私は「グリーン・ディスティニー」や「ロード・オブ・ザ・リング」のような、騎士や剣士が出てくる(剣術が披露されている)映画が大好きです。どうか教えて下さい<(_ _)>

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ズバリ「ROCK YOU! [ロック・ユー!]」をお勧めします。


2001年の作品ですが、あまり話題にもなりませんでした。
でも、面白いです。若い騎士たちの決闘ロードムービーです。
音楽はクイーンの「ROCK YOU」。
ちょっとむちゃくちゃですが、鎧甲冑姿で馬の載って一対一の決闘に挑む場面に見事ハマってます。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0006GA …


http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …



「グリーン・ディスティニー」のような中国武侠系アクションだったら「双旗鎮刀客」がお勧めです。こっちも有名な役者が出ていないので話題になりませんでしたが、中国映画界の黒沢の異名を取るハーピンの傑作です。だまされたと思って見て下さい。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002CH …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大好きな内容でございます(笑)ありがとうございます!!さっそく見てみます!!

お礼日時:2005/10/24 18:18

キン・フーの「残酷ドラゴン 決闘 竜門の宿」でもどうでしょう?


ワイヤーを使わない頃(トランポリン・ジャンプ)の香港武侠映画です。
なかなか、味わい深いです。
剣士が戦うというと武侠モノですから、テレビドラマもオススメします。
「射チョウ英雄伝」
「笑傲江湖」
「天龍八部」
はCSで放送していますが、面白いです。
原作に忠実にしている部分があるんで話は長いですけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!参考になりますー(^^*)

お礼日時:2005/10/24 18:23

リュック・ベッソン監督の「ジャンヌ・ダルク」

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2005/10/24 18:23

 『グリーンディスティニー』は武侠映画と呼ばれるジャンルになります。

しばらく下火でしたが、この作品で盛り返し、以降『HERO』『LOVERS』と作られ、今はツイ・ハーク監督による『セブンソード』が公開されています。『セブンソード』はおすすめです。

 武侠映画で剣でのアクションの多いものだと・・・
『スウォーズマン 剣士列伝』『スウォーズマン 女神伝説の章』 ツイ・ハーク製作、チン・シウトン監督による傑作シリーズ。

『武士 MUSA』 韓国映画ですが、ワイヤーを使わずリアルな殺陣にこだわった作品。「俺たちは灰になっても まだ燃える」という公開時の宣伝文句がぴったりくる熱い作品。

『楽園の瑕』 ウォン・カーウェイによる武侠映画ですが、アクションシーンはあまり出来がよくありません。でも雰囲気がとてもよいので酔うような気分で鑑賞するとよい作品です。

『刀 ブレード』 ウェズリー・スナイプスの『ブレイド』ではありません(あれも剣を使いますが…)笑。ツイ・ハークが『片腕ドラゴン』をリメイクした作品でストーリーはとてもわかりにくいのですが、アクションシーンは迫力があります。

『アウトライブ』 韓国映画ですが香港のチン・シウトンをアクション監督として呼んで作った武侠映画。チン・シウトンのエッセンスが凝縮されたような作品で見ごたえがあります。ストーリーも少し複雑でわかりにくいですが泣けます。

 あと『HERO』『LOVERS』のチャン・イーモウ監督が役者として主演、コン・リーが共演、チン・シウトンが監督した『テラコッタ・ウォリア』は武侠映画ではありませんが、剣と鎧が出てくるアクションもある掘り出しものです。
 西洋ものでは『ヤング・ブラッド』は三銃士を原作にしながら香港のホン・ヤンヤンがアクション指導をつとめており、西洋コスチュームものと香港風アクションの融合が目新しい佳作です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どれも面白そうな物ばかりですね(^^)ありがとうございます!!

お礼日時:2005/10/24 18:22

レディホーク


グレート・ウォリアーズ/欲望の剣
ドラゴンハート
ドラゴンスレイヤー
トゥルーナイト
ハイランダーシリーズ
なんかいいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!初めて聞く物が多いです。

お礼日時:2005/10/24 18:20

『キングダム・オブ・ヘブン』『エクスカリバー』『バイキング』『エル・シド』『円卓の騎士』『黒騎士』『長い船団』『キャメロット』『武

士(Musa)』『ヘブンアンドアース』『ラバーズ』『英雄Hero』『血闘』『黒いチューリップ』『怪傑キャピタン』『キングアーサー』『ドラゴンハート』『侠女』『空山霊雨』『決闘者デュエリスト』『海賊ブラッド』『シーホーク』などなど
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すっごく参考になりますvvありがとうございました!(^^)

お礼日時:2005/10/24 18:19

ジェラールフィリップの 花咲ける騎士道 などは?


主人公のあだ名はファンファン (岡田真澄さんがぱくりました)
dvdで売られています。
最近リメーク版ができたようですが、そちらは未だみていません。
あとは、三銃士 の映画もいろいろつくられていますから、西洋のそちら系ではお勧めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

初めて聴きます!参考になりました(>v<)ありがとうございます!!!

お礼日時:2005/10/24 18:17

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q映画「昼顔」の監督について

ビデオで「昼顔」をみてショックを受けましたこの映画の監督について知っている方なんでも良いので教えていただけたらうれしいです。

Aベストアンサー

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペインを追放される原因となった「ビリディアナ」〔61.スペイン〕、ブルジョワへの諷刺が冴えるメキシコ時代の傑作「皆殺しの天使」〔62.メキシコ〕、現代の話なのに、キリスト・サド侯爵などが登場する奇想天外な物語「銀河」〔68.仏=伊〕、パリを舞台にしたアカデミー外国映画賞受賞作「ブルジョワジーの密かな愉しみ」〔72.仏〕、とりとめもなく悪夢のような挿話が続くとぼけた諷刺劇「自由の幻想」〔74.仏〕、遺作となった「欲望のあいまいな対象」〔77.仏=スペイン〕など数多くの代表作があり、1983年に亡くなっています。
 私が思うには、「昼顔」はブニュエル作品の中では出来の悪い方だと思います。前述のように、もっと凄いのがいっぱいありますよ。

 「昼顔」〔66.仏〕の監督ルイス・ブニュエルは1900年スペイン生まれのシュールリアリズム映画の巨匠です。ダリと共同で脚本を書いた「アルダルシアの犬」〔28.仏〕、メキシコの非行少年たち描いた「忘れられた人々」〔50.メキシコ〕、奇想天外なトラブルが続くうちに、悪夢のような不思議な世界が生まれてくる「昇天峠」〔51.メキシコ〕、チャップリンの「殺人狂時代」というより、ロッセリーニの「殺人カメラ」を思い出させる軽妙な雰囲気の「アルチバルド・デラクルスの犯罪的人生」〔55.メキシコ〕、スペ...続きを読む

Qロード・オブ・ザ・リング・2の塔・王の帰還の劇場上映は西暦何年

ロード・オブ・ザ・リング・2の塔・王の帰還の劇場上映は西暦何年
 
でしたか?そして出演した俳優は誰でしたか?2~3人でいいので

教えてください。お願いいたします。

Aベストアンサー

 ロード・オブ・ザ・リング(2002/03/02)
 ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔(2003/02/22)
ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還(2004/02/14)

製作年度はそれぞれその前年です。

 主なキャストと役柄は以下の通り

イライジャ・ウッド フロド・バギンズ
イアン・マッケラン ガンダルフ
リヴ・タイラー アルウェン
ヴィゴ・モーテンセン アラゴルン
ショーン・アスティン サム
ケイト・ブランシェット ガラドリエル
ジョン・リス=デイヴィス ギムリ
バーナード・ヒル セオデン
クリストファー・リー サルマン
ビリー・ボイド ピピン
ドミニク・モナハン メリー
オーランド・ブルーム レゴラス
ヒューゴ・ウィーヴィング エルロンド
ミランダ・オットー エオウィン
デヴィッド・ウェンハム ファラミア

Q映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

映画【昼顔】30以上女子が 観に行くには 重くない??

Aベストアンサー

自由ですよー。楽しまれてください。
娯楽の好みは人それぞれなので、他の人の目は気にされなくてもよろしいかと。

Qロード・オブ・ザ・リングのラスト

DVDを見てすっきりしないところがあるので質問させてください。
フロドはなぜエルフやガンダルフ達と共に旅立ったのでしょうか?
エルフの乗る「最後の船」ということはもうホビットの村には戻ってこないつもりなのでしょうか?
冒険好きのビルボのように、ただ単に、旅行(冒険)に行くという意味?
 友人は、フロドが滅びの山で一時的にでも指輪を自分の物にしようとした自責の念から村を離れるんじゃない?と言ってます。
みなさんはどのように思われますか?

Aベストアンサー

この映画は「原作を読んでいること」を前提としていますので、原作を読んでいないと、理解できない部分があります。

以前私がここで書いた解答を下にコピーしました。間違いがあったところは訂正しております。



ネタバレがあります。

小説をこれから読もうという方は、
つまらなくなるので読まないほうが良いかも知れません。
ぜひ読まないでください(^^;


原作、その他を読まないと絶対に分からないのですが、エルフたちとともに中つ国の西にある「アマン」という島へと向かいました。長くなるので詳しい説明は避けますが、まあエルフの聖地だと考えてください。
エルフは寿命で死ぬことがないので、人生に疲れたりするとアマンを目指します。
指輪所持者だったフロドも疲れ果てていました。スメアゴル(ゴラム)のように指輪所持者だったものは長命を得ますが、同時に精神的ダメージを蒙ります。
普通ならエルフ以外はアマンへの船に乗ることはできないのですが、叔父ビルボ同様、フロドは指輪所持者としての傷を癒すため(説明が簡単すぎ?)、アマンへ行くことを許されます。
ガンダルフは、神の使い(映画の時代より大昔、中つ国の危機を救うために使わされました)なので、アマンに行くことに何の問題もなかったと思われます。

なぜみんながアマンを目指したか・・・
エルフたちもガンダルフもフロドも、疲れきっていた…
いわゆる「燃え尽き症候群」ですね。
簡単に片付けすぎですね(^_^;

一説によりますと
実は指輪の消滅が「神話の時代の終わり」だったからだとも言われます。
神ではなく、人(エルフ、ホビット、オークなど)の支配する、新しい時代がやってきていたのです。
その辺縁にフロドたちは生きていました。
世界を支配していた魔法的な象徴のすべては、消え去るべきであったのでしょう。ガンダルフもフロドもそれを理解し、中つ国から去ることにしました。

ほんのすこしの間、指輪を所持したサムは、というと、最後にはアマンへ向かうことになります。
本当に少しの間の所持でしたので、ダメージは小さく、彼はホビット庄で長い人生を送りました。しかしながら指輪を所持者であった苦しみが、結局サムをアマンへと向かわせるのです。
サムがホビット庄を去ったことで、すべての指輪の所持者が中つ国から去って、中つ国の神話がすべて終わりをむかえました。、(レゴラスとギムリはもっと後でアマンへ向かいました…)

長文ですが、語りきれない部分が多いのです。ぜひ原作を読んでいただいて、自分なりの回答をお持ちいただければと思います。
実のところ、私は映画でのフロドの荷う指輪は、原作の指輪よりも軽く感じました。指輪はもっと重苦しくフロドを痛めつけます。それを支えるサムのけなげさ……
フロドがかっこ悪い、という人もいるのですが、私はフロドは「喪失」の英雄だと思います。(指輪の仲間は母国での名誉や地位、幸せな家庭を得ますが、フロドだけはホビット庄での名誉もなく、指を失い、体と心を病んで、ついには国を去って行きます)

今これを書いていて、原作はすごいと改めて思いますね。

この映画は「原作を読んでいること」を前提としていますので、原作を読んでいないと、理解できない部分があります。

以前私がここで書いた解答を下にコピーしました。間違いがあったところは訂正しております。



ネタバレがあります。

小説をこれから読もうという方は、
つまらなくなるので読まないほうが良いかも知れません。
ぜひ読まないでください(^^;


原作、その他を読まないと絶対に分からないのですが、エルフたちとともに中つ国の西にある「アマン」という島へと向かいました。長...続きを読む

Q【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。 結婚は→生活の駄目。 恋愛は→自由て発想。 なら 子供に

【昼顔】て 昼間だけの 不倫映画あるけど。
結婚は→生活の駄目。
恋愛は→自由て発想。
なら 子供にも 倫理は 教育すべき?

Aベストアンサー

教育すべきだと個人的には思います。

Qロード・オブ・ザ・リング

ロードのDVDがもうすぐ発売されますよね。
これは、DVDだけしか発売されないのですか??
ビデオは??
そもそも、DVDって一体何??
ってくらい、アホなので…

ビデオは発売されるのか教えて下さい~~。

Aベストアンサー

ビデオはレンタルしかないようですよ。
参考URLは公式サイトです。
DVDの発売やレンタルについても掲載されていますので
ご参照ください。

参考URL:http://www.lotr.jp/

Q映画のあらすじや内容(ネタバレ)が豊富なサイト

タイトルのように映画のネタバレが豊富なサイトを探しています。私は理解力がなかったり、見た映画のあらすじを忘れたりすることが多いので、どんな映画だったかなと確認するためにそんなサイトがあればいいなと思っています(できるだけ映画数が豊富で)。映画でいろいろ検索しても軽い内容は書いてあってもネタバレ防止のため全内容や結果などが書かれているサイトは少ないのです。

わがままですが、こんなサイトがあるよ、という方ひとつよろしくお願いします。

Aベストアンサー

ちょっと違うかもしれないのですが、下記のサイトなどはどうでしょう?ストーリーが詳しく書いてあるわけではないのですが、会員(?)の方々のその映画に対するコメントがネタバレありで載っています。種類も多いです私は映画を観るかみないかを決めるためにみるのはもちろん、観終わった後もみて参考にしています。http://www.jtnews.jp/dict.html

参考URL:http://www.jtnews.jp/dict.html

Qロード・オブ・ザ・リングの

「ロード・オブ・ザ・リング」のスペシャル・エクステンデッド・エディションてレンタルで借りられますよね?
私の行っているTUTAYAではDVDが一本あったような気がしましたがビデオは置いてないように思います。
なぜなのでしょうか?
見てみたいと思っているのですが。
みなさんが行っているレンタルビデオ店はたくさんありますか?
ちょっと気になったので質問しました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ロード・オブ・ザ・リング」のスペシャル・エクステンデッド・エディションは
VHS2巻組になっていて,
かなり場所を取ってしまうからではないでしょうか?

現在はVHSよりもDVDの方がレンタル数を上回ったというニュースも聞きましたし,
場所がかさばらないDVDの方だけ置く店も多いのではないでしょうか?

Q映画のネタバレは許せる、許せない?

月1本以上、映画を観るのですが、
皆さんは、映画をみる前に結末知りたくないですか。

自分は、結末を知った上で映画を観たいのです。
結末をしっていれば、あのシーンでこんな伏線をはっていた
最後のどんでん返しのストーリーなど、凄く堪能できます。

そこで質問します。
あなたは
映画のネタバレは許せる、許せない
どちらですか

Aベストアンサー

こににちわ。
いやいや私は、断じて許しません。
確かにネタバレという予備知識を持って観れ
ば、内容をより一層理解できますし、伏線をはった
意味もわかります。
しかし、内容を知って観れば、次のシーンや映像が
わかってしまいますから、ハラハラ、ドキドキがしません。
私自身の映画を観る上での醍醐味は、ハラハラ、ドキドキと
観終わった時に、シーンとシーンの点と点とが線で結びついた
時です。
それは、ネタバレを知ってでは、あまり味わえない様な気がします。
なので、one12さんには、申し訳ないですが、ネタバレは断じて
許せません。
なので、私自身は、映画が理解できない時は、二度観ます。
そして、それでも理解できない時は、ネタバレを見ます。
まぁ人それぞれ、映画の観方は異なりますが、私は、ネタバレは
絶対に観ない派です。
ではでは。

Qロード・オブ・ザ・リング SEE

ロード・オブ・ザ・リングの王の帰還がそろそろ出ますが、コレクターズ・エディションより、
スペシャル・エディット・エディションを買ったほうがいいのでしょうか?
まだ、旅の仲間・二つの塔も持ってないので、
どうしようか迷っているのですが、待ったほうがいいでしょうか?

Aベストアンサー

 以前、回答したことがあります。ちょっと状況が変わったので、少し補足させて下さい。

 どのぐらい、sugibayasiさんがロードオブザリングに入れ込んでいるかで、選ばれたらいいと思います。

 どうしてかっていうと、SEEはいっこ1万円弱です。3部セットで買うと、3万弱します。CE(劇場公開版です)は、この夏8月に3部セットが出ることがわかっていて、それは3本まとめて1万円ちょっとです。
 そこまで払いたくない、と思ったら、買うDVDはCEにしておいて、たまにSEEをレンタルされるのが経済的かな、と思います。

 でも、SEEには作品のより細かいところが丁寧に描かれていて、CEとは映画の感想がまったく変わってくるほど違って見える人もいるみたいです。
 私は原作の長さが好きでした。すごく思い入れがあるので、SEEのほうが好きです。(姉がSEEを買い、私がCEを買う、ということで手を打ちましたv)こちらのほうをお薦めするなら、理由は、作品がよく理解できること、より長い時間、その世界にひたっていられること、特典映像がこ・れ・で・も・か!というほどあるところです。(いっこにつき、8時間弱あります・・)
 あと、装丁がかっこイイ!!古い、羊皮紙でできた本みたいなパッケージです。うっかり装丁って言葉を使っちゃうぐらい、好みです。

 CEのよいところは、劇場公開版のまま見られること、SEEよりテンポよく話が進むところ、そのためにさらっと見られるし、重くなりすぎないところ、値段がお手頃なところです。
 あと、3部「王の帰還」は数ヶ月早めに出るところも(*^^*)。

 1部2部については、ヤフオクとかに、パスポート目当てに買って本体だけ出品している方がいらっしゃるので、うまくそういう人から安く買えたら、SEEでも経済的かもしれません。

 以前、回答したことがあります。ちょっと状況が変わったので、少し補足させて下さい。

 どのぐらい、sugibayasiさんがロードオブザリングに入れ込んでいるかで、選ばれたらいいと思います。

 どうしてかっていうと、SEEはいっこ1万円弱です。3部セットで買うと、3万弱します。CE(劇場公開版です)は、この夏8月に3部セットが出ることがわかっていて、それは3本まとめて1万円ちょっとです。
 そこまで払いたくない、と思ったら、買うDVDはCEにしておいて、たまにSEEをレンタルさ...続きを読む


人気Q&Aランキング