動物より植物の方が(種間)雑種を生じやすい
ですよね?
具体的にどうしてなのかわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

植物が雑種を生じやすい原因はいくつかあるかもしれませんが、


異質倍数体(二つ以上の異なるゲノムが組み合わさって生じる倍数体)を
作れることが原因の一つとして挙げられるかもしれません。

例えば、アブラナ科植物のゲノム構成について、
ナタネ(2n=20;AA)、クロガラシ(2n=16;BB)、キャベツ(2n=18;CC)
ですが、これらの雑種は、
カラシナ(2n=36;AABB)、アビシニアガラシ(2n=34;BBCC)、セイヨウナタネ(2n=38;AACC)
となります。
また、コムギ(2n=42;AABBDDの異質六倍体)も、
マカロニコムギ(2n=28;AABB)とタルホコムギ(2n=14;DD)の組み合わせで生じたそうです。
なぜ、このような雑種が出来るかについては、勉強不足で、私には分かりません。

本当なら、種の定義について考慮する事から始めた方がいいかも知れませんが・・・。


>動物(人間も含む)もけっこう雑種(混血)が多いですよ
ヒトに関していえば、種はホモ・サピエンスだけあり(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=160915)、
人種間の混血では「雑種を作る」とは言わないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>本当なら、種の定義について考慮する事から始めた方がいいかも知れませんが・・・。
「種の定義」がいつか確立されるといいですよね。

お礼日時:2001/11/26 10:05

セリ科植物のように、或いは、タデ科の一部のように他家受粉しかしないものがあります。

つまり、自分の花粉では受粉できないものもあるのです。
そういう種類では自分の花粉が自分のめしべについても受粉できず、他の花からの花粉がついたときだけ実を結ぶことができるのですネ。
そうすると、雑種ができる可能性が高くなるというのも一つの理由です。

植物の学名は2名式になっています。
それに対して動物の学名は3名式ですネ。
これは分類方法として便宜上決められたというのではなく、種の違いを検討した結果なのですネ。
植物の場合、もともとが種の違いが動物よりも大きな範囲に収まっているということなのでしょう。
動物では、ようするに3段階の一致がないと継続した形質を持つ雑種ができないのに対して、植物では2段階の一致だけで雑種ができるのですネ。
少し、ややこしかったでしょうか?
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
それから、
動物のばあいは、行動的隔離や機械的隔離もあるので
交配が起こる前に雑種形成を妨げるということも理由になりますか?

お礼日時:2001/11/26 10:12

 


  植物が、花粉によって繁殖し、風や昆虫を媒介に交配するので、雑種が多いというのは、もっともらしく思えますが、本当なのだろうかという疑問を抱きました。純粋な種を取る(保存)するには、かなり厳重にコントロールしないと、近所の近縁植物とのあいだの雑種ができるというのはよく分かります。稲の栽培などで、品種改良の場合、こういう雑種のでき方が大いに問題となる訳で、必要な交配を行って、関係のない交配は避けるよう細心の注意を払っているとも言えます。
 
  しかし、ちょっとおかしいのではないかと思ったのは、植物の花粉はかなりな距離飛ぶ訳で(1キロメートルぐらいは飛ぶでしょう)、そうすると、容易に雑種が生まれるとすると、雑種だらけになって、純粋種などすぐになくなってしまうような気がしますが、別に人がコントロールしていないのに、自然界では、或る固有の種が純粋なまま、長期間存続しています。植物の種類による棲み分けなどが行われ、無闇な交配が生じなくなるということかも知れませんが、だとすると、植物の雑種が多いという話は、検討する必要が出てきます。
 
  「動物」というと、かなり高等な動物を念頭されているのではないでしょうか。例えば、哺乳類とか鳥類、魚類、爬虫類などです。しかし、地球上の動物界で一番種が多いのは、節足動物の昆虫の類で、種の半分以上は昆虫だという話もあったはずです。
 
  わたしは生物が専門ではありませんので(では何が専門家といえば、実は何もありませんが、それはとまれ)、よく分からないのですが、動物と植物という時、比較の念頭においているのが、動物は高等動物、植物は、下等とは言いませんが、それほど生態系のピラミッドで上位にある訳ではない植物を念頭されているのではないかという気がします。
 
  雑草という草はないと天皇が言ったそうですが、草の類は、草食動物にかなり容易に食べられてしまいます。他方、ぶなや樫を食べる草食動物というのは聞きません。鹿などが樹皮を食べて、その結果、樹木が枯死するという話はありますが、樫やぶなや棕櫚を囓って、樹木ごと食べる動物というのは聞きません。(昆虫や寄生虫は囓りますが、これはむしろ、樹木に寄生・依存しているとも言えます)。
 
  他方、雑種を生じやすい植物として考えているのは、人間が品種改良のため、交配し易くした植物の変形か、または、環境を人為的に操作した結果、従来の植生を乱すような外来種の植物などが入って来て、それが、新しい環境で、種のヴァリエーションを広げているところが観察されているのではないのか、つまり、植物界のなかの、雑種ができやすい部分を見て、そういう印象が生じているのではないかという疑問が起こります。
 
  分かりませんが、植物にも、雑種を起こしやすい種類があり、動物にもあり、植物の類がたまたま目についているのだということではないでしょうか。昆虫などのあの多様さは、やはり、容易に雑種ができるから多数のヴァリエーションができるのだと考えないと理解できないからです。また植物も、人為的な影響があって、雑種が加速されているので、本来、そう交配が起こるものではないのではないかということです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 10:14

動物の雑種がどうして生まれるかはお分かりですね。

動物(人間も含む)もけっこう雑種(混血)が多いですよ。犬、猫などは大半が雑種です。

植物の場合はほとんどが花粉を媒体として増殖するため近くに近い種類の植物があれば雑種が生まれる可能性が大です。従って種を取るのを目的として栽培する場合は注意が必要で、花粉を運ぶ昆虫を遮断する温室などが必要となります。風に運ばれて受粉する種類の管理はもっと大変になります。

動物には相性があるが植物にはなさそうで、これも原因のひとつかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2001/11/26 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q複二倍体って???

再び、質問にまいりました。
複二倍体ってなんですか?
検索にはひっかかるんですが、複二倍体についての説明はなんか見つけられないんですよね~。
私が不甲斐ないだけなんですが、何分今テスト勉強中なモノで出来るだけ早く知りたかったので。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ネットで検索するより、本の一冊でも読んだ方が勉強になると思いますが?
テスト勉強なら、なおさらです。
もし大学生なら、植物育種学関連の本を読んで下さい。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=172978 の#3

異質三倍体のような奇数倍体を除けば、異質倍数体と複二倍体はほぼ同義です。

suiranさんの回答でも間違いではないと思いますが、
その回答では人為的な物に限られるとも読みとれます。
しかし、実際には、参考URLで挙げた、ナタネ、パンコムギ(他にタバコなど)のような自然倍数体でも、
構成ゲノムが複数のゲノムから成る場合は複二倍体と言います。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=172978

Qアポプラストとシンプラストの役割

こんにちは。
よくわからないので教えてください。
質問はしますが、継続して自分でも調べますので、「自分で調べて」などといった回答はご遠慮願います。

アポプラスト、シンプラストの構造は理解したのですが、物質の移動における役割がわかりません。
もちろん、物質を輸送するのはわかっています。

なので、アポプラストとシンプラストの使い分けと、
物質の移動における違いを教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 アポプラストでの輸送は、基本的には拡散および水の流れに乗った移動です。一方、シンプラストでの輸送は、(原形質膜と)原形質連絡を介した輸送です。原形質膜と、と書いたのは、細胞外にある物質がシンプラストで運ばれるには、はじめに原形質膜を介して細胞内に輸送される必要があるからです。
 ここで最も大きな違いは、物質の選択性だろうと思います。
 親水性の物質や無機イオンなどが原形質膜を通過するには、チャネルやトランスポーターの存在が必要なため、その細胞で発現しているそれらの種類によって、選択性が生じます。さらに、原形質連絡でも、最近では、物質の移動が制御されているらしいという話を聞きますから、ここでも選択性がある可能性は充分あります。
 植物の根には、アポプラスとで通過できないカスパリー線(不透膜/厚膜組織)が存在します。土壌中の物質は、拡散や水流によってカスパリー線の外側までは根に浸透します(アポプラスト)。しかし、このカスパリー線を乗り越えて根のより中心に移動し、ついには地上部まで到達するには、一度原形質膜を通過して細胞内に吸収されなければなりません(シンプラスト)。この機構によって、植物は、体内に吸収する物質の選択をしています。また、カスパリー線さえ越えてしまえれば、長距離の輸送では、拡散や水流に乗せたほう(アポプラスト)が早く且つ経済的に輸送しやすいかもしれません。
 これで回答になっていますか?眠いので乱雑な文ですみません。

 アポプラストでの輸送は、基本的には拡散および水の流れに乗った移動です。一方、シンプラストでの輸送は、(原形質膜と)原形質連絡を介した輸送です。原形質膜と、と書いたのは、細胞外にある物質がシンプラストで運ばれるには、はじめに原形質膜を介して細胞内に輸送される必要があるからです。
 ここで最も大きな違いは、物質の選択性だろうと思います。
 親水性の物質や無機イオンなどが原形質膜を通過するには、チャネルやトランスポーターの存在が必要なため、その細胞で発現しているそれらの種類に...続きを読む

QW/V%とは?

オキシドールの成分に 過酸化水素(H2O2)2.5~3.5W/V%含有と記載されています。W/V%の意味が分かりません。W%なら重量パーセント、V%なら体積パーセントだと思いますがW/V%はどのような割合を示すのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

w/v%とは、weight/volume%のことで、2.5~3.5w/v%とは、100ml中に2.5~3.5gの過酸化水素が含有されているということです。
つまり、全溶液100ml中に何gの薬液が溶けているか?
ということです。
w/v%のwはg(グラム)でvは100mlです。

Q三倍体とか倍数体がよくわかりません。

よろしくお願いいたします。
人の核相は2n=46ですよね。

倍数体はこれが3nになったりするということですか?
人がもしこうなれば体細胞分裂も減数分裂もどうなるの?
という感じですが、種無しスイカやパン小麦がなどの植物が
普通に生きているのが不思議です。
なぜでしょうか?

長い期間悩んでいます。
わかりやすい詳しいご解説やサイトを紹介してください
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

まず、倍数性とか倍数体といったときに、核相のこと(複相、二倍体の2nに対して配偶子のように単相、半数体のn、など)と、小麦や花卉などの場合のようなゲノムの倍化をさすをさす場合があるので、それを区別する必要があります。後者の場合は、たとえば小麦は6倍体ですが6nとは書かずに6xと書きます(高校生物程度の教科書では6nと表現されている場合もあるかもしれませんが、間違いであって、混乱のもとです)。6倍体であっても、複相の2nと単相(配偶子)のnがあります。6倍体小麦は染色体数が42本です。42本の染色体が、3種類の由来二倍体植物の染色体(それぞれ7対、14本からなる)からなっているので6xとなります。
つまり、2n=6x=42です
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8D%E6%95%B0%E6%80%A7

>倍数体はこれが3nになったりするということですか?
ありえますが、両性生殖する生物にはないと考えてください。理由は他の方が書かれているように、奇数なので減数分裂がうまくいかないからです。植物、とくに品種改良された作物や観賞用の花などは倍数性が多く、奇数倍数性で配偶子ができないものが多いです。接木、挿し木、球根などの栄養生殖で継代します。

しかし、奇数倍数性でも全く配偶子ができないというわけではありません。種なしスイカ(私が子供のころには、まだ出回っていました)でも、一個の中に何個かは種があったものです。
3倍体なので、減数分裂でそれぞれの染色体について2対1で分かれるか、1対2で分かれるかがランダムです。ある染色体は1本だけれどある染色体は2本あるとか、染色体ごとに倍数性がことなると正常に発生しません。しかし、たまたますべての染色体が一本ずつあるいは二本ずつに分かれれば、配偶子ができます。

まず、倍数性とか倍数体といったときに、核相のこと(複相、二倍体の2nに対して配偶子のように単相、半数体のn、など)と、小麦や花卉などの場合のようなゲノムの倍化をさすをさす場合があるので、それを区別する必要があります。後者の場合は、たとえば小麦は6倍体ですが6nとは書かずに6xと書きます(高校生物程度の教科書では6nと表現されている場合もあるかもしれませんが、間違いであって、混乱のもとです)。6倍体であっても、複相の2nと単相(配偶子)のnがあります。6倍体小麦は染色体数が42本です。42本の...続きを読む

Qパンコムギの倍数体について

2倍体である一粒コムギ(AA)とクサビコムギ(BB)が交雑して(AB)ができ、倍数化して、4倍体である二粒コムギ(AABB)ができて、これと、2倍体であるタルホコムギ(DD)が交雑したのち倍数化して、6倍体であるパンコムギができるという話なのですが、さっぱり話が分かりません。普通の遺伝とどこが違っているのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もしかしたら、「普通の遺伝」=「形質の遺伝」であるのに、
ここでは「ゲノムの遺伝」を取り扱っていることで混乱されていらっしゃるのでしょうか?
「普通の遺伝」が何を意味しているのか教えていただければ、問題点がもっとはっきりすると思いますが、
ここでは、ゲノムの遺伝と言うことで解説させていただきます。

2倍体なら、体細胞の染色体数は2nで表されることはご存じだと思います。
ここでnは染色体の数ですが、nをA、B、Dで表したと思えば分かり易いと思います。
(ただし、nは数であるのに対して、A、B、Dはグループの名前のようなものである点に注意)
A、B、Dは、ゲノム構成が異なるために異なるアルファベットで表しています。
A、B、Dはゲノム(染色体のセット)なので、それぞれに対して劣性のa、b、dがあるわけではありません。

一粒コムギの配偶子(胚のう細胞[A]と花粉[A])同志の組み合わせならA×AでAA、
同様にクサビコムギ同志ならB×BでBB、タルホコムギ同志ならD×DでDDです。

これが、一粒コムギの配偶子[A]とクサビコムギの配偶子[B]が組み合わさったのでA×BでABとなります。
ABが倍数化してAABBになれば、その配偶子のゲノムはABになります。これにタルホコムギの配偶子[D]が組み合わさってABDになり、
更に倍数化してAABBDDになってパンコムギになります。

異なるゲノム同志での交雑がなぜ起こるのかは、分かりません。
また、なぜ倍数化が起こったのかも分かりませんが、パンコムギの発生は推定BC5000年と古いので、
自然に突然変異を起こしたものと思われます。

もしかしたら、「普通の遺伝」=「形質の遺伝」であるのに、
ここでは「ゲノムの遺伝」を取り扱っていることで混乱されていらっしゃるのでしょうか?
「普通の遺伝」が何を意味しているのか教えていただければ、問題点がもっとはっきりすると思いますが、
ここでは、ゲノムの遺伝と言うことで解説させていただきます。

2倍体なら、体細胞の染色体数は2nで表されることはご存じだと思います。
ここでnは染色体の数ですが、nをA、B、Dで表したと思えば分かり易いと思います。
(ただし、nは数であるのに対し...続きを読む

Q突然変異処理

酵母を用いた実験を行いました。
野生株に変異処理をし、いろいろな変異株を分離するという内容でした。
変異処理の際、今回はEMS(エチルメタンスルフォネート)を使用しました。
ここで質問なのですが、EMSはどのようなメカニズムで変異誘発するのでしょうか?EMSはアルキル化剤で、DNA塩基の化学修飾をするようなのですが、具体的にどのようなものなのかを知りたいです。
どなたかご存知の方は教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

他にもあるのでしょうが
教科書的にはグアニンにエチル基をつけてエチルグアニジンにすることにより
グアニン―シトシンがアデニン-チミンにトランジションするといわれています。

http://mmg.uth.tmc.edu/webpages/faculty/supplements/dgarsin/DNAstructuredamage.ppt
の30p前後をごらんください。

参考URL:http://mmg.uth.tmc.edu/webpages/faculty/supplements/dgarsin/DNAstructuredamage.ppt

Q系統樹の読み方について

系統樹の読み方について


生物学の初心者です。


系統樹で、図の下の方にこのような図がありますが

|――――| 
 0.01

(解りにくくてすみません)

どういった意味か教えてください。


距離のことを示しているということはだいたいわかりますが、

なんの距離なんでしょう?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

おそらく図の説明文にスケールバーの説明はあるはずですが・・・

系統樹の種類によってスケールの正確な意味は変わってきます。
今回の場合,おそらく塩基配列かアミノ酸配列を利用した分子系統樹ではないでしょうか?
仮にそうであれば,スケールバーは「座位あたりの置換数」を意味するはずです。
(系統構築の方法によっては違う意味の場合もあり得なくはない)

つまり,系統樹上で枝の長さがスケールバーと同じ長さであれば,
その間に特定の座位で,0.01回の置換(塩基置換またはアミノ酸置換)が起こったと推定される,という意味です。
なお,普通は多数の塩基かアミノ酸情報を用います。
そうすると,例えば 1000 塩基の DNA 配列を用いたのであれば,スケールバーと同じ長さの枝の距離は 1000 x 0.01 で 10 塩基の置換が起こったと期待される進化的距離,ということになります。

注意が必要なのはこれはあくまで理論的な期待値だということです。
実際に 2 種の間が "0.01" の距離で隔てられていたからと言って 2 種の DNA 配列に 1000 塩基あたり 10 塩基の違いがあるとは限りません。
(系統樹作成時に様々な数学的補正がかかるためと思ってください)

この他にも系統樹を読み解くには落とし穴が色々とありますので,
一度なんらかの参考書を調べてみることをおすすめします。

おそらく図の説明文にスケールバーの説明はあるはずですが・・・

系統樹の種類によってスケールの正確な意味は変わってきます。
今回の場合,おそらく塩基配列かアミノ酸配列を利用した分子系統樹ではないでしょうか?
仮にそうであれば,スケールバーは「座位あたりの置換数」を意味するはずです。
(系統構築の方法によっては違う意味の場合もあり得なくはない)

つまり,系統樹上で枝の長さがスケールバーと同じ長さであれば,
その間に特定の座位で,0.01回の置換(塩基置換またはアミノ酸置換)が起こった...続きを読む

Q組み換え価の求め方なんですが。。。

組み換え価の求め方なんですが。。。
配偶子の種類がAB:Ab:aB:abで、その割合がn:1:1:nだったとき、組み換え価は (1+1)/(n+1+1+n)×100で求める、と書いてあるのですが、どうしてこういう式が導けるのかがよく分からなくて、、、
暗記するしかないんですか?どなたか教えていただけたら嬉しいです。。

Aベストアンサー

配偶子の種類がAB:Ab:aB:abで、その割合がn:1:1:nだったとき、どの配偶子が組換えの結果できた配偶子か分かりますか。少数の配偶子が組換えの結果できたものです。つまり、この場合にはAbとaBがそれに当たります。
減数分裂と染色体の乗換えの項を復習して下さい。ご質問のAB:Ab:aB:abのケースでは、AB:abが同数出来、Ab:aBも同数出来ますが、連鎖していたAB:abが多く、組換えの結果できたAb:aBが少ないことを理解しましょう。
AB:Ab:aB:abの比率はp:q:q:pになります。この比はp/q:1:1:p/qと同じですから、p/q=nとすればn:1:1:nになります。ここでp>qならpが連鎖でqが組換えですし、p<qならqが連鎖でpが組換えしたものです。この方がどれが連鎖していてどれが組換えの結果できたものか理解しやすいように思います。

組換え価とは次式で表されます。
組換え価=組換えの結果生じた配偶子数/全配偶子数×100(%)
ご質問のケースは組換えの結果生じた配偶子数は1+1で、全配偶子数はn+1+1+nですからご質問のような式になります。

蛇足ですが、ご質問者さんには何の責任もないことですが、配偶子の比をn:1:1:nで表す教育には賛成しません。あくまでもp:q:q:pが正しいと思います。

配偶子の種類がAB:Ab:aB:abで、その割合がn:1:1:nだったとき、どの配偶子が組換えの結果できた配偶子か分かりますか。少数の配偶子が組換えの結果できたものです。つまり、この場合にはAbとaBがそれに当たります。
減数分裂と染色体の乗換えの項を復習して下さい。ご質問のAB:Ab:aB:abのケースでは、AB:abが同数出来、Ab:aBも同数出来ますが、連鎖していたAB:abが多く、組換えの結果できたAb:aBが少ないことを理解しましょう。
AB:Ab:aB:abの比率はp:q:q:pになります。この比はp/q:1:1:p/qと同じですから、p/q=nと...続きを読む

Q原核生物と真核生物の違い

原核生物と、真核生物の違いについて教えてください(><)
また、ウイルスはどちらかも教えていただけると嬉しいです!

Aベストアンサー

【原核生物】
核膜が無い(構造的に区別出来る核を持たない)細胞(これを原核細胞という)から成る生物で、細菌類や藍藻類がこれに属する。

【真核生物】
核膜で囲まれた明確な核を持つ細胞(これを真核細胞という)から成り、細胞分裂の時に染色体構造を生じる生物。細菌類・藍藻類以外の全ての生物。

【ウイルス】
濾過性病原体の総称。独自のDNA又はRNAを持っているが、普通ウイルスは細胞内だけで増殖可能であり、ウイルス単独では増殖出来ない。



要は、核膜が有れば真核生物、無ければ原核生物という事になります。

ウイルスはそもそも細胞でなく、従って生物でもありませんので、原核生物・真核生物の何れにも属しません(一部の学者は生物だと主張しているそうですが、細胞説の定義に反する存在なので、まだまだ議論の余地は有る様です)。



こんなんで良かったでしょうか?

Qイネの発育ステージについて

こんにちは。

イネの発育ステージについて勉強しているのですが、
一箇所ちんぷんかんぷんな所があるので、どなたか教えてください。

イネの発育ステージには、最高分げつ期、幼穂形成期というステージがあります。

最高分げつ期は、その名の通り分げつ数が最大となるステージで、
その分げつ数は有効分げつ数+無効分げつ数となります。
また、このステージ以降は、無効分げつが枯死していき、
栄養成長が終了します。

一方、幼穂形成期は穂の原基を分化し、このステージ以降は生殖成長期に
なります。

また、イネでは栄養成長と生殖成長が重ならず、
栄養成長期と生殖成長期がガラリとシフトします。

さて、私は栄養成長のクライマックスともいえる最高分げつ期の直後に
幼穂形成期(生殖成長期の始まり)が開始されると理解しています。
しかし、教科書を読んでいると、幼穂形成期が出穂前約30日前、
最高分げつ期が幼穂形成期の10~15日前となっていました。
なぜこれだけ間が空くのでしょうか?

また、止葉の分化についてもどのタイミングで発生するのか、
合わせて教えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。

こんにちは。

イネの発育ステージについて勉強しているのですが、
一箇所ちんぷんかんぷんな所があるので、どなたか教えてください。

イネの発育ステージには、最高分げつ期、幼穂形成期というステージがあります。

最高分げつ期は、その名の通り分げつ数が最大となるステージで、
その分げつ数は有効分げつ数+無効分げつ数となります。
また、このステージ以降は、無効分げつが枯死していき、
栄養成長が終了します。

一方、幼穂形成期は穂の原基を分化し、このステージ以降は生殖成長期に
なります。

また...続きを読む

Aベストアンサー

詳しくはちゃんとした教科書をご覧になる必要がありますが、

最高分げつ期は、生育量の問題です。
例えば、稲の植え付け密度を多くすると、茎の数が早く増加しますので、普通より早い時期に最高分げつ期になります。
逆に植え付け密度が低いと遅くなります。

一方、止め葉の分化や幼穂形成期は発育段階の問題なので、気温や日長の影響によって時期が決まります。

両者は、別の要因で決まるので、どちらがどのくらい早いか遅いかは、それぞれの条件によって変化するのです。


人気Q&Aランキング