人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

明治時代以降江東区が埋め立てられて近代化する過程について調べています。埋め立ての土はどこから運ばれたかご存知の方いらっしゃいませんでしょうか?他にも小名木川貨物駅についても調べています(似たような質問をカテゴリー違いで出してしまいました)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんばんは。



東京港の埋立ての歴史についてでしたら、東京都のHPに概要が載っています。

参考URLから東京都港湾局の事業紹介>埋立地の管理と開発とクリックしていけば、埋立地の歴史を地図つきで見ることができます。

参考URL:http://www.kouwan.metro.tokyo.jp/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

港湾局のホームページとは気がつきませんでした。ありがとうございます。参考になりました。

お礼日時:2005/10/23 20:13

東京湾の埋立ての歴史については、下記のNPO法人のサイトが参考になります。



参考URL:http://www.satoumi.net/url12.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こういうサイトもあるのですね。ありがとうございます。参考にさせていただきます。

お礼日時:2005/10/24 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q豊洲は問題がてんこ盛りなので住まないほうがいい?!

豊洲は問題がてんこ盛りなので住まないほうがいい?!

いつもお世話になっております。

この前豊洲に初めて行ってきました。ゆりかもめから見る景色はとても素敵で、豊洲の街も思っていた以上に素敵でした。

将来住むのなら豊洲だ!とひそかに思うほどだったのですが、この前そのことを友達に言ったら、その友達は“豊洲は問題がたくさんあるみたいだよ”と言っていました。

何やら汚染の問題や、税金の問題(外人が多く彼らは税金をたくさん払わないので、その分日本人が多めに払わなければならない?!)、治安の問題、また悪臭がよくする、みたいなことを言っていました。

その友達もそんな事を聞いたんだよ、ぐらいの知識だったみたいですが、彼が言ったことは真実なのでしょうか? また、ほかにも問題はあるのでしょうか? 私が豊洲に行った時は悪臭はしなかったです。確かに外人さんはよく見ました。

もしその件について誰か知ってらっしゃる方がいましたらぜひ教えていただきたいです。

(1)汚染 (2)税金 (3)治安 (4)悪臭 (5)その他の問題

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)汚染:豊洲の街から東京湾に突き出た土地です。かつて東京ガスのガス製造工場があった場所に土壌汚染が確認されており、東京都民の食糧を扱う築地市場を移転するには危険すぎるという反対運動が起きています。

(2)税金:外国人も定住しているかぎり(=旅行者じゃない限り)税金は同じだけ払います。また税金は豊洲という場所の問題ではなく、江東区という自治体全体の問題です。銀座や日本橋のあるお隣中央区は商業施設や金持ちが多く税収がゆたかなのと比較して、金持ちが避けた江東区は住民税税収が見落りするという問題はあるでしょう。税金だけでなく、公立学校の給食費未払い問題、その昔の校内暴力問題、最近のモンスターペアレント問題などのも区の境界を超えるだけで全然違うようです。なお、豊洲で外国人問題という場合、日本人と外見上見分けのつかない外国人のことです。

(3)治安:その昔、夜、銀座でタクシーに乗って「江東区に言ってくれ」というと乗車拒否されたという都市伝説が有るくらい、江東区および隣接する江戸川区は犯罪の悪い地域でした。石原裕次郎のやくざ映画では資材置き場の乱闘シーンは江東区で撮影されるものでした。カッパライ、路上痴漢、殺人、死体遺棄などの犯罪が隣の中央区と比べると多かったと思います。現在は警視庁が集中的に治安維持活動をしたのでタクシーから乗車拒否されることはないはずです。昔から日本国籍を持たない住人が多かったのと関連があるのか無いのかは不明です。今ほど焼き肉が一般的でなかった昔は焼き肉を食べる為にわざわざ江東区に行ったという話を聞きます。豊洲はIHIの造船所を中心とする工業地帯でしたのでこの問題はありませんが、同じ豊洲駅を利用する枝川という地区をお調べになった方が良いのではないでしょうか。

(4)悪臭:これは豊洲、江東区に限らず、広域の城東地区の問題でした。一つには江東ゼロメートル地帯を中心として下水の逆流による悪臭です。もうひとつは、江東区夢の島というところのゴミ捨て場から大量のハエが発生することです。原因は江東区でしたが、影響は中央区、江戸川区、墨田区など”江戸の下町”全体に及んだため、東京都が膨大な予算を費やして下水道を改良し、また「ゴミ捨て場」と言われていた江東区夢の島も、ゴミの全量焼却を実施し、燃えカスを捨てる最終処分場に変更してからハエの異常発生は無くなりました。

(5)その他:ふたつあります。ひとつは軟弱地盤に建つ高層建築の土壌流動化問題です。平常時には十分な加重耐力が測定できる地盤であっても、地震で振動した時に流動化現象が起き、高層住宅を支えるだけの耐力が失われるという問題です。これは高度な基礎技術で解決できているのかもしれませんので、建設会社の技術部門にお問い合わせください。ふたつめは江東区という地名のもつイメージです。東京在住のお年寄りたちは昔の事を良く知っていますので、たとえば江東区生まれの娘さんとは見合い結婚の相手も江東区生まれ、江戸川区生まれに限定され、山の手の男との縁談はできないという古い考えです。見合い結婚は減少の一途をたどるので、もうじき関係なくなるかもしれませんね。

(1)汚染:豊洲の街から東京湾に突き出た土地です。かつて東京ガスのガス製造工場があった場所に土壌汚染が確認されており、東京都民の食糧を扱う築地市場を移転するには危険すぎるという反対運動が起きています。

(2)税金:外国人も定住しているかぎり(=旅行者じゃない限り)税金は同じだけ払います。また税金は豊洲という場所の問題ではなく、江東区という自治体全体の問題です。銀座や日本橋のあるお隣中央区は商業施設や金持ちが多く税収がゆたかなのと比較して、金持ちが避けた江東区は住民税税収が...続きを読む

Q今の東京の土地は昔はどのくらいが海だったのですか?

TVで今の東京の土地の多くは、特に湾岸に近いところや、今では東京湾からもかなり離れているところでも、昔は海だったと聞きました。
特に江戸時代?くらいに埋め立てられたと紹介されていましたが、

今の東京で何区あたりが元は海で埋め立てられた土地なのでしょうか?
教えてください。(うる覚えですが、TVでは港区とか、葛飾区とかも江戸時代以前は全部海だった、ような気がします。間違っていたらすみません。)

あと、その大々的な埋め立て事業はいつ行われていたのかとかも教えてください。
もしリンクなど知っていらっしゃったら貼って頂けると嬉しいです。。
お願いします。。<m(__)m>

Aベストアンサー

東京湾の埋め立ては、家康の江戸入府(1590年)直後から始まっていますが、最初は江戸城の築城工事に伴う堀の掘削土で埋め立てが行われました。当時江戸城の東側は海に面しており、この時に埋め立てられたのが今の丸の内、八重洲地域です。 その後1603年から江戸城北部の台地を切り崩して、日比谷入り江の南部一帯が埋め立てられました。 今の日本橋、京橋、新橋、築地地区です。 大体今の国道15号線がそれまでの海岸線でした。 因みに江戸が大都市に変身するとともに、多くの生活ごみが排出されるようになりましたが、1655年に江戸市中でのごみ処理例が出され、今まで適当に捨てられていたごみを、全て墨田区左岸河口の永代島に集めるようになりました。 その後の江戸湾の大々的な埋め立ては、その永代島に集められたごみが使われるようになったとのことです。


人気Q&Aランキング