「ひょっとして」と言いますが、その“ひょ”とは
どういう意味でしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

 『日本国語大辞典』に出ている『大言海』の語源説によると、「ふと」の変化したものということです。

「ふと」という語は、『竹取物語』や『枕草子』などの平安時代の文献にも用例が見られますが、「ひょっと」は近世からしか見られないので、江戸時代の初め頃に「ふと」から派生した語のようです。いずれにしても、擬態語であることは間違いなさそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

shinkishuさん、ありがとうございます。
昔、古典の授業で「ふと」を目にしていたような…。
その派生語なのですね。日本語は奥深い。
勉強になりました。

お礼日時:2001/11/23 05:33

 私見ですが、「ひょっとして」という言葉の「ひょっと」の部分ですが、元は擬態語ではないかと思うのです。

不意に予期せぬ場所から人が現れたりするときに、「ヒョッと」という表現がもともとあり、それが発展してこのような副詞ができあがったと推測します。

 なお日本語の特徴としてこのような擬態語表現が多いと聞いたことがあります。「どっきり」「しっかり」「ゆっくり」などが擬態語から高度に抽象化され副詞化したものではないかと思うのですが、どうでしょう。根拠のない私見ですので自信なしとします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本語は他の言語にはないような擬態語が多く、本当に難しく、そしてステキな言語ですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 05:37

大辞林で調べてみました。



【ひょっと】
1)不意に。突然に。
2)万一。ひょっとして。ひょっとすると。
3)物が突き出るさま。にゅっと。
【ひょっとしたら】 
もしかしたら。ひょっとすると。
【ひょっとして】
もしかして。万が一にも。

と、載っていました。

「ひょっと」で区切られていて、その言葉自体に意味があるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「ひょっと」自体に意味があるのですね。
「にゅっと」は知っていましたが、「ひょっと」に3)の物が突き出るさまの意味があるとは知りませんでした。勉強になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/11/23 05:44

Ballさん、実は私も同じ事を考えていました。



私の出した結論は、「はっとして」の「はっ」は、息を呑む様を表記したものであると同じく、「ひょっ」は頭の中をある考えがよぎる様を表記したものであろうというものです。

自分では納得しているのですが...どうでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おかしな質問かな?と思っていましたが、bssaさんも同様に考えられていたとのこと、ちょっと安心しました。笑。ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/23 05:39

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qぱぁっと は擬態語??擬音語??

花火がぱぁっと開いた。
という一文のぱあっとは擬態語ですか??それとも擬音語ですか??

擬音語と擬態語の区別がうまくできません。
擬音語は音とか声をあらわすもので、擬態語は様子をあらわすものですよね。
でもややこしいものも中にはあると思います。
簡単な見分け方があれば教えてください。
あと、擬音語、擬態語はすべて副詞になるのでしょうか??

知識があまりない中、文法の勉強をしています。
よきアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。10/29のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<花火がぱぁっと開いた。という一文のぱあっとは擬態語ですか??それとも擬音語ですか??>

擬態語になります。

1.理由は、花火が開いた時、「ぱぁっと」という音はしないからです。

2.「花火がパー-ンと開いた」だと、そう聞こえますから、擬音語と判断できます。


ご質問2:
<擬音語は音とか声をあらわすもので、擬態語は様子をあらわすものですよね。>

おっしゃる通りです。

1.擬音語は擬声語とも呼ばれ、自然現象の音にまねて作った語のことです。
例:
コケコッコ-、メェメェ

2.擬態語は物事の状態・様子をそれらしく表した語です。
例:
にこにこ、べったり

3.見分け方は、「そう聞こえるか」否かで、意外と簡単です。同じ表記でも、それが「音声」を表せば擬音語になり、「様態」を表せば擬態語になります。
例:
(1)擬音語:
「車のクラクションが、ぱぁっと鳴った」
そう聞こえたわけですから、擬音語になります。

(2)擬態語:
「花がぱぁっと散った」
花が散るのに、そう聞こえませんから擬態語になります。


ご質問4:
<擬音語、擬態語はすべて副詞になるのでしょうか??>

必ずしも副詞とは限りません。

1.例えば、「はぁっと」は副詞ですが、これは引用を表す格助詞「と」が接続して、初めて副詞の働きになります。

2.「ぱぁっ」だけでは、「感嘆詞」「間投詞」とも取れるのです。
例:
(1)感嘆詞:
ビールをひと飲みして、
「ぱぁっー!やっぱりビールはうまい!」

この「ぱぁっー」は「プハァー」などと同じ、美味しい感動を表す「感嘆詞」になります。

(2)間投詞:
話し始めた赤ちゃんが「パパ」と呼ぼうとして、
「ぱぁっ、ぱぁっ」

この「ぱぁっ」は、パパに対する呼びかけとして、「間投詞」となるわけです。


以上ご参考までに。

こんにちは。10/29のご質問ではお返事を有難うございました。

ご質問1:
<花火がぱぁっと開いた。という一文のぱあっとは擬態語ですか??それとも擬音語ですか??>

擬態語になります。

1.理由は、花火が開いた時、「ぱぁっと」という音はしないからです。

2.「花火がパー-ンと開いた」だと、そう聞こえますから、擬音語と判断できます。


ご質問2:
<擬音語は音とか声をあらわすもので、擬態語は様子をあらわすものですよね。>

おっしゃる通りです。

1.擬音語は擬声語と...続きを読む

Q「理科の”良い”授業の条件」について書かれた文献を探しています。ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体的にどのような授業であれば「科学的な見方や考え方を養う」ことができるのでしょうか。
たとえば、「取り扱う内容が一般的である」とか、「児童が応用していく余地がある」とかいったような(上述の社会科授業評価の観点がこんな感じでした)、”良い”授業の条件のようなものはないのでしょうか。そしてそういった観点についての到達度で理科の授業を評価する方法はないのでしょうか。

「理科 授業評価」で検索をかけても、大学講義の授業評価についてばかりがヒットしてしまいます。少し理科教育学の文献を調べても見たのですが、児童に対する評価法(これも間接的に授業評価につながるといえばそうなのですが)しか載っておらず、なかなかお目当ての話にたどり着けません。

キーワードだけでも教えていただければ幸いです。よろしくお願いします

お世話になります。初等教員養成系の学部3年生です。
教育実習を通して、授業の善し悪しについて客観的な観点が欲しいな、と感じました。
そこで、いつかの社会科教育法の講義で、社会科の授業評価の観点について(残念なことに詳細を覚えていません。社会認識形成がなんたら・・・とか言っていた気がするのですが・・・)学んだことを思い出したのですが、その理科バージョンを探しています。

理科の”良い”授業とは、一口に言ってしまえば、理科の目標をできるだけ達成した授業ということになりますが、具体...続きを読む

Aベストアンサー

以下のような小学校などと限定する検索で、いくつかの試みが見つかるかと思います。

ちょうど、ベネッセの書籍で、『移行措置対応のポイント 第3回 子どもが主体的に考える理科の指導』という特集がなされています。

情報誌ライブラリ(小学校向け) - Benesse教育研究開発センター
http://benesse.jp/berd/center/open/syo/index.shtml

授業評価シート - 宮城県登米市立北方小学校
http://www.cms-school.jp/kitakata/index.cfm/6,286,15,34,html

小学校 "授業評価" - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E5%B0%8F%E5%AD%A6%E6%A0%A1+%22%E6%8E%88%E6%A5%AD%E8%A9%95%E4%BE%A1%22&lr=

Q擬態語が擬態語として成立する条件とはどういうものでしょうか。日本語に擬

擬態語が擬態語として成立する条件とはどういうものでしょうか。日本語に擬態語が多いとよく言われますが、自分も日常随分使っています。擬態語というのは副詞(句?)が多いのかと思いますが、ほかの人が使っている状況を知らなければ適切に使えないと思います。自分はそのような現場を覚えていないわけですが、どうやって使えるようになったか不思議に思います。このことと関連してどういう人がどういうところで使い始めて擬態語として定着できたのかも知りたいと思います。

Aベストアンサー

#1、#3 です。連続ですみません。
#3の続き
~ケースも多そうですね。

「音と関係ない擬態語」にこだわって語源をお知りになりたいのであれば、
もう少し具体例を挙げていただくと助かります。

でも「チュートリアルの徳井はシュッとしてる」と言われて今は私も適切か適切でないかがわかりますから、言葉を身につけるって不思議ですね。大阪以外の人は字面だけ見てもさっぱりニュアンスが伝わらないものなのでしょうか。

Q“~と”、“~だら”、“~なら”

“~と”、“~だら”、“~なら”の前にそれぞれ動詞の基本形と過去形を使って,条件を表すですが、この三つ助詞はどこは違うですか?
 日本語を勉強してる私に教えて下さい。

Aベストアンサー

まず助詞の前に来る動詞の形が
‘と’の前は動詞の基本形(現在終止形)
‘たら’の前は動詞の連用形(テ接続の連用形)
‘なら’の前は動詞の基本形、過去終止形になります。
基本的にはすべて条件、仮定を表します。
しかし、
学校に行くと、友達に会った。
学校に行ったら、友達に会った。
学校に行くなら、友達に会った。→友達に会える
学校に行ったなら、友達に会った。→友達に会ったのに
のように‘なら’の後ろには過去形がきません。(‘のに’が省略される場合を除く)これは‘なら’が 条件より仮定の意味が強いからです。
次に
学校に行くと、ご飯を食べなさい。(非文)
学校に行ったら、ご飯を食べなさい。行った後に食べろ
学校に行くなら、ご飯を食べなさい。行く前に食べろ
学校に行ったなら、ご飯を食べなさい。行った後に食べろ
‘と’の後ろには命令形がきません。たら、過去+ならの場合は前文の行動の後に後文の行動を命令し、基本形+ならの場合は前文の行動の前に後文の行動を命令します。‘と’は仮定よりも条件(時間的前提)の意味が強いからです。
 最後に
お金を入れると、ジュースが出てくる
お金を入れたら、ジュースが出てくる
お金を入れるなら、ジュースが出てくる
お金を入れたなら、ジュースが出てくる
は、すべて同じ意味と考えてもさしつかえありませんが、ニュアンスの違いがそれぞれの助詞の意味の違いによって感じられます。

まず助詞の前に来る動詞の形が
‘と’の前は動詞の基本形(現在終止形)
‘たら’の前は動詞の連用形(テ接続の連用形)
‘なら’の前は動詞の基本形、過去終止形になります。
基本的にはすべて条件、仮定を表します。
しかし、
学校に行くと、友達に会った。
学校に行ったら、友達に会った。
学校に行くなら、友達に会った。→友達に会える
学校に行ったなら、友達に会った。→友達に会ったのに
のように‘なら’の後ろには過去形がきません。(‘のに’が省略される場合を除く)これは‘なら’が 条件より仮定の意...続きを読む

Q言語相対論の観点からの擬音語擬態語

検索してもわかりませんでしたので、質問させていただきます。
日本語には外国語に比べ3倍ほどの擬音語、擬態語があるといわれているそうです。そもそも日本語に擬音語、擬態語が多いのは日本語には、母音と子音を組み合わせたたさんの音があるからなのでしょうか?
そこのところを詳しく教えていただけませんでしょうか?どこかの質問では包丁できる時の擬態語、トントンは英語ではchop chopがいいとありましたが。。

日本人の思考と擬声語の因果関係を言語相対論の観点から知りたいです。お願いいたします。

Aベストアンサー

擬音語、擬態語が多いのは日本だけではありません。韓国語、インドネシア語なども日本語に負けないくらい豊富にあります。確かに、英語の擬音語、擬態語よちも少ないと思いますし、フランス語だと英語よりも少なくなります。でも、漫画なんかを読むと辞書にも載っていないような様々な擬音語、擬態語が登場します。また、一般的な傾向として、子供より大人、くだけた会話より改まった会話では使用頻度が少なくなりますが、日本語はいずれにしても 英語よりも 漫画などを除けば 遥かに多く使いますね。

日本語に擬音語、擬態語が多いのは 音韻的なものより、文法的なものに負うことと、感覚的なものを表現するのを好む傾向が強いというのもあるでしょう。ですから 日本語では容易に擬音語、擬態語を文章の中に入れやすいですね。英語だと論理的な表現を好むので、もともと擬音語、擬態語である単語も 動詞や形容詞として取り込まれ 淘汰されたと考えられます。clickという単語も もとは 擬音語です。

それから こういう問題は Japanese onomatopeiaなどをキーワードにして英語のページを検索した方が 的確なヒントが得られるかもしれません。

擬音語、擬態語が多いのは日本だけではありません。韓国語、インドネシア語なども日本語に負けないくらい豊富にあります。確かに、英語の擬音語、擬態語よちも少ないと思いますし、フランス語だと英語よりも少なくなります。でも、漫画なんかを読むと辞書にも載っていないような様々な擬音語、擬態語が登場します。また、一般的な傾向として、子供より大人、くだけた会話より改まった会話では使用頻度が少なくなりますが、日本語はいずれにしても 英語よりも 漫画などを除けば 遥かに多く使いますね。

日本語に...続きを読む

Q友人から観葉植物を頂いたのですが、くれた本人も名前が分からず、困っています。御存知の方が、いらっしゃ

友人から観葉植物を頂いたのですが、くれた本人も名前が分からず、困っています。御存知の方が、いらっしゃいましたらご回答願います。また、原産地や育て方等も教えて頂けると助かります

Aベストアンサー

汚くて(失礼)よくわかりませんが、マハラジャ?
http://www.bloom-s.co.jp/kanri-sabo/mahara.htm

Q擬音語擬態語

食べる表現で使われる「むしゃむしゃ」は擬音語なのか擬態語なのかわからなくなりました。

実際の音の聞きなし
→擬音語
音のないものの表現
→擬態語
と習いました。
そうすると「むしゃむしゃ」はどちらに入るのでしょうか。

Aベストアンサー

食べるときに「むしゃむしゃ」という音がするわけではないので擬態語です。

「しんしん」と降る雪などと同様です。

Q“有給”と“有休”

有給休暇の省略は“有給”ですか?“有休”ですか?自信がある方が教えて下さい。

Aベストアンサー

有給(お給料の支払われる)+休暇(休み)ですので、
省略すると『有休』になると思います。

Q擬態語や擬声語(がやがや、うとうと、げらげらのような言葉)の勉強方法

いつもお世話になっております。

日本語の中に擬態語や擬声語(がやがや、うとうと、げらげらのような言葉)が多いです。日本人はどのように擬声語と擬態語を習得するのでしょうか。学校で教わるのか、それとも日常生活の中で他人の使い方を真似して身に付けるのでしょうか。何かいい勉強方法があるのでしょうか。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。おもしろい質問ですね。私も外国語を勉強するとき、擬態語、擬声語が一番難しいです。感覚を表現するものですから、連想しにくいからでしょう。習得ですが、もちろん日常生活のなかで身につけていきます。中国人だって中国語の擬態語、擬声語を学校で勉強するわけではないでしょう?

擬態語には、ある程度、傾向がありますので、すこし書いておきますね。

母音 イ段音:速い運動 ア段音、オ段音:遅い運動 エ段音:品がよくない
子音 k,t:堅い m:やわらかい s:摩擦感 p:抵抗感がない、俗語的 h:抵抗感がない、文章語的 r:流動 g,z,d,b:大きい、重い、鈍い、汚い

重複:反復、連続性:コロコロ、ペタペタ
+ッ:瞬間性、すばやさ、一回性:コロッ、ペタッ
+ン:軽やかさ、リズミカル、強さ:コロン、ペタン
+リ:滑らかさ、少しゆったりした感じ:コロリ、ペタリ
清音と濁音の対立
清音:小さい、軽い、鋭い、美しい:コロコロ、ペタペタ、サラサラ、キラキラ、パタン
濁音:大きい、重い、鈍い、汚い:ゴロゴロ、ベタベタ、ザラザラ、ギラギラ、バタン

こんばんは。おもしろい質問ですね。私も外国語を勉強するとき、擬態語、擬声語が一番難しいです。感覚を表現するものですから、連想しにくいからでしょう。習得ですが、もちろん日常生活のなかで身につけていきます。中国人だって中国語の擬態語、擬声語を学校で勉強するわけではないでしょう?

擬態語には、ある程度、傾向がありますので、すこし書いておきますね。

母音 イ段音:速い運動 ア段音、オ段音:遅い運動 エ段音:品がよくない
子音 k,t:堅い m:やわらかい s:摩擦感 p:抵抗感がない...続きを読む

Q“かわいい”と“かわいそう”???

おいしい感じに見えることを日本語で「おいしそう」って言いますよね?
良く見えることを「良さそう」って言いますよね?
だったら「かわいく思われる」ことを何と言うんですか?
「かわいそう」だったら全く意味が変わりますよね?
どうして「かわいそう」だけそんな不規則的なんですか?

Aベストアンサー

す、すいません、補足回答です。たびたびすんません。

「かわいい」は「かわゆい」が転じた新しい語だそうです。
「顔はゆし」(=顔がほてるような気持ちだ)→「かわゆし」→「かわいい」と変化していった、という説があります。

見てるだけで顔が赤くなるくらい恥ずかしい
   ↓
まともに見ていられないほど、相手をいたいたしく思う
   ↓
自分より弱い立場にある者を保護したい、守りたい気持ちになる
   ↓
小さくて頼りない様子をプリティーだなと思う

転じていく意味はこんな感じかしら。
ということで、「可愛い」「可愛そう」「可哀相」「可哀想」「可愛そう」は、
新潮国語辞典・広辞苑・新明解国語辞典にあたってみたところ、
すべて当て字(借字)とされているようです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報