検査項目により、血清を使った方がよいものと、血漿を使った方が良いものがありますが、血清と血漿で測定値に明らかな違いが出る検査項目がありましたら教えて
ください。できればその理由も。
 ちなみに、凝固系は血漿を使用するというの知っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

まず血清でなく血漿を使わなければならない理由を考えていただければだいたいわかると思います。


血漿は抗凝固剤を使っているので当然、凝固系の検査には血清を用いることはできません。
次に、EDTA(-2K、-2Na)によって酵素反応を止める(阻害)するものには、アンギオテンシン1(レニン活性)、2があり、これらは血漿を使用しますが、ACE(アンギオテンシン転換酵素)は逆に血清でないと測定できません。アンギオテンシン1はACEの働きでアンギオテンシン2に変化します。そうするとA1がどんどん消費され低値を示し、A2が増加します。
次に、血清分離は普通室温で行いますが、血漿分離は採血後、すぐに氷冷下につけます。よって安定性の悪い項目は一般に血漿を用います。さらにアプロチニンなどの蛋白分解酵素抑制剤を加えて凍結融解によるダメージを抑えています。よって血清分離すると低値にでます。ACTH、intact PTHなどです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんばんは。回答していただいたのに大変お返事が遅くなり申し訳無い限りです。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/05/05 20:28

こんにちは。


>凝固系は血漿を使用するというの知っています。
ということは、凝固系検査は除外してよいという事でよいでしょうか。

すると総蛋白がまず違いますね。
フィブリノーゲンなどが結構な量含まれているので値が全く異なってしまい、どちらかに統一しないと比較できません。

また、同じ原因でモイレングラート値は、希釈時にフィブリノーゲンの析出が起こりやすく、値が変わる可能性が高くなります。
しかしビリルビン値は影響を受けません。

また、同じ理由からリバルタ反応、チモール混濁試験(TTT)、硫酸亜鉛混濁試験(ZTT:俗にクンケルといいます)、A/G比なども値が変わります。

あと血糖を計るときに、フッ化ナトリウムを入れるのは凝固防止ではありません。
赤血球のぶどう糖消費を止める為にフッ素イオンを入れて解糖系の反応を止めて経時変化を防ぐのです。
血清が用いられないのは、赤血球による消費を防止できないからです。

それから、金属(鉄、銅その他)等の極微量しか含まれない物質の場合は、抗凝固剤に含まれるわずかの不純物が大きな影響を及ぼしてしまいます。
したがって抗凝固剤を用いる血漿は実際上使うことができません。

カリウムは、赤血球中に大量に存在し、凝固時に赤血球から一部流出するので
血漿での値より血清の方が高くなります。

こんなところでいかがでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

こんばんは。回答いただいたというのにお返事が遅くなりまして
大変申し訳無い限りです。すみません、ありがとうございます。

お礼日時:2002/05/05 20:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q成分献血の血漿、血小板はどんな製剤になる?

よろしくお願いします。
昨日献血に行き、いつも通り成分献血を希望したのですが
『AB型はお蔭様でオーダーが終わっておりますので
今日は血漿でお願いします』
といわれ血漿の成分献血になりました。
献血は77回だったのですがそういえば血漿単体
(血小板の際両方とっているのは知っています)
は今回を含めて2~3回ぐらいしかないなぁと思いました。
そこでちょっと疑問がわきました。
血小板は血液製剤などに利用されるのだと思いますが
血漿は医療現場でどのように利用されるのでしょうか?

今回オーダーが終わったことにより血漿のみになったという
ことは血漿のほうが使用期限が長いということでしょうか?

ご存知の方よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そうですね。血小板は有効期限が72時間ですから、必要量以上を献血して頂いても廃棄する事になると折角の善意が無駄になります。
http://homepage1.nifty.com/tamako/2-3seibun.htm

>血漿は医療現場でどのように利用されるのでしょうか?
日赤の血漿分画製剤には、人血清アルブミン、乾燥濃縮人血液凝固第VIII因子、静注用人免疫グロブリン製剤、抗HBs人免疫グロブリンが有り、アルブミンは
1. アルブミンの喪失(熱傷、ネフローゼ症候群など)及びアルブミン合成低下(肝硬変症など)による低アルブミン血症
2. 出血性ショック
静注用人免疫グロブリンは、
1. 低又は無ガンマグロブリン血症
2. 重症感染症における抗生物質との併用
3. 特発性血小板減少性紫斑病(他剤が無効で、著明な出血傾向があり、外科的処置又は出産等一時的止血管理を必要とする場合)
4. 川崎病の急性期(重症であり、冠状動脈障害の発生の危険がある場合)
等に、使用されます。
また、使用期限は、製造後、国家検定に合格した日から2年となりますから、断然使用期限が長くなりますね。更に、血液型も関係なくなりますし…

そうですね。血小板は有効期限が72時間ですから、必要量以上を献血して頂いても廃棄する事になると折角の善意が無駄になります。
http://homepage1.nifty.com/tamako/2-3seibun.htm

>血漿は医療現場でどのように利用されるのでしょうか?
日赤の血漿分画製剤には、人血清アルブミン、乾燥濃縮人血液凝固第VIII因子、静注用人免疫グロブリン製剤、抗HBs人免疫グロブリンが有り、アルブミンは
1. アルブミンの喪失(熱傷、ネフローゼ症候群など)及びアルブミン合成低下(肝硬変症など)による低アルブミ...続きを読む

Q採血の検査項目について

初めての外来勤務です。 今日、採血の検査項目に「BNP」がありました。 私は何もわからずそのまま患者に採血をしました。あとで、Drに「安静20分後に採血してくれた?」と聞かれなにも知らない私は注意をうけました。 BNPとはどんな検査なんですか?何故安静が必要なのですか?教えてください。(ちなみに先生によっては安静は必要ない人もいるらしいのです)

Aベストアンサー

えっ看護師さんですよね??

同業者です!!やはり、看護書をこっそり読んで、「あぁしまった!!こういう理由で20分あけろというんだぁ」と、反省して、次は気をつければそれでよしではないでしょうか??

外来はじめてですか~私は外来しか経験したことないので、ほんと病棟のことなんて全くわからないので緊張する気持ちもなんとなくわかります。またちがう環境で1から!というのは大変ですね~頑張ってくださいね!

Q血漿について教えて下さい。

人間の体は水分が60%、そのうち40%が細胞内液・20%が細胞外液ですよね。その細胞外液のうち、5%は血漿・15%は組織間液と言う事はわかったのですが、血漿とは血液の55%を占めるものでもあるんですよね。血漿は血清・フィブリノゲンからできていることや、血餅やフィブリノゲン・アルブミン・グロブミンなど、考えていたら訳がわからなくなってきてしまったので、詳しく教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

#1の補足を見て、一言。

「細胞外液20%の中で占める血漿の割合5%」、つまり「細胞外液」中に占める血漿の割合が、「25%」。血液中の細胞成分を除いた血漿はもちろん「細胞外液」の範疇に入ります。だから、この5%は(抗凝固剤入りの)血液を遠心分離した際に分離される血漿と同じです。

細胞内部には水分がたくさん含まれています(細胞内液)。そして細胞と細胞の間隙も水分で満たされています(細胞間液)。体積で考えると、もちろん細胞内液の方が多いですよね(細胞の集まりで組織はできているのですから)。
意外かもしれませんが、細胞の間隙を満たす液は、循環血液量よりも多いのです。

Q肋骨の骨折に必要な検査は?CT検査・心電図・血液検査は必要でしょうか?

私の主人の話です。右の肋骨?部分が数日痛むので、病院にいきました。以前も肋骨を骨折した事があったので、またかな?と思って病院にいきました。すると、いろいろ検査しますとのことで、心電図・CT・レントゲン・血液検査をされ、結論は肋骨に大きな骨折はないが、レントゲンに映らない所にあるかも?みたいな回答でシップと肋骨を固定するバンドみたいなのをもらいました。以前いった病院では、レントゲン検査だけでした。病院代が12000円!!!いろいろ検査したので、高いとは思いますが、このような検査が必要だったのでしょうか?

Aベストアンサー

結論
 胸のX-P一枚のみで十分です。
理由
 整形外科医は肋骨損傷 特に肋骨ー肋骨軟骨は見えにくい場合が 
 多々です。運動選手の試合中やスキー場での受傷などで胸部X-P
 が撮れない場合でも問診や痛みの部位や深さ とか  例えば押す、 咳をさせて見るなどの誘発テストで肋骨損傷か
 他疾患かは簡単に診断がつくからです。

 保険請求には検査が妥当で有る病名を記載しないと皆請求は保険で
削除されます。
心電図・CT・血液検査をやったならば 診療報酬明細書に
 なぜ心電図を、なぜCTを、なぜ血液検査を つまり検査用の病名を
 どんどんつけなくてはいけないのです。
 ちょっと考えてみたらわかるのですが、
 内科医なら肋骨損傷がわからないー>諸検査施行は仕方ない。
 逆に整形外科医ではわからない疾患で 心電図・CT・血液検査を要し
 要加療なら、それは整形外科では無くて他科の守備範囲になるからです。

Q中枢性尿崩症と腎性尿崩症の血漿浸透圧について

本を読んで疑問になってきました。
バソプレッシンの働きは、血漿浸透圧が上がると、視床にある浸透圧レセプターがキャッチしてバソプレッシンが出る。そして尿量が減り体液が薄まる。
一般に尿崩症になると、バソプレッシン(抗利尿ホルモン)が低下する。オシッコがやたら出るようになる。
・・・血漿浸透圧が上がるとってどういう意味ですか?Naが溜まっているって言う意味ですよね?
中枢性の場合、血漿浸透圧は上がるんでしょうか?下がるんでしょうか?
中枢性ならバソプレッシンが絶対的に不足してますよね。

腎性でも、血漿浸透圧は上がるんでしょうか?下がるんでしょうか???
腎性ならバソプレッシンがあっても感受性が悪いんですよね。

どなたか教えてください。

Aベストアンサー

うまく説明できるか分かりませんが。。。

まず、浸透圧というのは、半透膜の両側に濃度の異なる溶液をおいたとき、両側に表れる圧力の差です。
つまり、水と食塩水の間に半透膜をおいたとき、水は食塩水の方向に移動しますよね。濃度の高いほうに水は移動するのです。

血漿浸透圧が上がるということは、Na、K、Cl等のイオンが、尿に比べ血漿の中に多く存在するということです。

血液は腎臓の糸球体で濾過され、原尿となります。
原尿は尿細管というところで、水分や塩分が血液に再吸収され、最終的に尿となって排泄されます。

尿細管には、近位尿細管、ヘンレ係締上行脚、ヘンレ係締下行脚、遠位尿細管、集合管があります。

近位尿細管では、尿中のNa、Clイオンが再吸収(血液に分泌)されますが、ここでは水が自由に出入りできるので血漿と尿の間に圧力の差は生まれません。

ヘンレ係締上行脚では、水は間質細胞内に移動し、イオンは尿中に移動するため、尿中のイオン濃度はあがります。ということは、血漿と尿では尿のほうが圧力が高くなります。尿は高張となるのです。

ヘンレ下行脚では、水は透過しないため、イオンのみが血漿中に移動します。尿中のイオン濃度は低くなります。尿が希釈されるのです。血漿の方が圧力が大きく、尿は低張となります。

この時点で、尿と血漿では血漿の方が圧力が高く、血漿浸透圧が上がります。

遠位尿細管ではNaとともに水も再吸収されるため血漿浸透圧は上がったままです。

この浸透圧の上がりに反応してバソプレシンが分泌されます。

バソプレシンは集合管に作用し、水の再吸収を促進します。水が血漿へ移動するのです。血漿の圧力はどんどん低くなり尿の圧力は高くなります。水が再吸収されるということは尿量も減り、原尿は濃縮されたということですよね。

この背景を理解することが大切です。

中枢性尿崩症では、バソプレシンが欠損しています。
一過性の場合もあれば慢性の場合もあるそうです。
バソプレシンが欠損しているので、血漿浸透圧が上がっても集合管で十分に水が再吸収されず、薄い尿がいっぱい出ます。中枢性尿崩症では、血漿浸透圧があがるというよりは上がったままというほうが正しいかもしれません。

腎性尿崩症は腎臓がバソプレシンに反応しないため尿が濃縮されず、薄い尿がたくさん出ます。
遺伝や薬などの原因があります。
これもバソプレシンが反応しないので集合管において再吸収は起こらず、血漿浸透圧は上がったままだと思います。


ちなみに昨日の質問ですが、ビタミンDがないとカルシウムが吸収されません。ビタミンDを用いることでカルシウムの吸収を促進させるため骨粗しょう症に用いられるのです。

うまく説明できるか分かりませんが。。。

まず、浸透圧というのは、半透膜の両側に濃度の異なる溶液をおいたとき、両側に表れる圧力の差です。
つまり、水と食塩水の間に半透膜をおいたとき、水は食塩水の方向に移動しますよね。濃度の高いほうに水は移動するのです。

血漿浸透圧が上がるということは、Na、K、Cl等のイオンが、尿に比べ血漿の中に多く存在するということです。

血液は腎臓の糸球体で濾過され、原尿となります。
原尿は尿細管というところで、水分や塩分が血液に再吸収され、最終...続きを読む

Qコレステロールと血清タンパク値

宜しくお願いします。

一昨年と昨年の10月に血液検査を受けたところ、
総コレステロール値が、一昨年207、昨年228で、
HDLコレステロール値が、一昨年80、昨年88でした。
(ちなみに中性脂肪は、一昨年39、昨年29です。)

さほど高くはないものの、やはり食事など気をつけ
ようと思ったのですが、
血清タンパク値が若干低いのです。
(一昨年6.3、昨年6.2です。)

食事について調べると、タンパク値の低い人に望ましい
食品とコレステロール値の高い人に望ましくない食品が
かちあっている気がします。
こういう場合はどうすればよいのでしょう。

お医者さんも忙しかったようで、あまり詳しく解説して
いただけず困っております。
どうかよろしくお願いします。
(他に補足のデータ等が必要でしたら、おっしゃって下さい。)

Aベストアンサー

HDLコレステロールが多いので総コレステロールが多少高めでも問題とはなりません。
バランスよくいろんなものを摂取するようにし、むしろ中性脂肪は少ないくらいなので、標準体重以下であれば制限することはないと思います。

Q血漿成分製剤加算について

透析患者で、人工腎臓の回路を通して行う注射の手技料は取れませんが、血漿成分製剤に関する説明を行なった場合は血漿成分製剤加算は算定できるのでしょうか。

Aベストアンサー

血漿成分製剤加算は、点滴注射か中心静脈注射に対する加算なので、
注射の手技料が算定できない場合は、加算も算定できないと教わりました。

Q「ワクチン」と「血清」の違いは何でしょうか

「ワクチン」と「血清療法に用いる血清」との違いは何でしょうか。特に、次の(1)~(4)などが分かりません。

(1)作り方。

(2)どのような仕組みで効くのか。
 できあがった抗体を患者に注入するとか弱い病原菌を患者に注入して患者自身に抗体を作らせるとかのことです。

(3)患者に注入(投与?)するタイミング又は時期。
 発病する前か発病後かなどのことです。

(4)対象とする代表的な疾患。

当方全くの素人です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ワクチンは抗原です。主にウイルス疾患感染の防止に使います。防ぎたいウイルスを弱毒化したり(生ワクチン)、一部だけをとりだして投与します。
血清は抗体です。毒蛇に咬まれたときなどに投与します。毒蛇用のは馬などに蛇毒を投与してできた抗体(血清)を投与します。

抗原、抗体がわからなければ、その辺の勉強はしてからまた質問してください。

Q献血 血漿の色について

毎月1回成分献血をしているのですが、今日血漿献血をしたところ、職員の方から
血漿の色が悪いので、次回の献血は2,3ヵ月後にしてくださいといわれました。
確かに廻りの方の血漿は黄色っぽいのに、わたしの血漿は黄緑~緑色といった感じでした。
そこで質問なのですが、血漿が緑色になった原因と治し方を教えてください。
食事のバランスに気を使い、健康にも自信があったのに大変ショックを受けています。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
そういうのは、食事の影響や薬の影響でなければ、間接ビリルビンという物質が多い時にそういう色になります。
体質的な物も結構多く、私もそうです。
病気の場合もあるので、一度病院で検査を受けておく事をおすすめします。
赤血球破壊が昂進するような場合は高くなります。

なお、No1 さんの白く濁ったやつは、カイロミクロンといって、食事で吸収された脂肪分がまだ栄養としておさまるまで血液中に浮いてる状態のもので、食後採血するとだれでも出る物です。

Q神経伝達速度検査 SSEP検査とはどういう検査なんでしょうか?

どういうふうに検査をするのか知りたいです。
経験者の方や医療関係者の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

参考サイトにある説明のほか
脳外科手術時の術中モニタリングにも使います

参考URL:http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/nou/SEP.htm


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング