり、デザイナーさんがいたりしますよね。

最後に人はどうでしょう?
街を撮影したときに、歩いている人がいます……。
肖像権の問題がありますが、このへんがよくわかりません。
街の様子を撮影した写真集に、雑踏を歩く人々みたいなものが
のっていたりしますが、あれはどうなっているんでしょう?
一般人はOKというそんな単純なものなのでしょうか?

詳しくないのでよろしくお願いします。。
一部でもかまいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 建物の場合:基本的に所有者等の許可は要りません。


 著作権法第46条に「美術の著作物でその原作品が前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの又は建築の著作物は、次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず、利用することができる」としており、その前条2項というのは「街路、公園その他一般公衆に開放されている屋外の場所又は建造物の外壁その他一般公衆の見やすい屋外の場所」のことですので、通常公開されていない建物以外は撮影許可は原則不要です。また看板については、一般企業のものなら特に問題ないでしょうが、こだわりのある看板というのでしょうか、変わった看板なら一応許可を求めたほうがいいと思われます。

 車などの場合:基本的に許可は要りません。
 建物の場合もそうですが、著作権が問題になるのは、そのものと同じようなものを複製したりする場合です。写真を写真に撮る行為は明らかに複製ですが、ある物を写真に撮ることは複製とはいいません。確かに車等はデザイナーがいますが、そのデザインと同じ物を作るわけではありませんので大丈夫です。

 人の場合:有名人の場合は肖像権の問題が発生してきます。では一般人の場合はですが、2~3人を撮る場合なら撮影後に撮らせて頂きましたと声を掛ければ嫌ですという人はいないでしょう。ただ漠然と歩いている多数人を撮影するという場合は、被写体を特定するのは困難ですので、肖像権の問題は発生しにくいと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました、大変よくわかりました。助かります。

お礼日時:2001/11/22 23:12

 結論は susyi0327 さんの仰るとおりなのですが、ちょっと補足致します。

なお、このアドバイスは、susyi0327 さんのご回答の揚げ足を取るものではなく、少しばかりの修正を加えるものであることをご理解下さい。

 著作権法第46条の規定は、「美術の著作物でその原作品が前条第2項に規定する屋外の場所に恒常的に設置されているもの」又は「建築の著作物は、」と切って読んで下さい。つまり、建築の著作物は、第45条第2項ではなく、第46条のその後に続く「次に掲げる場合を除き、いずれの方法によるかを問わず」、利用することができます。
 で、「次に掲げる場合」というのは、具体的には、「建築の著作物を建築により複製し、又はその複製物の譲渡により公衆に提供する場合」や「屋外の場所に恒常的に設置するために複製する場合」です。
 建築物を写真撮影するという行為は、このいずれにも該当しませんので大丈夫です。

 次に、車ですが、車はそもそも著作物ではありません。車に関連する著作権といえば、設計図面の類です。この設計図面を基にして車を製造することが、著作権法でいう複製に該当します。
 車の形状は、著作権法ではなく、意匠法によって保護されます。なお、車を写真撮影することは、意匠権を侵害することにはなりませんのでご安心下さい。

 念のため、susyi0327 さんが仰る「ある物を写真に撮ることは複製とはいいません。」についてですが、この点は、「著作物ではない物を写真に撮ることは」と置き換えてご解釈下さい。建築の著作物を写真撮影することが著作権の侵害に相当しないことは申し上げた通りですが、例えば、小説の文章を写真撮影することは著作権法でいう複製に当たりますので(著作権法第2条第1項第15号)、誤解されませんよう。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

補足説明ありがとうございます。ご丁寧にありがとうございます。

お礼日時:2001/11/23 01:54

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q街で撮った看板の写真をHPに掲載すると著作権違反か

■どなたかお教えいただけると喜びます。
■Q1:街角で撮った写真にはしばしば看板やポスターが写っています。そうした写真をHPに掲載すると、ポスターや看板(やその中の写真)の制作者の著作権を犯すことになるのでしょうか。
■Q2:また、街角の看板に興味を惹かれて、とくにその看板の写真を撮影して、「面白くて素敵な看板があったよ」などとHPに掲載することは、著作権違反なのでしょうか。
ご助言お願いいたします。

Aベストアンサー

Q1
スナップショット程度であれば問題ないと思われます。明らかにポスターの複製に当たるような場合(実質的にポスターしか写っていないような場合)は別として、街頭の風景を撮影した中にたまたまポスターが入っている程度であれば、特段の問題はないものと思います。

Q2
著作権法32条に定める引用に該当する可能性はありますが、引用というためには原則として「何も手を加えずに」行うことが必要です。翻訳して引用することは法43条2号において、要約して引用することは裁判例において、それぞれ認められていますが、これを超えて手を加えること(翻案)は認められていません。
また、著作権とは別に、著作者人格権という権利があり、その中に作品の同一性を保持する権利があります(法20条)。
したがって、これらに該当するような場合は、掲載が認められない部分が出てきます。

なお、肖像権に関してはおよそ問題ないものと思われます。肖像権というのは、人が自らの肖像をみだりに公開されない権利ですから、ポスターに写っている人物(モデル)は、すでに自らの肖像画公開されることに同意しています。

また、パブリシティ権といって、著名人が自らの氏名肖像のもつ経済的価値をコントロールする権利もありますが、経済的な価値に関係しないような利用方法であれば、これも問題になりません。

Q1
スナップショット程度であれば問題ないと思われます。明らかにポスターの複製に当たるような場合(実質的にポスターしか写っていないような場合)は別として、街頭の風景を撮影した中にたまたまポスターが入っている程度であれば、特段の問題はないものと思います。

Q2
著作権法32条に定める引用に該当する可能性はありますが、引用というためには原則として「何も手を加えずに」行うことが必要です。翻訳して引用することは法43条2号において、要約して引用することは裁判例において、それぞれ認められて...続きを読む

Q自分の土地に立つ看板が倒れてケガをしたら誰の責任?(看板部分の地代をもらい、その場所に他人の看板がある場合)

自分の土地の隅の方に他人が看板を立ててあります。看板部分の土地の使用料をもらっています。安全管理については取り決めしていません。もし看板が倒れて通行人がケガをした場合は誰の責任になりますか?
安全管理を看板の所有者(設置者)が行う事を契約書に明示しておいた方が良いでしょうか?

Aベストアンサー

特別な契約がない限り、看板所有者(設置者)の責任です。
なぜかと言えば、土地所有者と言えども、その上の工作物を管理する権限がないからです。 勝手に補強工事をすれば器物損壊罪に問われます。
ゴミ屋敷やナンバーを外して放置された車等として報道されている、他人の土地に有価物を放置している事例で、土地所有者がそれらを自由に処分できないのと同じ事です。

>安全管理を看板の所有者(設置者)が行う事を契約書に明示しておいた方が良いでしょうか?
無いより有った方が良い程度です。
 

Q写真スタジオで撮影した写真

知り合いの話なのですが、写真スタジオで子供の記念写真(百日の)を撮影したそうです。
数日後そのスタジオが新聞に広告を出したそうなのですが、その時の写真が子供の名前と共に使用されていたそうです。
知り合いは不快に思いスタジオに電話したところ、「うちで撮った写真はうちの物だから」と一蹴されたそうです。
写真スタジオで撮影した写真の著作権はスタジオ側のものの様ですが、被写体の肖像権はないのでしょうか?写真スタジオのウィンドウに飾るくらいなら理解できますが新聞広告に無断で載せてしまうのはどうなんでしょうか?

Aベストアンサー

以前に答えた類似質問です。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2267996


写真の著作権は著作権を譲渡しない限り撮影者に帰属しますので、たとえ本人の写真であっても、撮影者の許可がなければ二次使用はできません。販売だけでは著作権は移転しません。(そのような特約を結んでいない限り)

しかし、だからといって撮影者が無断で広告に載せてもいいものでもありません。写真のモデルにも肖像権がありますので、本人の許可がない限りは無断に広告に載せることはできません。

結局どちらも二次使用するには許可がいる、ということではないかと思われます。

従って、「写真を自社の新聞広告に載せることがある」旨の特約でも結んでいない限り、明確に肖像権侵害ですし、名前を出すとなれば個人情報の漏洩でもあります。
個人情報保護法云々は関係ないのですが、
1写真を載せられたことによる肖像権侵害 
2個人名と顔を出されたことによる個人情報漏洩
この2点での不法行為として、損害賠償が可能だと思います。

Q写真館の撮影写真、ネガの帰属は?

先日、娘の七五三の写真を撮りに行きました。
広告を見て、色々考えた横浜都筑区にある、メガネチェーン系のI社にてお願いする事に決め、受付の人と話をしました。

そのときの話として、「ネガは何年か保管して、焼き増しは当社にてできます」と言う事なので、私は「ネガはその後いただけるのですね?」と聞きますと「ハイ!!」と答えたので、そのI社で写真撮影は依頼しました。

ところが、写真を撮って、再度ネガの事を聞くと「お客様にはネガはお渡ししません」とのことで、現在もめている最中です。

(1) ここで思うのですが、ある写真屋さんは「著作権の関係で、著作権が一年で切れるので、お客様に1年後お渡しします。」というところもあるようなんですが、本当にそうなんでしょうか?

(2) I社は「写真を撮って焼いた物を渡すのが仕事であって、ネガは含まれない」というのですが、本当でしょうか?
私は写真館で撮った写真はネガも含まれるのが普通ではないかと思うのですが。つまりネガの帰属はどうなるのでしょうか?

(3) 「ネガを渡すなどと担当者は言っていない」と言う事で、確かに証拠はありませんが、この場合 約束が違うので写真を返して、お金も返してもらうと言う事は可能でしょうか?

(4) 最悪、裁判をしたとき、どのような結果が想定されるでしょうか?

など法律に詳しい方、是非教えてください。
オーバーかもしれませんが、娘が将来 嫁に行くとき例えネガの色が飛んでも、持たせてあげたいと考えておりました。長男、次男はあっても、娘のが無いのはかわいそうと思いどうなるのか質問させていただきました。

先日、娘の七五三の写真を撮りに行きました。
広告を見て、色々考えた横浜都筑区にある、メガネチェーン系のI社にてお願いする事に決め、受付の人と話をしました。

そのときの話として、「ネガは何年か保管して、焼き増しは当社にてできます」と言う事なので、私は「ネガはその後いただけるのですね?」と聞きますと「ハイ!!」と答えたので、そのI社で写真撮影は依頼しました。

ところが、写真を撮って、再度ネガの事を聞くと「お客様にはネガはお渡ししません」とのことで、現在もめている最中です。
...続きを読む

Aベストアンサー

>(1) ここで思うのですが、ある写真屋さんは「著作権の関係で、著作権が一年で切れるので、お客様に1年後お渡しします。」というところもあるようなんですが、本当にそうなんでしょうか?

著作権が1年で切れることはありません。著作権の有効期間は著作権者が団体(この場合「写真屋」は団体)の場合、50年間です。

>2) I社は「写真を撮って焼いた物を渡すのが仕事であって、ネガは含まれない」というのですが、本当でしょうか?

それは契約の内容によるのではないでしょうか?
「ネガを渡す」と口約束とはいえ言っていたのなら、写真館は著作権を主張しないと考えるのが妥当だと思います。

>3) 「ネガを渡すなどと担当者は言っていない」と言う事で、確かに証拠はありませんが、この場合 約束が違うので写真を返して、お金も返してもらうと言う事は可能でしょうか?

約束を守らない点を追及するのが当然でしょう。しかし、そのような不誠実な態度をとる店が受け入れてくれるかどうか。

>(4) 最悪、裁判をしたとき、どのような結果が想定されるでしょうか?

口約束ということで、契約内容を証明するのが困難でしょうね。

>(1) ここで思うのですが、ある写真屋さんは「著作権の関係で、著作権が一年で切れるので、お客様に1年後お渡しします。」というところもあるようなんですが、本当にそうなんでしょうか?

著作権が1年で切れることはありません。著作権の有効期間は著作権者が団体(この場合「写真屋」は団体)の場合、50年間です。

>2) I社は「写真を撮って焼いた物を渡すのが仕事であって、ネガは含まれない」というのですが、本当でしょうか?

それは契約の内容によるのではないでしょうか?
「ネガを渡す...続きを読む

Q写真集の写真を絵に描いて売ったら著作権侵害ですか。

アフリカについてのサイトを作りたいと考えています。
そこに動物たちの絵を載せたいのですが、何も見ずには描けないので写真集を見て絵を描きました(手書きで色等のアレンジあり)。
これをサイトに載せることは写真家の著作権を侵害しますか。
また、いずれ(時期は未定)この絵をTシャツなどにして販売したい(小規模で)と考えていますが、この場合も同様の質問です。

Aベストアンサー

微妙な問題ですね!写真をそのままなぞる様な構図で、色を付けただけの様な場合には問題に成ると思います。
ですが、プロの方でも全く何も見ないで・何も見た経験も無いままで動物を書くのは無理なのでは・・・?
写真を参考として、それを記憶に止めて、自分の作風で書かれるのが良いと思います。
それが一番難しいのですが・・・!それが故にプロの方が存在している訳で!
他の人が書かれた絵を見て、見本の写真と同じだと思わないくらいにアレンジされれば良いかと・・・?
それが無理なら、写真集の撮影者に自分の作品を照会して、許可を頂ければ安心ですが?案外、快諾して頂けるかも知れません。
相手からのクレームが無い様にしておく事が、商売上は安心です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報