【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

150*20cmくらいの細長い花壇があり、これまではただパンジーや日々草をずらっと並べて植えてきました。
本などに載っている寄せ植えは大体が丸い鉢にしていることが多く、うちのような細長い花壇には寄せ植えはむいていないのでしょうか。玄関横のよく目に付くところにあり何とかおしゃれな花壇にしたいのですが今の時期にできる素敵なえ植え方の案があれば教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

細長くても、寄せ植えはできますよ。


うちはベランダガーデニングなので、細長いコンテナに思いきり寄せ植えしています。
狭いですが、基本的に奥と手前に分けてレイアウトします。
これから冬なので、冬に楽しめるものがよいですよね。
たとえば、
●定番ですが、コニファーとビオラとパンジー。
小さめで細めのコニファー(ゴールドクレストなど)を2~3本、等間隔に奥に植えます。コニファーの間はシロタエギクとパンジーを植えます。手前にビオラを植えます。2色のビオラを飛び飛びに植えると華やかです。飛び飛びではわからないですよね…、黄色と紫のビオラなら、黄色・紫・黄色・紫と植えていくということです(汗)。
春になったら、ビオラをロベリアなどに変えます。
●モッコウバラ(初夏咲き)とノースポール(早春咲き)
奥側にトレリスが立てられるなら、モッコウバラを植え(これは初夏に咲きますが)、高さを出します。手前は、丈夫なノースポール(別名クリサンセマム/小さめのマーガレットのような白い花です)などを植えます。さらにノースポールの間は、アイビーやヘリクリサム(よく増え、伸びるので段差がある花壇に向いている)などを植えてもよいです。
    • good
    • 0

そうですね。

先の方の回答にもありました通り、高さに変化をつけると素敵な庭になると思います。オススメのモッコウバラに加えて、ミニバラなどをところどころに植えるとよいかも。ミニバラは丈夫で毎年植え替える必要がないし、肥料さえ切らさなければ、春先から秋遅くまでずっと咲きつづけてくれます。その間に1年草等を植えていくとバランスがいいかもしれません。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています

植えた後、放置していても咲き続ける花を探しています


職場の空いたところに花壇を設置することになりまして
そこに何を植えるか検討中です

植木等の世話にマメではないので、植えた後も元気で生育してくれて
出来れば翌年(あるいは毎年)も花を咲かせてくれるようなものを探しています
見た目は二の次です

こういう都合のいい花はあるでしょうか

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ローズマリー
 すっごく丈夫でまさしく植えっぱなしOK。日当たりさえ良ければ乾燥にも強いので水やりもマメに行う必要はありません。花も咲きますが大きな花ではありません。でもまあ見た目重視でないならこちらは職場である程度ほったらかしにできる植物としてはぴったりです。
http://www.yasashi.info/ro_00002.htm
●ドウダンツツジ
 低木です。冬は落葉しますが枝が密生しているので寂しい感じにはなりません。春にはベルのような可愛い花が咲きますよ。こちらも丈夫です。
http://www.yasashi.info/to_00008.htm
●ランタナ
 小さい密生した花を沢山咲かせます。暑さには大変強く、丈夫で育てやすいですが、毎年積雪のある所では無理かもしれません。
http://www.yasashi.info/ra_00001g.htm
●セージ
 ハーブのセージです。様々な種類がありますが、大きくなるのはラベンダーセージやアメジストセージ。チェリーセージは比較的コンパクトです。丈夫ですが花はアメジスト以外は地味です。
http://yasashi.info/se_00005.htm
●マツバギク
 一転して丈の低い植物です。グランドカバーといって芝生のような役割をします。マツバギクは多肉ですので乾燥に非常に強く、寒さに若干弱いもののほぼ植えっぱなしでOKです。よく似た仲間にマツバボタン、ハナスベリヒユ(ポーチュラカ)、リビングストンデージーがありますが、これらは一年草ですので秋の終りには枯れます。
http://www.yasashi.info/ma_00015.htm
●宿根ガザニア
 花は非常に綺麗で密生して咲くととても綺麗です。真夏の太陽にも耐えて非常に丈夫です。ただし寒さには若干弱いので関東以北は厳しいかもしれません。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●オキザリス
 写真以外にも非常に沢山の種類があり、お好みのものが見つかると思います(我が家はピンク色のオキザリスがあります)。丈夫で育てやすいので植えっぱなしOKです。

【日当たりが悪い】
●クリスマスローズ オリエンタリス種
 本来は落葉樹の下に植えるのがベストなんですが、日当たりが悪くても耐えます。株は大きくなりますので株間は30センチ以上は開けてください。小さな苗を買うと咲くのは再来年になります。
http://www.yasashi.info/ku_00006.htm
●ツルニチニチソウ
 日当たりが強烈でも日陰でもどっちでもOK(我が家は西日が当たる所で生息中)。名前の通りつる性です。
http://www.yasashi.info/tu_00002.htm

 他にも四国、九州の平野部でしたらユリオプスデージーやマーガレット、ゼラニウム、アロエベラなども屋外の地植えで育てる事が出来ますので、こちらもご検討下さい。どれも育てやすいです。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 お住まいの地域が分からないので関東または関東以西の平野部に会社があると想定させて下さい(園芸は地域も重要になります)。
 毎年咲くという事はまあ植えっぱなしという事ですよね?多分球根を掘り上げたり、地上部は枯れていますが、地下茎は生きていますというのは花壇が寂しくなるので嫌だと思います。とすればずっと枯れずにいて、花の咲くときだけ華やかになるみたいな感じを想定してみました。
【日当たりの良い所】
●ロー...続きを読む

Q小さな花壇に植えると良い草木は?

ガーデニング初心者です。宜しくお願いします。
中古物件を購入したのですが、屋敷を囲っている塀の玄関入り口の脇に、50cm×60cmぐらいの花壇があります。塀の高さは1.2mぐらいで、花壇が道路に面して地面より50cmぐらいの高さにあります。
以前お住まいの方は、この部分にヒイラギを1つ植えられていました。
子供を出産したばかりで、残念ながらさほど庭木のお手入れに時間を割くことが出来ないので、手入れが楽で丈夫な草木を寄せうえできると良いなと考えています。
家は白壁・白い門・白い塀で、どちらかというと、洋風の家です。
全くのガーデニング初心者ですので、そんな私でも楽しめる草木がありましたら、教えて頂けると助かります。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

庭の草木は季節ごとに花が咲いたり、落葉したり、実がなったり、楽しんでもいいのですが、玄関脇の花壇はポイントとして一年中綺麗であってほしいです。
・手がかからない
・一年中緑が綺麗
・花も咲いてほしい
・安い

ユリオプスデイジー
 http://pu-rin.cool.ne.jp/hana/yuriopusu.htm
 売られている時は20cmほどの草花ですが、
 一年草ではなく、年々木質化して小さな木になります。
 放っておけば1メートルぐらいにもなりますが、
 うちは剪定して常時4~50cmにしています。
 常緑で真夏を除いて一年中可愛い黄色い花が楽しめます。

ツルニチニチソウ
 http://tanr.moo.jp/only/only3/turuni.htm
 ユリオプスデイジーの根元に植えましょう。
 これも常緑で一年に一度青い花も咲きますが、
 主にツルで伸びる葉を楽しみましょう。
 ツルは長くなるので好きな長さで切ればツルの数も増えます。

アイビー
 http://www.kadan.ne.jp/new4/main_active/mkdetail.cgi?id=ah00085
 これも根元にちょっと添えると綺麗です。
 でも繁殖力が強いのでどんどん増えます。

ビオラ(秋~春)
 http://www.takii.co.jp/flower/leaflet/FBR001.html
 秋から春まで可愛い花が咲き続けてくれます。
 パンジーと間違わないで下さい。
 パンジーより小ぶりの花ですが、パンジーより花数が多く、
 次々と咲いてくれるので、半年は綺麗です。
 花壇全部これでもいいですが、寄せ植えの
 ポイントとしてもいいです。
 10月になれば売り出されます。
 
ニチニチソウ(春~秋)
 http://flower365.web.infoseek.co.jp/15/211.html
 夏のポイントは日々草(ツルニチニチソウと間違わないで)
 これも半年次々に咲き続けてくれます。
 

庭の草木は季節ごとに花が咲いたり、落葉したり、実がなったり、楽しんでもいいのですが、玄関脇の花壇はポイントとして一年中綺麗であってほしいです。
・手がかからない
・一年中緑が綺麗
・花も咲いてほしい
・安い

ユリオプスデイジー
 http://pu-rin.cool.ne.jp/hana/yuriopusu.htm
 売られている時は20cmほどの草花ですが、
 一年草ではなく、年々木質化して小さな木になります。
 放っておけば1メートルぐらいにもなりますが、
 うちは剪定して常時4~50cmにしています。
 常緑で...続きを読む

Qコニファーを巨大化しないための植え方

昨年庭に植えたコニファー(ボールバード)があるんですが,植えた時20cmほどがぐんぐんと成長してこのままでは巨大化してしまうので,対策を考えています。
植えるときに鉢に入れたままで植えると成長をコントロールできると聞きましたが,今からほりあげて再度庭に埋め戻しても枯れたりしませんか?
また,その際はやはり素焼きの鉢植えがベストでしょうか?
このような育て方をする際の注意点があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植物に対してダメージが大きいので、その後のケアが大切です。
植え替えたらしっかり水をあげて、日陰でやすませてあげてください。
いずれにせよ、寒い時期は根も冬眠状態ですし、さむさでいきなりダメージをうけて弱ってしまうことも考えられるので、あまり動かさないほうがいいでしょう。

鉢に入れたまま植えるという方法は、植物自体にあまりよくないのではないかと思います。
カットして大きさを整えるという方法ではだめでしょうか?

ちなみに、コニファーは「嫌金性」です。はさみなどの金属で枝をきるとそこからかれてしまうことがあるので、茶色になっている部分をとるときは、手袋をした手で摘むなどして、はさみは使わないようにしましょう。

ひょろひょろと力なく伸びているようだと、日光不足も考えられますが、お日様は大丈夫ですか?

基本的に、植物の根も呼吸しながら成長しているので、プラスチックの鉢よりも通気性があり保湿力もある素焼きの鉢がお勧めです。

植物の大きさは根の長さ(成長度合い)によってかわってきます。大きく育てたい場合は、大きめの鉢に植え、植え替える際は、根をよくほぐして、土に早くなじみ、根がのびやすいように気をつけますが、逆に大きくしたくない場合は、根を小さく保つようにするわけです。一度土からぬいて、根を一回り小さく切りそろえて植えなおします。
ただ、根にはさみをいれるということは、植...続きを読む

Q花壇の土の入れ替え方

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。
掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。

既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、
また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。

また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。
あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。
7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。
かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。

手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、
大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、
そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。
堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。

一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。

底の方の小石は排水のために故意に入れています。
あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。
情況から見れば良心的な施工だと思います。

植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。
季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。

また、土は必ず酸性に変わってきます。
消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。
これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。(ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる...続きを読む

Q家の周りの花壇にお勧めの花、低木

はじめまして、この度一戸建てを購入し玄関の横の壁の前に1m弱×1m弱のブロック2段分の花壇とリビングの前に奥行50cm弱×長さ3m弱ぐらいのブロック2段分の花壇があります。現在小さい(玄関)方にはどうたんつつじを植え、リビングの前にはおたふくなんてん+季節の花を植えようかと検討中です。もうじき出産をひかえ手入れがあまりできないのでできるだけ手がかからないのがいいんですが、どうたんつつじは大変でしょうか?あまり大きくなるのも困るので1m~1.5mまでの小さいのが希望です。どうたんつつじのような木は一度植えて枯れた場合植え替えとかは大変ですか?お勧めの低木又は花などあれば教えて下さい。おたふくなんてんの様な紅葉が見れる低木(花)は1種類育てたいとは思ってます。
あとハーブできれいな花が咲くのがあればそれも検討したいと思います。
ガーデンニング初心者の為いろいろ書き込みましたが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

 こんにちは。まずは新居御購入&ご懐妊おめでとうございますm(__)m。まずポイントなんですが、園芸はお住まいの地域があるともっと回答がつけやすくなります。北海道と沖縄が植生が違うのは当然なように、東北で越冬できなくても四国、九州なら可能な物もあるからです。また日当たりも重要です。半日陰、日陰、全日照とありますが、適する植物は違います。一応関東とそれ以西にお住まいでそこそこ日当たりのアル所としてみます。
 そこまで書いててなんですが、ドウダンツツジものすごく楽チンです(^o^)。我が家には3本のドウダンツツジが植わっていますが、今まで何か手入れをした事がないです。樹形は勝手に整いますので円錐形の綺麗な形をしています。花も地味ですが咲きます。何と言っても紅葉が見事です。私は四国に住んでいるのですが、銀杏などは紅葉が終わってしまっていてもドウダンツツジの紅葉はまだ持っていて、燃えるように綺麗です。虫も殆どつきませんし、落葉しても葉っぱが細かいのでそんなに大量感はありません。また特に肥料等を入れたりした事もありませんし、低木ですので大きくはなりません。ドウダンツツジは自信を持ってお勧めできます。植え付けも真夏と花の咲いている時期以外はできるようですので、今植木屋さんか大きな園芸センターに行ってあると思います。
http://www.yasashi.info/to_00008g.htm
 ほかにお勧めの低木ですが、ハーブがお好みのようですので、ローズマリーはいかがでしょうか?高温多湿に弱いのが欠点ですが(ハーブは大抵高温多湿に弱いです)、寒さにも強く花も咲きます。何と言っても匂いが良いですよ。好みですが私は杉のようなツンとした匂いが大好きなのでお気に入りです。育て方ですがこれといった事はしなくて良いです。肥料は必要ありませんし(ハーブ類はあまり肥料は必要ないです)、乾燥に強いので、庭植えの場合何日も日照りが続かない限り特にやる必要はありません。リースにしたり足湯にするとき1枝とって入れたり、クッキーを焼く時に入れたり、鶏肉のハーブ焼で活躍したり用途は様々です。這うタイプと立木のタイプがありますが、ある程度の高さがお好みでしたら立木タイプの方が良いです。花は青、紫、ピンクなどがありますので、お好みの物を選んでみてください。大体500円までのお値段で売られています。
http://yasashi.info/ro_00002.htm

 ハーブですが、ローズマリーもそうですが、今は動く時期ではありません。あまり大きくないお庭の場合苗を種よりも苗の方が楽ですし経済的なんですが、今苗はミントやローズマリー以外あまりないと思います。ハーブの苗が大量に出回るのは4月か5月頃です。私も沢山育てていますが、その中でも割と簡単で花が比較的派手目なものは以下の物です。
●ボリジ
http://www.yasashi.info/ho_00005.htm
●ベルガモット
タイマツバナ、やモナルダという名前でも売られている宿根草です(ただし冬は地上部が枯れます)。
http://yasashi.info/he_00012.htm
●アメジストセージ
 別名メキシカンブッシュセージといいます。花の咲く時期は秋から初頭まで紫色のパフパフしたさわり心地の花を咲かせます。低木として扱い(大体1m~1.5m)、冬は新芽を残して刈り込むと良いと思います。
●カモミール
 宿根草のローマン、1年草のジャーマンが代表的で、他にもダイヤーズなどの種類があります。ローマンは育ちが遅くて若干育てにくいです。丈も低めで芝生のような感じです。ジャーマンは丈は40センチぐらいになり育てるのが簡単で、こぼれダネでよく発芽します。ダイヤーズは宿根草ですが、楽チンです。ただしカモミールっぽくないかもしれません(黄色なので)。
http://yasashi.info/ka_00007.htm
●マロウ
 アオイ科の多年草です。結構高くなりますので、花壇の後の方が適しています。
http://yasashi.info/ma_00005.htm
●ナスタチウム
 キンレンカとも言います。暑さに若干弱いので、午前中日が当たり午後は日陰になるような場所が良いです。
http://yasashi.info/na_00002.htm

 これらの植物は前述のように苗はまだ出回っていません。出産を控えて大変と思いますが、大体4月頃になりますので、どなたかに買ってきていただいて植えたりするのはいかがでしょうか?ハーブはどうしても有益植物ですので花は地味です。ヘリオトロープやセンテッドゼラニウムなどは花も綺麗で香りも良いのですが、寒さに弱く室内で越冬する事になります。そういう意味では1鉢買って、今お部屋で楽しむのは十分可能だと思います。

 最初に戻って低木ですが、四国の平野部や九州などの暖かい所ならユリオプスデージーなども戸外で越冬しますので、地植えOKです。我が家も地植えしていますが、問題はないです。他にもマーガレットなどもある程度大株になって低木扱いになります。ただし関東や山間部の方は若干難しいかと思います。沈丁花やボケ、アベリア、雪柳などはいかがでしょうか?ボケは若干害虫がつく事があります。去年はイラガが付いたので、1つ1つピンセットで殺してやりました(触ると大事です)。雪柳は春すっごく綺麗に咲きますよ。お手入れも何十年もありますが、やった事がなくて、今年初めて枯れ枝を少し剪定したりしました。http://yasashi.info/yu_00003.htm
http://yasashi.info/ma_00006.htm
http://yasashi.info/shi_00009.htm
http://www.yasashi.info/a_00042.htm
http://www.yasashi.info/yu_00002.htm
 
 大変だと思いますが、イチから選ぶのもまた楽しみです。お好きな花や花木に囲まれたお庭になりますようにm(__)m。

 こんにちは。まずは新居御購入&ご懐妊おめでとうございますm(__)m。まずポイントなんですが、園芸はお住まいの地域があるともっと回答がつけやすくなります。北海道と沖縄が植生が違うのは当然なように、東北で越冬できなくても四国、九州なら可能な物もあるからです。また日当たりも重要です。半日陰、日陰、全日照とありますが、適する植物は違います。一応関東とそれ以西にお住まいでそこそこ日当たりのアル所としてみます。
 そこまで書いててなんですが、ドウダンツツジものすごく楽チンです(^o^)。我が...続きを読む

Q暑さに強く、生命力のある草花

去年、家を購入したことをきっかけに、プランターにいろいろ植えましたが、
夏バテをして、水やりをあまりしなかったせいで、ほとんど死んでしまいました。
もともと、体調を崩しやすく、きっと来年もそんな状態になると思います。
そのため、あまり水やりしなくても大丈夫な草花を探しています。
できれば、毎年花を咲かせてくれるものがいいです。
あとハーブや葉っぱものでもかまいません。

今、ちゃんと咲いているのはサザンクロスと、かろうじて生きているニオイザクラ。あとウインターコスモスです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら適していると思います。
 それから暑さが強いという事は関東かそれ以西にお住まいの方でしょうか?宿根や多年草の場合越冬できるかが鍵になりますので、寒さの厳しい所でしたら条件にあてはまらない場合がありますので、予め御了承下さい。
【宿根草、多年草】
●ベゴニアセンパフローレンス
 道路の植栽に植えられるぐらい丈夫で乾燥にも強いです。安価で100円ぐらいで売られています。ただし冬は室内に取り込むか軒先などに置いてください。霜に当たるとグッタリして一度に駄目になります。
http://yasashi.info/he_00002.htm
●カランコエ
 今頃から花屋さんに並び始めます。多肉(サボテンの仲間)ですので、乾燥には強いです。ただしベゴニアセンパと同じで霜には当てられません。
http://yasashi.info/ka_00005.htm
●ゼラニウム
 花が綺麗な昔からのゼラニウムと、匂いが特徴的なセンテッドゼラニウムがあります。こちらも冬は室内に取り込んでください。暖地なら戸外越冬可能です。
http://yasashi.info/se_00002.htm
http://yasashi.info/se_00008.htm
●ローズマリー
 寒さに強く乾燥にも強い丈夫な花です。ただし成長が早いので、プランターに植えても2年に一度ぐらいは植え替えの必要があります。乾燥には強いですがハーブですので、蒸れに弱いです。蒸れないように若干風通しを良くしてあげて下さい。
http://yasashi.info/ro_00002.htm
●ミント
 ミント類は丈夫で手間いらずで、ティーやバスにも使え重宝します。冬は地上部が枯れますが、春には芽吹いてきます。ただし相当成長力がありますので、1つのプランターには1種類しか植えてはいけません。他の植物を侵食します。また1つのプランターに2種類のミントを植えると雑種化しますので、必ず同じ種類のものを植えて下さい。成長が著しいので1~2年に一度は植え替えの必要があります。蒸れには弱いので(蒸れたからといって枯れませんが、見栄えが悪くなります)、梅雨入り前にバッサリ刈り取ってやると良いです。刈り取った物はティーやバスに使えます。
http://yasashi.info/mi_00003.htm
●メキシコマンネングサ
 相当強い植物ですが、プランターにコレだけ植えるというのは何となく華がないです。ただし多肉ですので乾燥には強く手間はかかりません。
http://www.yonemura.co.jp/zukan/zukan-k/naiyou/mannengusa0.htm
●マツバギク
 暖地なら越冬します。こちらも多肉ですので暑さと乾燥には強いです。
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/BotanicalGarden/HTMLs/Matubagiku.html
●アイビー
 割と強いですが、地味です。2年に1度は植え替えが必要です。
http://yasashi.info/he_00008.htm←こちら以外も色々な種類があります。
●オリズルラン
 暖地なら越冬できますが関東や西日本でも山間部なら難しいかもしれません。
http://yasashi.info/o_00009.htm
●アロエ
 乾燥には相当強いです。また花も咲きます。我が家では地植えですが、越冬基準はオリズルランと同じです。
http://yasashi.info/a_00020.htm

 多年草、宿根草でも丈夫なものは大抵成長も早くどのみち植え替えは必要です。そうしたら暑くなる前の6月頃に夏の乾燥に強く丈夫な花を植えて12月頃まで楽しむというのもテだと思います。
【1年草】
●ポーチュラカ
 カラフルで安価な夏の花です。乾燥には相当強いです。
http://www.yasashi.info/ha_00021.htm
●マツバボタン
 代表的な夏の花です。
http://yasashi.info/ma_00002.htm
●リビングストンデージー
 上の3つと同じ多肉系で丈夫で乾燥に強く、華やかです。
http://yasashi.info/ri_00006.htm
●ガザニア
 我が家では西日が当たる所に植わっていますが、元気に花を咲かせます。暖地なら越冬します。
http://yasashi.info/ka_00012.htm
●メランポジウム
 小さなヒマワリといった感じで単植でも見栄えがします。
http://www.yasashi.info/me_00001.htm

 これらの花達は今は終りですので、売られていません。またこの時期は夏の花と冬~春の花の境目の時期ですので、花屋さんに行ってもあまりないです。中旬から下旬ぐらいに行くとパンジー、デージー、アリッサム、ノースボール、ムルチコーレなどの丈夫で花期の長い花達が店頭に並び始めます。それまでにプランターを洗って太陽光線に当てて乾かし、土と鉢底石を買って準備をしておけば、苗を一気に買って一日で準備が終わります。
 また夏にある程度楽をしたいなら
(1)西日には当てない
(2)下がコンクリやアスファルトならレンガなどで下からの熱を防ぐ
などの対策が必要です。特に夏の西日は相当強烈ですので、これにも負けずに尚且つ多年草、宿根草というのはハーブではまずありませんし、乾燥に強いものでも越冬が難しかったりすると思います。

 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。趣味で園芸を楽しんでいますので良かったら参考にして下さい。
 質問者様の場合は暑さと乾燥に強い花という事ですよね。加えて多年草、または宿根草を御希望という事ですのでなかなか条件は厳しくなると思います。ハーブ類は暑さは実はそんなに強くありません。乾燥には強いですが多湿に弱いので、夏の暑さは弱いです。元々地中海原産のものが多いので、カラッとした季候を好みます。多くのものが多湿による蒸れで痛んだりする事が多いです。まあ北海道などの梅雨のない所にお住まいの方でしたら...続きを読む

Q自分で作る花壇(シェードガーデン含む)と玄関ポーチ周りについて

中古戸建てを買いました。

現在半日陰(南)に奥行き30cm、幅8mくらいのとても
細長い花壇があります。
この場合、この花壇は1度土を入れ替えたりした方がいいのですか?
(元肥や腐葉土など)
外壁から隣家のフェンスまでは約2.5mほどです。
そのスペースに奥行き30cmの花壇があるのです。

低い高さでレンガ状のもので仕切られた花壇になっています。
この場所はこういった仕切った花壇でなくてもいいと思っている
のですが、どうなんでしょうか?
縁取りに背の低い植物(グランドカバー)を植えてもいいのかな?
と思いまして…。どんどん広がって大変なことになりますか?
割と自然風な感じの庭が好きです。
スッキリと整ってはいないけれど、雑然とせずステキな感じの…。
伝わりますでしょうか?
レンガを取ってしまって、土を掘り起こして腐葉土等を入れれば
いいですか?

また、とても細長い花壇なので何を植えようか困っています。
奥行きがあれば、立体感がある花壇にできそうなのですが、
30cmだとプランターの延長みたいな感じで…。
東寄りの花壇部分は日当たりが望めますが、西寄りの部分は
おそらく半日陰あるいは日陰になりそうです。
今現在は、日陰に強いバラと、クリスマスローズ、ギボウシ、
ヒューケラ、すずらんなどを候補にしています。
他におススメの植物がありましたら教えて下さい。

耕して奥行きを広げることは可能ですが、8mもあって大変そうで
躊躇しています。
超初心者でも大丈夫でしょうか?



家の外壁に沿ってやはり奥行きのない花壇もあります。
こちらはこのままレンガで仕切る花壇として使いたいのですが
奥行きがないため、自分で手直ししたいと思っています。
簡単な方法がありましたら教えて下さい。


あと玄関ポーチ周囲ですが、タイル、石、レンガ等を埋め込み
その間にコクリュウなどのグランドカバーを植えたいと思って
いるのですが、どうでしょうか?
アプローチから玄関に入るまでのほんの2~3mですが、
小路風にしたいのです。
もし具体的に向いていそうな資材や植物、または参考になりそうな
画像がありました教えて下さい。

もし説明が足りないようでしたら補足いたします。
よろしくお願い致します。

中古戸建てを買いました。

現在半日陰(南)に奥行き30cm、幅8mくらいのとても
細長い花壇があります。
この場合、この花壇は1度土を入れ替えたりした方がいいのですか?
(元肥や腐葉土など)
外壁から隣家のフェンスまでは約2.5mほどです。
そのスペースに奥行き30cmの花壇があるのです。

低い高さでレンガ状のもので仕切られた花壇になっています。
この場所はこういった仕切った花壇でなくてもいいと思っている
のですが、どうなんでしょうか?
縁取りに背の低い植物(グランド...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
これから庭作り、楽しみですね!
私も数年前に庭のデザインを考え、樹木の植え込みやフェンス、石のテラスなど大変な部分はプロにしてもらい、自分達で出来るところは少しずつ楽しみながらやっています。

質問からのイメージになりますので、参考になればよいのですが。

まず、8mの花壇ですが、レンガがどのような質(趣味にあうかどうか)かわかりませんが、初心者の方には、ある程度通路(芝生や砂利にしたとしても)と植栽する場所の仕切りがあった方が、管理しやすいと思います。
ただ、ずっと30cmでは奥行きが狭すぎるし、それが8mもあるとあまりに単調だと思うので、変化をつけてみてはいかがですか?
例えば、波のように凹凸をつけたり、大きな植物や樹の部分は半円形のように広げたり。日当たりの良い場所は大いに活用したいので・・・

ナチュラルな感じがお好みなら、レンガの下(通路側)にグランドカバーになる植物(エリゲロンやタイムなど背が低く、広がるもの)を植えると、レンガもあまり見えなくなり気にならないかも知れません。
ただし、グランドカバーでもほったらかしは駄目です。適当に刈り取って間引きして整理しましょう。

植栽する場所は、土壌改良が必要でしょうから、今までより用土も多くなります。レンガををのけたとしても、少し立ち上げた方が、乾燥はしますが植物も目立つので良いでしょう。

長くても、ボーダーガーデンは素敵ですよ。
基本は宿根草と一年草の組み合わせ(一年草だけをやりかえて、宿根草や低木はお手入れのみにする)で管理を楽にし、植物の高低や花の大きさで変化をつけると良いです。

アナベルや大きめのサルビア類、球根で楽なユリやアリウム、少し大変ですがバラと相性の良いジキタリスなども背がそこそこ高くなりますから花壇にあいますよ。
No.1の方お勧めのおぎはら植物園にも、たくさんあります。私もこちらを利用させてもらってます!玄関に似合いそうなお好みの植物も見つかるのでは?(コクリュウは、素敵ですよ!ただ、高値で、なかなか株が大きくなりません。悲しいです。)

それから、花の植栽の間にツル植物を入れると、オベリスクなどの支柱によっても一段と変化が出ると思います。クレマチスや簡単なところでは、ハニーサックルやベリー類でしょうか。

他の花壇もあるようなので、場合によってはカラー別(ホワイトガーデンとパステルカラーなど)、またはテーマ別(花壇=見て楽しむとキッチンガーデン=食べて楽しむなど)にされてもよいかも!と思います。

理解されているようですが、植物は環境に大きく左右されます。
日当たりや風通しで病害虫も変わります。一番大切なのは、土作りですが。
私も考えて植えたつもりでも合わずに、場所を(時には鉢あげにしたり)度々移動しなければならないものもあります。ヒューケラやクリスマスローズもそんな感じですね。
こればかりは、試行錯誤しながら、やってみないとわからないです。

まずは、いろいろなガーデン関連の本を見て、いいなと思われたものを真似されたらよいと思います。(私はあれこれ考えている時が一番楽しいので。)

バラなんかは、愛情(=管理ですね?)によって、明らかに結果が出る面白い植物です。結局は、質問者様がどのくらいガーデニングに時間をかけられるかが一番です。
植物の植え替えだけでなく、夏は毎日早朝から水やりをし、除草もかなり必要ですし。それによって、植物の種類や植える範囲も考えなくてはいけませんから。
頑張って、ガーデニング楽しまれてくださいね。

こんにちは。
これから庭作り、楽しみですね!
私も数年前に庭のデザインを考え、樹木の植え込みやフェンス、石のテラスなど大変な部分はプロにしてもらい、自分達で出来るところは少しずつ楽しみながらやっています。

質問からのイメージになりますので、参考になればよいのですが。

まず、8mの花壇ですが、レンガがどのような質(趣味にあうかどうか)かわかりませんが、初心者の方には、ある程度通路(芝生や砂利にしたとしても)と植栽する場所の仕切りがあった方が、管理しやすいと思います。
た...続きを読む

Qどんな庭木が?道路沿いの狭い場所に

 無理があるでしょうか?
新興住宅地で、北玄関横の、道路沿い幅3メートルにのびてるスペースに、何か主木と部屋の目隠しになるような木を植えたいと思っています。

 道路に面しているのであまり枯葉の落ちるのも好くないのかとか、車庫からの通路もとりたいので広がらないのが良いかなとか、プライベートの小部屋と、掃出し窓の寝室もあるため、垣根みたいなのにすれば良いのかとか、悩んでいます。
  見聞きした中では、シャラノキ・エゴノキ・ハナミズキなど、でも実際目にしてわかるのは、今花をつけてるハナミズキだけで、近所でも最近よく見かけますが、他はどんな木なのか、一年を通してはどうなのかわかりませんし
 また垣根では、カナメやドウダンつつじ?とかありますが、狭いところに垣根はどうかな?という気もあります。

 あまり手入れの入らないもの、病気に強く、虫などつかず、扱いやすいものを希望、またこちらは冬は雪が降ります。
 
 ど素人でセンスまるで無し、どういうことに気をつけて、木を選べばよいか迷っています。
 
 年間を通して考えた場合、どんな木を選べばよいかアドバイスいただけたら幸いです、よろしくお願いします。

 無理があるでしょうか?
新興住宅地で、北玄関横の、道路沿い幅3メートルにのびてるスペースに、何か主木と部屋の目隠しになるような木を植えたいと思っています。

 道路に面しているのであまり枯葉の落ちるのも好くないのかとか、車庫からの通路もとりたいので広がらないのが良いかなとか、プライベートの小部屋と、掃出し窓の寝室もあるため、垣根みたいなのにすれば良いのかとか、悩んでいます。
  見聞きした中では、シャラノキ・エゴノキ・ハナミズキなど、でも実際目にしてわかるのは、今花をつ...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。
おうちのイメージが今ひとつ浮かんでこないのですが、
ご希望の樹木は、
1.葉が落ちない常緑樹か、落葉樹でも落ち葉の少ない木
2.広がらない木
3.目隠しになる木
4.手入れのいらない木
5.病気に強い木
6.虫の付かない木
ということですね。

・シャラノキ・・・落葉樹です。枝が立ちますので広がりません。自然に樹形を整えますので剪定の必要がなく、手入れがいりません。虫が付きやすいです。
・エゴノキ・・・落葉樹です。あまり広がりません。シャラノキと同じく、ほとんど剪定の必要がありません。毒をもっているので、虫が付きにくいです。
・ハナミズキ・・・落葉樹です。枝が横に広がってきます。あまり手入れの必要がありません。少し毒気をもっていますので、虫が付きにくいです。
・カナメモチ・・・常緑樹です。広がりません。目隠しによく使われます。手入れの必要もほとんどなく、虫も付きにくいです。
・ドウダンツツジ・・・落葉樹です。剪定でどうにでもできます。目隠しには不向きです。虫はよく付きます。

玄関脇に植えるのでしたら、シンボルツリーを一つ決めて、後は目隠しということでいいと思います。
この中で、私が決めるとしたら、シンボルツリーにシャラノキの株立ち(何本か寄植えしたもの)、目隠しにカナメモチを使います。

質問者さんは、けっこう調べられています。シンボルツリーに良く使われるものは、おっしゃるとおり、シャラ、エゴ、ハナミズキです。
このなかでも、シャラノキは樹形がよく、幹肌もつるつるして美しいし、新緑の葉はきれいです。6月には、清楚な白い花を咲かせます。
雑木の中で最も美しいといわれるヒメシャラは、シャラノキの近似種です。

目隠しには、ゴールドクレストなどのコニファー類もよく植えられますが、私はおすすめできません。ほおっておくと大きくなりすぎて、手が付けられなくなります。ベニカナメモチ(レッドロビン)はとても人気があります。

こんばんは。
おうちのイメージが今ひとつ浮かんでこないのですが、
ご希望の樹木は、
1.葉が落ちない常緑樹か、落葉樹でも落ち葉の少ない木
2.広がらない木
3.目隠しになる木
4.手入れのいらない木
5.病気に強い木
6.虫の付かない木
ということですね。

・シャラノキ・・・落葉樹です。枝が立ちますので広がりません。自然に樹形を整えますので剪定の必要がなく、手入れがいりません。虫が付きやすいです。
・エゴノキ・・・落葉樹です。あまり広がりません。シャラノキと同じく、ほと...続きを読む

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む

Q庭でガーデニングをしている方、虫対策について教えてください!

この春から、庭(一戸建て)で本格的にガーデニングを始めました。
大きな花壇やたくさんのテラコッタなどがあります。
ガーデニングを始める際、腐葉土の混じった土を使いました。

この腐葉土が原因だと思う(今になって分かったのですが)のですが、コバエ(ハモグリバエ)が大量に発生してしまいました。
気づいたころにはもう葉っぱのうらにたくさんのハモグリバエの幼虫の跡があったのです。。。

恥ずかしながら、虫のことについて何も知らずに、何も気づかずに植物の世話をしていました。

色々な情報を集めた結果、最近では、オルトランを撒いたり、手で地道に幼虫の駆除を行っています。

しかし、今日、玄関の外のランプを夜何時間かつけていたところ、ライトにびっしりそのコバエが集まっていたのです!!!
玄関の壁、天井一面びっしりでした。
慌ててフマキラーで退治しました。

とてもショックです。こんなに虫を発生させていた(去年はこんなことなかったので、やっぱりうちの庭が原因だと思います。周りの家はガーデニングなんてほとんどしていないし。。。)とは考えてもいませんでした。

気持ち悪いのは当然ですが、きっとご近所に迷惑をかけていると思うと、申し訳ない気持ちでいっぱいです。

ガーデニングをしている方(特にベランダなどではなく、もっと大規模に)はこのような虫にどう対処しているのでしょうか?

やはり、発生する前に色々な対策をなさっているのでしょうか?
でも、ガーデニングの規模が大きくなるにつれて、対処するのも大変になりますよね?
やはり、少しの虫は我慢するのでしょうか?

ご近所に迷惑かけることを考えると、大好きなガーデニングをこれから続けていけるか。。。どうしよう。。。。

今日の虫はとてもショックでした。
皆さんの対処法、予防法、駆除法、ご近所様への影響などについて、経験談や意見などを教えていただきたいです。

どうか、よろしくお願いいたします。

この春から、庭(一戸建て)で本格的にガーデニングを始めました。
大きな花壇やたくさんのテラコッタなどがあります。
ガーデニングを始める際、腐葉土の混じった土を使いました。

この腐葉土が原因だと思う(今になって分かったのですが)のですが、コバエ(ハモグリバエ)が大量に発生してしまいました。
気づいたころにはもう葉っぱのうらにたくさんのハモグリバエの幼虫の跡があったのです。。。

恥ずかしながら、虫のことについて何も知らずに、何も気づかずに植物の世話をしていました。

色々...続きを読む

Aベストアンサー

園芸を始めると、害虫や病気に悩みますね。
でも、効く薬はありますね。
園芸を数年前にはじめて、分からないことが多くて、園芸の学校に行っていますが、ナメクジ退治で何種類もの薬やビールやコーヒーを試しても駄目で、ナメクジの被害を受けないバラに切り替えました。
が、学校でナメクジ対策用の薬を知って、今までの努力が何だろう、と思いました。
これからも園芸を楽しむには、噴霧器を購入して消毒が必要になりますね。買いましょう。
お隣さんには、コバエが多くて消毒しますので、と、一言お声をおかけになった方が宜しいですね。
私のお隣は無農薬とのことで、消毒を言えず夜遅くこっそりとしていました。(音が出ますが)がお隣から・害虫等の悩みを聞き、消毒しましょうか?と言いましたら、指定した木や花への散布を頼まれました。
1日に1時間も点検できないなら(細かにみて、虫を潰せない)、薬を使うしか有りません。(野菜・果樹・バラ等)
長い名前ですが、ハダニ・ハモグリバエ・コナジラミ・コロマイト乳剤30ml・820円が、一番良い様に思います。北興産業となっています。
噴霧した後残ったら、水を足し薄くして、土壌に撒きましょう。
園芸は楽しいのですが、ツルバラが多いため、お隣に枝が侵入します。
迷わず、切るなり、引っ張るなりしていますが、目が離せません。
お互いに、素敵な庭を作りましょうね。

園芸を始めると、害虫や病気に悩みますね。
でも、効く薬はありますね。
園芸を数年前にはじめて、分からないことが多くて、園芸の学校に行っていますが、ナメクジ退治で何種類もの薬やビールやコーヒーを試しても駄目で、ナメクジの被害を受けないバラに切り替えました。
が、学校でナメクジ対策用の薬を知って、今までの努力が何だろう、と思いました。
これからも園芸を楽しむには、噴霧器を購入して消毒が必要になりますね。買いましょう。
お隣さんには、コバエが多くて消毒しますので、と、一言お声を...続きを読む


人気Q&Aランキング