レールガンは将来実用化は可能なのでしょうか?
出来たとしたら破壊力はどの程度のものなのでしょうか?

A 回答 (1件)

こんにちは。



レールガンってなんか懐かしい響きですね・・・
私がこの話を聞いたのはかれこれ10年近く昔になります。
レールガンは基本的にフレミングの左手の法則によって
動作しますので、
レールの長さを長くすればするほど力を加え続けることとなりますから、
加速度が大きくなり威力が増します。
しかし、それと同時に弾丸部分とレールとの摩擦、
レールが長くなることによるインピーダンスの増加などがありすので、
レール長と威力の比率は、ある程度で頭打ちになるでしょうね。

これらから私が思うにレールガンは結構威力あると思います。
また、実用化そのものは現在でも十分可能でしょう。
ただ、コストパフォーマンスの問題ではないでしょうか?

sf7kさんが自作してみられては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に対するお返事ありがとうございます。
理解が深まりました。
SFアニメや映画だけの世界だと思っていただけに実用化が可能であると言う事にとっても驚きました。
 ありがとうございました。

お礼日時:2001/11/26 15:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qレールガン

 レールガンは電磁力で弾を超加速して発射しますけど、これが目標物ににあたったらどうなるのですか?物凄い速さで飛ぶ点から見ると貫通性だけに優れているのでしょうか?それとも爆弾やミサイルのように爆発性や破砕性といった面も持ち合わせているのでしょうか?

Aベストアンサー

結論から申しますと爆発します。これはレールガンに限ったことではなく数km/sの速度で衝突した場合はすべて同様の結果となり、また硬さも問題ありません。液体でも、固体でも一緒です。対戦車用などの徹甲弾では1km/s程度であり速度が足りないので貫通力だけとなります。
物体中の音速以上の速度で衝突した時に物体内部に衝撃波が生じます。衝突物がめり込むときに音速より速いと圧力は衝突物より前方に広がることができないからです。圧力が高まればその周辺は高温高圧になって気化します。これは物体を破壊するとともに空中に急激に開放され更に空中にも衝撃波を生じることになります。つまり爆発するのです。

Qレールガンについて

今、卒業研究でレールガンの研究をしています。このレールガンがロケットやスペースシャトルのカタパルトとして利用できるか考えているのですが、どうなんでしょう?あと、渦電流による発射速度の低下なんてあるんでしょうか?自分で考えてみたのですが、なぜ渦電流が発生するのか、またその渦電流によって発射速度に影響が出るのか全くわからず困っています。わかる方いたら回答お願いします。

Aベストアンサー

この道の専門家ではなく唯のSF好きですが、lefty10さんの言っているレールガンとはローレンツ効果を使った一般的なレールガンでしょうか?これであれば、まずロケット程の質量を第1宇宙速度(7.9km/s)や第2宇宙速度(11.2km/s)へ加速する為に必要な電力が莫大である上、その際に発生する熱処理(レールの電気抵抗による発熱)が大きな問題であるはずです。現時点でこれらを解決する策は見つかっていませんので将来性は難しいでしょうね。

一方、磁石の反発力を使ったリニアモーター式のものは、上記の物よりは実現性が高いと(個人的には)思っています。但し、こちらも大量の電力を消費しますのでその確保が一番の問題です。ちなみに、アメリカ(だったと思う)ではこちらの研究が実際に行われています。又、参考にはなりませんが、多くのSF作品に登場するのもこちらのタイプのマスドライバーとなっています。

両者共、人間を搭乗させる為には長距離のレールが必要となりますので、この確保も問題になると思います。(人間を考えなければそれ程の長さは必要ないでしょう)
又、過電流と直接関係があるのかは分りませんが、理論上電力量を上げる事で光速まで可能なはずの加速が、現在の実験ではある程度の速度で頭打ちになる事も判明しているようです。但し、この具体的な原因は分りません。

この他、No.1さんの回答にある軌道エレベータもSFではよく登場します。但し、こちらは建築と言うレベルで上記の方法以上に難しいと思われますが、現在、国際会議でその実現性を検討するプロジェクトがあるようです。こちらはここ数年のうちに実現性の可否を判断すると言っているようなのでちょっと楽しみですね。ちなみに軌道エレベータを考案したSF作家(名前は忘れました)はマスドライバーよりもこちらの方式のほうが実現性が高いと言っており、これに賛同する方も大勢いるようです。

あまり参考にならない回答だと思いますが、もし役に立てば幸いです。

この道の専門家ではなく唯のSF好きですが、lefty10さんの言っているレールガンとはローレンツ効果を使った一般的なレールガンでしょうか?これであれば、まずロケット程の質量を第1宇宙速度(7.9km/s)や第2宇宙速度(11.2km/s)へ加速する為に必要な電力が莫大である上、その際に発生する熱処理(レールの電気抵抗による発熱)が大きな問題であるはずです。現時点でこれらを解決する策は見つかっていませんので将来性は難しいでしょうね。

一方、磁石の反発力を使ったリニアモーター式のものは、上記の物よりは実現...続きを読む

Qレールガン

レールガンの実用性と汎用性についてお聞きしたいです。
たしか戦車に搭載されていると聞いたことがありますそれについても教えていただきたい
ハンドガン並みとは言いません、レールガンを小型化できます?

Aベストアンサー

レールガンはまだ実用化レベルには技術的に達していないはず(電力・スペース・耐久性など)なので戦車などには搭載されていません。
小型化の件ですが人間が使う携帯火器としては、不可能です。というかやってはいけません。
そのわけは、レールガンじたいにあります。
レールガンとは、ミサイルなど目標を内蔵の火薬の爆発力で破壊する兵器とちがい発射時のスピードによる運動エネルギーによって目標を破壊します。
そのためその初速は音速の15倍(マッハ15)ぐらいのスピードです(これは大気圏を突破できるほどのスピードです)。
これは、電磁石の磁力を使って加速させます。そのため発射には大量の電力を使います。その電力の問題が小型化の障害になっています。
もう1つ あまりに速いので摩擦で大気がプラズマ化するほどの熱が発生します。そのため銃身が融けてしまい連射ができません
これは、兵器としては致命的です。そのため融けないように銃身を冷やさなければなりません。この冷却システムの小型化も問題です。
それらが解決できればとてつもない威力の秒間何万発も連射の出来る兵器になります。
さて音速を超えると当然衝撃波が発生します。
そんなものを生身の人が持ったら挽肉になってしまいます。
将来は、軍艦の艦載砲や戦車などに載せられると思います。

レールガンはまだ実用化レベルには技術的に達していないはず(電力・スペース・耐久性など)なので戦車などには搭載されていません。
小型化の件ですが人間が使う携帯火器としては、不可能です。というかやってはいけません。
そのわけは、レールガンじたいにあります。
レールガンとは、ミサイルなど目標を内蔵の火薬の爆発力で破壊する兵器とちがい発射時のスピードによる運動エネルギーによって目標を破壊します。
そのためその初速は音速の15倍(マッハ15)ぐらいのスピードです(これは大気圏を突破...続きを読む

Q熱した物を冷やすのとその逆ではどちらが破壊力が上?

質問のタイトル通りです。
熱した物(※物は、とくに限定しません)を冷やした場合と、
冷やした物を熱した場合とでは、どちらが簡単に壊れてしまうのでしょうか?
鉄の場合、
A, 液体窒素などでキンキンに冷やして、火の中へポイっとした場合……
B, 逆に、火の中に入れて真っ赤になった鉄を、液体窒素へポイッとした場合……
その「鉄」自体が壊れるのは、どちらでしょうか?
また、AとBが、物質で異なる場合はあるのでしょうか?

おかしな質問ですが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

A, 液体窒素などでキンキンに冷やして、火の中へポイっとした場合……
B, 逆に、火の中に入れて真っ赤になった鉄を、液体窒素へポイッとした場合……

この場合、Bの方が影響が大きいはず

理由
A の場合「火」というのは気体であるために伝熱が悪い
B の液体のほうが伝熱が良いので、Bの方が「急激に」温度変化する。
なので、Bの方が物体に対する影響は大きい

Q集中力、思考力、記憶力に欠ける子供

小学生の子供に勉強を教えるとき、弟の方はわりとのみ込みがいいのですが、
兄の方は、言葉で言ったことを理解するのが遅くて困っています。考え方の視野が
狭いといいますか、機転が利かないところがあります。

これをなんとかできないかと思い、いろいろ考えていたのですが、理解するスピードが
遅い子や、仕事の作業が遅い人というのは、どうも「動体視力が弱い」ように感じます。
この仮説をみなさんどのように考えますでしょうか。

動体視力と勉強の成績、仕事の作業効率にどうも関係があるように思えてなりません。
子供の兄の方を見ていますと、どうも目がボーっとしている印象で、頭がとろいのです。
これをどう解決していけばいいのか、脳トレーニングの観点から、何かアドバイスを
いただければと思います。

Aベストアンサー

そうですね。子供さんの将来を考えると親として不安になられるのだろうなと思います。
私は子供がおりませんが、自分の劣等感から脳トレーニングに励んだ経験に照らし合わせて、回答をさせて頂きます。

>言葉で言ったことを理解するのが遅くて・・・
>考え方の視野が狭い・・・
>仕事の作業が遅い・・・

私も悩んでましたし、今でも悩んでいます。
(すいません。一番上の事項では悩んだことは有りません。)
動体視力の事は解りませんが確かに目の使い方で脳の機能をうまく使うという考え方は存在します。
ヴィジョントレーニング・ビジョントレーニングというのがそれに当たります。これはamazonなどで検索すればそれに関する書籍が出てくると思いますので、興味があればご一読してみても、良いのではないかと思います。

まず言葉で言ったことを理解するのが遅い・作業が遅いのは前頭前野のワーキングメモリを担う領域がまだ開発されていないからではないかと思います。ワーキングメモリは短期記憶“等”を担う領域で会話・文章中の言葉を覚えておく。又、作業目的・目標の記憶を保持しつつ複雑な作業手順を思い出しながら行動するのに必要になります。この短期記憶の能力が高ければそれだけ理解力も上がりますし、それによって文章を読む速度も上がります。作業に関してはスピードそのものが上がるかは正直わかりませんが、手順や目標目的を忘れ、また思い出すというステップがなくなる分早くなるのではないかと思います。

このワーキングメモリの機能を上げることで大部分の事柄は変ってくるのではないかと思います。
元・北海道大学大学院医学研究科 医学部教授である澤口俊之氏が開発された「脳力道場」(幻冬舎)なるゲームソフトが私の場合、短期記憶に関してはかなり有効でした。このソフトのおかげで1時間半ほどの講演を最初から最後まで覚えられかつ、時間をおいて思い出しながら要約するという行為が楽になりました。また、自分の行動・感情を抑制することに関しても微弱ながら効果を感じています。
始めたのが30歳を過ぎてからですが、自分にとっては十分な効果を実感できました。また氏の提唱される「新聞社説法」もかなり有効です。有効ではありますが、集中力が持続しない年代である小学生に向いている方法とは思いませんのでここでは紹介のみにさせて頂きます。

それで「考え方の視野が狭い」についてはこれは検証できていませんが、ウィン・ウェンガー氏が提唱される理論が有効のように感じます。人間に進化するまでに存在してきた古い領域から発達してきており、延髄、中脳などの古くから生命に存在してきた領域を鍛えれば生命が持つ機関として比較的は新しい大脳の機能も拡大するという考え方です。詳しくは 「頭は3週間で良くなる!」のご一読をお勧めします。私もこの中の「マスキング」「這い這い」を行いましたが、効果は抜群なものがあります。私の印象としてはコンピュータで言えばCPUのクロック周波数が劇的に上がるような、頭の回転が素晴らしくよくなったことを覚えています。どちらか一方を選んでやるだけでもかなり効果があります。しかし私には刺激が強すぎて頭が痛くなったりなどの副作用がありましたので、今は全くやっておりません。澤口俊之氏のゲームでも長時間やれば、私の場合では頭が痛くなります。でも短時間(10分)であれば全然問題ありませんでした。お子様も必ず同じ事が起こるとは申し上げませんが、もし、この方法でなくても脳トレのようなものを実施をされる場合はお子様の様子には十分気を付けて、大丈夫であることを確認してから時間を伸ばすなどステップアップしていく事をお勧めします。

ここからは私の推測の話になるのですが、こうして脳の機能を上手に活用できれば、社会生活を送る上で有利になる可能性が高くなるのは否定はしませんし、こういった脳トレの効果についてもある程度有効であることは先ほど述べたとおりです。しかしお子様がそれで幸せになるかどうかは別問題ではないかとも思います。一番重要なのはこんな小手先技ではなく、こんなものに頼らずとも、たぶんお子さんは自分で自分の生き方をちゃんと見つけられるのではないかという事(人生の選択肢は限られるかもしれませんが・・・)です。そうするために大事なのは、まず好きな事・熱中すること(スポーツ等がいいかもしれません)を可能な限りやらせてあげること。それが人間としての“芯”を作っていくように思います。熱中できることが見つけられ、上達するに従い次第に自信がつきますし、それを軸にして人間関係の拡大などて自分の世界を切り開いて行けるのではないかと思います。そしてもう一つ大事なのが多少の失敗をしても寛容にして待つご両親の態度なのではないかと思います。子供が外で何かあろうとも絆創膏だけ用意して待つように、傷ついて帰ってきた子供さんを愛情をもって信じている事を伝え、自信をつけさせ、又送り出すことではないかと思います。上記二つの事柄を総じて言えば親として失敗しても立ち上がるだけの力、物おじしない行動力の源泉(自己肯定観とでも申しましょうか)となる物をわたしていくことが社会の荒波に負けないために必要ではないかと思います。その上で頭が良いのであればそれにこしたことはないと思います。以上ご参考まで。

そうですね。子供さんの将来を考えると親として不安になられるのだろうなと思います。
私は子供がおりませんが、自分の劣等感から脳トレーニングに励んだ経験に照らし合わせて、回答をさせて頂きます。

>言葉で言ったことを理解するのが遅くて・・・
>考え方の視野が狭い・・・
>仕事の作業が遅い・・・

私も悩んでましたし、今でも悩んでいます。
(すいません。一番上の事項では悩んだことは有りません。)
動体視力の事は解りませんが確かに目の使い方で脳の機能をうまく使うという考え方は存在します。
ヴ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報