Win2000でイラレを使用していますが、突然効果の中のぼかし以下の機能が
表示されなくなり、作成済みのファイルも効果をかけてある部分は変更など
できません。Plug-inが見当たらないといったエラー表示がでるのですが、
Plug-inファイルはちゃんと存在しています。どなたかアドバイスをよろしく
おねがいします。

A 回答 (2件)

あれこれ試すよりも再インストールが手っ取り早いかもしれませんね^^;)。


お役に立てませんでしたm(_._)m。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すみませんでした。どうもありがとうございました。人間あきらめもカンジン…。

お礼日時:2001/11/27 15:15

一応確認なのですが、環境設定でプラグインのフォルダを指定する場所がありますが、これと実際にある場所は合っていますか?

この回答への補足

場所は間違ってませんでした。どうも無理っぽいのでやはり再インストールしかないかと思っています。

補足日時:2001/11/27 12:18
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qイラレで普通のぼかしとスタイライズのぼかしの違い

イラレで、「効果」のところに
photoshop効果→「ぼかし」という項目と、illustrator効果→「スタイライズ」の中にある「ぼかし」
と同じものが2種類ありますが、これの違いを教えて下さい。

Aベストアンサー

photoshop効果→「ぼかし」←画像全体をぼかす等。
illustrator効果→「スタイライズ」の中にある「ぼかし」←輪郭部分だけをぼかす。
写真なのか図形なのかによる違いも有ります。
単色ベタ塗りの図形の場合は違いが判り難いです。

QイラレCSのぼかし効果を使用しましたが、関係無い場所におかしな影が見えます。

イラレのCSでB2サイズの書類を作成し、その際に効果→ぼかしを使ったのですが、(その際のラスタライズでの解像度は72)その書類を違うパソコンで開くと画面に四角の角がぼけたような妙な影が出ます。(印刷にもです)解像度の違いからかと思い私の方で解像度を300に設定しなおしてもう一度開いたのですが、私のモニター、出力とも影は見当たりません。この違いは何故おこるのでしょうか?分かる方がいましたらお教えください。

Aベストアンサー

ぼかしをかけたのは文字ですか?

以前一度経験したのですが、他人からもらったテキストデータを使って制作していた時に「見えていない文字」に(改行コードかスペースのコード違いか、何かはわからない)ドロップシャドウがかかったことがあります。(何も無いところにシャドウだけが表示されていた)

そういうことに近いですか?
だったら余計なものを削除。もしくはスペースを打ち直しとかでいいんですけど・・。

全然見当違いだったらごめんなさい。

「何故起こるか」ということですが、「そういうもんなんでしょう」という回答しかできないデス。
解像度72だとボケ足が長いようですね。
高解像度だと隠れていたのが、「はみ出した」っていうようなイメージでしょうか。

試しに何かをぼかして(ぼけ方をいろいろ変えて)解像度を変えてみて、違いをご自分で試されてみてください。

QイラレCSで保存したファイルがイラレ10で開けない

環境はWindowsです。

パンフレット作成のため、フォトショップCSでデザインし、イラストレータCSにレイアウトして(貼り付けて)ファイル保存(拡張子ai)しました。
そのファイルを知人に送り、開こうとするとイラストレータが落ちます。(勝手に終了してしまう)
知人のイラストレータのヴァージョンは10です。
イラストレータCSはヴァージョン的には、11だと思うのですが、イラストレータCSで作成保存したファイルは、10以下では開けないのでしょうか?

ちなみに、イラストレータCSの方に、10とかのヴァージョンで保存できるような保存オプションはないようです。
これはもう、ヴァージョン違いということであきらめるしかないのでしょうか?

どなたか詳しい方、教えてくださいませ。

Aベストアンサー

>イラストレータCSの方に、10とかのヴァージョンで保存できるような保存オプションはないようです。
いえいえ、ありますよ~。
「保存」ではなくて「書き出し」だったかな、そこから形式を昔のイラストレーターにすればちゃんと下位バージョンで保存出来ます。
頑張って下さい。

Q効果→スタライズ→ぼかし の設定

Illustrator10.0.3を使っています。
 効果→スタライズ→ぼかしを使用し、文字(アウトライン済み)・画像に適用させようと思うのですが、
 看板などの大きいサイズでアートボードを作成した場合、効果→スタライズ→ぼかしでの文字・画像が適応になりません。
 文字・画像がアートボードいっぱいの大きさで適応させる方法はないでしょうか?
 印刷可能範囲(点線で表示)内であれば適応されていると思うのですが、書類設定・用紙設定での設定をしてもうまくいきません。
 ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大きな文字・画像はぼかせないようですね~?
ぼかせる大きさで「ぼかし」を適用して選択>オブジェクト>ラスタライズ>カラーモード、CMYK・解像度で「高解像度」・背景で「透明」にチェック>OK>看板サイズに拡大。
でどうでしょうか?

QIllustrator 効果ぼかしで黒ずむ

IllustratorCSを使っています。
書類のラスタライズ効果設定は、RGB、高解像度300ppi、背景は透明、アンチエイリアスとクリッピングマスクはチェックを外しています。
オブジェクトをラスタライズしてぼかし(ガウス)を適用すると、オブジェクトの縁が黒っぽくなってしまいます。半径のpixelをあげていくと余計に黒い部分が多くなります。なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか? 解決方法を教えてください。
ラスタライズしなければ作業画面上は黒っぽくなることはないのですが、ぼかし(ガウス)を適用する場合ラスタライズしなければならないと本で読みました... その必要性も教ええいただけますでしょうか? よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。

>ぼかしが大きくなるほど、りんごのバウンディングボックス(ビットマップ画像の場合、バウンディングボックスとはよばないのかもしれませんが...)の部分で、ぼかしが切れたようになりました... 

オブジェクトの大きさで、マスクがかかってしまうというか、切れてしまうんですよね。

>そこで、りんごの背景に線も塗りもない四角を大きめに配置してりんごとグループ化し、ラスタライズしてぼかすと、りんご全体をキレイにぼかすことが出来ました! 自分が作成したオブジェクトについても、同じ方法で黒い部分を消すことが出来ました! 画像の縁まできれいにぼかすためには、このような方法をとらなければならないということなのでしょうか?

りんごよりも大きな四角を基準にぼかしのフィルタが適用されたため、リンゴのぼかしは切れずに、きれいに全部出たんですね。さすが!
ご自分で作成したオブジェクトについても同じ手順でラズタライズする必要がありますます。ただ、大きな四角のオブジェクト以外がグループ化されていれば、そのオブジェクト群と大きな四角をグループ化する必要は無いと思います。色のあるオブジェクトはグループ化されて固まっていて、四角は色がないので、色のあるオブジェクトが単独でぼかしの影響を受けて変なぼかしになることは無いと思います。ひと手間減りますね。

もう一つ方法があります。「ラスタライズ」ウインドウの一番下に「オブジェクトの周囲に※※mm追加」、という項目があります。
ラスタライズする際に、ぼかしで外側に広がりそうな長さの数値(大体で・・)を入れてOKすると、その数値の分、周囲に透明部分が追加されたラスタライズ画像が出来上がります。
出来上がった画像は手作業で周囲に四角を作ってラスタライズした画像と同じです。
どちらか作業しやすい方で作品を作っていくのが良いのではないでしょうか。

※補足
ラスタライズの「オブジェクトの周囲に※※mm追加」に似た設定で、効果→ドキュメントのラスタライズ効果設定にも「オブジェクトの周囲に※※mm追加」というのがあります。
効果の方はドキュメント全体に与える設定ですから、後で数値を変えると先にぼかし(ガウス)などを適用していたオブジェクトの外側の長さも変わってしまいます。
この項目は効果のフィルタすべてに関与するわけではありませんが、使うときは注意してください。
ちなみに僕は後からオブジェクト周囲の長さを調節することが多いので(プリントして見ると、結構ぼかしが切れていたりする)、操作性を犠牲にして効果を使っています。

No.1です。

>ぼかしが大きくなるほど、りんごのバウンディングボックス(ビットマップ画像の場合、バウンディングボックスとはよばないのかもしれませんが...)の部分で、ぼかしが切れたようになりました... 

オブジェクトの大きさで、マスクがかかってしまうというか、切れてしまうんですよね。

>そこで、りんごの背景に線も塗りもない四角を大きめに配置してりんごとグループ化し、ラスタライズしてぼかすと、りんご全体をキレイにぼかすことが出来ました! 自分が作成したオブジェクトについて...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報