動物より植物の方が(種間)雑種を生じやすい
ですよね?
具体的にどうしてなのかわかりません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

植物が雑種を生じやすい原因はいくつかあるかもしれませんが、


異質倍数体(二つ以上の異なるゲノムが組み合わさって生じる倍数体)を
作れることが原因の一つとして挙げられるかもしれません。

例えば、アブラナ科植物のゲノム構成について、
ナタネ(2n=20;AA)、クロガラシ(2n=16;BB)、キャベツ(2n=18;CC)
ですが、これらの雑種は、
カラシナ(2n=36;AABB)、アビシニアガラシ(2n=34;BBCC)、セイヨウナタネ(2n=38;AACC)
となります。
また、コムギ(2n=42;AABBDDの異質六倍体)も、
マカロニコムギ(2n=28;AABB)とタルホコムギ(2n=14;DD)の組み合わせで生じたそうです。
なぜ、このような雑種が出来るかについては、勉強不足で、私には分かりません。

本当なら、種の定義について考慮する事から始めた方がいいかも知れませんが・・・。


>動物(人間も含む)もけっこう雑種(混血)が多いですよ
ヒトに関していえば、種はホモ・サピエンスだけあり(http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=160915)、
人種間の混血では「雑種を作る」とは言わないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

>本当なら、種の定義について考慮する事から始めた方がいいかも知れませんが・・・。
「種の定義」がいつか確立されるといいですよね。

お礼日時:2001/11/26 10:05

セリ科植物のように、或いは、タデ科の一部のように他家受粉しかしないものがあります。

つまり、自分の花粉では受粉できないものもあるのです。
そういう種類では自分の花粉が自分のめしべについても受粉できず、他の花からの花粉がついたときだけ実を結ぶことができるのですネ。
そうすると、雑種ができる可能性が高くなるというのも一つの理由です。

植物の学名は2名式になっています。
それに対して動物の学名は3名式ですネ。
これは分類方法として便宜上決められたというのではなく、種の違いを検討した結果なのですネ。
植物の場合、もともとが種の違いが動物よりも大きな範囲に収まっているということなのでしょう。
動物では、ようするに3段階の一致がないと継続した形質を持つ雑種ができないのに対して、植物では2段階の一致だけで雑種ができるのですネ。
少し、ややこしかったでしょうか?
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。
それから、
動物のばあいは、行動的隔離や機械的隔離もあるので
交配が起こる前に雑種形成を妨げるということも理由になりますか?

お礼日時:2001/11/26 10:12

 


  植物が、花粉によって繁殖し、風や昆虫を媒介に交配するので、雑種が多いというのは、もっともらしく思えますが、本当なのだろうかという疑問を抱きました。純粋な種を取る(保存)するには、かなり厳重にコントロールしないと、近所の近縁植物とのあいだの雑種ができるというのはよく分かります。稲の栽培などで、品種改良の場合、こういう雑種のでき方が大いに問題となる訳で、必要な交配を行って、関係のない交配は避けるよう細心の注意を払っているとも言えます。
 
  しかし、ちょっとおかしいのではないかと思ったのは、植物の花粉はかなりな距離飛ぶ訳で(1キロメートルぐらいは飛ぶでしょう)、そうすると、容易に雑種が生まれるとすると、雑種だらけになって、純粋種などすぐになくなってしまうような気がしますが、別に人がコントロールしていないのに、自然界では、或る固有の種が純粋なまま、長期間存続しています。植物の種類による棲み分けなどが行われ、無闇な交配が生じなくなるということかも知れませんが、だとすると、植物の雑種が多いという話は、検討する必要が出てきます。
 
  「動物」というと、かなり高等な動物を念頭されているのではないでしょうか。例えば、哺乳類とか鳥類、魚類、爬虫類などです。しかし、地球上の動物界で一番種が多いのは、節足動物の昆虫の類で、種の半分以上は昆虫だという話もあったはずです。
 
  わたしは生物が専門ではありませんので(では何が専門家といえば、実は何もありませんが、それはとまれ)、よく分からないのですが、動物と植物という時、比較の念頭においているのが、動物は高等動物、植物は、下等とは言いませんが、それほど生態系のピラミッドで上位にある訳ではない植物を念頭されているのではないかという気がします。
 
  雑草という草はないと天皇が言ったそうですが、草の類は、草食動物にかなり容易に食べられてしまいます。他方、ぶなや樫を食べる草食動物というのは聞きません。鹿などが樹皮を食べて、その結果、樹木が枯死するという話はありますが、樫やぶなや棕櫚を囓って、樹木ごと食べる動物というのは聞きません。(昆虫や寄生虫は囓りますが、これはむしろ、樹木に寄生・依存しているとも言えます)。
 
  他方、雑種を生じやすい植物として考えているのは、人間が品種改良のため、交配し易くした植物の変形か、または、環境を人為的に操作した結果、従来の植生を乱すような外来種の植物などが入って来て、それが、新しい環境で、種のヴァリエーションを広げているところが観察されているのではないのか、つまり、植物界のなかの、雑種ができやすい部分を見て、そういう印象が生じているのではないかという疑問が起こります。
 
  分かりませんが、植物にも、雑種を起こしやすい種類があり、動物にもあり、植物の類がたまたま目についているのだということではないでしょうか。昆虫などのあの多様さは、やはり、容易に雑種ができるから多数のヴァリエーションができるのだと考えないと理解できないからです。また植物も、人為的な影響があって、雑種が加速されているので、本来、そう交配が起こるものではないのではないかということです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 10:14

動物の雑種がどうして生まれるかはお分かりですね。

動物(人間も含む)もけっこう雑種(混血)が多いですよ。犬、猫などは大半が雑種です。

植物の場合はほとんどが花粉を媒体として増殖するため近くに近い種類の植物があれば雑種が生まれる可能性が大です。従って種を取るのを目的として栽培する場合は注意が必要で、花粉を運ぶ昆虫を遮断する温室などが必要となります。風に運ばれて受粉する種類の管理はもっと大変になります。

動物には相性があるが植物にはなさそうで、これも原因のひとつかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2001/11/26 10:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q北海道産の小麦

北海道産の小麦を使用していることを売りにしているラーメン屋がありますが北海道産の小麦は果たして他の国産小麦や輸入小麦に比べて美味しいのでしょうか?
西山製麺の生ラーメンに北海道産の小麦を使用した麺と道外の小麦を使用した麺がありますが自分は道外の小麦を使用した麺の方が美味しく感じました。

Aベストアンサー

北海道でも小麦の品種改良が盛んに行なわれていて、カナダ産アメリカ産にせまる品種が次々と登場しています。いずれ近い将来北米産を超える品種もあらわれるでしょう。
http://cryo.naro.affrc.go.jp/mmr/mmrhp/wheat/wheat.htm

Q恐竜に雑種は存在しますか。同じ種なら交配ができると思うのですが、雑種の

恐竜に雑種は存在しますか。同じ種なら交配ができると思うのですが、雑種の恐竜という説明を見た事がありません。
柴犬とコーギーの雑種とか、犬の雑種のようにどちらの特徴もあるような雑種は存在するのでしょうか。図鑑を眺めていると、説明分がなければ違いが解らないような、でも。別の名前のついた恐竜が沢山いますが、それらは、雑種という可能性はないのでしょうか。
ひょっとしたら、常識がないだけかもしれませんが、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

雑種云々の時は、不稔性が雑種かどうか?というのが言われていますが、ヒヒの場合生息地によて
A,B,C と種が分かれているように見えて、A,Bでは不稔でない子どもが生まれ、B,Cでも不稔でない子どもが生まれるのにA,Cでは不稔になるというような例も報告されています。
このように、現生種でも種としての同定は生半可ではないようです。

一標本で一種を比定してしまうような恐竜では、「実は、同一種だった」というような事がママ生じており、図鑑で明確に別種としているようには、実は種は明快になっていない。

ちなみに犬の場合は、生物学的には全て同種です、あれほど外見が違っていても。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%88%E3%82%B6%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%82%B9

これなどが、実は同一種でした!という好例になります。
この場合、雑種云々ではなく、アパトサウルスが若年個体で先に命名されていて、後で命名されたのが、ブロントサウルスだったので、学名としてブロントサウルスが無くなったという例です。

雑種云々を言う前の段階であるという状況かと

雑種云々の時は、不稔性が雑種かどうか?というのが言われていますが、ヒヒの場合生息地によて
A,B,C と種が分かれているように見えて、A,Bでは不稔でない子どもが生まれ、B,Cでも不稔でない子どもが生まれるのにA,Cでは不稔になるというような例も報告されています。
このように、現生種でも種としての同定は生半可ではないようです。

一標本で一種を比定してしまうような恐竜では、「実は、同一種だった」というような事がママ生じており、図鑑で明確に別種としているようには、実は種は明快になっていない。
...続きを読む

Q冬小麦とは?

冬小麦とは「冬に種をまく小麦」、「冬に成長させる小麦」「冬に収穫する小麦」のうちどれのことでしょうか?

Aベストアンサー

麦は秋に種を播いて初夏に収穫するタイプと春に播いて秋に収穫するタイプがあります。前者を冬小麦、後者を春小麦といいます。
麦には播性といって、冬の寒さを経験しないと生殖生長に移行できない(種子をつくる)ものと、寒さを経験しなくても種子を生産できるものがあるため、寒さを必要とする度合いがあります。播性が強いと冬の寒さが沢山必要ですので、秋まきする必要があります。播性が弱ければ春まきしても種子ができます。
一般に日本では麦は秋まきしています。一部、北海道では春まき小麦もあります。

というわけで、mabodyさんの解答としては「冬に生長させる小麦」ということになるのでしょうか。

ちなみに、昔~しに習ったことを書いていますので、間違いがあるかも知れません。

参考URL:http://www.seifun.or.jp/know/syouhintisiki.html

Q動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、

動物が人間や他種の動物と言葉が通じるようになり、会話できたり、動物が普通に学校で義務教育を受けたり、人間や他の動物や同種の動物の友達とテニスしたり、映画館で映画観たり、動物がオリンピックに出られたり、動物が職業に就けるような夢の世界を作ったら、ノーベル賞は貰えますか?その他にも貰える賞等がありましたら教えてください。

Aベストアンサー

残念ながらそれが起こると大戦争が起き、知的生物は壊滅します。現在でも人種差別問題で町中で頻繁に人間が射殺されます。全ての知的生物が一瞬のうちに混ざるならともかく、群れを作って住む様になると互いに反目しあい耕地や水を取り合い、産業を取り合い、さらに騙し合い、兵器産業は戦争をあおります。最終的に核戦争になり齧歯類の様に地下で生き延びられる種族を残して地上は荒れ果てます。悪い事に、この齧歯類レベルの連中は直ぐに知的生物に戻ってしまうので、これを幾度繰り返すか分からないのです。言葉が通じ合わないから平和なのです。

Q小麦アレルギーの原材料について

小麦アレルギーと診断されたので現在、食卓から小麦を除去しています。

今日、納豆を食べようと手に取ったのですが
原材料の中に「小麦」と表記されていました。
予想ではタレに使用されていると思うのですが、納豆を製造するうえで
小麦を保存料として使ったりすることはあるのでしょうか?

酸味料(原材料の一部に小麦、大豆、さば使用)と書かれていました。
タレにのみ使用とわかればタレだけ使わないこともできるのですが・・。

どなたかアドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の知る限りでは、納豆の製造工程において小麦が使用されるという事は非常に考え辛いです。

現在普通に流通しているパック入りの納豆は、蒸した大豆を発泡スチロール容器に入れ、メーカー等で純粋に培養した納豆菌を霧吹きのように吹きかけた後、発酵に適した温度で保温する事により大豆から納豆へと変化(発酵)させていますので、納豆自体に小麦が含まれる可能性は非常に低いでしょう。

なお、納豆に付属するタレは blendersさん の予想通り、醤油製造の際に麦麹を使用する場合がほとんどですので「原材料の一部に小麦を含む」と考えてください。

ただし、その納豆を製造する工場でタレを同一工場内で製造している場合は、いわゆる混入(コンタミ)が発生することも考えられますので、より万全を期すため、その納豆のパッケージに記載されている「お客様相談センター」等へ確認の電話を入れるとより確実でしょう。

補足ですが、「タレ」と同様、納豆に付属する物として「カラシ」がありますが、こちらに関する情報は持ち合わせておりません。

電話確認の際、あわせてご確認されることを提案いたします。

長文、失礼いたしました。

私の知る限りでは、納豆の製造工程において小麦が使用されるという事は非常に考え辛いです。

現在普通に流通しているパック入りの納豆は、蒸した大豆を発泡スチロール容器に入れ、メーカー等で純粋に培養した納豆菌を霧吹きのように吹きかけた後、発酵に適した温度で保温する事により大豆から納豆へと変化(発酵)させていますので、納豆自体に小麦が含まれる可能性は非常に低いでしょう。

なお、納豆に付属するタレは blendersさん の予想通り、醤油製造の際に麦麹を使用する場合がほとんどですので「原材...続きを読む

Q植物は何故、種を運んでくれる動物がいることを知っているの?

種を運んでくれる動物が存在することを知っているかのように、植物は甘い果実や服にひっかかる種をつけているように思えますが、「進化」に脳は関係ないのでしょうか。

Aベストアンサー

最新の学説の立場からは、植物が動物の存在を知っているのではなく、
そういう性質をもった植物が生き残ってきたのだ、とされています。

Q白菜の漬物に小麦が含まれる理由

小麦アレルギーなので、できるだけ小麦を避けて生活しているのですが
最近、白菜の漬物にも小麦が含まれていることに気が付きました。
例えば以下の様な成分表示になっています。

胡瓜(国産)、漬け原材料(生姜、唐辛子、食塩)、調味料(アミノ酸等)、原材料の一部に小麦、大豆、りんごを含む

おそらく、調味料のアミノ酸等の項目で書かれていない材料に小麦が含まれていると思うのですが
具体的にどういう材料に小麦が含まれていると考えられるのでしょうか?
今後の食品選択にも影響してくるのでぜひ知りたいです。ご回答おねがいします。

Aベストアンサー

加工食品には実に様々な物質が含まれていますが、その由来物質の中からアレルゲン物質だけを全て取り除くことは非常に困難だそうです。
製造工程のあらゆる場面で消毒用として使用される食品添加用アルコールの由来原料には大豆が含まれています。

「小麦にいたっては多数の調味料に必ずといっていいほど含まれています」

Q植物と動物ってウイルスの型が違うんですよね?

人間の体内に植物や動物のウイルスはいっても無害なんですが?
尿とかで排出されるんですか?

Aベストアンサー

植物のウイルスは高い確率で無害でしょうが、絶対は無いでしょうね。
たぶん、人間の細胞内に入り込めず、免疫系なりそれ以前の各種酵素なりにバラバラに分解されることが多いだろうと思います。
動物のウィルスなら、例えば狂犬病ウィルスは犬やコウモリなどの動物も人間も感染するわけです。
インフルエンザウィルスなら、豚や鴨や鶏に感染した物が人間に感染することもあるわけです。
一方で、口蹄疫ウィルスは牛や豚などに大きな被害を与えますが、人間に感染するのは希なようです。
ケースバイケースです。

Q小麦の入った食品は禿げの原因になるか?

結婚後、夫の髪が残念なことに…!“ハゲる原因”になる「意外な食べ物」って?
http://woman.excite.co.jp/article/child/rid_ItMama_25570/

>ですが、実はその“小麦”がハゲの原因になっていることが多いのです!

>パン以外にも揚げ物にはパン粉や、てんぷら粉が付いていますし、サラリーマンのランチは時間がないので麺類をすすっと、毎日のように食べているパパも多いはず。そして間食の多くのお菓子にも小麦は知らず知らず入っています。

>ウイリアム・デイビスの著書『小麦は食べるな! 遺伝子組み換えの恐怖! 』によれば、小麦を摂取すると、セリアック病に似た炎症が皮膚に発生し、円形脱毛症になるそうです。炎症を起こした毛包は毛を支える力が弱まるので、毛が抜けてしまうとのこと。このようにして脱毛してしまった場合、小麦を食べ続ける限り毛は抜け続けるそうです。


このように書かれていますが、小麦の入った食品は禿げの原因になると思いますか?
小麦の入っている物は食べていますか??

Aベストアンサー

出た、ウイリアム・デイビス (^_^;

ウイリアム・デイビスが警鐘したのは1970年から1980年ごろの遺伝子組み換え小麦の事で、今はもうその小麦は作っていません。


で、アメリカ人の全員がハゲていますか??
パン食の外人全てがハゲていますか??????

Q生き物を動物か植物かに分けるとしたら虫は動物ですか?

生き物を動物か植物かに分けるとしたら虫は動物ですか?
動くのでやっぱり動物かな?と思いましたがあってますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 岩波国語辞典の動物の項の2番目にはこう書いてあります。

 人間以外の動物。特にけものや鳥など。

 質問者さんだけでなく、動物について、この辞書の記述のような、言い換えれば動物園に飼われているようなもの、
というイメージをお持ちの方は多いと思います。
 
>動くのでやっぱり動物かな?

 文字通り動き回るから動物という言葉ができたのでしょうが、
海の中には、ほとんど動かず、見たところ植物ではないかという姿をしている動物がいます。
 興味がおありでしたら、ホヤ、ウミユリ、ウミシダ、サンゴ虫で検索をかけてみてください。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報