あさのあつこ著の「バッテリー」を最近読んだのですが、おもしろくってはまってしまいしました。
文庫本でIIIまでは買ったのですが、続きを読みたいので教育画劇から出されているのを買おうか迷い中です。
全6巻まで文庫本化されるのでしょうか?
全巻出るまではかなり時間がかかりますよね?

A 回答 (1件)

IV巻は12月25日に発売が決まっています。


尚、7月に角川の営業部の方に聞いたところ、出版元との関係で単行本と文庫の発売期間はある程度あける配慮が必要なので、最終巻6巻までの発売にはそれなりの時間がかかるとのことでした。ただし3巻にあったように文庫では書き下ろしの読み切りをつけて頂けるように交渉していく予定のようです。どうなったかは知りませんが7月の時点では4巻にも読みきりをつけたいと営業部ではいっていましたし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます!
IV巻は12月25日ですか…、全巻揃うまで先は長いですね。
先日、図書館にも行って見てきたのですが、
今人気があるらしく4~はすべて貸し出し中で予約も入ってました。
とりあえずIV巻は発売を待って、それ以降待ち切れなったら
教育画劇の方の購入を考えようと思いました。
とても参考になりました。
もっとポイント差し上げたいくらいです(笑)
どうもありがとうございました(^^♪

お礼日時:2005/10/29 12:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qあさのあつこさんのグラウンドの空を読んだ方・・・

あさのあつこさんの「グラウンドの空」を読んだ方に
質問です。
このほんは
2巻 3巻と続いていくかんじですか

Aベストアンサー

「グラウンドの空」は、もともと赤旗日曜版で連載されていたのを単行本として発刊されたものですが、
今年の7月から、続編の「グラウンドの詩」が赤旗日曜版で始まっています。
舞台は同じ中学校で、登場人物も一緒です。
続編も単行本になると思いますが、早くても来年の後半あたりでしょうね。

Qあさのあつこさんの・・・

どうもです。私は夏休みに、あさのあつこさんの「バッテリー」という本にハマってしまい3日で全巻読んでしまった中三女子です。。

その・・「バッテリー」の続編(瑞垣さん目線で書かれた本)が出ている。とのことですが・・・
内容と言いますか。。みなさんの感想を聞かせてもらえませんか?
どんな感想でも良いです!聞かせてください

本を買うか、図書館で借りるか迷っているので、みなさんの感想を参考にして、買おうか・借りるかを決めていきたいと思います。

でわ。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

私は瑞垣のキャラが好きだったので本当に面白かったです^^

なんと言うか...バッテリーの原作では、ちょっと意味深というか
先が気になる感じで終わっていますよね?
だからラスト・イニングを読んですっきりしました☆

で、感想でしたね^^
バッテリーにはまったなら買って何回も読み返せるので買ったほうが
お勧めです。
私はなんせ瑞垣が気に入っていたのですぐ読んでしまいました。
瑞垣の門脇に対する複雑な気持ち。
新田東のバッテリーのその後(多分..;)

あさのあつこさんの作品はなぜか凄くすらすらと読み終わってしまいます^^;
それともう少しで映画バッテリーのDVD発売が楽しみです((笑

お役に立てたのかな?でも、こんな事書き込めて嬉しいです♪
でわ(*^ ^)ノ^^

Q浅倉卓弥著「四日間の奇蹟」を読んでお聞きしたことがあります。

本日、浅倉卓弥著「四日間の奇蹟」を読了しました。
とても素敵な作品だと思いました。
幾人かの書評の中で「四日間の奇蹟」は先行作を髣髴させるといくつもありました。
ご存知の方その先行作とは何なのかお教えいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私の覚えている限りでは
山中恒「おれがあいつであいつがおれで」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4652021615/qid=1148726511/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-5265733-0203537

その映画化作品「転校生」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005HXBN/qid%3D1148726300/249-5265733-0203537

最近のものでは、
東野圭吾「秘密」
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4167110067/qid=1148726562/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/249-5265733-0203537

このくらいしか思いつきませんが、もっとあるのでしょうね

Q「大空のサムライ」こと「坂井 三郎」著の作品で1つ読むとしたら、何がいいでしょうか?

坂井三郎氏の本を読んでみたいのですが、Amazonで見た所、
「大空のサムライ」「坂井三郎空戦記録」など、また改版や上下巻など、色々あってどれを読めばいいかよく分かりません。

一番代表的な本はどれでしょうか?
出来れば新しめで、上下巻とかではなく一冊にまとまっている物があれば是非お教え下さい。

お手数ですが正確なタイトルをお教え下さい。
宜しくお願い致します!!

Aベストアンサー

代表作といえばやはり海外でも有名な「大空のサムライ」でしょう
1冊にまとまっているのは
「大空のサムライ―かえらざる零戦隊」(光人社NF文庫)
になります。
ただ文庫サイズとはいえ、自立するくらいに厚い(660頁)ので
持ち歩いたりするなら、講談社+α文庫版の上下分冊版の方が良いかも知れません。
他に続、戦話と出ていますが、基本的に本書を補完する内容ですので、
まずは本書から読めばいいかと思います。
完結編は別著者との対話集なのでちょっと毛色が違います。

Q十二国記(小野不由美著)はまらなかった方いますか?それとももう少し読めば面白い?

十二国記いい評判しか聞きませんし、熱烈なファンがいることは知っています。
あまりに口コミがいいので、月の影影の海 下巻読み進めている途中ですが評判どおりにはハマりません。
これから面白くなるのでしょうか。なんだか感情移入できません。
宮部みゆきのブレイブ~は面白かったんですが、あまりファンタジーものは読みません。

どんなに検索しても面白くなかったという評判に出会えません。
私だけ?
はまらなかった。もう少しで面白くなる。いろいろ感想をお聞かせ下さい。

Aベストアンサー

わたしは、十二国記は初版の、それも発売されたばかりの頃に買いました。
山田章博さんのイラストにつられて、内容はまったくわからないままに上巻のみを買いました。
その頃は、上下巻の本がたくさん出ていたので、おもしろかったら下巻を買えばいいと思っていたのです。

そして10年の月日が流れ……つまり読む気がおきないままに10年。
作品はアニメ化されました。
これも、はじまってからしばらく見ましたがさっぱりおもしろく感じません。
見るのをやめようカナ、と思いはじめた頃にねずみの楽俊登場!
これで急におもしろくなりました!
それから原作を読み始めましたが、上巻は既にどこにあるのかわからない状態。下巻から読み始めたという悲しいオマケがつきます。

とにかく、ある時から突然おもしろくなる作品だと思います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報